ドラフト会議情報局 2023高校生ドラフト候補 2023大学生ドラフト候補 2023社会人ドラフト候補
2023ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

ロッテの話題の新人、黒川凱星(学法石川高)

2023年01月25日

1/25、スポーツニッポン4面「球界新士録」より 

2022ロッテ育成4位 黒川凱星
学法石川高・内野手・動画

憧れのユニホームに再び袖を通す。ロッテの育成ドラフト4位・黒川凱星内野手(動画)は小学生時代にロッテJrでプレーし、プロとしてロッテ入団した2人目の選手。

ドラフト前は全球団指名OKの姿勢を打ち出していたが、本音は違う。入寮時に幼稚園時代に着ていたロッテのユニホームを持ち込むほどのファン。「チケットを握りしめてスタンドで応援していた子供がZOZOマリンでプレーするスタートラインに立てた。不思議というか、特別な感情があります」と胸中を明かした。

京葉ボーイズの主将として日本一を経験し、プロを目指すことを決意。多くの強豪校に誘われる中、15年ドラフト1位の平沢らを育てた佐々木順一朗氏の指導を受けるため、千葉を離れて福島・学法石川に進学した。

甲子園出場は果たせず、ドラフトも育成指名。選択が正しかったのか、今は分からない。それでも学法石川での3年間は貴重な財産だ。自主性を重んじる佐々木監督の指導は、吉井監督が求める「自分で考える」にも通じる。

「3年以内に支配下」という目標に向け、今やるべきことを明確にして練習に取り組んでいる。打撃ではステップをすり足に変え、幅も狭めた。「それだと今の自分ではパワーが足りない。まずはフィジカル強化。体重もですが、1年で10%アップを目指しています」。

ゴールは支配下登録ではなく、もっと先。「やろうとしていることが計画通りいった時にどうなるのか、自分でも楽しみ」。イメージするのは打率・330、20本塁打という未来の自分の姿。キャンプでは、その可能性をアピールしていく。



下は2022年育成ドラフトでロッテが指名した選手です。4位指名・黒川凱星のスカウト評はこちら

ロッテの2022育成ドラフト指名選手
育1位 吉川 悠斗 浦和麗明高 投手
育2位 白浜 快起 飯塚高 投手
育3位 勝又 琉偉 富士宮東高 内野手
育4位 黒川 凱星 学法石川高 内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 06:40│ │ロッテ 
ドラフトニュース検索