ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる
プロ志望届

山本拓実(市立西宮)、プロ志望届を出す可能性も

2017年06月23日

6/23、デイリースポーツ5面より

山本 拓実 (市立西宮高・投手)
167cm・右投右打・動画

兵庫県内有数の進学校、市西宮の最速147キロ右腕・山本拓実投手(動画)が22日、今春のセンバツ王者・大阪桐蔭との練習試合で7回3安打、3失点(自責点は2)の好投を見せた。プロ注目の右腕が自信を深めた。「夏を投げ抜くという意味で今日の試合は大きかった」。序盤は制球に苦しんだが、四回以降の4回で5三振を奪った。

直球で何度も空振りを奪うなど、レギュラーが並んだ大阪桐蔭に力負けしなかった。大阪桐蔭・西谷浩一監督が「(新チームから)3安打はないと思う。大阪にはなかなかいないレベル」と絶賛する内容だった。今後の結果次第でプロ志望届を出す可能性もあるという。山本は夢の実現へ向けて、1964年春以来の甲子園出場を目指す。

(6月22日 練習試合 大阪桐蔭3―0市立西宮)



山本君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 08:03|この記事のURL

村上海斗(奈良学園大)がプロ志望表明、糸井目標

日刊スポーツwebsiteより (source)

村上 海斗 (奈良学園大・外野手)
189cm・右投右打・動画

今秋のドラフト候補、奈良学園大・村上海斗外野手(動画)が22日、志望進路を「プロ1本」と明言した。23日に行われる関西オールスター5リーグ対抗戦(わかさ京都)に出場する。

右の大砲は「1年生の頃から、プロに行きたいとずっと言っていた」と社会人6社からのオファーを断ったという。大学で投手から転向した自身と重ね「元ピッチャーで走攻守そろっている」と阪神糸井に憧れる。189センチ、89キロ。足のサイズは30センチで、打撃用手袋は特注サイズを使用するなどスケールも大きい。

憧れの阪神糸井のように、強靱な体を持つ。今年3月の沖縄キャンプ中「バキッ」という音が響いた。ダッシュ中に右足首をひねった村上はその場で動けず、救急車で運ばれた。あまりの音に周囲は「骨折」、「全治2カ月」を覚悟した。

診断は足首の捻挫。骨も靱帯も異常なく、4月中旬のリーグ戦第2節で復帰した。復帰後は2本塁打を放つなど、指名打者としてベストナインを獲得。村上は「骨は強いんです。剥離骨折はあるけど、今まで骨折したことはないです」と笑った。

もともと上背はあったものの、入学時の体重は70キロ代だった。白米と鳥肉中心の食事で現在の体に。「プロテインを牛乳で飲むと吸収が遅くなるから、寝る前は牛乳で」など今も自身で調べながら、体を作る。「今は外野に上がれば(スタンドに)入るかなと思います」とずっと夢見ていたプロへ、アピールを続ける。



村上君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:02|この記事のURL

宮本丈(奈良学園大)もプロ志望、「プロ1本」

日刊スポーツwebsiteより (source)

宮本 丈 (奈良学園大・遊撃手)
181cm・右投左打・動画

プロ注目の奈良学園大・宮本丈内野手(動画)が8月に行われるユニバーシアード競技大会へ意気込んだ。自身初の日本代表、海外に行くのも初めてで「全部初めてです」と初々しく話した。主将として挑んだ今春のリーグ戦では3度目の首位打者を獲得。「今までで一番打った」と主将のプレッシャーを力に変えた。

現在通算97安打で、近畿学生野球連盟記録の113安打も見えてきた。今春は和歌山大に敗れ、15季連続だった優勝を逃した。「自分だけ頑張っても駄目。野球はみんなでやるものだと痛感しました」。出場を逃した全日本大学野球選手権は、コーチらととも自腹で観戦に訪れた。

「うらやましいなと思いました。上武大や福井工大、スタンドも1つになって、そういうチームが強いな、今のこのチームにはないなと思いました」。全国の舞台に立つライバルたちを、悔しさとともに目に焼き付けた。

卒業後の志望進路は「プロ1本」。まずは8月に待つユニバーシアードの舞台でアピールする。「試合に出て活躍したい。関西でも出来るというところを見せたい」とリーグV奪回、目標のプロに向けて、世界で活躍する姿を見せる。



宮本君のバッティング動画はこちら

宮本君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 07:00|この記事のURL

小久保気(四国学院大)プロ志望表明、「志望届出す」

2017年06月08日

6/8、スポーツ報知4面より

小久保 気 (四国学院大・投手)
178cm・右投左打・動画

プロ注目の最速148キロ右腕・小久保気(動画)がサヨナラボークで号泣した。同点の9回1死三塁から連続敬遠。満塁で捕手のサインが変更されたのを忘れ、初球に入る投球動作を途中で止めてしまった。「普段は出ないサイン。あれっと思った。僕のミス。試合をぶち壊して申し訳ない」

6日の132球完封から連投し、121球で9安打、2失点(自責1)。「やりきった感じがしない負け。プロ志望届は出すつもり」と唇をかんだ。

(6月7日 全日本大学選手権 九州産業大 2―1 四国学院大)




小久保君のピッチング動画はこちら

小久保君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 07:15|この記事のURL

岩見雅紀(慶応大)、「12球団OK、ドラフト何位でもいい」

2017年05月10日

5/10、夕刊フジ25面より

岩見 雅紀 (慶応大・外野手)
187cm・右投右打・動画

「どの球団でも、何位でもいい。プロに行ってからが勝負ですから」。そう言って今時の大学生らしからぬ太い眉をつり上げたのは慶大の主砲・岩見雅紀外野手(動画)。7日の東京六大学リーグ・法大戦で2打席連続本塁打。ネット裏のスカウト陣に猛アピールした。

2打席凡退で迎えた6回の第3打席。相手先発の下手投げ・長谷川の内角直球をうまく腕を畳みながら左中間へ推定125メートルソロ弾。続く7回には外角113キロスライダーをとらえ中堅左へ2ランをたたき込んだ。

「前の2打席で同じようにやられていたので、3打席目は少し早めにタイミングを取るように意識しました。特別調子がいいとは思いませんが、打席の中で修正できている」と納得の表情だ。身長187センチ、体重107キロの巨体から放たれる一発はほとんどが130メートル前後の飛距離を誇りアマナンバー1の飛ばし屋として知られる。

セ・リーグ球団のスカウトは「1本目は彼のツボで打った本塁打。投手はあそこだけには投げてはいけないという一発。個人的に評価したいのは2本目。外角のスライダーをうまくとらえた。右の強打者が苦手にしがちなコースを本塁打にしたことは素晴らしい」と高評価だ。

今秋のドラフト会議では右の大砲候補として注目されるが、一方で一塁の守備が不安視され左翼に回されるなど不器用さも目立つ。

「社会人からの誘いは全部断りました。(比叡山高から)進学の時も慶応に入れなければ野球をやめるつもりだった。プロに行けなければ野球を続けるつもりはありません。ダメでも自分1人が食っていくくらい、何とかなりますよ」

大学入試も現役合格はならず、一浪の末に進学した武骨なスラッガーには、不退転の決意で臨む大学ラストイヤーを笑顔で終えてもらいたい。




岩見君のバッティング動画はこちら

岩見君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 07:08|この記事のURL

ドラフトニュース検索