ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
甲子園大会展望

2019夏の甲子園、展望と注目選手(デイリーの見解)

2019年08月04日

8/4、デイリースポーツ32面「展望」より
令和初の大会は東海大相模-近江花咲徳栄-明石商筑陽学園-作新学院など初戦から強豪校の激突が目立ち、好カードぞろいとなった。大会第2日には履正社星稜の優勝候補に加え、霞ケ浦鈴木寛(スカウト評)津田学園(スカウト評)のドラフト候補に挙がる両右腕が登場。序盤から目の離せない戦いが続く。

全体的に実力校が散らばった印象だが、大会ナンバー1投手との呼び声が高い奥川(スカウト評)擁する星稜のブロックは、智弁和歌山明徳義塾がひしめく死のブロックとなった。石川勢初の頂点へ、気の抜けない戦いが続くことになりそうだ。

開幕試合は甲子園常連の八戸学院光星と春夏通じて初出場のが対戦。出場49校中で大トリの登場は4番・前川ら1年生の活躍で勝ち上がった智弁学園。開幕戦を勝ち抜いたチームと第7日に対戦する。今大会も最初の組み合わせ抽選で3回戦までの対戦が決定。準々決勝、準決勝は改めて抽選され、対戦カードが決まる。



2019夏の甲子園、予想コンテストはこちら

2019夏の甲子園、出場49校のスポーツ紙の評価はこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

2019夏の甲子園、優勝争いとプロ注目選手(その1)

2019年08月01日

8/1、日刊ゲンダイ終面より
今年の夏の甲子園は根尾(現中日)や藤原(現ロッテ)がいた昨年の大阪桐蔭のような、絶対的本命がいない。大会2連覇を狙った大阪桐蔭も、春夏連覇を目指した東邦(愛知)も地方大会で敗れた。30日、徳島と愛媛の代表校が決まり、49校がすべて出揃ったが、波乱の予感漂う101回大会を制するのはどこか。

東海大相模(神奈川)は、とにかく選手層が厚い。もうちょっと監督の手腕が優れていれば、毎年、甲子園に出てるし、甲子園でも間違いなく上位まで勝ち進んでますよ。同じ神奈川の横浜も選手は粒揃いですけど、ここは横浜以上に能力のある選手が揃ってます」

こう言うのはあるプロ野球OB。「知人の息子が相模の野球部にいて、よく練習を見に行くんだけど、選手個々の能力は高校生離れしている」と証言するのだ。

東海大相模は甲子園に出たときの勝率が飛び抜けていい。2010年夏以降、春夏合わせて5回出場。14年夏に初戦で松本(現ソフトバンク)擁する盛岡大付に敗れた以外は、すべて上位に進出している。11年春と15年夏は優勝、10年夏は準優勝、18年春は4強入りした。

甲子園に駒を進めたときの勝率はライバルの横浜を上回っていて、激戦の神奈川を圧勝した今回も優勝を狙える戦力が整っている。

プロ注目のドラフト候補が複数いる近畿の2校も優勝するだけの実力がある。2014、17年のセンバツ準優勝の履正社(大阪)、今春8強の智弁和歌山(和歌山)だ。セ・リーグのあるスカウトがこう言った。

「履正社はエース左腕の清水(スカウト評)と、右翼手の井上(スカウト評)の名前がウチのリストに載っています。大阪でも名のあるボーイズリーグには、練習の厳しい大阪桐蔭を嫌って履正社に進学する中学生が少なくないと聞きました。

智弁和歌山は投手の池田捕手の東妻(スカウト評)二塁手の黒川の3人がドラフト候補。東妻は和歌山出身ですが、池田は京都、黒川は奈良からの生徒。こちらも近畿ではトップクラスの選手が集まっています」


今春4強の明石商(兵庫)も侮れない。西日本のある強豪校監督がこう言った。

「指揮を執る狭間監督は明徳義塾中の監督時代に4回全国制覇、一時は馬淵監督の後釜とウワサされた指導者です。2年生エースの中森(スカウト評)は150キロの速球を投げる本格派だし、素質ある選手もゴロゴロいますが、強さの根底にあるのは狭間監督の手腕。

対戦相手のビデオを擦り切れるほど見てクセや特徴を把握、ここぞの場面で作戦に反映している。兵庫大会決勝で九回に逆転したような勝負強さには裏付けがあるのですよ」


優勝争いは上記4校を中心に展開されそうだ。



2019夏の甲子園、スポーツ紙の評価はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

2019夏の甲子園、優勝争いとプロ注目選手(その2)

8/1、日刊ゲンダイ終面より
東海大相模、履正社、智弁和歌山、明石商の4校を追うのはどこか。まずは「高校ビッグ4」でただひとり、甲子園切符をつかんだ奥川恭伸(スカウト評)擁する星稜(石川)だ。奥川は4度目の聖地となり、経験値は高い。最速は158キロ。課題とされる打線がどこまで援護できるか。

センバツ準優勝の習志野(千葉)も春夏連続出場。センバツで「サイン盗み疑惑騒動」があったにもかかわらず、しぶとく夏も勝ち上がった。スポーツライターの美山和也氏がこう言う。 

「最速150キロの飯塚と2年生左腕の山内の2枚看板は春より成長。狙い球を絞ってフルスイングする打線、嫌らしい野球・・・。センバツで対戦した星稜にサイン盗みを疑われても、その後に決勝まで勝ち上がった精神力も健在です」

明徳義塾(高知)も侮れない。「高知中央、岡豊、そして1年生エース森木のいる高知と、前評判の高い好投手を抱えるチームに勝ってきた。馬淵監督は大会ナンバーワン投手の奥川も攻略できそうな今年の強力打線に自信を持っていて、虎視眈々と全国制覇を狙っています」(美山氏)

八戸学院光星(青森)は6試合で15本塁打の強力打線を誇る。

ダークホ―スは3校だ。敦賀気比(福井)の2年生エース笠島は好投手。15年のセンバツを制した東監督は「甲子園で勝つためにやってきた」とハッキリ宣言し、聖地に乗り込む。美山氏は花巻東(岩手)沖縄尚学(沖縄)には旋風を巻き起こす力があります」とこう続ける。

「花巻東は投手陣がいい。エースの西舘(スカウト評)は150キロを投げますが、左腕の中森も含め、カーブを有効に使っています。佐々木監督は、今年は全国で戦える戦力と話しています。

沖縄尚学は総合力が高い。特に守備練習に時間を割いていて、キャッチボールの際、内野手は胸ではなく、ベルト付近をめがけて投げています。低い球の方が一塁手が伸びやすいからで合理的です。決勝でドラフト上位候補左腕の興南・宮城を攻略した打線も破壊力があります」




2019夏の甲子園、スポーツ紙の評価はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

2019センバツ展望(スポーツニッポンの見解)

2019年03月22日

3/22、スポーツニッポン10面「大会展望」より
昨年優勝の大阪桐蔭のようなずば抜けた存在はない。優勝争いは星稜、横浜、札幌大谷、八戸学院光星、広陵、履正社が軸か。

星稜は総合力の高いドラフト1位候補のエース奥川に加え、控え投手も充実。横浜は153キロ左腕の及川を擁する。及川は秋以降の成長著しく、エースの自覚も出てきた。野手陣は下級生が多いが経験豊富だ。

昨秋明治神宮大会優勝の札幌大谷は選手層が厚く、特に投手陣全体のレベルが高い。一冬越えて、秋に見せた力をどこまで発揮できるか。八戸学院光星は武岡や伊藤ら強打者がそろう。初戦はいきなり広陵と優勝候補同士の激突となった。広陵は河野ら投手力が高く、機動力も武器だ。

得点力が非常に高い東邦も侮れない。昨年を経験している東妻らを擁する智弁和歌山は大トリの登場。日程がどう左右するか。春日部共栄はエースで4番の村田をはじめ打線全体が振れている。初戦の高松商戦が鍵になる。



高校野球の予想が好きな人は下へ。3月23日午前9時締切です。お早めに・・・
↓↓↓
2019センバツ高校野球予想コンテスト


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

2019センバツ完全予想(日刊ゲンダイ)

2019年03月18日

3/18、日刊ゲンダイ39面「センバツ完全予想」より
23日に開幕する第91回センバツ高校野球大会の組み合わせが15日、決まった。最速150キロの奥川を擁する優勝候補筆頭の星稜と履正社がいきなり激突。152キロ左腕・及川の横浜は明豊と対戦する。好カード目白押しとなった1回戦全16試合の勝敗を占った。

第1日(23日)
第1試合は市和歌山が呉との市立校同士の開幕戦を制して好発進。第2試合は146キロ右腕で4番の村田が引っ張る春日部共栄が高松商に勝つ。

第3試合は履正社と優勝候補筆頭に挙げられる星稜の1回戦屈指の好カード。星稜の今秋ドラフト1位候補・奥川は今大会ナンバーワン投手の呼び声が高い。一方の履正社はエース左腕・清水、4番・井上と投打にプロ注目の選手を揃える。パ・リーグの某スカウトがこう言う。

「今年の履正社はタレント軍団。清水は最速145キロ。練習試合解禁日に左手人さし指付近に打球を受けたが、軽い打撲だったようで甲子園では登板できると聞いている。控えの植木も昨秋の大阪大会決勝で大阪桐蔭を相手に2失点完投勝利した好投手。打線は4番の井上を中心に6人が本塁打を放つなど破壊力がある。対する星稜の奥川はドラ1候補で完成度の高い好投手。守備も堅い(1試合平均失策数0.46=32校中トップ)が、打力が弱い(チーム打率.286=32校中31位)。僅差で履正社が勝つとみます」

第2日(24日)
第1試合は日章学園と習志野の対戦。スポーツライターの美山和也氏がこう言う。

「習志野は145キロ右腕・飯塚のチームです。昨秋は7試合全て救援で防御率0.50。今大会主力投手の中でトップの数字を挙げています。先発ではなくリリーフなのは、ペース配分ができないから。その分、爆発力が凄い。1学年上でロッテに(6位)指名された古谷からスライダーを教わり、幅が広がった。平均失策が0.73の堅守が強み。課題の打線も冬の間に1日800スイングをこなすなど強化してきた。小林監督は練習用のユニホームが汚れていた選手に練習をさせなかったことがあります。そんな厳しい方針のもと鍛えられた習志野が日章学園に勝つとみています」

第2試合は明豊と横浜の実力校対決となった。横浜はドラ1候補左腕の及川が中心。打線は内海、小泉、冨田、度会ら得点力が高く、能力の高さはトップクラス。明豊もチーム打率.375(3位)の強力打線を誇るが、地力で上回る横浜が勝つ。第3試合は札幌大谷が米子東を倒す。札幌大谷は明治神宮大会優勝の原動力となった主戦の西原、右横手投げの太田の安定感が抜群だ。

第3日(25日)
第1試合は近畿王者・龍谷大平安が148キロ右腕・前を擁する津田学園を下す。第2試合は強打の盛岡大付が21世紀枠の石岡一に勝つ。石岡一の147キロ右腕・岩本は好投手だが昨秋の12試合中9試合で2桁安打を叩きだした盛岡大付の強力打線が攻略する。第3試合は関東大会2戦連発の4番・野村が引っ張る山梨学院が札幌第一を倒す。

第4日(26日)
第1試合は九州を制し、明治神宮大会4強に入った筑陽学園が福知山成美を下す。筑陽学園の西舘は187センチから角度がある145キロを投げ込む注目右腕。第2試合は広陵が八戸学院光星との地区優勝校対決を制す。第3試合は強打の東邦が21世紀枠の富岡西を倒す。

第5日(27日)
第1試合は中森、宮口の二枚看板を擁する実力校の明石商が国士舘に勝つ。第2試合は松山聖陵が大分を倒す。第3試合は桐蔭学園が啓新を下す。

第6日(28日)
第1試合は21世紀枠の熊本西と昨春準優勝の智弁和歌山の対戦。前出の美山氏が言う。

智弁和歌山は中谷新監督になっても伝統の強打が健在。チーム打率は出場校中2位の.383。打撃練習を見ると『150キロ』『スローカーブ』『左投手の角度に設定したもの』の3台のマシンをガンガン打ち込む。高嶋前監督時代の練習は残しつつ、捕手として阪神、楽天、巨人でプレーした経験を生かし、試合ごとに正捕手の東妻らバッテリーに配球の理由を説明させるなど、考える野球を教え込んでいる。プロ時代に監督だった野村克也氏に薫陶を受け、データ野球も取り入れていて、伝統の攻撃力に緻密さも注入している。東妻、黒川、西川は4季連続甲子園出場と経験も豊富。初戦突破は堅いでしょう」



高校野球の予想が好きな人は下へ。3月23日午前9時締切です。お早めに・・・
↓↓↓
2019センバツ高校野球予想コンテスト


draftkaigi at 07:04|この記事のURL


ドラフトニュース検索