ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる
西武

西武、熊本県の高校生2人に熱視線

2017年07月06日

7/6、デイリースポーツ5面より

村上 宗隆 (九州学院高・捕手)
187cm・右投左打・動画

西武が今秋のドラフトで、熊本の投打の高校生注目株をリストアップしていることが5日、分かった。九州学院の左の強打者・村上宗隆捕手(動画)熊本工の剛腕・山口俊投手(動画)で、いずれも各球団のスカウトが獲得候補として調査を進めている逸材だ。

村上は強肩強打の捕手で高校通算48本塁打。186センチ、96キロの恵まれた体格を生かしたパンチ力が魅力だ。山口は真っすぐが持ち味の右腕。今春の選抜大会に出場し、春季九州大会では、自己最速の149キロを計測した。

西武は球団幹部が2人が出場した試合をチェック済み。9日開幕の熊本大会も調査を継続する方針だ。即戦力の獲得を目指すとともに、将来性豊かな才能の発掘も並行して進める狙いだ。



村上君(九州学院)のスカウト評はこちら

山口君(熊本工業)のスカウト評はこちら


下は九州地区の高校生の主なドラフト候補です。

2017高校生のドラフト候補 <投手>
田中瑛斗(柳ヶ浦) スカウト評
山口翔(熊本工) スカウト評
川端健斗(秀岳館) スカウト評
平良海馬(八重山商工) スカウト評
2017高校生のドラフト候補 <捕手>
古賀悠斗(福岡大大濠) スカウト評
村上宗隆(九州学院) スカウト評

2017高校生のドラフト候補一覧はこちら



draftkaigi at 07:10|この記事のURL

源田壮亮をドラフト3位指名した西武スカウトの眼力

2017年06月24日

東京スポーツwebsiteより (source)

2016西武ドラフト3位 源田壮亮
トヨタ自動車・遊撃手・動画

昨季は借金12で4位と低迷した西武が、交流戦を10勝7敗1分けで終えて、貯金9でパ・リーグ3位と大健闘している。好調の要因の一つとして挙げられているのが、ルーキーながら正遊撃手として定着した源田壮亮内野手(動画)の存在だ。12球団の新入団全41野手の中で唯一、開幕から全63試合でスタメン出場。打率.278、2本塁打、23打点、リーグ2位の18盗塁と成績も堂々たるものだ。

昨秋のドラフトでは、内野手だと阪神・大山、巨人・吉川尚が1位、日本ハムの石井一が2位で指名された。源田は3位まで“残っていた”格好だが、評価が低かったワケではない。西武の前田俊郎編成部育成アマ担当部長が明かす。

「昨年のチーム状況(シーズン101失策、正遊撃手不在)がなくても源田は獲りにいっていました。他のショートがいなかったからではなく、ウチは最初から源田が欲しかった。そのために2年前から担当(スカウト)もつけていた。吉川君、京田君よりウチの中での評価は高かったし、その2人は1位、2位でしか獲れない選手。ウチはその上で(源田を)3位で獲りたかった」

西武では故根本陸夫元管理部長時代から、特A級でない限りドラフトの上位2枠を投手に使うのが伝統。言うなれば、野手でナンバーワン評価していた源田を狙い通りの3位で獲得できたのは“眼力”のなせる業だったというわけ。

前田部長は「守りと足は確かで間違いのない即戦力評価。打つほうはプロに入ってからでも何とかなると思っていたけど、こんなに早く結果が出るとは思っていなかった」と笑顔を見せる。社会人時代は9番を打っていたこともあり、他球団からの評価はそれほど高くなかった。野手の世代交代が遅々として進まないチームは、西武のドラフト戦略を見習うべきかもしれない。




下は2016ドラフトで西武が指名した選手です。3位・源田君のスカウト評はこちら

西武の2016ドラフト指名選手
1位今井 達也作新学院高 投手
2位中塚 駿太白鴎大 投手
3位源田 壮亮トヨタ自動車 内野手
4位鈴木 将平静岡高 外野手
5位平井 克典ホンダ鈴鹿 投手
6位田村 伊知郎立教大 投手



draftkaigi at 17:08|この記事のURL

平良海馬(八重山商工)に11球団、西武・楽天が評価

2017年06月19日

6/19、スポーツ報知5面より

平良 海馬 (八重山商工高・投手兼外野手)
173cm・右投左打・動画

全国で最初に始まった大会の初日で終わってしまった最後の夏。それでも152キロ右腕・平良(動画)に涙はない。宮古工との連合チームで出場した春季大会から、今度は1年生を加えた17人の単独チームで戦った9イニングに「このチームになって一番いい試合だった」と胸を張った。

4回にこの日最速の151キロがスコアボードに表示されると、古豪・首里の応援が大半を占めるスタンドがどよめいた。5回に暴投で決勝の1点を失ったが、8回9奪三振に「悔いのない投球ができました」。バットでも4回に痛烈な右前打。

さらにネット裏に集結した11球団のスカウトをうならせたのがフィールディング能力だ。三塁線のバント処理から一塁へのノーステップ送球や、逆シングルでゴロをさばき、体勢を崩しながら本塁にスナップスローをするなど、いかつい体形に似合わぬ軽快な動き。

「バランスがいい」(西武・渡辺シニアディレクター)、「ああいうところにセンスが出る」(楽天・長島スカウト部長)と絶賛の声が相次いだ。「走者を出しても点を取られない、粘り強い投手を目指す。力を落とさないようにトレーニングを続けます」。三刀流右腕は、プロでの舞台を見据えて力強く言い切った。

(6月18日 沖縄大会1回戦 首里1―0八重山商工)



平良君のスカウト評はこちら


下は高校生の主なドラフト候補(投手)です。

2017高校生のドラフト候補 <投手>
古屋敷匠真(八戸工大一) スカウト評
佐藤隼輔(仙台) スカウト評
石川翔(青藍泰斗) スカウト評
金久保優斗(東海大市原望洋) スカウト評
布川雄大(武南) スカウト評
桜井周斗(日大三) スカウト評
金成麗生(日大三) スカウト評
本田仁海(星槎国際湘南) スカウト評
田中瑛斗(柳ヶ浦) スカウト評
山口翔(熊本工) スカウト評
川端健斗(秀岳館) スカウト評
平良海馬(八重山商工) スカウト評


draftkaigi at 08:27|この記事のURL

金成麗生(日大三)、西武は7人態勢「名前もレオだし」

2017年06月16日

6/16、スポニチwebsiteより (source)

金成 麗生 (日大三高・投手兼一塁手)
193cm・左投左打・動画

日大三のデカプリオこと金成麗生内野手(動画)が星槎国際湘南との練習試合に先発し、5回を1安打、無失点に抑えた。147キロ右腕・本田との投げ合いにプロ11球団38人のスカウトが集結する中で好投した左腕は「死球はあったが四球はなかった。今日は良かった」と笑顔を見せた。

今春東京都大会決勝では清宮率いる早実と延長12回の末に敗れて準優勝。6番手で2/3を1失点だった金成は「早実戦は120%の力を出してしまった。力まず投げることを意識してきた」と言う。「7、8割で投げた」と力みのなくなったフォームから最速149キロの伸びのある直球を投げ、習得中のスプリットも試した。

最多の7人で視察した西武の渡辺久信SDは「スケールがでかい。こういう投手はなかなかいない。名前も“レオ”だし」と熱視線を送った。雪辱を期す夏の西東京大会は7月8日に開幕。勝ち上がれば早実とは決勝で対戦する。「自分らしさを貫いて結果がついてくれば」と静かに闘志を燃やした。

(6月15日 練習試合 日大三9―1星槎国際湘南)



金成君のスカウト評はこちら


下は高校生・投手の主なドラフト候補です。

2017高校生のドラフト候補 <投手>
古屋敷匠真(八戸工大一) スカウト評
佐藤隼輔(仙台) スカウト評
石川翔(青藍泰斗) スカウト評
金久保優斗(東海大市原望洋) スカウト評
布川雄大(武南) スカウト評
桜井周斗(日大三) スカウト評
金成麗生(日大三) スカウト評
本田仁海(星槎国際湘南) スカウト評
田中瑛斗(柳ヶ浦) スカウト評
山口翔(熊本工) スカウト評
川端健斗(秀岳館) スカウト評
平良海馬(八重山商工) スカウト評


draftkaigi at 07:11|この記事のURL

高卒2年目・愛斗(西武)、甲子園の星が1軍昇格

2017年06月15日

6/15、スポーツ報知websiteより (source)

2015西武ドラフト4位 大滝愛斗
花咲徳栄高・外野手・18歳

西武の岡本洋介投手が15日に出場登録を抹消されることが14日、分かった。代わって高卒2年目の愛斗外野手(2015西武4位)がプロ初昇格する。

来週は週の前半に試合がなく、行われるのは23日からのソフトバンク3連戦のみ。先発投手は3人で足りるため、登板機会のない岡本が抹消される。岡本はこの日の阪神戦で5回1/3を2失点で2勝目を挙げており、抹消後も1軍に帯同予定。交流戦終了後に、再び先発ローテーションに戻ることとなりそうだ。

愛斗は2軍で主に中軸を任され、24試合で打率.374、3本塁打とパンチ力のある打撃が魅力。14日のイースタン・リーグ、楽天戦では「3番・右翼」でスタメン出場し、右翼フェンス直撃の2点適時三塁打を放つなど2安打2打点と好調を維持していた。代打での起用が濃厚だが、期待の若手の打撃に注目が集まる。



下は2015ドラフトで西武が指名した選手です。愛斗(大滝愛斗)は4位指名入団。スカウト評はこちら

西武の2015ドラフト指名選手
1位 多和田 真三郎 富士大 投手
2位 川越 誠司 北海学園大 外野手
3位 野田 昇吾 西濃運輸 投手
4位 大滝 愛斗 花咲徳栄高 外野手
5位 南川 忠亮 JR四国 投手
6位 本田 圭佑 東北学院大 投手
7位 呉 念庭 第一工大 内野手
8位 国場 翼 第一工大 投手
9位 藤田 航生 弘前工高 投手
10位 松本 直晃 四国IL香川 投手
プロ入り後の成績


西武の歴代ドラフト指名選手はこちら

draftkaigi at 07:22|この記事のURL

ドラフトニュース検索