ドラフト会議情報局 2024高校生ドラフト候補 2024大学生ドラフト候補 2024社会人ドラフト候補
2024ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

巨人の新人12選手紹介、泉口友汰(ドラフト4位)

2024年01月24日

スポーツ報知2面より 

2023巨人ドラフト4位 泉口友汰
NTT西日本・遊撃手・動画

巨人の支配下&育成新人12選手を紹介する連載企画「慎戦力」の第3回は、ドラフト4位・泉口友汰内野手(動画)。大阪桐蔭、青学大、NTT西日本と実力者ぞろいの名門を渡り歩いてきたからこそ身についた自己分析力で、プロでもレギュラー奪取を誓う。

柔らかいグラブさばきで、泉口は1球1球丁寧にノックをこなした。本職の遊撃に加え、二塁もこなす24歳は「派手なプレーはないですけど、安定感にこだわっています。大学3年からしっかり間をつくって、前でも、後ろでも対応できるように意識して磨いてきました」。社会人No.1ショートの呼び声通り、ここまで堅実な守備を披露している。

名門を渡り歩き、冷静な自己分析力を身につけてきた。大阪桐蔭では遊撃のレギュラーとして3年春のセンバツで優勝を経験。だが1学年下の根尾(中日)や藤原(ロッテ)、横川(巨人)ら高卒でプロ入りした力のある選手を間近で見ていたからこそ、プロ志望届は出さなかった。

「誰がどう見てもすごい選手たち。自分は絶対にプロに行けないと思った。大学に行って、社会人でしっかり2年鍛えてというビジョンを自分の中で持っていました」

進学した青学大では、3年秋に東都大学2部リーグの日大戦で赤星(巨人)から右中間本塁打を放つなど活躍。4年時には主将を務めた。

それでも夏になる頃にはNTT西日本に進むことを選択。安藤寧則監督からは「もう決めるのか」とプロも視野に待つように提案されたが、「今のままではまだプロで勝負できない」と自己を見つめた。社会人の2年間で守備に加えパンチ力に磨きをかけ、ようやくプロで戦う自信ができた。

打撃の目標は高校の先輩でもある森友哉(オリックス)。「あのフルスイングが魅力的で、ボールに対してしっかり振っていくところは本当に素晴らしいなと。自分もああいうふうにやれたらなと思ってずっとやってきました」とパワーも秘める。

昨年ルーキーながら遊撃の定位置を奪取した門脇と同じドラフト4位で、背番号35を与えられた。「自分も続いていきたい思いはあります」。実力者がそろう内野に“波乱”を巻き起こす力は十分ある。



泉口君のスカウト評はこちら

泉口君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:00│ │巨人 
ドラフトニュース検索