ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
高校野球地方大会展望

2019夏の甲子園、愛知大会の展望&注目選手

2019年06月17日

サンケイスポーツの愛知大会展望
今春の選抜優勝校、東邦プロ注目のスラッガー・石川(スカウト評)を中心にレベルが高く優勝候補の軸だが、春の県大会は初戦敗退。中部大第一が県大会を制した。中京大中京、愛工大名電、愛知黎明、享栄、至学館など激戦は必至で、投手層の厚みが優勝の鍵を握る。

愛知大会の日程=6月29日~7月28日
愛知大会の組み合わせ=こちら


スポーツニッポンの愛知大会展望
ノーシードながら今春センバツ優勝の東邦が中心になる。今秋ドラフト候補の石川(スカウト評)をはじめ攻撃力は全国でも屈指。総合力の高い中京大中京、享栄、愛工大名電が続く。春季県大会Vの中部大第一はエース磯貝の奮闘が鍵握る。

愛知大会の日程=6月29日~7月28日
愛知大会の組み合わせ=こちら



愛知県の高校からドラフト指名された選手一覧はこちら

draftkaigi at 07:02|この記事のURL

2019夏の甲子園、東東京大会の展望&注目選手

サンケイスポーツの東東京大会展望
2年連続で甲子園に出場している二松学舎大付は、プロ注目の右田が投打の軸。春の東京都大会4強の関東第一は谷、市川らの投手陣のレベルが高く、平成元年に全国制覇した帝京も令和元年の出場を目指す。昨夏の準優勝校、小山台修徳成立学園東亜学園も注目される。

東東京大会の日程=7月7日~7月27日
東東京大会の組み合わせ=こちら


スポーツニッポンの東東京大会展望
混戦模様。連覇を狙う二松学舎大付は昨夏メンバーの大半が残り経験豊富。関東第一は土屋、谷の2枚看板で3年ぶりV目指す。帝京は内野手・小松を中心に8年ぶりの制覇狙う。岩倉は坂本、宮里と左右の好投手を擁する。好左腕・細野擁する東亜学園都小山台も侮れない。

東東京大会の日程=7月7日~7月27日
東東京大会の組み合わせ=こちら



東京都の高校からドラフト指名された選手一覧はこちら

draftkaigi at 07:01|この記事のURL

2019夏の甲子園、西東京大会の展望&注目選手

サンケイスポーツの西東京大会展望
昨秋の東京都大会準優勝、春優勝の東海大菅生が優勝候補。左腕・中村を中心に攻撃では小山、成瀬が中心に座る。選抜出場の国士舘も勝負強い。2年連続の出場を狙う日大三は、プロ注目の井上(スカウト評)、広沢両投手の復調次第で早実、八王子学園八王子、国学院久我山も優勝の一角。

西東京大会の日程=7月6日~7月28日
西東京大会の組み合わせ=こちら


スポーツニッポンの西東京大会展望
好左腕・中村晃と強肩の捕手・小山擁する春の関東大会準Vの東海大菅生ドラフト候補右腕コンビの井上(スカウト評)と広沢擁する日大三が軸の展開か。春夏連続出場目指す国士舘、強打が武器の国学院久我山をはじめ好投手・伊藤擁する早実が追う。工学院大付の1メートル87の長身右腕・渡辺も注目。

西東京大会の日程=7月6日~7月28日
西東京大会の組み合わせ=こちら



東京都の高校からドラフト指名された選手一覧はこちら

draftkaigi at 07:00|この記事のURL

2019夏の甲子園、群馬大会の展望&注目選手

2019年06月16日

スポーツニッポンの群馬大会展望
夏3連覇を目指す春の県王者・前橋育英が軸。エース梶塚、強打者の剣持を中心にしぶとさが光る。高崎健康福祉大高崎は例年に比べて小粒ながら粘り強い。春県4強の樹徳桐生第一、8強の市太田伊勢崎清明プロ注目左腕・井上を擁する前橋商も8年ぶり聖地狙う。

群馬大会の日程=7月6日~7月27日
群馬大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)


スポーツ報知の群馬大会展望
秋春連覇の前橋育英がエース右腕・梶塚を軸に県勢初の4年連続切符に近い。決勝3連敗中で春準Vの高崎健康福祉大高崎は雪辱を期す。秋準Vの桐生第一はガーナ人の父を持つ1番・工藤が引っ張る。前橋商の143キロ左腕・井上、前橋工の142キロ右腕・黒沢も注目。

群馬大会の日程=7月6日~7月27日
群馬大会の組み合わせ=こちら(朝日新聞)



群馬県の高校からドラフト指名された選手一覧はこちら

draftkaigi at 07:01|この記事のURL

2019夏の甲子園、沖縄大会の展望&注目選手

サンケイスポーツの沖縄大会展望
今春の九州大会で準優勝した興南が優勝候補筆頭。プロ注目のエース左腕・宮城(スカウト評)は1、2年時の夏の甲子園で登板するなど経験豊富で、U18日本代表候補にも選ばれている絶対的な柱だ。興南に対し、昨秋と今春の決勝で対戦して1勝1敗の沖縄水産が対抗馬で打線の状態がカギを握る。2校を沖縄尚学、北山、嘉手納などが追う。

沖縄大会の日程=6月22日~7月21日
沖縄大会の組み合わせ=こちら


スポーツニッポンの沖縄大会展望
2017、18年の夏代表・興南が一歩リード。春の九州大会では準V。他校はプロ注目の好左腕・宮城(スカウト評)の攻略が鍵握る。昨秋覇者の沖縄水産を筆頭に沖縄尚学、嘉手納、沖縄工、未来沖縄などが待ったをかける。

沖縄大会の日程=6月22日~7月21日
沖縄大会の組み合わせ=こちら



沖縄県の高校からドラフト指名された選手一覧はこちら

draftkaigi at 07:00|この記事のURL


ドラフトニュース検索