ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
あのドラフト選手は今・・・

あのドラフト選手は今、林昌範(ドラフト7巡目)

2018年11月24日

日刊ゲンダイ17面「あの人は今こうしている」より

2001巨人ドラフト7巡目 林昌範
市立船橋高・投手

林さん(2001巨人7巡目)に会ったのは、東葉高速鉄道東業高速線・飯山満駅から徒歩17分の場所にある「船橋中央自動車学校」。記者が訪ねると、林さんはデスクワークの真っ最中だった。186センチの高長身で周囲より頭一つ分高い。体格も現役当時と変わらずガッシリとしていて、迫力満点だ。

「2日前にパソコンが壊れちゃったんですよ」と林さん。頂いた名刺には「取締役 営業部長」とある。実は、林さんの父親は同自動車学校の創業者。目下、家業を修業中なのだ。「営業部長といっても営業課はないし、部下もいません」と笑う林さんだが、現在は「教習所の仕事が8割、野球の解説やコラム執筆が2割ほど」で、ほぼ教習所で日々を過ごしている。

「この世界には今年1月に飛び込んだばかりです。最初はパソコンが全然使えなくて、パソコン教室アビバに通って学びました。今は、経理や会計の勉強もしているんですがチンプンカンプンで、必死に勉強しています。でも、本当の苦労はこれからだと思ってます」

ゆくゆくは、同教習所を継いで経営する考えだという。

「野球選手時代は個人の技術が重要視される世界でした。しかし今、この教習所では、人をまとめる力が求められます。全体で100人ほどの従業員がいて、それぞれ家族もいる。簡単な仕事ではないと感じています」

野球経験を生かした取り組みも行っている。

「姉妹校である鎌ヶ谷校のそばに、日ハムの2軍の施設があるんです。で、聞けば今の高校生は卒業しないと免許が取れない。高卒でプロ入りして忙しい若手選手たちが免許を取れるよう、教習所との橋渡しをしています。やっぱり、野球選手が電車通勤する姿はちょっと寂しいじゃないですか。いい車に乗って、子供たちの憧れの的になってほしいんです」

さて、千葉県船橋市出身の林さんは、小学生の時から野球に没頭。飯山満シーホークスでは「4番でキャプテンでエース。体格も良かったから漠然とプロになれると思っていました。ただ、太っていたので、周りからは、野球がダメだったら相撲に行けと言われてました(笑い)」

市立七林中学でも4番でエース。卒業後、3年連続で甲子園に出場していた市立船橋高校に進み、1年時からベンチ入り。エースとして春の大会に臨んだ3年時は足首を骨折して野球を諦めかけたが「母がいろんな病院を駆けずり回ってくれたおかげ」で県予選にギリギリ間に合い、140キロ台の投球を披露。秋のドラフトで、巨人から隠し玉として指名がかかった。

02年から15年間歩んだプロ野球人生で最も印象に残った出来事は「03年に巨人の1軍に初昇格したこと」と振り返る。

「言っても僕はドラフト7位。1年間、プロの世界に接して、(自分は)厳しいかなと感じていたところ、V9時代の左腕エースで当時2軍投手コーチだった高橋一三さんが、僕を1軍へ推薦してくれた。僕の首根っこをつかんで、二人三脚で練習を見てくれたこの人のために、結果を出したいと思い、マウンドでガムシャラに投げました」

結果、1軍初登板で7回1安打無失点。中日相手にもう一歩でノーヒットノーランという快投を見せ、1軍定着に弾みをつけた。その後、日ハム、DeNAを渡り歩き、現在は全く畑違いの自動車学校営業部長。

「人生は1回しかチャンスがありませんし、新しい環境に行くことで、かけがえのない人に出会ったりするかもしれません。野球界でも3チームに入り、いろんな経験をさせてもらいました。だから、セカンドキャリアは決してマイナスではないと思います。挑戦することは、すごくいいことです」。林さんの第2の人生は始まったばかりだ。



下は2001ドラフトで巨人が指名した選手です。林昌範は7巡目指名され入団。プロでの成績はこちら

巨人の2001ドラフト指名選手
自由枠 (行使せず)
自由枠 (行使せず)
1巡目 真田 裕貴 姫路工高 投手
2巡目 (指名権なし)
3巡目 鴨志田 貴司 水戸短大付高 投手
4巡目 石川 雅実 JR東日本 投手
5巡目 十川 雄二 池田高 投手
6巡目 大須賀 允 東北福祉大 内野手
7巡目 林 昌範 市立船橋高 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

あのドラフト選手は今、川口知哉(ドラフト1位)

2018年11月05日

デイリースポーツwebsiteより  (source)

1997オリックスドラフト1位 川口知哉
平安高・投手・18歳

元オリックス・川口知哉氏(1997オリックス1位)が、4日放送のTBS系「消えた天才」に出演。大型左腕として期待されながら、7年間でまさかの未勝利に終わったプロ生活を振り返った。

平安高校(現龍谷大平安)時代、夏の甲子園で準優勝。184センチの長身左腕として、プロ野球界だけでなく大リーグからも注目を集めた。97年、プロ4球団から1位指名を受け、オリックスに入団。大物ルーキーとして期待された。

だが、入団直後、ルーキーを飛躍させようとさまざまなコーチが助言。フォーム改造に着手することになった。川口は当時、「ビッグマウス」としても注目されていたが、実際はまじめな性格。「色々なことを教えてくれるし、ありがたかったけど、ずっと混乱していた」という。

結局、コーチの助言全てを聞き入れることでフォームのバランスが悪くなり、制球もバラバラに。「自分の投げ方ができなくなった。戻そうとしたけど、戻らなかった」。04年オフに戦力外通告。当時の心境について「野球をしたくなかった。野球が嫌い。嫌な7年。無駄にした7年だった」と振り返った。

一度は野球から離れることを決意したが、現在は女子プロ野球、京都フローラの監督に就任。今年は3年ぶりのリーグ優勝に導いた。指導者として「無駄にした」と思っていたプロ時代の経験が役立っているという。

コーチから様々な助言を受けたことで、選手それぞれに適した指導ができているという。川口氏は「指導法の選択肢をもらった。引き出しの一部になった」とし「人生いろいろ経験したが、全てが無駄じゃなかった」と笑った。



下は1997ドラフト会議でオリックスが指名した選手です。川口知哉は1位指名入団。プロでの成績はこちら

オリックスの1997ドラフト指名選手
1位 川口 知哉 平安高 投手
2位 前田 和之 日通名古屋 投手
3位 前田 浩継 九州共立大 投手
4位 杉本 潔彦 日産自動車九州 投手
5位 高橋 信夫 本田技研 捕手
6位 永田 能隆 北陸銀行 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:09|この記事のURL

あのドラフト選手は今、宇佐美康広(ドラフト6位)

2018年08月16日

8/15、東京スポーツ4面より

1993ヤクルトドラフト6位 宇佐美康広
稚内大谷高・捕手

プロ野球選手だったからこそ道具の大切さを伝えたい・・・。現役引退後、この思いを胸に埼玉県戸田市で野球用品店を営む元プロ野球選手がいる。宇佐美康広さん(1993ヤクルト6位)だ。

1993年に北海道・稚内大谷高からドラフト6位でヤクルト入り。入団当時は「日本最北端出身のプロ野球選手」として脚光を浴び、99年には一軍で15試合に出場した。だが、2000年に戦力外通告を受けて引退。以後は「(野球選手は)野球しかできないと言われたくなかったし、いろいろなことに挑戦したくて」と野球界を離れた。

広告代理店勤務やバーテンダーなどを経て、02年末に不動産会社に就職。営業マンとして安定した日々を送っていた。平穏な人生に転機が訪れたのは13年。当時小学2年生だった長男が野球を始めたことだった。

「最初は『もう野球はいい』という感じで無関心だったのですが、息子のノックの手伝いやチームでの指導を手助けするうちに親御さんたちの野球への情熱を感じ始めましてね。少年野球を手伝うお父さんたちって一生懸命で勉強熱心。自分たちでユーチューブを見て打撃フォームや投げ方を研究して子供に教えたりもする。そういう姿を見たら元プロ野球選手としては正しい方向に導いてあげたくなりまして。それ以来、会社員をしながら息子の野球チームに携わるようになりました」

心の奥底に眠っていた野球への思いがよみがえると、胸中にも変化が起きた。サラリーマンとして安定した人生を送るのも悪くはないが、幼少期から長年打ち込んできたことは「野球」。それなら野球に関連した仕事で人生を全うしたほうがいいのではないか。

「そんなことを考えている16年1月に、大工だった父親が67歳で亡くなったんです。僕を含めて4人の子育てと仕事を終え、これから余生を楽しむという時に逝ってしまった。葬式の日、ひつぎに入った父親の顔を見て思いました。『人間いつ死ぬか分からないから、やりたいことを悔いなくやったほうがいい。それなら子供たちに道具を通して野球の楽しさ、魅力を伝える仕事をしたい』と」

思い立ったら行動は早かった。16年春、14年間勤めた不動産会社を退社。直後から知人の紹介を通じて都内スポーツ用品店で修業に励んだ。メーカーによって微妙に異なるグラブのひも交換に始まり、型付けや締め具合の技術等、野球道具を扱う職人としてのイロハを徹底的に学んだ。

そして16年12月に野球用品店「ロクハチ野球工房」をオープン。店名はヤクルト時代の背番号「68」にちなんでつけた。創業時から守り続けている経営理念は「道具を大切にすること」。店舗運営を始めて1年半以上がたった今も、この姿勢は変わらない。

実際、グラブ購入のために店舗を訪れた小学生に対し、あえて新品グラブの販売を「拒否」。使い古したグラブを1日預かり、メンテナンスを施した上で返却したこともある。

「お金がある大人なら積極的に新品グラブを売りますが、子供にはできる限り長くグラブを使ってもらいたい。グラブをピカピカにして返すと本当に喜んでくれる。売り上げも大事ですが、道具へのありがたみや愛着を感じてほしいですからね」

今後の夢や目標を聞くと「みんなが野球や道具を通じて笑顔になってくれれば」と宇佐美さん。野球の楽しさを伝える伝道師として今日も店先で笑顔を届ける。



下は1993ドラフトでヤクルトが指名した選手です。宇佐美康広は6位指名され入団。プロでの成績はこちら

ヤクルトの1993ドラフト指名選手
1位 山部 太 NTT四国 投手
2位 斎藤 充弘 日立製作所 投手
3位 度会 博文 中央学院大 内野手
4位 川畑 勇一 JR四国 捕手
5位 小橋 正佳 市尼崎高 投手
6位 宇佐美 康広 稚内大谷高 捕手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

あのドラフト選手は今、井藤真吾(ドラフト7位)

2018年07月19日

7/19、中日スポーツ3面「ドラ番記者」より

2008中日ドラフト7位 井藤真吾
中京大中京高・外野手

練習が休みだった12日のナゴヤ球場に球団OBの井藤真吾さんが訪れていた。2008年にドラフト7位で入団。14年秋にユニホームを脱ぎ、現在は岐阜県関市の新聞販売店で店長を務める。「最初は戸惑うことが多かったですけど、今は慣れましたね」と話してくれた。

昨季まで中日の打撃投手を務めていた尾藤竜一さんと同市で6月から地域の小学生を中心に野球を教えている。この日球場を訪れたのは雨天でも指導できる施設の準備をするため。マシンを置いたときに必要な距離や高さを確認しにきたという。

「硬式の中学生を教えてあげたいんですよね」。その目はギラギラしていた。「やっぱり野球から離れられませんでした」と笑っていた井藤さん。記者と同い年の28歳。陰ながら応援しています。



下は2008ドラフトで中日が指名した選手です。井藤真吾は7位指名入団。プロでの成績はこちら

中日の2008ドラフト指名選手
1位 野本 圭 日本通運 外野手
2位 伊藤 準規 岐阜城北高 投手
3位 岩崎 恭平 東海大 内野手
4位 高島 祥平 帝京高 投手
5位 岩田 慎司 明治大 投手
6位 小熊 凌祐 近江高 投手
7位 井藤 真吾 中京大中京高 外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 08:00|この記事のURL

あのドラフト選手は今、大手外資コンサル社員に

2018年06月19日

6/19、デイリースポーツ21面より

2011巨人(育成)ドラフト3位 柴田章吾
明治大・投手・22歳

元巨人投手の柴田章吾さん(2011育成ドラフト3位)は現在、大手外資系総合コンサルティング企業「アクセンチュア」の社員として第2の人生を送っている。引退後、東大・京大生の就職ランキング上位の難関企業に自力で就職。ビジネスマンとして日々奮闘している。

11年に入団し14年オフに戦力外。現役への思いもあったが「奇跡が起きて活躍できても3000万円もらえたらいいほう。それなら別の世界に行って毎年1000万円稼ぎたい」と未練を断ち切った。

引退後にジャイアンツアカデミーの講師として少年少女に野球を教える一方、就職活動を開始。人脈を駆使して商社や広告代理店、銀行など半年間で約100人のOB訪問を行い、志望する企業を絞り込んだ。

「15歳で病気になった時から野球はずっとできないと、心のどこかにありました。昔から就職するならどこがいいだろうと、働くことに興味があったんです」

三重県出身の柴田さんは中学時代、1万人に1人の難病ベーチェット病を発症。40度の高熱と腹痛に苦しみ、生死をさまよった。再発すれば失明の可能性もある病気。今も薬を服用し、定期検診が必要だ。ただ。人生観を変えたこの経験が愛工大名電高時代の甲子園出場やプロ入り、さらにアクセンチュア入社を実現させた原動力となった。

入社後は大きな壁にもぶつかった。「みんなができいる当たり前。僕はそれができなかった」。配属先では資料作成や議事録等、日々のタスクに忙殺され、上司の前で涙を流したこともあった。現在はITコンサルティング業に従事。全国各地を飛び回っている。

夢もある。アクセンチュアの採用面接では、将来的にメジャーリーグの経営に携わりたいことも伝えた。「メジャーのIT部門では実際、日本人の方も数人が働いていて、IT企業から転職した人達。アクセンチュアのITコンサルタントの人間が、その部署に行ける可能性はゼロではないと思っています」

巨人では同世代の菅野や小林が主力となったが、柴田さんも別の世界で活躍。「すごく充実していますね。人生2度、楽しめているなという感じです」。華麗なる転身を果たした29歳は、さらなる高みを目指している。



下は2011育成ドラフトで巨人が指名した選手です。柴田章吾は3位指名され入団。プロでの成績はこちら

巨人の2011育成ドラフト指名選手
育1位 森 和樹 市柏高 投手
育2位土田 瑞起四国IL愛媛投手
育3位柴田 章吾明治大投手
育4位芳川 庸洛北高捕手
育5位雨宮 敬BCリーグ新潟投手
育6位渡辺 貴洋BCリーグ新潟投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:22|この記事のURL

ドラフトニュース検索