ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
ヤクルト

伊藤裕季也(立正大)に10球団調査書、ヤクルト評価

2018年10月17日

10/17、スポーツ報知6面より

伊藤 裕季也 (立正大・二塁手)
181cm・右投右打・動画

ドラフト候補の立正大4番・伊藤裕季也主将(動画)が、勝負強い打撃で白星を呼び込んだ。0-0の7回2死一、二塁から左越えに決勝の2点二塁打。「詰まっても泳いでもいいから、何としてもランナーをかえすという強い気持ちで打席に入りました」と胸を張った。

大学日本代表にも選ばれたスラッガーは、すでに10球団から調査書が届いている。ヤクルト・中西スカウトは「打力は大学生でもトップクラス」と評価した。

(10月16日 東都大学野球 立正大 2-0 中央大)



伊藤君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 08:18|この記事のURL

松本航(日体大)、ヤクルト「1位候補変わらない」

2018年10月15日

10/15、スポーツ報知4面より

松本 航 (日本体育大・投手)
176cm・右投右打・動画

日体大は、今秋のドラフト1位候補右腕・松本航(動画)が救援で今季5勝目。2011年の東海大・菅野智之(現巨人)以来、リーグ史上8人目となる通算30勝&300奪三振を達成した。

2番手で3回を1安打無失点に封じた日体大・松本航は、リーグ戦通算勝利を30の大台に乗せた。試合後、スタンドの控え部員から「ワタル、30勝おめでとう!」という声が届き「うれしかったです。泣きそうでした」と、感傷に浸った。

前日(13日)は6回1失点で通算29勝目。この日は試合前からナインが「30勝を達成させてあげよう」と、口々に言い合っていた。0-0の5回に登板すると、その裏に味方が2点を先取。通算奪三振もリーグ歴代7位となる343に伸ばし、菅野以来となる通算30勝&300Kを達成した。

視察したヤクルトの橿渕スカウトグループデスクも、「球のキレもいいし、三振も取れる。即戦力の1位候補という評価は変わらない」と、うなずいた。

(10月14日 首都大学野球 日体大 3-0 筑波大)



松本君のスカウト評はこちら

松本君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

吉田輝星(金足農)、DeNA・中日・ヤクルト調査書

2018年10月13日

東京スポーツwebsiteより (source)

吉田 輝星 (金足農高・投手)
176cm・右投右打・動画

今秋ドラフト1位候補の金足農・吉田輝星投手(動画)のもとへ12日、各球団の担当スカウトが調査書を届けに訪れた。前日11日に調査書を提出したソフトバンク、ロッテ、阪神に加え、この日はDeNA、ヤクルト、中日の3球団が来訪したと見られる。

正午過ぎに金足農を訪れたDeNA・河原スカウティングディレクターは「育成方法や二軍のグラウンド移転の話、キャンプ地など、こういうチームですよということを監督さんにお伝えしました。将来性というより、即戦力の評価。1年目から一軍ですぐにローテーションの競争に入れる。高校生ではナンバー1で、全体で見てもトップクラス。あとは(1位指名が)投手になるか野手になるかですね」と話した。

ヤクルトの訪問は午後2時過ぎ。中泉監督と45分程度話したというヤクルト・斉藤スカウトは「球団の方針や育成プログラムについて話しました。1位候補の一人で、高卒では他に浦和学院の渡辺くらい。(金足農出身の)石山(泰稚)の話や、石川(雅規)も高校3年のとき、監督さんがコーチをしてらしたとのことなので、そのときの話もした。2人ともいい見本になってくれると思うし、溶け込むにはうちが一番」と胸を張った。

午後4時には中日の山本スカウトが訪問。「すでに話している通り、根尾(大阪桐蔭)の1位は変わらない。失礼な言い方かもしれないが、残っていればということ」と外れ1位候補の一人として評価していることを伝えたという。

広島もすでに調査書を提出済みで、これで訪れたスカウトは7球団。10日の会見では調査書を送る意向の球団は9球団と見られていたが、さらに2球団が名乗りを挙げた模様で、いよいよ吉田争奪戦が加速しそうだ。



吉田君のスカウト評はこちら

吉田君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

ヤクルト&ソフトバンク、大阪桐蔭4選手と面談

2018年10月11日

10/11、スポーツニッポン5面より
4人がプロ志望届を提出している大阪桐蔭は選手と各球団との面談を行っており、10日はヤクルトソフトバンクが訪問。ヤクルトの阿部健太スカウトは、金足農・吉田とともに高校生のドラフト1位候補として注目される根尾と藤原について「しっかりしている印象を持ちました」と語った。5日はオリックス、9日には阪神が面談を済ませている。



プロ志望届を提出している大阪桐蔭の4選手とは、根尾昂内野手(動画)、藤原恭大外野手(動画)、柿木蓮投手(動画)、横川凱投手(動画)です。




draftkaigi at 07:01|この記事のURL

西野力矢(大阪桐蔭)、ヤクルト「広角に打てる打者」

2018年10月08日

10/8、スポーツニッポン6面より

西野 力矢 (大阪桐蔭高・一塁手)
180cm・右投右打・動画

スーパー1年生が「フラミンゴ打法」で5安打の大暴れだ。大阪桐蔭の西野力矢内野手(動画)が3番・一塁で先発し自身初の5安打を放ち1打点の活躍。今夏の甲子園出場校対決を制し、2016年秋の3位決定戦から続く大阪大会の連勝を41に伸ばした。

左足を大きく上げ、制止しながらタイミングを取る新打法で右へ左へ快音を鳴らした。「体重を後ろに残し、自分の間で振ることを意識しました」。5安打中3安打は初球を捉えたもの。残りの2安打はいずれもファウルの後の2球目を仕留めた。今秋ドラフト1位候補に挙がる先輩の根尾を思わせる早撃ちでチャンスを広げた。

今秋は3本塁打を含む17打数9安打の打率.529、12打点。中軸として申し分ない働きだ。ヤクルト・阿部健太スカウトは「広角へどこにでも打つことができる」と目を丸くした。愛称はゴンちゃん。愛嬌ある3番打者はすくすくと成長している。

(10月7日 大阪大会4回戦 大阪桐蔭 7-4 近大付)



西野君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 06:57|この記事のURL

ドラフトニュース検索