ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
甲子園大会展望

2019センバツ展望(スポーツニッポンの見解)

2019年03月22日

3/22、スポーツニッポン10面「大会展望」より
昨年優勝の大阪桐蔭のようなずば抜けた存在はない。優勝争いは星稜、横浜、札幌大谷、八戸学院光星、広陵、履正社が軸か。

星稜は総合力の高いドラフト1位候補のエース奥川に加え、控え投手も充実。横浜は153キロ左腕の及川を擁する。及川は秋以降の成長著しく、エースの自覚も出てきた。野手陣は下級生が多いが経験豊富だ。

昨秋明治神宮大会優勝の札幌大谷は選手層が厚く、特に投手陣全体のレベルが高い。一冬越えて、秋に見せた力をどこまで発揮できるか。八戸学院光星は武岡や伊藤ら強打者がそろう。初戦はいきなり広陵と優勝候補同士の激突となった。広陵は河野ら投手力が高く、機動力も武器だ。

得点力が非常に高い東邦も侮れない。昨年を経験している東妻らを擁する智弁和歌山は大トリの登場。日程がどう左右するか。春日部共栄はエースで4番の村田をはじめ打線全体が振れている。初戦の高松商戦が鍵になる。



高校野球の予想が好きな人は下へ。3月23日午前9時締切です。お早めに・・・
↓↓↓
2019センバツ高校野球予想コンテスト


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

2019センバツ完全予想(日刊ゲンダイ)

2019年03月18日

3/18、日刊ゲンダイ39面「センバツ完全予想」より
23日に開幕する第91回センバツ高校野球大会の組み合わせが15日、決まった。最速150キロの奥川を擁する優勝候補筆頭の星稜と履正社がいきなり激突。152キロ左腕・及川の横浜は明豊と対戦する。好カード目白押しとなった1回戦全16試合の勝敗を占った。

第1日(23日)
第1試合は市和歌山が呉との市立校同士の開幕戦を制して好発進。第2試合は146キロ右腕で4番の村田が引っ張る春日部共栄が高松商に勝つ。

第3試合は履正社と優勝候補筆頭に挙げられる星稜の1回戦屈指の好カード。星稜の今秋ドラフト1位候補・奥川は今大会ナンバーワン投手の呼び声が高い。一方の履正社はエース左腕・清水、4番・井上と投打にプロ注目の選手を揃える。パ・リーグの某スカウトがこう言う。

「今年の履正社はタレント軍団。清水は最速145キロ。練習試合解禁日に左手人さし指付近に打球を受けたが、軽い打撲だったようで甲子園では登板できると聞いている。控えの植木も昨秋の大阪大会決勝で大阪桐蔭を相手に2失点完投勝利した好投手。打線は4番の井上を中心に6人が本塁打を放つなど破壊力がある。対する星稜の奥川はドラ1候補で完成度の高い好投手。守備も堅い(1試合平均失策数0.46=32校中トップ)が、打力が弱い(チーム打率.286=32校中31位)。僅差で履正社が勝つとみます」

第2日(24日)
第1試合は日章学園と習志野の対戦。スポーツライターの美山和也氏がこう言う。

「習志野は145キロ右腕・飯塚のチームです。昨秋は7試合全て救援で防御率0.50。今大会主力投手の中でトップの数字を挙げています。先発ではなくリリーフなのは、ペース配分ができないから。その分、爆発力が凄い。1学年上でロッテに(6位)指名された古谷からスライダーを教わり、幅が広がった。平均失策が0.73の堅守が強み。課題の打線も冬の間に1日800スイングをこなすなど強化してきた。小林監督は練習用のユニホームが汚れていた選手に練習をさせなかったことがあります。そんな厳しい方針のもと鍛えられた習志野が日章学園に勝つとみています」

第2試合は明豊と横浜の実力校対決となった。横浜はドラ1候補左腕の及川が中心。打線は内海、小泉、冨田、度会ら得点力が高く、能力の高さはトップクラス。明豊もチーム打率.375(3位)の強力打線を誇るが、地力で上回る横浜が勝つ。第3試合は札幌大谷が米子東を倒す。札幌大谷は明治神宮大会優勝の原動力となった主戦の西原、右横手投げの太田の安定感が抜群だ。

第3日(25日)
第1試合は近畿王者・龍谷大平安が148キロ右腕・前を擁する津田学園を下す。第2試合は強打の盛岡大付が21世紀枠の石岡一に勝つ。石岡一の147キロ右腕・岩本は好投手だが昨秋の12試合中9試合で2桁安打を叩きだした盛岡大付の強力打線が攻略する。第3試合は関東大会2戦連発の4番・野村が引っ張る山梨学院が札幌第一を倒す。

第4日(26日)
第1試合は九州を制し、明治神宮大会4強に入った筑陽学園が福知山成美を下す。筑陽学園の西舘は187センチから角度がある145キロを投げ込む注目右腕。第2試合は広陵が八戸学院光星との地区優勝校対決を制す。第3試合は強打の東邦が21世紀枠の富岡西を倒す。

第5日(27日)
第1試合は中森、宮口の二枚看板を擁する実力校の明石商が国士舘に勝つ。第2試合は松山聖陵が大分を倒す。第3試合は桐蔭学園が啓新を下す。

第6日(28日)
第1試合は21世紀枠の熊本西と昨春準優勝の智弁和歌山の対戦。前出の美山氏が言う。

智弁和歌山は中谷新監督になっても伝統の強打が健在。チーム打率は出場校中2位の.383。打撃練習を見ると『150キロ』『スローカーブ』『左投手の角度に設定したもの』の3台のマシンをガンガン打ち込む。高嶋前監督時代の練習は残しつつ、捕手として阪神、楽天、巨人でプレーした経験を生かし、試合ごとに正捕手の東妻らバッテリーに配球の理由を説明させるなど、考える野球を教え込んでいる。プロ時代に監督だった野村克也氏に薫陶を受け、データ野球も取り入れていて、伝統の攻撃力に緻密さも注入している。東妻、黒川、西川は4季連続甲子園出場と経験も豊富。初戦突破は堅いでしょう」



高校野球の予想が好きな人は下へ。3月23日午前9時締切です。お早めに・・・
↓↓↓
2019センバツ高校野球予想コンテスト


draftkaigi at 07:04|この記事のURL

2019センバツ展望&注目選手(中スポの見解)

2019年03月16日

3/16、中日スポーツ7面「今大会展望」より
根尾(中日)、藤原(ロッテ)らを擁した昨年の大阪桐蔭のような傑出したチームはなく、混戦模様となりそうだ。

優勝候補の一番手に挙がるのは、明治神宮大会で準優勝した星稜。大会ナンバー1投手の呼び声が高い最速150キロ右腕、奥川(動画)がエースに君臨し、小学時代からバッテリーを組む山瀬(動画)とのコンビも絶妙だ。

チーム打率が32校中31位の打撃陣の奮起が不可欠だが、最速145キロ左腕・清水(動画)を筆頭に好選手がそろう履正社との初戦を勝ち抜けば、石川県勢初の全国制覇へ視界が開ける。

追い掛けるのは広陵、横浜、東邦、智弁和歌山。広陵最速148キロのエース・河野(動画)に加えて、石原、(動画)の両左腕も控える。八戸学院光星との初戦は屈指の好カードとなった。

横浜最速153キロの左腕・及川(動画)の存在が大きく、上位を狙える布陣だ。4季連続出場の智弁和歌山は、阪神などでプレーした中谷監督が強打のチームを引き継ぎ、4割近い打率を残した。

チーム打率、総得点、盗塁数でトップの数字を残した東邦は、高校通算41本塁打の主砲・石川(動画)が、MAX144キロのエースとしても引っ張る。打線は石川の後を打つ4番・熊田(動画)が好調で、投手陣も左腕・植田がスライダーを武器に調子を上げている。平成最初と最後の優勝が懸かるだけに、チームの士気も高い。

明治神宮大会を制した札幌大谷や、九州大会覇者の筑陽学園、強打の山梨学院も頂点に立つ力を備える。MAX147キロ右腕・岩本(動画)を擁する石岡一ら、21世紀枠勢の戦いぶりにも注目したい。



2019センバツ高校野球予想コンテストはこちら



draftkaigi at 12:39|この記事のURL

2019センバツ展望&注目選手(デイリーの見解)

3/16、デイリースポーツ4面「センバツ展望」より
東海王者の東邦が入ったブロックが、準々決勝を争う中では最も激戦区となった。昨秋の地区大会優勝校が4校。特に好カードとなったのが、第4日第2試合の広陵-八戸学院光星。ともに甲子園常連の強豪が初戦でぶつかり合う。

神宮大会を制し、勢いのある札幌大谷のブロックには、好投手が集中している。今秋ドラフト1位候補で最速150キロ超左腕の横浜・及川(動画)を筆頭に、津田学園・前(動画)石岡一・岩本(動画)と右腕の能力も高い。龍谷大平安盛岡大付といった実力校が、どのように対応していくか。見ごたえのある展開となりそうだ。

今大会の目玉、星稜は初戦で履正社と優勝候補対決となった。大会ナンバー1投手の呼び声が高い星稜・奥川(動画)と、奪三振能力の高い左腕である履正社・清水(動画)の投げ合いは要注目。どちらも打線に好打者がそろい、白熱した戦いが予想される。



2019センバツ高校野球予想コンテストはこちら



draftkaigi at 08:14|この記事のURL

2019センバツ展望&注目選手(サンスポの見解)

3/16、サンケイスポーツ3面「展望」より
昨秋の明治神宮大会準優勝の星稜は、最速150キロ右腕の奥川(動画)が順調。捕手の山瀬主将もけがから復帰し、優勝候補の筆頭と目される。強打の履正社との対戦は、1回戦屈指の好カードだ。

東邦は昨秋の平均得点9.47、打率・386がともに32校中トップ。・383の智弁和歌山も攻撃力は引けを取らない。昨秋の各地区大会を勝ち抜いた龍谷大平安札幌大谷(明治神宮大会優勝校)、広陵も総合力は高く、優勝候補に挙がる。

横浜は関東大会8強ながら、奥川と並ぶ好投手の及川(動画)を擁する。左腕の及川は昨秋に投げなかった落ちる変化球を覚え、控え投手陣の成長も著しい。1年夏から甲子園を知る内海主将が中心の打線も強化された。

投手は明治神宮大会優勝に導いた札幌大谷・西原(動画)津田学園・前(動画)の両右腕の投球も見もの。右打者は昨秋の公式戦で7本塁打、27打点の東邦・石川(動画)、練習試合ながら150ートル弾を放った山梨学院・野村(動画)、左打者では4季連続甲子園出場の智弁和歌山・黒川(動画)に注目だ。



2019センバツ高校野球予想コンテストはこちら



draftkaigi at 07:02|この記事のURL


ドラフトニュース検索