ドラフト会議
情報局
2018ドラフト
高校生の候補
2018ドラフト
大学生の候補
2018ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
12球団情報
まとめ
ホームに
もどる
西武

西武ドラ5・与座海人、制球力と球のキレは即戦力

2017年11月24日

琉球新報websiteより (source)

2017西武ドラフト5位 与座海人
岐阜経済大・投手・動画

プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)で、埼玉西武ライオンズからドラフト5位で指名された岐阜経済大4年の與座海人(動画)が22日、入団交渉に臨み、合意した。契約金や年俸は非公開。背番号は12月7日の入団発表会見で披露される。

同日、岐阜県の大垣フォーラムホテルで、埼玉西武ライオンズの安達俊也育成・アマチュア担当と会見を開いた與座は「1年目から期待に応えられるような投球をしたい」と抱負を述べた。

與座は右の下手投げ。最速132キロの直球とスライダー、シンカーなどを織り交ぜる投球が持ち味だ。緩急をつけ、コースを丁寧につく。取材陣から対戦したい選手を聞かれると、與座は日本ハムからドラフト1位指名された東京・早稲田実業高の清宮幸太郎の名前を挙げ「自分の持っているものを出して打ち取りたい」と意欲を見せた。

安達育成・アマチュア担当は與座について「抜群のコントロールと球のキレはプロでも通用すると思う。辻発彦監督からも『先発、中継ぎとしてフル回転し1軍でライオンズのために活躍してほしい』とメッセージがあった」と期待を寄せた。

会見に同席した岐阜経済大学野球部の小森茂監督は「じっくり体をつくって長く選手生活を送ってほしい。日本球界を代表するアンダースロー投手になって、日の丸をつけて国際大会に出てほしい」と語った。どのような選手になりたいか尋ねられた與座は「どこのポジションでも与えられた場所で自分の仕事をして、勝てる投手になりたい。沖縄の人の応援してくれる思いも背負って頑張りたい」と拳を握った。



下は2017ドラフトで西武が指名した選手です。5位指名・与座君のスカウト評はこちら

西武の2017ドラフト指名選手
×田嶋 大樹  
1位斉藤 大将明治大投手
2位西川 愛也 花咲徳栄高外野手
3位伊藤 翔四国IL・徳島投手
4位平良 海馬 八重山商工高投手
5位与座 海人岐阜経済大投手
6位綱島 龍生糸魚川白嶺高内野手
育1高木 渉真颯館高外野手
育2斉藤 誠人北海道教育大捕手


2017ドラフト、12球団の指名選手と交渉状況まとめはこちら

draftkaigi at 07:00|この記事のURL

西武ドラ3・伊藤翔、抜群の投球センスが決め手

2017年11月20日

11/20、読売新聞websiteより (source)

2017西武ドラフト3位 伊藤翔
徳島インディゴソックス・投手・動画

プロ野球ドラフト会議で西武から3位指名を受けた、四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックスの伊藤翔投手(動画)が19日、球団と仮契約を結んだ。契約金4500万円、年俸650万円(いずれも推定)。

徳島市内のホテルで記者会見した伊藤投手は「いよいよプロになるという意識が高まった。開幕一軍を目指し、調整を進めたい」と意気込みを語った。ファンには「温かい声援のおかげで成長でき、プロ入りを果たせた。活躍して恩返しがしたい」と感謝を込めた。

球団本部編成部の鈴木敬洋氏は「抜群の投球センスと、勝負強さが決め手。先発エースとして活躍する力がある」と話した。背番号は、12月上旬に埼玉県で行われる入団会見で発表される予定。



下は2017ドラフトで西武が指名した選手です。

西武の2017ドラフト指名選手
×田嶋 大樹  
1位斉藤 大将明治大投手
2位西川 愛也 花咲徳栄高外野手
3位伊藤 翔四国IL・徳島投手
4位平良 海馬 八重山商工高投手
5位与座 海人岐阜経済大投手
6位綱島 龍生糸魚川白嶺高内野手
育1高木 渉真颯館高外野手
育2斉藤 誠人北海道教育大捕手


2017ドラフト、12球団の指名選手と交渉状況まとめはこちら

draftkaigi at 10:40|この記事のURL

西武ドラ1・斉藤大将、「新人王狙っていきたい」

11/20、スポーツ報知4面より 

2017西武ドラフト1位 斉藤大将
明治大・投手・動画

西武のドラフト1位、明大・斉藤大将投手(動画)が19日、雄星スタイルの継承を誓った。都内のホテルで入団交渉に臨み、契約金1億円、年俸1500万(推定)で合意。

今季16勝で最多勝に輝いた菊池の雄たけびを上げながら力投するスタイルを目標に掲げ、「気持ちで押さなきゃいけない部分もある。気持ちを出す場所は出して、淡々といくところは淡々と。切り替えをできるように。(新人王も)狙っていきたい」と意気込んだ。

最速146キロ、スライダー、チェンジアップなどの多彩な変化球が武器の左腕は、冷静な投球術で大学日本代表にも選出された。だが、プロの世界で今のまま通用するとは思っていない。「もう少し気持ちを出していければ」とモデルチェンジも視野に入れた。

東京六大学でしのぎをけずった楽天2位の岩見に対しては「対戦できたらうれしいけど、勝負になったら自分のやるべきことをやる」と勝負師の一面ものぞかせた。「先発として勝ち星を挙げることが一番大事」。自覚を胸に、プロ1年目から大暴れする。



下は2017ドラフトで西武が指名した選手です。1位指名・斉藤君のスカウト評はこちら

西武の2017ドラフト指名選手
×田嶋 大樹  
1位斉藤 大将明治大投手
2位西川 愛也 花咲徳栄高外野手
3位伊藤 翔四国IL・徳島投手
4位平良 海馬 八重山商工高投手
5位与座 海人岐阜経済大投手
6位綱島 龍生糸魚川白嶺高内野手
育1高木 渉真颯館高外野手
育2斉藤 誠人北海道教育大捕手


2017ドラフト、12球団の指名選手と交渉状況まとめはこちら

draftkaigi at 09:18|この記事のURL

西武育成1位・高木渉、課題は内角のさばき

2017年11月18日

11/18、西日本スポーツ2面より

2017西武(育成)1位 高木渉
真颯館高・外野手兼投手・動画

西武から育成ドラフト1位で指名された真颯館高・高木渉外野手(動画)が17日、北九州市のホテルで入団交渉に臨み、契約が合意に達した。交渉には高木の父一彦さんと母亜紀さん、西武の高山久編成部育成・アマチュア担当が同席。高木は「あらためて実感が湧いてきた。身が引き締まる思い」とグッとあごを引いた。

育成選手ということもあるかもしれない。抱負は控えめだが、足元を見つめている。16日に日本ハムと仮契約を済ませた清宮について報道陣から質問された直後の返答が「彼は彼。俺は俺。他人のことを考えても仕方がない」だった。

課題は分かっている。「インコースが苦手なので」と今は内角のさばきに重点を置く。高校での練習でも一球一球に集中。体力アップとともに早期の支配下登録に向け、プロとしてのスタートに万全を期す。



下は2017ドラフトで西武が指名した選手です。育成1位指名・高木君のスカウト評はこちら

西武の2017ドラフト指名選手
×田嶋 大樹  
1位斉藤 大将明治大投手
2位西川 愛也 花咲徳栄高外野手
3位伊藤 翔四国IL・徳島投手
4位平良 海馬 八重山商工高投手
5位与座 海人岐阜経済大投手
6位綱島 龍生糸魚川白嶺高内野手
育1高木 渉真颯館高外野手
育2斉藤 誠人北海道教育大捕手


draftkaigi at 07:03|この記事のURL

西武ドラ4・平良海馬、将来的には西武のエースに

2017年11月17日

沖縄タイムスwebsiteより (source)

2017西武ドラフト4位 平良海馬
八重山商工高・投手兼外野手・動画

プロ野球・埼玉西武ライオンズからドラフト4位指名を受けた八重山商工高の平良海馬投手(動画)が16日、石垣市内のホテルで契約金4000万円、年俸600万円(いずれも推定)で同球団と仮契約を結んだ。背番号は12月に所沢市内で予定されている入団発表で発表される。

平良投手は「早く1軍で活躍する選手になりたい」と決意を述べた。同席した渡辺久信シニアディレクター兼編成部長は「将来的にはライオンズのエースとして、チームに貢献できる選手になってほしい」と期待を込めた。



下は2017ドラフトで西武が指名した選手です。4位指名・平良君のスカウト評はこちら

西武の2017ドラフト指名選手
×田嶋 大樹  
1位斉藤 大将明治大投手
2位西川 愛也 花咲徳栄高外野手
3位伊藤 翔四国IL・徳島投手
4位平良 海馬 八重山商工高投手
5位与座 海人岐阜経済大投手
6位綱島 龍生糸魚川白嶺高内野手
育1高木 渉真颯館高外野手
育2斉藤 誠人北海道教育大捕手


draftkaigi at 07:05|この記事のURL

ドラフトニュース検索