ドラフト会議情報局 2024高校生ドラフト候補 2024大学生ドラフト候補 2024社会人ドラフト候補
2024ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

<2024センバツ>どこよりも早いセンバツ優勝予想

2024年01月29日

1/29、日刊ゲンダイ39面より
第96回センバツ高校野球大会の選考委員会が26日に開かれ、出場32校が決定した。昨秋の明治神宮大会を制した星稜、能登半島地震で甚大な被害を受けた石川・輪島市にある日本航空石川が、北信越地区で選出された。高校野球に詳しい専門家2氏と本紙が優勝校を徹底予想した。

今春から投手の負担軽減などを目的とした新基準の低反発金属バットが全面的に導入される。飛距離が出にくい特徴があり、各校が四苦八苦する中、有利になるのはどこか。

アマチュア野球に詳しいスポーツライターの美山和也氏はこう言う。

作新学院を本命に推したい。母校OBの『江川卓2世』こと最速147キロ右腕のエース小川哲平は、183センチ、92キロと均整の取れた体格。力感のないフォームからスピンの利いた直球を投げ込む。中学時代は軟式球で144キロを計測した逸材です。関東大会でチーム打率.430をマークした打線も強力。総合力の高いチームです」

高校野球雑誌「ホームラン」の元編集長・戸田道男氏はこう見る。

「最近はどこの学校も冬の間に室内練習場などで振り込んでくるため、かつて言われた『春は投手力』は当てはまらなくなった。ただ、飛ばないバットを使う今大会は投手力がモノを言いそうで大阪桐蔭を挙げたい。関東第一との明治神宮大会初戦は守備陣が5失策と乱れ、5―9で敗れましたが、冬の間に修正してくるでしょう。エース右腕の平嶋桂知、最速149キロの中野大虎など、投手力はナンバーワン。昨秋の近畿大会決勝で、京都外大西を7回3安打9奪三振無失点に抑えた最速151キロの189センチ右腕・森陽樹を関東第一戦で見せなかった西谷浩一監督はしたたかです」

日刊ゲンダイは健大高崎を推す。ある球団のスカウトが言う。

「関東大会は4強ながら、U15の元日本代表など戦力的には随一。石垣元気と佐藤龍月の1年生二枚看板は完投能力があって、打線も強力。箱山遥人は『強肩強打』の高校ナンバーワン捕手。打って守れる貴重な右打者の捕手として、プロの評価も高い。初優勝を狙える戦力です」

対抗は神村学園とは戸田氏だ。

「昨夏の甲子園4強と旋風を起こしたメンバー10人が残る。昨秋の九州大会は4強で敗退したが、甲子園での経験値はどこよりも高い」

美山氏は青森山田を挙げる。

「最速145キロ右腕の関浩一郎と144キロ右腕の桜田朔のダブルエースのレベルが高い。昨秋の東北大会が圧巻で、準決勝の一関学院戦で関が2安打12奪三振で完封。すると、桜田が翌日の八戸学院光星との決勝でノーヒットノーランを達成しています」

ダークホースはどこか。前出の2氏が続ける。

「中国地区2位の創志学園が気になります。かつて東海大相模で4度の全国制覇を果たした名将・門馬敬治監督が就任後初の甲子園。左腕・山口瑛太、右腕・中野光琉(ともに2年)の二枚看板と堅実な守備、下位からも得点できる打線でスキのないチームをつくっています」(戸田氏)

「関東・東京枠最後の6校目に滑り込んだ中央学院が充実しています。選考委員長が会見で言ったように『投手の層』がポイント。蔵並龍之介投手とリリーフの颯佐心汰らに安定感がある。関東・東京6校目だが、地力はあります」(美山氏)

組み合わせ抽選会は3月8日、同18日に開幕する。



2024センバツ出場32校、スポーツ紙の評価はこちら

draftkaigi at 06:51│ │高校 
ドラフトニュース検索