ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる
FA

大和(阪神)FA権行使へ、DeNAなど大争奪戦必至!

2017年10月18日

10/18、日刊スポーツ2面より
阪神・大和内野手(2005阪神4巡目)が今オフ、国内フリーエージェント(FA)権を行使する意思を固めていることが17日、分かった。阪神残留の可能性も残すが、すでにオリックス、DeNA、ヤクルトなど複数球団が水面下で調査を続けているもよう。権利を行使すれば大争奪戦は必至の情勢だ。

スイッチヒッター1年目の今季は開幕当初こそユーティリティープレーヤーの位置づけだったが、次第に左打席でも安打を量産。北條の状態が上がらず、ルーキー糸原も負傷離脱した終盤は遊撃スタメンに定着していた。

今季の推定年俸は5000万円。FA獲得した球団に金銭及び選手の補償が定められている「年俸Bランク」とみられるが、内外野ともに球界屈指の守備力を誇っており、他球団からの注目度は以前から高かった。阪神は3年前後の複数年契約を提示して引き留めにかかるとみられ、大和の決断、去就が注目される。



下は2005高校ドラフトで阪神が指名した選手です。前田大和は4巡目指名入団。プロでの成績はこちら

阪神の2005高校ドラフト指名選手
1巡目鶴 直人近大付高投手
2巡目指名権なし
3巡目若竹 竜士育英高投手
4巡目前田 大和樟南高内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:06|この記事のURL

オリックス、大和(阪神)の獲得調査

10/18、スポーツ報知2面より
オリックスが、今季国内FA権を取得した阪神・大和内野手(2005阪神4巡目)を調査していることが17日、分かった。大和がFA宣言した場合は獲得に乗り出すことを検討する。大和は遊撃、二塁、中堅と複数のポジションを守れるうえに、その守備力は球界トップクラス。今季から両打ちに転向し、急造の左打席でも打率.276(右打席.287)と好結果を残した。

オリックスは正遊撃手の安達が109試合に出場したが、9月下旬に難病の潰瘍性大腸炎が再燃し、体調に不安を抱えている。福良監督はシーズン中から「二遊間が手薄」と頭を悩ませており、大和を獲得すれば、チームの弱点を補強できる。阪神の四藤球団社長も「必要な戦力です」と話し、複数年契約を提示して引き留める方針だ。



下は2005高校ドラフトで阪神が指名した選手です。前田大和は4巡目指名入団。プロでの成績はこちら

阪神の2005高校ドラフト指名選手
1巡目鶴 直人近大付高投手
2巡目指名権なし
3巡目若竹 竜士育英高投手
4巡目前田 大和樟南高内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

西武、牧田・野上・炭谷の3選手がFA権行使か?

2017年10月17日

10/17、日刊スポーツ2面より
国内フリーエージェント(FA)権を保持する西武の牧田和久投手(2010西武2位)野上亮磨投手(2008西武2位)炭谷銀仁朗捕手(2005西武1巡目)の主力3選手が、今オフでの権利行使を視野に入れていることが16日、分かった。3選手とも球団への愛着はあるが他球団の評価も聞いた上で、来季のプレー先を模索する意向とみられる。

牧田はWBCの出場経験から、米大リーグでのプレーにも興味を示している。この日の試合後、「(メジャーへのあこがれは)あります。向こうでやってみたいという気持ちも(球団へ)伝えると思います」とし、「球団としっかり話をして決めていきたい」と話した。今後、球団とはポスティングシステムを利用してのメジャー移籍も視野に入れながら話し合う見込みだ。FA宣言した場合は競合が予想される。

炭谷は今季、規定打席には未達ながら過去最高の打率.251をマーク。今年はここ5年間で最少の104試合の出場にとどまり、正捕手として貢献できるチームを最優先に考える構えだ。

野上は今シーズン自己最多タイの11勝を挙げ、菊池とともに1年間先発ローテーションを守りきった。プロ10年目を迎える来季に向け、他球団の評価を聞いてみたいという思いがあるとみられる。3選手とも西武への感謝は強く、残留も選択肢に入れ、FA権行使の最終決断を下すことになりそうだ。



西武の歴代ドラフト指名選手・一覧はこちら



draftkaigi at 07:02|この記事のURL

中日、久保康友・大野奨太・宮西尚生の獲得調査

2017年10月11日

10/11、サンケイスポーツ5面より
中日が、DeNAを自由契約になった久保康友投手(2004ロッテ自由枠)の獲得調査を行っていることが10日、分かった。また海外FA権の資格取得条件を満たしている日本ハム・大野奨太捕手(2008日ハム1位)同・宮西尚生投手(2007日ハム3巡目)の調査も開始した。5年連続Bクラスからの巻き返しへ、バッテリー強化を掲げる森繁竜が来季に向けて動き出す。

阪神との最終戦を白星で飾れず、今季ワーストの借金「20」で就任1年目のシーズンを終えた森監督は「補強ポイント? 全部だろ」と悔しさをにじませた。打てない、守れないの展開で最後も4戦連続の1得点で4連敗。今季5位で5年連続Bクラス。2011年を最後にリーグ優勝から遠ざかっている。

“強竜時代”復活へ、先発投手&捕手強化は緊急課題。そこで調査対象になったのが、DeNAを戦力外となった久保だ。ロッテ、阪神、そしてDeNAと3球団を渡り歩いて通算97勝。今季は若手の台頭で1軍登板はわずか7試合(4勝2敗)だったが、編成担当者は「ウチなら投げるチャンスはいくらでもあるだろう」と力を込めた。

昨季に続き、2年連続で2桁勝利を挙げた投手はゼロ。20歳左腕の小笠原、ドラフト1位・柳(明大)、4年目の今季プロ初勝利を挙げた鈴木らに期待を寄せるが、1年を通じて先発ローテで投げた実績がないことも不安材料。修羅場を数多く経験しているベテランは不可欠だ。

また、今季も松井雅、木下拓、武山らの併用で、固定できなかった捕手補強にも乗り出す。白羽の矢を立てたのは、日本ハムの若返り策のあおりを受けて今季83試合出場にとどまった大野(2008日ハム1位)だ。WBC日本代表にも選ばれるなど実力は折り紙付き。岐阜県出身で中日に悪い印象はないこともキャッチしている。

このほか、今季は救援の左腕が岩瀬(来季は兼任コーチ)一人だったことから大野と同じ日本ハムで、海外FAを取得済みの宮西(2007日ハム3巡目)も補強リストに追加した。

「来年こそは名古屋のファンに喜んでもらいたい」と森監督。来季は3年契約の2年目だが、結果を出さなければ3年目はない・・・と覚悟はできている。チーム強化へ、残留交渉に難航しているゲレーロに代わる大砲探しとともに、国内補強にも全力を注ぐ。



下は2004ドラフトでロッテが指名した選手です。久保康友のプロ入り後の成績はこちら

ロッテの2004ドラフト指名選手
自由枠久保 康友松下電器投手
自由枠手嶌 智新日本石油投手
1巡目(指名権なし)
2巡目(指名権なし)
3巡目(指名権なし)
4巡目竹原 直隆三菱自動車岡崎外野手
5巡目大松 尚逸東海大外野手
6巡目木興 拓哉北海道栄高投手
7巡目青松 敬鎔上宮太子高捕手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:10|この記事のURL

FA注目の中田翔(日ハム)、トレードのウワサ

2017年10月07日

10/7、日刊ゲンダイ43面より

2007日本ハムドラフト(高校)1巡目 中田翔
大阪桐蔭高・外野手・18歳

日本ハムの4番・中田翔が最近、ふさぎ込んでいるという。5日現在、打率.215、16本塁打、67打点。3年続いた100打点、5年続いた20本塁打が、今年で途切れるのは間違いない。「今季中に国内FAを取得したものの、成績が成績ですからね。現時点で中田獲得に乗り出している球団は、おそらくないのでしょう」と、在阪マスコミ関係者がこう言った。

「阪神は金本監督が生え抜きの若手育成に舵を切っているし、オリックスも獲得には消極的。ロメロ、マレーロの両外国人と契約を延長しているうえ、今年で3年契約が切れる小谷野と中島も残留が内定。中田が入ったとしても、一、三塁と外野はふさがっていてどうやらポジションがないらしい。中田は日本ハムの首脳陣やフロントの評価が低いことは承知している。だからこそ今季はそれなりの成績を残してFA移籍しようと考えていたようですが、成績が成績だし、移籍先の候補だった阪神やオリックスも乗り気ではないことが分かってきた。それで本人はふさぎ込んでいるのですよ」

なにしろ年俸は2億8000万円。今季の成績がサッパリの高給取りだけに、阪神やオリックス以外にこれから獲得に乗り出そうという球団が現れる可能性はいよいよ低い。となると、FA宣言せずに日本ハムに残留するしかないが、「だとすれば、給料の大幅ダウンだけでは済まないでしょうね」と、日本ハムのOBがこう続ける。

「日本ハムが中田を評価していないのは、グラウンド上での費用対効果が悪いということだけではない。打てないだけならまだしも、夜な夜な若手を連れ回し、スポイルしてしまう。チームに悪影響を及ぼすことが最大の問題なのです。なのでFAせずに残留、年俸を大幅に下げて契約した後にトレードで放出する可能性もあります。年俸が下がれば、引き取り手も出てくるかもしれませんからね」

自業自得といえばそれまでだが、中田の去就に注目だ。



下は2007高校ドラフトで日ハムが指名した選手です。中田翔のプロ入り後の成績はこちら

日本ハムの2007高校ドラフト指名選手
1巡目中田 翔大阪桐蔭高外野手
2巡目指名権なし
3巡目津田 大樹倉敷高投手
4巡目大平 成一波佐見高外野手
5巡目松山 傑横浜商大高投手
6巡目豊島 明好北陸大谷高投手
7巡目浅沼 寿紀旭川南高投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

ドラフトニュース検索