ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
ドラフト犯罪・逮捕

元巨人ドラフト1位を逮捕、FX損失補填の疑い

2019年06月21日

6/21、サンケイスポーツ19面より

1979巨人ドラフト1位 林泰宏 
市立尼崎高・投手

外国為替証拠金取引(FX)を手がける東郷証券(東京都港区)が、複数の顧客に対し損失補填を行ったとして、東京地検特捜部は20日、金融商品取引法違反容疑で実質経営者の林泰宏容疑者(1979巨人1位)ら4人を逮捕した。

林容疑者は1979年、ドラフト1位でプロ野球の巨人に投手として入団。現役引退後は証券マンに転身し経営者になった異色の経歴で知られていた。

異例の転身を遂げたドラ1元投手が、東京地検特捜部からアウトの“判定”を受けた。逮捕容疑は、2016年7月~19年1月、顧客8人の損失計約6900万円を穴埋めした疑い。関係者によると容疑を否認しているとみられる。他に逮捕されたのは、東郷証券代表取締役、宇佐美麻己、上村昌也、宮井智浩の各容疑者。

損失を穴埋めした顧客は数十人に上り、総額は億単位になる可能性がある。業務を外部委託したように装って捻出した資金を使ったとみられる。証券会社の損失補填が刑事事件として立件されるのは約20年ぶり。証券取引等監視委員会が今年2月5日、本社など関係先を強制調査していた。

損失補填を主導したとみられている林容疑者は、1979年にドラフト1位で巨人入り。しかし、制球に難があって伸び悩み、1軍登板の機会はなかった。近鉄、大洋(現DeNA)と相次いで移籍し、最後は肩を壊して85年に引退した。

その後、先物取引大手を渡り歩いて、営業社員として頭角を現す。2005年6月から06年2月まで「入や萬成証券」社長を務め、異例の転身と注目された。

営業スタイルは「激情」「強引」。会長と呼ばれ、月に1、2度出社すると「売り上げを伸ばせ!」と社員を怒鳴りつけてハッパを掛けていた。元社員は「支店との電話で、ばか野郎と叫び、受話器を壊した。怖い人だった」と証言。

また、林容疑者らが指示して、名簿業者から高額納税者リストなどを入手。高齢者らに営業の電話をかけ、契約を断られても強引に勧誘を続けるという、違法な営業を続けていた疑いもある。

私生活では、巨人時代の1984年に元アイドルの黒木真由美さんと結婚。88年には長女のタレント、黒木マリナが生まれ、96年に離婚している。



下は1979ドラフト会議で巨人が指名した選手です。1位指名・林泰宏のプロでの成績はこちら

巨人の1979ドラフト指名選手
1位林 泰宏市立尼崎高投手
2位山崎 章弘兵庫育英高捕手
3位岡崎 郁大分商高内野手
4位上野 敬三箕島高内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:04|この記事のURL

元巨人ドラフト1位投手を立件へ、損失補填の疑い

2019年06月15日

6/14、夕刊フジ3面より

1979巨人ドラフト1位 林泰宏 
市立尼崎高・投手

東郷証券(東京都港区)が複数の顧客に対し、外国為替証拠金取引(FX)で生じた損失を補填した疑いがあるとして、東京地検特捜部が同社の男性取締役を金融商品取引法違反(損失補填等の禁止)容疑で、近く立件する方針を固めたことが分かった。

この男性取締役はプロ野球巨人の元投手。しかもドラフト1位という輝かしい経歴を持っている。関係者によると、東郷証券はFXを行っていた複数の顧客に対し、損失の穴埋めをした疑いがあり、補填額が数千万円に上る顧客もいるという。補填の原資は架空の外部委託費から捻出していたとみられる。

特捜部はすでにこの取締役らから事情聴取。詰めの捜査を進めているもよう。取締役については東郷証券の実質的な経営者で、損失補填を主導したとみている。

取締役は1979年のドラフト会議で、巨人から1位指名を受けて入団した。プロ選手として花を咲かせることはかなわなかったものの、引退後に働き始めた証券業界で頭角を表し、老舗証券会社の社長を務めた。当時の新聞では、《元ドラフト1位、社長で登板》と紹介された。

華麗な転身を遂げた取締役が手を染めた疑いのある損失補填は、バブル崩壊後に大手証券会社などで発覚して社会問題となり、91年の証券取引法(現金商法)改正で禁じられた。過去のインタビューで、取締役は「一軍で活躍した人はともかく、私のような人は次の目標がなく、投げやりになる人もいる」と話していた。



下は1979ドラフト会議で巨人が指名した選手です。1位指名・林泰宏のプロでの成績はこちら

巨人の1979ドラフト指名選手
1位林 泰宏市立尼崎高投手
2位山崎 章弘兵庫育英高捕手
3位岡崎 郁大分商高内野手
4位上野 敬三箕島高内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

無免許・買春・詐欺、ドラフト6位入団選手の末路

2019年06月10日

週刊現代6月15日号より

2013オリックスドラフト6位 奥浪鏡
創志学園高・内野手

5月30日、詐欺と窃盗の疑いで元オリックスの奥浪鏡容疑者(2013オリックス6位)が逮捕された。奥浪は、2017年には無免許事故、今年3月には児童買春とすでに2つの前科があり、これが3度目の逮捕となる。今回の逮捕で奥浪は中学時代から素行不良だったことが指摘されている。

当時在籍していた少年野球チーム、広島ジャガーズでコーチを務めていた株本氏が嘆く。「いろいろ言われていますが、野球については本当にひたむきで、中学生の時からプロになりたいと言って一生懸命に練習していました。卒業後も、オフには毎年律儀に挨拶に来てくれていました」

中学卒業後は、岡山の創志学園に進学。甲子園出場は果たせなかったものの、高校通算71本塁打のパワーを買われ、13年にドラフト6位でオリックスに入団した。多少の素行の悪さは、野球の才能の前に不問に付された。ルーキーイヤーには、2軍のオールスターで優秀選手に輝いたが、プロの世界はそう甘くない。

「入団当初は早く上で結果を残したいと張り切っていたものの、オリックスの1軍にはT-岡田や中島(現巨人)をはじめ強打の選手がひしめいており、奥浪にはなかなかお呼びがかからなかった。2軍暮らしを続けるうちに身が入らなくなり、ウソをついて練習をさぼって当時の福良監督を激怒されたこともありました」(スポーツ紙オリックス担当記者)

その後は、前述の無免許事故をきっかけに球団を解雇され、3度目の逮捕までわずか2年。野球の才能だけで生きていけるほど世の中は単純ではない。

「本当に野球だけが取り柄という子でしたから、球団をクビになって唯一の拠り所を失い、自暴自棄になってしまったのだと思います。才能はあっただけに、ただただ残念です・・・」(前出・株本氏)



下は2013ドラフトでオリックスが指名した選手です。6位指名・奥浪鏡のスカウト評はこちら

オリックスの2013ドラフト指名選手
1位吉田 一将JR東日本投手
2位東明 大貴富士重工投手
3位若月 健矢花咲徳栄高捕手
4位園部 聡聖光学院高内野手
5位吉田 雄人北照高外野手
6位奥浪 鏡創志学園高内野手
7位柴田 健斗BCリーグ信濃投手
8位大山 暁史セガサミー投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 13:10|この記事のURL

元オリックス選手、詐欺・窃盗容疑で逮捕

2019年05月31日

5/31、デイリースポーツ5面より

2013オリックスドラフト6位 奥浪鏡
創志学園高・内野手

警察官をかたって高齢男性からだまし取ったキャッシュカードで現金を引き出したとして、兵庫県警長田署は30日、詐欺と窃盗の疑いで、オリックス元選手の無職・奥浪鏡容疑者(2013オリックス6位)を逮捕した。容疑を否認している。

逮捕容疑は昨年7月10日、別の男らと共謀し、兵庫県尼崎市の無職男性(81)の自宅に「キャッシュカードが犯罪に関連している。警察官が家に行くので渡してほしい」などと電話してカード2枚をだまし取り、翌11日にかけて現金計200万円を引き出した疑い。

奥浪容疑者は、18歳未満の女子高校生にみだらな行為をしたとして今年3月、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の罪で起訴されていた。



関連記事
元オリックス選手、女子高生とみだらな行為して逮捕

下は2013ドラフトでオリックスが指名した選手です。6位指名・奥浪鏡のスカウト評はこちら

オリックスの2013ドラフト指名選手
1位吉田 一将JR東日本投手
2位東明 大貴富士重工投手
3位若月 健矢花咲徳栄高捕手
4位園部 聡聖光学院高内野手
5位吉田 雄人北照高外野手
6位奥浪 鏡創志学園高内野手
7位柴田 健斗BCリーグ信濃投手
8位大山 暁史セガサミー投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

元オリックス選手、女子高生とみだらな行為して逮捕

2019年03月15日

3/15、サンケイスポーツ終面より

2013オリックスドラフト6位 奥浪鏡
創志学園高・内野手

大阪府警淀川署は14日までに、女子高生にみだらな行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)容疑で、プロ野球オリックスの元選手、奥浪鏡容疑者(2013オリックス6位)を逮捕した。

容疑は昨年12月11日、出会い系サイトで知り合った千葉県に住む10代後半の女子高生が18歳未満だと知りながら、現金4万円を渡すと約束し、西宮市の自宅でみだらな行為をした疑い。さらに「キャッシュカードの調子が悪いから今度払う」と言って現金を渡さなかったという。容疑を認めている。

奥浪容疑者は創志学園高(岡山)で高校通算71本塁打を記録。2013年ドラフト6位でオリックス入団。プロ1年目だった同年のフレッシュオールスターで本塁打を放ち、優秀選手に輝いた。

将来を期待されたが17年5月、運転免許停止中に車を運転して人身事故を起こし、同8月に球団に選手契約を解除された。同11月に12球団合同トライアウトを受験したが失敗。18年2月に加入した社会人野球チームも退団し、現在はアルバイトをして生計を立てていたとみられる。



下は2013ドラフトでオリックスが指名した選手です。6位指名・奥浪鏡のスカウト評はこちら

オリックスの2013ドラフト指名選手
1位吉田 一将JR東日本投手
2位東明 大貴富士重工投手
3位若月 健矢花咲徳栄高捕手
4位園部 聡聖光学院高内野手
5位吉田 雄人北照高外野手
6位奥浪 鏡創志学園高内野手
7位柴田 健斗BCリーグ信濃投手
8位大山 暁史セガサミー投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:02|この記事のURL


ドラフトニュース検索