ドラフト会議情報局 2023高校生ドラフト候補 2023大学生ドラフト候補 2023社会人ドラフト候補
2023ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

冨士隼斗(平成国際大)、すでに10球団スカウト視察

2023年02月25日

サンスポwebsiteより (source)

冨士隼斗(平成国際大・投手)
180cm・右投右打・動画

関甲新学生野球の平成国際大は24日、宮古島キャンプに出発する。昨秋リーグ戦の関東学園大戦で「無安打無得点試合」(2四球17三振)を記録し、大学日本代表合宿でも最速155キロをマークした右腕・冨士隼斗投手(動画)がキャンプ出発を前に「ツーシームのマスター」と課題を挙げた。

180センチ、84キロの体を生かした角度のある直球は、代表合宿で披露したが、慶大・広瀬隆太内野手に直後に左中間スタンドに運ばれた。これまでスライダー、カーブ、チェンジアップという球種を使ってきたが「速い真っすぐでも打たれることはある。変化球、特に落ちる球が必要だと思うし、コントロールもよくしたい」と説明した。

ここまで10球団のスカウトが平成国際大を訪れており、大島義晴監督は、冨士が注目されていることについて「真っすぐも150キロを超えるまでになって、代表合宿でも少しだけど持ち味を出せ、打たれることもわかった。あとは、決め球になる変化球だと思う。高校時代の夏に投げた経験がなかったが、入学時から考えると、遅いペースだけど、心技体の体と心は成長してきているので、まず、この春に技をどれだけアップできるかだと思う」と話している。



冨士君のスカウト評はこちら

冨士君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 06:51│ │大学 
ドラフトニュース検索