ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

ヤクルト

ヤクルト、丸山(前橋育英)・平松(盛岡大付)を高評価

2017年03月21日

3/21、サンケイスポーツ5面「ヤクルト・小川SDチェック」より
前橋育英の先発左腕、丸山(動画)が5回0/3を投げて3安打無失点と中村戦で好投した。1メートル70、69キロと小柄だが、体をめいっぱい使って腕を振り、最速144キロの切れのある直球を中心に6三振を奪った。安定した投球だった。

身体能力は高い。さらに変化球の質や切れが加われば楽しみだ。甲子園に出場する投手では珍しい打順の「1番」。4打数1安打1打点で2三振と、結果はそれほどではなかったが、一塁まで走るスピードを確認できた。打撃にも、センスを感じた。

最速145キロをマークした盛岡大付の右腕、平松(動画)は高岡商戦で初めて見た。1メートル83、83キロと体格は良かったが、投球フォームは荒削り。まだこれからという印象だった。



上の記事はヤクルトの元監督で現在シニアディレクター(SD)の小川淳司氏が書いたものです。

draftkaigi at 07:24|この記事のURL

ヤクルト、安田尚憲・桜井周斗・山口翔を高評価

2017年03月20日

3/20、サンケイスポーツ4面「ヤクルト・小川SDチェック」より
1回戦屈指の好カードで九回、履正社の左打者・安田(動画)が日大三の左腕・桜井の外角から中に入る直球を1球で仕留め、左越えの適時二塁打にした。そこまでは桜井のスライダーに3打席連続三振の後、第4打席は死球だったが、三振を怖がらずに、逆方向(左方向)へ強い打球を放った。

1メートル93、101キロの日大三・金成より身長は5センチ小さいが、バットは金成より強く振れる。技術と甘い球を見逃さない力があるから、高校通算49本も打てる。タイプとしては、高校の先輩のT-岡田(オリックス)といったところだ。

三振を取れるスライダーを投げる日大三・桜井(動画)や、第3試合で147キロの直球で押した熊本工の右腕・山口(動画)も見続けていきたいと思っている。




上の記事はヤクルトの元監督で現在シニアディレクター(SD)の小川淳司氏が書いたものです。



draftkaigi at 07:07|この記事のURL

ヤクルト、ドラフトの黒いウワサ

2017年03月17日

週刊新潮 3月23日号より

2016ヤクルトドラフト6位 菊沢竜佑
相双リテック・投手・動画

全国紙の運動部記者が、その社名を耳にしたのは昨年10月のドラフト会議でのことだ。「ヤクルトが6位指名した選手の所属先として、全く聞き覚えのない相双リテックという企業がアナウンスされた。思わず、そんな社会人チームあったか?と、他の記者に尋ねてしまいました」

一般的な知名度はゼロに等しいこの会社は、しかし、福島県の土木業界では誰もが知る有名企業である。地元の建設業者によれば、

「清水建設の1次下請けとして除染作業を中心に事業を拡大してきた会社です。仕事ぶりには定評があり、一昨年の収入高は110億円を超え、一時は400人以上の作業員を抱えていた。除染に関わる企業の中でも業績は断トツ。原発事故の翌年にこの会社を立ち上げたのは、もともと別会社で発電所の配管加工などを手掛けてきた50代前半の塚本泰英会長です。彼は根っからの野球好きでね。自分の会社に軟式野球チームを作り、楢葉町の町営野球場の命名権まで取得したほど」

ちなみに、このチームは昨年の全日本軟式野球大会で準優勝に輝いており、そのエースが、ヤクルトにドラフト指名された菊沢竜佑投手(動画)だった。他方、球団関係者が明かすのは、会長と真中監督との浅からぬ関係だ。

「2人とも日大出身で、真中さんが監督に就任する前から親しかったそうだ。塚本会長が真中さんやコーチを銀座のクラブに連れ出すこともしばしば。先の沖縄キャンプの最中にも一緒に飲んでいた。羽振りの良い会長は札束を紙袋に入れて持ち歩き、領収書も受け取らないという。一昨年、リーグ優勝したお祝いに、真中さんは総額で1000万円は下らないフランク・ミュラーとロレックスの腕時計をプレゼントされている」

それ以外にも、「今年の正月にはお年玉として100万円をもらい、顧問料のような名目で1000万円近い報酬を得ているとも耳にしました」(同)。このご時世に、なんとも豪儀なタニマチぶりなのだ。だが、2人がズブズブの関係にあり、また相双リテックがヤクルトのスポンサーに名を連ねたことで、こんな話も浮上している。

「菊沢投手は他球団のスカウトも視察に訪れるだけの実力はありますが、最近は硬式から離れていた。しかも、球団史上最高齢のオールドルーキーです。ヤクルトが指名したのはスポンサーとの関係があったからではないか、と」(先の記者)

さて、会長との親交について真中監督ご本人は、「日大の先輩なので昔からよくしてもらってますよ。やましいことは何もないですけど、まぁ、私的なことだからね・・・」と、歯切れが悪い。

球団は、菊沢投手の指名については「スカウト会議で能力を評価した」としながら、監督の「個人的な交友関係については把握しておりません」。その上で、「真中監督と相双リテックおよび球団の三者の間で、肖像権や野球教室に関する契約を結んでおります」

スポーツ用品メーカーならともかく、プロ野球の監督が除染業者と肖像権の契約を結ぶこと自体、「聞いたことがない」(先の記者)。タニマチからのご褒美目当てでも優勝すれば文句はないのだろうけど・・・。




下は2016ドラフトでヤクルトが指名した選手です。


ヤクルトの2016ドラフト指名選手
1位寺島 成輝履正社高 投手
2位星 知弥明治大 投手
3位梅野 雄吾九州産業高 投手
4位中尾 輝名古屋経済大 投手
5位古賀 優大明徳義塾高 捕手
6位菊沢 竜佑相双リテック 投手
育1大村 孟BCL・石川 捕手


draftkaigi at 07:10|この記事のURL

安田尚憲(履正社)、ヤクルト・ロッテが高評価

3/17、サンケイスポーツ4面「春の怪物たち」より

安田 尚憲 (履正社高・一塁手)
188cm・右投左打・動画

同じ左打者の清宮に引けをとらない1メートル88、95キロの体格。西の大砲として優勝候補の強豪を引っ張るのが安田(動画)だ。10日の抽選会後に沖縄で行われた練習試合では2本塁打を放ち、高校通算を「47」に伸ばした。

昨秋の明治神宮大会決勝で、清宮を擁する早実と激突。一回に清宮が本塁打を打てば、三回に安田がお返しとばかりに3ラン。チームを初優勝に導いた。前哨戦で頂点に立ったが、「技術面でも実績でも、まだまだ負けている部分がある」と自覚している。

オフはウエートトレーニングを積み、食事では主に高タンパクのささみを摂取。神宮大会時から体重は3キロ増えて95キロになった。

清宮と並んで阪神などが注目するドラフト1位候補について、ヤクルト・阿部スカウトは「爆発力というか、当たったときの飛距離のすごさを感じる。将来的なタイプでいえば安田=中田(日本ハム)、清宮=筒香(DeNA)」とパ・リーグを代表する長距離打者に例えた。ロッテ・下敷領スカウトも「将来は主軸候補」と熱視線を送る。

初戦は大会初日の第2試合。くしくも、昨秋の東京都大会で清宮から5三振を奪った左腕、桜井を擁する日大三(東京)と対戦する。高校ナンバーワンスラッガーの称号を手にするのには、格好の相手だ。 





安田君のバッティング動画はこちら

安田君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:07|この記事のURL

馬場(仙台大)はDeNA、熊谷(法大)はヤクルト高評価

2017年03月10日

サンケイスポーツwebsiteより (source)
仙台大(仙台六大学)と法大(東京六大学)の練習試合が9日、川崎市の法大グラウンドで行われ、法大が12―6で勝利した。

プロ注目の仙台大の最速153キロ右腕・馬場皐輔投手(動画)は4番手で登板し、1回1/3を無安打、1三振、無失点に抑えた。一方、法大の最速151キロ右腕・熊谷拓也投手(動画)は、先発で5回6安打、6三振、2失点だった。

ヤクルト、阪神、DeNA、日本ハムの4球団のスカウトが視察し、馬場についてはDeNA・吉田スカウト部長「投げ込む姿がいい」、熊谷についてはヤクルト・橿渕スカウト「昨秋より、よくなっている」と評価した。

(3月9日 練習試合 法政大 12―6 仙台大)




馬場君(仙台大)のピッチング動画はこちら

熊谷君(法政大)のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:06|この記事のURL

ドラフトニュース検索