ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる
西武

近藤弘樹(岡山商大)、西武「1位12人に入ってくるかも」

2017年06月06日

6/6、スポーツ報知6面より

近藤 弘樹 (岡山商科大・投手)
187cm・右投右打・動画

最後の打者を149キロの直球で見逃し三振に仕留めると、近藤(動画)は小さく跳び上がりながら歓喜の雄たけびを上げた。「緊張で見えない疲れがどんどん出てきて・・・。勝てて良かった」。これまで縁のなかった全国大会での白星に、安どの笑みを浮かべた。

力強いストレートが右腕の持ち味だが、この日は不調から変化球の割合を増やした投球にシフトチェンジ。楽天のスピードガンで自己最速に並ぶ152キロを記録する剛球と、100キロを下回るチェンジアップとの緩急で相手を翻弄した。

春のリーグ戦では先発した全8試合で完投し、7勝1敗でMVPを獲得。本調子ではなかったこの日も最後まで投げきり、エースの存在感を示した。バックネット裏に詰めかけた日米14球団のスカウト陣も、186センチ右腕のピッチングにうなった。

巨人の岡崎スカウト部長は「ピンチの時に力を感じる。まだまだ奥がありそう」と将来性に期待。西武・鈴木球団本部長は「(ドラフト1位の)12人に入ってくる可能性はある」と絶賛するほどの好印象を刻みつけた。

広島出身で、安佐北高時代は2年秋の8強が最高成績と全国的には無名。転機となったのは大学3年の秋。大学日本代表候補に選出され、「全国区の選手と一緒にプレーして、今のままでは追いつけない」と意識が変わった。トラックのタイヤを30メートル引っ張るトレーニングを50~60本も繰り返し鍛えた強靱な下半身が、今季の躍進を生み出した。

「今日の試合が自信になりました。地方でもできるんだぞと示したい」と近藤。下克上Vへ、大器が一歩を踏み出した。

(6月5日 全日本大学選手権1回戦 岡山商科大 4―2 近畿大)





近藤君のピッチング動画はこちら

近藤君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 07:02|この記事のURL

西武ドラ5・平井克典が1軍昇格、先発で起用も

2017年05月23日

5/23、スポーツ報知websiteより (source)

2016西武ドラフト5位 平井克典
ホンダ鈴鹿・投手・動画

西武のドラフト5位右腕・平井克典投手(動画)が、23日の日本ハム戦から1軍に初昇格することが分かった。サイド気味のフォームから内角を突く強気の投球を持ち味に、春季キャンプは1軍スタートも開幕前に降格。2軍では主に先発として9試合に登板し、チームトップの3勝(1敗)、防御率3.19と安定感を発揮していた。

開幕からローテーションを守ってきたウルフが右脇腹の違和感で22日に出場登録を抹消されており、左腕のガルセスとともに28日の楽天戦の先発候補となる可能性もありそうだ。




下は2016ドラフトで西武が指名した選手です。5位・平井君のスカウト評はこちら

西武の2016ドラフト指名選手
1位今井 達也作新学院高 投手
2位中塚 駿太白鴎大 投手
3位源田 壮亮トヨタ自動車 内野手
4位鈴木 将平静岡高 外野手
5位平井 克典ホンダ鈴鹿 投手
6位田村 伊知郎立教大 投手


draftkaigi at 09:38|この記事のURL

清宮幸太郎(早実)95号本塁打、阪神・西武が高評価

5/23、デイリースポーツ4面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

今秋ドラフト1位候補の早実・清宮幸太郎内野手(動画)が、準々決勝の作新学院戦で高校通算95号本塁打を放った。八回に公式戦5戦連発となる推定120メートルの右越えソロ。チームは昨夏甲子園優勝校に敗れて4強入りを逃したが、自身は夏に向けての手応えを口にした。

沈黙したままでは終われない。清宮が最後に魅せた。5点を追う八回1死。内寄りの133キロを捉えた弾道は、あっという間に右翼後方に消えた。敷地内の木に当たらなければ場外弾という完璧な一発。ファンも拍手喝采で迎えた。

3打席目までは凡退。「タイミングが合ってなかった」と、足を上げてからタメを作る右腕に手を焼き、三回は変化球に空振り三振していた。それでも、第4打席で「最後はうまく合わせられた」としっかり修正した。

東京大会準々決勝から公式戦5戦連発の7本塁打。「自分でもビックリ」と話す爆発ぶりで、今大会では全国的な強豪からも快音を重ねた。「自信にもなりましたし、いい投手への対し方が出来上がって来つつある。力むと良くない。いい感じで力を抜いて打てている」と手応えは十分だ。

スカウト陣も賛辞を送るしかない。阪神・畑山チーフスカウトが「背筋が伸びて、内角がさばけるようになった。成長しているよ」と認めれば、西武・鈴木球団本部長は「怪童、和製ベーブルースだな」と舌を巻いた。

この日も初回に4失点。投手陣に課題は残るものの、主砲には「好調を維持できている」と不安はない。100号の大台到達も間近。充実の春を終え、清宮が最後の夏へ向かう。

(5月22日 関東大会準々決勝 作新学院 8―4 早稲田実)




清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:05|この記事のURL

鍬原拓也(中大)に11球団、西武「ドラフト上位に入る」

2017年05月18日

5/18、スポニチwebsiteより (source)

鍬原 拓也 (中央大・投手)
176cm・右投右打・動画

今秋ドラフト候補の中大・鍬原(動画)が8回0/3を2失点に抑えて4勝目を挙げた。初回1死一、三塁で踏ん張り、最速147キロの速球を軸に3回から7回は完全投球。8回に2点を失い、9回先頭に死球を与えて交代した。

「力んだ。最後まで投げきらないと」と悔やみながらも、109球で完投間近まで迫り「打たせて球数を減らすことはできた」と手応え。この日は11球団が視察し、西武の鈴木葉留彦球団本部長は「球が強い。上位に入る」と評価した。

(5月17日 東都大学野球 中央大 3―2 専修大)




鍬原君のピッチング動画はこちら

鍬原君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 07:05|この記事のURL

西武ドラ3・源田壮亮、パ・リーグ新人王の有力候補に

2017年05月15日

5/15、サンケイスポーツ4面より

2016西武ドラフト3位 源田壮亮
トヨタ自動車・遊撃手・動画

西武は14日、オリックス8回戦に6―1で勝利。開幕から5連敗した相手に同一カード3連戦33連勝を飾り、貯金「1」の単独3位に再浮上した。

これで日曜日は6勝1敗。サンデー・ライオンズを牽引したのは「2番・遊撃」で出場したドラフト3位・源田壮亮内野手(動画)だ。3安打2打点で勝利に貢献し「後ろに強力なクリーンアップがいるので、つなごうとだけ考えた」とほほ笑んだ。

三回先頭の第2打席で中前打を放つと、すぐ二盗を決め、リーグトップの盗塁数を9に伸ばした。五回一死三塁では落ちる変化球をすくい上げて中前へ。九回二死二、三塁でも高めの直球を中前へはじき返し、この日2本目の適時打とした。オリックス戦は打率.500、8打点とキラーぶりを発揮している。

昨季まで所属したトヨタ自動車では主に9番を務め、開幕前には「自信があるのは守備。打撃は(走塁に続いて)3番目」と話していた。しかし、球団の新人遊撃手では1981年の石毛宏典以来となる開幕スタメンを勝ち取り、猛打賞(1試合3安打)は早くも今季4度目。打率を.314まで上昇させた。

「本当にいい仕事をしているし、十分」と辻監督。「僕じゃないんじゃないかと思った」と謙虚な源田だが、新人王も期待したくなるほど、走攻守でキラリと光る存在感を放っている。

(5月14日 パ・リーグ 西武 6―1 オリックス)




下は2016ドラフトで西武が指名した選手です。3位・源田君のスカウト評はこちら

西武の2016ドラフト指名選手
1位今井 達也作新学院高 投手
2位中塚 駿太白鴎大 投手
3位源田 壮亮トヨタ自動車 内野手
4位鈴木 将平静岡高 外野手
5位平井 克典ホンダ鈴鹿 投手
6位田村 伊知郎立教大 投手


draftkaigi at 07:23|この記事のURL

ドラフトニュース検索