ドラフト会議情報局 2024高校生ドラフト候補 2024大学生ドラフト候補 2024社会人ドラフト候補
2024ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

社会人注目の新人、岩本大地(セガサミー)

2024年03月09日

3/9、スポーツニッポン7面「スポニチ大会注目のリーキー」より 

岩本大地(中央大・投手)
175cm・右投右打

同期には負けたくない。セガサミーの最速149キロ右腕・岩本が社会人デビューを心待ちにしている。「社会人最初の大会なので緊張はするけど、チームを勝たせられる投球をしたい」。2年後にプロ入りという目標へ制球力を武器に新天地での道を切り開く。

中大では高い壁に阻まれた。「キャッチボールの相手が4年間、西舘(巨人ドラフト1位)でした。しかも学年が上がるにつれ凄くなって」。岩本はブルペンから球速を求めた末、フォームを崩した。

目が覚めたのは2年冬。茨城に帰省した時、石岡一のエースで甲子園出場時のフォームに戻すのではなく、バランスを重視し内外角に投げ分ける投球術を磨こうと決意した。翌春は東都リーグ初勝利を含め2勝。大学最終学年は勝利なしながら春秋11試合に登板した。

セガサミーでの初先発は2月15日、オリックス2軍との練習試合だった。4回完全投球。「広岡さんや野口さんを抑え、自信になりました」。5日には東芝とのオープン戦にも先発し、3回4安打1失点で3奪三振。西田真二監督は「スライダーもいいし、もう完成度も高い。楽しみです」とスポニチ大会デビューを示唆した。

西舘以外の同期も、石田裕はDeNA5位、大栄陽斗はトヨタ自動車に入社した。「大栄と“2年後、一緒にプロへ行こう”と話しているんです」。19年8月、母・美由起さん(享年52)が肺がんで亡くなった。社会人門出のマウンドでも好投し、夢をかなえ、改めて母の墓前に吉報を届けるつもりだ。


draftkaigi at 07:00│ │社会人 
ドラフトニュース検索