ドラフト会議情報局 2024高校生ドラフト候補 2024大学生ドラフト候補 2024社会人ドラフト候補
2024ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

ドラフト超目玉・金丸夢斗(関大)、12球団が注目

2024年03月09日

3/9、デイリースポーツ4面「スポットライトの裏側」より 

金丸夢斗(関西大・投手)
177cm・左投左打・動画

プロ入り前に衝撃の侍デビューを果たした。7日の欧州代表戦で先発した関大・金丸(動画)。この夜は最速151キロの直球が走り、変化球もさえた。2回を無安打無得点4奪三振の完全投球で周囲の度肝を抜き、投手陣によるパーフェクトリレーという快挙の先陣を導いた。

金丸について、6日に日本代表・井端監督が「プロ野球選手が投げるのと変わらず安心して見ていたい」と予告した通りの結果を示した。

プロ12球団が注目するほどのプロスペクトと言っても過言ではないだろう。最速153キロ左腕。今秋ドラフトの超目玉として、既に複数球団が1位指名候補にリストアップしているとみられ、阪神も熱視線を送っている。各球団によるドラフト指名候補の投手の中でも評価はダントツだ。

西武・潮崎スカウトディレクターは「投手でナンバー1。コントロールが良くて真っすぐが強い」と絶賛する。「真っすぐは西武の武内と隅田より強い」。武内は2023年のドラフト1位で3球団競合の末、隅田は2021年に同4球団競合の末に、いずれも西武が獲得した即戦力サウスポー。力強い金丸のストレートの評価はすさまじく高い。

体の強さにも大きな魅力を感じているのが、巨人・岸スカウトだ。金丸は大学1年時からマウンドに上がり、ほぼフル回転で躍動してきた。177センチと決して大きくはないボディーに無限の体力を秘める。「体の芯が強くて、体の使い方がうまい」。投球フォームには抜群の安定感がある。「再現性の高いフォームです。プロで長いシーズンを戦う上では必要です」と高く評価する。

金丸のフォームはパワー系というわけではなく、力感も感じさせないオーソドックスなものだが、「出力が出る」と巨人・岸スカウト。「東(DeNA)に力感が似ている。かぶる部分があります」。

昨季16勝を挙げ最多勝と最高勝率を獲得したDeNAのエース・東を彷彿とさせるほどの素材。直球に加えてスライダー、スプリットなどの多彩な変化球も操り、制球力も抜群。既に完成度は高い。巨人・岸スカウトは「完成度はまだまだ上がります。伸びしろがあります」と期待を込めて語る。

12球団から大きな注目を浴びる、無限の可能性を秘めた超の付く逸材。一体、何球団が今秋のドラフト1位で入札することになるのだろうか。今後の動向を含めて興味は尽きない。



金丸君のスカウト評はこちら

金丸君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:33│ │巨人 | 西武
ドラフトニュース検索