ドラフト会議情報局 2023高校生ドラフト候補 2023大学生ドラフト候補 2023社会人ドラフト候補
2023ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

DeNAの話題の新人、森下瑠大(京都国際高)

2023年01月20日

1/20、スポーツニッポン4面「球界新士録」より 

2022DeNAドラフト4位 森下瑠大
京都国際高・投手・動画

DeNAのドラフト4位・森下瑠大(動画)は夢見心地の日々を過ごしている。「高校時代はなかった器具、トレーナーさんがそろい、疲れをすぐに取れる。疲れが残らない。本当に凄い」

最速144キロ左腕は、京都国際2年夏の甲子園は主戦で4強入りに貢献。だが3年時は5月に左肘を痛め、夏の京都大会中にぎっくり腰も患った。故障には敏感。12球団でも最先端を走るリカバリー施設が整った練習施設に感銘を受けている。

自身の目標を「2、3年後に1軍」とするだけあり歩みは慎重だ。「高校生(高卒)で(成長の)時間も設けてくれているので、しっかり自分の体と向き合う」と力を込める。

だが1軍初登板時のビジョンは明確。キャッチボールなどを一緒に行うドラフト1位捕手・松尾(大阪桐蔭)と組む「森松バッテリー」実現だ。中学時代のボーイズリーグ京都府選抜で同僚とあり、「ずっと友達」と互いに刺激を受けている。

球種はカーブ、チェンジアップ、カットボール。新球を習得する意識はまだなく、高校時代からモデルチェンジしたのは「地に足を着ける感覚を強く意識する」とローカットのスパイクをハイカットに変更したのみ。

アニメ「クレヨンしんちゃん」好きで愛称は「ハマのしんちゃん」も、入寮時には「しんちゃんグッズ」は一切持ち込まずに大人の階段を上り始めた。

「ケガで時間が過ぎるのだけはもったいない。素晴らしい器具を使って強い意識でやっていきたい」。故障の怖さを知るからこそ森下は地に足を着け一歩ずつ進んでいく。




下は2022年ドラフト会議でDeNAが指名した選手です。4位指名・森下君のスカウト評はこちら

DeNAの2022ドラフト指名選手
1位 松尾 汐恩 大阪桐蔭高 捕手
2位 吉野 光樹 トヨタ自動車 投手
3位 林 琢真 駒沢大 内野手
4位 森下 瑠大 京都国際高 投手
5位 橋本 達弥 慶応大 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 06:58│ │横浜DeNA 
ドラフトニュース検索