ドラフト会議情報局 2024高校生ドラフト候補 2024大学生ドラフト候補 2024社会人ドラフト候補
2024ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

ソフトバンクの話題の新人、沢柳亮太郎(ドラフト5位)

2024年01月21日

1/21、スポーツニッポン4面「球界新士録」より 

2023ソフトBドラフト5位 沢柳亮太郎
ロキテクノ富山・投手・動画

ソフトバンク5位・沢柳(動画)は「諦める」という言葉が嫌い。壁にぶつかっても意志を貫き、挑み続け、5位指名を受けた。ロキテクノ富山では創部12年目で初めてドラフト指名を受けたが、入部は自らの売り込みからだ。

「自己紹介文をメールで野球部のある企業4、5社に送付し、返事をいただけたのがロキテクノ富山でした」。

入社し、製造部に所属。産業用精密ろ過フィルターを作りつつ、練習では西武、ソフトバンクなどで捕手として活躍した細川亨バッテリーコーチに基礎を叩き込まれた。「試合中にノートで配球のメモを取り続けた。先発と中継ぎの組み立ての違いから教わった」。

過酷なランニングメニューも自ら考案。200メートルに規定タイムを設定し、最低25本。元阪神の藤田太陽監督も「とにかく走るし、きついトレーニングをしていた」と認める。

努力は誰かが見ている。そして伝わる。ソフトバンクのスカウトが投球映像をチェックして驚いたのが最速151キロの直球の切れよりも変化球の落差だった。「2種類のカットボールとドロップカーブのホップ量の凄さと落差幅が55~60センチ。お宝を発掘した気分でした」と福山龍太郎アマスカウトチーフ。

セットアッパーとして、即戦力の期待を寄せる。「プロに近くない時から“プロになる”と言い聞かせてきた。周囲からも“有言実行したね”と言われたし、やり切るまでやる」。

高校は父親に「自分の力で行け」と言われ一般生として野球部に入部。大学は2部リーグだった。無名だろうが関係ない。「目標は大きく。千賀さんのように、はい上がってメジャーを狙う」。言ったからには諦めない。



沢柳君のスカウト評はこちら

沢柳君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 10:00│ │ソフトバンク 
ドラフトニュース検索