ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
ヤクルト

ヤクルトドラフト外入団選手、埼玉県知事に出馬表明

2019年06月19日

6/19、サンケイスポーツ21面より

1984ヤクルトドラフト外 青島健太
東芝・内野手

元プロ野球・ヤクルト内野手でスポーツライター、青島健太氏(1984ドラフト外)が18日、さいたま市内で会見を行い、埼玉県知事選(8月8日告示、同25日投開票)に無所属で立候補することを表明した。

ヤクルト時代、同球団初の公式戦初打席で本塁打という鮮烈なデビューを飾ったが、61歳で飛び込む新たな世界へは真逆の態度で覚悟のほどを表明した。「知事選という球を、センター前に真っすぐ打ち返す。初打席でホームランとはいえないが、手堅く、死球でも四球でも、どんなことがあっても一塁にたどり着きたい」

ヤクルト時代の1985年5月11日の阪神戦では、同球団初の公式戦初打席で本塁打を放ち、鮮烈なデビューを飾った青島氏。初挑戦の選挙戦について、当選を目指す覚悟を「一塁にたどり着く」と表現した。

新潟市に生まれ、6歳から埼玉県草加市育ち。慶大法学部政治学科出身で、今年に入ってから「私なら埼玉県をどうするのか」と知事選を意識し始めた。昨年からスポーツ関係の会合で自民党関係者らと接触してきたことが下地になり、13日に自民党埼玉県連から出馬要請を受けた。無所属で出馬するが、推薦を受ける見通し。

会見では「埼玉県が大好き。これほどやりがいのあるチャレンジはない。ひるまずに前に進んでみようと決意した」と元気にアピール。「青島県政」について「仕事で意識してきたのは、スポーツをどう社会の中で役立てるのかということ。それが一番ダイナミックにやれるのは行政」と健康な地域社会づくりを掲げた。

また、来夏の東京五輪・パラリンピックなどを踏まえ、「メダリストではなくても、地域への貢献などで活躍するアスリートを表彰したい」と「埼玉フェアプレー賞」の創設を口にした。一方、政治や行政の実務経験がないことを危惧する声に対しては「政治経験がないことを私の武器にしたい。しがらみなく真っすぐに物事が見られる」と強調した。

知事選を巡っては、現在4期目の上田清司氏が15日に不出馬を表明。大野元裕参院議員と、希望の党を離党した行田邦子参院議員が立候補を表明している。大野氏は18日、国民民主党に離党届を提出した。大野氏は青島氏にとって、慶大4年時に教育実習を務めた慶応高1年のクラスで、日本史を教えた元教え子。



青島健太は1984ドラフト外でヤクルトに入団。プロでの成績はこちら



draftkaigi at 07:07|この記事のURL

ヤクルト、森下暢仁&佐々木朗希を最高ランクに

2019年06月18日

6/18、サンケイスポーツ1面より

森下 暢仁 (明治大・投手)
180cm・右投右打・動画

歓喜の輪の中心で右人さし指を突き上げた。複数のプロ野球のスカウトが視察する中、明大・森下(動画)がこの日最速152キロの直球にカーブやカットボールなどを織り交ぜ、10三振を奪うなど1失点完投。「今までこのメンバーと野球をやってきてよかった。チームのみんなが助けてくれた」と主将として優勝旗を受け取った。

全国の舞台で明大を38年ぶりの日本一に導き、最高殊勲選手と最優秀投手を獲得。最速154キロ右腕は今秋のドラフト会議で1位指名されることが確実となっている。

特に熱視線を送るのがセ・リーグ最下位に沈むヤクルトだ。この日までにドラフト戦略の一端が判明し、森下と最速163キロを誇る大船渡高・佐々木(動画)の2人を最高ランクに位置付けていることが分かった。球団関係者が明かす。

「Aランクの中で順位付けはしていないが、2人がその位置付けであるのは間違いないでしょう。(森下は)将来的に先発ローテーションの軸になれる投手だと評価している。(佐々木の)潜在能力は類を見ない。将来性は計り知れない」

チームは5-6月に球団ワーストタイの16連敗を喫し、チーム防御率は12球団ワーストの4.70。投手陣の再建は急務だ。今月14日のスカウト会議では263人をリストアップ。1、2位候補とするAランクの選手を12人に絞り込んだ。中でも現時点での評価が高いのが両右腕とみられる。

今年のドラフト1位で即戦力の選手を指名するのか、それとも将来性を買っての指名となるのか・・・。

『即戦力』として完成度が高いのが森下。180センチ、75キロと細身だが、快速球に加えて110キロ前後で大きく縦に割れるカーブが特長。フィールディングにも非凡なセンスを感じさせており、入団1年目からの活躍が期待できる。

一方で規格外の『将来性』を見せているのが佐々木だ。190センチの長身から繰り出される速球は、4月に行われた高校日本代表候補の研修合宿で高校生史上最速の163キロをマークした。球団は複数スカウトによる「クロスチェック」で密着マーク。佐々木にはすでに日本ハムが1位指名を公言しており、両投手とも複数球団の競合は必至となっている。

今年のドラフト市場は投手に逸材が多い。ヤクルトは今後、球団の方針やチーム状況などを考慮しながら戦略を練る。運命のドラフト会議まで約4カ月。令和のエース候補指名へ、直前まで2人の動向を追う。



森下君のスカウト評はこちら

森下君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 06:53|この記事のURL

ヤクルトがスカウト会議、高校生3人は指名する方針

2019年06月15日

6/15、スポーツ報知websiteより (source)
ヤクルトは14日、都内でスカウト会議を行い、大船渡高・佐々木朗希投手(動画)星稜高・奥川恭伸投手(動画)明大・森下暢仁投手(動画)ら高校生6選手、大学・社会人6選手の計12選手を上位候補のAランクとして位置づけた。

全体では263選手をリストアップ。衣笠球団社長も出席して7選手の映像をチェックした。1位の決定は10月の見通しだが、投手を中心に、例年と同様に高校生を3人は指名する方針だ。

163キロ右腕の佐々木は、すでに日本ハムが1位指名を表明している。ヤクルトも3月31日の練習試合を6人態勢で視察するなどマークを続けており、橿渕スカウトグループデスクは「行く(指名する)場合、間違いなく競合することは決まった。行くか行かないか決まっていないけど、揺るぎない選手です」と高い評価を口にした。

評価を上げた候補には森下の名を挙げ「リーグ戦の最初の頃と比べても良くなったし、全部全力じゃなく、オン、オフがしっかりしている。より期待感が高まった」と説明した。



2019高校生のドラフト候補一覧はこちら

2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら

12球団ドラフト情報まとめはこちら


draftkaigi at 07:04|この記事のURL

ヤクルトがスカウト会議、1~2位候補12人に絞る

6/15、サンケイスポーツ6面より
ヤクルトは14日、東京・北青山の球団事務所でスカウト会議を開き、今秋のドラフトに向けて263人をリストアップし、1、2位指名候補を12人に絞った

衣笠剛オーナー代行兼球団社長、伊東昭光編成部長も出席し、1位候補の大船渡高・佐々木朗希(動画)星稜高・奥川恭伸(動画)、明大・森下暢仁(動画)各投手ら7選手の映像を確認。橿渕聡スカウトグループデスクは「(候補選手は)投手が多いという確認をした。うちの補強ポイントに合うかもしれない」と話した。



2019高校生のドラフト候補一覧はこちら

2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら

12球団ドラフト情報まとめはこちら



draftkaigi at 07:01|この記事のURL

森下暢仁(明治大)、ヤクルトなど3球団の声

2019年06月14日

6/14、サンケイスポーツ5面より

森下 暢仁 (明治大・投手)
180cm・右投右打・動画

準々決勝4試合が行われ、明大が3-0で東洋大に快勝した。今秋のドラフト1位候補、森下暢仁投手(動画)が9回7安打で完封勝利を挙げ、6年ぶりの準決勝進出を決めた。

最速152キロをマークしたイケメン右腕を視察するためにスタンドには国内全12球団のスカウトが駆けつけ、「即戦力ではナンバーワン」の高評価も出た。15日の準決勝は、東農大北海道オホーツク(北海道)と対戦する。

(以下森下についてスカウト評)

▼ヤクルト・橿渕スカウトグループデスク
「来年のローテーションを考えていくか、3年後を見るかということで変わるが、現時点で即戦力では森下が一番」

▼西武・渡辺ゼネラルマネジャー
「森下を今年初めて見たけど、12人の1位候補なのは間違いない」

▼巨人・長谷川スカウト部長
「球速とか球種とかだけでなく、内野をやっても驚かないフィールディングなど、投手に必要な力が高い。即戦力」


(6月13日 全日本大学野球選手権準々決勝 明大 3-0 東洋大)



森下君のスカウト評はこちら

森下君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 08:40|この記事のURL


ドラフトニュース検索