ドラフト会議情報局 2024高校生ドラフト候補 2024大学生ドラフト候補 2024社会人ドラフト候補
2024ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

「紀州の剛腕」といわれた落合秀市、四国IL高知へ

2024年01月16日

 スポニチwebsiteより (source)
四国IL・高知は15日、特別合格選手として落合秀市投手と入団合意に至ったと発表した。

落合は和歌山東時代「紀州の剛腕」と呼ばれ、3年夏の和歌山大会で日米13球団のスカウトが大挙して視察した最速149キロの右腕。大船渡・佐々木朗希(現ロッテ)、星稜・奥川恭伸(現ヤクルト)に匹敵する逸材として大きな注目を集めた。

2019年ドラフトに向けてプロ志望届を提出も指名漏れ。「もう野球はいいです」と競技を辞め、就職する意向を示していた。しかし、素質を高く評価する周囲の説得で翻意し、一転現役続行を決めた。だが、関西独立リーグ・兵庫の入団直前、会見を「進路に迷いがある」として突如欠席し、話題となった。

20年2月に改めて会見に臨み「就職はいつでもできるので、今のうちに野球をやっておこうと思った。お金を稼ぎたいので、確率が高いのが野球かな、と」と経緯を説明。強豪の大学、社会人やMLBからもオファーがあったというが「NPBに1年で行ける。自分に合ってると思った」と兵庫を選択した。

MLBに挑戦しなかったのは「アメリカはビビったので行かなかったです」と率直な気持ちを明かしていた。最短1年でNPB入りを目指したが、同年のドラフトでは指名はなく退団。21年に同リーグの06ブルズへ入団も、同年7月に退団が発表されていた。



落合君の高校時代のスカウト評はこちら

落合君の高校時代のピッチング動画は
こちら


draftkaigi at 07:01│ │独立リーグ 
ドラフトニュース検索