ドラフト会議情報局 2024高校生ドラフト候補 2024大学生ドラフト候補 2024社会人ドラフト候補
2024ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

茨木佑太(帝京長岡)、阪神・楽天が将来性を評価

2024年04月03日

日刊スポーツwebsiteより (source)

茨木佑太(帝京長岡高・投手)
187cm・右投右打・動画

帝京長岡(新潟)のプロ注目右腕、茨木佑太投手(動画)が、未来富山(富山)との練習試合に先発した。プロ複数球団のスカウトが視察する中、力強い直球を軸に5回4安打無失点の好投をみせた。

ひと冬越えて進化した姿を披露した。187センチ、92キロの恵まれた体格から投げ下ろす直球は、この日、同校のスピードガンで最速141キロをマーク。「しっかりコースに投げることを意識した」と、やや力をセーブしながらも、真っすぐは常時135キロ以上。昨秋の平均速度は120キロ台後半で、5キロ以上アップした。

一方で「高めに浮いた。出来そのものはあまりよくない」と、初回に2死満塁のピンチを招くなど、4回まで毎回走者を背負った。それでも要所でチェンジアップ、スライダーをコーナーに決めてホームは踏ませず。元日本ハムの芝草宇宙監督は「あと1本を出させない投球ができている」と及第点をつけた。

ここまで練習試合で10イニング以上投げて無失点。冬場の筋トレは上半身を中心に行い、体重は約10キロ増えた。もともとのオーバースローだったが、昨秋はスリークオーターに変更。この春、再び上手に戻した。茨木は「下半身と連動して投げられるようになって、腕も上がった」と、筋肉増量の成果を口にした。

見守った楽天・井上スカウトは「体が大きいしポテンシャルもある。のびしろがすごくある」と潜在能力の高さを評価。阪神・筒井スカウトは、帝京長岡OBで一昨年のドラフト4位右腕、兄秀俊と比較し「秀俊より3、4センチ身長が高く、スケールの大きさを感じる。将来的に本格派になる面白い存在」と話した。

今季のキャンプインを1軍で迎えるなど、成長株の兄について茨木は「越えなければならない存在」と言った。それだけに「兄が出られなかった甲子園に今年は必ず出る」。意識を高めてシーズンを迎える。



茨木君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 06:55│ │阪神 | 楽天
ドラフトニュース検索