ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
高校野球地方大会展望

2019夏の甲子園、奈良大会の展望&注目選手

2019年07月03日

スポーツニッポンの奈良大会展望
春季近畿大会4強の智弁学園が優勝争いの軸。昨春センバツに出場した坂下、塚本ら攻撃力は群を抜くだけに投手陣の奮闘がカギ。昨秋県大会を圧倒的打力で制した天理が対抗1番手で、春県大会準優勝の郡山は19年ぶり出場目指す。高田、奈良高専、昨夏代表の奈良大付も地力がある。

奈良大会の日程=7月13日~7月28日
奈良大会の組み合わせ=こちら


スポーツ報知の奈良大会展望
春の県大会を制し、近畿大会4強の智弁学園は坂下、塚本ら前チームからの主力が健在。小畠、西村王の1年生投手も台頭。秋優勝の天理プロ注目捕手の北野が攻守の要。春2位の郡山は打線が活発。奈良大付、高田もV圏内。

奈良大会の日程=7月13日~7月28日
奈良大会の組み合わせ=こちら



奈良県の高校からドラフト指名された選手一覧はこちら

draftkaigi at 07:00|この記事のURL

2019夏の甲子園、広島大会の展望&注目選手

2019年07月01日

スポーツニッポンの広島大会展望
ノーシードも今春センバツ出場の広陵が一歩リードか。センバツで150キロをマークしたエース・河野(スカウト評)を中心に投手力が充実。打線もつながりがいい。投打の選手層厚い広島新庄が対抗1番手。春県大会Vの広島商、同準Vの如水館が続き、武田最速152キロ右腕・谷岡(動画)にも注目。

広島大会の日程=7月12日~7月27日
広島大会の組み合わせ=こちら


スポーツ報知の広島大会展望
広陵が頭一つリード。最速150キロの河野(スカウト評)に石原、森と投手陣は全国レベル。春夏通算7度甲子園優勝の広島商は春の県Vで、15年ぶりの出場へ好機到来。秋春連続4強の崇徳、春準Vの如水館、広島新庄桑田(動画)武田谷岡(動画)の好投手で迫れるか。

広島大会の日程=7月12日~7月27日
広島大会の組み合わせ=こちら



広島県の高校からドラフト指名された選手一覧はこちら

draftkaigi at 07:02|この記事のURL

2019夏の甲子園、高知大会の展望&注目選手

スポーツニッポンの高知大会展望
。春の四国大会Vの明徳義塾に死角がない。圧倒的な打力を誇り、継投で守り切るスタイルが確立されている。秋春大会ともに準Vの高知最速148キロの怪物1年生・森木(スカウト評)を中心に投手力で勝負。昨夏代表の高知商、エース・植田ジゲンが大黒柱の岡豊、高知中央、高知小津も力がある。

高知大会の日程=7月13日~7月27日
高知大会の組み合わせ=こちら


スポーツ報知の高知大会展望
春は県と四国大会で優勝した明徳義塾の優位は不動。突出した選手は不在だが、投打にハイレベルで2年生が伸び盛り。高知中学時代に軟式球で150キロを計測した1年生の森木(スカウト評)に注目。秋Vの高知商土佐、高知小津、岡豊が横綱に挑む。

高知大会の日程=7月13日~7月27日
高知大会の組み合わせ=こちら



高知県の高校からドラフト指名された選手一覧はこちら

draftkaigi at 07:01|この記事のURL

2019夏の甲子園、岐阜大会の展望&注目選手

スポーツニッポンの岐阜大会展望
3連覇を狙う大垣日大と3年ぶり出場目指す中京学院大中京が軸。大垣日大は昨夏甲子園で2本塁打の小野寺を中心に強力打線が売り。中京学院大中京はエース不後、U18高校日本代表候補・藤田のバッテリーが安定感抜群だ。2強を秋春とも4強の岐阜第一、春準優勝の県岐阜商が追う。

岐阜大会の日程=7月13日~7月27日
岐阜大会の組み合わせ=こちら


スポーツ報知の岐阜大会展望
秋春と同じ4強がリード。大垣日大は強打で夏3連覇を狙う。秋Vの中京学院大中京プロ注目捕手の藤田が柱。主力2投手が故障の県岐阜商は鍛治舎監督の腕の見せどころ。岐阜第一は好右腕・高倉が頼り。美濃加茂、大垣商、岐阜各務野の147キロ右腕・藤田にも注目。

岐阜大会の日程=7月13日~7月27日
岐阜大会の組み合わせ=こちら



岐阜県の高校からドラフト指名された選手一覧はこちら

draftkaigi at 07:00|この記事のURL

2019夏の甲子園、宮城大会の展望&注目選手

2019年06月30日

スポーツニッポンの宮城大会展望
仙台育英は投手層が厚く、昨夏から県3季連続制覇中と圧倒的な力で3年連続の夏の甲子園を狙う。対抗は三拍子そろった外野手・伊藤擁する東北、今春初の県4強入りした聖和学園東北学院古川学園は本格派右腕・佐々木を中心に上位をうかがう。東陵、東北学院榴ケ岡も侮れない。

宮城大会の日程=7月13日~7月28日
宮城大会の組み合わせ=こちら


スポーツ報知の宮城大会展望
昨夏代表で昨秋、今春と県大会を制した仙台育英が本命。エース・大栄を軸とした複数投手を擁して連戦を勝ち抜く。続くのは東北東北学院、好投手のいる古川古川学園。ノーシードからは仙台三仙台商、利府なとが強豪を破っての甲子園切符を狙う。

宮城大会の日程=7月13日~7月28日
宮城大会の組み合わせ=こちら



宮城県の高校からドラフト指名された選手一覧はこちら

draftkaigi at 07:01|この記事のURL


ドラフトニュース検索