ドラフト会議情報局 2024高校生ドラフト候補 2024大学生ドラフト候補 2024社会人ドラフト候補
2024ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

オリックスがドラフト&育成に優れている秘密

2024年02月04日

2/4、日刊ゲンダイ38面「キャンプ直撃インタビュー」より

記者
「昨秋のドラフトでは、ほとんどの球団が大学生の即戦力投手を1位指名する中、高校ナンバーワン遊撃手の上田西・横山聖哉を指名。ドラフトで高校生の上位指名が多いのは球団の方針?」

オリックス・福良GM
「1位はみんなで考えて決めている。方針というより、発掘してくるスカウトの目が優れているんじゃないですか」

記者
「昨秋は4位まで高校生を指名するなど徹底している」

オリックス・福良GM
「ドラフト戦略と並んで、指名した高校生を育てる育成力も大事。スカウトもそうだけど、育成を手助けしているコーチ陣も優れていると思います」

記者
「3年間はファームでじっくり体づくりを徹底するとか、高卒選手育成の秘訣は?」

オリックス・福良GM
「そういうものはありません。強いて言えば、どんどん実戦経験を積ませること。実戦の中でしか覚えられないことが多いので、投手で肩、肘に問題がなければ、どんどん上(一軍)に上げて実戦に出していきます」

記者
「昨季は高卒3年目の山下舜平大が、プロ初登板で開幕投手を務める規格外のデビューでした」

オリックス・福良GM
「舜平大はファームで2年間やって、いけるという判断だったので抜擢しました。宮城は1年目にデビュー(して初勝利)。2年目は開幕ローテ入りして2ケタ勝利(13勝4敗)を挙げた。年数などは決めずに、できると判断したら、スピード感を持ってすぐに上で使うことですね」

記者
「昨季侍ジャパン入りした宇田川優希や6勝負けなしとブレークした東晃平といった育成出身の主力も多い。例えば巨人は育成選手が多いのに、なかなか支配下に昇格できません」

オリックス・福良GM
「巨人のことは分かりませんが、高卒にしても育成にしても、スカウトの眼力とコーチの育成力が優れているということは胸を張れます」 



オリックスの歴代ドラフト指名選手一覧はこちら

draftkaigi at 07:01│ │オリックス 
ドラフトニュース検索