ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
甲子園大会展望

2018夏の甲子園展望(東京スポーツの見解)

2018年08月04日

8/4、東京スポーツ5面より
大本命は史上初となる2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭だ。プロ注目のスラッガー藤原(スカウト評)二刀流・根尾(スカウト評)をはじめ、山田健(スカウト評)、中川らが並ぶ重量打線はさらにパワーアップ。大阪大会決勝では記録を塗り替える23得点を叩き出し、聖地に乗り込んできた。

投手陣も根尾がエースの柿木(スカウト評)をしのぐ安定感を見せており、左腕・横川(スカウト評)もスタンバイ。投打ともに群を抜く実力を誇り、公式戦21連勝の無敵ぶりを発揮している。「春夏連覇の挑戦権を得た。挑戦したい」と闘志を燃やす西谷監督。偉業に向けて黄金世代に隙は見当たらない。

対抗は地区大会すべてに無失点勝ちし、圧倒的な強さを見せた星稜だ。打線は南保がOBの松井秀喜をしのぐ1大会5本塁打を記録。竹谷は決勝で1試合4本塁打。内山とのクリーンアップは破壊力抜群だ。投手陣も最速147キロのストレートと切れのある変化球が持ち味の奥川(スカウト評)が安定感を増し、竹谷とのWエース態勢。「石川史上最強軍団」でセンバツの雪辱を果たす。

「打倒・大阪桐蔭」を掲げて春に続いて聖地帰還を果たした智弁和歌山も頂点をうかがう。センバツ決勝で大阪桐蔭に敗れ、春季近畿大会決勝でも苦杯をなめて大阪桐蔭には5連敗中。4番の文元、冨田らの重量打線は打率4割を超え、エース平田(スカウト評)をもり立てる。72歳の名将・高嶋監督に18年ぶりの夏優勝を届けたい。

関東勢では昨夏王者の花咲徳栄高校通算56本塁打の野村(スカウト評)を投打の柱とし、杉本、羽佐田らの強力打線は脅威。下位も切れ目なく、連覇に向けて勢いづく。

高校通算40本塁打のハマの大砲・万波(スカウト評)を擁する横浜も総合力はトップクラスだ。急成長したエース板川に加え、最速152キロの2年生左腕・及川(スカウト評)にも注目が集まる。

九州勢ではプロ注目の左腕・川原(スカウト評)を軸とした創成館が一歩リード。酒井、戸田、伊藤と上位を狙える豊富な投手力を誇る。他にも伝統の猛打が健在の日大三、攻めの野球に徹する愛工大名電も実力上位だ。



高校野球の予想が好きな方は夏の甲子園予想コンテスト
(8月5日午前10時締切です。お早めに・・・)

draftkaigi at 07:01|この記事のURL

2018夏の甲子園、夕刊紙記者の優勝予想

8/4、夕刊フジ44面より


片岡氏の優勝予想(夕刊フジ記者)
◎(本命)=大阪桐蔭
〇(対抗)=星稜
▲(単穴)=常葉大菊川
△(連下)=日大三

柳川氏の優勝予想(ノンフィクションライター)
◎(本命)=大阪桐蔭
〇(対抗)=創成館
▲(単穴)=報徳学園
△(連下)=日大三



高校野球の予想が好きな方は夏の甲子園予想コンテスト
(8月5日午前10時締切です。お早めに・・・)



draftkaigi at 07:00|この記事のURL

2018夏の甲子園展望とプロ注目選手(中スポの見解)

2018年08月03日

8/3、中日スポーツ6面「展望」より
史上初となる2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭を、春準優勝の智弁和歌山や夏連覇が懸かる花咲徳栄、昨夏準優勝の広陵、センバツ8強の創成館、タレント揃いの横浜が追いかける。星稜、前橋育英も侮れない。

ドラフト1位候補の根尾(スカウト評)藤原(スカウト評)ら好選手がそろう大阪桐蔭は、一昨年の覇者・作新学院との初戦に勝てば波に乗れるだろう。花咲徳栄横浜はともに初戦を勝ち上れば、2回戦で激突する。

浦和学院-仙台育英は屈指の好カード。初戦に勝てば春夏通算100勝の大台に到達する龍谷大平安や、第1回大会から出場している鳴門の戦いぶりにも注目したい。

選手では、投手なら最速150キロの金足農・吉田(スカウト評)浦和学院の190センチ右腕・渡辺(スカウト評)、投打でプロ注目の花咲徳栄・野村(スカウト評)中央学院・大谷(スカウト評)山梨学院・垣越(スカウト評)横浜・及川(スカウト評)星稜・奥川(スカウト評)が目立つ。

野手なら、高校ナンバー1遊撃手の呼び声が高い報徳学園・小園(スカウト評)をはじめ、智弁和歌山のスラッガー・林(スカウト評)、岡山大会で5試合連続本塁打の大会記録を打ち立てた創志学園・金山、静岡大会で打率.818を記録した常葉大菊川・奈良間、身体能力抜群の横浜・万波(スカウト評)らが目を引く。



高校野球の予想が好きな方は夏の甲子園予想コンテスト
(8月5日午前10時締切です。お早めに・・・)

draftkaigi at 08:01|この記事のURL

2018夏の甲子園展望(スポーツ報知の見解)

8/3、スポーツ報知5面「展望」より
史上最多の56校が出場する第100回大会は、有力校が各ブロックに散らばった印象だ。2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭は初戦の作新学院戦がカギとなりそうだ。2年前のV校の北関東の名門だが、ここを乗り切れば、一気に上位が見えてくる。

史上7校目の大会連覇を目指す花咲徳栄は、実力校の鳴門と対戦。2回戦では東の横綱・横浜が上がってくる可能性が高く厳しい戦いを強いられそう。

そのほか関東屈指の実力を誇る木更津総合敦賀気比日大三は強力打線の折尾愛真、12年連続出場の聖光学院報徳学園浦和学院仙台育英とそれぞれ当たるなど初戦に好カードが多い。今大会ナンバー1投手との呼び声高い吉田(動画)を擁する金足農、史上2校目の春夏通算100勝に王手の龍谷大平安にも注目だ。


高校野球の予想が好きな方は夏の甲子園予想コンテスト
(8月5日午前10時締切です。お早めに・・・)

draftkaigi at 07:42|この記事のURL

2018夏の甲子園展望(日刊スポーツの見解)

8/3、日刊スポーツ3面より
史上初2度目の春夏連覇に挑む大阪桐蔭が中心になる。ドラフト1位候補の藤原恭大外野手(動画)二刀流・根尾昂内野手(動画)らは2年春、3年春と2度甲子園優勝を経験し、経験に加え力も付けた。「銀河系スター軍団」と16年Vの作新学院との対戦は1回戦屈指の好カードとなった。

追うのは複数投手制を敷き今春センバツ8強入りした創成館だ。チーム打率は3割を切るが、185センチの長身左腕・川原陸投手(動画)らを継投する手堅い守備はこの夏も脅威。強打を誇る智弁和歌山は終盤の猛攻で県大会5試合で59安打60得点を挙げた。初の3年連続出場を決めた横浜は左腕2枚看板で6度目のVを狙う。

全試合無失点で2年ぶりの甲子園にやってきた星稜、チーム打率.457の龍谷大平安は投打のバランスがいい。昨夏Vの花咲徳栄、攻守に安定感のある木更津総合も手ごわい。13年夏の再戦となった浦和学院仙台育英はどちらも甲子園の戦い方を知り、注目のカード。突破したチームは勢いに乗りそうだ。


高校野球の予想が好きな方は夏の甲子園予想コンテスト
(8月5日午前10時締切です。お早めに・・・)

draftkaigi at 07:02|この記事のURL

ドラフトニュース検索