ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる
ドラフトのウラ話

イチロー、中日ドラフト5位指名はオリックスにバレていた

2017年06月15日

6/15、日刊ゲンダイ31面「井箟重慶の球界への遺言」より

1991オリックスドラフト4位 鈴木一朗
愛工大名電高・外野手

「ダメです。4位までに指名しなければ、絶対に取れません」。
91年、ドラフト前日のスカウト会議だった。当時、愛工大名電(愛知)の投手だったイチローこと、鈴木一朗(1991オリックス4位)の獲得を強硬に主張したのは三輪田勝利スカウトだった。

この年は1位で関西学院大の田口壮(現オリックス二軍監督)、2位で東海大甲府の萩原淳(現愛媛マンダリンパイレーツコーチ)の指名を予定していた。いずれも野手。3位以下は大学、社会人の即戦力投手を指名すべきという声が多く、社内でもイチローは5、6位という評価だった。三輪田はしかし、かたくなだった。

「この子はピッチャーですけど、バッターとして間違いなくいい選手になります。本人が熱烈な中日ファンだし、地元の中日もかなり評価していますから」

イチローは実際、子供の頃から筋金入りの中日ファンだった。外野の焼きそばがうまく、それを食べながら観戦したという。オリックス入団後も、わざわざナゴヤ球場まで出掛けたほど。

あるとき、もう一度、ナゴヤ球場で焼きそばを食べながら試合が見たいと言い出したのだ。すでに顔も名前も売れていたものの、どうしても行きたいという。仕方なく中日に頼み込み、観戦している席まで焼きそばを運んでもらった。

世に言う「10・8決戦」。ペナントレースの最終戦で巨人が中日を下してリーグ優勝を決めた94年10月8日のことだ。イチローはそれくらい中日とナゴヤ球場に思い入れがあった。

ドラフト前日のスカウト会議で三輪田があまりに執拗なので、結論は持ち越しに。スカウトたちは中日を含めた他球団の動向を探るため、その日の晩から当日の午前中にかけて会場のホテル内を駆け回って、他球団のスカウトや関係者から情報収集した。その結果、4位までにいかなかったら中日がいくと判明、イチローの4位指名が決まった。

年明けの1月、オリックスは当時、新人の親御さんや所属チームの関係者を神戸ポートアイランドホテルに招いて食事会を開いていた。わたしがイチローと最初に会ったのもこのときだ。愛工大名電の中村豪監督が「この子はヒットならナンボでも打ちますから」と言う。

「何を言ってるんですか、ここはプロですよ」と思わず口にしそうになったが、そんなわたしの見方は2月のキャンプでガラリと変わった。イチローの打撃センスに首脳陣や球団関係者は舌を巻いた。

編成部長だった中田昌宏が「この子はすごいから、オーナーに最初のキャンプで見せておきましょうよ」と提案。わたしは一軍の糸満市西崎球場にキャンプを視察に来た宮内義彦オーナーに、「二軍に面白い新人がおりますので、ご覧になってください」と水を向け、車で20分前後かかる二軍の那覇市営奥武山球場に連れて行った。

そこでイチローにフリー打撃をさせ、「今度入ったピッチャーですが、バッターとして育てますので見ておいてください」と話した。二軍の選手をわざわざ宮内オーナーに見せたのは、イチローが最初で最後だった。

その後、オーナーはイチローの話になるたびに、「あのとき見てくれと言われて見せられたよな。ここまでの選手になるとは思わなかったけど」と苦笑した。


上の記事は元オリックス球団代表の井箟重慶氏が書かれたものです。

中日スポーツによると、中日はイチローをドラフト5位で指名予定だったそうです。しかし何年か前、イチローの高校時代の恩師・中村さん(元・愛工大名電監督)は、「中日が評価していたのは投手・イチローで、打者・イチローには全く関心がなかった」という趣旨のことを話しています。もしも中日に入団していたら10~15勝クラスの投手に育っていたかもしれませんが、振り子打法は見れなかったでしょうね。

下は1991ドラフトでオリックスが指名した選手です。イチロー(鈴木一朗)は4位指名され入団。プロでの成績はこちら

オリックスの1991ドラフト指名選手
1位田口 壮関西学院大内野手
2位萩原 淳東海大甲府高内野手
3位本東 洋三菱重工長崎投手
4位鈴木 一朗愛工大名電高投手
5位北川 晋浪速高投手
6位西 芳弘寺井高外野手
7位山本 大貴元阿部企業投手
プロ入り後の成績


オリックスの歴代ドラフト指名選手一覧はこちら


draftkaigi at 07:48|この記事のURL

ドラフト事件簿、中日の三沢強行指名事件の真相

2017年06月13日

6/13、中日スポーツ3面より

1970中日ドラフト3位 三沢淳
江津工高・投手・18歳

ドラフト指名からほぼ1年後に入団した選手がいる。前年3位で指名された島根・江津工の三沢淳(1970中日3位)は、新日鉄広畑に進んだ後、タイムリミット寸前で中日入りを決意した。今回の瞬間は、晴れの入団会見に臨んだ1971年11月15日。専属スカウトの法元英明は、いかにして「ミッションインポッシブル」を成し遂げたのか・・・。

義理や人情という言葉が、今よりも重かった時代の物語だ。始まりは70年秋のドラフト。センバツ優勝の島本講平(箕島)、湯口敏彦(岐阜短大付)、佐伯和司(広陵)の「高校三羽がらす」が注目されていた。予備抽選で1番クジを引き当てた南海が島本、2番の巨人が湯口、続いて広島が地元の佐伯を指名した。

9番目だった中日は地元の氏家雅行(愛知・大府)。そして3位に指名したのが三沢だった。法元に言わせれば「三羽がらすじゃなく四天王」。評価は同等だったが、三沢を推薦したわけではない。新日鉄広畑に入社することを知っていたからだ。とはいえ、今よりも事前調査がおざなりだったこの時代、強行指名も入団拒否もよくあることだった。

ところが、球団首脳は口頭ながら法元に「辞令」を下す。「三沢専属となり、何としても入団させよ」。球団の本気度も、翻意させる難しさも伝わる話がある。

年が明けた1月。「オレは姫路には顔が利く」と監督の水原茂が出馬した。7日に新日鉄を訪れて頭を下げ、翌8日は「急行しんじ」に8時間も揺られ、島根県浜田市の三沢宅にまで足を運んだ。球団が三顧の礼で迎えた超大物監督が、これだけの誠意を見せても三沢の心は動かなかった。

「あのときは近所がすごい騒ぎになりましたけどね。新日鉄で決めていましたから。プロより話をいただいたのが早かったですもん。あれで入っていたら逆に男がすたりますよ」。三沢が振り返るこの一徹さは、両親、とくに母の貞子さんから受け継いだものだ。義を重んじる貞子は、自らを「石見女は頑固者」と評している。

「決まっているものを強奪しようとするわけやから、むなしさはあったわね。無理だとわかっていながらやらないといけなかった」。春になり、正式に新日鉄広畑へ入社しても「三沢専属」の任は解かれず。それどころか三沢の評価はどんどん高まっていった。

江津工2年で転向したアンダーハンドは、武器のシュートに磨きをかけた。都市対抗ではチームを優勝に導き、自らも小野賞(特別賞に相当)を受賞。球団からの期待はさらに膨らみ、新日鉄のガードはより堅くなった。

三沢の試合を追う合間に、浜田へ通う日々が続いた。「玄関先だったのが3回目に中まで入れてくれた。4回目に、『ゆっくりしていって』と言われ、5回目に茶菓子が出てね・・・。お母さんが気の毒がってくれたんやろなあ」

法元と両親の信頼関係が徐々に構築されていったころ、最終局面を迎えた。当時は指名されながら契約しなかった社会人選手を対象に「再交渉期間」が設けられていた。この年は11月3日に門が開き、ドラフト前日の18日に再び閉まる。しかし新日鉄に聞く耳はない。

何とか三沢本人の意思確認を・・・。再交渉開始を前に、法元は「ルール違反」をした。車を借りて姫路入りし、三沢を極秘裏に連れ出した。

「夜中の2時にね(笑)。手柄山公園でした。絶対に会ってはいけないという規則でしたが。するとパトカーが来たんです。職務質問ですわ。この警官が野球に詳しい人やったら・・・。冷や汗をかきながら、そう思ったことを覚えています」

幸い三沢の正体も密会の目的も詮索はされなかった。三沢がプロ入りに傾いていることも確信。しかし、その情報をつかんだ巨人から横やりが入った。当時は高卒1年目の社会人選手も指名できた。スカウト部長の前川八郎は、富士鉄広畑(新日鉄の前身)元監督という太いパイプを使い、三沢と1対1で交渉している。

「紳士でしたよ。指名するから来いと。僕は巨人ファンでしたから夢のような話でした」。

大企業の象徴だった新日鉄に残る。直後のドラフトで巨人の上位指名を待つ。中日へ入る・・・。三沢の選択は安定やあこがれよりも義理だった。

「僕の家は貧乏でしたけど、駆け引きや金じゃなかったんです。他球団でという思いはさらさらなかったなあ。よくあんな田舎に足を運んでくれたな、と今でも思いますよ。母も曲がったことが嫌いだったから、法元さんがたまに来たり、電話だけなんて人だったら断っていたでしょうね。プロなら中日。そうじゃなきゃ失礼だなと考えました」

新日鉄は最後まで難色を示したが、三沢家は承諾。貞子は中日ではなく「法元さんにお預けします」と言ってくれた。タイムリミットまであと3日での入団発表だった。のちに三沢は結婚の媒酌人を法元に頼んだ。通算107勝。法元だけが「四天王」と評した中で、もっとも勝ったのが三沢だった。



下は1970ドラフト会議で中日が指名した選手です。3位指名の三沢淳は新日鉄広畑を経て1年遅れて入団。プロでの成績はこちら

中日の1970ドラフト指名選手
1位氏家 雅行大府高投手
2位稲葉 光雄日本軽金属投手
3位三沢 淳江津工高投手
4位村上 義則大倉工業投手
5位伊藤 泰憲三重高外野手
6位堂上 照電電北陸投手
7位盛田 嘉哉本田技研外野手
プロ入り後の成績


1970ドラフト会議の概要はこちら


draftkaigi at 11:23|この記事のURL

近藤健介(日ハム) ドラフト前、某球団に断られていた

2017年06月12日

週刊文春 6月15日号より

2011日本ハムドラフト4位 近藤健介
横浜高・捕手

日本ハムの近藤健介選手(2011日ハム4位)が開幕から出場47試合目となる6月1日時点で、打率4割を維持して球団新記録をマークした。プロ野球記録は89年に巨人のクロマティが記録した96試合だが、近藤は49試合まで記録更新中だ(4日現在)

「シーズン終了時に夢の4割打者誕生の可能性もあります」(スポーツ紙デスク)。ちなみに89年のクロマティの最終打率は.378。日本プロ野球最高打率は86年の阪神・バースの.389だが、前出のデスクは近藤の可能性をこう語る。

「過去4割に近づいた打者と比べて、近藤が際立っているのは、その選球眼の良さです。近藤の四球数は現在、56個で両リーグを通じてダントツ。しかも敬遠は一つも含まれていません」

20打数10安打も2打数1安打も、打率は同じ5割。打数が少ない方が打率を挙げるには有利という理屈だ。横浜高校から2011年のドラフト4位で日ハムに入団した近藤だが、高校時代の恩師、小倉清一郎元コーチはこう語る。

「彼は、スカウトで入ってきた選手ではなく、プロになりたいと自ら売り込んできたんです。打撃センスが良く、グラブ捌きがいいのでショートに置きました」

1年生にしてショートのレギュラーを掴んだ近藤だが、選球眼の良さについて小倉氏に聞くと・・・。

「良いバッターでも外角低めの球はそうは打てない。彼は、難しい球に対しても、下半身の使い方がいいので崩され方が少ないんです。最後の抵抗ができるから、見逃せるんですよ」

稀代のヒットメーカーであるイチローと近藤の違いをベテラン記者はこう分析する。

「初球から振っていき、とにかくバットに当てるのが上手いイチローは、四球はそれほど多くなくて足で稼いだ内野安打が多い。一方の近藤は俊足ではなく内野安打が少なくて、きれいに野手の間を抜くヒットが多いんです」

173センチの小さな身体ゆえ、「プロ入りに際して、野球部の関係者が某球団に紹介したが、断られた」(同前)という近藤。プロ入り6年目、雌伏の時を経て「小さな大打者」となれるか・・・。



下は2011ドラフトで日本ハムが指名した選手です。近藤健介は4位指名され入団。プロでの成績はこちら

日本ハムの2011ドラフト指名選手
1位菅野 智之東海大投手
2位松本 剛帝京高内野手
3位石川 慎吾東大阪大柏原高外野手
4位近藤 健介横浜高捕手
5位森内 寿春JR東日本東北投手
6位上沢 直之専大松戸高投手
7位大嶋 匠早大ソフトボール捕手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:40|この記事のURL

ドラフト指名漏れで新聞を恨んだ元中日・巨人の投手

2017年06月10日

6/10、日刊ゲンダイ43面「門倉健の流れ流れて日韓7球団」より

1995中日ドラフト2位 門倉健
東北福祉大・投手・22歳

中3の夏から秋にかけ、埼玉・聖望学園に通う中学の1年先輩に「おまえ、進学先決まってる? 一緒にやらないか?」と誘われて決めた。甲子園出場経験がある所沢商のブルーのユニホームに憧れていたが、推薦枠の関係で断念。当時の聖望学園はまだ甲子園に出場したことがない新鋭校だった。

身長は小6で170センチ、中3で190センチと当時から大きかったものの、大した投手ではなかった。ラクという理由で横手から投げていたほど。入学早々、岡本幹成監督に「デカいのにもったいない。上から投げろ」と指導され、スピードが出るようになった。

2年の秋、翌春のセンバツをかけた埼玉大会で、その年の夏の甲子園出場校でもある大宮東に敗戦。冬の間、「打倒・大宮東」で猛練習に耐えた。3年春、平尾博嗣(1993阪神2位)が入学した大宮東と再び戦った。0―0で試合は進み、円陣でボクはこう言った。「1点だけ取ってくれ。1点あれば勝てる」

後にも先にもこんなことを頼んだのは一度きりである。結局1―0。ボクにとっては、自分に自信が持てるようになったターニングポイントになる試合だ。その後、「勝ったぞ!」とみんなでうれし泣きをしていると、次の試合のために入れ替わった花咲徳栄の選手に「おい、あいつら泣いてるぜ~」と痛烈に冷やかされ、カチンときた。

その花咲徳栄と県大会準々決勝で対戦した。向こうのエースは、プロ注目の剛腕・品田操士(1991近鉄3位)。ボクも県内ではそこそこ評判は高くなっていて、埼玉ナンバーワン投手の座をかけた試合でもあった。

試合序盤、ボクの投げた球が打者・品田の顔付近に抜けてしまった。「おい、コラ!」と打席で品田が叫び、両校のナインがベンチで立ち上がる。あわや乱闘の騒然とした雰囲気の中、高校野球では前代未聞の「警告試合」が宣告された。

この試合を勝利した聖望学園は、同校初の関東大会への切符を手にした。だが、春の埼玉、関東、夏の埼玉の決勝でいずれも春日部共栄に敗れることになる。ボクが登板した夏の決勝戦は、城石憲之(1994日ハム5位)に本塁打されるなど1―3。あと一歩のところで甲子園の土を踏むことはできなかった。

ドラフト会議当日。地元の埼玉新聞に品田とボクの2人は「指名確実」と大きく報じられた。実際は品田が近鉄3位、ボクはどこからも指名されなかった。テレビで中継もされていた。悔しいのはもちろん、学校中が注目している中で指名漏れという気恥ずかしさも大きかった。ボクはマスコミと品田を恨んだ。

彼とは後に近鉄でチームメートになるのだが、当時の気持ちは、東北福祉大へ進み、4年後に品田より上位で高い契約金をもらってプロに入ること・・・。それしかなかった。(つづく)



下は1995ドラフト会議で中日が指名した選手です。門倉健は2位指名され入団。プロでの成績はこちら

中日の1995ドラフト指名選手
1位荒木 雅博熊本工高内野手
2位門倉 健東北福祉大投手
3位藤井 優志大阪学院大捕手
4位渡辺 博幸三菱自動車川崎内野手
5位大塔 正明近畿大投手
6位益田 大介竜谷大外野手
7位日笠 雅人新日鉄君津投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:06|この記事のURL

元スカウトのドラフト裏話、三輪田スカウト自殺の真相

2016年12月08日

12/7、夕刊フジ31面「小田義人のスカウト備忘録」より
10月のドラフト会議で指名されたアマチュア選手たちのプロ入りが続々と決まり、各球団で入団発表が行われている。彼らスター候補生をプロの道に導いた影の功労者が、スカウトたちだ。

ヤクルトのスカウト部長時代に青木宣親外野手ら多くの名選手をプロに導き、今年7月31日に退団した小田義人氏(1972ヤクルト2位)が、金の卵を発掘するための奮闘の日々、交渉の舞台裏の駆け引き、生き様を赤裸々につづった。

私は1987年に近鉄でスカウト人生をスタートさせた。球団からは故郷・静岡を拠点に東京六大学リーグ、東海・北陸地区の担当を任された。

私には2人の師匠がいた。近鉄のスカウト部長で野茂英雄(元ドジャースなど)らを発掘した故・河西俊雄さん。そして母校・早大、社会人の大昭和製紙の先輩で、オリックスのスカウトとしてイチロー(米マーリンズ)を見いだした故・三輪田勝利さん。選手の目利きの仕方ではなく、スカウトとしての生き方を教えてくれた。

河西さんには「よそと競争する中でほしい選手を取れないことがある。代わりになる選手を用意しておけ」といわれた。ほしい選手をどれだけ挙げられるかがスカウトの力量で「選手を見て感じるところがあれば推薦しろ。間違っていてもいい。上の人間はそれを評価する」ともいわれた。

そして私にとってスカウト第1号となったのが母校・静岡高の後輩右腕、赤堀元之(1988近鉄4位)。肘の柔らかさと球のキレが抜群で静岡大会ではノーヒッターを記録した。私はほれ込み河西さんに投球をみてもらってOKを頂いた。88年ドラフト4位で指名した赤堀は近鉄の16年間で139セーブを挙げた。今オフには、ヤクルトの2軍投手コーチに就任している。

三輪田さんは同じ地区の担当で、2人で選手を見に行き酒やマージャンもご一緒したが、「上司の立場になったら片腕をつくれ」といわれた。組織には足の引っ張り合いがあり、1人でも意見を聞ける存在が必要という教えだ。苦しくて辞めたいと思ったら「家族のことを思い出せば頑張れる」と諭してくれた。

その三輪田さんが98年11月27日に亡くなった。同年のドラフト会議でオリックスが1位指名した沖縄水産高のエース、新垣渚(1998オリックス1位拒否)との交渉中に、那覇市内のビルから身を投げたのだ。

新垣はダイエー(現ソフトバンク)入りを熱望、かなわなければ九州共立大進学を表明していた。ヤクルトの編成担当だった私は、会議直前に都内で三輪田さんと食事をした。店内で新垣の担当スカウトから携帯電話が頻繁にかかり報告を受けていたが「指名しても大丈夫そうだ」と話していた。

だが、指名後の交渉は条件面などで開きが生じたようで難航。三輪田さんは球団から「何をやってるんだ」と叱責され板挟みになっていた。スカウトの生き様を教えてくれた大先輩が、最後にとった選択が今でも残念で仕方がない。



上の記事は近鉄、ヤクルトでスカウトを務めた小田義人氏が書いたものです。

下は1972ドラフトでヤクルトが指名した選手です。小田義人は2位指名され入団。プロでの成績はこちら


ヤクルトの1972ドラフト指名選手
1位永尾 泰憲いすゞ自動車内野手
2位小田 義人大昭和製紙内野手
3位上水流 洋住友金属投手
4位山口 高志関西大投手
5位鈴木 康二郎日鉱日立投手
6位水江 正臣津久見高投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 08:22|この記事のURL

ドラフトニュース検索