ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる
プロ志望届

徳山壮磨(大阪桐蔭)、プロ志望届は出さず大学進学

2017年08月20日

8/20、デイリースポーツ7面より

徳山 壮磨 (大阪桐蔭高・投手)
181cm・右投右打・動画

史上初となる2度目の甲子園春夏連覇を目指した優勝候補の大阪桐蔭が、九回2死走者なしから聖地の魔物にのみ込まれ、逆転サヨナラの1―2で敗戦、3回戦で姿を消した。

▼大阪桐蔭・徳山壮磨投手
(プロ注目右腕は登板せずに敗退。卒業後の大学進学を明かし)、「後輩にはこの悔しさを忘れずに頑張ってもらいたい」


(8月19日 甲子園3回戦 仙台育英2―1大阪桐蔭)



徳山投手のスカウト評はこちら

徳山投手のピッチング動画は
こちら


draftkaigi at 09:38|この記事のURL

丸山和郁(前橋育英)、プロ志望届は出さず大学進学

8/20、スポーツ報知4面より

丸山 和郁 (前橋育英高・投手兼外野手)
170cm・左投左打・動画

盗塁成功率100%の“神の足”で、歴史に名を刻んだ。前橋育英のリードオフマン・丸山和郁(動画)が2盗塁を成功。甲子園大会最速の3試合で、個人1大会最多の8盗塁に並んだ。「クセもわかっていたし、モーションを盗めた」。

初回の三盗は、二塁けん制悪送球を誘って一気に生還。5回の二盗は、捕手の悪送球を誘い三進した。それでも「勝たないと意味がない」と悔しさが上回った。

群馬・高崎市の山あいにある、倉渕中の軟式出身。過疎化が進み慢性的な部員不足で、左投げながら遊撃や捕手も務めた。捕手の位置から一塁へのバックアップが、打者走者よりも速かったという“伝説”を持つ。

この日は14年の関西(岡山)・逢沢崚介以来となる「1番・投手」で先発。初回の4失点など3回5失点に「自分のピッチングができなくて悔しい」と唇をかんだ。最速144キロを誇る二刀流左腕は大学進学予定で、4年後のプロ入りを目指していく。

(8月19日 甲子園3回戦 花咲徳栄10―4前橋育英)



丸山君のスカウト評はこちら

丸山君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:50|この記事のURL

西浦颯大(明徳義塾)、プロ志望届提出へ

2017年08月17日

日刊スポーツwebsiteより (source)

西浦 颯大 (明徳義塾高・外野手)
177cm・右投左打・動画

プロ注目の明徳義塾・西浦颯大外野手(動画)の夏が終わった。7回まで3打数無安打に抑えられたが、9回2死二塁から1点を返す中前打を放った。県大会でも打率・176と苦しんだ。「苦しい夏だったけど、最後の試合で自分のスイングが出来ました」と前を向いた。

馬淵史郎監督は幼い頃から憧れだった。「周りが慌てていても冷静」。9回、西浦が適時打を打った時も、恩師は冷静に見えた。試合中、馬淵監督は他の選手に「切り替えていこう!」と声をかける中、西浦にだけ「帰れ!」と厳しい言葉をかけることもあった。

「苦しい時も、自分の性格を分かって強めに言ってくれました」。教え子の性格を把握し、成長を願うからこそだった。

苦しい最後の夏に出た最後のタイムリー。「自分の人生で大きいと思うし、次につながると思う」。卒業後は「指名をいただけるなら、挑戦したい」とプロ志望届を出す方向。次のステージで、お世話になった馬淵監督に恩返しの活躍を見せるつもりだ。

(8月16日 甲子園大会2回戦 前橋育英3―1明徳義塾)



西浦君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

プロ志望の伊藤康祐(中京大中京)、「相談して・・・」

2017年08月12日

8/12、中日スポーツ7面より

伊藤 康祐 (中京大中京高・二塁手)
173cm・右投右打・動画

中京大中京の主将で1番・鈴木康(動画)が、3回の先頭でバックスクリーン左に先制アーチを放り込んだ。「入るとは思わなかったので全力疾走した。初球から甘い球を思い切り振ろう、と決めていた」と笑顔。9回には6点目の右前適時打を放ち「最後までやり切ったので悔いはない」と涙は見せなかった。

卒業後のプロ入りを希望しているが「志望届を出すかどうかは周りと相談して決めます」と話した。

(8月11日 夏の甲子園1回戦 広陵10―6中京大中京)



伊藤君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 08:54|この記事のURL

鵜飼航丞(中京大中京)、プロ志望届は出さず大学進学

8/12、デイリースポーツ6面より

鵜飼 航丞 (中京大中京高・一塁手)
181cm・右投右打・動画

九回の反撃も、届かなかった。中京大中京、不動の4番・鵜飼航丞内野手(動画)「出せる力は全部出せた」という充実感と、「僕がもっといい選手なら、勝てていた」という悔いの両方を、涙で語った。

6月10日に左太ももを故障、その影響で愛知県大会は打率・190と苦しんだ。「みんなに連れてきてもらった甲子園で、恩返ししたい」と意気込み、終盤には2安打と気を吐いたが、好機での凡退も。高校通算56本塁打、プロ注目のスラッガーは「(大学で)もっとレベルを上げてプロを目指したい」と次の目標へ、前を向いた。

(8月11日 夏の甲子園1回戦 広陵10―6中京大中京)



鵜飼君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:07|この記事のURL

ドラフトニュース検索