ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる
ドラフト犯罪・逮捕

元ドラフト候補左腕が部員14人にワイセツ行為

2021年08月24日

8/24、日刊ゲンダイ5面より
「マッサージをしたる」。コーチはそう言って教え子たちを学校近くの野球部の部室や寮の自室に呼び出し、2人きりの密室で男性器をもてあそんでいた。

大阪市内の私立高校の男子野球部員にわいせつな行為をしたとして、同校野球部の元コーチ、水落雄基容疑者(31)が18日、大阪府警に強制わいせつの疑いで逮捕された。

水落容疑者は2020年4月に同校に赴任。今年1月、保護者から「子どもがコーチに下半身を触られた」と相談があり、淫猥な行為が発覚した。昨年8月以降、男子部員14人が同様の被害に遭ったと学校側に訴え、中には10回ほど触られたり、男性器の写真を撮影されたりした部員もいたという。

水落容疑者は学校側の調査に対し、「冗談半分でやっていたが、徐々にエスカレートした」と認め、今年3月、懲戒解雇された。逮捕をきっかけに、仰天するような余罪が次々明らかになりそうだ。

「どうやら部員たちが受けた被害は、こんなものではないそうです。水落容疑者に男性器を押し付けられそうになったり、くわえろ、みたいなことを言われたり、口にするのもはばかられるような行為を繰り返していた。被害者の数が多く、警察も慎重に調べを進めているようです」(関係者)

同校野球部は猛練習で知られ、強豪校を次々と破り、甲子園出場を果たしたこともある。

水落容疑者は福岡出身。小学3年で野球を始め、中学2年の時に九州大会準優勝。東福岡高では1年夏から先発を任され、2007年、2年の夏には左のエースとして県予選を勝ち抜き、同校を夏の甲子園初勝利に導いた。本格派左腕として将来性を期待され、ドラフト候補として名前が挙がったこともあった。

卒業後は福岡大に進学。その後、肩を壊し、外野手としてクラブチームに所属していた。

「福岡で野球を続け、いったん引退して、関西の高校で指導者をしとった。それでもまた野球をやりたいいうことで、3年前、大阪のクラブチームで現役復帰したんや。指導者の勉強を続けながら1年間、現役生活を送り、昨年から私立高で指導していた。高校の指導者になって、教え子を甲子園に連れていきたいという夢があったから、一生懸命、努力しとったんやけどな。練習態度やチームメートと接する様子を見とっても、申し分なかったし、むしろ、マジメでおとなしい印象やったな」(知人)

立場上、コーチに逆らえなかった部員たちにしてみれば、「冗談半分」で済まされる問題ではない。



ドラフト候補にも挙がった水落容疑者の高校時代のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:00|この記事のURL

元オリックス投手、パチンコ店で財布盗み逮捕

2021年06月03日

6/3、スポーツニッポン17面より

2003オリックスドラフト2巡目 柴田誠也
北海道尚志学園高・投手

兵庫県警須磨署は2日、パチンコ店で財布を置引したとして窃盗の疑いで、プロ野球オリックスの元投手でトレーナーの柴田誠也容疑者(2003オリックス2巡目)を逮捕した。署によると「間違いありません」と容疑を認めている。

逮捕容疑は2月7日午後4時35分ごろ、神戸市須磨区のパチンコ店内で男性会社員(20)がパチンコ台に置き忘れた現金4万2000円などが入った財布を盗んだ疑い。柴田容疑者は2003年のプロ野球ドラフト会議で、2巡目で指名されオリックスに入団。07年に戦力外通告を受けた。



下は2003ドラフトでオリックスが指名した選手です。柴田誠也は2巡目指名入団。プロでの成績はこちら

オリックスの2003ドラフト指名選手
自由枠 歌藤 達夫 ヤマハ 投手
自由枠 行使せず
1巡目 指名権なし
2巡目 柴田 誠也 北海道尚志高 投手
3巡目 指名権なし
4巡目 嶋村 一輝 九州国際大 内野手
5巡目 野村 宏之 近畿大 投手
6巡目 松村 豊司 立命館大 投手
7巡目 小島 昌也 自由ヶ丘高 外野手
8巡目 由田 慎太郎 早稲田大 外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 06:23|この記事のURL

2017年甲子園優勝メンバーに懲役5年の判決

2021年02月05日

2/5、スポーツ報知17面より
千葉県八街市の住宅に強盗目的で押し入り住人にけがを負わせたとして、強盗致傷などの罪に問われた花咲徳栄高野球部の元主将・千丸剛被告(21)ら男4人の裁判員裁判で、千葉地裁(坂田威一郎裁判長)は4日、千丸被告に懲役5年(求刑懲役6年)の判決を言い渡した。

また、地裁はいずれも神奈川県の吉添勇人被告(23)に懲役8年6月(求刑懲役11年)、山本光輝被告(22)に懲役6年(同懲役7年)、越川正翔被告(23)に懲役5年6月(同懲役7年)の判決をそれぞれ言い渡した。

4人並んで法廷に立った千丸被告は「千丸剛です」と小さな声で名乗ると、ただまっすぐに前を見つめて判決を聞いていた。

坂田裁判長は、同校野球部の岩井隆監督の紹介で就職が内定していることなどを挙げ、「社会復帰の環境が整っている」としたものの、「自己の関与を過小に捉え、反省が十分になされているとは言いがたい」と指摘。弁護側が求めていた執行猶予は認めなかった。

判決によると、4人は2019年4月26日夜、共謀して八街市内で車のナンバープレートを盗み、同市内の住宅に侵入。住人の男性の頭をバールで殴り、男性の妻を粘着テープで縛るなどしてけがを負わせた。

千丸被告は同校卒業後、駒大に進学し野球部に入ったが、1年夏に退部。27日の被告人質問では、深夜に長時間正座させられたり、火の付いたたばこを押しつけられたりするなどしごきが続いたため退部し、自宅に引きこもるようになったと述べていた。



下は花咲徳栄からドラフト指名された選手です(大学・社会人経由も含む)

選手名 指名年度とプロ入り後の成績
品田 操士 1991近鉄3位
池田 郁夫 1992広島7位
品田 寛介 1993広島6位
神田 大介 1996横浜5位
阿久根 鋼吉 1998日本ハム5位
新井 智 2002阪神9巡目
根元 俊一 2005(大・社)ロッテ3巡目
阿部 俊人 2010楽天3位
若月 健矢 2013オリックス3位
大滝 愛斗 2015西武4位
高橋 昂也 2016広島2位
岡崎 大輔 2016オリックス3位
西川 愛也 2017西武2位
清水 達也 2017中日4位
楠本 泰史 2017DeNA8位
野村 佑希 2018日本ハム2位
韮沢 雄也 2019広島4位
井上 朋也 2020ソフトバンク1位


draftkaigi at 07:30|この記事のURL

愛知県のプロ注目投手、詐欺で逮捕

2020年09月30日

9/30、スポーツ報知16面より

大矢圭一郎(愛知大・投手)
179cm・右投左打・動画

新型コロナウイルス対策の一環で国が支給する持続化給付金をだまし取ったとして、愛知県警捜査2課などは29日、詐欺の疑いで、いずれも愛知大(名古屋市)の学生で、豊橋市の大矢圭一郎容疑者と住所不定の岩堀新大容疑者を逮捕した。

捜査関係者などによると、大矢容疑者は愛知大野球部で投手として活躍し、プロから注目されていた。同課によると、2人は会員制交流サイト(SNS)を通じて知人らに不正を指南していたとみられ、これまでに10人程度の受給を確認。自らも受給していたとみられ、県警が解明を進める。

大矢容疑者は、公立の愛知・豊明高で捕手から投手に転向。最速143キロ右腕として頭角を現し、プロの視察も受けた。3年夏は県大会4回戦敗退、甲子園出場はなし。プロ志望届は提出せず、愛知大に進学。

チームは現在、愛知大学野球連盟の秋季2部Bリーグで5勝1敗の首位だが、大矢容疑者の登板はなし。現在のサイズは身長179センチ、体重76キロという。

逮捕容疑は5月下旬、愛知県内に住む20代男性が、4月の事業収入が前年同月と比較して大幅に減ったとする虚偽の内容を中小企業庁に申請し、6月2日に男性の口座に給付金100万円を振り込ませた疑い。同課は認否を明らかにしていない。男性は詐欺容疑を認めており、在宅で捜査する。

愛知大の川井伸一学長は「本学の学生が逮捕されたことは誠に遺憾で、おわび申し上げる。厳正に対処するとともに、再発防止に取り組み、信頼回復に努める」とのコメントを発表した。



draftkaigi at 08:47|この記事のURL

元巨人ドラフト2位投手、風営法違反の疑いで逮捕

2020年02月28日

2/28、スポーツニッポン17面より

2008巨人ドラフト2位 宮本武文
倉敷高・投手

他人名義で営業許可を受けたラウンジを経営したとして、和歌山東署は27日までに、風営法違反(無許可営業)などの疑いで、和歌山市田尻、ラウンジ経営・宮本武文容疑者(2008巨人2位)ら男3人を逮捕した。宮本容疑者はプロ野球巨人の元投手で、逮捕は2回目。  

宮本容疑者の逮捕容疑は、2018年7月10日~今年2月2日、和歌山市の繁華街で和歌山県公安委員会が営業許可を出した他人名義のラウンジを経営し、2月7日に別のラウンジを同様に経営した疑い。残る男2人は名義を貸すなどした疑い。

署によると宮本容疑者は「自分名義で登録されていると思った」と否認している。署は今月上旬、別の同法違反容疑で宮本容疑者らを逮捕した。宮本容疑者は、岡山県の倉敷高から08年のプロ野球ドラフトで巨人の2位指名され入団、12年に現役引退した。



下は2008ドラフトで巨人が指名した選手です。宮本武文は2位指名入団。プロでの成績はこちら

巨人の2008ドラフト指名選手
1位 大田 泰示 東海大相模高 内野手
2位 宮本 武文 倉敷高 投手
3位 斎藤 圭祐 千葉経大付高 投手
4位 橋本 到 仙台育英高 外野手
5位 笠原 将生 福岡工大城東高 投手
6位 仲沢 広基 国際武道大 内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 06:31|この記事のURL


ドラフトニュース検索