ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
FA

楽天、浅村栄斗・炭谷銀仁朗(西武)の獲得調査へ

2018年09月23日

9/23、日刊スポーツ2面より
楽天平石洋介監督代行が、来季から監督に昇格する可能性が高いことが22日、分かった。今季はヘッド兼打撃コーチを務めていたが、梨田監督の辞任を受け6月17日から監督代行に就任。若手主体のメンバーに切り替えながら粘り強く戦い、22日現在で33勝33敗2分けの勝率5割と健闘している。

球団創設時からの生え抜きに対する評価は一貫して高く、今後の取締役会などを経て正式決定する見込み。

22日の日本ハム戦に敗れCS進出の可能性が完全に消滅したチームは、自軍の体制を整えることと同時に、来季に向けた戦力補強を積極的に推し進める方針。今季国内FA権を取得した西武・浅村栄斗内野手と、すでに海外FA権を取得している西武・炭谷銀仁朗捕手が権利を行使した場合に備え、調査を行っていくことも明らかになった。

センターラインの強化は最重要の補強ポイントだ。浅村が主戦場とする二塁手には藤田がいるが、来季37歳を迎えるベテラン。一塁から銀次を回すなどしてやりくしたが、固定には至らなかった。浅村は年齢も若い上、打撃でも22日時点で打率3割1分6厘、29本塁打、118打点と文句なしの成績を残している。

正捕手の嶋を脅かす捕手が台頭し切れていない現状もあり、経験豊富な炭谷の動向も注視していく。立花球団社長は日本ハム戦後「シーズンが終わってからオーナー、石井GMも交えて話すことになる」と話した。

13年以来の日本一を掲げた今季は悔しい1年となったものの、平石代行は「まだ試合が残っている。全力で目の前の試合を戦っていきます」と従来の姿勢を強調した。一戦必勝の姿勢で残り12試合を戦いながら、並行して巻き返しの準備を進める。


2018高校生のドラフト候補・一覧はこちら

2018大学生のドラフト候補・一覧はこちら

2018社会人のドラフト候補・一覧はこちら

2018ドラフト12球団のドラフト情報まとめはこちら

2018ドラフト12球団の1位指名予想はこちら



draftkaigi at 09:48|この記事のURL

阪神、西勇輝(オリックス)の獲得調査へ

2018年09月22日

9/22、デイリースポーツ2面より

2008オリックスドラフト3位 西勇輝
菰野高・投手・18歳

覇権奪回を目指す来季に向け、虎が戦力面の整備に着手した。この日、広島市内のチーム宿舎で金本監督を交えて編成会議を開催。谷本球団本部長は「監督を含めて外国人の映像を見ました」と説明した。

議題に挙がったのは来季、獲得を目指していく新外国人候補。メッセンジャーがFA権を取得し、2019年から外国人登録枠を外れることで、補強の選択肢が広がった。「左の先発と右の抑えを1枚ずつというのが理想」と方針を語った球団幹部。

残留が内定しているドリスと日本選手扱いになるメッセを含め、助っ人投手の常時4人登録も視野に入れている。

また「外国人とFAに関しては幅広く調査していくことになる」と同幹部が明かしたように、国内FAに関してもオリックス・西(2008ドラフト3位)の獲得調査に乗り出す方針。ドラフトでも即戦力投手を1位指名候補に挙げるなど、投手陣の整備が優先課題の一つとなっている。

2位に躍進した昨季はリーグNo.1のチーム防御率3.29を残したが、故障者が続出した今季は125試合を終え同4.09と悪化した。先発陣は2桁勝利を挙げたのが離脱中のメッセンジャーだけ。救援陣も昨季の60試合登板クインテットが崩壊し、守護神のドリスも30セーブはマークしたが、失敗が目立つようになってきている。

優勝争いを演じ、甲子園で好成績を収めている過去のシーズンをひもとけば、チーム防御率の浮沈が勝敗を左右している。野手については今季の最終的な成績を踏まえて判断していくが、まず投手陣の整備に力を注ぐ。



下は2008ドラフトでオリックスが指名した選手です。西は3位指名入団。プロでの成績はこちら

オリックスの2008ドラフト指名選手
1位甲斐 拓哉東海大三高投手
2位伊原 正樹関西国際大投手
3位西 勇輝菰野高投手
4位高島 毅青山学院大内野手
5位西川 雅人四国九州IL愛媛投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 08:18|この記事のURL

丸佳浩(広島)、巨人・阪神を筆頭にFA争奪戦必至

2018年08月01日

8/1、夕刊フジ31面より

2007広島(高校)ドラフト3巡目 丸佳浩
千葉経大付高・外野手・18歳

セ・リーグ首位を独走する広島で、丸佳浩外野手(2007広島3巡目)の2年連続MVPは当確。今季中に国内FA権を取得する見込みの丸を巡り、今オフの大争奪戦が焦点となっている。

2年連続MVPは過去、セ・リーグでは巨人・藤田元司、1人で3度の巨人・王貞治、巨人・ラミレスの3人。パ・リーグでは西鉄・稲尾和久、南海・野村克也、3年連続の阪急・山田久志、同じくオリックス・イチローの4人。それに日本ハム時代の2006年と巨人に在籍した07年に獲得した小笠原道大の計8人。

丸が史上9人目の快挙を達成すれば、広島のスターから一躍球史に名を残す全国区のレジェンドへと株が高騰する。来季こそV奪回が至上命令になる巨人、阪神を筆頭に大争奪戦は必至だ。

「もっと補強をしないといけない」。球団史上ワーストタイの4年連続V逸が濃厚になりつつある巨人の最高首脳、渡辺恒雄・読売新聞グループ本社代表取締役主筆は、すでにこう大号令を発している。巨人・高橋由伸監督同様、就任3年目の今季も悪戦苦闘している阪神・金本知憲監督のために、球団首脳も丸獲得に乗り出さないワケにはいかないだろう。

今年1月に楽天球団副会長として急死した星野仙一氏に対し、弔いV奪回を宣言しながら空手形になりそうな金本監督。雪辱を期すためにも起爆剤として広島の後輩の丸争奪戦に参戦する必要があるし、球団側も全面協力の責務がある。

一方、広島は松田元オーナーが「ウチはFA選手を引き留めないし、FA選手は獲得しない。育成一本やりの哲学を実践する球団だ」と、事あるごとに不変の球団方針をアピールしている。昨季MVPの丸に対し、年俸1億4000万円から2億1000万円にアップさせただけ。FA流出防止を考えていたら、昨オフにその布石を打っていたはずだ。今オフも「FA選手は引き留めない」という大方針を貫くのだろう。

巨人、阪神が丸を獲得すれば、広島の戦力ダウンを実現でき、一石二鳥。巨額投資を惜しまないのは当然だ。巨人VS阪神一騎打ちの丸争奪戦が見ものになる。



下は2007高校ドラフトで広島が指名した選手です。丸佳浩は3巡目指名入団。プロでの成績はこちら

広島の2007高校ドラフト指名選手
1巡目安部 友裕福岡工大城東高内野手
2巡目指名権なし
3巡目丸 佳浩千葉経大付高外野手
4巡目中村 憲京都すばる高投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:05|この記事のURL

西勇輝(オリックス)、巨人・阪神などFA獲得調査

2018年07月30日

7/30、日刊ゲンダイ38面より

2008オリックスドラフト3位 西勇輝
菰野高・投手・18歳

「今年の国内FA市場は、まれに見る投手不足です」(セ球団編成担当)。これは先日、国内FA権の取得要件を満たしたオリックスの右腕・西勇輝(2008ドラフト3位)にとって、追い風になるに違いない。

08年にドラフト3位で入団して10年目。昨季は8月に故障するなど5勝止まりだったが、切れ味鋭いシュートを武器に、一昨年までの6年間で59勝をマーク。コンスタントに勝ち星を重ねてきた。関西の球界関係者が言う。

「昨オフは1000万円ダウンの1.2億円プラス出来高でサイン。なぜ、こんなに評価が低いのかとショックを受け、今季のFA行使に含みを持たせていた。性格は快活で目立ちたがり屋。オフにはファンを集めてイベントをやることもある。一緒に自主トレを行ったことがある巨人菅野ら、他球団にも親しい選手が多い。過去には、何年後に年俸何億円を稼ぐと、目標設定をしていたこともあるというから、評価が高ければ高いほどモチベーションが上がるタイプ。好条件を求めて、FA権を行使する可能性は高い」

先発不足に悩む他球団にとっては渡りに船だろう。

「今季は5勝9敗、防御率3.84では物足りない。通算も69勝61敗ですから、いわゆる『10勝10敗投手』で大型契約は手にしづらい。残りシーズン、少しでも勝ちを増やし、負けを減らすことで、自身の価値をどれだけ高められるかでしょう。Bランクということもあり、巨人、阪神など先発投手不足に悩む複数球団が調査をしている。争奪戦は必至です」とは、オリックスOB。

FA市場の投手がタマ不足ゆえに、引く手あまたになる可能性もあるというのだ。



下は2008ドラフトでオリックスが指名した選手です。西は3位指名入団。プロでの成績はこちら

オリックスの2008ドラフト指名選手
1位甲斐 拓哉東海大三高投手
2位伊原 正樹関西国際大投手
3位西 勇輝菰野高投手
4位高島 毅青山学院大内野手
5位西川 雅人四国九州IL愛媛投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:18|この記事のURL

巨人、「FA行使なら丸佳浩(広島)獲り確実」の声

2018年07月24日

7/24、日刊ゲンダイ26面より

2007広島(高校)ドラフト3巡目 丸佳浩
千葉経大付高・外野手・18歳

2位巨人が首位広島に6点差をひっくり返され、敵地で3タテを食らった。再び借金生活に突入した巨人は自力優勝の可能性が消滅した。

幸先良く6点をリード。今日こそ勝てる、と思われた。が、先発の今村が五回に丸佳浩(2007広島3巡目)に右翼席への2ランを浴びるなど、この回3本塁打を食らって一気に同点。七回には上原がまたも丸に左翼席へ2ランを叩き込まれ、勝ち越しを許した。

巨人はマツダスタジアムで8戦全敗。昨年8月から12連敗となった。破竹の7連勝で乗り込んだものの、鬼門で勝てない。初戦は最大7点差を逆転しながらサヨナラ負け。前夜もエースの菅野が逆転を許した。今季の対戦成績は4勝12敗。

高橋由伸監督は「この3日間、結果的に同じような形になってしまって悔しい。首位のチームに勝っていかないと、縮まらないのは誰でも分かっていること」と唇をかんだ。

まぶしいのは打率を.332とし、リーグトップに浮上した丸である。この日で20本塁打に到達。昨季のセ・リーグMVP男は、このままいけば2年連続MVPの最有力候補だ。8月にも国内FA権を取得する。周辺によると、昨オフの契約更改交渉の席で、球団から複数年契約の提示がなかったという。権利行使の可能性は十分あるというから穏やかではない。

さる球界関係者がこう言う。

「丸は関東の千葉出身。FA権行使となれば、巨人が真っ先に手を挙げるのは間違いない。先日、由伸監督から前半戦の報告を受けた読売の渡辺主筆が『まだ良くない。巨人本来の野球じゃない。もっと強化する。圧倒的に勝つように』と大型補強を示唆した。18日に就任したばかりの山口オーナーは渡辺主筆と一心同体。考えは同じでしょう。

外野でレギュラーが決まっているのは陽岱鋼だけ。今季補強したゲレーロはパッとせず二軍。今年34歳になる長野も来年は安泰ではない。現状、外野の層は薄い。丸が取れれば、どうしても勝てない広島を弱体化させられるという考え方もできる。MVP選手のFA移籍なら、日本ハム、巨人1年目で2年連続MVPの小笠原(現中日二軍監督)級の活躍が期待できる。巨人は新オーナーのメンツにかけて、なりふり構わず丸を取りにいく」


育成が進んでいない金本阪神も獲得に乗り出すことが濃厚。広島と巨人の差が8ゲームとなり、独走態勢となった今、巨人、阪神などの「その他大勢」は、丸のFA権行使に備え、水面下で準備するのが、せめてもの抵抗かもしれない。



下は2007高校ドラフトで広島が指名した選手です。丸佳浩は3巡目指名入団。プロでの成績はこちら

広島の2007高校ドラフト指名選手
1巡目安部 友裕福岡工大城東高内野手
2巡目指名権なし
3巡目丸 佳浩千葉経大付高外野手
4巡目中村 憲京都すばる高投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 08:42|この記事のURL

ドラフトニュース検索