ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
西武

平内龍太(亜大)に12球団、西武・ヤクルト高評価

2020年09月23日

9/23、サンケイスポーツ5面より 

平内龍太(亜細亜大・投手)
186cm・右投右打・動画

1年半ぶりの神宮で躍動した。七回から登板した亜大・平内(動画)は2回1/3を2安打1失点。九回1死満塁で変化球を引っかけ、サヨナラの押し出し死球を与えたが、スカウト陣の評価はむしろ上がった。「8月から本格的に練習を再開して、違和感なく神宮のマウンドに立てた。ボール自体は悪くなかったと思う」。

平内はコロナ禍で試合がなくなった3月に右肘のクリーニング手術を受けた。患部の回復は順調で今月9日のオープン戦で自己最速の154キロをマーク。この日も150キロ台を連発し、最速153キロの直球を軸に、3三振を奪った。

新型コロナの影響で東都大学野球は春季リーグが中止となった。秋は2回戦総当たりで、感染防止策として観客数も上限3000人となっている。待ちに待った開幕戦には、2974人の観衆が来場。東洋大・村上や中大・牧、五十幡らドラフト候補が続々と出場し、バックネット裏には国内全12球団のスカウトが陣取った。

186センチ、90キロの平内は母・恵三さんの兄が、ダイエー時代に本格派右腕として通算28勝を挙げたソフトバンク・永井編成育成本部長。

良血の右腕に西武・渡辺GMは「初めて見たけど、真っすぐとフォークがいい。佐々木(主浩)タイプかな」と日米通算381セーブの魔神の姿を重ね合わせ、ヤクルト・小川GMは「短いイニングはわかっているので、先発で見たい」と期待を込めた。

平内は今後、プロ志望届を提出する予定。亜大・生田監督は「けが明けで、まずまず。だんだん先発できるようになると思っている」と起用プランも明かした。ドラフト会議は10月26日。『戦国東都』で好投手が最後の猛アピールを開始した。

(9月22日 東都大学野球 立正大 3-2 亜大)



平内君のスカウト評はこちら

平内君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:07|この記事のURL

入江大生(明治大)、西武「上位候補の力持っている」

2020年09月11日

スポニチwebsiteより (source)

入江大生(明治大・投手)
187cm・右投右打・動画

今秋のドラフト1位候補で明大のエース右腕・入江大生投手(動画)が中大とのオープン戦に先発した。最速152キロ右腕は初回に直球の制球に苦しみ、押し出しの四球を与えて先制を許したものの、2回以降はストライク先行の投球で7回を3失点にまとめた。

150キロ以上は7度計測し、最速は151キロだった。威力抜群の直球と切れ味鋭いスライダーを軸に6三振を奪った。スタンドで視察した西武・渡辺GMは「真っすぐに力強さがあった。バランスが良く、先発としてゲームが作れそうな投手。上位候補になる力を持っている」と評した。

(9月10日 オープン戦 中央大 4―2 明治大)



入江君のスカウト評はこちら

入江君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:01|この記事のURL

佐藤輝明(近畿大)に7球団、西武「スケール大きい」

2020年09月07日

スポーツ報知websiteより (source)

佐藤輝明(近畿大・三塁手)
186cm・右投左打・動画

巨人の今秋ドラフト1位候補に浮上した近大の佐藤輝明三塁手(動画)は、7球団11人のスカウトが視察した中で4打数無安打に終わった。初回無死一、三塁で空振り三振、6回無死一、二塁では三飛に倒れた。2回に死球で出塁したものの、4打数無安打2三振に終わった。

2試合で計8打数1安打に「力が入っているというか、うまくいっていない。帰ってから反省して、来週までには修正したい」と、12日からの関学大戦へ気持ちを切り替えた。

西武・渡辺GMは「外野(手として)で見ているところも多いみたいだけど、意外と内野は守れる。ユーティリティーな選手という目で彼を見たくない。彼はどこか1つのポジション(に固定)で、クリーンアップを打つような選手として見たい。それぐらいスケールは大きい」と、評価していた。

(9月6日 関西学生野球 近大 5―3 同大)



佐藤君のスカウト評は
こちら

佐藤君のバッティング動画はこちら



draftkaigi at 07:02|この記事のURL

山下(福岡大大濠)、西武・日ハムなど6球団の声

2020年08月31日

8/31、スポーツニッポン6面より 

山下舜平大(福岡大大濠高・投手)
188cm・右投右打・動画

プロ志望高校生合同練習会」は30日、西日本会場の甲子園で2日目が行われ、最速153キロを誇るドラフト1位候補の福岡大大濠・山下舜平大投手(動画)がシート打撃に登板。打者5人を相手に3三振を奪い、最速は150キロを計測した。甲子園に一度も出場できなかった大型右腕が初めて聖地のマウンドを踏み、プロ入りへ猛アピールした。

▼ヤクルト・小川GM
「スピードもしっかり出ていたし、これからやるべきことはあるが素材的には申し分ない」

▼巨人・水野巡回投手コーチ
「抜群の切れ、スピードがある。昨日の遠投も素晴らしかった。まだまだ伸びしろがありそう」

▼阪神・畑山統括スカウト
「上位候補、1位候補に値するぐらいの形を見せてくれた。自分のアピールしたいところを考えて投げていた」

▼中日・中田アマスカウトアドバイザー
「(ドラフト1位の)12人に入るだけのものはある。持っているものは抜群」

▼西武・渡辺GM
「あれだけのボールが投げられれば十分。あとは体ができてくれば。(中森、高橋らとともに)今年の1位、上位候補になる」

▼日本ハム・大渕スカウト部長
「大人数の中で見ると改めて彼のスケール感がよく分かった。(福岡県大会は人数制限があり)複数のスカウトで見られたのは大きい」




山下君のスカウト評はこちら

山下君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:04|この記事のURL

プロ志望高校生練習会、西武・中日の声

2020年08月30日

8/30、サンケイスポーツ5面より 
コロナ禍でアピールの場が激減した、プロ野球を目指す高校3年生を対象とした「プロ志望高校生合同練習会」第1日が29日、西日本会場の甲子園球場で行われ、77人の選手が参加。フリー打撃で中京大中京・中山礼都内野手が12球団83人のスカウトの前でヒット性の当たりを連発し、アピールした。

甲子園では第2日のきょう30日にシート打撃などが行われる。9月5、6日は東京ドームに舞台を移し、ドラフト会議は10月26日に開催される。

▼西武・渡辺GM
「今年はコロナで移動が厳しい中だったのでありがたい。リストアップしている選手をチェックする場。見られていない選手で、『おっ、面白いな』という選手もいる」

▼中日・中田アマスカウトアドバイザー
「大阪桐蔭の西野や中京大中京の中山といった、遠くに飛ばすことができる選手は力んでいた印象。打者は試合よりも、今日のような打撃練習をしてくれる日が一番わかりやすい。相手投手や四球にも左右されないので」




2020高校生のドラフト候補はこちら

2020大学生のドラフト候補はこちら

2020社会人のドラフト候補はこちら




draftkaigi at 09:17|この記事のURL


ドラフトニュース検索