ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
西武

松田亘哲(名大)、西武は本気モードの7人体制

2019年09月15日

日刊スポーツwebsiteより (source)

松田 亘哲 (名古屋大・投手)
176cm・左投左打・動画

愛知大学リーグ3部の名古屋大の異色投手がまた快投だ。松田亘哲投手(動画)が14日、南山大戦で2失点(自責0)完投勝利を挙げた。開幕5連勝で松田も3連続完投で評価を上げている。

黒縁めがねの左腕は野球漫画「グラゼニ」の凡田夏之介そっくり。「よく言われます」。実はめがねは童顔隠しと知的なキャラ作りで着用。「いかにも」な外見から放つ最速148キロの球威、スライダーの威力のギャップは魅力だ。

中学まで軟式野球をしたが高校はバレーボール部。野球への情熱が再燃し大学で硬式デビューすると入学時の120キロからぐんぐん成長した。「リベロだったので打球処理はめちゃくちゃ得意です」。

この日は5球団17人のスカウトが来場。7人体制だった西武の潮崎編成グループディレクターは「足腰がしっかりしていて、伸びしろを非常に感じる」と高評価。同大からプロが出れば旧帝大では東大、京大に続く3校目だ。

進路はプロ1本。「いい企業に行けば年収1000万円。プロ野球で失敗すれば名大の名前は使えないから500万円。でも安全を選んだら後悔すると思った」。指名漏れしても独立リーグなどでプロにこだわる。「もう野球だけです」。グラウンドに落ちている銭を本気で拾いにいく。

(9月14日 愛知大学リーグ3部B 名古屋大3-2南山大)



松田君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

西武が編成会議、ドラフト1位候補は約10人

2019年09月14日

9/14、西日本スポーツ2面より
西武は13日、埼玉県所沢市内で今秋のドラフト会議に向けた編成会議を開き、1位候補として投手、野手を合わせて約10人に絞り込んだ。渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)は「基本はピッチャーというところだけど、まだ最終段階ではない」と説明。西武は2014年から5年連続で投手の1位指名が続いている。

全体の指名候補は約80選手。渡辺GMは1位候補に大船渡・佐々木(動画)星稜・奥川(動画)が含まれることを認め、「もちろん評価はトップ3に入っている。(佐々木の)評価は変わりようがない。(奥川の)評価は高いです。甲子園に出てきただけでもすごい」と話した。



西武のドラフト情報まとめはこちら

西武のドラフト1位の傾向はこちら


draftkaigi at 07:03|この記事のURL

西武ドラ1・松本航、新人最多の7勝目をマーク

9/14、西日本スポーツ2面より

2018西武ドラフト1位 松本航
日本体育大・投手・動画

仕切り直しの一戦でルーキーが「プロ1」の快投を披露した。西武ドラ1・松本航(動画)が自己最長の7回を2安打無失点。毎回の8三振を奪い、今季新人最多の7勝目をマークした。辻監督は「素晴らしかった。今シーズン一番良かった」と手放しでたたえた。

12日のソフトバンク戦に敗れ、目の前でマジック点灯を許した。負けられないプレッシャーの中、ドラ1右腕はたくましかった。初回2死一、二塁の先制のピンチ。角中を力強い直球で空振り三振に仕留めると、奪三振ショーが幕を開けた。

松本航は「初回から真っすぐをしっかり投げ切れた。自信を持って投げることができた」。指揮官から受けた「力むより力を抜いて伸びのあるボールを」との助言も生きた。7回2死一、三塁では最後の力を振り絞り、自信がある直球で代打清田を三ゴロに打ち取った。

1年目から緊迫の優勝争いに身を置き、「投げられて感謝している。マウンドに上がるとシーズンの1試合と意識せずに投げた」と振り返った。「新人の中では一番を取りたい。次の機会でも勝ちたい」と力を込めた。

投打もかみ合い、残り11試合で再びソフトバンクとゲーム差なし。指揮官は「ソフトバンクさんが試合のない日にうちが負けたら(向こうが)大喜びするので勝てて良かった」とニヤリ。14日の試合で西武が勝ち、ソフトバンクが敗れれば西武にマジック「10」が点灯する。マッチレースはまだまだ続く。

(9月13日 パ・リーグ 西武 6-1 ロッテ)



下は2018ドラフトで西武が指名した選手です。1位指名・松本君のスカウト評はこちら

西武の2018ドラフト指名選手
1位 松本 航 日本体育大 投手
2位 渡辺 勇太朗 浦和学院高 投手
3位 山野辺 翔 三菱自動車岡崎 内野手
4位 粟津 凱士 東日本国際大 投手
5位 牧野 翔矢 遊学館高 捕手
6位 森脇 亮介 セガサミー 投手
7位 佐藤 龍世 富士大 内野手
育1 東野 葵 日本経済大 投手
育2 大窪 士夢 北海高 投手
育3 中熊 大智 徳山大 捕手


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

奥川恭伸(星稜)、DeNA・西武スカウトの声

2019年09月06日

9/6、スポーツ報知1面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

星稜・奥川恭伸投手(動画)が、衝撃の世界大会デビューを果たした。スーパーラウンドが開幕し、カナダ戦で今大会初登板し初先発となったドラフト1位候補右腕が、6者連続を含む毎回の出場野手全員奪三振の18Kをマーク。7回2安打1失点と好投した。5-1の勝利に導き、豪州、台湾、米国とともに2勝1敗とした。日本は6日に韓国と対戦する。

~以下、奥川のスカウト評~

▼西武・渡辺GM
「7回で18三振はすごいよね。相手が振ってくるところに、きっちりと投げ切れた。甲子園でだいぶん評価を上げたと思うし、どこも上で見てる。久しぶりで不安はあったと思うけど、1イニング投げたら自分の感覚でピッチングできる。プロに入ってもすぐに生かせるタイプ」

▼DeNA・吉田スカウト部長
「制球もボールもよかった。ホームランを打たれてから自分で配球を変えている。今日みたいな投球なら、プロでもなかなか打てない」


(9月5日 U-18W杯 日本 5-1 カナダ)



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:20|この記事のURL

西武ドラ1・松本航、パ新人トップの6勝目マーク

9/6、サンケイスポーツ5面より

2018西武ドラフト1位 松本航
日本体育大・投手・動画

西武は5日、オリックス24回戦に7-3で勝利し、今季5度目の3連戦3連勝を飾った。ドラフト1位・松本航投手(動画)が6回2失点で6勝目を挙げた。今夏の甲子園で4強入りした母校・明石商高ナインが見守る中で、自己最多の9奪三振をマーク。1ゲーム差で追いかける首位・ソフトバンクの優勝マジック点灯をまたも阻止した。

勝利の味は格別だった。松本航は“教え子”たちの熱いまなざしを一身に受けながら、ほっともっとフィールド神戸で躍動した。「球数が多かったけれど、最少失点で粘れた。しっかり勝ちにつながる投球ができました」

兵庫北部の朝来市出身。地元での凱旋登板に燃えていた。二回、宗に同点ソロを被弾。六回にも1点を失い、なお1死二塁のピンチを迎えたが、宗は143キロの外角直球、杉本は144キロの内角直球で、ともに見逃し三振。「指にかかったときの球はよかった」と胸を張った。

恩師”の姿に発奮した。登板2日前、「みんなで見に行くぞ!」と母校の明石商高・狭間監督から電話が入った。今夏の甲子園で初の4強入りし、派手なアクションで人気者となった師匠に「いいピッチングをしないとあかんやろ」とプレッシャーをかけられた。

三塁側スタンドには野球部員107人分の席を準備。6回7安打2失点の白星で期待に応え、「声援は聞こえなかったけど、みんな丸刈りなので、どこにいるか分かりました」と笑った。

自身は甲子園に手が届かなかった。日体大時代の昨秋は約3週間、教育実習生として保健体育の授業を受け持ちながら、野球部も指導した。春夏連続出場で大いに聖地を沸かせた後輩たちの活躍は刺激になった。「きょうは練習を休みにさせてあげられてよかった」と教え子たちに勇気と休息を与えることができた。

「負けたくないと思っているので、ここからまた頑張りたい」と松本航。パ新人ではトップで、DeNA・上茶谷に並ぶ6勝目をつかんだ。首位・ソフトバンクとの1ゲーム差もキープし、逆転Vへの望みをつないだ。 

(9月5日 パ・リーグ 西武 7-3 オリックス)



下は2018ドラフトで西武が指名した選手です。1位指名・松本君のスカウト評はこちら

西武の2018ドラフト指名選手
1位 松本 航 日本体育大 投手
2位 渡辺 勇太朗 浦和学院高 投手
3位 山野辺 翔 三菱自動車岡崎 内野手
4位 粟津 凱士 東日本国際大 投手
5位 牧野 翔矢 遊学館高 捕手
6位 森脇 亮介 セガサミー 投手
7位 佐藤 龍世 富士大 内野手
育1 東野 葵 日本経済大 投手
育2 大窪 士夢 北海高 投手
育3 中熊 大智 徳山大 捕手


draftkaigi at 07:00|この記事のURL


ドラフトニュース検索