ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる
ヤクルト

ヤクルトの2017退団選手と第二の人生

2017年12月14日

12/14、スポーツニッポン4面「惜別球人」より

竹下真吾(投)→今後は未定
土肥寛昌(投)→会社員
中島彰吾(投)→現役続行希望
星野雄大(捕)→ブルペン捕手
今浪隆博(内)→今後は未定
飯原誉士(外)→今後は未定
榎本葵(外)→現役続行希望
原泉(外)→公務員希望
徳山武陽(投)→球団職員
ジョシュ・ルーキ(投)→米球界復帰希望
プレストン・ギルメット(投)→米球界復帰希望
ディーン・グリーン(内)→米球界復帰希望
カルロス・リベロ(内)→米球界復帰希望

draftkaigi at 08:49|この記事のURL

ドラフト選手の家庭の事情、村上宗隆(九州学院)

2017年12月02日

12/2、日刊ゲンダイ39面「ドラフト選手の家庭の事情」より

2017ヤクルトドラフト1位 村上宗隆
九州学院高・捕手・動画

「返事が聞こえんと!」。ヤクルト1位、九州学院・村上宗隆(動画)の父・公弥さんは、3人の息子たちを厳しくしつけた。次男である村上が小学生のころ、小さな声でおざなりな返事をして、「そんな小さい声で人に伝わると思っているのか。伝わって初めて返事なんだ」と叱ったことがある。挨拶や食事のマナーも同様だった。公弥さんは柔らかな語り口ながら、子育ての姿勢についてキッパリとこう言った。

「私の父が警察官で礼儀やマナーに厳しかった。食事はちゃぶ台を囲んで父が上座に座り、正座して食べた。箸の持ち方に始まり、ご飯は一粒残さず食べるのは当たり前。次男のムネ(宗隆)たち3兄弟を育てるにあたり、礼儀作法がしっかりできる人間になって欲しいと思い、彼らが小学生のころまでは口酸っぱく言ってきた。ときには手を上げたこともあります」

東海大の投手である2学年上の兄・友幸さんをはじめ3兄弟はみな野球をやっている。公弥さんも野球少年だった。熊本の強豪校でショートを守っていたが、1年のときに右肩のケガで野球を諦めざるを得なくなった。加えて「中学に入ったら息子たちの人生」という考えもあり、野球に関して強制したことはない。「頑張りたいなら頑張れ、努力だけは怠るな」というスタンスで接した。

母の文代さんは身長が170センチほどあり、高校時代はバレーボールのアタッカーだった。専業主婦として3兄弟の胃袋を支え、子どもたちの「なだめ役」でもあった。

そんな両親に育てられた村上は、幼稚園に入園した3歳のときにはもう家でプラスチックのバットを振って遊んでいた。村上は右利きだが、誰に教わるでもなく左で打った。公弥さんは「イチローや松井秀喜の映像を見て真似をしたのかもしれない」と言う。

4歳で兄に連れられ、長嶺地域スポーツクラブに入団。当初は軟式球を使ったキャッチボールを捕り損ねて鼻血を出し、練習に行くのを嫌がっていたが、父は「男なら一度やると決めたことは最後までやり通せ」と言って背中を押した。小学4年で小学校の野球部に入部すると本格的に野球に没頭した。

公弥さんは自宅の庭で2メートルほどの物干し竿で素振りをやらせたことがある。高橋由伸(現巨人監督)が少年時代にやっていたと耳にしたからだ。父にとって印象深いのは村上が自宅の庭で納得がいくまで素振りをする姿だ。ティー打撃ではなく素振りにこだわった。

小学生時代のある日、村上は試合を終えて帰宅するや黙々とバットを振り始めた。それはいつしか日課となり、高校生になった今も続いている。長いときは1時間、スイングの音に耳を研ぎ澄ませながら一心不乱に振った。

 
「入部してきたころは160センチ強と決して大きくはなかったが、とにかく元気な子で、先輩にも臆することなく声掛けができた。何より飛距離はケタ違いでした。100メートルを超えた打球は数え切れません」。
こう証言するのは、村上が中学時代に在籍していた熊本東リトルシニアの吉本幸夫監督だ。1998年のドラフトでダイエー(当時)に1位で入団した吉本亮(現ソフトバンク三軍コーチ)の父でもある。

「ムネのころに使用していたグラウンドは右翼が85メートルほど。その後ろの民家に打球が直撃したこともある。あまりに飛ばすのでネットを地上13~14メートルまで高く延ばしたのですが、それでもネットを越えていく。『なるべく左中間方向に打て』と指示をしても、約110メートルの中堅後方の小屋にぶち当てるほどでした」。同シニアには今、中1になる村上の弟が在籍、公弥さんは副理事を務めている。

九州学院高では1年時から4番を務めた村上は、外れ1位として3球団の競合の末、ヤクルトに指名された。契約金8000万円、年俸720万円。10年ほど前に脱サラし、不動産会社を経営する公弥さんはこんなメッセージを送る。

「契約金は退職金のようなもの。すべて息子に託します。大事なのは年俸です。頑張った分だけ上がる。何よりケガに気をつけてほしいですね。プロ野球選手は個人事業主。事故やケガをしたら仕事が立ち行かなくなってしまいますから」



下は2017ドラフトでヤクルトが指名した選手です。1位指名・村上君のスカウト評はこちら

ヤクルトの2017ドラフト指名選手
×清宮 幸太郎  
1位村上 宗隆九州学院高捕手
2位大下 佑馬三菱重工広島投手
3位蔵本 治孝岡山商科大投手
4位塩見 泰隆 JX-ENEOS外野手
5位金久保 優斗東海大市原望洋高投手
6位宮本 丈奈良学園大内野手
7位松本 直樹 西濃運輸 捕手
8位沼田 拓巳BCリーグ石川投手


draftkaigi at 07:04|この記事のURL

強制性交事件、ドラフト指名2選手は関係なし

2017年11月23日

11/23、デイリースポーツ1面より
元阪神で、現在は独立リーグのルートインBCリーグ石川ミリオンスターズに所属する一二三慎太選手(2010阪神2位)が強制性交の疑いで沖縄県警に逮捕されていたことが22日、分かった。今年のドラフト会議で指名されたBC・石川の選手は事件に関係なかった。

ヤクルトがドラフト8位指名した沼田拓巳投手(動画)について小川淳司監督は「特に報告は受けてないよ」と話し、月末に予定されている仮契約は予定通り行われる模様。DeNA6位の寺田光輝投手(動画)についても、球団関係者は「大丈夫です」と関係ないことを強調した。



下は2010ドラフトで阪神が指名した選手です。一二三慎太は2位指名され入団。高校時代のスカウト評はこちら

阪神の2010ドラフト指名選手
× 大石 達也    
1位 榎田 大樹 東京ガス 投手
2位 一二三 慎太 東海大相模高 投手
3位 中谷 将大 福岡工大城東高 捕手
4位 岩本 輝 南陽工高 投手
5位 荒木 郁也 明治大 外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:05|この記事のURL

ヤクルトドラ6・宮本丈、目標は「1試合でも多く出る」

サンケイスポーツwebsiteより (source)

2017ヤクルトドラフト6位 宮本丈
奈良学園大・遊撃手・動画

ヤクルトからドラフト6位で指名された奈良学園大・宮本丈内野手(動画)の入団が21日、決まった。大阪市の神仙閣大阪店で入団交渉し、契約金3000万円、年俸800万円で仮契約。背番号は「39」に決まった。「1年目からどんどん試合に出られるようにやっていきたいし、走攻守、全てでアピールしたい」

橿渕スカウトデスクと担当の阿部スカウトと約30分間交渉。「自分の名前と住所を書くのは、今年で一番緊張しました」とおどけた。大学近くのスーパー銭湯に行くのが趣味という宮本。「3つぐらいをローテーションしています」とリーグ戦期間中などは多いときで週2、3日も足を運ぶ。

「気分転換というか、切り替える場所ですね。練習後にお風呂につかって、ストレッチをするのは中学生からの日課。もともと体は硬かったですが、だんだんと柔らかくなりました」

大谷級の柔軟性を持つ。仮契約後には両肘を体の前で合わせるパフォーマンスを披露。「最初は(ゴルフの)石川遼さんがやっていて、やってみたらできた」と明かした。球界では日本ハム・大谷も同じように両肘を前で合わせることができるほど、体が柔らかいことで有名だ。

「ドラフトでは下位指名でしたが、1年目からどんどんチームに貢献したいと思います。1試合でも多く出ることが目標」と宮本。橿渕スカウトデスクも「いずれは『6』を付けられるように」と、球団のレジェンド、宮本慎也(現ヘッドコーチ)と同じ背番号を背負える逸材と期待する。柔らかさを武器に、宮本が神宮で暴れる。



下は2017ドラフトでヤクルトが指名した選手です。6位指名・宮本君のスカウト評はこちら

ヤクルトの2017ドラフト指名選手
×清宮 幸太郎  
1位村上 宗隆九州学院高捕手
2位大下 佑馬三菱重工広島投手
3位蔵本 治孝岡山商科大投手
4位塩見 泰隆 JX-ENEOS外野手
5位金久保 優斗東海大市原望洋高投手
6位宮本 丈奈良学園大内野手
7位松本 直樹 西濃運輸 捕手
8位沼田 拓巳BCリーグ石川投手


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

ヤクルトドラ3・蔵本治孝、先発でも中継ぎでも使える

2017年11月21日

山陽新聞websiteより (source)

2017ヤクルトドラフト3位 蔵本治孝
岡山商科大・投手・動画

プロ野球・ヤクルトからドラフト3位で指名された岡山商大の蔵本治孝投手(動画)の入団が20日、決まった。岡山市内で契約金5000万円、年俸800万円で仮契約した。会見した蔵本は「新人王を目標に、期待に恥じない投球をする」と抱負を述べた。

背番号は4度の最優秀救援投手に輝いた高津臣吾2軍監督が現役時代につけていた「22」に決まり、「もったいないくらい。ファンの皆さんに、22といえば蔵本と思ってもらえる活躍をしたい」と話した。

最速151キロの直球が魅力の右腕。橿渕聡スカウトグループデスクは「先発、中継ぎのどちらもできると思う。投手陣にスパイスを加える存在になってほしい」と期待した。蔵本は12月7日に東京である入団発表に臨み、来年1月からの新人合同自主トレに参加する。



下は2017ドラフトでヤクルトが指名した選手です。

ヤクルトの2017ドラフト指名選手
×清宮 幸太郎  
1位村上 宗隆九州学院高捕手
2位大下 佑馬三菱重工広島投手
3位蔵本 治孝岡山商科大投手
4位塩見 泰隆 JX-ENEOS外野手
5位金久保 優斗東海大市原望洋高投手
6位宮本 丈奈良学園大内野手
7位松本 直樹 西濃運輸 捕手
8位沼田 拓巳BCリーグ石川投手


2017ドラフト、12球団の指名選手と交渉状況まとめはこちら

draftkaigi at 09:05|この記事のURL

ドラフトニュース検索