ドラフト会議情報局 2023高校生ドラフト候補 2023大学生ドラフト候補 2023社会人ドラフト候補
2023ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

阪神の話題の新人、富田蓮(三菱自動車岡崎)

2023年01月22日

1/22、スポーツニッポン4面「球界新士録」より 

2022阪神ドラフト6位 富田蓮
三菱自動車岡崎・投手・動画

阪神に入団した新人7選手でただ一人社会人出身。富田(動画)は世界一の勲章を引っ提げてプロの門を叩いた。「自信のある真っすぐが、どれだけ通用するか知ることができた。緩急も使えて圧倒できたので、いい経験になった」

大舞台で圧巻の投球を披露した。昨年10月に台湾で開催されたU―23W杯に選出された左腕。世界の強豪相手に計4試合で16回を2失点、防御率0・44の活躍で世界一に貢献した。最優秀投手とベストナインも獲得。

直球は最速147キロでも、球速以上の切れは評判になった。過去の計測では1分間あたりの回転数が2480回転。大リーグ公式サイトの昨季平均回転数ランキングでは、パドレス・ダルビッシュの2420回転も上回る。

「一番の目標は1軍のローテーションに入ること。(ドラフト)何位とかは関係ない。下位でも結果を出せば、その選手が凄いと思う」

プロ野球の歴史を見れば、ドラフト下位指名から大成した選手は少なくない。阪神の「6位」は出世順位でもある。近年では13年の岩崎、18年の湯浅、20年の中野らが活躍。3度の本塁打王に輝いた「ミスタータイガース」こと掛布雅之も6位入団だった。

大垣商時代に甲子園出場はなく、憧れの聖地が本拠地となる。「甲子園球場の土を踏めると想像しただけで、鳥肌が立つ。そういう地で投げられるのは光栄なこと」。今度は、一流の打者を相手にセ界一を目指す。



下は2022年ドラフト会議で阪神が指名した選手です。

阪神の2022ドラフト指名選手
1位 森下 翔太 中央大 外野手
2位 門別 啓人 東海大札幌高 投手
3位 井坪 陽生 関東第一高 外野手
4位 茨木 秀俊 帝京長岡高 投手
5位 戸井 零士 天理高 内野手
6位 富田 蓮 三菱自動車岡崎 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 06:45│ │阪神 
ドラフトニュース検索