ドラフト会議情報局 2024高校生ドラフト候補 2024大学生ドラフト候補 2024社会人ドラフト候補
2024ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

呉念庭(西武)が今季限りで退団、台湾でプレーへ

2023年12月02日

スポーツ報知websiteより (source)

2015西武ドラフト7位 呉念庭
第一工大・内野手・スカウト評

西武・呉念庭内野手(2015西武7位)が1日、埼玉・所沢市の球団事務所で会見。今季限りで退団し、郷里の台湾に戻ってプレーする意向を示した。

会見に臨んだ呉は「今季で退団することになりました。本当に8年間、お世話になりました」と目頭を抑えて声を詰まらせた。ファンに向けても「たくさんのファンの方に応援されて愛されて、納得した数字は残せなかったですけれど、ファンの方の声援があったからこそ8年間やってこられました。感謝しています」と頭を下げた。

台湾でのプレーを考え始めたのは今季になってからで、シーズン後に渡辺GMに相談。「最初はビックリしていましたが、いろいろ話しながら最後の方は尊重してくれて、応援してくれました。いつか(台湾で)プレーして恩返したい気持ちもあるので、そのタイミングに至りました」と経緯を説明した。

チームメートには11月29日に行われた選手会ゴルフの場で退団を明かしたという。「やっぱりさびしいですよね。本当に帰るの?みたいな感じで言われて」としみじみとした口調で話した。

今後は台湾でプレーを続けるつもりだが、呉によると台湾プロ野球では海外でプレーした選手は7月のドラフトで指名されなければ移籍ができないという。「帰ってから半年間、どう過ごすのかは未定」と、トレーニングを続けながら新たな道に向かっていくことになりそう。

日本と台湾でプレーした経験は必ず生きるはず。来年のプレミア12をはじめとするナショナルチームでのプレーも希望している。「野球が終わってからの話になりますが、自分が日本と台湾の架け橋になって台湾と日本の仲を深められたら、それが一番」。最後は人なつっこい笑顔で会見を締めくくった。



下は2015ドラフトで西武が指名した選手です。呉念庭は7位指名入団。プロでの成績はこちら

西武の2015ドラフト指名選手
1位 多和田 真三郎 富士大 投手
2位 川越 誠司 北海学園大 外野手
3位 野田 昇吾 西濃運輸 投手
4位 大滝 愛斗 花咲徳栄高 外野手
5位 南川 忠亮 JR四国 投手
6位 本田 圭佑 東北学院大 投手
7位 呉 念庭 第一工大 内野手
8位 国場 翼 第一工大 投手
9位 藤田 航生 弘前工高 投手
10位 松本 直晃 四国IL香川 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00│ │戦力外通告 
ドラフトニュース検索