ドラフト会議情報局 2024高校生ドラフト候補 2024大学生ドラフト候補 2024社会人ドラフト候補
2024ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

中日、宗山塁(明大)と金丸夢斗(関大)を1位候補に

2023年12月30日

12/30、中日スポーツ1面より
2024年のドラフトは東の宗山、西の金丸に注目!!中日は来秋のドラフト1位候補として明大の宗山塁内野手(動画)関大の最速153キロ左腕、金丸夢斗投手(動画)をリストアップしている。ドラフトの目玉となりそうな投打を代表する2人の大学生選手に、竜のスカウト陣も熱視線を送る。

即戦力投手を中心に大豊作と言われた今年のドラフト戦線。ドラフト1位に選ばれた12人のうち、8人は大学生投手だった。来年の大学生にも逸材が集まるが、その中で双璧となりそうなのが明大・宗山と関大・金丸だ。

宗山は下級生時から大学日本代表のショートストップを任される逸材。攻守ともに高いセンスを見せ、特に軽快で安定感のある遊撃守備は抜群。中日・松永スカウト部長は「今でも守備はプロで十分通用する」と評し、「打席での姿も含めて雰囲気があり、スター性がある。毎年出てくるような選手ではない」と絶賛する。

広島・広陵高から明大と野球のエリートコースを歩み、大学1年春からリーグ戦に出場。1年秋から3季連続でベストナインに選出され、2年春には首位打者を獲得した。中日などで名ショートとして鳴らした侍ジャパンの井端弘和監督も高評価し、将来の日本代表入りも期待される。

もう1人の注目選手は左腕から150キロ超えの真っすぐを投げる金丸。伸びのある力強い直球を軸にする速球派で、今秋の関西学生リーグでは防御率0・35の圧倒的な成績を残し、自身2度目の最優秀選手に輝いた。

兵庫・神港橘高から関大の経歴は元阪急で伝説の剛球投手・山口高志さん(当時は神港高)と同じ。松永スカウト部長は「真っすぐは球の質がよくて力があって、チェンジアップもいい。完投能力が高いのも魅力」とプロでも重宝される本格派左腕に太鼓判を押す。

宗山、金丸の2人に加えて、愛工大の最速157キロ右腕・中村(動画)大商大のスラッガー・渡部(動画)ら来年も大学選手は多士済々。中日はここ2年間は即戦力の大学生右腕を1位で指名している。1年後にどんな結果が待っているのか。来年のドラフトの行方から目が離せない。



宗山君(明治大)のスカウト評はこちら

金丸君(関西大)のスカウト評は
こちら

draftkaigi at 07:00│ │中日 
ドラフトニュース検索