ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
ヤクルト

三輪正義(ヤクルト戦力外)、第二の人生は球団広報

2019年12月12日

12/12、日刊スポーツ6面「さよならプロ野球」より

2007ヤクルト大・社ドラフト6巡目 三輪正義
四国リーグ香川・内野手

9月22日神宮、三輪(2007大・社ドラフト6巡目)は雨の中、選手が囲んだホームペースへ、水しぶきを上げて飛び込んだ。「うれしかったのは写真を見たときに、みんなが笑っていたこと。周りを笑顔にできたことは幸せだった。自分の存在価値があったんだなと思うと、本当にうれしい」

07年の大学生・社会人ドラフト6巡目で入団。18年には独立リーグ出身者で初の国内FA権を取得した。「それだけ長く野球をやったんだな」と感慨深い出来事もあった。

この日の試合でプロ初本塁打を放った松本が小6の時、初めてサインをもらった野球少年が、当時四国IL香川の三輪。「まさか、そんな選手と一緒に野球をすると思っていなかったから、うれしかった」。松本の初アーチも、我がことのように喜んだ。

今年、戸田では若手に犠打を教える姿があった。「昔だったら教えなかったけど、35歳までできたから、いいかなと思って。失敗するからうまくなる。成功しようと思ったら、自分で勝ち取らないと」。

プロ2、3年目頃のオープン戦で犠打を失敗。首脳陣から激しく叱られた。「犠打をしないと生き残れない」と研究を始めた。打撃マシンで、森岡と練習を重ねた。「何万球、何十万球やったか分からない。練習をして、得た技術だから」。犠打、走塁、守備。自分の武器を確立してプロの世界を生き抜いた。

来年からは球団職員として広報を担当する予定「これからも野球に携わって生きていきたい。恩返しをしたいという思いがある」と前を向く。

現役最後の場所に選んだのは戸田だった。泣きながらノックを受けた場所。9月26日のイースタン・リーグのロッテ戦。1番二塁でフル出場し4打数無安打も、悔いはみじんもなかった。試合は、仲のいい川端の適時打でサヨナラ勝ち。見慣れた景色が少し涙でぼやけたが、最後までいじられキャラを貫いた。

あの笑顔で、あの山口弁で、さらりと言った。「誰でも、いつかやめるんじゃけえ」。次のステージへ、勢いよく飛び込む。



下は2007大学・社会人ドラフトでヤクルトが指名した選手です。三輪正義は6巡目指名入団。プロでの成績は
こちら

ヤクルトの2007大・社ドラフト指名選手
1巡目 加藤 幹典 慶応大 投手
2巡目 指名権なし
3巡目 鬼崎 裕司 富士重工 内野手
4巡目 岡本 秀寛 JFE西日本 投手
5巡目 中尾 敏浩 JR東日本 外野手
6巡目 三輪 正義 四国リーグ香川 内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 14:10|この記事のURL

今野龍太(楽天戦力外)、ヤクルトと正式契約

2019年12月05日

日刊スポーツwebsiteより (source)

2013楽天ドラフト9位 今野龍太
岩出山高・投手

楽天から戦力外となった今野龍太投手(2013楽天9位)が4日、球団事務所を訪れヤクルトと正式契約を結んだ。年俸は600万円、背番号は69。愛媛・松山で行われた秋季キャンプにも途中から合流した。

戦力外を経たことで「1回クビになってどん底に落ちている。野球ができるのか不安もあったので、ヤクルトで活躍できるように頑張りたい」と意気込んだ。



下は2013ドラフトで楽天が指名した選手です。9位指名・今野龍太の高校時代のスカウト評はこちら

楽天の2013ドラフト指名選手
1位 松井 裕樹 桐光学園高 投手
2位 内田 靖人 常総学院高 内野手
3位 浜矢 広大 ホンダ鈴鹿 投手
4位 古川 侑利 有田工高 投手
5位 西宮 悠介 横浜商大 投手
6位 横山 貴明 早稲田大 投手
7位 相原 和友 七十七銀行 投手
8位 相沢 晋 日本製紙石巻 投手
9位 今野 龍太 岩出山高 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

佐藤輝明(近畿大)に9球団、中日・ヤクルト高評価

2019年12月01日

12/1、スポーツニッポン8面より

佐藤 輝明 (近畿大・三塁手)
186cm・右投左打・動画

侍ジャパン大学代表候補選考合宿が11月30日、愛媛県松山市内でスタートし、初日は42選手が参加。来秋ドラフト上位候補、近畿大・佐藤輝明内野手(動画)が存在感を示した。

第1打席は明大・竹田の前に中飛で、第2打席は法大・鈴木に空振り三振。「それぞれに役割があるし、長打を打てる選手も必要」と身上のフルスイングを徹底し、代表入りを全力でアピールした。

スタンドでは9球団のスカウトが視察。ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「スラッガーとしては力が抜けている」と話し、中日・山本アマスカウトチーフ補佐は「大砲はどこも必要」と認めた。

本職が三塁のためヤクルトは村上、中日は今秋ドラフト1位の石川と守備位置が重なるが、チーム事情を差し引いても佐藤の群を抜くパワーは魅力がある。



佐藤君のスカウト評は
こちら

佐藤君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 08:10|この記事のURL

並木秀尊(独協大)、ヤクルトが足を高評価

スポニチwebsiteより (source)

並木 秀尊 (独協大・外野手)
170cm・右投右打・動画

来年のハーレム国際大会に出場する大学日本代表候補合宿が30日、愛媛・松山の坊っちゃんスタジアムで始まった。

紅白戦などが行われた後に50メートル走を測定。“サニブラウンに勝った男”こと中大の五十幡亮汰外野手ら足自慢が居並ぶ中、首都大学野球2部・独協大の並木秀尊外野手(動画)が5秒32をマーク。五十幡の5秒42を上回った。手動計測のため、記録は参考ながら存分に快足をアピールした。

ネット裏で視察したヤクルトの橿渕聡スカウトグループデスクも「アップなどのランニングや走り方を見ていても光るものがあった」と目を見張った。

1メートル70、70キロで右投げ右打ちの並木。「足で呼ばれていると思うので、実戦でアピールしたいと思った。高いレベルの投手と対戦できて、すごく楽しかった」と緊張気味の様子ながら笑顔を見せた。勉強と部活の両立を目指して独協大へ進んだという。新たなスピードスター候補が今合宿から誕生するかもしれない。



並木君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

屋宜照悟(ヤクルト戦力外)、阪神の打撃投手に転身

2019年11月30日

日刊スポーツwebsiteより (source)

2012日本ハムドラフト6位 屋宜照悟
JX-ENEOS・投手

ヤクルトから戦力外通告を受け、合同トライアウトを受験していた屋宜照悟投手(2012日ハム6位)が現役引退し、来季から阪神の打撃投手を務める。29日、千葉・市原市内で行われた選手会ゴルフに参加し、明らかにした。

「体は元気ですが、NPBからのオファーがなかったら、野球は諦めると決めていました」と現役引退への思いを語った。戦力外通告を受けた直後に、阪神から打撃投手の打診を受けた。「ありがたかったです。トライアウトまで待ってくれたので、思い切って受けることができました」と振り返った。

阪神には、昨年ヤクルトを戦力外となり現役引退した古野正人打撃投手もおり「古野さんがいることも、1つの理由です」とした。7年間のプロ生活に区切りをつけることになったが「これからは新たな道で、選手のためにサポートができたらと思っています」と明るく話した。



下は2012ドラフトで日本ハムが指名した選手です。屋宜照悟は6位指名入団。プロでの成績はこちら


日本ハムの2012ドラフト指名選手
1位 大谷 翔平 花巻東高 投手
2位 森本 龍弥 高岡第一高 内野手
3位 鍵谷 陽平 中央大 投手
4位 宇佐美 塁大 広島工高 内野手
5位 新垣 勇人 東芝 投手
6位 屋宜 照悟 JX-ENEOS 投手
7位 河野 秀数 新日鉄住金広畑 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:01|この記事のURL


ドラフトニュース検索