ドラフト会議
情報局
2018ドラフト
高校生の候補
2018ドラフト
大学生の候補
2018ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
12球団情報
まとめ
ホームに
もどる
西武

2018期待の新人、伊藤翔(西武ドラフト3位)

2018年01月19日

1/19、スポーツニッポン4面より

2017西武ドラフト3位 伊藤翔
徳島インディゴソックス・投手・動画

テークバックは小さいが、腕の振りは鋭さがある。18日の新人合同自主トレで2度目のプルペン入り。直球のみで「6、7割」と振り返った30球に、伊藤(動画)は好感触を得た。「最初に(ブルペンに)入ったときよりは感覚も出てきた。去年に近い感じで投げられた。キャンプには100%に近いところまで持っていきたい」

2月10日の早生まれのため、まだ18歳。横芝敬愛卒業後、四国アイランドリーグplus・徳島に1年所属してドラフト指名を受けた。「外国人選手との対戦がいい経験になった」。メジャー通算555本塁打のマニー・ラミレスや前巨人のアンダーソンらとも対戦するなど、今年が高卒2年目ながら経験値は高い。

12日に新人合同自主トレを視察した辻監督も非凡さを口にした。「ノックを受ける姿を見ていてもセンスがあると感じる。野手でもやっていけるんじゃないかって、フットワークもいいしね」。キャンプは1軍スタートを決めた。

最速152キロの直球と、スライダーが武器。「西口さんと話してみたい。スライダーが凄く印象にある。僕も自信を持っているので」。現在1軍投手コーチを務める憧れの右腕の話を聞くためには、1軍に定着する必要がある。「自主トレからしっかり体をつくって、目標の開幕ローテを勝ち取りたい」と1年目の目標は高い。

お菓子好きで、入寮の際に10円ガムを箱買いして持参したあたりは初々しい。それでも「アピールしたい気持ちはある。だけど、力が100%出せるようになったらアピールしたい」と、プロ生活のスタートに浮ついたところはなかった。



下は2017ドラフトで西武が指名した選手です。3位指名・伊藤君のスカウト評はこちら

西武の2017ドラフト指名選手
×田嶋 大樹  
1位斉藤 大将明治大投手
2位西川 愛也 花咲徳栄高外野手
3位伊藤 翔四国IL・徳島投手
4位平良 海馬 八重山商工高投手
5位与座 海人岐阜経済大投手
6位綱島 龍生糸魚川白嶺高内野手
育1高木 渉真颯館高外野手
育2斉藤 誠人北海道教育大捕手


draftkaigi at 06:50|この記事のURL

菅野秀哉(法政大)が始動、西武など4球団あいさつ

2018年01月07日

1/7、スポーツニッポンwebsiteより (source)

菅野 秀哉 (法政大・投手)
183cm・右投右打・動画

法大は6日、神奈川県川崎市内の同大グラウンドで始動した。12年秋以降優勝から遠ざかる中、今年から必勝祈願を明治神宮で行い、心機一転。西武など4球団のスカウトがあいさつに訪れる中、今秋ドラフト候補のエース菅野(動画)「本当に優勝したい」と力を込めた。

1年春に開幕投手を務めながら故障に泣いた左腕・森田も復活間近。「菅野と2人で頑張りたい」と共闘を誓った。




菅野君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:02|この記事のURL

西武、菅野(法大)・清水(国学大)ら1位候補に

2017年12月30日

12/30、サンケイスポーツ5面より
西武が来秋のドラフト会議に向けて補強ポイントを投手中心に定めていることが29日、分かった。「ずっと、うちの補強ポイントだからね」と鈴木葉留彦球団本部長が説明した。東京六大学リーグで現役最多の15勝を挙げている法大・菅野秀哉(動画)、最速150キロを誇る国学院大・清水昇(動画)らが1位候補に挙がる中、慎重に力を見極めていく。



菅野君(法大)のピッチング動画はこちら

清水君(国学院大)のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:07|この記事のURL

西武、謎の不倫公表のウワサ

2017年12月20日

週刊新潮12月21日号より
誰からも追及を受けていないのに、何とも奇妙な光景だった。スポーツ紙デスクの話。「8日、埼玉西武ライオンズの鈴木葉留彦球団本部長が突然、西武の番記者ら報道陣を集めて、妻帯者の所属選手に未婚の一般女性と一度だけ不適切な行為があった、つまり、不倫があった旨を発表したのです」

報道陣には経緯が記された1枚のペーパーが配られている。

「今年の1月、都内でそのような行為があったと書かれていました。その後、今月上旬になって一般の方からメールによる通報を受け、本人に質したところ、認めたそうです。厳重注意としましたが、事件性がないため、当該選手の氏名は公表しないとのことでした」(同)

なぜ一度だけの不倫を公表するに至ったのか。

「どうやら、週刊誌に取材されていたわけではないようです。実は西武は昔からコンプライアンスに関しては他の球団に比べても一段と厳しい。というのも、2007年に当時の早稲田大学と東京ガスの選手に金銭を提供していた裏金問題が発覚した。それ以来、不祥事に関してはいち早く公表するのが、西武の方針なのです」(同)

そのコンプライアンスに引っかかった選手とは誰なのか。関係者が言う。

「一般の方からの通報というのは不倫相手からの連絡だったようです。その選手は、近年出場機会を増やしていて、期待されている若手の野手と言われています」。広報に尋ねると、「選手名の公表については控えさせていただきます。なお、本人は猛省しております」。転ばぬ先の杖にも、ヘンな杖があるものだ。



近年出場機会を増やしていて、期待されている若手の野手で既婚者とは、外崎修汰(2014ドラフト3位)岡田雅利(2013ドラフト6位)あたりが当てはまるのではないかと思いますがはたして・・・


外崎修汰は2014ドラフトで3位指名され入団。

西武の2014ドラフト指名選手
1位 高橋 光成 前橋育英高 投手
2位 佐野 泰雄 平成国際大 投手
3位 外崎 修汰 富士大 内野手
4位 玉村 祐典 敦賀気比高卒 投手
5位 山田 遥楓 佐賀工高 内野手
プロ入り後の成績


岡田雅利は2013ドラフトで6位指名され入団。

西武の2013ドラフト指名選手
1位森 友哉大阪桐蔭高捕手
2位山川 穂高富士大内野手
3位豊田 拓矢TDK投手
4位金子 一輝日大藤沢高内野手
5位山口 嵩之トヨタ東日本投手
6位岡田 雅利大阪ガス捕手
7位福倉 健太郎第一工業大投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 11:20|この記事のURL

ドラフト選手の家庭の事情、平良海馬(八重山商工)

2017年12月07日

12/7、日刊ゲンダイ29面「ドラフト選手の家庭の事情」より

2017西武ドラフト4位 平良海馬
八重山商工高・投手兼外野手・動画

沖縄の南西、八重山諸島に属する石垣島。この海と空に囲まれた島で、八重山商工・平良海馬(動画)は生まれ、育った。父の克次さんは息子について、こう話す。

「暴れん坊というかヤンチャというか・・・。まあ、元気な子でしたよ。子供の頃から泣かない子でした。外で遊んでケガをして帰ってきても、泣いた姿は一度も見たことがありません。海馬は3人兄弟の長男。弟の面倒見は良かったですよ」

173センチ、84キロのマメタンク体形ながら、投げればMAX154キロ、打てば高校通算本塁打20本以上。投打双方をこなす器用さを持つ。投手としてのフィールディング能力にも優れており、視察したスカウト陣も口々に「センスがある」と話していたほどだ。石垣島は野球が盛んな土地。平良が小学校1年のときに「野球がやりたい」と父に言ったのも、自然な成り行きだ。

「私は小学校までしか野球をやっておらず、中学以降はサッカーでした。今は草野球の外野手をやっていますけどね」と話す克次さんは、生まれも育ちも石垣島。現在は警備会社に勤務している。一方、母の智子さんは静岡県出身。介護関連の仕事をしており、石垣島で働いていたときに克次さんと出会った。

「私も嫁も、子供にはうるさいことを言ったことがありません。おかげでのびのび育ってくれました」(克次さん)。平良が中学時代に在籍した八重山ポニーズの前田監督が言う。

「少年野球時代から周囲に凄い子がいると言われ続けていた。その影響か、最初は苦労しましたよ。入団当初は捕手だったんですが、パスボールをしても自分でボールを取りに行かない。言葉にはしませんが、『あれは投手の暴投』と表情に出ていた。『それは違う、そうじゃない』と言い続けて、直すのに苦労しました(笑い)。でも、言われたことはしっかりやる子でしたからね。きちんと言えばわかってくれました。あと、印象的だったのが3時のおやつの時間ですね」

八重山ポニーズは「選手に体力をつける」という目的で、週末の練習の3時になると父母会が卵かけご飯を用意する。「大きなドンブリで、マンガに出てくるような山盛りです。食べきれずに残す子も多いのですが、平良はおかわりまでしていた」(前田監督)。自宅でも「毎日、大きなドンブリでおかわりをしていた。好き嫌いはなく、何でも食べていた」(克次さん)という、大食漢だ。

島育ちということもあり、趣味は海釣り。「ゲームなどには興味がなく、何が欲しい? と聞くと必ず『釣り竿!』でした。小遣いも釣り用具につぎ込んでいました。熱中するあまり、夜中まで帰ってこないこともあった。釣った魚? ほとんど自分で食べていましたよ」(克次さん)

平良が入団する西武の本拠地は埼玉県。当然、海はなく、本人もツイッターで「釣りができなくて残念」と嘆いていた。指名した西武が将来、「大物を釣り上げた」と欣喜雀躍するくらい、活躍してほしいものだ。



下は2017ドラフトで西武が指名した選手です。4位指名・平良君のスカウト評はこちら

西武の2017ドラフト指名選手
×田嶋 大樹  
1位斉藤 大将明治大投手
2位西川 愛也 花咲徳栄高外野手
3位伊藤 翔四国IL・徳島投手
4位平良 海馬 八重山商工高投手
5位与座 海人岐阜経済大投手
6位綱島 龍生糸魚川白嶺高内野手
育1高木 渉真颯館高外野手
育2斉藤 誠人北海道教育大捕手


draftkaigi at 07:50|この記事のURL

ドラフトニュース検索