ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
ヤクルト

奥川恭伸(星稜)、ヤクルトなどスカウト絶賛の嵐

2019年08月18日

8/18、日刊スポーツ2面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

甲子園で星稜・奥川(動画)の賛歌が相次いだ。テレビ中継でゲスト解説を務めた星稜の山下智茂名誉監督は「調子が悪くて心配だったのに・・・失投は1、2球。こいつ、本当に人間なんかな?と思った」と驚いた。ともに解説した智弁和歌山の高嶋仁名誉監督も「甘い球がない。完璧。3安打じゃ勝てません」と脱帽だった。

星稜の林和成監督は「僕が見た中でベストピッチ。末恐ろしい。相手によって(強いほど)牙をむく。延長に入ってコーナーに150キロ以上の球を投げていたので、もう奥川でいくしかないと思った。ゾーンに入っているようでした」と興奮気味に語った。

プロ野球関係者もうなるしかない。現場に駆けつけた楽天・立花球団社長は「毎年甲子園に来てはいますが、ここ数年ではNO・1投手。150球投げても150キロが投げられるのはすごい」と話す。阪神・筒井スカウトは「いい意味で心と体のバランスが取れている」と大人の投球ぶりに感心。

ロッテ・永野チーフスカウトは「前の試合と全然違う。スライダーの精度が変わった。ものにしたと思う。強烈だった」。中日・米村チーフスカウトは「彼は負けない。いい状態でも悪い状態でも勝って、総合力ではNO・1。プロに入ったら勝つことが一番重要」。

ヤクルト・阿部スカウトは「試合開始後の初球からチェンジアップを続けるのは今までなかった。配球も含めて考えている。勝てるピッチャーだから、そこはプラスアルファの評価になるでしょう」など高い評価が続いた。

(8月17日 甲子園大会3回戦 星稜 4-1 智弁和歌山)



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 11:27|この記事のURL

高卒2年目・村上(ヤクルト)、打点セリーグ1位に

2019年08月15日

8/15、デイリースポーツ5面より

2017ヤクルトドラフト1位 村上宗隆
九州学院高・捕手・動画

ド派手な爆勝にひと役買った。ヤクルト・村上(動画)が一発を含む3安打3打点。初回の二塁内野安打を皮切りに、三回は右前適時打、六回は左中間への26号2ランと快音を連ねた。打点は81に伸ばし、DeNA・ソトを抜いてリーグトップの座を奪還した。

「つないでチャンスで打たせてもらっているおかげ。僕だけの力じゃない」と先輩に感謝した19歳。高卒2年目以内のシーズン80打点は、53年の西鉄・中西(86)、87年の西武・清原(83)に続く3人目の快記録だ。

8月は13試合で逆転サヨナラ弾を含む6本塁打、12打点。勝負強さを取り戻し、阪神・近本らとハイレベルな新人王争いを続ける。「ホームランでチームの勝ちに貢献できればうれしい」。今季3度目の同一カード3連勝を何より喜んだ。

(8月14日 セ・リーグ ヤクルト 15-2 DeNA)



下は2017ドラフトでヤクルトが指名した選手です。1位指名・村上君のスカウト評はこちら

ヤクルトの2017ドラフト指名選手
×清宮 幸太郎  
1位村上 宗隆九州学院高捕手
2位大下 佑馬三菱重工広島投手
3位蔵本 治孝岡山商科大投手
4位塩見 泰隆 JX-ENEOS外野手
5位金久保 優斗東海大市原望洋高投手
6位宮本 丈奈良学園大内野手
7位松本 直樹 西濃運輸 捕手
8位沼田 拓巳BCリーグ石川投手


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

ヤクルトがスカウト会議、高校生40人に絞り込み

2019年08月13日

8/13、日刊スポーツwebsiteより (動画)
ヤクルトが12日、神戸市内で今年3度目のスカウト会議を行った。高校生のドラフト候補を40人に絞った。上位候補には星稜・奥川恭伸投手(動画)大船渡・佐々木朗希投手(動画)創志学園・西純矢投手(動画)横浜・及川雅貴投手(動画)らが入っている。



2019高校生のドラフト候補一覧はこちら

2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら

12球団ドラフト情報まとめはこちら


draftkaigi at 08:00|この記事のURL

ヤクルトスカウトの甲子園ドラフト候補総括

8/13、サンケイスポーツ5面「プロのスカウトの目」より
第3試合の智弁学園(奈良)を最後に、全49代表が初戦に登場。プロ12球団のスカウトの視察が、ひとまず終了した。

ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは、超高校級として星稜の右腕・奥川(動画)の名を挙げ「完成度が高く、プロに行っても1年目での活躍がイメージできる即戦力」と説明。次に津田学園・前(動画)霞ケ浦・鈴木(動画)習志野・飯塚(動画)の右腕3人を挙げた。

野手では智弁和歌山の捕手・東妻(動画)八戸学院光星の内野手・武岡(動画)がリストアップされている。

昨夏の甲子園に出場した選手は、ドラフトで13人が指名を受けた(1位4人、2位2人、3位1人、4位2人、5位4人)。「大舞台に強い」「強い相手との対戦で結果を出した」と評価を上げる場になった例は多い。

2016年の優勝投手、今井(作新学院)は栃木大会を見ていたスカウトの間では上位候補であっても、1位に推す声はなかった。しかし、甲子園での球速、球の切れが評価され、西武が1位で指名した。



2019高校生のドラフト候補一覧はこちら

2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら

12球団ドラフト情報まとめはこちら


draftkaigi at 07:04|この記事のURL

中日・ヤクルト・ロッテ、「奥川は佐々木より上」

2019年08月08日

8/8、中日スポーツ1面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

最速163キロの大船渡・佐々木に話題性では劣るが、星稜・奥川(動画)へのスカウト陣の評価は全く引けを取らない。むしろ、上回るほどだ。甲子園のネット裏に陣取ったプロ12球団のスカウトからは絶賛の声が相次いだ。

中日は、米村チーフスカウトが高評価した。「素材は佐々木が断トツ。でも、総合力は奥川がBIG4の中でナンバーワン」。奥川、佐々木、横浜高の左腕・及川雅貴、創志学園の右腕・西純矢の4人が「BIG4」と呼ばれるが、トータルのナンバーワン評価は奥川。

「きょうも、1-0の9回を3人であっさり抑えた。これが名門校のエースの資質。1軍で、すぐに投げられると予測はつく。ほぼ完成されていて、心配はない」と信頼度の高さを語った。

中日・中田スカウトアドバイザーも「佐々木は、体力面など実証されていない面がある。その点、奥川にはその不安がない。ただ、佐々木に強烈な魅力があるのは確か」と佐々木との違いを話す。体力面の不安を指摘する声が多く聞かれる佐々木。対照的に奥川なら、強い体力が必須となるプロにも、1年目からすんなり入っていけると見るスカウトが多い。

他球団の評価も同様だ。ヤクルトの橿渕スカウトグループデスクは「完成度、投げる体力は奥川の方が数段上。投げミスしてはいけない場面で、投げきれる。中学時代から投げて、たくさんのことを覚えてきたのだろう」と話した。さらに「センバツのときより完成度がワンランク上がった」と続ける。

ロッテの松本球団本部長は「BIG4の中でも、この2人は飛び抜けている。奥川の方が完成度が高いと思うが、2人ともかなりの可能性で上(プロ)で成功する。ドラフト会議の人気を二分するのでは」と展望した。

大会後の注目は、30日から韓国で開催されるU-18W杯。佐々木と奥川は春の高校日本代表の合宿にも参加している。佐々木と奥川の2人が選ばれれば、また大きな注目を集めるのは間違いない。中日は星稜OBの音スカウトが奥川をマークしており、今後も注目していく。

(8月7日 甲子園大会1回戦 星稜 1-0 旭川大高)



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 11:20|この記事のURL


ドラフトニュース検索