ドラフト会議情報局 2024高校生ドラフト候補 2024大学生ドラフト候補 2024社会人ドラフト候補
2024ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

金丸夢斗(関西大)、中日・ソフトバンク高評価

2024年03月18日

週刊ベースボールONLINEより (source)

金丸夢斗(関西大・投手)
177cm・左投左打・動画

「自信」が「確信」に変わった。関大の153キロ左腕・金丸夢斗(動画)は3月17日、慶大とのオープン戦で先発。試合前から冷たい雨が降り注ぎ、プレーボール後は一旦上がったが、再び、降り出し、厳しいコンディションだった。

「リーグ戦でも、こういう状況でやる可能性はあるので……。気になることはなかった」。淡々とキレのあるボールを投げ込み、5回5安打無失点と、貫録の投球を見せた。与えた四球は1。

「昨年の日本一チーム(慶大は明治神宮大会優勝)にどこまで通用するか、証明できた。真っすぐで抑えられたのはよかった」。収穫多きマウンドとなった(試合は3対3。慶大の6回表の攻撃終了で打ち切り)。

金丸は井端弘和監督が指揮する侍ジャパントップチームに名を連ねた。欧州代表との第2戦(3月7日)で先発して、2イニングをパーフェクトに封じた。知名度は一気に全国区に。この日の慶大戦も、悪天候にも関わらず、多くの観衆が関大グラウンドに詰めかけた。

「自分のピッチングに集中する。周りのことは気にしません」とマイペースを強調。一度、侍ジャパンにピークを持っていったが「落とし過ぎずに、6~7割ぐらい」と、この日のオープン戦に照準を合わせてきたという。

5安打を浴びるも、失点は許さない。要所では三振を奪い、力で圧倒した(計6奪三振)。「好打者を相手にいかに粘れるか。変化球が大事になってくる。とても勉強になった試合」最速149キロのストレートは、指のかかりが良く、伸びが抜群だった。

この日はカーブを封印。スライダー、チェンジアップ、そして得意のスプリットで的を絞らせなかった。「大学トップチームが相手で、挑戦者の気持ちで投げた」。最終学年に悲願の「大学日本一」を目指す上で、慶大打線を封じ、確かな手応えをつかんだ。

この日はNPB5球団7人が視察。中日・松永スカウト部長は「力は分かっている。悪条件の中でも、ストライクをしっかり取っていた。(開幕前の)この時期ですので、普通に投げてくれれば十分。ケガなく、春、秋のリーグ戦を投げてくれれば。真っすぐの強さ、変化球の精度。完成された投手です」と高評価を与えた。

ソフトバンク・稲嶺スカウトも「ストライク率が高い」と制球力を絶賛し「コンディションが厳しい中でも、非常に丁寧に投げていた。さすがです。この時期にしては上出来。順調にきている」と語った。

(3月17日 練習試合 関西大 3―3 慶応大)



金丸君のスカウト評はこちら

金丸君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 15:28│ │中日 | ソフトバンク
ドラフトニュース検索