ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる
ドラフトのウラ話

阿部(巨人)、ドラフトで最も熱心だったのはヤクルトだった

2017年08月16日

8/15、日刊ゲンダイ26面より

2000巨人ドラフト1位 阿部慎之助
中央大・捕手・21歳

長年、激務の捕手を務め、故障も多かったが、よくぞたどり着いた。慎之助(2000巨人1位)が中大に在籍していた頃、私はOB会長だった。リーグ戦で初めて見た時の印象は「強肩」。ガッチリした体格で肩が強い、捕手らしい捕手だと思った。

東京の安田学園高時代は高校通算38本塁打というものの、中央球界で名の知れた捕手ではなかったと思う。中大は当時、東都リーグの2部に低迷。父の東司氏が中大出身ということで入学したようだ。

大学4年の2月、招待選手として日本ハムの春季キャンプに参加していた慎之助を現地で視察した。逆方向のレフトへ本塁打していて、その場にいた東司氏に「打撃もいいね」と言うと、「今、知りました?」とニヤリと笑っていた。

2000安打の達成にもつながるが、技術的には右腕のたたみ方が抜群にうまい。だからインコースを苦にしない。これは教えてもなかなかできない。社会人野球を経験している父の指導か天性か大学時代にはもう武器にしていた。

この頃のプロ野球のドラフトには逆指名制度があった。早くから熱心だったのは実はヤクルト。担当スカウトが通い詰めていた。当時のヤクルトは古田敦也が全盛期で正捕手として君臨していた。慎之助が2、3年の頃だったか、東司氏が「ヤクルトの古田さんの下で2、3年鍛えてもらって・・・と言うので、私は「とんでもない」と反対した。

コーチならまだしも、バリバリの現役捕手が新人を指導するはずがない。それより、正捕手の村田真一(現ヘッドコーチ)がベテランに差し掛かっていた「巨人の方がいいよ」と進言したのを覚えている。


私が2008年から中大の監督を務めた際、オフに「時間があったら大学のグラウンドに顔を出してやってくれよ」と電話をかけたことがある。すでに巨人の中心選手だったが、「分かりました」と二つ返事で来てくれ、選手たちは大喜びだった。

定期的にバットや打撃用手袋、プロテクターやレガースなどの用具類をポンと寄付してくれたのも随分助かった。4年時は主将だった。後輩の面倒見がいい兄貴分のような性格は、今も変わっていない。



上の記事は巨人、東映(現日本ハム)で活躍し、引退後は中央大監督を務めた高橋善正氏が書かれたものです。

下は2000ドラフトで巨人が指名した選手です。阿部慎之助は1位指名入団。プロでの成績はこちら

巨人の2000ドラフト指名選手
1位阿部 慎之助中央大捕手
2位上野 裕平立教大投手
3位三浦 貴東洋大投手
4位根市 寛貴光星学院高投手
5位川本 大輔広陵高投手
6位山下 浩宜九共大八幡西高内野手
7位小野 剛武蔵大投手
8位李 景一敦賀気比高捕手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 11:08|この記事のURL

オリックス、ドラフト裏金と東海大グループのドン

2017年08月04日

8/4、日刊ゲンダイ27面「球界への遺言」より
オリックスがかつて、ドラフトで東海大の付属校のスラッガーを獲得しようとしたときの話だ。当初、流敏晴スカウトが担当したものの、らちが明かない。野球部監督によれば、スラッガーは子供のころからある在京球団のファンで、その球団以外、プロ入りする気はないという。オリックスがドラフトで指名しても、社会人チームに行くと言って、にべもなかった。

そうこうするうちに野球部監督は流スカウトを避けるようになった。やむを得ず、ベテランの木庭教スカウトに調べてもらったところ、スラッガーの後ろにはもうひとり、やっかいな人物がついていることが分かった。その人物はスラッガーが入団を希望する球団のOBで、高校生に打撃を教えては、プロ入り時に選手の契約金の一部をピンハネするなどブローカーまがいのことをしているともっぱらだった。

木庭さんの調査によれば、その在京球団が野球部監督とブローカーまがいの人物を抱き込んでいた。監督とブローカーは、すでに在京球団からそれぞれ300万円ずつもらっているとのことだった。

野球部監督とブローカーがガードを固めているスラッガーを、どうやったら振り向かせることができるか。木庭さんが出した結論は当時、東海大野球部監督で、東海大グループのボスである原貢さんを頼ることだった。野球部監督は原貢さんの教え子で、東海大野球部OB。東海大のボスに会って事情を訴えることで、突破口が開ければと考えたのだ。

木庭さんが「実は困っています」と事情を打ち明けると、原貢さんはこう言って、烈火のごとく怒ったという。「あのバカは、まだ、そんなことをやっているのか! あいつの名前はOB会名簿からも外しますから!」。そしてこう続けたそうだ。「あいつにはオレと話をしたと言ってくださって結構です。これからは交渉もお宅のペースでやってください」

木庭さんが原貢さんの言質を得たうえで、野球部監督を訪ねると、これまでとは態度からして違っていた。原貢さんから大目玉を食らったことは想像に難くなかった。手のひらを返したように低姿勢の野球部監督に向かって、木庭さんはハッキリとこう言った。

「もし、ドラフトでウチが指名権を獲得したら、あなたに300万円を渡しますから、それで(スラッガーの希望している)球団との関係を断ってください」。オリックスはその年のドラフトでそのスラッガーを獲得した。(つづく)


上の記事はオリックス・元球団代表の井箟重慶氏が書かれたものです。

東海大の付属校のスラッガーとは萩原淳(東海大甲府)を指すものと思われます。なぜかというと、記事に「ベテランの木庭教スカウトに調査してもらった」とありますが、木庭スカウトがオリックスに在籍したのは1991~1994年。下はその間にオリックスが指名した選手です。東海大系列の選手は一人しかいません。

オリックスの1991ドラフト指名選手

オリックスの1992ドラフト指名選手

オリックスの1993ドラフト指名選手

オリックスの1994ドラフト指名選手


萩原淳は当時、大洋(現DeNA)が囲っている選手と報道されていました。したがって記事内の「ある在京球団」とは大洋(DeNA)になります。よく知らない方は「萩原淳 大洋」で検索してください。

点と線がつながってきました。実は、オリックス・木庭スカウトは前年まで大洋のスカウトをやっていたのです。事情を熟知していた同スカウトが豊富な人脈を使って切り崩しにかかったというところでしょうか。

その萩原淳、ドラフトでは2位入札でオリックスと大洋が競合。抽選の末、オリックスに入団。プロでの成績はこちら


draftkaigi at 07:16|この記事のURL

和田毅、ドラフトで巨人や阪神を拒否した理由

2017年08月03日

8/3、日刊ゲンダイ31面「球界への遺言」より

2002ダイエードラフト自由枠 和田毅
早稲田大・投手・21歳

「ウチの和田が大リーグに行きたがっているので、一度、本人に会って、メジャーの話をしてもらいたいのですが・・・」。2002年、早大野球部の野村徹監督から電話がかかってきた。「和田」とは当時、早大のエースだった和田毅(2002ダイエー自由枠)のことだ。

野村監督とは以前から面識があり、長谷川滋利の移籍にかかわり、国際関係委員会の座長を務めた経験のあるわたしに相談に乗って欲しいということだろう。

和田はその年のドラフトの目玉選手のひとり。貴重な左腕ということもあって、ウチも含めた数球団が逆指名、つまり自由枠での獲得に興味を持っていただけに、目玉選手と直接、話ができるのは渡りに船。野村監督には「喜んでお会いしましょう。自分でお役に立つのであれば、何でもお話ししますよ」と伝え、会う約束を取り付けた。

数日後、和田とは焼き肉店で食事をしながら話をした。本人はメジャーに関心を持っていて、米球界でプレーしたいと考えていた。しかし、卒業してすぐに、というわけではなかった。いきなりメジャーでプレーする自信はないので、まずは日本のプロ球団に入団、ある程度の成績が残せたら、メジャーに挑戦したいと考えていた。

「君なら巨人でも阪神でも人気球団が欲しがるだろうし、自由枠でどこにでも行けるだろう」。こんなふうに水を向けると、本人はかぶりを振ってこう言った。

「そんな巨人や阪神のような人気球団に入って、もし、活躍したら、絶対にFA権を取得するまで大リーグには行けませんよ。球団やファンが離さないでしょう。巨人や阪神に行く気はありません」。
この選手は頭がいいし、しっかりと先を読んでいると感心した。

和田はその後、自由枠でダイエー(現ソフトバンク)に入団した。ダイエーが和田を口説くためにどんな方法を使ったのかは定かじゃない。

自由枠は要するに逆指名制度、ドラフト上位選手が希望球団に入団できるシステムだ。自由競争による契約金の高騰を防ぐために契約金1億円プラス出来高払い5000万円という上限が設けられたものの、あくまで12球団の申し合わせ事項。5億、10億、いや、それ以上の大金が裏で飛び交っていたのは周知の通りだ。

選手にクレジットカードを持たせて銀座で自由に飲み食いをさせたり、大リーグ希望の選手には米国の大物代理人を紹介して海外FA権を取得する以前のメジャー挑戦を認めたりする球団も中にはあった。

もちろん和田はそんなことで“籠絡”されるはずがないし、ダイエーに魅力を感じていたからこそ自由枠で入団したに違いない。入団1年目から5年連続2ケタ勝利をマーク。その後、ケガで振るわない時期もあったものの、11年、チームの日本一に貢献し、結局、海外FA権を行使して海を渡った。(つづく)


上の記事はオリックス・元球団代表の井箟重慶氏が書かれたものです。

下は2002ドラフトでダイエー(現ソフトバンク)が指名した選手です。和田毅のプロ入り後の成績はこちら

ダイエーの2002ドラフト指名選手
自由枠和田 毅早稲田大投手
自由枠新垣 渚九州共立大投手
1巡目(指名権なし)
2巡目(指名権なし)
3巡目(指名権なし)
4巡目溝口 大樹戸畑商高投手
5巡目大野 隆治日本大捕手
6巡目森本 学シダックス内野手
7巡目田中 直樹沖学園高投手
8巡目稲嶺 誉東農大生産学部内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:06|この記事のURL

イチローを発掘した名スカウト、自殺の真相(その8)

2017年07月25日

7/22、日刊ゲンダイ42面「球界への遺言」より 

1998オリックストドラフト1位 新垣渚
沖縄水産高・投手・18歳



編成部長の三輪田勝利が沖縄の賃貸マンションから身を投げて亡くなり、こちらから矢野清管理部長以下、数人が現地に足を運んだ。その中のひとり、あれはスカウトの流敏晴の話だったと思う。彼らが地元の警察に挨拶に行ったとき、三輪田の遺体はまだ、署内にあった。若い事件担当の警察官が上司に対して、盛んにこう言ったそうだ。

「これは事件ですから、解剖にしましょう」。三輪田が賃貸マンションから身を投げた一件は当時、新聞やテレビが大事件として大々的に報じていた。「事件」なら解剖に出すべきだという若手警察官の言い分は理解できる。しかし、彼の上司は、取りつく島もなかったという。「いいんだ、いいんだ。これは自殺だ。ハッキリしているのだから、解剖なんか必要ない」

彼らのやりとりを目の前で聞いていた流も不自然に感じたようで、警察官の上司の態度は、むしろ解剖をさせまいとしているように受け取れたという。

それと、わたしが見たわけではないが、ウチの何人かは三輪田が身を投げた直後、現場を見ている。スカウトのだれが言ったのか失念したが、飛び降りたマンションの壁には、ガーッという、ものすごい引っかき傷が残っていたそうだ。覚悟を決めて飛び降りたとすれば、果たして、そんな引っかき傷がつくだろうか。あるいは、だれかに突き落とされたのか。だから、ひどい傷がついたのか。

三輪田はくだんの賃貸マンションの存在すら、当初は知らなかったと思う。裏金によって重い扉は完全に開いたはずなのに、交渉の数時間前に身を投げるということ自体、そもそも、わたしには信じられなかった。加えて繁華街のホテル、妙な賃貸マンション、警察官の上司の発言、賃貸マンションに残された壁の引っかき傷・・・おかしなことがたくさんある。

ともあれ、三輪田の死は自殺と断定され、翌99年、労災と認定されたのは、残された家族のことを思えば救いだった。三輪田には奥さんと2人の娘さんたちがいた。結果として部下である三輪田を死なせてしまったことについて、球団であり、わたしの責任は重い。

沖縄水産の栽監督、現地で事後処理をした矢野管理部長、警察官のやりとりを聞いていた流スカウト・・・当時の関係者の多くがすでに鬼籍に入った今となっては、事件の真相にたどり着けるはずもなく、頭の中では今も疑問符が渦巻いている。三輪田の最後の気持ちを酌んでやることができないままでいるのは、彼に対して申し訳ない思いでいっぱいだ。



上の記事はオリックス・元球団代表の井箟重慶氏が書かれたものです。

下は1998ドラフトでオリックスが指名した選手です。新垣渚は1位指名されるも入団拒否しました。

オリックスの1998ドラフト指名選手
1位新垣 渚沖縄水産高投手
2位川越 英隆日産自動車投手
3位相川 良太東海大内野手
4位木村 昌広日立製作所投手
5位徳元 敏東農大生産学部投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:06|この記事のURL

イチローを発掘した名スカウト、自殺の真相(その7)

2017年07月24日

7/21、日刊ゲンダイ27面「球界への遺言」より 

1998オリックストドラフト1位 新垣渚
沖縄水産高・投手・18歳



沖縄に事後処理に出掛けた管理部長の矢野清によれば、三輪田勝利編成部長は賃貸マンションから身を投げる前、那覇の繁華街のど真ん中にあるホテルに行ったらしい。そこまで三輪田を乗せたというタクシー運転手の話が本当だとすればだ。

そのホテルはいかにも裏社会の連中が出入りしそうな、汚くて、とてもじゃないがフツーの旅行者が抵抗なく飛び込めるような場所ではなかったという。三輪田の泊まっていたワシントンホテルから見て、そのホテルは、身を投げた賃貸マンションとは正反対の方角にある。

三輪田は山本公士スカウトにも内緒で、なぜ、そんな訳のわからないホテルに行かなければならなかったのか。裏金の5000万円によって話はほとんどついていたのだ。ここから先はわたしの想像だ。三輪田は得体の知れないホテルに呼び出され、そこで脅されたのではないか。

5000万円の要求をあっさりのんだわけだから、もうちょっと上乗せしろと。1000万円か2000万円か、あるいはもっとなのか。いずれにせよ、新たな要求をされたと思うのだ。

三輪田は5000万円でも、エラいことだと言っていた。「会社に迷惑をかけて申し訳ない。自分は辞めなければならない。もう交渉はやめましょう」と、一時は切羽詰まった口調だった。そういう三輪田をなだめ、わたしが責任を持つから5000万円の要求に応じるように指示したのだ。仮に5000万円にさらなる裏金を上積みされたら、三輪田はこれ以上のことはもう、自分にはできないと思ったのではないか。

自殺した賃貸マンションにしても、おかしな場所だった。わたしも実際に足を運んでみたら、三輪田が飛び降りたといわれている最上階の11階は、ほとんど一般人の住居ではなく、事務所になっていた。玄関の表札は、なんとか興業といった怪しい会社の名前ばかり。不思議なマンションだと思った。

勘繰れば、裏社会の連中がかかわって、繁華街の得体の知れないホテルでいったん三輪田を脅し、うまくいかずに自分たちのテリトリーに連れて行って、そこでもう一度、交渉をしたのか、あるいは、そこから突き落としたのか。

彼が本当に自分の意思で身を投げたのならともかく、脅されたり、何かをされたとすれば、人目の多い繁華街のホテルというのは場所として不自然だ。それで彼らの地場に引きずり込まれ、再び脅されて身を投げたのか。

三輪田はなぜ、繁華街の怪しげなホテルや、最上階にフツーの人が住んでいないような賃貸マンションに行ったのか。身を投げたのならなぜ、そのマンションなのか。死を選ぶにしても、他にいくらでも方法があったと思うのだ。他にも解せないことはあった。(つづく)



上の記事はオリックス・元球団代表の井箟重慶氏が書かれたものです。

下は1998ドラフトでオリックスが指名した選手です。新垣渚は1位指名されるも入団拒否しました。

オリックスの1998ドラフト指名選手
1位新垣 渚沖縄水産高投手
2位川越 英隆日産自動車投手
3位相川 良太東海大内野手
4位木村 昌広日立製作所投手
5位徳元 敏東農大生産学部投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:52|この記事のURL

ドラフトニュース検索