ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
西武

西武ピンチ、主力続々流出で戦力ダウン避けられず

2018年11月21日

11/21、西日本スポーツ2面より
西武は20日、浅村(2008西武3巡目)から渡辺シニアディレクター(SD)に他球団でプレーすることを決めたという連絡が入ったと発表した。渡辺SDは代理人を伴った浅村と19日に再交渉。契約年数の見直しなど条件面を上方修正して残留を要請していたが、引き留められなかった。

チームリーダーで打線の中心の浅村が移籍することになり、このままでは来季の大幅な戦力ダウンが避けられない。今後は海外FA権を行使した炭谷(2005西武1巡目)と近く再交渉する方針だが、16日に初交渉した巨人への移籍が決定的な情勢で、引き留めは難航するとみられる。

既にエース菊池(2009西武1位)のポスティングシステムでのメジャー挑戦を容認。10年ぶりのリーグ優勝を達成した年のオフに投打の軸を失うという事態が現実味を帯びてきた。



下は2018ドラフトで西武が指名した選手です。

西武の2018ドラフト指名選手
1位 松本 航 日本体育大 投手
2位 渡辺 勇太朗 浦和学院高 投手
3位 山野辺 翔 三菱自動車岡崎 内野手
4位 粟津 凱士 東日本国際大 投手
5位 牧野 翔矢 遊学館高 捕手
6位 森脇 亮介 セガサミー 投手
7位 佐藤 龍世 富士大 内野手
育1 東野 葵 日本経済大 投手
育2 大窪 士夢 北海高 投手
育3 中熊 大智 徳山大 捕手




draftkaigi at 12:15|この記事のURL

西武ドラ6・森脇亮介、最速152キロの直球武器

11/21、西日本スポーツ2面より

2018西武ドラフト6位 森脇亮介
セガサミー・投手・動画

西武がドラフト6位で指名したセガサミー・森脇亮介投手(動画)の入団が20日、決まった。都内のホテルで交渉して合意した。契約金3000万円、年俸1000万円

森脇は最速152キロの直球とフォークを武器に先発とリリーフの両方をこなす。奪三振にこだわりを持ち「一つのバロメーター。三振は一番リスクが低く、確実にアウトが取れる。先発でも中継ぎでも目の前の打者一人一人に向かっていくだけ」と強気が持ち味だ。

2年前に結婚し、2児のパパでもある。26歳のオールドルーキーは開幕1軍を目標に掲げ、セガサミーで直球に磨きをかけているという。契約金の使い道については「帰って家族と相談していい使い道があれば」と笑みを浮かべた。



下は2018ドラフトで西武が指名した選手です。6位指名・森脇投手のスカウト評はこちら

西武の2018ドラフト指名選手
1位 松本 航 日本体育大 投手
2位 渡辺 勇太朗 浦和学院高 投手
3位 山野辺 翔 三菱自動車岡崎 内野手
4位 粟津 凱士 東日本国際大 投手
5位 牧野 翔矢 遊学館高 捕手
6位 森脇 亮介 セガサミー 投手
7位 佐藤 龍世 富士大 内野手
育1 東野 葵 日本経済大 投手
育2 大窪 士夢 北海高 投手
育3 中熊 大智 徳山大 捕手


draftkaigi at 07:05|この記事のURL

佐々木朗希(大船渡)に米国4球団、日本2球団集結

2018年11月18日

11/18、スポーツニッポン4面より

佐々木 朗希 (大船渡高・投手)
189cm・右投右打・動画

来秋のドラフト1位候補に挙がる大船渡の157キロ右腕・佐々木朗希投手(動画)が17日、栃木県内で行われた国学院栃木との練習試合に登板。メジャー4球団を含む日米6球団のスカウトが視察する中、6回1失点で最速154キロをマークした。年内はこれが最終登板となる見通し。将来的な目標として、メジャー挑戦への思いを語った。

異様な光景が、佐々木朗の未知なる力を物語っていた。お目当ての右腕がマウンドへ向かうと、スタンドで待機していたメジャースカウト陣も動きだす。怪腕の姿を目に焼き付けようと、ネット裏の最前列の金網にへばりついて撮影するスカウトもいた。1球ごとにスピードガンをチェックし「チェンジアップか?スライダーか?」と球種も確認した。

フィリーズ、パイレーツ、オリオールズ、アスレチックス、巨人、西武と日米6球団が目を光らせた。高校の秋の練習試合をメジャースカウトが視察するのは異例だ。

テスト期間明けで本格的な練習は13日から。佐々木朗はブルペンで10球程度の投球練習にもかかわらず、初球でいきなり152キロ。「今日はあまり力を入れないで投げた」と言いながら、6回にこの日最速154キロを計測。8奪三振で、打っても4番で2回に右越え三塁打を放った。

フィリーズの大慈弥功環太平洋部長は「大谷に匹敵する。向こうで活躍できるポテンシャルは十分に持っている」と絶賛。スカウト陣は降板まで食い入るように見つめた。

同じ岩手出身の西武・菊池雄星、エンゼルス・大谷翔平の両先輩投手が日本経由でメジャーに移籍した。「まず日本で自信をつけて、いつかそういう気持ちが出てきたら、その時(挑戦を)考えたい」。来春のセンバツこそ絶望的となったが、今冬は股関節や肩甲骨の強化でタフな体づくりを目指す。

大谷が花巻東時代の3年時に記録した最速160キロへの期待も大きいが「大船渡のみんなと一緒に甲子園に行きたい」と話した。大事な目標をかなえ、さらに先の大きな夢をつかみに行く。

(11月17日 練習試合 大船渡 3-2 国学院栃木)



佐々木君のスカウト評はこちら

佐々木君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:07|この記事のURL

西武ドラ1・松本航、スカウト「試合作る能力ある」

2018年11月14日

日刊スポーツwebsiteより (source)

2018西武ドラフト1位 松本航
日本体育大・投手・動画

西武からドラフト1位指名を受けた日体大・松本航投手(動画)が13日、都内ホテルで球団と入団交渉を行い、合意に至った。契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1500万円で、新人としての最高評価を受けた。

心境を問われ「昔からの夢であったプロ野球選手になれたうれしさと、チームの一員となる緊張感で身が引き締まる思いです」と話した。

プロで目標とする選手には、交渉相手であった渡辺久信球団本部シニアディレクター(SD)兼編成部長を挙げた。「僕が生まれた96年にノーヒットノーランをされたと聞きました。僕も記録を作れる投手になりたい」と話した。

渡辺SDは「ビックリ。もっと目標にする投手、いるでしょう」と笑顔。評価する点については「ストレートもそう。変化球も多彩。一番は試合をつくる能力にたけている」と話した。



下は2018ドラフトで西武が指名した選手です。1位指名・松本君のスカウト評はこちら

西武の2018ドラフト指名選手
1位 松本 航 日本体育大 投手
2位 渡辺 勇太朗 浦和学院高 投手
3位 山野辺 翔 三菱自動車岡崎 内野手
4位 粟津 凱士 東日本国際大 投手
5位 牧野 翔矢 遊学館高 捕手
6位 森脇 亮介 セガサミー 投手
7位 佐藤 龍世 富士大 内野手
育1 東野 葵 日本経済大 投手
育2 大窪 士夢 北海高 投手
育3 中熊 大智 徳山大 捕手


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

西武ドラ7・佐藤龍世、スカウト「肩の強さ魅力」

2018年11月10日

日刊スポーツwebsiteより (source)

2018西武ドラフト7位 佐藤龍世
富士大・三塁手・動画

西武ドラフト7位指名の富士大・佐藤龍世内野手(動画)が9日、花巻市内の同大で渡辺智男編成部アマチュア担当部長代行と水沢英樹スカウトから指名あいさつを受けた。

2人がそろって評価したのは「肩の強さ」。渡辺部長代行は「肩の強さで外野手の可能性も。肩でアピールする選手になってもらいたい」と話し、水沢スカウトも「プロとして『魅せる』肩を持っている」と、地肩はトップクラスだという。

同大からは山川、外崎、多和田がチームの主力となっており、佐藤も「ポジションにこだわりはない。使ってもらえるところならどこでも。1日も早くレギュラーになれるように頑張りたい」と意気込んだ。15日には岩手・雫石プリンスホテルで入団交渉を予定している。



下は2018ドラフトで西武が指名した選手です。

西武の2018ドラフト指名選手
1位 松本 航 日本体育大 投手
2位 渡辺 勇太朗 浦和学院高 投手
3位 山野辺 翔 三菱自動車岡崎 内野手
4位 粟津 凱士 東日本国際大 投手
5位 牧野 翔矢 遊学館高 捕手
6位 森脇 亮介 セガサミー 投手
7位 佐藤 龍世 富士大 内野手
育1 東野 葵 日本経済大 投手
育2 大窪 士夢 北海高 投手
育3 中熊 大智 徳山大 捕手


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

ドラフトニュース検索