ドラフト会議
情報局
2016ドラフト
高校生の候補
2016ドラフト
大学生の候補
2016ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2016ドラフト
全指名選手
ホームに
もどる

ヤクルト

「早大はヤクルトから謝礼を受け取っている」はデマ

2016年12月10日

夕刊フジ31面「小田義人のスカウト備忘録」より
ヤクルトでスカウト、編成部長を務めた片岡宏雄さんは、五輪出場選手を集めた。「日本代表にハズレなし」という考えからロス五輪組から広沢克己、伊東昭光。ソウル五輪組から古田敦也らを獲得し、野村克也監督と常勝軍団を築き上げた。

その後を継いだ私には別の狙い目があった。母校の早大だ。1999年から2005年のドラフトで、左腕の藤井秀悟、右腕の鎌田祐哉、打者では青木宣親田中浩康武内晋一の5人を獲得した。背景には当時早大野球部を率いていた野村徹監督の存在があった。

5人も獲ったことで週刊誌が「野村監督は球団から謝礼を受け取っている」と書いたが、とんでもない話だ。獲得を決めたのは彼らの実力、野村さんの人間性と指導方針に感銘を受けたからだ。

早大野球部は午前9時から夜まで練習している。部員たちは通う学部によって参加できる時間が違うが、野村さんは全てに立ち会い指導した。スポーツ推薦の選手たちだけでなく、一般入部の選手たちにも丁寧に教えていた。これほどの情熱を持った指導者には会ったことがなかった。この人が教えた選手なら間違いないと思った。

藤井は、左腕が欲しいという球団の方針を受けて野村さんに相談し勧められた投手だ。肘に不安があることを隠さず、「リーグ戦で連投させるから心配ないと思ったら獲ればいい」といってくれた。直球のキレと制球がよく、ピッチングのうまさもあった。

プロでは女性との交際などでマスコミをにぎわしたが、技術の習得には貪欲で先輩に頭を下げて教えを請い、01年のセ・リーグ最多勝獲得に結実させた。

私が見てきた野手の中で青木は最高だった。元々は投手で肩を壊し打者に転向したが、打席でのタイミングの取り方が見事だった。プロでは間を取れるか取れないかが1、2軍の分かれ目になるが、彼には天賦の才があった。肩が開かず逆方向に打球を飛ばすことにも驚かされた。

野村さんが徹底的に教え込んだようだが、これが米大リーグで活躍できる礎になっている。新天地アストロズでの活躍が楽しみだ。




上の記事は近鉄、ヤクルトでスカウトを務めた小田義人氏が書いたものです。

下は1972ドラフトでヤクルトが指名した選手です。小田義人は2位指名され入団。プロでの成績はこちら


ヤクルトの1972ドラフト指名選手
1位永尾 泰憲いすゞ自動車内野手
2位小田 義人大昭和製紙内野手
3位上水流 洋住友金属投手
4位山口 高志関西大投手
5位鈴木 康二郎日鉱日立投手
6位水江 正臣津久見高投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:18|この記事のURL

元スカウトのドラフト裏話、大苦戦した逆指名時代

2016年12月09日

夕刊フジ26面「小田義人のスカウト備忘録」より
私は1991年に古巣ヤクルトに移り、2軍打撃コーチなどを務め99年にチーフスカウト、2000年に同部長に就任した。当時は「逆指名枠」、「自由獲得枠」などと呼ばれた希望入団枠制度の全盛期だった。

事実上の自由競争が繰り広げられ、補強予算が限られていたヤクルトは大苦戦。獲得を狙う選手の元へまめに通ってアピールしてもお金のある球団にはかなわなかった。

例えば06年のドラフト戦線。目玉候補だった立命大左腕、金刃憲人(2006巨人希望枠)にアタックした。当初は先方から好感触を得ていたが、巨人にひっくり返されてしまった。そこで青学大の右腕、高市俊(2006ヤクルト希望枠)を希望枠で獲得したが、入団後の通算5年で0勝2敗。1軍未勝利のままユニホームを脱いだのは残念だった。

金銭などの条件面では太刀打ちできない。そのため故障を抱え、他球団が判断に悩む選手を中心に調査を展開した。

01年ドラフトで自由枠で獲得した青学大・石川雅規(2001ヤクルト自由枠)は左ひじ、02年に3巡目で指名した日大・館山昌平(2002ヤクルト3巡目)と03年の自由枠で入団した八戸大・川島亮(2003ヤクルト自由枠)は右肩に不安を抱えていた。他球団でも候補リストに載りながら指名するには勇気が必要な投手たちだった。そのリスクを承知で指名するだけに、徹底的に調査した。

自由枠で獲得を狙う選手には所属チームの監督らが同席して面談することができたが、「いま故障はありますか?」と聞いても将来がかかっているだけに正直に話してくれるとはかぎらない。だから練習の際に選手のしぐさを観察したり、チームメートたちに状態を聞いたり、医療関係者のツテで患部の回復状況を調べるケースもあった。

そうして調べた末に獲得した選手たちが、入団して活躍してくれたのはうれしかった。石川は今季までの15年間で152勝。館山は右肩やひじに数度メスを入れながら活躍中。川島は1年目の04年に10勝をあげてセ・リーグ新人王を獲得。右肩の故障に苦しみ楽天に移籍して現役を終えたが、十分といえる活躍をしてくれたと感謝している。



上の記事は近鉄、ヤクルトでスカウトを務めた小田義人氏が書いたものです。

下は1972ドラフトでヤクルトが指名した選手です。小田義人は2位指名され入団。プロでの成績はこちら


ヤクルトの1972ドラフト指名選手
1位永尾 泰憲いすゞ自動車内野手
2位小田 義人大昭和製紙内野手
3位上水流 洋住友金属投手
4位山口 高志関西大投手
5位鈴木 康二郎日鉱日立投手
6位水江 正臣津久見高投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:08|この記事のURL

ヤクルト2位・星知弥が仮契約、「柳(中日)に負けない」

2016年12月02日

日刊スポーツwebsiteより (source)

2016ヤクルトドラフト2位 星 知弥
明治大・投手・動画

ヤクルトにドラフト2位指名された明大・星知弥投手(動画)が1日、都内のホテルで仮契約を結んだ。契約金7500万円、年俸1200万円で、背番号は「24」に決まった。最速156キロを誇る直球を武器に、即戦力として期待される。「まずは開幕1軍に入って、チームを勝たせる投球をしたい」と決意を新たにした。

明大でチームメートだった中日1位の柳裕也投手とは、同じセ・リーグで戦う。「投げ合いたいし、絶対に勝ちたい」と対決を熱望した。星について、担当の橿渕聡スカウトは「速くて球威のあるストレートを持つ投手が補強ポイントだった。もちろん即戦力だが、潜在能力も高い」と、さらなる成長を期待した。




下は2016ドラフトでヤクルトが指名した選手です。2位・星君のスカウト評はこちら

ヤクルトの2016ドラフト指名選手
1位寺島 成輝履正社高投手動画
2位星 知弥明治大投手動画
3位梅野 雄吾九州産業高投手動画
4位中尾 輝名古屋経済大投手動画
5位古賀 優大明徳義塾高捕手動画
6位菊沢 竜佑相双リテック投手動画
育1大村 孟BCL・石川捕手動画


draftkaigi at 07:08|この記事のURL

ヤクルト1位・寺島成輝が仮契約、マー君を目標に

2016年11月30日

11/30、サンケイスポーツ3面より

2016ヤクルトドラフト1位 寺島成輝
履正社高・投手・動画

ヤクルトのドラフト1位、履正社高・寺島成輝投手(動画)が29日、大阪市の新大阪ワシントンホテルプラザで入団交渉に臨み、契約金1億円プラス出来高払い2000万円、年俸1200万円で仮契約した。背番号は「18」。球団の高卒新人投手としては2008年高校生ドラフト1巡目・由規投手以来9年ぶりとなる出来高払い付きの契約で、即戦力としての期待の高さが表れた。

新大阪駅にほど近いホテルに用意された会見場。ひな壇の上でも臆することなく、寺島ははっきりと目標を口にした。「まずはしっかり1軍でプレーできるように頑張りたい」。堂々の開幕1軍宣言だ。真中監督は、すでに来年2月の沖縄・浦添キャンプに帯同させる方針を固めており、開幕ローテーション入りも遠い目標ではない。

期待は契約内容にも表れた。ヤクルトの高卒新人としては2004年の雄平、08年の由規以来となる契約金の出来高払いを設定。出場選手登録日数や勝利数、投球回数に応じて、最大2000万円の出来高が盛り込まれた。鳥原チーフスカウトは「即戦力として考えているので、こういう評価になった。大学、社会人を含めても一番いい左腕」と説明した。

「ドラフト1位で取ってもらったので、結果が求められる。責任が増え、自覚が芽生えた」。現在も履正社高で新チームの練習に加わり、同じメニューを消化している。体重は88キロから「少し増えた」といい、「1月の新人合同自主トレに向け、体重は減らさずに動ける体を作りたい」と燃えている。

最速150キロを誇る直球に磨きをかけつつ、「プロではストライクからボールになる変化球を振ってくれない。ストライクゾーンの中でボールを動かすことが必要」とカットボールも習得中。“プロ仕様”への進化を目指している。

今季まで3年間杉浦が背負った18を譲り受けた(杉浦は58に変更)。18でイメージするのは、2013年に開幕から24勝無敗でレギュラーシーズンを終え、楽天を日本一に導いた田中将大(ヤンキース)。「気迫がすごいと思って見ていた。理想の一つです。どんな形でもいいので、負けない投手になることが目標」。

寺島がV奪回のエンジンとなり、新たな「18番伝説を作る。




下は2016ドラフトでヤクルトが指名した選手です。1位・寺島君のスカウト評はこちら


ヤクルトの2016ドラフト指名選手
1位寺島 成輝履正社高投手動画
2位星 知弥明治大投手動画
3位梅野 雄吾九州産業高投手動画
4位中尾 輝名古屋経済大投手動画
5位古賀 優大明徳義塾高捕手動画
6位菊沢 竜佑相双リテック投手動画
育1大村 孟BCL・石川捕手動画


draftkaigi at 07:10|この記事のURL

ヤクルトのドラフト指名選手即戦力度チェック

2016年11月29日

週刊ベースボール12月5日号より
投手力に課題を残した今季のヤクルトは、ドラフトでは即戦力投手を多く指名した。指名6人中5人が投手となった。1位指名の履正社高・寺島成輝(動画)2位指名の明大・星知弥(動画)は特に即戦力としての評価が高く、1年目での登板機会はほぼ確実だろう。

寺島は高卒ルーキーとはいえ、体つき、球威、ゲームメーク能力などで高校生離れしている。

星も明治神宮外苑創建90年記念奉納試合や神宮大会での好投でさらに評価を上げた。大学時代は4年春までリリーフとしての起用が多かったが、最速151キロの力のある直球を主体に強気で攻める本格派右腕は、チームの先発陣を見渡しても珍しい存在だけに、先発、リリーフ両にらみで適性を見極めていくことになりそうだ。

名古屋経済大・中尾輝(動画)相双リテック・菊沢竜佑(動画)ももちろん即戦力候補だが、春季キャンプ、二軍でのアピールは必須になりそう。

菊沢は軟式野球からの入団で六大学、社会人野球、アメリカの独立リーグを経験するなど経歴は異色ながら、その経験値と球威ある直球で堂々としたマウンド姿に期待ができる。先発としてはもちろんだが、まずはリリーフで一軍経験を積ませる可能性も。来季で29歳だけに、早い段階での結果が求められることは確かだ。

3位指名の九州産業高・梅野雄吾(動画)5位指名の捕手、明徳義塾高・古賀優大(動画)はまずは二軍スタート。梅野は二軍での結果次第では一軍デビューの可能性もあるが、体作りも含め、まずはじっくりと育てていくことになりそうだ。



下は2016ドラフトでヤクルトが指名した選手です。


ヤクルトの2016ドラフト指名選手
1位 寺島 成輝 履正社高 投手 動画
2位 星 知弥 明治大 投手 動画
3位 梅野 雄吾 九州産業高 投手 動画
4位 中尾 輝 名古屋経済大 投手 動画
5位 古賀 優大 明徳義塾高 捕手 動画
6位 菊沢 竜佑 相双リテック 投手 動画


draftkaigi at 07:07|この記事のURL

ドラフトニュース検索