ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる
ドラフト総括

2017ドラフト、一番成功した球団は?

2017年11月08日

週刊大衆 11月13日号より
「早稲田実業の清宮幸太郎に史上最多の指名はあるか!?」、「史上初の単独指名なしか!?」という点に注目が集まった今年のプロ野球ドラフト会議。蓋を開けると、清宮には7球団の指名が集まり、抽せんの末に日本ハムが交渉権を獲得。また、単独指名があるかについても、DeNAが立命館大・東克樹の一本釣りに成功したのだが、別の意味での史上最多に、会場の記者席は沸いていた。

「史上最多タイの3回クジで外れたソフトバンクの工藤監督と、外れ外れ外れ1位で同球団に指名された鶴岡東・吉住晴斗投手です(笑)。3回目の抽せんでも、どよめきが起こりましたが、吉住君が指名されたときも、誰だ、誰だ!?って、ざわつきましたね。多くの記者がノーマークでしたから」(会場で取材をしていたスポーツ紙デスク)

だが、この吉住投手、実は最速149キロの速球を投げる本格派。甲子園での登板は2年時に1イニングだけだが、ひそかにスカウト陣からの注目を集めていた投手なのだ。「現在の投手陣が盤石のソフトバンクですから、将来性を買ったんでしょう。若手の育成に定評のある球団だけに、3年後が楽しみな選手ですね」(前同)

12球団の思惑が交錯した今回のドラフトで、バッチリの補強ができた球団は、どこだったのか。7球団競合の末に早実・清宮の交渉権を獲得した日本ハムに加え、JR東日本・田嶋大樹投手、広陵・中村奨成捕手を1回目のクジで引き当てたオリックス広島はもちろん及第点だが、「立命館大・東を一本釣りできたDeNAが、一番いい補強ができたんじゃないかな」と語るのは、ベテランの野球記者。

「DeNAは当初、清宮に行くともいわれていましたが、本音は、どうしても投手を補強したかったんです。そこでスカウト陣は、田嶋の指名に切り替えたんですが、高田繁GMの鶴の一声で東の指名に変更。実は高田さんの評価は、田嶋より東のほうが断然、高かったそうですよ」(前同)

最速152キロの大学ナンバーワン左腕の単独指名はまさに願ったり叶ったりだったようだ。ほかにも、清宮は逃したものの、履正社・安田尚憲を外れ1位の抽せんで引き当てたロッテと、仙台大・馬場を、外れ外れ1位の抽せんで引き当てた阪神も、上々のドラフトだったと、ベテラン記者は言う。

「チーム防御率が12球団ワーストの4.22だったロッテは、投手の補強が急務であるのは間違いないんですが、実は、岡田、荻野、角中、清田など、野手の主力のほとんどが30代。将来の主軸は喉から手が出るほど欲しかったはず」(同)

また、馬場に関しては外れ外れ1位だが、「最速155キロの豪腕がここまで残っていたのは奇跡ですよ、なんだかんだで阪神には内野手がいますから、清宮や安田よりもいい補強だったのでは・・・」(同)。悲喜こもごものドラフトだったが、実際の評価はシーズンが始まってから。ドラ1以外にも、どんな選手が活躍するか目が離せない。



下は各球団のドラフト1位確定選手です。

広島 中村奨成(広陵高・捕) 動画 スカウト評
阪神 馬場皐輔(仙台大・投) 動画 スカウト評
DeNA 東克樹(立命館大・投) 動画 スカウト評
巨人 鍬原拓也(中央大・投) 動画 スカウト評
中日 鈴木博志(ヤマハ・投) 動画 スカウト評
ヤクルト 村上宗隆(九州学院高・捕) 動画 スカウト評

ソフトB 吉住晴斗(鶴岡東高・投) 動画 スカウト評
西武 斉藤大将(明治大・投) 動画 スカウト評
楽天 近藤弘樹(岡山商科大・投) 動画 スカウト評
オリックス 田嶋大樹(JR東日本・投) 動画 スカウト評
日本ハム 清宮幸太郎(早稲田実高・内) 動画 スカウト評
ロッテ 安田尚憲(履正社高・内) 動画 
スカウト評



draftkaigi at 07:11|この記事のURL

2017ドラフト、12球団を採点(週刊ベースボール)

2017年11月02日

本日発売の週刊ベースボールは、各球団のドラフトの結果を以下のように採点しています。(11月13日号より)


広島東洋カープ 
採点=80点
収穫=相思相愛が実る
誤算=左腕投手を獲得できず


阪神タイガース
採点=75点
収穫=即戦力投手3人獲得
誤算=清宮、安田のクジ外し


横浜DeNAベイスターズ
採点=85点
収穫=大学ナンバー1左腕一本釣り
誤算=捕手にもう一枚・・・


読売ジャイアンツ
採点=50点
収穫=経験豊富な野手を確保
誤算=4番&スター候補逃す


中日ドラゴンズ
採点=80点
収穫=素材型を徹底確保
誤算=捕手、長距離砲ゼロ


東京ヤクルトスワローズ
採点=45点
収穫=打てる捕手の確保
誤算=大物逃し小粒感


福岡ソフトバンクホークス
採点=30点
収穫=松田の後継者現る!?
誤算=残り物に福は・・・なし


埼玉西武ライオンズ
採点=70点
収穫=即戦力先発左腕獲得
誤算=クジで田嶋を逃す


東北楽天ゴールデンイーグルス
採点=55点
収穫=特徴ある選手ゲット
誤算=勝負強行が裏目に


オリックス・バファローズ
採点=100点
収穫=左右の即戦力投手獲得
誤算=なし


北海道日本ハムファイターズ
採点=95点
収穫=清宮の指名に成功!
誤算=手薄な捕手を獲得せず


千葉ロッテマリーンズ 
採点=80点
収穫=未来の4番候補の獲得
誤算=一塁候補の清宮を逃す



2017ドラフト、12球団の指名選手はこちら

draftkaigi at 11:36|この記事のURL

2017ドラフト、12球団の監督が採点

2017年10月27日

10/27、日刊スポーツ2~3面より

▼広島・緒方監督
「残っていましたね。ホッとした。素材的に抜群の選手。甲子園での活躍も記憶に新しい。打撃だけでなく肩もフットワークもいい。遠い将来ではなく、近い将来に打てる捕手に育ってほしい」

▼ソフトバンク・工藤監督
「(くじ3連敗は)つらいなんてものじゃない。(清宮とは)運命の出会いではなかった。(吉住は)体に力があってバネがある。昔で言うと渡辺久信のように直球で押していけるような投手ですね」

▼阪神・金本監督
「(馬場は)馬力のあるというか、球速も150キロを超える。タフなピッチャーという印象です。うちは先発の枚数が足りないので、チーム状況を考慮しての指名だった」

▼西武・辻監督
「1位の斉藤君は十分に即戦力になる。スカウトが評価した投手たちと(将来性が)期待できる野手の2人。俺の中ではまだ(全員が)真っ白。早く見てみたいし、良さを伸ばしていきたい」

▼DeNA・ラミレス監督
「1位で素晴らしい選手をとれて満足。東選手はポテンシャルが高い。制球も素晴らしいが、球種のコンビ、スピードは150キロ以上。何より精神面でセルフコントロールできる」

▼楽天・梨田監督
「読めない。全く読めなかった。点数もつけられない。競合したと思ったら、また競合だからね。でも即戦力の投手も左投手も右の大砲も取れた。バランス良く取れたと思う」

▼巨人・高橋監督
「評価が高い順にとれた。野手を多めにというのは最初からそういう方針。(捕手2人の指名は)野手としての評価も高い。打撃もそうだし身体能力も高いから可能性はあるということ」

▼オリックス・福良監督
「(1位抽選に勝ち)うれしいよりホッとした。ウチは先発の枚数が足りない。田嶋投手にはそこを期待している。即戦力と考えている。ローテに入って1年間、フルに働いてもらいたい」

▼中日・森監督
「全ポジションほしいんだけど、捕手か投手かと最後まで考えた。鈴木は競合すると思っていた。体が大きくてスピードボールを投げられるのが魅力。若い人たちにはどんどん伸びてほしい」。

▼日本ハム・栗山監督
「抜群のドラフトだった。イメージ通り。かなり高いところで評価していた選手が取れている。(7位・宮台も)すぐ使えると思っているし、プラス最高学府、ステキだね」

▼ヤクルト・小川監督
「清宮を外したが村上を当てられた。ああいうバッターは毎年出てこない。満足と言っていい。90点くらい。できればもう1人高校生を指名したかったが、そういう意味でマイナスだった」

▼ロッテ・井口監督
「120点。スカウトの評価を参考に、社会人か高校生かは関係なく、取りたい選手が取れた。藤岡君は絶対に取りたかった。ショートには平沢がいるが、争える。左の先発も補強ポイント」



2017ドラフト、12球団の全指名選手はこちら



draftkaigi at 10:14|この記事のURL

2017ドラフト総括(スポニチ)

10/27、スポーツニッポン5面「ドラフト総括」より
日本ハム早実・清宮(動画)をはじめ、補強ポイントの即戦力投手として救援向けのNTT東日本・西村(動画)、上位指名の可能性もあった東北学院大・鈴木(動画)を6位で獲得。大成功と言っていい。

清宮を外したロッテは、和製大砲候補として履正社・安田(動画)の交渉権を獲得。さらに遊撃手ではトップ評価のトヨタ自動車・藤岡(動画)、夏から評価が急上昇した左腕の三菱自動車岡崎・山本(動画)ら即戦力を根こそぎ指名し、井口新監督の船出を飾る布陣は整った。

オリックスは先発の駒不足解消へ、JR東日本・田嶋(動画)に加え、評価は1位級だった日立製作所・鈴木(動画)と即戦力をダブルで指名。補強ポイントの遊撃手として、走攻守安定した力を誇るNTT東日本・福田(動画)を指名できたのも大きい。

広島は1、2位が高校生の大型バッテリー。広陵・中村(動画)は強肩強打、熊本工・山口(動画)も高校生ではトップ評価だ。持ち味の育成力が生きる。

DeNA立命館大・東(動画)の一本釣りで先発補強ができた。即戦力野手の獲得が急務だったヤクルトは、社会人外野手ではトップ評価のJX-ENEOS・塩見(動画)を4位で指名できたのが好材料。中日は2位以下は全て高校生で、将来性を重視。西武は1位、外れ1位と菊池の後継者という明確なポイントを貫いた。

巨人は1位の中央大・鍬原(動画)以外が全て野手となったのは、レギュラー陣が高年齢化しているためだろう。ソフトバンクは次世代の内野手が欲しいところだった。阪神は将来の4番候補の指名に至らず。楽天はポイントの捕手を指名できなかった。



2017ドラフト、12球団の全指名選手はこちら



draftkaigi at 07:07|この記事のURL

ドラフトニュース検索