ドラフト会議情報局 2024高校生ドラフト候補 2024大学生ドラフト候補 2024社会人ドラフト候補
2024ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

ロッテの話題の新人、武内涼太(育成1位)

2024年01月19日

1/19、スポーツニッポン4面「球界新士録」より 

2023ロッテ育成1位 武内涼太
星稜高・投手・動画

いつか祖父に追いつき、追い越したい――。そんな思いを胸にロッテ育成1位・武内(動画)は、プロのスタートラインに立った。7日の入寮時に持参したのは母方の祖父、長尾辰雄さんの写真だった。

「野球を始めたきっかけがおじいちゃんだった。もう亡くなってしまったけど、おじいちゃんと一緒に頑張っていこうという思いで持ってきました」

祖父は広島、南海で捕手としてプレー。60~64年に1軍で計32試合に出場した記録が残されている。小2の時に野球を勧められ、その2年後に亡くなった。引退からちょうど60年後の今。孫が自身と同じ道をたどるプロ野球選手になることを、きっと喜んだに違いない。

同期入団の9選手とともに新人合同自主トレに励んでいる武内は、地元・大分を離れて石川・星稜に進み、甲子園に3度出場。育成ドラフト1位も、最速149キロ右腕の身体能力の高さと将来性を球団は評価している。

「おじいちゃんは2桁というか若い背番号だったので、僕は133という背番号を少しでも軽くできるようにしたい」。祖父は南海で背番号25、広島で13と28を背負った。支配下登録と、将来的な先発ローテーション入りを目標に掲げ、祖父のように若い背番号にふさわしい選手を目指す。

「おじいちゃんはケガでやめてしまったので、僕はケガなくプロ生活を続けて、ロッテを代表するような選手になりたい」。祖父から託されたバトンは、いつも武内の心の中にある。



武内君のスカウト評はこちら

武内君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 06:30│ │ロッテ 
ドラフトニュース検索