ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる
西武

西武育成2位・斉藤誠人、伸びしろあり期待

2017年11月14日

スポーツ報知websiteより (source)

2017西武(育成)2位 斉藤誠人
北海道教育大岩見沢校・捕手・動画

西武から育成2位指名を受けた北海道教育大岩見沢校・斉藤誠人捕手が13日、北海道・岩見沢市内の同校で水沢英樹担当スカウトらから指名あいさつを受けた。辻発彦監督のサイン色紙を手渡され、「やっと実感が湧いてきた。ケガをしない体作りをしてキャンプインしたい」と決意表明。

1年目からの支配下登録を目標に掲げ、「全てにおいてレベルアップが必要。プロ全選手の特徴を覚えたい」と抱負を口にした。国公立大の選手としては、北海道では初の指名選手となった。もともと中学教員を志して同大に進学し、「スポーツの楽しさを伝えたかった」と保健体育の教員免許を取得した。

入学当初は「ハンドボール部やバスケ部に入ろうか迷っていた」と、野球は高校までで辞めるつもりだったが、同期の誘いがあり入部。家庭教師のアルバイトや知的障害者との地域活動と両立しながら、プロへの道を切り開いた。

最大の武器は、遠投110メートル、本塁から二塁送球が1秒75の強肩。憧れの選手はカージナルスでプレーするモリーナで、「練習でやってみたら意外と良かった」と、座ったままの送球が得意技だ。1部でのプレー経験はないが、同席した水沢スカウトは「フットワークが良く、打も足もある。伸びしろがあり期待している」と無限大の将来性に期待感を示した。

同期となる捕手には、野球のエリート街道を歩んできた森友哉らがいるが、「追い付いて、超さないといけない」と斉藤。北海道版国公立の星が、プロの世界に全力で挑んで行く。



下は2017ドラフトで西武が指名した選手です。

西武の2017ドラフト指名選手
×田嶋 大樹  
1位斉藤 大将明治大投手
2位西川 愛也 花咲徳栄高外野手
3位伊藤 翔四国IL・徳島投手
4位平良 海馬 八重山商工高投手
5位与座 海人岐阜経済大投手
6位綱島 龍生糸魚川白嶺高内野手
育1高木 渉真颯館高外野手
育2斉藤 誠人北海道教育大捕手


2017ドラフト、12球団の指名選手と交渉状況まとめはこちら

draftkaigi at 13:00|この記事のURL

西武ドラ3・伊藤翔、安定したピッチング評価

2017年11月10日

11/10、読売新聞websiteより (source)

2017西武ドラフト3位 伊藤翔
徳島インディゴソックス・投手・動画

プロ野球のドラフト会議で、埼玉西武ライオンズから3位指名された四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックスの伊藤翔投手(動画)が9日、西武から指名のあいさつを受けた。球団本部編成部の鈴木敬洋氏らが、徳島の事務所がある、とくぎんトモニプラザで伊藤投手と約30分間面会。その際、西武の辻監督直筆の色紙などが贈られたという。

終了後、報道陣の取材に応じた鈴木氏は、伊藤投手について「安定したピッチングから精神的なタフさを感じた」と評価。「しっかりとトレーニングを積めば、早い段階で先発の一角を担える」と期待感を示した。伊藤投手は「独立リーグで磨いた技術がどこまで通用するか楽しみ。一日も早く一軍のマウンドに立ちたい」と力を込めた。



下は2017ドラフトで西武が指名した選手です。

西武の2017ドラフト指名選手
×田嶋 大樹  
1位斉藤 大将明治大投手
2位西川 愛也 花咲徳栄高外野手
3位伊藤 翔四国IL・徳島投手
4位平良 海馬 八重山商工高投手
5位与座 海人岐阜経済大投手
6位綱島 龍生糸魚川白嶺高内野手
育1高木 渉真颯館高外野手
育2斉藤 誠人北海道教育大捕手


2017ドラフト、12球団の指名選手と交渉状況まとめはこちら

draftkaigi at 07:08|この記事のURL

西武ドラ6・綱島龍生、身体能力飛び抜けている

2017年11月08日

新潟日報websiteより (source)

2017西武ドラフト6位 綱島 龍生
糸魚川白嶺高・遊撃手・動画

糸魚川白嶺高の綱島龍生内野手(動画)をドラフト6位で指名した西武の鈴木葉留彦球団本部長と鈴木敬洋球団本部編成部育成アマチュア担当が7日、指名あいさつのため同校を訪れた。綱島は「走攻守そろった選手になりたい」と意気込んだ。

綱島は丸山卓真監督らの立ち会いで面会した。鈴木敬育成アマチュア担当は「身体能力、バネが飛び抜けている」と指名理由を説明。「ライオンズの顔になる選手だと期待している」と将来性を口にした。

面会後、報道陣の取材に応じた綱島は、硬い表情ながらも「やっとプロになるんだという実感が湧いてきた」と目を輝かせた。目標とする選手に西武の秋山翔吾選手を挙げ、「走攻守三拍子そろった選手になりたい」と活躍を誓った。

鈴木敬育成アマチュア担当は「まだまだ未熟な選手だが、鍛えれば伸びしろはすごい。キャンプを通して振り込んで、6位からはい上がってほしい」とエールを送った。今後、入団に向けた交渉を進め、12月上旬に予定される入団発表会見に臨む。



下は2017ドラフトで西武が指名した選手です。6指名・綱島君のスカウト評はこちら

西武の2017ドラフト指名選手
×田嶋 大樹  
1位斉藤 大将明治大投手
2位西川 愛也 花咲徳栄高外野手
3位伊藤 翔四国IL・徳島投手
4位平良 海馬 八重山商工高投手
5位与座 海人岐阜経済大投手
6位綱島 龍生糸魚川白嶺高内野手
育1高木 渉真颯館高外野手
育2斉藤 誠人北海道教育大捕手


2017ドラフト、12球団の指名選手と交渉状況まとめはこちら

draftkaigi at 08:50|この記事のURL

西武ドラ2・西川愛也、2位じゃないと取れないと思った

日刊スポーツwebsiteより (source)

2017西武ドラフト2位 西川 愛也
花咲徳栄高・外野手・動画

俊足強打が売りの西武ドラフト2位、花咲徳栄・西川愛也外野手(動画)が7日、埼玉・加須市の同校で指名あいさつを受けた。西川は渡辺SDらと対面後、報道陣に対応。「これから野球が職業となっていくんで、野球選手としてもそうですけど、社会人としての覚悟が芽生えてきました」と精悍な表情で話した。

渡辺SDは「ずっと高い評価をしていた。2位じゃないと取れないと思ったので2位。絶対ほしい選手だったので」と指名順位について説明。その上で「名前が同じですけど、どんなタイプかというと日本ハムの西川でしょうね。ウチのスカウトに聞くとハムの西川の高校時代に似ているそうで。ああいう選手になってくれたらいい。バッティングが良いし、走れる。(打順は)3番とか1番、そんな感じになってくれると思います」と期待した。



下は2017ドラフトで西武が指名した選手です。2位指名・西川君のスカウト評はこちら

西武の2017ドラフト指名選手
×田嶋 大樹  
1位斉藤 大将明治大投手
2位西川 愛也 花咲徳栄高外野手
3位伊藤 翔四国IL・徳島投手
4位平良 海馬 八重山商工高投手
5位与座 海人岐阜経済大投手
6位綱島 龍生糸魚川白嶺高内野手
育1高木 渉真颯館高外野手
育2斉藤 誠人北海道教育大捕手


2017ドラフト、12球団の指名選手と交渉状況まとめはこちら

draftkaigi at 07:01|この記事のURL

西武ドラ1・斉藤大将、新人王を狙える!

2017年11月06日

11/6、サンケイスポーツ5面より 

2017西武ドラフト1位 斉藤 大将
明治大・投手・動画

西武・渡辺久信シニアディレクター(SD)兼編成部長らが5日、東京・府中市の明大野球部合宿所でドラフト1位指名の斉藤大将投手(動画)に指名あいさつを行った。同SDは「左の先発として即戦力の評価」と指名理由を説明。斉藤は緊張した表情ながら、左打者封じを誓った。

東京六大学で通算11勝、変則のスリークオーターから最速146キロを投げ込む左腕への期待は大きい。渡辺SDは、目を輝かせながら斉藤にあいさつした。「腕の高さは違うが、細身で阿波野(秀幸)投手タイプかな、と思う。新人王を意識できるポテンシャルだと思うし、自信を持って、表現してほしい」

亜大時代に3球団が1位指名で競合の末、近鉄に入団し新人王を獲得。プロ通算75勝の左腕(現巨人コーチ)を引き合いに、新人王を狙えとばかりに熱く語った。

斉藤は、西武戦の観戦経験はないが、中学時代(東京・城東ボーイズ)に西武の本拠地(現メットライフ)で投げたことがある。「菊池(雄星)投手の投球は気持ちが前面に出ていると思う。自分は(直球が)速くないし、淡々と投げるのでタイプは違うが、左対左を得意にしたい」と意欲を見せた。

明大としては4年連続“ドラ1投手”誕生へ。西武にとっては菊池に続く、待望の2枚目の先発左腕へ。入団交渉は早ければ20日にも行う予定だ。



下は2017ドラフトで西武が指名した選手です。1位指名・斉藤君のスカウト評はこちら

西武の2017ドラフト指名選手
×田嶋 大樹  
1位斉藤 大将明治大投手
2位西川 愛也 花咲徳栄高外野手
3位伊藤 翔四国IL・徳島投手
4位平良 海馬 八重山商工高投手
5位与座 海人岐阜経済大投手
6位綱島 龍生糸魚川白嶺高内野手
育1高木 渉真颯館高外野手
育2斉藤 誠人北海道教育大捕手


2017ドラフト、12球団の指名選手と交渉状況まとめはこちら

draftkaigi at 07:04|この記事のURL

ドラフトニュース検索