ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

西武

清宮幸太郎(早実)通算93号、阪神・西武が熱視線

2017年05月14日

5/14、スポーツ報知1面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

復興の願いを込めた清宮(動画)の打球は、「がんばろう! 九州!」と掲げられた横断幕の左上を通過し、右中間の場外で弾んだ。「いい感じで振り抜けた。芯に当たって、よく飛んでくれた。満足できる」。初回無死一、二塁、右投手の真ん中低め直球を捉えた。推定飛距離135メートルの高校通算93号に万感の思いが詰まった。

昨年4月に2度の震度7を観測する熊本地震が発生。同5月に早実、敦賀気比が参加予定だった招待野球は中止となった。清宮にとっては、練習試合や家族旅行でも訪れた思い出の地だ。

「阿蘇山にも、熊本城にも行ったことがある。熊本城も、いろんな校舎も、崩れていた。何も言えない衝撃でした」。震災当時のシーンが 脳裏をよぎった。

12日からの雨が明け方まで続いたが、球場には7日のウエスタン・リーグ、ソフトバンク・広島戦より410人多い観衆3500人が詰めかけた。「1年たって、熊本でできると思っていなかった。こういう場を設けてくれて、感謝している。一発出せたのが、自分の中でもホッとした。来てよかった」と歓声に応えた。

友情応援にも胸を熱くした。第1試合では相手の文徳、第2試合は地元・八代市の秀岳館の控え部員が、一塁側の早実スタンドで声援を送った。「自分たちにない応援ばかり。熊本オリジナルかなというのもあって、楽しい雰囲気だった」。招待試合ならではの温かさに触れた。

観客席には、母・幸世さんの姿もあった。「家族とも2、3回来ている」という熊本で、1日早い母の日のプレゼントを贈った。4月15日の春季東京都大会準々決勝(駒大高戦)から対外試合は16戦14発。「基礎がしっかりした上で、技術が元に戻ってきた。成長できている」とうなずいた。

西武はスカウト3人態勢で視察。阪神・畑山チーフスカウトは「これだけ注目される中で打てる。集中力が高い。もう通算何本打ったか、というレベルじゃない」と目を細めた。関東大会、夏の西東京大会を含め、対外試合は少なくとも20試合ある。高校通算最多とされる神港学園・山本大貴の107本に迫る。

14日は今春センバツまで3季連続甲子園4強の秀岳館と熊本市の藤崎台県営野球場で激突する。「ここに勝たなきゃ、全国制覇は見えない」と清宮。昨夏の熊本大会で各校主将が「感謝」を題字に寄せ書きした旗を背に、決意をにじませた。

(5月13日 RKK招待高校野球大会 早稲田実 16―10 八代)




清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:21|この記事のURL

西武ドラ1・今井達也、甲子園V腕が再び右肩違和感

2017年05月12日

5/12、西日本スポーツ5面より

2016西武ドラフト1位 今井達也
作新学院高・投手・ 動画

西武のドラフト1位、今井達也投手(動画)右肩違和感のため今後の登板予定が白紙となっていることが11日、分かった。プロ2度目の実戦登板だった4月25日のイースタン・ヤクルト戦で先発した後に訴え、5月13日の同・巨人戦での先発予定が消滅した。

2月の春季キャンプ初日に右肩関節唇の炎症を発症したときの箇所とは異なるとみられるが、球団は慎重に状態を見極める方針だ。今井は現在、2軍で別メニュー調整中。投球練習は軽いキャッチボールにとどめた上で、様子を見ている状況という。

2月の炎症後の経過は良好で、4月15日の同・巨人戦で先発して実戦デビュー。MAX149キロ、1回無失点の好投に辻監督も「シーズン後半に戦力になってくれたら」と期待していた。2度目の異変だけに周囲も慎重にならざるを得ず、1軍デビューが遠のくことは確実。昨夏の甲子園V腕が思わぬ壁にぶつかった。




下は2016ドラフトで西武が指名した選手です。1位・今井君のスカウト評はこちら

西武の2016ドラフト指名選手
1位 今井 達也 作新学院高 投手
2位 中塚 駿太 白鴎大 投手
3位 源田 壮亮 トヨタ自動車 内野手
4位 鈴木 将平 静岡高 外野手
5位 平井 克典 ホンダ鈴鹿 投手
6位 田村 伊知郎 立教大 投手


draftkaigi at 07:10|この記事のURL

西武ドラ6・田村伊知郎が1軍昇格、中継ぎ起用有力

2017年05月09日

5/9、サンケイスポーツ6面より

2016西武ドラフト6位 田村伊知郎
立教大・投手・動画

7日に1軍登録された中継ぎ右腕、西武ドラフト6位・田村(動画)が8日、近づくプロ初登板に向け「打者と戦うだけ。しっかりと腕を振って、気持ちが入っているなと思わせたい」と意気込んだ。イースタン・リーグ7試合で計8回を1失点と安定した投球。

西口2軍投手コーチから“伝家の宝刀”スライダーの握りを伝授された22歳が、5月の6試合で計43失点と苦しむ西武投手陣を救う。 




下は2016ドラフトで西武が指名した選手です。6位・田村君のスカウト評はこちら

西武の2016ドラフト指名選手
1位今井 達也作新学院高 投手
2位中塚 駿太白鴎大 投手
3位源田 壮亮トヨタ自動車 内野手
4位鈴木 将平静岡高 外野手
5位平井 克典ホンダ鈴鹿 投手
6位田村 伊知郎立教大 投手


draftkaigi at 07:05|この記事のURL

綱島龍生(糸魚川白嶺)に7球団集結、西武が高評価

2017年05月03日

5/3、日刊スポーツwebsiteより (source)

綱島 龍生 (糸魚川白嶺高・遊撃手)
178cm・右投左打・動画

プロ注目の糸魚川白嶺・綱島龍生遊撃手(動画)が2本の長打を打って、新井に11―3の7回コールド勝ちに貢献した。プロ7球団のスカウトが見守る中、3―0の2回1死一塁で右越えの適時三塁打。5―0の4回1死三塁では、左中間への適時二塁打を放った。

178センチ、71キロの糸魚川白嶺・綱島にはパワーが詰まっていた。2回だ。1ボールからの内角直球を強振。「バットの根っこに当たった」という打球はジャストミートしなくても、右翼手の頭上を越えた。4回の二塁打は低めの直球を逆らわずに左中間へ。「1本でも多くの安打を打って、チームを楽にさせたい」と生真面目に話した。

スタンドで見守った西武・前田俊郎編成部長は「打撃のセンスがある。身体能力も高い。素材としては申し分ない」と評価。持ち味は足と肩。俊足ぶりを発揮したのは5回1死一塁での打席。二ゴロに終わったが、二-遊-一の併殺は免れた。すかさず盗塁して二塁を陥れた。丸山卓真監督は「(綱島の)全力疾走はチームにプラス」と言った。

冬場のウエートトレーニングでパワーをつけた。ベンチプレスは60キロを10回3セットで繰り返した。ティー打撃は「強い振りを意識して2~3箱打った」。そんな冬を乗り越えて、春初戦から2安打3打点。「詰まっても三塁打になったのは、冬にウエートトレーニングを積んだおかげ」と胸を張った。

(5月2日 新潟大会2回戦 糸魚川白嶺 11―3 新井)



綱島君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 12:52|この記事のURL

西武の2017ドラフト補強ポイントチェック

週刊ベースボール 5月15日号より
4月29日現在、チーム防御率2.52は12球団トップの数字を誇っているが、多和田真三郎、高橋光成は未勝利と先発陣は万全の状態であるとは言い難い。黄金時代を再び築くためには先発陣に厚みをもたらす補強は必須だ。

なかでも一軍の先発左腕は菊池雄星のみ。チーム全体を見ても手薄な状況にあるだけに、社会人ナンバー1の呼び声が高いJR東日本・田嶋大樹(動画)など即戦力先発左腕を獲得したところだ。

ここ2年、愛斗、鈴木将平と好素材の外野手を獲得。チームの核となり得る高卒内野手、そして捕手も手に入れたいか。




今週の週刊ベースボールはドラフト特集号です。

西武のドラフト1位指名選手の傾向はこちら



draftkaigi at 07:04|この記事のURL

ドラフトニュース検索