ドラフト会議
情報局
2016ドラフト
高校生の候補
2016ドラフト
大学生の候補
2016ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2016ドラフト
全指名選手
ホームに
もどる

FA

DeNA、山口の人的補償に平良拳太郎(巨人)獲得

2017年01月05日

1/5、デイリースポーツ4面より

2013巨人ドラフト5位 平良拳太郎 
北山高・投手・動画

DeNAが巨人にFA移籍した山口俊投手の人的補償として、平良拳太郎投手(2013巨人5位)の獲得を決め、巨人にも伝えたことが4日、明らかになった。5日に発表される。

エースの補償は、今年で高卒4年目の右腕だった。平良は独特のトルネード投法から投げ込む速球が武器の右腕。昨季は4月7日の阪神戦でプロ初登板初先発を果たし、四回途中を4安打4失点。これまで1軍登板はこの1試合だけだが、大きな魅力は有望株という点だ。

昨季は2軍で開幕投手も任され、12試合登板で2完投を含む6勝2敗、防御率2.31。今オフはプエルトリコでのウインターリーグに参加して武者修行。チェンジアップの習得に励むなど貪欲な姿勢の持ち主でもある。

DeNAは昨年12月22日の編成会議で人的補償を求めることを決め、1人に絞り込んでいた。その時、高田GMは「何人か名前を挙げて話し合い、映像を見て、すんなり決まった」と話していたが、仕事始めとなったこの日、最終確認。改めて将来性豊かな右腕に白羽の矢を立てた。

DeNAでは石田、今永の若手サウスポーが、今季も先発ローテの中心を担う。平良も加えたフレッシュな顔ぶれで、悲願の優勝を狙う。




下は2013ドラフトで巨人が指名した選手です。平良拳太郎は5位指名され入団。高校時代のスカウト評はこちら

巨人の2013ドラフト指名選手
×石川 歩  
1位小林 誠司日本生命捕手
2位和田 恋高知高内野手
3位田口 麗斗広島新庄高投手
4位奥村 展征日大山形高内野手
5位平良 拳太郎北山高投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:57|この記事のURL

阪神、中田翔(日ハム)の獲得調査

2016年12月26日

12/26、スポーツ報知1面より

2007日本ハム(高校)ドラフト1巡目 中田翔
大阪桐蔭高・外野手・18歳

阪神が来オフのFA戦線の目玉として、日本ハム・中田翔内野手(2007高校1巡目)の獲得調査を行うことが25日、分かった。順調なら来季中に国内FA権を取得する和製大砲の動向に注視。中田がFA宣言する場合に備え、金本知憲監督とのパイプや、大阪桐蔭高時代に甲子園で活躍した「地の利」を生かして、獲得アタックの用意を進める。

阪神が2年連続となるFA補強の準備に着手する。今オフ、オリックスからFAで糸井を獲得。次のターゲットに定めたのは中田だ。日本球界を代表する大砲の獲得へ、水面下で調査を進める。今季は、ともにリーグ5位の90本塁打、506得点で、4年ぶりのBクラス(4位)。貧打に泣いた金本阪神にとって、中田はのどから手が出るほど欲しい存在だ。

本拠地が広い札幌Dにもかかわらず5年連続で20本塁打以上。加えて、3年連続で100打点以上をマーク。今季は打点王も獲得して、日本ハムを日本一に。11月の侍ジャパン強化試合でも日本代表の4番を務めた。その勝負強さは、決定力不足という阪神の悩みを解消してくれる。

金本監督とは師弟関係にある。中田は10年オフ、同じ広島市出身の鉄人との合同自主トレを熱望。同市内のトレーニングジム「アスリート」の門をたたいた。肉体改造に成功した中田は翌11年、前年から倍増となる18本塁打をマーク。金本監督との自主トレが飛躍のきっかけになった。

中田がタテジマに袖を通すことになれば、日本ハムで背負い、阪神では金本監督がつけている背番号6の譲渡の可能性もありそうだ。

関西は、中田が大阪桐蔭高で3年間を過ごした地。甲子園も思い出のグラウンドだ。10試合で4本塁打を放ち、全国にその名をとどろかせた。阪神は07年の高校生ドラフト1巡目で中田を指名。4球団競合の抽選で外れた(外れ1位は現ロッテ・高浜)。阪神にとっては11年越しの恋人だ

阪神は今オフ、糸井を獲得したが、右の大砲の獲得には失敗した。右打ちの長距離打者を狙ったが、マギー争奪戦で巨人に敗れた。結局、キャンベル=メッツ=を獲得したものの、メジャー通算196試合で7本塁打という中距離タイプ。長打力では、中田がはるかに上回るはずだ。

今季は原口、高山、北條ら、抜てきした若手が台頭した。ドラフト1位で白鴎大・大山内野手を獲得し、来年ドラフトでは早実高・清宮が1位指名の有力候補。そうした若手と、糸井、中田らが融合すれば、猛虎打線復活の夢が広がる。

球団幹部は「どうすれば強くなるかを常に考えている」と話し、今後、タンパリング(事前交渉)に考慮しながら、中田のFA権行使の意思などを、慎重に調査していく。



下は2007高校ドラフトで日本ハムが指名した選手です。中田翔は1巡目指名され入団。プロでの成績はこちら

日本ハムの2007高校ドラフト指名選手
1巡目中田 翔大阪桐蔭高外野手
2巡目指名権なし
3巡目津田 大樹倉敷高投手
4巡目大平 成一波佐見高外野手
5巡目松山 傑横浜商大高投手
6巡目豊島 明好北陸大谷高投手
7巡目浅沼 寿紀旭川南高投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:10|この記事のURL

巨人、5年15億で獲得した陽岱鋼の損得勘定

2016年12月17日

12/17、日刊ゲンダイ40面より

2005日ハム(高校)ドラフト1巡目 陽仲寿(岱鋼)
福岡第一高・内野手・18歳

巨人に日本ハムからFA入団することが決まった陽岱鋼(2005日ハム1巡目)との契約が「5年総額15億円超」だと15日付のスポーツ報知が報じている。小笠原(現中日二軍監督)、杉内クラスの大物でさえ、契約年数は「4年」だった。巨人での「5年」は、過去に広沢、清原の2人しかいないというから、異例中の異例の長さである。

球団の誠意というより、「陽の意向が反映されたとみるのが自然でしょう」と、さる球界関係者がこう続ける。

「巨人は山口俊との交渉の際、3年総額6億円から、中日が参入したこともあって7億円に上方修正した。山口の周辺によれば、『実は4年8億円以上です』との声もあって、巨人が最初の提示より条件を上げたことは確か。これを後に交渉した陽側も把握している。案の定、巨人は最初の3年から5年契約に引き上げた。巨人はこのオフの補強で総額30億円といわれるカネをバラまいているが、陽サイドは粘れば契約年数は増やせると踏んでいたようです」

古巣の日本ハム関係者は「日本の高校出身とはいえ、そこは台湾人。他の外国人選手同様、契約についてはかなりシビア」という。

「台湾では巨人が一番有名。ブランド力もある。どうせ巨人にFA移籍するなら、長く在籍したいと考えている。故障した時や選手として落ちぶれてからの保証、引退してからのコーチ職などの付帯条件を取り付けている可能性はある。かつて小笠原が背負った背番号2を引き継ぐとはいえ、小笠原はパ・リーグMVPの看板を引っさげての巨人入り。陽は打率.293でゴールデングラブ賞を取っているが、先の日本シリーズではスタメン落ちしている選手。巨人は陽側に足元を見られたことになります」(前出の球界関係者)

球界の新陳代謝は激しい。5年前に「二刀流」を実現させる若者が出てくるなんて、誰も想像しなかっただろう。5年も経てばまたとんでもない選手が出現するかもしれない今、先の見えた選手との「5年契約」はアホらしいとしか言いようがない。




下は2005高校ドラフトで日本ハムが指名した選手です。陽岱鋼(本名=陽仲寿)は1巡目で指名され入団。プロでの成績はこちら

日ハムの2005高校ドラフト指名選手
1巡目陽 仲寿福岡第一高内野手
2巡目指名権なし
3巡目木下 達生東邦高投手
4巡目今成 亮太浦和学院高捕手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 12:14|この記事のURL

オリックス、糸井のFA人的補償は金田和之(阪神)

2016年12月16日

12/16、サンケイスポーツ1面より

2012阪神ドラフト5位 金田和之
大阪学院大 投手・動画

阪神・金田和之投手(2012阪神5位)が虎にフリーエージェント(FA)加入した糸井嘉男外野手の人的補償として、オリックスに移籍することが15日、明らかになった。オリックスが同日、決定し、阪神に連絡を入れた。16日、発表される。FA補強の代償として、来季5年目のリリーフ右腕が流出することになった。

運命の「12・15」・・・。ターゲットとなったのは金田だった。まだ26歳。来季、大卒5年目の右腕が糸井の人的補償としてオリックスに移ることが明らかになった。

決まりました。チーム状況としては投手でした。3人ぐらいに絞っていましたから。20代です。140キロ後半の直球は投げられる。中継ぎとして期待しています」。正午から球団事務所で1時間を超える編成会議を終えたオリックス・福良監督が人選を終えたことを明らかにした。

オリックスは阪神からプロテクト名簿を届けられた6日から、長村球団本部長を中心に対象選手の故障歴などの調査を重ねていた。前日14日の段階でリリーフ3人程度に絞り込んでいた。2度目の会議でチームの戦力構成などを考慮した上、金田獲得で一本化。夕方、阪神球団に連絡した。

長村球団本部長は「育成より、来年戦力になってもらえるという判断。戦力の厚みをもたせられる選手。実績というか能力に期待を込めた。直球だけじゃなく、変化球も1軍の戦力となり得る投手」と新戦力に期待を寄せた。

ルール上致し方ないとはいえ、阪神にとっては貴重な戦力を失った。金田は大院大から2013年ドラフト5位で入団。150キロ近い直球を主体に多彩な変化球を操り、2年目の14年には先発、中継ぎとして40試合に登板し、5勝(1敗)を挙げた。

今季は6試合に登板し、1勝0敗、防御率6.00。開幕直後の4月9日の広島戦には延長十回一死も取れず、3連続四球でKO。金本監督から「どういう気持ちで何を考えて投げているのかさっぱり分からない。伝わってくるものがない」と激怒され、2軍行きを命じられた。

ファームで課題に取り組み、再調整し、今季最終登板となった9月30日の巨人戦を1回無安打無失点で乗り切り、2年ぶりの白星を手にしていた。秋季安芸キャンプでは充実一途で、11月13日の紅白戦では1回3者連続三振。指揮官に「成長している。今年も後半使いたかったが、なかなかチャンスがなかった」と再評価されていた。

阪神はレッドソックス3Aから159キロ右腕、ロマン・メンデス投手を獲得し、先発から岩崎をセットアッパーに配置転換したが、投手は1枚でも2枚でも多い方がいい。ベテランや主力をほぼプロテクトしたため、球団関係者は「リストから漏れた若い投手を狙われるのでは・・・」と危惧していたが、不安が的中した。

糸井加入で攻撃陣に厚みが加わったのは間違いないが、小さくない犠牲を払った形。金田のオリックス移籍は16日、両球団から発表される。



下は2012ドラフトで阪神が指名した選手です。金田和之は5位指名され入団。大学時代のスカウト評はこちら

阪神の2012ドラフト指名選手
1位藤浪 晋太郎大阪桐蔭高投手
2位北條 史也光星学院高内野手
3位田面 巧二郎JFE東日本投手
4位小豆畑 真也西濃運輸捕手
5位金田 和之大阪学院大投手
6位緒方 凌介東洋大外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 08:14|この記事のURL

西武、岸(楽天)のFA補償で1億8000万円受け取りへ

12/16、日刊スポーツ4面より

2006西武(大・社)ドラフト希望枠 岸孝之
東北学院大・投手・21歳

西武は15日、楽天にFA移籍した岸孝之投手(2006西武希望枠)の補償について人的補償は選択せず、金銭補償を求めると発表した。岸の今季年俸は推定2億2500万円。年俸上位3位までのAランクにあたり、80%の1億8000万円を、楽天側から受け取る。

鈴木球団本部長は、楽天から届いた名簿から即戦力投手の獲得を検討したと明かした上で「残念ながら、うちのニーズにマッチする選手はいなかった」と説明。今後は年内をメドに先発型の外国人投手の補強を進める方針。「(動いていることは事実だが、もうちょっと時間がかかると思う」との見通しを示した。




下は2006大学・社会人ドラフトで西武が指名した選手です。岸は希望獲得枠入団。プロでの成績はこちら

西武の2006大・社ドラフト指名選手
希望枠岸 孝之東北学院大投手
1巡目指名権なし
2巡目指名権なし
3巡目山本 淳TDK千曲川投手
4巡目原 拓也関東学院大内野手
5巡目岩崎 哲也三菱重工横浜投手
6巡目大崎 雄太朗青山学院大外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:58|この記事のURL

ドラフトニュース検索