ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
特命スカウトが行く

森敬斗(桐蔭学園)、「中日・根尾より上」の声

2019年06月27日

6/26、デイリースポーツ8面「デイリー特命スカウトが行く」より

森 敬斗 (桐蔭学園高・遊撃手)
175cm・右投左打・動画

今週は昨季からスカウト陣がマークする中で最終学年を迎えた2人を紹介する。4月のU18日本代表候補の合宿でも身体能力の高さを際立たせていたのが桐蔭学園・森君(動画)だ。守備では打球に対する反応がよく、グラブさばきが大変柔らかい。加えて、捕球から送球までは流れるように華麗で、送球能力と正確性が高い。

同合宿での打撃練習は、国際試合に合わせて木製バットを使用した。若干の非力さはあったが、自然な構えでトップの位置からタイミングの取り方が非常によく、強いリストで素早く振れるのでヘッドスピードも速い。しかも、しっかりとバットコントロールができており、広角に打球を打ち返せるところにセンスの良さを感じる。

身長は175センチとプロの野手の中に入れば大きい方ではない。しかし、これだけ走攻守の三拍子が揃っていれば、体格は関係ないだろう。私の周囲では、昨年の大阪桐蔭・根尾(中日)以上との声もある。このバランスの良さなら、将来は広島・西川、阪神・糸原のような、守れてシュアな打撃をする選手になれるかも。

彼は野球に打ち込む姿勢が素晴らしく、攻守で球に対する対応能力が高く、一番大事な場面で使える選手。こつこつ育成すれば球界を代表する選手になる可能性が高い。ドラフトでは早ければ2位で名前を挙げるチームもあるだろう。


森のスカウトチャート
項目 現在 将来
打撃センス 55点 60点
長打力 35点 45点
選球眼 50点 55点
守備力 50点 60点
送球力 50点 55点
走力 50点 50点
精神力 50点 60点
総合評価 40点 60点

(現在、将来の採点は特命スカウトによるもので50点がプロ最低ライン)



森君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 07:04|この記事のURL

石川昂弥(東邦)、ドラフト3位指名の可能性もあり

6/26、デイリースポーツ8面「デイリー特命スカウトが行く」より

石川 昂弥 (東邦高・三塁手兼投手)
185cm・右投右打・動画

今春のセンバツでエースとして東邦を優勝に導いた石川君(動画)を、今回は打者として評価をしたい。彼の一番の魅力は恵まれた体格だ。特に骨格が大きく、投手ながら打撃センスも素晴らしい。

決して鋭いヘッドスピードでバットを振っているわけではないが、タイミングの取り方がとてもいい。早くから振り出して、ボールを捉えてから、前方へボールを運びながら打つ技術は素晴らしい。当然ながら選球眼もよいので、いい打者になる要素も兼ね備わっている。

これから打者の経験を積んで、さらに打撃技術に磨きをかけることができれば、息の長い打者としてプロで活躍する可能性がある。守備に関してもグラブさばきが柔らかく、送球は投手仕込みの肩の強さを持っているので、三塁手には持ってこいのタイプと言える。

鍛えに鍛えて育てれば、広島・鈴木のように持ち前の体の強さと器用さで中長距離タイプの打者になれそうだ。現状でもプロ志望すれば4位までにはかかるだろうし、欲しい球団は3位でも指名するだろう。

本来なら即プロへ、と言いたいところだが、私としてはじっくりと経験を積み上げてもらいたい。育成の上手い球団であればいいが、大学や社会人を経てからプロへ上がってくるのがよいと思っている。


石川のスカウトチャート
項目 現在 将来
打撃センス 45点 55点
長打力 40点 55点
選球眼 50点 55点
守備力 45点 55点
送球力 50点 55点
走力 45点 45点
精神力 50点 60点
総合評価 40点 55点

(現在、将来の採点は特命スカウトによるもので50点がプロ最低ライン)



石川君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:03|この記事のURL

上田大河(大商大高)、即プロより大学社会人経由で

2019年06月05日

6/5、デイリースポーツ8面「デイリー特命スカウトが行く」より

上田 大河 (大阪商業大高・投手)
180cm・右投左打・動画

今春の大阪大会で大商大高を優勝に導いた上田君(動画)は、春に大変身した一人だ。身長182センチ。すらっとした投手らしい体つきのオーバーハンドで、最速148キロ、常時140キロ前後の直球を両サイドへうまく制球する。

一番の魅力はバランスの良さ。腕がしっかり振れ、投手の生命線である直球が縦軌道で回転の利いているところ。対右打者の内角、対左打者の外角へ動きながら投げ込まれる威力のある直球は、彼の決め球と言ってもいいだろう。

変化球も同様の軌道で入ってきて、打者の手前で変化する。大変キレのよい変化球になるので打者をてこずらせる。手首がとても柔らかく使えるため、特にカーブ、スプリット、チェンジアップなど縦に変化する球は素晴らしい。

プロの1軍で活躍する多くの投手が持つ、非常に高い投手センスを持っている上田君だからこそ、即プロではなく大学や社会人で時間をかけて育てる方がいいだろう。体づくりに励み、各球種に磨きをかけて、経験を積んだ即戦力としてプロで活躍してほしい。

将来は速球に頼らず、変化球のキレのよさで勝負する、阪神・西のようなタイプの選手になってほしい。


上田のスカウトチャート
項目 現在 将来
投球センス 50点 55点
直球 45点 55点
同制球 50点 50点
同変化 45点 50点
カーブ 50点 55点
同制球 45点 50点
スライダー 45点 55点
同制球 50点 50点
チェンジアップ 50点 60点
同制球 50点 50点
スプリット 50点 55点
同制球 50点 50点
フィールディング 50点 50点
精神力 50点 55点
総合評価 45点 50点

(現在、将来の採点は特命スカウトによるもので50点がプロ最低ライン)



上田君のスカウト評はこちら

上田君のピッチング動画は
こちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

落合秀市(和歌山東)、ドラフト2位で消える可能性

 6/5、デイリースポーツ8面「デイリー特命スカウトが行く」より

落合 秀市 (和歌山東高・投手)
185cm・右投右打・動画

今春から登板を重ねるたびにうなぎ上りにスカウトの評価を上げている選手が和歌山東・落合君(動画)だ。彼の一番の魅力は、185センチ、90キロの恵まれた体格と、オーバーハンドから投げるMAX147キロ速球。高校生で力まず常時145キロ前後を安定して投げられるのは、プロ向きの素材である証拠だ。

また、多彩な変化球でストライクが取れる器用さもある。現在でも十分良い球を投げているが、さらに体ができて各球種に磨きをかけた上で、これという決め球を習得したい。そうすれば、将来は阪神・秋山や広島・大瀬良のような、パワフルでありながらも丁寧な投球で攻めるタイプになるだろう。

公立高だけに、練習や試合での追い込み具合は強豪私立と比較すれば若干落ちるかもしれない。その中でこれだけ投げられるのだから、厳しい環境に身を置けば、どこまで成長するのか未知数だ。

今夏の和歌山大会で躍進し、もし甲子園デビューを果たしたり、U-18メンバーに入ったりすれば、名前は全国区になり評価はさらに上がるだろう。彼の素材を見抜く球団があれば、今秋のドラフトでは2位で消える可能性があるだろう。


落合のスカウトチャート
項目 現在 将来
投球センス 50点 60点
直球 50点 60点
同制球 45点 50点
同変化 50点 55点
ツーシーム 50点 55点
同制球 50点 50点
スライダー 50点 60点
同制球 50点 50点
カーブ 50点 55点
同制球 50点 50点
カットボール 50点 60点
同制球 50点 50点
フォーク 50点 60点
同制球 40点 50点
フィールディング 40点 45点
精神力 45点 60点
総合評価 45点 60点

(現在、将来の採点は特命スカウトによるもので50点がプロ最低ライン)



落合君のスカウト評はこちら

落合君のピッチング動画は
こちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

佐々木朗希(大船渡)、特命スカウトが採点

2019年05月15日

5/15、デイリースポーツ8面「デイリー特命スカウトが行く」より

佐々木 朗希 (大船渡高・投手)
189cm・右投右打・動画

エンゼルスの大谷が高校時代に160キロを投げたのは記憶に新しい。しかし、長いスカウト生活の中でもこれだけの選手は見たことがない。どんな環境で生活をすれば、あれだけの速い球を投げられるようになるのか、その過程を知りたいと思ってしまう。

それが高校生史上最高素材の投手、大船渡・佐々木君(動画)。今チャートでも初めて現在「80」、将来「90」の高得点をつけた。190センチ、86キロのオーバーハンド。投手としては十分立派な体格ではあるのだが、スカウトから見ればまだ体幹に緩みがある。つまり鍛えればさらに成長する伸びしろがあるということだ。

体には柔軟性があるので、体ができればさらに球速が伸びると予想する。球速が速すぎて肩肘を故障する可能性を心配している。

彼の魅力が真っすぐの球速であることは言うまでもないが、その他に器用にいろいろな変化球が投げられることも大きい。しかも、どの変化球を見ても抜群のキレがあり、捕手も彼の球に慣れていないと受けられないほどの威力がある。

私自身も今春、自分のスピードガンに表示されたことのない球速に驚いた。驚きを通り越して頭が真っ白になったほどだ。大谷の高校時代のように日米争奪戦になるのは間違いないが、大谷のように日本でキャリアをスタートし、土台をしっかりとつくって活躍してほしいと思う。


佐々木のスカウトチャート
項目 現在 将来
投球センス 50点 80点
直球 80点 90点
同制球 45点 50点
同変化 70点 80点
カーブ 55点 60点
同制球 50点 50点
スライダー 50点 70点
同制球 50点 50点
フォーク 55点 70点
同制球 50点 50点
チェンジアップ 50点 60点
同制球 50点 50点
フィールディング 45点 50点
精神力 40点 80点
総合評価 55点 80点

(現在、将来の採点は特命スカウトによるもので50点がプロ最低ライン)

draftkaigi at 07:01|この記事のURL


ドラフトニュース検索