ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
プロ志望届

荘司宏太(駿台甲府)プロ志望表明、巨人が高評価

2018年07月11日

7/11、日刊スポーツ6面より

荘司 宏太 (駿台甲府高・投手)
170cm・左投左打・動画

プロ注目の左腕、荘司宏太投手(動画)が初戦で散った。自己最速を更新する145キロをマーク。3安打1失点で14三振を奪ったものの、延長11回に捕逸でサヨナラ負けした。今後について「プロでやってみたい。ダメなら大学で野球を続け、プロに挑戦したい」と言う。

この日はプロ4球団のスカウトが視察。巨人・木佐貫スカウトからは「140キロ台を安定して出していたし、状態もいい。リストの中の1人」と高く評価された。

(7月10日 山梨大会2回戦 甲府工 2-1 駿台甲府)



荘司君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 09:41|この記事のURL

福田翔(宇都宮短大付)がプロ志望表明、8球団視察

7/11、サンケイスポーツ5面より

福田 翔 (宇都宮短大付高・投手)
188cm・右投右打・動画

栃木大会1回戦で宇都宮短大付は、青藍泰斗に1-4で敗れた。最速147キロの大型右腕・福田翔投手は、4失点完投負けに「六回から右脚がつって気力で投げたけど、最後は焦ってしまった」と唇をかんだ。

プロ注目の捕手、益子を擁する相手との試合とあってプロ野球8球団のスカウトが視察。福田にとっても気合の入る舞台だったが、六回にスクイズを自ら本塁に悪送球し、決勝点を与えてしまった。

それでも、意地は見せた。小学校時代の連合チームで一緒にプレーし、家族ぐるみで親交がある益子には5打席で1安打も許さず「強気に勝負を楽しめた」とうなずいた。

フジテレビ系の人気テレビ番組「森田一義アワー 笑っていいとも!」にタレント、ウエンツ瑛士のソックリさんとして出演オファーされたこともあるイケメン右腕は、敗戦にも涙を見せず「プロを目指します」と次なる舞台を見据えた。

(7月10日 栃木大会1回戦 青藍泰斗 4-1 宇都宮短大付)



福田君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。

draftkaigi at 07:00|この記事のURL

沢井廉(中京大中京)プロ志望、中日など7球団視察

2018年07月09日

7/9、中日スポーツ9面より

沢井 廉 (中京大中京高・外野手)
178cm・左投左打・動画

火の出るような当たりが一塁手を襲った。1-0の4回無死二塁。プロ注目の中京大中京・沢井廉右翼手(動画)の痛烈な打球が、一塁手のグラブを弾いた。ボールが右翼を転がる間に二塁走者が生還。沢井も一気に二塁まで進んだ。

「2ボールだったので、ストライクが来ると思った。長打が欲しかったので・・・」。結果的には二塁打になったものの、内容には満足しなかった。だが、4番の貴重な追加点でコールド勝利の流れをつくった。

春は県大会2回戦で公立進学校の西春にコールド負け。今大会はノーシードとなった。それでも沢井は「どのチームも初戦は不安があるもの。うちは1回戦を経験したことをプラスにしたい」と前向きに受け止めている。

高校通算31本塁打をマークしている左打ちの強打者。昨夏も3番を打ち、甲子園でもヒットを打った。ドラフト5位で中日入りした1年先輩の伊藤康にあこがれ、自身もプロ志望を打ち明ける。「進路も気になるけど、まずはチームの結果。試合に集中したい」

この日は中日など7球団のスカウトが視察に訪れた。チームを2年連続で甲子園に導けば、最高のアピールになる。

(7月8日 西愛知大会1回戦 中京大中京 7-0 愛知商)



沢井君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:05|この記事のURL

中山翔太(法政大)プロ志望、2ラン弾でアピール

2018年07月03日

7/3、スポーツニッポン6面より

中山 翔太 (法政大・一塁手兼三塁手) 
186cm・右投右打・動画

世界大学野球選手権(6日開幕、台湾)に侍ジャパン大学代表として出場する東京六大学選抜がJR東日本と練習試合を行った。3-5で敗れたが4回にプロ注目の法大・中山(動画)が左越え2ラン。

視察した法大の先輩にあたる侍ジャパンの稲葉監督の前で打ち「アピールしたかった。昨日寝るときから打ったろうと思っていた」と胸を張り、稲葉監督も「飛ばす能力が高いので楽しみ」と期待した。この日は練習試合用ユニホームでサイズが合うものを選ぶと、稲葉監督の現役時代の背番号41で「運命かも」と喜んだ。

今春リーグ戦では5月12日の東大1回戦でリーグ史上8人目のサイクル安打を達成。筋トレ好きで「きんに君」の愛称を持つ中山は「世界一になって、プロに入れるように頑張りたい」と気合を入れた。

(7月2日 練習試合 JR東日本 5-3 侍ジャパン大学代表)



中山君のスカウト評はこちら

中山君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:03|この記事のURL

山田龍聖(高岡商)プロ志望、12球団視察済み

2018年06月25日

 6/25、スポーツ報知websiteより (source)

山田 龍聖 (高岡商高・投手)
182cm・左投左打・動画

2連覇を狙う高岡商は、プロ注目のMAX148キロ左腕・山田龍聖(動画)が好調をキープする。昨夏の甲子園で、大量失点し、初戦敗退を喫した悔しさをバネに練習に励んできた。今月中旬の強化合宿では、135本の砂浜ダッシュを行うなど、猛特訓で心身ともに増強。勝負の夏で、最速150キロ突破と聖地での日本一を目指していく。

北陸屈指の剛腕・山田が、いよいよ最後の夏に挑む。ブルペンでは、切れのあるストレートと変化球を力強く投げ込み、調子は上々だ。春の県大会、北信越大会ではプロ12球団のスカウトが姿を見せた。編成部長クラスも多く訪れ、その将来性の高さに注目が集まっている。

「プロに行きたい気持ちもあります。評価はうれしいですが、自分としては甲子園に行きたい。そのことだけを考えています」。プロへの思いはいったん封印し、夏の甲子園に照準を合わせる。

地獄の校内合宿を乗り越えた。今月13日から3泊4日で行われ、厳しい走り込みとノックを中心に、大会前最後の追い込み特訓に取り組んだ。15日には学校から氷見市・島尾海岸まで約10キロをランニング。さらに富山大会の決勝までの5試合×27アウト分を意味する135にちなみ、砂浜で約30mのダッシュ走を135本の決行した。

「バテたけど、気持ちで負けたくない。全部で三振を取るという気持ちで、一歩一歩、全力で走りました」。ダッシュ後は学校まで再びランニング。翌朝はベットから起き上がるのも大変だったというが、下半身をいじめ抜き、夏を乗り切る体力を作り上げた。

「150キロ出したい」 昨夏の甲子園。約4万6000人の満員スタンドの中、初戦の東海大菅生戦で、8回からリリーフした。しかし、制球が乱れて6失点。9回途中に降板し、1-11で大敗した。「自分の力は全然足りなかったが、成長させてくれた。借りを返して、日本一を目指したい。出したい数字は150キロです」と山田。雪辱を果たすため、大台突破で大きな目標を引き寄せる。



山田君のスカウト評はこちら

山田君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 09:08|この記事のURL

ドラフトニュース検索