ドラフト会議情報局 2023高校生ドラフト候補 2023大学生ドラフト候補 2023社会人ドラフト候補
2023ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

西武の話題の新人、児玉亮涼(大阪ガス)

2023年01月21日

1/21、スポーツニッポン4面「球界新士録」より  

2022西武ドラフト6位 児玉亮涼
大阪ガス・遊撃手・動画

身長1メートル66の西武ドラフト6位・児玉亮涼内野手(動画)が大きな希望を抱いてプロの世界に飛び込んだ。現役では同僚になった1メートル64の滝沢に次いで2番目の小兵。ただ、小さくても主力として活躍する心強い「お手本」がいる。大阪ガスの先輩たちだ。

阪神の不動のレギュラーに成長した近本は、1メートル71と小柄な部類ながら21年に最多安打のタイトルを獲得。1メートル68の楽天・小深田は3年連続100試合以上に出場し、身長が関係ないことを証明してくれた。

2人とは昨年12月に大阪ガスのグラウンドで初対面。近本には走塁について積極的に質問し「1軍でずっと活躍されている選手からのアドバイスはレベルが高いなと感じたし、刺激になった」と目を輝かせた。

周囲からは「ご飯を食べて体を大きくしろ」と言われ続けてきた。高校時代は2リットルの弁当箱にご飯を詰め込み、間食も欠かさず。「毎日吐きそうになりながら練習していました。苦手な牛乳も苦しみながら飲みました」と学生時代のチームメートを見上げながら、人一倍の「食トレ」を続けてきた。

チームの遊撃手には3月のWBCで侍ジャパンに選出されている源田がいるが「プレーを見て、吸収したい。もちろんスタメンを勝ち取りたいので挑戦していきたい」と即戦力の自覚は十分だ。持ち味の守備力をアピールしつつ、走攻守のレベルアップに励む。

「(野球が)身長だけではないことを見せたいし、小さな野球少年に夢を与えていきたい」。高い壁に立ち向かう覚悟はできている。



下は2022年ドラフト会議で西武が指名した選手です。6位指名・児玉亮涼のスカウト評はこちら

西武の2022ドラフト指名選手
1位 蛭間 拓哉 早稲田大 外野手
2位 古川 雄大 佐伯鶴城高 外野手
3位 野田 海人 九州国際大付高 捕手
4位 青山 美夏人 亜細亜大 投手
5位 山田 陽翔 近江高 投手
6位 児玉 亮涼 大阪ガス 内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:03│ │西武 
ドラフトニュース検索