ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
ドラフト総括

2018ドラフト総括(藪恵壹氏)

2018年11月02日

夕刊フジ23面「藪恵壹の藪から棒球」より
25日のドラフト会議に取材で足を運びました。独特の緊張感が漂う会場を見ながらふと、自分が25年前(1993年)に1位指名されたころを思い出しました。

私なりに各球団の指名を採点すると、日本ハム中日が最高。吉田輝星投手(金足農)をはじめ甲子園で活躍したスターを4人指名した日本ハムは大収穫ですが、特筆すべきは、今季も6年連続Bクラスに終わった中日でしょう。

1位は4球団競合の末、相思相愛といわれていた地元・岐阜出身の根尾昂内野手(大阪桐蔭)の交渉権を獲得。同2位の梅津晃大投手(東洋大)は荒削りですが、注目は同4位の石橋康太捕手(関東第一高)。正捕手が定まらない中、次代を託そうというビジョンが明確です。近年、チームは低迷していますが、来季浮上するチャンスがあるなと感じています。

広島、西武、ソフトバンク、ロッテも野手、投手のバランスと、素材の良さが光ります。近年、球界全体的に「育成志向」が強まっていますが、特に広島は育成に強い自信と誇りを持っている球団です。1位の小園海斗内野手(報徳学園)を含め、好素材ばかりを狙い打ち。確固たる料理法はあるわけで、アラサーのタナキクマルの次代を担う選手を着実にそろえつつあるなと感心しました。

私の古巣阪神には40点と厳しい採点をつけました。俊足巧打が持ち味のドラ1の近本光司外野手(大阪ガス)は木製バットを操る社会人。近年、社会人出身の野手は糸原、源田(西武)、京田(中日)らがルーキーイヤーから活躍しているだけに、それほど心配はしていません。

一方、同2位以下ではフロントがどこまで5年後を見据えて戦略的に獲得したのかが未知数。無名選手が多いからです。もちろん、広島の丸、ソフトバンクの柳田にしても、アマチュア時代はそれほど注目を集めていた選手ではありません。プロ入り後に成長し中軸となる可能性のある選手もいるのでしょう。

しかし、今季最下位に終わったチームを率いる矢野新監督の本音は「すぐに使える選手がほしい」のはず。人気球団ゆえ、ファンは優勝を何年も辛抱強く待ってはくれません。その中で阪神のフロントは「育成」を強調していますが、これがどこまで浸透するか。結局新外国人、FA補強に頼らざるを得ない事態にならなければいいのですが・・・。


2018ドラフト、12球団の指名選手はこちら



draftkaigi at 09:05|この記事のURL

藪恵壹氏が12球団ドラフト採点

夕刊フジ23面「藪恵壹の藪から棒球」より

95点=日本ハム(甲子園のスターを多数獲得)
95点=中日(思い描いた通り指名)
90点=西武(7人中4人が投手で意図明確)
90点=広島(1位小園、3位林、5位田中は逸材)
80点=ソフトバンク(1位甲斐野と3位野村は好素材)
75点=ロッテ(藤原はじめバランス上々)
65点=楽天(8人中6人が大学・社会人の即戦力)
60点=オリックス(即戦力は2位頓宮くらい)
60点=ヤクルト(即戦力と育成目的の高校生が半々)
60点=DeNA(1位上茶谷以外は未知数)
45点=巨人(6人中5人が未知数の高校生)
40点=阪神(センターライン強化の意図はわかるが・・・)



2018ドラフト、12球団の指名選手はこちら

draftkaigi at 07:12|この記事のURL

2018ドラフト診断、名スカウトが12球団を採点

2018年10月27日

10/27、東京スポーツ30面より
元スカウトで本紙評論家の得津高宏氏が、本紙恒例「ドラフト診断」でズバリ採点した。真っ先に名前を挙げたのは日本ハムだ。

「一番いい指名をしたのは日本ハムで異論はないのでは。1位指名こそ外しましたが、夢のある選手が揃いました。外れ1位で吉田輝星君の単独指名に成功したのはラッキーでしたね。有望な素質型の高校選手をずらりと揃え、1位級の社会人投手を3位で確保できた。知名度のある選手ばかりという見方もできますが、そういう選手をしっかり育成してきた実績もある。見事なドラフトだったと思います」と絶賛した。

次いで中日、西武の2球団がいいという。

「中日は根尾昂君を引き当てたのはもちろんですが、2位でも即戦力1位級投手の指名に成功。地元の選手も押さえながら、有望な高校捕手を4位で指名できた。西武は1位で日体大の松本の単独指名に成功。2位で地元の1位級高校投手も残っていたし、当初の思い通りに指名できたのでは。ドラフトではバタバタすると指名バランスが崩れたり、大変なことになったりするんですが、この2球団は、ほぼ完璧な指名だったのでは」

これに続くのはロッテDeNAの順。

「ロッテは1位の抽選に勝ち、即戦力投手も押さえることができた。投手中心になったのはチーム事情的に仕方がないのかな。DeNAは2位の伊藤(立正大)がいいですね。柔らかい打撃で低めを打つのがうまい。すぐに試合で使えるのでは。この2球団はまずまずでしょう」

 「可もなく不可もなく」としたのは、広島、ソフトバンク、ヤクルト、オリックス、楽天

「広島はインパクトはそれほどありませんが、例年通りの育成中心といった感じ。逆にソフトバンクは今年は珍しく即戦力にかじを切った印象で、ちょっと余裕がなくなったのかなと。ヤクルトは外れの外れで清水(国学院大)を獲れたのは良かったですが、2位以下は無難にまとめたといった感じ。

オリックスは外れ1位でもうちょっと攻めてもよかったのでは。他球団が『やられた』と思う指名ではなかったように思います。楽天は2位のウエーバーをもうちょっとうまく使えなかったのかな。太田(大商大)の指名はちょっと早い。あせりを感じました」


そして最後に残ったのは阪神巨人。この2球団には厳しい言葉が並んだ。

「阪神は上位で野手を並べましたが、かなり異質ですね。ここは例年、野手指名優先の傾向があるのですが、それが球団の方針なら仕方がないのかな・・・。斎藤(ホンダ)を4位で獲れたので少しは救われましたが、それでももう少し上位で投手を指名してほしかったところです」

「巨人は1位で2度外しましたが、高橋(東海大菅生→八戸学院大)の指名には東海大のからみもあるようで、残念に思いました。抜けた実力があるのならともかく、監督の大学関連を1位でやるのはどうなのかな・・・と。個人的には外れ1位で吉田に行ってほしかった。

大阪桐蔭の柿木(日本ハム5位)より先に同校のチームメートで控えの横川を4位で指名したのも、左腕とはいえ違和感を覚えましたし、日本ハムとは逆に『夢のある指名』ではなかったように思います」


とはいえドラフトはスタート。9年後、10年後が楽しみだ。



2018ドラフト12球団の指名選手はこちら



draftkaigi at 07:06|この記事のURL

2017ドラフト、一番成功した球団は?

2017年11月08日

週刊大衆 11月13日号より
「早稲田実業の清宮幸太郎に史上最多の指名はあるか!?」、「史上初の単独指名なしか!?」という点に注目が集まった今年のプロ野球ドラフト会議。蓋を開けると、清宮には7球団の指名が集まり、抽せんの末に日本ハムが交渉権を獲得。また、単独指名があるかについても、DeNAが立命館大・東克樹の一本釣りに成功したのだが、別の意味での史上最多に、会場の記者席は沸いていた。

「史上最多タイの3回クジで外れたソフトバンクの工藤監督と、外れ外れ外れ1位で同球団に指名された鶴岡東・吉住晴斗投手です(笑)。3回目の抽せんでも、どよめきが起こりましたが、吉住君が指名されたときも、誰だ、誰だ!?って、ざわつきましたね。多くの記者がノーマークでしたから」(会場で取材をしていたスポーツ紙デスク)

だが、この吉住投手、実は最速149キロの速球を投げる本格派。甲子園での登板は2年時に1イニングだけだが、ひそかにスカウト陣からの注目を集めていた投手なのだ。「現在の投手陣が盤石のソフトバンクですから、将来性を買ったんでしょう。若手の育成に定評のある球団だけに、3年後が楽しみな選手ですね」(前同)

12球団の思惑が交錯した今回のドラフトで、バッチリの補強ができた球団は、どこだったのか。7球団競合の末に早実・清宮の交渉権を獲得した日本ハムに加え、JR東日本・田嶋大樹投手、広陵・中村奨成捕手を1回目のクジで引き当てたオリックス広島はもちろん及第点だが、「立命館大・東を一本釣りできたDeNAが、一番いい補強ができたんじゃないかな」と語るのは、ベテランの野球記者。

「DeNAは当初、清宮に行くともいわれていましたが、本音は、どうしても投手を補強したかったんです。そこでスカウト陣は、田嶋の指名に切り替えたんですが、高田繁GMの鶴の一声で東の指名に変更。実は高田さんの評価は、田嶋より東のほうが断然、高かったそうですよ」(前同)

最速152キロの大学ナンバーワン左腕の単独指名はまさに願ったり叶ったりだったようだ。ほかにも、清宮は逃したものの、履正社・安田尚憲を外れ1位の抽せんで引き当てたロッテと、仙台大・馬場を、外れ外れ1位の抽せんで引き当てた阪神も、上々のドラフトだったと、ベテラン記者は言う。

「チーム防御率が12球団ワーストの4.22だったロッテは、投手の補強が急務であるのは間違いないんですが、実は、岡田、荻野、角中、清田など、野手の主力のほとんどが30代。将来の主軸は喉から手が出るほど欲しかったはず」(同)

また、馬場に関しては外れ外れ1位だが、「最速155キロの豪腕がここまで残っていたのは奇跡ですよ、なんだかんだで阪神には内野手がいますから、清宮や安田よりもいい補強だったのでは・・・」(同)。悲喜こもごものドラフトだったが、実際の評価はシーズンが始まってから。ドラ1以外にも、どんな選手が活躍するか目が離せない。



下は各球団のドラフト1位確定選手です。

広島 中村奨成(広陵高・捕) 動画 スカウト評
阪神 馬場皐輔(仙台大・投) 動画 スカウト評
DeNA 東克樹(立命館大・投) 動画 スカウト評
巨人 鍬原拓也(中央大・投) 動画 スカウト評
中日 鈴木博志(ヤマハ・投) 動画 スカウト評
ヤクルト 村上宗隆(九州学院高・捕) 動画 スカウト評

ソフトB 吉住晴斗(鶴岡東高・投) 動画 スカウト評
西武 斉藤大将(明治大・投) 動画 スカウト評
楽天 近藤弘樹(岡山商科大・投) 動画 スカウト評
オリックス 田嶋大樹(JR東日本・投) 動画 スカウト評
日本ハム 清宮幸太郎(早稲田実高・内) 動画 スカウト評
ロッテ 安田尚憲(履正社高・内) 動画 
スカウト評



draftkaigi at 07:11|この記事のURL

2017ドラフト、12球団を採点(週刊ベースボール)

2017年11月02日

本日発売の週刊ベースボールは、各球団のドラフトの結果を以下のように採点しています。(11月13日号より)


広島東洋カープ 
採点=80点
収穫=相思相愛が実る
誤算=左腕投手を獲得できず


阪神タイガース
採点=75点
収穫=即戦力投手3人獲得
誤算=清宮、安田のクジ外し


横浜DeNAベイスターズ
採点=85点
収穫=大学ナンバー1左腕一本釣り
誤算=捕手にもう一枚・・・


読売ジャイアンツ
採点=50点
収穫=経験豊富な野手を確保
誤算=4番&スター候補逃す


中日ドラゴンズ
採点=80点
収穫=素材型を徹底確保
誤算=捕手、長距離砲ゼロ


東京ヤクルトスワローズ
採点=45点
収穫=打てる捕手の確保
誤算=大物逃し小粒感


福岡ソフトバンクホークス
採点=30点
収穫=松田の後継者現る!?
誤算=残り物に福は・・・なし


埼玉西武ライオンズ
採点=70点
収穫=即戦力先発左腕獲得
誤算=クジで田嶋を逃す


東北楽天ゴールデンイーグルス
採点=55点
収穫=特徴ある選手ゲット
誤算=勝負強行が裏目に


オリックス・バファローズ
採点=100点
収穫=左右の即戦力投手獲得
誤算=なし


北海道日本ハムファイターズ
採点=95点
収穫=清宮の指名に成功!
誤算=手薄な捕手を獲得せず


千葉ロッテマリーンズ 
採点=80点
収穫=未来の4番候補の獲得
誤算=一塁候補の清宮を逃す



2017ドラフト、12球団の指名選手はこちら

draftkaigi at 11:36|この記事のURL

ドラフトニュース検索