ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

特命スカウトが行く

特命スカウトが採点、山口翔(熊本工)

2017年05月17日

5/17、デイリースポーツ8面「デイリー特命スカウトが行く」より

山口 翔 (熊本工高・投手)
180cm・右投右打・動画

熊本工の山口君(動画)はパワフルさが魅力。投手として申し分ない体格で、スリークオーターの少し上から投げる直球は常時140キロ台前半。ただ、力んで投げれば最速149キロもマークする。タイプとしては間違いなくパワーピッチャーだ。

体がとにかく強い。特に脚力が強く足元がしっかりしているので、力強く腕を振ることができる。右打者に対して内側にナチュラルにシュートしてくる球は大変威力がある。

しかし、大きな課題がある。テークバックの際に右肘が伸びきって、悪い時にはボールを握る手が右肘の下まで下がってしまう。ボールを前に押し出すような腕の振りをする傾向があるので球にスピンが掛からず、打者はスピードガンの数字ほど体感スピードはないと思われる。

変化球はカーブ、スライダー、フォーク、チェンジアップなどを投げる。しかし、こちらも常に押し投げで体の前で円を描くように腕が振れず、カーブは腕の振りが緩み、スライダーも手をこねているような動作が入る。球は変化しているが、キレがあるとは言えない。

ただ、高校生がなかなか149キロは投げられないものだ。効率のよいテークバックを覚えて球の軌道に縦の角度やスピンもつけば、直球は球質がアップし、変化球もキレが出てくるだろう。

未完の大器が順調に育てば、将来は巨人・沢村のようなリリーフタイプか。大学や社会人で余裕を持って技術を身に付けてからプロへ上がってきてほしい



山口のスカウトチャート
項目 現在 将来
投球センス 45点 55点
直球 50点 60点
同制球 35点 50点
同変化 45点 55点
カーブ 40点 50点
同制球 35点 50点
スライダー 40点 55点
同制球 40点 50点
フォーク 40点 50点
同制球 35点 50点
フィールディング 45点 50点
精神力 50点 60点
総合評価 40点 55点

(現在、将来の採点は特命スカウトによるもので50点がプロ最低ライン)

draftkaigi at 07:40|この記事のURL

特命スカウトが採点、桜井周斗(日大三)

5/17、デイリースポーツ8面「デイリー特命スカウトが行く」より

桜井 周斗 (日大三高・投手)
177cm・左投左打・動画

上手から際立つ躍動感を見せたのが、日大三の左腕エース・桜井君(動画)。投手として上背が高い方ではないが、身長の割に体重が81キロもあるのは、この時期の高校生としてはたくましい。日頃からしっかり鍛えているのだろう。球速はMAXが144キロで常時140キロ前後のストレートを投げる。

一番の魅力は、しっかり腕を振って投げ、急にブレーキが掛かって曲がるスライダー。そのキレのよさと威力は、話題の左打者2人、早実・清宮君と履正社・安田君からバッタバッタと三振を取ったことからもわかる。

このスライダーがあれば、今すぐプロで左打者へのワンポイントとして通用するだろう。さらに右打者への外角に逃げる変化球を覚えれば、すばらしい投手になれるはずだ。

強いて課題を挙げるなら、気持ちが強すぎて投球の際に力みがち。回を重ねるにつれて肩のスタミナを失い、ボールに抑えが利かなくなる。直球が上ずってしまったところで長打を許すことが多いので、そこで制球ができるようになればいい。

さらに体ができれば、将来は中日・岩瀬をパワフルにしたタイプの投手になれそう。スライダーを武器に即戦力として思い切って指名しても面白い存在だ。



桜井のスカウトチャート
項目 現在 将来
投球センス 50点 60点
直球 50点 55点
同制球 50点 50点
同変化 40点 50点
ツーシーム 40点 50点
同制球 45点 50点
スライダー 55点 60点
同制球 50点 55点
チェンジアップ 45点 50点
同制球 45点 50点
フィールディング 50点 50点
精神力 55点 60点
総合評価 45点 55点

(現在、将来の採点は特命スカウトによるもので50点がプロ最低ライン)

draftkaigi at 07:03|この記事のURL

特命スカウトが採点、竹田祐(履正社)

2017年04月26日

4/26、デイリースポーツ8面「デイリー特命スカウトが行く」より

竹田 祐 (履正社高・投手)
182cm・右投右打・動画

昨年のエース寺島君(現ヤクルト)から背番号1を引き継いだ竹田君(動画)は、決勝戦で敗れたが、持ち前の丁寧な投球を存分に見せた。派手さはないが、今センバツで投げた投手の中では、プロで一番活躍できる可能性があると私は見込んでいる。

中学時代から大阪ナンバー1の剛速球投手として知られ、今も最速145キロと高校トップクラス。ただ、そのすごみを見せず、気持ちを抑えながら常時137キロ前後の直球に変化球を織り交ぜ、打たせて取る投球に徹している。上手から、投球モーションで打者のタイミングを外すのがうまい。

リリースの時に投げる方向へ手のひらを向けて、タイミングよく肘から先を柔らかく使って投げる。打者は投手の手首の動きにワンクッション入るので、タイミングが取りづらい。加えて、ここだという時にアクセル全開にし、常時より5キロほどアップの140キロ前半の直球をズドンと投げ込むので、余裕を感じさせる。

変化球が少し浮いて打たれることもあるが、この投球スタイルでいくならさらに打者の膝元で変化する球の技術を磨きたい。将来はマリナーズ・岩隈やDeNA・井納のように、気負わず低めに制球して打たせて取る先発投手になれると思う。



竹田のスカウトチャート
項目 現在 将来
投球センス 50点 60点
直球 45点 50点
同制球 45点 50点
同変化 50点 55点
カーブ 45点 50点
同制球 45点 50点
スライダー 45点 50点
同制球 45点 50点
フォーク 40点 50点
同制球 40点 50点
フィールディング 50点 50点
精神力 50点 60点
総合評価 45点 60点

(現在、将来の採点は特命スカウトによるもので50点がプロ最低ライン)

draftkaigi at 09:45|この記事のURL

特命スカウトが採点、徳山壮磨(大阪桐蔭)

4/26、デイリースポーツ8面「デイリー特命スカウトが行く」より

徳山 壮磨 (大阪桐蔭高・投手)
181cm・右投右打・動画

今センバツの決勝は史上初の大阪対決となった。その両エースともプロにとって魅力的な逸材。まず、大阪桐蔭を優勝に導いた徳山君(動画)から紹介する。

上手から縦方向の軌道で低めに伸びるストレートとスライダーが特徴。腰の上に垂直に上体が乗り、軸を中心に体が回転している。効率のよい動きで腕が素早く振れ、スライダーも直球と同じ軌道で急に打者の手元で曲がるので、打者はいきなり球が消えてタイミングが取りづらい。

加えて、右打者の外角への制球が絶妙で、プロで必要な球の出し入れの感覚を持っている。昨秋は直球が上ずりながら最速140キロ前後。今センバツで私の計測では最速146キロ。しかもしっかり低めに制球されていた。さらに体ができれば最速150キロ、常時145キロ前後の直球を制球よく投げられるだろう。

あえて課題を挙げるなら、今の125キロ前後のスライダーではプロの打者は余裕を持って引きつけて合わせられる。将来的にはせめて130キロ前半の球速がほしい。

体にバネがあり、精神力も強い。順調に育てば将来はローテ投手になれる逸材だ。ただ、即プロ入りすると、焦ってパワー頼りになってしまい、細かい投球術を覚える機会を失うかもしれない。まずは大学や社会人で経験を積んで、即戦力としてプロに上がってきてほしい選手だ。



徳山のスカウトチャート
項目 現在 将来
投手センス 50点 55点
直球 45点 55点
同制球 45点 50点
同変化 45点 50点
カーブ 45点 50点
同制球 45点 50点
スライダー 50点 60点
同制球 50点 50点
フォーク 45点 55点
同制球 45点 50点
フィールディング 50点 50点
精神力 50点 60点
総合評価 50点 55点

(現在、将来の採点は特命スカウトによるもので50点がプロ最低ライン)


draftkaigi at 09:06|この記事のURL

特命スカウトが採点、清宮幸太郎(早稲田実)

2017年04月06日

4/5、デイリースポーツ8面「デイリー特命スカウトが行く」より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

リトルリーグ時代から和製ベーブルースと呼ばれてきた清宮君(動画)。打球を遠くに飛ばす技術は言うまでもないが、彼が打った時の「ブシャー」というボールがつぶれる音は、プロ選手が遊びで金属バットを使って打った時と同じようだ。実際、彼の打つ特大飛球の滞空時間は、プロに引けを取らないまでに成長している。

次打者席で素振りする姿は、おもちゃのバットを振っているように見える。これは、体力がアップしているためで、木のバットでも遜色のないパワフルさだ。

彼の長所は、構えた時のトップから素早く打撃ポイントにバットを振り抜けるところ。しかも、やみくもにバットに当てているのではなく、一番強くボールに力が伝わるよう一定のフォームで押し込んで打っている。守備、走塁はまだプロレベルではないが、あれだけ破壊力のある打撃ができるのは超魅力的。

将来は、今の思い切りのよさを忘れずにフルスイングを続ければ、30本塁打は打てるだろう。大学進学の可能性があるが、有力球団から1位指名されれば、即プロもあるのではと予想する。



清宮のスカウトチャート
項目 現在 将来
打撃センス 50点 60点
長打力 50点 60点
選球眼 40点 50点
守備力 40点 45点
スローイング 30点 35点
走力 35点 40点
精神力 40点 50点
総合評価 50点 60点

(現在、将来の採点は特命スカウトによるもので50点がプロ最低ライン)

draftkaigi at 07:01|この記事のURL

ドラフトニュース検索