ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
西武

西武2位・浜屋将太、スカウト「非常に頭の良い投手」

2019年11月14日

スポニチwebsiteより (source)

2019西武ドラフト2位 浜屋将太
三菱日立パワーシステムズ・投手・動画

西武からドラフト2位指名を受けた三菱日立パワーシステムズ(MHPS)・浜屋将太投手(動画)が13日、横浜市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金7000万円、年俸1300万円で合意した。仮契約を終えた浜屋は「2位という高い評価をいただいたので、期待に応えられるように頑張りたい」と笑顔をみせた。

身長は1メートル75と小柄ながらも、角度ある最速148キロの直球とスライダーが武器の即戦力左腕。先発も中継ぎもできる万能タイプで「先発なら2桁、中継ぎなら50試合登板が目標」と1年目からの飛躍を誓った。また、対戦したい打者にはソフトバンク・柳田を挙げ「持ち味の角度ある直球とスライダーで三振を取りたい」と力を込めた。

同席した潮崎哲也編成Gディレクターは、「先発も中継ぎもできる貴重な存在。頭の良い投手。体はそんなに大きくはないが、頭はプロでやっていけるだけのものはある投手」と期待を寄せていた。 



浜屋君のスカウト評はこちら

浜屋君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:05|この記事のURL

西武3位・松岡洸希、球界を代表する投手めざす

西日本スポーツwebsiteより (source)

2019西武ドラフト3位 松岡洸希
埼玉武蔵ヒートベアーズ・投手・動画

西武からドラフト3位指名を受けたBCリーグ武蔵・松岡洸希投手(動画)が13日、埼玉県川越市の川越プリンスホテルで入団交渉に臨み、契約金4500万円、年俸750万円で合意した(金額は推定)。投手歴1年半と発展途上ながらサイドスローで最速149キロ。

武蔵の林昌勇の異名を取る右腕は「憧れのプロ野球という世界は、テレビの中で見るものだと今までは思っていました。これからはプロとして見られる立場になるので緊張感はありますが、やってやろうという気持ちが大きいです。しっかりトレーニングを重ね体づくりをして、他の新入団選手と会う時には目立ってアピールできるようにしたいです。将来は、ライオンズといえば松岡洸希、と言われるような球界を代表するピッチャーになりたいです」とコメントした。

埼玉県桶川市出身で地元球団に入団する。「1年前はそこら辺で自転車をこいだり、遊んでいた。これからは子どもたちが憧れるNPBの選手になる。身勝手な行動はできないし、これからやってやると気持ち」と表情を引き締めた。



松岡君のスカウト評はこちら

松岡君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

西武1位・宮川哲、スカウト「ローテの一角に」

2019年11月13日

時事通信より (source)

2019西武ドラフト1位 宮川哲
東芝・投手・動画

西武は12日、ドラフト1位で指名した東芝の宮川哲投手(動画)と東京都内のホテルで入団交渉を行い、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1600万円で入団合意した。宮川は「改めて気が引き締まる思い。目標は開幕から1軍に入ること」と意気込みを語った。

最速154キロを誇る宮川は、プロ入りに向けて「一から体づくりをして出遅れないようにしたい」と気合を入れた。渡辺久信ゼネラルマネジャーは「強いボールを投げられるし、いろいろな変化球を持っていて幅広い投球ができる。ローテーションの一角として投げてもらいたい」と期待を寄せた。(金額は推定)。 



宮川君のスカウト評はこちら

宮川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:04|この記事のURL

西武4位・川野涼多、「早く1軍で活躍できるように」

西日本スポーツwebsiteより (source)

2019西武ドラフト4位 川野涼多
九州学院高・遊撃手・動画

西武は12日、ドラフト4位で指名した九州学院・川野涼多内野手(動画)と熊本市内で入団交渉を行い、合意した。契約金4000万円、年俸650万円(金額は推定)。

川野は50メートル5秒9の足と地肩の強さが持ち味の遊撃手。本来は右打ちながら高1秋に監督の勧めでスイッチヒッターに取り組んだ。同校の2学年先輩に今季ヤクルトで36本塁打、96打点と活躍した村上宗隆がいる。

入団交渉を終えた川野は球団を通じ「うれしい気持ちでいっぱいです。今まで野球をやってこれたのは、たくさんの方々のおかげ。そのことに感謝し、お世話になった方々に早く1軍で活躍する姿を見せられるように頑張ります」とコメント。

「僕のプレーを見てファンの方々が笑顔になったり、野球をしたいという子どもたちが増えてくれればいいなと思います」とプロでの活躍を誓った。



川野君のスカウト評はこちら

川野君のバッティング動画は
こちら

draftkaigi at 07:01|この記事のURL

西武7位・上間永遠と8位・岸潤一郎、1軍昇格目指す

2019年11月12日

徳島新聞websiteより (source)
プロ野球・ドラフト会議で西武から7位指名された徳島インディゴソックスの上間永遠投手(動画)と、8位指名の岸潤一郎外野手(動画)が11日、徳島市の徳島グランヴィリオホテルで入団交渉に臨み、共に契約金1千万円、年俸500万円(額はいずれも推定)で仮契約した。

入団発表は12月上旬に埼玉県所沢市で行われ、背番号も発表される。2人は「一日でも早く1軍昇格を勝ち取る」と意気込んだ。

仮契約には西武の鈴木敬洋担当スカウトが出席。仮契約後の記者会見で、高卒1年目の上間は「先発ローテーション入りし、最多勝を目指したい」と抱負を語り「徳島での1年間でシーズンを通して投げる難しさも知った。支えてもらった多くの人に恩返しできるよう頑張る」。

俊足巧打が期待される岸は「新聞などで活躍する姿を徳島のファンにも見せたい」と話し「勝負は2月のキャンプ。それまでにしっかり体をつくり、1軍に食い込めるようアピールする」と表情を引き締めた。

独立リーグからの日本野球機構(NPB)入りに関しては「四国ILのレベルの高さを知ってもらえるよう、代表として恥ずかしくないプレーをする」と口をそろえた。2人は来年1月上旬の新人合同自主トレに参加し、2月のキャンプインに備える。



上間君のスカウト評はこちら

岸君のスカウト評はこちら



draftkaigi at 07:01|この記事のURL


ドラフトニュース検索