ドラフト会議情報局 2024高校生ドラフト候補 2024大学生ドラフト候補 2024社会人ドラフト候補
2024ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

社会人注目の新人、松浦佑星(ENEOS)

2024年03月08日

3/8、スポーツニッポン4面「スポニチ大会注目のリーキー」より 

松浦佑星(日本体育大・遊撃手)
173cm・右投左打・動画

同じ左打者として「第二の度会」を目指すENEOS・松浦佑星内野手(動画)が、スポニチ大会で社会人デビューを目指す。「得意の足でかき回して、守備でも中心選手になりたい」。日体大時代と同じ背番号1のユニホームに袖を通し、武者震いした。

新天地の練習に参加して2カ月弱。「ノックから緊張感が全然違う。打撃練習も一球に対するこだわりがある。でもやるしかない」。学生時代と違う一球の重みを再確認した。

ENEOSが通算12度目の優勝を飾った22年夏の都市対抗。決勝戦をスタンドから観戦し、興奮した。「格好よくて。元気があってキビキビしているし、ボクのカラーにも合っているはず」。自身と入れ違いで、ドラフト1位でDeNAに入団した度会が放った3ランも目に焼き付けた。

宮崎県の三納小1年から野球を始めた。当時、大リーグで活躍していたイチロー氏(現マリナーズ球団会長付特別補佐兼インストラクター)に憧れ、右利きにもかかわらず左打席に立ち続けた。「誰に教わるでもなく、物心がついた頃には左打ちになっていた」。

その後は50メートル5秒93の俊足を生かし、「1番・遊撃」で高校、大学と全国大会を経験した。

社会人野球で最初の公式戦となるスポニチ大会にも出場のチャンスはある。監督として史上最多、都市対抗4度の優勝を誇る大久保秀昭監督は「スタメンは分からないですけど、ウチで一番足が速い」と期待した。松浦も「出るからには看板を背負う気持ちで、チームの目標である優勝に貢献したい」と目を輝かせた。



松浦君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 06:45│ │社会人 
ドラフトニュース検索