ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる
特命スカウトが行く

特命スカウトが採点、三浦瑞樹(盛岡大付)

2017年06月08日

6/7、デイリースポーツ9面「デイリー特命スカウトが行く」より

三浦 瑞樹 (盛岡大付高・投手)
175cm・左投左打・動画

サウスポーらしい高い投球センスを持つのが、盛岡大付の三浦君だ。堂々とした上手投げ。そのプレートさばきが、身長以上に彼の姿を大きく見せる。最速140キロの直球とキレの良いスライダー、チェンジアップでバッタバッタと三振を奪う。

すべての球種にキレがあるのが大きな魅力だが、それ以上に魅力のあるセンスの高さが随所に表れる。捕手とサイン交換の際の球の握りはチェンジアップでも、サイン交換後にグラブに入れる時に即座に握りを変えるなど、工夫をしながら投げている。

また、投げる時の体の切り返しがシャープなので腕も素早く振れる。さらに打者のテークバックを見ながら、投げるテンポに強弱をつけて、うまく打者のタイミングを外すところなどは天性の資質だ。加えて左打者への外角ギリギリへしっかり角度をつけて投げられるので、プロへ行っても対左へのワンポイントリリーフで十分使える。

ただ、即プロ入りより社会人か大学でしっかりと体づくりをしてから即戦力として活躍してほしいタイプだ。将来は、抑えなら中日・岩瀬のようにスライダーで勝負。先発ならローテ投手として、DeNA・今永のように自由自在に打者のタイミングを外して勝負しそうだ。


三浦のスカウトチャート
項目 現在 将来
投球センス 50点 60点
直球 40点 50点
同制球 50点 55点
同変化 45点 50点
カーブ 45点 50点
同制球 45点 50点
スライダー 50点 60点
同制球 50点 55点
チェンジアップ 50点 55点
同制球 50点 50点
フィールディング 50点 50点
精神力 50点 60点
総合評価 45点 60点

(現在、将来の採点は特命スカウトによるもので50点がプロ最低ライン)


draftkaigi at 08:30|この記事のURL

特命スカウトが採点、西垣雅矢(報徳学園)

6/7、デイリースポーツ9面「デイリー特命スカウトが行く」より

西垣 雅矢 (報徳学園高・投手)
183cm・右投左打・動画

今年のセンバツで昨秋から一皮も二皮も向けた姿を見せた西垣君(動画)。度胸満点の投球でチームをベスト4に導いた。申し分のない上背からのオーバーハンド。一番の魅力は、リリース時の手の位置が高く、直球の軌道に縦の角度が付けられ、低めに制球できるところだ。

しかも、内外角にはしっかり横の角度も付けて投げられる。変化球も直球と同じ縦軌道でベースの手前で入ってきて急に曲がるので、特にカーブやフォークのキレが良い。打者は打ちづらいと思う。

強いて課題を言えば、利き腕をテークバックした際に一瞬肘が伸びきってしまうところ。少しでも力んでしまうとリリースのタイミングが合わせづらくなる。球が上ずり変化球も抜けてしまう可能性もある。上のレベルで勝ち抜いていくためには、肘を突っ張らず、少し曲げて余裕を持たせて投げる技術を身につけることが必要だ。

まだまだ細身で肉体的な伸びしろもたっぷりある。体がしっかりとできて技術が身につけば、将来はDeNA・井納のようにコースに投げ分けて打たせてとるタイプかも。いいフォークがあるので、直球の球速が150キロ超になれば抑えもできる。

本人の努力次第で将来性「60」になり得るだろう。大学でしっかりと鍛えてから、プロへ上がってきて頑張って欲しい


西垣のスカウトチャート
項目 現在 将来
投球センス 50点 60点
直球 45点 55点
同制球 50点 55点
同変化 45点 50点
ツーシーム 50点 55点
同制球 45点 50点
カーブ 45点 50点
同制球 45点 50点
スライダー 40点 50点
同制球 45点 50点
フォーク 50点 55点
同制球 50点 50点
フィールディング 45点 50点
精神力 50点 60点
総合評価 45点 55点

(現在、将来の採点は特命スカウトによるもので50点がプロ最低ライン)



西垣君のピッチング動画は
こちら

西垣君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 08:08|この記事のURL

特命スカウトが採点、山口翔(熊本工)

2017年05月17日

5/17、デイリースポーツ8面「デイリー特命スカウトが行く」より

山口 翔 (熊本工高・投手)
180cm・右投右打・動画

熊本工の山口君(動画)はパワフルさが魅力。投手として申し分ない体格で、スリークオーターの少し上から投げる直球は常時140キロ台前半。ただ、力んで投げれば最速149キロもマークする。タイプとしては間違いなくパワーピッチャーだ。

体がとにかく強い。特に脚力が強く足元がしっかりしているので、力強く腕を振ることができる。右打者に対して内側にナチュラルにシュートしてくる球は大変威力がある。

しかし、大きな課題がある。テークバックの際に右肘が伸びきって、悪い時にはボールを握る手が右肘の下まで下がってしまう。ボールを前に押し出すような腕の振りをする傾向があるので球にスピンが掛からず、打者はスピードガンの数字ほど体感スピードはないと思われる。

変化球はカーブ、スライダー、フォーク、チェンジアップなどを投げる。しかし、こちらも常に押し投げで体の前で円を描くように腕が振れず、カーブは腕の振りが緩み、スライダーも手をこねているような動作が入る。球は変化しているが、キレがあるとは言えない。

ただ、高校生がなかなか149キロは投げられないものだ。効率のよいテークバックを覚えて球の軌道に縦の角度やスピンもつけば、直球は球質がアップし、変化球もキレが出てくるだろう。

未完の大器が順調に育てば、将来は巨人・沢村のようなリリーフタイプか。大学や社会人で余裕を持って技術を身に付けてからプロへ上がってきてほしい



山口のスカウトチャート
項目 現在 将来
投球センス 45点 55点
直球 50点 60点
同制球 35点 50点
同変化 45点 55点
カーブ 40点 50点
同制球 35点 50点
スライダー 40点 55点
同制球 40点 50点
フォーク 40点 50点
同制球 35点 50点
フィールディング 45点 50点
精神力 50点 60点
総合評価 40点 55点

(現在、将来の採点は特命スカウトによるもので50点がプロ最低ライン)

draftkaigi at 07:40|この記事のURL

特命スカウトが採点、桜井周斗(日大三)

5/17、デイリースポーツ8面「デイリー特命スカウトが行く」より

桜井 周斗 (日大三高・投手)
177cm・左投左打・動画

上手から際立つ躍動感を見せたのが、日大三の左腕エース・桜井君(動画)。投手として上背が高い方ではないが、身長の割に体重が81キロもあるのは、この時期の高校生としてはたくましい。日頃からしっかり鍛えているのだろう。球速はMAXが144キロで常時140キロ前後のストレートを投げる。

一番の魅力は、しっかり腕を振って投げ、急にブレーキが掛かって曲がるスライダー。そのキレのよさと威力は、話題の左打者2人、早実・清宮君と履正社・安田君からバッタバッタと三振を取ったことからもわかる。

このスライダーがあれば、今すぐプロで左打者へのワンポイントとして通用するだろう。さらに右打者への外角に逃げる変化球を覚えれば、すばらしい投手になれるはずだ。

強いて課題を挙げるなら、気持ちが強すぎて投球の際に力みがち。回を重ねるにつれて肩のスタミナを失い、ボールに抑えが利かなくなる。直球が上ずってしまったところで長打を許すことが多いので、そこで制球ができるようになればいい。

さらに体ができれば、将来は中日・岩瀬をパワフルにしたタイプの投手になれそう。スライダーを武器に即戦力として思い切って指名しても面白い存在だ。



桜井のスカウトチャート
項目 現在 将来
投球センス 50点 60点
直球 50点 55点
同制球 50点 50点
同変化 40点 50点
ツーシーム 40点 50点
同制球 45点 50点
スライダー 55点 60点
同制球 50点 55点
チェンジアップ 45点 50点
同制球 45点 50点
フィールディング 50点 50点
精神力 55点 60点
総合評価 45点 55点

(現在、将来の採点は特命スカウトによるもので50点がプロ最低ライン)

draftkaigi at 07:03|この記事のURL

特命スカウトが採点、竹田祐(履正社)

2017年04月26日

4/26、デイリースポーツ8面「デイリー特命スカウトが行く」より

竹田 祐 (履正社高・投手)
182cm・右投右打・動画

昨年のエース寺島君(現ヤクルト)から背番号1を引き継いだ竹田君(動画)は、決勝戦で敗れたが、持ち前の丁寧な投球を存分に見せた。派手さはないが、今センバツで投げた投手の中では、プロで一番活躍できる可能性があると私は見込んでいる。

中学時代から大阪ナンバー1の剛速球投手として知られ、今も最速145キロと高校トップクラス。ただ、そのすごみを見せず、気持ちを抑えながら常時137キロ前後の直球に変化球を織り交ぜ、打たせて取る投球に徹している。上手から、投球モーションで打者のタイミングを外すのがうまい。

リリースの時に投げる方向へ手のひらを向けて、タイミングよく肘から先を柔らかく使って投げる。打者は投手の手首の動きにワンクッション入るので、タイミングが取りづらい。加えて、ここだという時にアクセル全開にし、常時より5キロほどアップの140キロ前半の直球をズドンと投げ込むので、余裕を感じさせる。

変化球が少し浮いて打たれることもあるが、この投球スタイルでいくならさらに打者の膝元で変化する球の技術を磨きたい。将来はマリナーズ・岩隈やDeNA・井納のように、気負わず低めに制球して打たせて取る先発投手になれると思う。



竹田のスカウトチャート
項目 現在 将来
投球センス 50点 60点
直球 45点 50点
同制球 45点 50点
同変化 50点 55点
カーブ 45点 50点
同制球 45点 50点
スライダー 45点 50点
同制球 45点 50点
フォーク 40点 50点
同制球 40点 50点
フィールディング 50点 50点
精神力 50点 60点
総合評価 45点 60点

(現在、将来の採点は特命スカウトによるもので50点がプロ最低ライン)

draftkaigi at 09:45|この記事のURL

ドラフトニュース検索