ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる
西武

西武の2021ドラフト1位予想

2021年09月18日

週刊ベースボール9月27日号「12球団ドラフト1位はこの選手だ」より
昨年のドラフトでは支配下指名7人中、5人が野手だっただけに最上位では投手を取りたい。今季もチーム防御率がリーグ最下位と投手は弱点のまま。

甲子園で評価を高めた明桜高・風間球打(動画)、最速154キロ右腕の高知高・森木大智(動画)やゲームメーク能力の高い市和歌山高・小園健太(動画)ら将来のエースとなりうる魅力的な素材は1位候補に入ってくるだろう。

また、投手の中でも特に深刻なのは左腕不足。今季は9月9日現在、左投手は計2勝のみで、一昨年、昨年の大卒、社会人卒のドラフト2位左腕・浜屋将太、佐々木健も伸び悩んでいる。即戦力左腕の獲得は必須だ。

特に評価の高い西日本工大・隅田知一郎(動画)筑波大・佐藤隼輔(動画)にも狙いを定めたい。さらに若手捕手も乏しいだけに、市和歌山高・松川虎生(動画)らも喉から手が出るほど欲しい人材だ。



2021高校生のドラフト候補まとめ

2021大学生のドラフト候補まとめ

2021社会人のドラフト候補まとめ


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

鵜飼航丞(駒大)、西武「パンチある打者」

2021年09月14日

9/14、サンケイスポーツ5面より 

鵜飼航丞(駒沢大・外野手)
182cm・右投右打・動画

プロ注目の4番・鵜飼(動画)が1点リードの四回無死三塁で中堅左に豪快2ラン。身長182センチ、体重100キロの主砲は「犠牲フライでいいところで、中大の古賀捕手が早めにインコースを攻めてくるというのが頭にあって、強振しなくていけた。完璧だった」と自画自賛した。

国内全球団のスカウトが視察し、西武・潮崎ディレクターは「パンチはある。外野手が追うのを諦めていた」と評価した。

(9月13日 東都大学野球 駒沢大 7―1 中央大)



鵜飼君のスカウト評はこちら

鵜飼君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 06:58|この記事のURL

赤星優志(日大)、西武・巨人が投球術を高評価

日刊スポーツwebsiteより (source)

赤星優志(日本大・投手)
175cm・右投右打・動画

123球目、最後の打者を右邪飛に打ち取り4安打完封を果たしても、日大・赤星優志投手(動画)は表情を変えなかった。「投げ終わって、ホッとしました」と、瞬間の心境を打ち明けた。今春2部優勝し、入れ替え戦を制した。チームに17年秋以来4年ぶりの1部白星をもたらした。

ピンチでも動じず、粘り腰を発揮した。今春1部優勝の国学院大を相手に、2回、3回、4回、8回と得点圏に走者を背負ったが、あと1本を許さない。3回には、2死二塁で今春MVPの山本ダンテを得意のカットボールで空振り三振。すると、直後に味方が1点を先制。自らの腕で流れを呼び込んだ。

最速は152キロを誇るが「ランナーを出しても、持ち味である低めの変化球を意識しています。力じゃなく、コントロールで勝負するように」と話す。

下級生のころは、三振狙いの気持ちが先に出た。だが、甘く入ると打たれてしまう。「初球から変化球をコースに投げれば、相手は打ちづらい。打たせて取ろう」と意識を変えたことで、一皮むけた。

東都開幕戦に、12球団のスカウトが集まった。既にプロ志望届を提出した赤星だが「チームとしても、個人としても、優勝を目指しています。試合に集中できました」と浮つくことはなかった。

初めて生で視察したという西武・渡辺GMが「いろんな球を使って抑えられる。投球を知っている印象を受けた」と評価すれば、巨人・水野スカウト部参与も「常に冷静。投球術を知っており、ゲームメークできる」と話した。

(9月13日 東都大学野球 日大 3-0 国学院大)



赤星君のスカウト評はこちら

赤星君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 06:51|この記事のURL

佐藤隼輔(筑波大)に12球団、西武・ロッテの声

2021年09月12日

スポニチwebsiteより (source)

佐藤隼輔(筑波大・投手)
181cm・左投左打・動画

首都大学リーグに所属する筑波大のエース左腕・佐藤隼輔投手(動画)は11日、東海大との秋季リーグ開幕戦に先発し、3回1/3を3安打無失点。12球団21人のスカウトの前で5三振を奪ったが、4回途中で負傷降板し、川村卓監督は「右腹部の筋肉の肉離れじゃないかと思います」と説明した。

~以下、佐藤のスカウト評のみ抜粋~

▼西武・渡辺GM
「左投手でバランス良く投げることができる。150キロ以上のボールもあり、上位で(指名が)来る」

▼ロッテ・榎アマチーフスカウト
「丁寧に投げている。序盤は外角中心で後半は内角を使って、投球の幅が広い。(右打者に)クロスに入ってくるボールが良かった」


(9月11日 首都大学野球 東海大1―1筑波大)



佐藤君のスカウト評はこちら

佐藤君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:05|この記事のURL

鈴木勇斗(創価大)、西武・楽天の声

2021年09月05日

日刊スポーツwebsiteより (source)

鈴木勇斗(創価大・投手)
173cm・左投左打・動画

今秋ドラフト候補の最速152キロ左腕、創価大・鈴木勇斗投手(動画)が、初戦で1失点完投勝利を挙げた。雨が降り続き足元が悪い中だったが、NPB10球団21人のスカウトの前で被安打4の1失点、11奪三振を挙げた。

~以下、鈴木のスカウト評のみ抜粋~

▼西武・潮崎編成グループディレクター
「春よりも球速が上がっていて、ウワサ通りの投手という印象。マウンドに上がると、そんなに小さく見えない。コントロールもよく、魅力のある選手」

▼楽天・後関スカウト部部長
「コントロールが安定していた。要所要所で、いいコースに投げていた。安定感がある。現場は使いやすい投手のタイプ。戦力になる可能性は十分ある」


(9月4日 東京新大学野球 創価大 2―1 東京国際大)



鈴木君のスカウト評はこちら

鈴木君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 06:45|この記事のURL


ドラフトニュース検索