ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
あのドラフト選手は今・・・

あのドラフト選手は今、島袋洋奨(ドラフト5位)

2020年04月02日

4/2、スポーツ報知4面より

2014ソフトBドラフト5位 島袋洋奨
中央大・投手・スカウト評

興南(沖縄)が2010年に甲子園春夏連覇を達成した時のエースで、昨年限りでソフトバンクを退団した島袋洋奨さん(2014ドラフト5位)が、1日付で同校事務職員になった。理事長と校長を兼任する恩師の我喜屋優監督から誘いを受け、“琉球トルネード”が母校で新たなスタートを切った。

島袋さんは興南高から中大に進学し、14年ドラフト5位でソフトバンクに入団。制球難に苦しみ、17年には左肘の手術を受けて18年からは育成選手に。昨オフに戦力外通告を受け、都内の企業でサラリーマン生活をスタートさせたが、我喜屋監督に「興南の門は開けておくぞ」と声をかけられ、故郷に戻ることを決意した。

今後は指導者になることを視野に入れ、教員免許の取得と学生野球資格回復を目指す。だが、我喜屋監督は「彼の誠実さはすべての沖縄県民が知っている。興南や野球という枠にとらわれず、幅広く沖縄に恩返しできる人材に育てたい」と話し、県内の複数の企業に出向させて社会経験を積ませるプランを明かした。



下は2014ドラフトでソフトBが指名した選手です。5位指名・島袋君のスカウト評はこちら

ソフトBの2014ドラフト指名選手
1位松本 裕樹盛岡大付高投手
2位栗原 陵矢春江工高捕手
3位古沢 勝吾九州国際大付高内野手
4位笠谷 俊介大分商高投手
5位島袋 洋奨中央大投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

あのドラフト選手は今、岡幸俊(ドラフト2位)

2020年03月30日

3/30、デイリースポーツ22面より

1988ヤクルトドラフト2位 岡幸俊
高知商高・投手

高知商のエースとして1988年に春夏連続で甲子園に出場し、ヤクルトに7年間在籍した岡幸俊さん(1988ヤクルト2位)。現在は物流会社「桃太郎便」の丸和運輸機関グループ・株式会社中四国丸和ロジスティクスで営業部部長を務めている。

「ケガとの戦い。どん底を経験しました」と振り返るプロ野球時代。2位指名ながら5球団が競合した期待の右腕は1年目こそ開幕戦からマウンドに上がり、主に中継ぎで22試合に登板する活躍を見せた。しかし、2年目に右肘を故障。その年に就任した野村克也監督にアピールできないまま、2軍でリハビリ生活が続いた。

3度の右肘手術も回復には至らず、94年に野手転向。「最後は肘が痛くてバットも振れませんでした」。チームがリーグ優勝、日本一と快進撃を続ける中、95年シーズン後に静かにユニホームを脱いだ。

引退後は故郷・高知に戻り、2007年に同社に入社。営業職で経験を積んだ。「車で年4万キロくらい走ります」と、中四国エリアに広がるスーパーなど取引先を駆け回る毎日。3年前には部長の肩書も付いた。

野球一筋の人生から一転、縁があって飛び込んだ営業マン生活の中で、心の支えとなってきたのが野村克也監督の教えだ。「僕は2軍が長かったので、直接教わった期間は短いんですけど」と言いながら、岡はカバンの中から1枚のメモを取り出した。そこには、2月11日に他界した名将の言葉が並んでいた。

「恥ずかしいと感じることから進歩が始まる」、「バッティングは備えで結果が8割決まるものだ」、「縁を大切にすると、人生はより豊かになる」・・・。

当時、ヤクルトの選手たちはミーティングの間、野村監督がホワイトボードに書き込む一言一句をノートに書き写していた。岡さんはそのノートを今も事務所の机の引き出しに入れ、折に触れて読み返しているという。

「どの言葉も、野球だけでなく、仕事や普段の生活で役立つものです。若い社員と話す時も使わせてもらっていますよ」。ぼやき節に背中を押されながら、力強く第二の人生を歩んでいる。



下は1988ドラフトでヤクルトが指名した選手です。岡幸俊は2位指名入団。プロでの成績はこちら

ヤクルトの1988ドラフト指名選手
1位川崎 憲次郎津久見高投手
2位岡 幸俊高知商高投手
3位笘篠 賢治中央大内野手
4位幸田 正広安田学園高内野手
5位関根 毅東海大外野手
6位天野 武文瀬戸内高捕手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:21|この記事のURL

あのドラフト選手は今、寺原隼人(ドラフト1巡目)

2020年02月11日

2/11、西日本スポーツ2面より

2001ダイエードラフト1巡目 寺原隼人
日南学園高・投手

日本野球機構(NPB)加入を目標に掲げ、昨年設立された新球団・琉球ブルーオーシャンズ。その初代投手コーチに就任したのが、2002年の福岡ダイエー(現福岡ソフトバンク)にドラフト1位で入団した右腕で、4球団で通算73勝を挙げて昨年現役を引退した寺原隼人コーチ(2001ダイエー1巡目)だ。

1月下旬からキャンプを張っている沖縄県八重瀬町東風平に、元タカ戦士の“ルーキーコーチ”を訪ねた。ブルペンで寺原コーチは静かに選手たちを見つめている。時折、メモを取り出して書き込む姿がある。投げ終えた投手のもとへ歩み寄り、声を掛ける。質問に答えながら、自ら投球動作を見せることもある。

昨年設立されたばかりの新球団。専属の打撃投手がいるわけでもない小所帯で、打撃練習の際にはロッテや日本代表などでエースとして活躍した清水直行監督が自ら投げたりするため、投手部門はもっぱら寺原コーチが全面的に任せられている状態でもある。

「投手コーチが僕一人なんで、ホントは何人かいて違う意見も聞いてほしいというのはありますね。僕の話だけになってしまいますからね」

一人コーチのハンディを補う機器がある。寺原コーチはiPad(アイパッド)を活用して、投手の動きを録画。フォームの崩れなどに気づけば、良かったときの映像とその場で比較させて指摘するなど“スマホ世代の選手たち”に分かりやすく伝える工夫を欠かさない。

琉球はNPB球団を戦力外になった選手以外も、国内外の独立リーグを渡り歩いたり、大学や社会人のチームを志半ばで去ったりした選手が大半。「1軍の投手なら言えばすぐに分かってくれるようなことでも、ここの投手だと、まだ“その前”のレベルだったりするから」。

プロ18年で73勝23セーブを誇る右腕は、自らの目線を落とし、丁寧な指導を心掛けている。「僕の言うことが、その選手にうまくはまるのかどうか。そこをすごく考えますよね。教えるって難しいです。自分で投げていた方が、よっぽど楽でしたね」

那覇市内に単身赴任してスタートさせた第二の野球人生。「うまくなる手助けをしてあげたいですね」と、新米コーチは南の島で奮闘中だ。



下は2001ドラフトでダイエー(現ソフトバンク)が指名した選手です。寺原隼人は1巡目指名入団。プロでの成績はこちら

ダイエーの2001ドラフト指名選手
自由枠 (行使せず)
自由枠 (行使せず)
1巡目 寺原 隼人 日南学園高 投手
2巡目 (指名権なし)
3巡目 杉内 俊哉 三菱重工長崎 投手
4巡目 神内 靖 延岡学園高 投手
5巡目 北野 良栄 星稜高 捕手
6巡目 飯島 一彦 新日鉄君津 投手
7巡目 養父 鉄 元日産自動車 投手
8巡目 井手 正太郎 日南学園高 外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

あのドラフト選手は今、江草仁貴(ドラフト自由枠)

2020年02月07日

まいどなニュースより (source)

2002阪神ドラフト自由枠 江草仁貴
専修大・投手・22歳

阪神、西武、広島で左腕投手として活躍した江草仁貴さん(2002阪神自由枠)介護業界で奮闘している。広島市中区にあるフランチャイズ店「レコードブック広島住吉町」が、江草さんの経営するリハビリ型デイサービスの店舗だ。

現役時代と変わらぬ優しい笑顔で江草さんがこう語る。「現役のとき、いろいろな高齢者施設を訪問すると喜んでもらったんです。祖母がデイサービスに行っていたので親しみもあった。自分も何か役に立てることがあると思いました」

広島県福山市出身。盈進高、専大を経て2003年に阪神に入団し、11年途中に西武へトレード。12年の開幕前に広島へ移った。2度のトレードを経験したことで、現役の時から引退後の進路については考えていたという。オフには実際に介護施設の見学にも行った。17年シーズン終了後にユニフォームを脱ぎ、(株)キアンの代表取締役として、介護事業で第2の人生をスタートさせた。

デイサービスのプログラムは午前と午後の2部構成で、ティータイムを含めてそれぞれ3時間。送迎車で迎えに行き、集団運動や歩行機能の回復をサポートする機能改善運動などに力を入れる。

プログラムには、フランチャイズ本部が作成したものに「江草らしさ」も加えた。それがゴムチューブを使ったインナーマッスルのトレーニングだ。体の深い所に位置する筋肉の強化は、プロ選手にとってパフォーマンス向上につながる重要な練習。筋力トレーニングの際には欠かさず行っている。それが高齢者の筋力や機能維持にも役立つと考えた。

「例えば、つまずいたときに反応できたり、踏ん張ったりすることが大事なんです」。店舗には特別な器具はない。自宅で手軽にでき、効果が大きいことがこのトレーニングのメリットだ。

店舗の雰囲気作りにも気を配った。床には赤いカーペットを敷き、明るさを演出した。「パッと見たとき、普通のデイサービスじゃないと思ってもらいたかった。運動したいという気持ちになってほしかった」。高齢者の中には、施設に通っていることを他人に知られたくない人もいるという。だからこそ「胸を張って行っていると言ってもらえる場所にしたかった」と話す。

「人の役に立ちたい」という志を胸に飛び込んだ世界。利用者の笑顔に大きなやりがいを感じ、それがあすへの活力につながっている。

「ある一人暮らしの方が『何のために生きているんだろう』と話していたことがあったんです。でも、ここに通ううちに『楽しいから、また来たいと思うようになった。元気でいないといけないね』と前向きな言葉に変わったんです。こんな小さな所でも、喜んでもらえるのは、本当にうれしい」。

今後は店舗を増やすなど事業を拡大していく青写真を描く。「高齢者の方が笑顔で元気に毎日を過ごしてもらいたい」。熱い思いを持った江草さんは、真っすぐに前を見つめて言葉をつむいだ。

江草さんにはもう1つの夢がある。18年3月から大阪電気通信大学硬式野球部のコーチを務めている。週3回グラウンドに足を運び、「やるからには将来的にはプロに入るような選手を育てたい」と意欲を燃やす。

就任当初、投手の最速は130キロ。指導しても伝わらないことにモヤモヤした気持ちがあったという。それでも接する時間が長くなるにつれ「かわいくなった。何とか分かるように教えてあげることが仕事なんだと思うようになった」と話す。

「時間がかかっても何とか強くしたい。選手には試合に出て勝つ喜びを知ってほしい」。現在、チームは阪神大学野球2部東リーグに所属。まずは1部昇格という目標へ向けて選手を鍛えていく。



下は2002ドラフトで阪神が指名した選手です。自由枠で入団の江草仁貴のプロでの成績はこちら

阪神の2002ドラフト指名選手
自由枠 杉山 直久 龍谷大 投手
自由枠 江草 仁貴 専修大 投手
1巡目 (指名権なし)
2巡目 (指名権なし)
3巡目 (指名権なし)
4巡目 中村 泰広 日本IBM野洲 投手
5巡目 久保田 智之 常磐大 投手
6巡目 三東 洋 ヤマハ 投手
7巡目 林 威助 近畿大 外野手
8巡目 田村 領平 市和歌山商高 投手
9巡目 新井 智 ローソン 投手
10巡目 伊代野 貴照 ローソン 投手
11巡目 萱島 大介 ローソン 内野手
12巡目 松下 圭太 三瓶高 外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

あのドラフト選手は今、川本良平(ドラフト4巡目)

2020年01月31日

毎日新聞websiteより (source)

2004ヤクルトドラフト4巡目 川本良平
亜細亜大・捕手

昨秋、主にプロ野球の若手選手を対象に行われた「セカンドキャリア」に関するアンケート調査で、13・5%の選手が「引退後にやってみたい職業」として、「一般企業で会社員」を挙げた。

その「先駆者」がヤクルトやロッテ、楽天で捕手として12年間プレーした川本良平さん(2004ヤクルト4巡目)。「アパホテル」を展開するアパグループに就職して約3年。自らの提案した商品もホテルの備品として採用され、野球とは別の世界で充実した第二の人生を歩んでいる。

川本さんは亜大から2004年のドラフト4巡目でヤクルトに入団。プロ12年間で345試合に出場し、打率2割7厘、19本塁打、79打点の成績で、16年オフに楽天で戦力外通告を受けた。新たなオファーは届かず、「次の道に進まなくてはいけない」と同年12月ごろからパソコン教室に通い始めた。

現役時代、パソコンに触ることがなかった川本さんは午前9時から午後6時ごろまでエクセルなどの使い方を勉強し続けた。

翌年の1月、ロッテ時代のチームメートの角中勝也外野手の激励会にサプライズで参加した際、アパグループの幹部と偶然出会い、入社の誘いを受けた。「新しい世界に飛び込んでみよう」。アパグループではプロスポーツ選手出身の社員第1号となり、「社長からもパイオニアになってほしいと言ってもらった。元プロは使えないと思われないように一生懸命やってきた」と振り返る。

会社の業種は多岐にわたり、入社後はマンションからレトルトカレーの販売まで経験。現在はホテルで備品の管理を担当する。野球選手はシーズン中、遠征先でホテルに宿泊することが多く、室内の備品などについてはアンテナの感度が高い。

例えば、ドライヤー。現役時代、「マイドライヤー」を持ち歩いていたという川本さんは「弱い風量で長時間、髪を乾かすのはストレスになる。男性の私でも感じるのだから、女性はもっと感じるのでは」とドライヤーの改良を提案。それが見事に採用され、十分な風量で引き出しに入れられるサイズの商品をホテルの新規オープンに合わせて導入した。

プロ野球選手時代の経験も生かしつつ、新たな道で成功をつかもうと努力を続ける川本さん。プロ野球選手から新しい道に進む後輩たちに、「自分でできないと思うのではなく、まずはやるか、やらないか。不安はあると思うけれど、新しいことをやろうと思えば周りが助けてくれるし、絶対できると思う」とアドバイスを送った。
 


下は2004ドラフトでヤクルトが指名した選手です。川本良平は4巡目指名入団。プロでの成績はこちら

ヤクルトの2004ドラフト指名選手
自由枠 田中 浩康 早稲田大 内野手
自由枠 松岡 健一 九州東海大 投手
1巡目 (指名権なし)
2巡目 (指名権なし)
3巡目 (指名権なし)
4巡目 川本 良平 亜細亜大 捕手
5巡目 上原 厚治郎 沖縄電力 投手
6巡目 丸山 貴史 愛工大名電高 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL


ドラフトニュース検索