ドラフト会議情報局 2024高校生ドラフト候補 2024大学生ドラフト候補 2024社会人ドラフト候補
2024ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

ドラフト戦線に異状あり、独立リーグの選手に注目

2024年01月17日

1/17、スポーツニッポン5面より
ドラフト戦線に異状あり――。昨秋のドラフト会議で支配下、育成合わせて史上最多の23選手が指名されたのが独立リーグだ。四国・徳島の椎葉剛投手(動画)が阪神、日本海・富山の大谷輝龍投手(動画)がロッテからそれぞれ2位指名を受けるなど、旋風を起こした独立リーグの現状に迫った。今秋ドラフトでの指名候補生も目白押しだ。

立ち位置は以前の育成指名での「お試し枠」から、「即戦力」へと変化している。22年ドラフトの計10選手から、昨年は2位指名2選手を含む史上最多の23選手がプロ入りを果たした独立リーグ。今冬もまた、有力選手が相次いで独立リーグの門を叩いた。

社会人野球の名門・日立製作所での主力選手の座を捨ててBC神奈川入りしたのは、最速151キロ左腕の安里海投手(動画)「NPBに自信を持って行けるように全力で勝負します」と目的は明確だ。

高校生では1メートル92の長身から最速148キロを誇る修徳・篠崎国忠投手(動画)が、社会人チームからのオファーを受けながらも四国・徳島に入団花咲徳栄の大砲・小野勝利内野手(動画)は「1年でNPB入りをかなえたい」とBC栃木入りを決めた。

独立リーグ行きの最大の魅力は、ドラフト指名まで中・高卒では3年、それ以外では2年の在籍が必要な社会人と違い、1年目から指名を受ける資格が発生することだ。

11年連続でドラフト指名選手を輩出中なのが、四国・徳島。南啓介球団代表は、阪神2位の椎葉を例にNPB入りへの3つのポイントを明かした。

(1)スカウティング
徳島入団選手の約3割は、球団からのオファー。スカウティングでは選手の能力ではなく「やりきる力」を最重要視する。南氏は「NPBに行けていないということは、能力が足りないということ。徳島でやりきって成長することが鍵」と強調。159キロ右腕の椎葉も、入団当初は最速148キロだった。

(2)肉体改造
入団が決まった選手は1~3月に徳島県北島町にある「インディゴコンディショニングハウス」でトレーナーの指導の下、肉体改造に励む。シーズンが本格化する4月以降、フィジカルが最高の状態で元NPB選手のコーチらから技術指導を受けるため、爆発的成長が見込める。ただ、4月以降はトレーナーによる指導がなく、「やりきる力」次第で成長に差が出る。

(3)需要の把握
フロントはNPBが求める選手のタイプを分析。最も力が発揮できる適材適所を現場に提案する。椎葉も当初は先発投手だったが、球威をアピールするため救援に配置転換したことで才能が開花。目先の勝利を追わないスタイルに不満を持つファンもいるが「最終的な優勝とドラフトで納得してもらう」と南球団代表は腹を決めている。

また、NPB入りした選手からは初年度の契約金、年俸の20%を受け取る契約を結んでいるため、ドラフト指名が次の逸材を生み出す原動力となる。

05年に日本初の独立リーグ「四国アイランドリーグ」が発足してから19年。徳島をはじめ各球団がドラフト指名への「育成ノウハウ」を熟成させた。「これまでも力を持つ選手がいたが、やっと適正な評価を頂けるようになった」と南球団代表。ドラフトの主力へ、選手もリーグも変貌を遂げる独立リーグに今年も注目だ。


draftkaigi at 06:46│ │ドラフト展望 
ドラフトニュース検索