ドラフト会議
情報局
2016ドラフト
高校生の候補
2016ドラフト
大学生の候補
2016ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2016ドラフト
全指名選手
ホームに
もどる

ヤクルト

話題の新人、ヤクルトドラ3・梅野雄吾

2017年01月19日

1/19、スポーツニッポン4面「球界新士録」より

2016ヤクルトドラフト3位 梅野雄吾
九州産業高・投手・動画

きっちりと両サイドを刈った清潔感あふれる髪形が印象的だった。7日に埼玉県戸田市の戸田寮に入寮したヤクルトドラフト3位の梅野(動画)。佐賀出身の18歳は野球以外の楽しみを聞かれると、ちょっぴりはにかみながら答えた。

「(東京での)生活は初めて。新宿や渋谷に行ってみたいですね。都会のイメージがあります」

グラウンドを離れれば、一人の青年だ。「おしゃれには気を使ってます」。好きな服装はシャツにジーパンとスニーカー。体を締め付けるものより、ラフな服装を好む。九州産時代も練習が休みの日は、福岡市内でショッピングを楽しんだ。

まだ行ったことがない渋谷。その印象を「ギャルですかね?」と表現し、笑いを誘う。1軍の本拠・神宮球場は、巨人の本拠・東京ドームと並んで都心にある。渋谷は徒歩圏内。1軍に定着すれば都内での食事や買い物の機会も増えるだろう。

ファッションセンスと同様に、投手としてまだまだ伸びしろを感じる。中学までは内野手。高校入学後、同学年に投手が少なく、監督から声を掛けられたのがきっかけで投手に転向した。

1年時は120キロ台だったが、投げ込みや筋力を強化したことでスピードは急激に上がった。2年時で149キロ、3年になると150キロを超えた。身長は1メートル75と決して大きくないが、腕の振りが鋭く、最速は154キロを誇る。

まだ「投手・梅野」は3年生。さらに鍛錬を積めば、大化けする可能性を秘めている。昨季5位に沈んだヤクルトは、投手陣の再建が最大のテーマ。高卒1年目の右腕にも十分チャンスはある。



下は2016ドラフトでヤクルトが指名した選手です。3位・梅野雄吾のスカウト評はこちら


ヤクルトの2016ドラフト指名選手
1位寺島 成輝履正社高 投手
2位星 知弥明治大 投手
3位梅野 雄吾九州産業高 投手
4位中尾 輝名古屋経済大 投手
5位古賀 優大明徳義塾高 捕手
6位菊沢 竜佑相双リテック 投手
育1大村 孟BCL・石川 捕手


draftkaigi at 08:21|この記事のURL

ヤクルトドラ6・菊沢竜佑、石井コーチ「おもしろい」

1/19、スポーツ報知4面より

2016ヤクルトドラフト6位 菊沢竜佑
相双リテック・投手・動画

ヤクルトのドラフト6位・菊沢竜佑投手(動画)が18日、埼玉・戸田市内での新人合同自主トレで初のブルペン入り。チームの新人では初めて投球練習を披露し、立ち投げで30球を投げ込んだ。春季キャンプ1軍入りを狙う右腕は「(首脳陣など)思ったより人がいて投げにくさはありましたけど、抜ける球もなくてよかったです」と明るい表情を見せた。

新年初のブルペン投球ということもあり、7割の力で感覚を確かめるように腕を振った。それでも、石井投手コーチは「平地のときより傾斜をつけて投げた方がしっかり投げられていた。おもしろい」と評価。昨年は軟式チームでプレーしていたが、今オフは豪州などで硬式球に触れ続けた。遅れを取り戻すための自己投資の成果は表れている。

真中監督は「年齢もいっているし、最初に見てみたい」と1軍スタートの方針を示している。ハンカチ世代のオールドルーキーが、プロの世界でひと花咲かす。




下は2016ドラフトでヤクルトが指名した選手です。


ヤクルトの2016ドラフト指名選手
1位寺島 成輝履正社高 投手
2位星 知弥明治大 投手
3位梅野 雄吾九州産業高 投手
4位中尾 輝名古屋経済大 投手
5位古賀 優大明徳義塾高 捕手
6位菊沢 竜佑相双リテック 投手
育1大村 孟BCL・石川 捕手


draftkaigi at 08:03|この記事のURL

宮台康平(東大)、DeNA・ヤクルト高評価

2017年01月15日

1/15、スポーツニッポン5面より

宮台 康平 (東京大・投手)
178cm・左投左打・動画

赤門左腕にスカウト5球団!今秋ドラフト候補の東大・宮台康平投手(動画)が14日、東京都文京区の東大球場で今年の初練習を行った。グラウンドには、プロ5球団のスカウトが集結。東大では超異例となる「宮台詣」は、昨年末にプロ志望を表明した左腕への高い評価の表れだった。

宮台はこの日から始まったセンター試験を受ける受験生にエールを送り、自身はプロ入りに向けて全力を尽くす。


▼ヤクルト・橿渕スカウト
「ずっと追いかけていきたい投手の一人。やっぱり一番はストレート。直球で空振りが取れる。逃げずにどんどん向かっていくハートの強さも魅力」

▼DeNA・河原スカウト
「十分にプロでやれる力がある。バランスのいい体になってきたし、下半身もしっかりしてきた」




宮台君のピッチング動画はこちら

宮台君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 08:26|この記事のURL

ヤクルトドラ1右腕、元モーニング娘の女子アナと結婚

2017年01月11日

1/11、サンケイスポーツ1面より

2013ヤクルトドラフト1位 杉浦稔大
国学院大・投手・21歳

プロ野球・ヤクルトの杉浦稔大投手(2013ドラフト1位)元モーニング娘。でテレビ東京の紺野あさ美アナウンサーが元日に結婚したことを10日、発表した。関係者によると、交際期間は約1年。昨年末、2人で北海道・帯広市に住む杉浦の両親のもとへあいさつに出向き、新年の訪れとともに婚姻届を提出した。

アイドルからアナウンサーに転身するなど努力家の紺野アナは、夫を全力で支えると約束。けがに泣かされ続けた期待の右腕は、5歳上の姉さん女房を得て、今季、完全復活する。

2014年にドラフト1位で入団するも、けがに苦しんできた杉浦が、最愛の伴侶を得て、巻き返しを図る。この日、球団を通じて結婚を発表。「新たに守るべき存在が出来、今季に懸ける想いがより一層強くなっています。家族、スワローズ、どちらの為にも勝利に貢献出来るよう日々励んでいきます」と力強く誓った。

一方の紺野アナは、ブログで報告し、「2人とも北海道出身ということもあり 婚姻届は元日に 北海道・帯広で提出してきました!」と告白。帯広は杉浦の故郷。関係者によると、昨年末に2人で杉浦の実家を訪れ、両親にあいさつしたといい、一緒に年を越した後、婚姻届を提出したとみられる。

紺野アナは自身のインスタグラムで、雪原と太陽をバックにしたツーショット写真も掲載。新郎を「真面目で男らしくて、本当に優しい方」と紹介し、「同郷だからか 食や音楽の好みも似ているところが多く 2人揃って非常によく食べたり、すぐに鼻歌をマネしあったり、テレビを観て一緒に大笑いしたり」と明かすなど、性格はピッタリのようだ。

テレ東によると、挙式・披露宴は未定。紺野アナは妊娠しておらず、当面、仕事を続ける。11日、進行役を務める同局系「なないろ日和!」(月~木曜前9:28)に生出演するため、本人の口から喜びの声が聞けそうだ。

2人の交際は今まで公になったことはなく、まさに電撃婚。関係者によると、交際期間は1年近くになる。杉浦は仲の良い同僚選手に交際女性がいることは告げていたが、相手が紺野アナであることはほとんど誰にも明かしておらず、極秘交際だった。昨年末に恩師の国学院大野球部・竹田利秋総監督らには報告していた。

即戦力として期待されるも、右肘や右肩などのけがに泣いてきた杉浦には、恋愛よりも野球で注目されたいとの思いがあったのか。そんな彼にとって、5歳年上の新妻の存在は大きな力だ。

紺野アナは努力の人で知られる。アイドルよりもアナウンサーをめざして、人気絶頂だったモー娘。を大学受験のために卒業。慶大環境情報学部のAO入試に合格後、再びモー娘。らが所属するハロー!プロジェクトに復帰し、芸能活動と勉強を両立させてきた。

テレ東入社後は体調不良で自宅療養するも、3カ月後に職場復帰し、レギュラー6分番組で披露したキレキレダンスで再び注目を集めるなど、何度も復活を遂げている。インスタグラムにはたびたび手料理をアップするなど料理も得意で、夫のサポートはバッチリだ。

杉浦は婚姻届提出後、米ロサンゼルスに飛び、現在は米大リーグ・マリナーズの岩隈久志投手と合同自主トレ中。新妻の愛の力を得て、勝ち星を量産する。



下は2013ドラフトでヤクルトが指名した選手です。杉浦稔大は1位指名され入団。プロでの成績はこちら

ヤクルトの2013ドラフト指名選手
× 大瀬良 大地    
1位 杉浦 稔大 国学院大 投手
2位 西浦 直亨 法政大 内野手
3位 秋吉 亮 パナソニック 投手
4位 岩橋 慶侍 京都産業大 投手
5位 児山 祐斗 関西高 投手
6位 藤井 亮太 シティライト岡山 捕手
プロ入り後の成績



関連記事
ドラフト選手の家庭の事情 (ヤクルト1位・杉浦稔大)

draftkaigi at 07:48|この記事のURL

ドラフト指名選手が活躍できる保証はどこにもない

2016年12月12日

夕刊フジ40面「小田義人のスカウト備忘録」より
私は今年7月31日にヤクルトを退団。1987年から携わってきたスカウトという仕事から卒業した。いま感じているのは、自分が評価していた選手がプロで活躍できる保証はどこにもないということだ。

2010年のドラフトで、ヤクルトは早大のスター右腕・斎藤佑樹(2010日ハム1位)を1位指名した。東京六大学野球秋季リーグで140キロ後半の球速をマーク、投球術のうまさもあって即戦力と評価。佑ちゃん人気にも期待していた。

だが4球団競合の末に交渉権は日本ハムへ。そのため外れの外れ1位で履正社高の内野手、山田哲人(2010ヤクルト1位)を獲得した。この若者が入団から6年で前人未到の2年連続トリプルスリーを達成、日本球界の記録を塗り替えている。

担当だった松田慎司スカウトは慧眼といえるが、山田が日本を代表する選手に成長すると予想できた人は何人いただろうか。プロから声がかかる選手は活躍できる素質を持っている。だが開花させるには入団後の練習と努力が必要だ。山田はそれを欠かさず汗を流し続けていることが、ブレークの理由だ。

その点からみて助言したい選手がいる。履正社の左腕でヤクルトが今年のドラフトで1位指名した寺島成輝だ。昨夏の大阪大会で視察したが、常時140キロ後半の直球を投げ素晴らしい素材だと思った。今年は相手打者のレベルをみてギアチェンジするケースが見られた。MAX150キロの球速も加わってクレバーな即戦力投手という期待を受けている。

彼のギアチェンジぶりが気になる。全国屈指の激戦区を勝ち抜いた投球術はすごいが、あくまで高校生レベル。プロに対抗するには昨夏にみせていた直球をさらに磨き、投げ続ける必要がある。将来の投手陣の軸になれる逸材だが無理させると故障につながる。来季前半は土台をつくり、1軍デビューは後半という形がベストかもしれない。

今後、私は今月に行われる学生野球資格回復研修を受けて指導者資格を取得し、プロで培った経験を後輩たちに伝えていこうと思っている。 




上の記事は近鉄、ヤクルトでスカウトを務めた小田義人氏が書いたものです。

下は1972ドラフトでヤクルトが指名した選手です。小田義人は2位指名され入団。プロでの成績はこちら


ヤクルトの1972ドラフト指名選手
1位永尾 泰憲いすゞ自動車内野手
2位小田 義人大昭和製紙内野手
3位上水流 洋住友金属投手
4位山口 高志関西大投手
5位鈴木 康二郎日鉱日立投手
6位水江 正臣津久見高投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 12:51|この記事のURL

ドラフトニュース検索