ドラフト会議情報局 2024高校生ドラフト候補 2024大学生ドラフト候補 2024社会人ドラフト候補
2024ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

元DeNAスカウト部長、春の甲子園ドラフト候補総括

2024年03月26日

3/26、スポーツニッポン5面「吉田孝司氏が分析」より
1回戦が終わり、出場した全32校が登場。今大会の注目選手を巨人の捕手として活躍し、DeNAでスカウト部長を務めた吉田孝司氏が分析した。

新基準の低反発バットが導入された大会だけあって投手が目立ち、野手の方は少し寂しいね。ドジャース・大谷の影響かもしれないけど、ノーステップで打つ打者がいたが体重移動が凄く難しい。

スカウトからすると、しっかり足を上げて強く振れる選手が魅力的。豊川のモイセエフ(動画)は足を上げ、飛ばす力もある。柔らかさ、対応力が加わればドラフト戦線で人気急上昇間違いなし。

捕手では高崎健康福祉大高崎の箱山(動画)が攻守に存在感がある。大阪桐蔭では境(動画)、徳丸(動画)が印象的だった。

投手では報徳学園の今朝丸(動画)大阪桐蔭の平嶋(動画)八戸学院光星の洗平(動画)が光った。3人ともドラフトで人気が出るだろう。結果を出せなかった作新学院の小川哲(動画)は体が大きくフォームも癖がない。

広陵の高尾(動画)は高校生としては完成度が高い。愛工大名電の伊東(動画)も積んでいるエンジンが大きいね。阿南光の吉岡(動画)は2段モーションのフォームを使いこなせていた。

今大会はまとまっている投手が多い傾向。スカウトとしては多少荒くてもダイナミックさが欲しいよね。これから気温とともに状態も上がるだろうから目が離せないよ。

(元DeNAスカウト部長)



2024高校生のドラフト候補一覧はこちら

2024大学生のドラフト候補一覧はこちら

2024社会人のドラフト候補一覧はこちら



draftkaigi at 06:49│ │横浜DeNA 
ドラフトニュース検索