ドラフト会議情報局 2024高校生ドラフト候補 2024大学生ドラフト候補 2024社会人ドラフト候補
2024ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

あのドラフト選手は今、山本徹矢(ドラフト5位)

2023年02月01日

日刊ゲンダイ26面「こうして私は社長になった」より

2008ロッテドラフト5位 山本徹矢
神戸国際大付高・投手

2020年に人材派遣会社「W-TK株式会社」を立ち上げた山本徹矢氏(2008ロッテ5位)が起業家を志したのは、現役引退する13年のシーズン中だった。

投手として神戸国際大付高(兵庫)から08年ドラフト5位でロッテに入団。11年に一軍初登板を果たしたが、12年のキャンプで右肘を故障。だましだまし投げているうちに肩も痛め、フォームまで崩れた。13年は一度も試合で投げることができず、リハビリの日々を送った。

「あの頃はとにかく暇で。空いた時間のほとんどは読書に充てていました。ジャンルは自己啓発本とビジネス本。もともと好きだったんですよ。高校時代のリハビリ期間中、監督から『これをノートに丸写ししなさい』と、目標設定について書かれた1冊の本を渡された。半年ほどかけて取り組んだのはいい思い出です。これがきっかけで、本を読むようになりました」

起業家が記した本や、やり手ビジネスマンの思考法について書かれた本を読んでいるうちに、いつしか自分も起業家になりたいと思い始めた。

右肩、右肘に復調の兆しが見えなかった13年9月、あるコーチから引退後について尋ねられた時のことだ。「年収500万円は欲しい」と何げなく答えると、コーチの顔色が変わった。

「即座に、『そんな仕事ないで! 手取り15万円なんてザラやぞ!』と叱られてしまった。『え~!』とビックリしましたね。高卒でプロ入りしたから、いまいち世間の賃金の感覚が分かってなかった(笑)。稼ぐためにも引退後は起業するしかないと一層、強く思いました」

この年に戦力外を告げられた。事業を起こしたいという思いはあっても、明確なビジョンはなかった。一般社会のこともきちんと理解できていなかった。

「いま起業しても無理だろうから、まずは社会勉強をしようと。その後の人生に生きるように、一番しんどいだろう仕事を探しました。知人に相談すると、テレビの番組制作会社をすすめられた。その人のコネで、面接なしですんなり入社。派遣のアシスタントディレクター(AD)になりました」

入社して間もなく、バラエティー番組に配属された。過酷な仕事を求めて入社したとはいえ、想像していたよりもはるかに厳しい地獄のような日々が続いたという。「入社3日目には、上司を殴りたいと思うようになっていました(笑)」 (つづく)



下は2008ドラフトでロッテが指名した選手です。山本徹矢は5位指名入団。プロ入り後の成績はこちら

ロッテの2008ドラフト指名選手
1位木村 雄太東京ガス投手
2位長野 久義ホンダ外野手
3位上野 大樹東洋大投手
4位坪井 俊樹筑波大投手
5位山本 徹矢神戸国際大付高投手
6位香月 良仁熊本Gラークス投手
プロ入り後の成績


ドラフトニュース検索