ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる
ドラフト総括

2020ドラフト総括(デイリー特命スカウト)

2020年11月12日

デイリースポーツ10面「デイリー特命スカウトネット裏雑記帳」より
今年のドラフトはコロナ禍の影響で例年とは感じの違うドラフトになった。試合が見られずデータは少なかったかもしれないが、ある意味、選手の人気にとらわれず、スカウトの判断通りに指名できたのではないだろうか。

いつもなら各地区の担当者が早くから目を付けて追いかける。お目当ての選手が大舞台で活躍すれば、メディア露出も増えて知名度が上がり、スターが生まれる。実力本位でドラフト戦術を立てるのは基本だが、そういった人気やスター性も順位の判断基準になるものだ。

しかし、今年は選手の知名度が上がる機会もほとんどなかったため、スカウトの評価がそのまま順位に反映されることが多かったと思う。

各球団の戦略で印象に残ったのは、競合のリスクを回避してトヨタ自動車・栗林を一本釣りした広島。また、近大・佐藤の外れ1位で花咲徳栄のスラッガー井上を指名したソフトバンクと、福岡大大濠の153キロ右腕・山下を指名したオリックスは、クジを外した時点で思い切りよく即戦力から将来性に方針を転換した。

また、最も目についたのは、巨人の育成ドラフト指名の多さだ。史上最多の12人指名は、次世代のチーム作りを期待したのだろう。

今ドラフトが早大・早川(楽天1位)近大・佐藤(阪神1位)を中心に動いたことは間違いないが、直前で鍵を握る選手がもう一人出てきたのも異例だった。中京大中京高の最速154キロ右腕・高橋(中日1位)だ。

夏の甲子園での交流試合を見たスカウトなら必ず獲得したいと思った選手で、高校生時代の松坂大輔以上といっても過言ではない存在。しかし、早い時期から慶大へ進学希望と言っており、プロ側も大学へ行くものと思い込んでいた。

入試に落ちてプロ志望届の締め切り直前に届けを出した時には、各球団のスカウトも慌てふためいたことだろう。それほど、戦略全体に関わる存在だった。

その頃にはもう大学、社会人の指導者へ、1位指名の旨を伝えてあいさつを済ませている球団が大半。高橋が急にプロ志望に転じたとはいえ、簡単に方向転換はできない状況だった。プロ志望が分かっていれば、違う戦略も取れたと歯ぎしりした球団もあっただろう。

ドラフトの評価は、その球団が意中の選手を引き当てたかどうかによる。しかし、そこから先はまた別で、1位の選手が必ず活躍するとは限らない。コロナ禍という特別なドラフトでプロ入りした今年の選手たちの活躍を楽しみにしたい。


2020ドラフト、12球団の指名選手はこちら

draftkaigi at 07:00|この記事のURL

今年のドラフト、成功した球団は?【ドラフト診断】

2020年10月27日

10/27、東京スポーツwebsiteより (source)
今年度のドラフト会議が26日、都内のホテルで行われた。ドラフトで指名に成功した球団はどこか。そしてうまくいかなかった球団は…。元ロッテのスカウトで本紙評論家の得津高宏氏が、本紙恒例「ドラフト診断」で今年もズバリ採点した。

まずはうまい指名ができた球団からいきましょうか。今年のトップは間違いなく楽天です。ドラフト1位のくじ引きに勝った球団なのですから「当たり前じゃないか」だと思われますが、早大・早川を4球団競合の末に引けたのはやはり大きい。

本来なら8球団ぐらい競合してもいいぐらい評価されてもおかしくない逸材で、いい左投手はそうそう出るものではないからです。しかも上位4人に即戦力投手をずらりと並べることができた。欲を言えばチーム事情的に不安なポジションとなっている捕手を獲ってほしかったところですが、それ以外は文句なくほぼ満点のドラフトと言えるでしょう。

その次に評価したいのは中日DeNA広島阪神近大・佐藤を4球団競合の末に引き当てましたが、個人的に粗さがあり変化球への対応に課題があるという話を聞いていることもあって、一軍で活躍するにはちょっと時間がかかるかもしれないと判断しました。

やはりドラフトは投手です。基本的に私のドラフト評価は「いい投手を何枚取れたか」を重視しています。

高校ナンバーワンの逸材を単独指名で確保できた中日、社会人トップの実力を誇る投手を一本釣りできた広島は、上位で3人も即戦力投手の指名に成功、このところドラフト1位の投手指名で驚異的な的中率を誇っているDeNAは、今年も大学屈指の右腕を競合なしで獲得できた。

この3球団は当初の予定通りに指名を終えることができたのではないでしょうか。

阪神は前年の高校生中心の指名から、ガラリと即戦力中心へとシフトしましたね。これはこれで好感は持てますし、高校生、即戦力、高校生…と隔年で方針を変えていく手法などは昔からありました。

球団がしっかり長い目で見た育成方針を見据えていれば問題はないのですが、フロントがころころ変わる球団では、そこがおかしくなってしまいがち。ただ、今年の阪神はドラフト8位まで指名したのにも世代交代を積極的にやっていくという意欲が見えましたし、高く評価できるドラフトだったと思います。

次いで評価したいのが日本ハムヤクルトロッテです。日本ハムは地元の大学生投手を単独で1位指名。ドラフト会議前から指名を公言しており、すんなり確保できました。足が武器の中大・五十幡を2位で指名したのには少し驚きましたが、独自路線をいくこの球団らしい指名といえば、そうかもしれません。

いい捕手をどの球団がどうやって獲るのかが、毎年のドラフトの隠れた見どころにもなるのですが、3位で大学生捕手をきっちり押さえることができたのも良かった。飛び抜けて強調するところはありませんが、まずまずの内容ではないでしょうか。

ヤクルトはドラフト1位の抽選で2連敗。それでもよくリカバリーできたなという印象です。即戦力左腕2人を逃しましたが、外れの外れの1位で即戦力右腕をキープ。2位で大学生左腕の指名にも成功し、指名バランス的にも格好はついたかと思います。

ロッテは1位の早大・早川を外しましたが、外れ位1で法大・鈴木の抽選に勝ち、課題の左腕を獲得することができました。2位で明石商・中森を指名できたのも大きかったと思います。去年の佐々木朗希と今年の中森で、将来の投手陣が楽しみになってきます。

以上8球団を「うまくいった球団」としましょう。

◇得津氏の診断
S=楽天
A=中日、DeNA、広島、阪神
B=日本ハム、ヤクルト、ロッテ




2020高校生のドラフト候補はこちら

2020大学生のドラフト候補はこちら

2020社会人のドラフト候補はこちら


draftkaigi at 09:45|この記事のURL

今年のドラフト、失敗した球団は?【ドラフト診断】

10/27、東京スポーツwebsiteより (source)
今年度のドラフト会議が26日、都内のホテルで行われた。ドラフトで指名に成功した球団はどこか。そしてうまくいかなかった球団は…。元ロッテのスカウトで本紙評論家の得津高宏氏が、本紙恒例「ドラフト診断」で今年もズバリ採点した。

今年のドラフトはそこまで成功、失敗の差がないドラフトだったかと思います。全体的な傾向として見渡すと、大学生、社会人選手の指名される割合が高く、全国大会がなかった高校生たちの評価が難しく、見送られた印象。

そんななかでも高校生中心の指名をしたソフトバンクオリックスといった球団は、かなりのリスクを背負っているようにも見えたため、今年は評価を下げました。

もともとソフトバンクは高校生中心の指名が多く、戦力的な余裕があるからこそだと見ていました。ただ、最近は主力の野手に衰えが見えてきていますし1位で近大・佐藤を外したのは痛かったのでは。

即戦力投手を一人も獲れなかったのは、150キロ超を投げる若い投手がチームにたくさんいるので、それほど気にしなくてもいいかもしれませんが、高校生5人はさすがに異質です。

一方、オリックスの上位3人高校生は、最下位チームの指名じゃないですね。この球団には若い有望な選手はたくさんいますが、福良GMの意向が強いのか、現場がちょっとかわいそうだと思ってしまいました。

西武もこの球団らしさが今年もよく出たドラフトだったのではないでしょうか。外れ1位の桐蔭横浜大・渡部は「アンコ型」の選手を育てるのが得意な西武ならでは。おそらく中村や山川などで、成功するパターンを熟知しているんでしょうね。

しかし、この球団こそ投手を獲らないといけないのではないでしょうか。渡部を獲る前に獲れる選手がたくさんいたような気がしてなりません。ただ、スカウト的には5位で準硬式の選手を獲ったのはさすがのひと言。コロナでただでさえ選手情報が不足するなか、西武の情報網は健在だということを知らしめました。

最後に巨人ですが、指名バランス的にはそれほど悪いとは思いません。即戦力投手を2人確保し、手術明けの2位の東海大・山崎は、東海大の大麻問題で他球団が疑心暗鬼に陥るなか、原監督の情報網からまったく問題ないことを確信したからこそ、指名できたんだと思います。

4位の伊藤は中大出身でもありますし、将来的に〝阿部監督〟を支えてくれそう。ただ、こればっかりはどうしようもないのですが、くじを引く人を変えることを本気で考える時期にきているのではないでしょうか。

ドラフト的に監督がくじを引くのは「絵になるから」という理由がほとんど。誰もくじを外した責任はとりたくないもので、普通なら「監督が引いてダメなら仕方がない」となります。

ただ、これで10連敗となると・・・。さすがにチーム強化よりも「絵になる」を優先させているようではダメ。スカウトも「勘弁してくれよ…」となってしまいます。将来的に原監督がGMになって、引く人が変わるのだったら、今のうちから阿部二軍監督に引かせるのも一つの手じゃないかと思います。

結論としては、以上の4球団を「いまひとつ」とさせていただきます。
◇得津氏の診断D=巨人、西武、ソフトバンク、オリックス



2020高校生のドラフト候補はこちら

2020大学生のドラフト候補はこちら

2020社会人のドラフト候補はこちら


draftkaigi at 09:40|この記事のURL

2020ドラフト総括(スポーツニッポン)

10/27、スポーツニッポン4面より
新型コロナウイルスの感染拡大は、今年のドラフト戦線にも大きな影響を及ぼした。春夏の甲子園が史上初めて中止になるなど、アマチュア選手は実戦機会が激減し、プロ野球のスカウトたちは判断材料の減少に苦しんだ。アマ担当キャップの松井いつき記者が、特別な1年を総括した。

今年は例年以上に、現場スカウトの「目」が試されるドラフトとなった。春夏甲子園、全日本大学選手権、社会人日本選手権など、多くの全国大会が中止。

夏以降、高校野球の独自大会など球音は徐々に戻ったが、移動制限でスカウト活動自体ができなかったり、複数の目で評価する「クロスチェック」を取りやめた球団もあった。ある編成幹部は「上位候補は直接見るが、中位クラスは担当スカウトの目を信じるしかない」と本音を漏らす。

特にスカウトから悩ましい声が挙がったのが、成長過程にある高校生への評価だ。DeNAの吉田孝司顧問兼球団代表補佐は「いつもは2、3回見る機会があるが、今年は1回しか見られていない選手も多い。高校生の評価が非常に難しい」と明かす。

一般的に高校生は2年の秋までにチェックし、3年春の時点でリストを作成。その後、夏の地方大会や甲子園で最終チェックを行い、絞り込む。あるスカウトは「全国大会は選手同士を比較したり、各スカウトそれぞれの目線で評価を行う場だが、それができなかった。まだ埋もれている選手がいるかもしれない」と話す。

1位指名された高校生は3人。最近では10年に並ぶ少なさだ。元々、大学生に逸材が多い年ではあったが、活躍次第で「スター性」や「知名度」などの付加価値がつく春夏の甲子園がなかったことも影響した。

その中でソフトバンクは1位で近大・佐藤の抽選に敗れたものの、5人全員が高校生。素材重視のドラフトとなった。

一方、デメリットばかりではなかったのも事実。セ・リーグのスカウトは「志望届提出後の面談ではコロナ禍の自粛期間どうしていたかを全員に聞いた。うちは選手の主体性を大事にするので、有効だった」と話す。自粛期間を有効に使った早大・早川らは秋にさらに成長を遂げ、1位競合するまでになった。

また、8月下旬と9月上旬には、NPBと高野連がタッグを組み、プロ志望の高校生による画期的な合同練習会が計4日間、甲子園と東京ドームで開催された。それまでは無名だった選手も「発掘」された。様々な苦労や制限を乗り越えて迎えた10月26日。スカウトにとっても「特別なドラフト」となった。



2020高校生のドラフト候補はこちら

2020大学生のドラフト候補はこちら

2020社会人のドラフト候補はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

ドラフト1位に高校生7人、プロで成功するのは誰?

2019年10月27日

10/27、日刊ゲンダイ27面「小倉清一郎の鬼の秘伝書」より
17日、プロ野球ドラフト会議が行われた。1位の第1回入札は広島を除く11球団が高校生。結局、1位の12人中7人が高校生となった。

注目度ナンバーワンの大船渡・佐々木(動画)は、1位で4球団が競合し、ロッテに決まった。まだ手付かずの原石といった印象。少し負荷をかけたら壊れてしまいそうで、肩や肘などの故障を防ぐため、地道なトレーニングに時間をかける必要がある。

最速163キロの潜在能力は凄まじい。体ができ上がった時、165キロ以上を投げるであろうとんでもない可能性を秘めている。ロッテは高卒選手のデビューを焦らないイメージがある。じっくり育ててもらえそうで、佐々木にとっては好都合といえる。

3球団競合の星稜・奥川(動画)は高校生としては即戦力に近い。今夏には重心を落として投げられるようになり、球にスピンが利くようになった。高校生投手が通用するかは、使える変化球があるかというのが見極めのポイントになる。

奥川には一級品のフォークボールやスライダーがある。投手陣が弱いヤクルトなら、早ければ1年目の後半には一軍で出番が巡ってきそうだ。

西武で高卒1年目に16勝し、2、3年目も14、15勝を挙げた教え子の松坂(中日)は別格の成績だ。しかし「こんなものか」とプロの世界を甘く見てしまったところがある。20歳前後にじっくり練習できなかったことが、30代になってから故障がちになったことと関係しているのではないか、と思うことがある。必ずしもデビューが早ければいいというわけではない。

3球団競合の末に中日入りが決まった東邦・石川(動画)は長距離打者で足は速くない。

同じ内野手で私が注目しているのは、DeNAが一本釣りに成功した桐蔭学園・森(動画)である。俊足、強肩、勝負強い打撃もいい。足の速い野手は、早い段階で一軍の舞台に出てきやすい。スピードがある遊撃手という点で、1年目の小園(報徳学園→広島)に近い。

ただし、高卒野手が1年目から活躍するのは難しい。まずはプロの投手のスピードと変化球のキレについていけるか。変化球に体勢を崩された時に拾えるバットコントロールが必要になる。根尾(大阪桐蔭→中日)は今、それで苦しんでいるが、森はミート力を持ち合わせている。順調なら2年目の後半に台頭し、3年目に正遊撃手の大和を抜く力はある。

判断が難しいのは、阪神に外れ1位で指名された創志学園・西(動画)である。馬力が持ち味。プロで活躍する上で重要な要素であるスライダー、チェンジアップといった変化球も器用に操り、奪三振率は高い。プロでも変化球が通用すれば、化けるかもしれない。

オリックス興南・宮城(動画)巨人青森山田・堀田(動画)は、どちらも「外れ外れ」とはいえ、正直なところ、1位指名は驚いた。2球団の育成手腕が問われそうだ。



2019ドラフト、12球団の指名選手はこちら

2019育成ドラフト、12球団の指名選手はこちら



draftkaigi at 07:53|この記事のURL


ドラフトニュース検索