ドラフト会議情報局 2024高校生ドラフト候補 2024大学生ドラフト候補 2024社会人ドラフト候補
2024ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

ヤクルトの話題の新人、石原勇輝(ドラフト3位)

2024年01月24日

1/24、スポーツニッポン2面「球界新士録」より 

2023ヤクルトドラフト3位 石原勇輝
明治大・投手・動画

経歴だけを見ればエリート街道を歩んできたが、野球人生で一度も背番号「1」を背負ったことがない。そのヤクルト3位・石原(動画)を支えてきたのは反骨心だ。「ずっとエースやキャプテンの背中を見るばかりだった。現状では負けていても、いつかは追い越したいと思ってやってきた」

広島県呉市出身。小学生時代はカープジュニアに所属し、高校は地元の名門・広陵へ進んだ。2年秋の明治神宮大会、3年春は甲子園に出場して明大へ。

広陵→明大というステップは広島・野村や、日本ハム・上原ら多くのプロを輩出した「黄金ルート」。だが、高校時代は大阪ガスから広島入りした河野がエースだった。大学でも4年になるまでスポットライトが当たることはなかった。

同学年にはロッテ・佐々木やオリックス・宮城がいる01年生まれ。プロでチームメートになった奥川とは、高校時代に対戦したことがある。明治神宮大会初戦の星稜戦。先発で3回2/3を7安打7失点と打ち込まれ、チームはコールド負けを喫した。相手先発の奥川は7回3安打無失点の快投。「別格でしたね。年は同じでも雲の上の存在でした」と力の差を痛感した。

「高卒でプロに行く実力はなかった。全国的に注目される東京六大学で力をつけてプロになるという目標を立てた」。

徹底した走り込みとトレーニングが実を結んで140キロ前後だった球速は149キロにまでアップし、ドラフト3位指名を受けた。「やっぱり同学年の選手には負けたくない。広陵、明治の看板を背負っているので」。憧れのサウスポー・石川のように、息の長い選手を目指す。




石原君のスカウト評はこちら

石原君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:01│ │ヤクルト 
ドラフトニュース検索