ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
ヤクルト

ヤクルトドラ1・清水昇、スカウト「右のエース候補」

2018年11月19日

11/19、サンケイスポーツ3面より

2018ヤクルトドラフト1位 清水昇
国学院大・投手・動画

ヤクルトからドラフト1位で指名された国学院大・清水昇投手(動画)が18日、東京・新宿区の日本青年館ホテルで球団と入団交渉を行い、契約金9000万円、年俸1400万円で仮契約を結んだ。背番号は松岡弘、川崎憲次郎ら、チームを代表する本格派右腕が着けた17に決定。

最速151キロ、東都大学リーグ通算202奪三振の好投手はライバルに同い年の巨人・岡本和真内野手を挙げ、プロでの活躍を誓った。

高校時代から主戦場としてきた神宮球場をバックに見下ろす日本青年館内のレストラン「EAST WIND GAIEN」で、清水が熱く、プロ入りに決意を語った。「今までは実感が湧かなかったけど、きょうやっと実感が湧いてきました。強気な投球が自分の売り。1年目から1軍で活躍できるようになりたい」

橿渕スカウトグループデスクから託された番号が期待の大きさの表れだ。最速151キロを誇る好投手、清水は背番号17に決まった。

ヤクルトの17といえば、通算191勝を挙げ、1978年は16勝で球団初のリーグ優勝と日本一に貢献した松岡弘や98年に沢村賞を受賞し、巨人キラーとして活躍した川崎憲次郎、2004年の新人王に輝いた川島亮ら、右の本格派エースが背負ってきた。

名門、帝京高では甲子園出場なし。スポットライトを浴びることはなかったが、国学院大では4年春に東都大学リーグの最優秀防御率に輝くなど一気に飛躍した。スライダー、ツーシーム、フォークボールなどの変化球も自在に操り、通算202奪三振を記録。先発陣の再整備を急ぐ球団からは、即戦力として期待されている。

プロで対戦したい打者は「プロで結果も残している。同年代のスター。同じ舞台に立てるので対戦したい」という巨人・岡本。今季、最年少で「3割、30本、100打点」を達成した巨人の4番に対抗心を燃やした。

松岡は巨人戦通算34勝、川崎は29勝を挙げている。大先輩の背中を追いかける22歳は「背番号17は東京ヤクルトの清水といわれるようになりたい」。燕のエースへ-。一歩ずつ、階段を昇る。

▼ヤクルト・橿渕スカウトグループデスク
「右のエース候補として期待をこめての背番号17です。今持っているものをヤクルトでも出してほしい」




下は2018ドラフトでヤクルトが指名した選手です。1位指名・清水君のスカウト評はこちら

ヤクルトの2018ドラフト指名選手
×根尾 昂   
×上茶谷 大河
1位清水 昇 国学院大 投手
2位中山 翔太法政大 内野手
3位市川 悠太明徳義塾高 投手
4位浜田 太貴明豊高 外野手
5位坂本 光士郎 新日鉄住金広畑 投手
6位鈴木 裕太 日本文理高 投手
7位久保 拓真 九州共立大 投手
8位吉田 大成明治安田生命 内野手
育1内山 太嗣 BC栃木 捕手
育2松本 友 BC福井 内野手


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

ヤクルトドラ3・市川悠太、スカウト「スピード魅力」

2018年11月16日

11/16、高知新聞websiteより (source)

2018ヤクルトドラフト3位 市川悠太
明徳義塾高・投手・動画

プロ野球ドラフト会議でヤクルトから3位指名を受けた高知県の明徳義塾高校の市川悠太投手(動画)が15日、高知市内のホテルで入団交渉を行い、仮契約を結んだ。契約金5千万円で、年俸は580万円(金額は推定)。背番号は「40」に決まった。

市川投手は高知市出身。2年生の春と夏、3年生の春の3季連続で甲子園に出場したほか、昨年の明治神宮大会ではエースとして同校36年ぶりの優勝にも貢献した。

仮契約後、市川投手は橿渕聡スカウトグループデスク、岡林洋一スカウトとともに記者会見。緊張した面持ちながらも「早く1軍に上がって、どんな場面で出されてもいいような信頼感ある投手、勝てる投手になりたい。(ファンには)武器のストレートでインコースをどんどん攻める姿を見てほしい」ときっぱり、抱負を語った。

橿渕デスクは「魅力を感じたのはストレートの速さと強さ。市川君独自の投手像を追い求めてもらいたい」と期待。背番号について「偶然だが、1999年に明徳高から入団した高橋一正投手も40番。いい番号は自分で勝ち取ってほしいという気持ちを込めた」と話すと、市川は「思ったより若い番号でほっとした。努力して若い番号を狙う」と意気込んでいた。

会見後に早速、名前入りの球団タオルをプレゼントされた市川。同席した父の太郎さんは「しっかり体をつくって活躍してほしい。1軍登板の日は応援に行きます」と目を細め、母の恭子さんは「慣れない環境で体調を崩さないよう、焦らず頑張ってほしい」と目に涙を浮かべながら話していた。入団会見は12月7日に東京都内で行う予定。



下は2018ドラフトでヤクルトが指名した選手です。3位指名・市川君のスカウト評はこちら

ヤクルトの2018ドラフト指名選手
×根尾 昂   
×上茶谷 大河
1位清水 昇 国学院大 投手
2位中山 翔太法政大 内野手
3位市川 悠太明徳義塾高 投手
4位浜田 太貴明豊高 外野手
5位坂本 光士郎 新日鉄住金広畑 投手
6位鈴木 裕太 日本文理高 投手
7位久保 拓真 九州共立大 投手
8位吉田 大成明治安田生命 内野手
育1内山 太嗣 BC栃木 捕手
育2松本 友 BC福井 内野手


draftkaigi at 20:55|この記事のURL

2018ドラフト採点、ヤクルトは65点

2018年11月05日

週刊ベースボール11月12日号より

<ヤクルト=65点>
抽選で大阪桐蔭・根尾昂、東洋大・上茶谷大河を外したものの、3回目の指名で即戦力右腕の国学院大・清水昇(動画)を獲得した。先発のコマ不足は深刻であり、ローテ入りの期待も高い。2位で強打の外野手、3、4位で将来性のある高校生、5位で社会人の即戦力左腕を指名。

ポジション別では投手5人、外野手2人、内野手1人とやや偏りが。やはり根尾を外したのが痛い。



下は2018ドラフトでヤクルトが指名した選手です。

ヤクルトの2018ドラフト指名選手
順位選手名所属位置動画
×根尾 昂   
×上茶谷 大河
1位清水 昇 国学院大投手動画
2位中山 翔太法政大内野手動画
3位市川 悠太明徳義塾高投手動画
4位浜田 太貴明豊高外野手動画
5位坂本 光士郎 新日鉄住金広畑投手動画
6位鈴木 裕太 日本文理高投手動画
7位久保 拓真 九州共立大投手動画
8位吉田 大成明治安田生命内野手動画
育1内山 太嗣 BC栃木捕手動画
育2松本 友 BC福井内野手動画


draftkaigi at 09:38|この記事のURL

ヤクルトドラ3・市川悠太、スカウト「投げる度成長」

2018年10月31日

日刊スポーツwebsiteより (source)

2018ヤクルトドラフト3位 市川悠太
明徳義塾高・投手・動画

ヤクルトにドラフト3位で指名された明徳義塾・市川悠太投手(動画)が30日、高知・須崎市の同校で、ヤクルト橿渕スカウトグループデスク、岡林スカウトから指名のあいさつを受けた。

右横手からの149キロ直球が武器の市川は「話をしていく中で実感も湧いてきました。今からプロ入りに向けてしっかり練習していきたい。できるだけ早く1軍で投げられるように頑張りたい」と意気込んだ。

同校の馬淵監督は橿渕、岡林両氏と対面すると「市川は体力はあるし、故障がない。体が柔らかいので。だからプロに行ってもそんなに故障したりということはないと思います。149キロまでいったもんですから、あと1キロ出したいわけですよ。そしたら(制球が)ばらけてきて。やっぱり130キロ後半でも左右にきちっと投げ分けた方がバッターは打ちにくいというのをプロで覚えてもらえれば」と希望した。

下級生の時から市川をずっと見てきたという岡林スカウトは「特に去年の春ぐらいから投げるたびに成長していった。先発でもリリーフでもどちらでもできる。リリーフであれば中日の又吉投手のような球を投げられるし、先発であればジャイアンツの斎藤雅樹さんのようなピッチャーになってくれたら」と期待した。



下は2018ドラフトでヤクルトが指名した選手です。3位指名・市川君のスカウト評はこちら

ヤクルトの2018ドラフト指名選手
×根尾 昂   
×上茶谷 大河
1位清水 昇 国学院大 投手
2位中山 翔太法政大 内野手
3位市川 悠太明徳義塾高 投手
4位浜田 太貴明豊高 外野手
5位坂本 光士郎 新日鉄住金広畑 投手
6位鈴木 裕太 日本文理高 投手
7位久保 拓真 九州共立大 投手
8位吉田 大成明治安田生命 内野手
育1内山 太嗣 BC栃木 捕手
育2松本 友 BC福井 内野手


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

ヤクルトドラ4・浜田太貴、スカウト「勝負強い右打者」

2018年10月30日

10/30、大分合同新聞websiteより (source)

2018ヤクルトドラフト4位 浜田太貴
明豊高・外野手・動画

プロ野球ドラフト会議で明豊高の浜田太貴(動画)を4位指名したヤクルトの松田慎司担当スカウトと、同球団編成部スカウトグループの橿渕聡デスクが29日、同校を訪れ指名あいさつをした。

4位指名の経緯について、橿渕デスクが「勝負強い右打者を探していた。3、4年後には1軍定着を目指してもらい、次世代のクリーンアップとして期待している」とあいさつ。松田担当スカウトは昨夏の甲子園での活躍以降もずっと注目していたとし、「フルスイングが魅力。直球も変化球も対応でき、右方向など広角に打てる点も評価した」と説明した

浜田は同球団の青木宣親や山田哲人を目指すとした上で「自分のアピールポイントでもある打撃を磨き、チームに貢献したい」と話した。浜田は内外野ともに守れるが、球団はまず外野手で育成する方針。

橿渕デスクは同球団が5位指名した日本文理大出身の坂本光士郎(新日鉄住金広畑)についても言及し「即戦力の左投手の補強がポイントだった。良い選手が取れた」と話した。2人とも11月中にも仮契約を結ぶ予定。



下は2018ドラフトでヤクルトが指名した選手です。

ヤクルトの2018ドラフト指名選手
×根尾 昂   
×上茶谷 大河
1位清水 昇 国学院大 投手
2位中山 翔太法政大 内野手
3位市川 悠太明徳義塾高 投手
4位浜田 太貴明豊高 外野手
5位坂本 光士郎 新日鉄住金広畑 投手
6位鈴木 裕太 日本文理高 投手
7位久保 拓真 九州共立大 投手
8位吉田 大成明治安田生命 内野手
育1内山 太嗣 BC栃木 捕手
育2松本 友 BC福井 内野手


draftkaigi at 17:48|この記事のURL

ドラフトニュース検索