ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる
ドラフト入団選手の訃報

阪神のスカウトでも手腕、切通猛(ドラフト9位)が死去

2015年06月18日

6/18、日刊スポーツ4面より

1968阪急ドラフト9位 切通猛 
(東芝・外野手)

阪神は17日、外野手の他2軍トレーニングコーチやスコアラー、スカウトを歴任した切通猛氏(1968阪急9位)が6月15日に宝塚市内の病院で亡くなったと発表した。71歳だった。通夜、告別式は近親者ですでに執り行った。

兵庫県出身。姫路南、芝浦工大、東芝を経て68年ドラフト9位で阪急に入団。阪神に移籍した76年にウエスタン・リーグの本塁打王になり、出場試合数を増やした。実働10年で188試合に出場。打率.239、5本塁打。

スカウトとして関本や浜中(現阪神コーチ)を発掘した。浜中コーチは鳴尾浜で悲報に触れて「プロに入れていただいた恩人です。熱心に誘っていただいた。プロに入ってからも球場でたくさん話をさせてもらいました。僕と関本は一番お世話になっている。オヤジみたいな感じで、本当に感謝しています。残念です」と肩を落としていた。

温和な性格で、先輩、後輩を問わず誰からも慕われた。退団後は宝塚市内でスナックを切り盛りし、自らカウンターに立った。当時1軍監督の岡田彰氏ら阪神関係者が足繁く通う憩いの場となっていた。



下は1968ドラフトで阪急(現オリックス)が指名した選手です。切通猛は9位指名され入団。プロでの成績はこちら

阪急の1968ドラフト指名選手
1位山田 久志富士鉄釜石投手
2位加藤 秀司松下電器内野手
3位長谷部 優岸和田高投手
4位柳橋 明日大山形高投手
5位新井 良夫大宮高投手
6位島崎 基滋大分商高内野手
7位福本 豊松下電器外野手
8位柿本 進星林高内野手
9位切通 猛東芝外野手
10位三好 行夫日鉱佐賀関内野手
11位村上 義則小豆島高投手
12位門田 博光クラレ岡山外野手
13位石井 清一郎大宮工高外野手
14位鈴木 博小山高投手
15位坂出 直倉吉東高投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

ドラフト1位入団、法政三羽ガラスの富田勝氏が死去

2015年05月27日

5/27、スポーツニッポン6面より

1968南海ドラフト1位 富田勝 
法政大・内野手・22歳

南海(現ソフトバンク)や巨人、日本ハムなどで活躍した、元プロ野球選手の富田勝氏(1968南海1位)が26日、大阪市の病院で死去した。享年68。

法大時代は田淵幸一(1968阪神1位)山本浩二(1968広島1位)の両氏とともに「法政三羽ガラス」と呼ばれるなどして活躍。同学年の明大・星野仙一氏(1968中日1位)らライバルとともに、東京六大学野球の黄金時代を支えた。プロでは4球団を渡り歩き、史上2人目の全球団本塁打を達成。ファンの記憶に深く刻まれた名選手が逝った。 

「法政三羽ガラス」の一人が、惜しまれながらこの世を去った。64年12月に兵庫・洲本で行われた法大野球部のセレクションで初めて出会ってから、半世紀以上にわたって堅い絆で結ばれてきた田淵氏は「あいつは本当の親友。病状を聞いて気になっていただけに本当に残念。言葉もない」と声を絞り出した。

富田さんは3年ほど前に体調を崩して入院。当時楽天監督だった星野氏と、同ヘッドコーチだった田淵氏が13年、大阪遠征の際に見舞うなどしていた。その時には元気な姿で「優勝、日本一、楽しみにしてるぞ」などと話していたという。

その後も入退院を繰り返していたが、ここにきて病状が悪化。それを伝え聞いた田淵、山本両氏が今月19日に見舞いに訪れ、病室で法政三羽ガラスが再会した。その際に富田さんは薬でもうろうとした状態ながら、2人が話しかけると目をあけてニコッと笑ったという。

それが最後の別れとなり、田淵氏は「(51年前に出会ってすぐに意気投合した。ガッツのある本当のファイターで、私が大学で主将の時も何度も助けてくれた」と個人の死を悼んだ。

法大ではリーグ屈指の三塁手として活躍。通算67試合で打率.302、8本塁打、43打点の成績を残し、ベストナインにも2度選ばれた。68年ドラフト1位で南海に入団して、プロ生活は69年から14年間。計4球団を渡り歩いた。

現役最後の球団は中日。81年8月26日の巨人戦では大学時代からのライバルである星野氏が先発した試合で、5回に右翼へ3号ソロ。「巨人戦で本塁打を打ちたい」が富田氏の口癖で、この一発で史上2人目のプロ野球全球団からの本塁打を記録した。オールドファンの記憶に鮮明に残る昭和の名プレーヤーだった。




下は1968ドラフトで南海(現ソフトバンク)が指名した選手です。富田勝は1位指名され入団。プロでの成績はこちら

南海の1968ドラフト指名選手
1位富田 勝法政大内野手
2位緒方 修巌木高投手
3位松井 優典星林高捕手
4位藤原 満近畿大内野手
5位松村 彰士御所工高内野手
6位前田 四郎高岡商高投手
7位西浦 秋夫日南工高外野手
8位東出 康博星林高内野手
9位鶴橋 鉄行焼津水産高投手
10位梅村 好彦龍谷大捕手
11位藤目 功治津田高投手
プロ入り後の成績



1968ドラフト会議の概要はこちら

draftkaigi at 07:00|この記事のURL

ドラフトニュース検索