ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
あのドラフト選手は今・・・

裏金問題の元ドラ1投手、自己破産しユーチューバーに

2019年12月15日

FLASH 12月24日号より

2004楽天ドラフト自由枠 一場靖弘
明治大・投手

「はい。事実です。今年8月22日に自己破産しました」。本誌の問いかけに、一場靖弘(2004楽天自由枠)はそう答えた。

プロ入り前から、波瀾の人生。2004年のドラフトでは、各球団が獲得合戦を繰り広げた「10年にひとり」の有望株。だが、大本命だった巨人をはじめ、 阪神、横浜などから「栄養費」という名目で “裏金” を受け取っていたことが発覚。新設球団・楽天に、自由獲得枠での “ドラフト1位” 入団で落ち着いた。

その15年後、いまはユーチューバーだ・・・。

「現役引退後の2013年1月からは、知人の紹介で看板製作会社で働きました。30年間、野球しかやってなかったので、会社勤めをして社会に飛び込もう』思ったんです」。看板製作会社で、大手スーパーへの営業、看板デザインの製作に、現場での取りつけ作業もおこなった。

「最初は現場に出るとき、あの一場だと思われたくなかったですね。また1年たつと、野球への思いも少しずつ芽生えてきて、水戸市の電気機器販売代理店に転職しました」

「水戸で働いていたころから、弁護士と話していました。じつは現役中に、仙台市内でマンションを購入していたんです。引退後も家賃収入を得られると思っていました。ですが、ヤクルト時代の2011年に東日本大震災があり、そのマンションが『半壊』扱いに。価値が下がったので売却しました」

そこから 地獄を見ることになった。購入時にローンを組んだのが、2018年、不正な不動産融資が発覚して社会問題になった「スルガ銀行」だった。

「プロ野球選手ということもあって、ローンを組めたのがそこだけでした。引退後、ローンを月々約30万円返しても、元金が数千万円から減らない状態になりました。正直言うと、支払いがキツかったんです」

2015年9月に電気機器販売代理店を退職し、2019年11月にユーチューバーに 転職するまでは、外資系保険会社で4年間働いていた。

「そのときの営業の仕事は、完全歩合制でしたが、そのぶん経費もすごくかかっていました。稼いでも経費で全部出ていくという生活で、このままでは家族にも負担を強いるだけだと思いました。そこで今年8月、弁護士と相談のうえ破産し、仕事も辞めました」

開設した「一場靖弘のBASEBALLチャンネル」をメインに活動しつつ、芸能事務所にも所属している。ちなみに同チャンネルでは、「栄養費」騒動や、戦後最多の「シーズン107奪三振」を記録した、明治大学時代の裏話を披露している。

「ユーチューバーになったのは、指導者への第一歩なんです。将来的には、指導者として甲子園を目指したい。いろいろ不安はあるけれど、もう失うものはない。引退したときは、一場という名を知られたくないとも思いましたが、いまは消えかかっている自分の名を知ってもらって、指導者への道をこじ開けたい。今ユーチューバーや芸能活動を始めなかったら、手遅れになると思ったんです」

裏金問題に自己破産、人生を振り回されてきた彼に、「おカネとは何か?」と尋ねた。「つかず離れずで、いつも適度な距離を保ち、そばにいる親友なんだと思います」。天才投手からの金言かもしれない。



下は2004ドラフトで楽天が指名した選手です。自由枠で入団した一場靖弘のプロでの成績はこちら

楽天の2004ドラフト指名選手
自由枠一場 靖弘明治大投手
自由枠(行使せず)
1巡目(指名権なし)
2巡目渡辺 恒樹NTT東日本投手
3巡目(指名権なし)
4巡目西谷 尚徳明治大内野手
5巡目塩川 達也東北福祉大内野手
6巡目大広 翔治東洋大内野手
7巡目平石 洋介トヨタ自動車内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 12:30|この記事のURL

新庄剛志(元阪神)、25億円だまし取られていた!

2019年11月22日

11/22、夕刊フジ25面より
 

1989阪神ドラフト5位 新庄剛志
西日本短大付高・内野手

13年間のブランクを経て、現役復帰への挑戦を宣言した新庄剛志氏(1989阪神5位)が20日、インターネット配信に生出演して仰天発言を連発した。

移住先のバリ島から帰国中の新庄氏は、自身のインスタグラムに動画をフル回転で投稿中だ。都内のバッティングセンターで打撃練習、渋谷のスクランブル交差点で腕立て伏せ、新注のグラブを手にニンマリ-。

生出演した「LINE LIVE」でもどんな練習をしているのか問われ、「インスタ映えするトレーニング。今まで有言実行で成功してきたけど、この挑戦は一番楽しい。不可能に近いから。伝説をつくりたい。50(歳)だよ。バカでしょ俺。それが面白い」と新庄節をさく裂させた。

練習風景を「結構、格好いい。野球しているところも、いちいち格好いい」と自画自賛。来年のトライアウトを受験する予定だが、独立リーグではなく、あくまでもプロ野球12球団でのプレーを目指しているようだ。

そうはいっても、引退後は日本から遠く離れた南の島で生活しており、「12年間ほとんど野球を見ていない。毎年、優勝したチームもわからない」というレベル。自身もプレーした米大リーグへの移籍を目指すDeNA・筒香、西武・秋山、広島・菊地について「誰も知らない。秋山幸二さん、メジャー行くの?」とのたまうほど、ブランクの大きさは深刻だ。

この日はインスタに、宝くじ5万1000円分を購入する姿も投稿し、「初めて買った。当たりそうな気がする。億万長者を経験して(知人に)25億円だまされて、2000万円しかなくなって。今、口座見たら76万円しかなかった」と告白。

「まぁまぁ、楽しいですよ。ここからどうやって、お金をもう1回。2000万円ぐらいあったら十分楽しめる。でも今はお金がないから、ちょっと稼がないと」と本音も飛び出した。

今回の約30分に及んだ生配信は有料で、お値段は600LIVEコイン(720円相当)。現役復帰宣言で注目を集め、“出稼ぎ”のために帰国した感も否めない。日本にはわずか5日間の滞在で、21日にバリ島へ戻る予定。型破りな言動で野球ファンを何度も驚かせてきたが、今度は何をしでかすのか。



下は1989ドラフトで阪神が指名した選手です。新庄剛志は5位指名入団。プロでの成績はこちら

阪神の1989ドラフト指名選手
1位 葛西 稔 法政大 投手
2位 岡本 圭治 近畿大 内野手
3位 麦倉 洋一 佐野日大高 投手
4位 古里 泰隆 福岡第一高 投手
5位 新庄 剛志 西日本短大付高 内野手
6位 吉田 浩 高岡第一高 外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 10:15|この記事のURL

中日の元球団代表、東京大野球部監督に就任

2019年11月10日

日刊ゲンダイ41面「権藤博の奔放主義」より

1966中日2次ドラフト3位 井手峻
東京大・投手

中日の元球団代表、井手峻氏(1966中日3位)母校・東大の野球部監督を務めることになった。ドラゴンズで現役時代を共にした彼とは50年以上の付き合いで、年齢は私が5学年上。気安く「井手ちゃん」と呼ばせてもらっている。就任発表の前日にも電話で話をしたが、口調に活力がみなぎっていた。

思い出はいろいろとある。今でも苦労をかけてしまったなと思うのは、私が中日の投手コーチに復帰した2012年の前年オフのことだ。要請は当時、球団の取締役編成担当の要職にあった彼からだった。すでに高木守道監督の就任が発表されており、「ドラゴンズ史上最高の野手と投手が指導者としてタッグを組むのが私の夢」と熱っぽく口説かれた。

二つ返事でOKしたものの、シーズンは2位に終わり、クライマックスシリーズで優勝球団の巨人を3連勝で追い詰めながら、3連敗で及ばず。シーズン途中から、メディアには高木監督と私の確執が取り上げられ、井手ちゃんを心配させてしまった。

「権藤さん、球団としては来季、契約を延長しないことに決定しました」。シーズン終了後、そう彼から告げられた。もともと、高木監督は2年契約で、私は1年契約。予定通りの退任だが、彼には嫌な役回りをさせてしまったと思っている。

1966年のドラフトで史上2人目の東大出身プロ野球選手として中日に入団した彼は、投手としても外野手としても一軍を経験し、指導者としても一、二軍のコーチを歴任。球団フロントに転じ、球団代表も務めた。

指導者としては、自分の理論を押し付け、選手を手取り足取り教えるタイプではない。選手をジッと観察し、じっくりと成長の手助けをする。一軍より二軍でより力を発揮するタイプで、信頼の置ける指導者だ。それは、同時期に二軍のコーチをやった私が保証する。

東大の野球部は創部100周年だった今年、東京六大学リーグで20戦全敗。17年秋から続く連敗は42まで伸びた。連敗ストップが当面の目標になるわけだから、頭ごなしにガミガミやっても逆効果。プロでもそういうタイプのコーチは選手を萎縮させるだけで、成果は出ない。

戦力を冷静に分析し、選手個々の力を見極め、持ってる能力を存分に発揮させる方法を提示し、そのための環境を与える。クールな井手ちゃんにはうってつけだ。 彼からいつ、「ちょっと練習を見にきてくれませんか」と言われてもいいように、学生野球資格回復の準備に入ろうと思っている。



下は1966年2次ドラフト会議で中日が指名した選手です。井手峻は3位指名入団。プロでの成績はこちら

中日の1966(2次)ドラフト指名選手
1位伊熊 博一中京商高外野手
2位伊藤 久敏駒沢大投手
3位井手 峻東京大投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 08:49|この記事のURL

あのドラフト選手は今、土屋正勝(ドラフト1位)

2019年11月05日

週刊ポスト2019年11月8・15日号
 
1974中日ドラフト1位 土屋正勝
銚子商高・投手

今年のプロ野球ドラフトでは、高校野球を沸かせた2人のライバル、佐々木朗希(大船渡)と奥川恭伸(星稜)に注目が集まった。スポーツ界の歴史はこのように、ライバルとして並び称された「ふたり」が何組もいた。

元祖・甲子園の怪物と呼ばれた作新学院・江川卓(1978阪神1位)。1973年の夏の甲子園で江川に投げ勝った2年生エースが銚子商の土屋正勝(1974中日1位)だ。翌1974年のドラフトで中日に入団。12年間で8勝22敗4セーブと期待された結果は残せなかった。現在は千葉県旭市で保険代理店を経営している。

「私の場合、地力がなかったということです。江川さんをライバルだなんて考えたこともない。高校時代から肘や肩を故障していて、プロ入り後もケガとの戦いでした。つらい日々で、朝起きて雨が降っているとホッとしたほど。本人の気持ちが逃げたら野球選手としては潮時です。今思えば、私の夢は甲子園に出ることで、プロ野球選手の道は江川さんに勝ったことでついてきたオマケのようなもの。だから悔いはありません」



下は1974ドラフト会議で中日が指名した選手です。土屋正勝は1位指名入団。プロでの成績はこちら

中日の1974ドラフト指名選手
1位土屋 正勝銚子商高投手
2位神垣 雅行近畿大内野手
3位高橋 千秋新日鉄釜石投手
4位貝塚 博次三田学園高投手
5位松浦 正小倉工高投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

あのドラフト選手は今、高塚信幸(ドラフト7位)

2019年06月29日

6/28、夕刊フジ25面より

1997近鉄ドラフト7位 高塚信幸
智弁和歌山高・投手

甲子園68勝を挙げ昨夏限りで勇退した智弁和歌山の前監督、高嶋仁には「悔やんでも悔やみ切れない」出来事がある。1996年(平成8年)の春。新3年生投手が不調だったため、センバツで投げるのは新2年生右腕の高塚信幸(1997近鉄7位)だけという状況に陥った。

この時点で高塚はストレートを高めに投げると簡単に空振りが取れたが、高校に入ってまだ1年もたっておらず、体はできていない。

初戦は2安打完封。2回戦から決勝までの4試合は4日連続という強行日程を全て完投した。国士舘との準々決勝は延長13回完封。鹿児島実との決勝は4連投の疲れで6失点し敗れた。この大会の投球数は712球。センバツで700球を超えた投手は5人だけだ。

高塚の肩の状態は危険ゾーンに入っていた。高嶋はセンバツ後「1カ月はノースローで休養させる」と決めた。ところが、高塚は4月のアジア選手権の代表に選出。高嶋も高野連の決定にあらがうことができず承諾した。この大会の中国戦で投げた高塚の右肩はついにパンク。事実上、投手としての能力を失った。

その夏の甲子園では登板なし。チームメートが「もう一度、高塚を甲子園で投げさせよう」と誓った翌年の夏は初の全国制覇を果たしたが、高塚の球威は戻らず、初戦だけ登板して2回途中5失点でKOされた。

故障が完治していないことを知りながら、それでもプロ側は潜在能力を高く評価。社会人入りが内定していた高塚を近鉄は強引にドラフト7位指名した。揚げ句、1軍公式戦登板なしで引退・・・。

高塚はいま、夫人の故郷である兵庫県の淡路島で、義父が営むすし店「金鮓(きんずし)」の職人として働く。引退後すぐに修行に入り、もう15年だ

高校野球はタイブレーク制となり、球数制限も議論される時代。登板過多で投手生命を失った一人として、取材を受けることが多い高塚は「やるだけやったから、壊れても納得している」と笑顔で答える。恩師・高嶋の思いとは逆に、「悲劇の剛腕」で終わった野球人生を悔やんではいない。



下は1997ドラフトで近鉄が指名した選手です。高塚信幸は7位指名入団。プロでの成績はこちら

近鉄の1997ドラフト指名選手
1位真木 将樹法政大投手
2位高須 洋介青山学院大内野手
3位森谷 昭仁豊川高外野手
4位吉川 元浩東農大二高投手
5位田中 祐貴杜若高投手
6位代田 建紀朝日生命外野手
7位高塚 信幸智弁和歌山高投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:01|この記事のURL


ドラフトニュース検索