ドラフト会議情報局 2024高校生ドラフト候補 2024大学生ドラフト候補 2024社会人ドラフト候補
2024ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

関西学生野球リーグの展望&プロ注目選手

2024年04月02日

4/2、スポーツニッポン6面より
今春から関大、近大、立命大の3大学で新監督が就任し、新風吹き荒れる可能性のある春といえる。その状況でも各大学の監督が、関大・金丸(動画)をどう攻略するかと口をそろえるように、絶対的エースの金丸を擁する関大が優勝候補の筆頭に挙がる。

金丸はリーグ戦18連勝中と付け入る隙が見当たらない。加えて、富山、下井田らが並ぶ打線も強力だ。投打のバランスが取れており、2季連続優勝を狙える戦力を有している。

昨夏王者の近大は、昨年12月の大学日本代表候補合宿に召集された正二塁手の勝田、昨秋先発5試合で3勝を挙げた北見ら3年生に好選手がそろっている。投打で下級生が機能して勢いづけば、春3連覇に近づきそうだ。

立命大は、今春から主戦投手を担うプロ注目の最速152キロ右腕・長屋(動画)が復権のカギを握る。野手にも強打の竹内が控えるなど、個の力はリーグ屈指だ。

同大は、昨秋打率2位の川久保が機能すれば強力な中軸を形成できる。関学大は、昨春の最優秀投手である坂本が故障から復帰しており、投手力の上積みは間違いない。京大は、3年生の中井ら野手の奮起が求められる。

各大学ともに主戦投手に好素材がそろい、関学大の本荘雅章監督は「どの大学も投手力が高いので、投手力が低いと戦っていけない」と見据える。今春も混戦模様の予感だ。



2024高校生のドラフト候補一覧はこちら

2024大学生のドラフト候補一覧はこちら

2024社会人のドラフト候補一覧はこちら

draftkaigi at 06:55│ │大学 
ドラフトニュース検索