ドラフト会議情報局 2024高校生ドラフト候補 2024大学生ドラフト候補 2024社会人ドラフト候補
2024ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

日本ハムの話題の新人、平田大樹(育成2位)

2024年01月27日

1/27、スポーツニッポン6面「球界新士録」より 

2023日本ハム育成2位 平田大樹
瀬田工高・外野手・動画

プロ入りの道は突然開かれた。日本ハム育成2位・平田大樹(動画)がNPBの“スカウト網”にかかったのは瀬田工3年夏のこと。練習試合で別の選手を視察に訪れていたスカウトの前で、5試合連発を放って一気にドラフト候補に。

「運良く本塁打を打てた時期にスカウトさんが注目してくれた。まさか、プロに入れるとは思ってもいなかった」と振り返った。

一時は諦めかけた道だった。高2秋に新型コロナ感染から髄膜炎を発症。「横になっていればマシだが、立ち上がったら吐き気と頭痛が…。首はカチコチになって動かなくなった」。約1カ月間の入院で体重はみるみる落ち、70キロから10キロも減少し「もう野球はできないだろうなと思っていた。完全に心が折れていた」

絶望の中で仲間の存在が励みになった。平田が離脱した2年秋の大会中、ベンチに自身のグラブを置いて戦ってくれた。「みんなが待っていてくれたので、頑張るしかないと思って」。症状が回復し始めた昨年2月から全体練習に参加。3年春は大事を取って欠場したが、食事とトレーニングで体重も戻し、最後の夏に間に合った。

プロ入りする選手の大半が早くにスカウトの目に留まり、その後の成長を注視されるものだ。3年夏でのドラフト候補入りは異例だが、絶望の淵からはい上がって道を切り開いた。「あの経験があれば、ちょっとやそっとではくじけない。育成からはい上がっていきたい」。今なお新型コロナの後遺症に苦しむ人たちのためにも、勇気を与える存在になる。



平田君のスカウト評はこちら

平田君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:01│ │日本ハム 
ドラフトニュース検索