ドラフト会議情報局 2024高校生ドラフト候補 2024大学生ドラフト候補 2024社会人ドラフト候補
2024ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

巨人の話題の新人、泉口友汰(ドラフト4位)

2024年01月22日

1/22、スポーツニッポン4面「球界新士録」より 

2023巨人ドラフト4位 泉口友汰
NTT西日本・遊撃手・動画

大阪桐蔭、青学大、NTT西日本と名門で戦い抜いてきた遊撃手・泉口(動画)の思考は、シンプルなものだった。「野球が好きで、楽しくて始めた。その気持ちさえあれば頑張れるので」

大阪桐蔭では根尾(中日)、藤原(ロッテ)ら「史上最強世代」の1学年上。背番号6で出場した3年選抜では優勝に貢献した。青学大3年秋には東都2部でMVPに輝き1部復帰へ導くと、主将を務めた4年秋にはベストナインに選出された。

甲子園や神宮でプレーするだけでなく、勝つことが求められる環境に身を置いてきたプレッシャーは計り知れないが「やめたいと思ったことは一度もない」と振り返った。

野球の道に導かれた。4歳上の兄・和輝さんが野球を始めたことがきっかけ。父・武則さんは剣道経験者で、当初は剣道に通わせようとしていたという。「兄貴が剣道をしていたら僕も剣道をしていたかもしれないですね」。

遊びも野球で、野口小時代は「友達の家が遠かったので遊びに行くとかあまりなくて。野球か休みかだった」と小1から毎日のように素振りは欠かさなかった。「0と1は違うと思う。数を決めてというよりは、続けることを意識していた」という。

憧れの選手はいない。見るよりも野球をやることが好きだからだ。即戦力として期待される24歳。「周りをあえて見ないようにして、自分のやるべきことをその場その場でやっていく」。プロ野球の名門でも惑わされない。「野球が好き」という初心のまま、プロの世界へ挑む。



泉口君のスカウト評はこちら

泉口君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 06:40│ │巨人 
ドラフトニュース検索