ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
FA

巨人また争奪戦敗退、鈴木大地(ロッテ)は楽天へ

2019年11月19日

11/19、デイリースポーツ4面より

2011ロッテドラフト3位 鈴木大地
東洋大・内野手

楽天は18日、ロッテからFA宣言していた鈴木大地内野手(2011ロッテ3位)と入団で基本合意したと発表した。鈴木には残留を求めるロッテのほか、巨人も獲得に乗り出していたが、楽天が争奪戦を制した格好だ。三木肇新監督の下、常勝軍団を目指すチームにとって大きな戦力を獲得した。

若いチームに頼れる男が加わる。石井GMは球団を通じて「今日、鈴木大地選手から『お世話になります』と連絡をいただきました。愛される選手が大きい決断と挑戦をしに、東北へ来てくれることに感謝します」とコメントした。

鈴木は今季140試合に出場し、打率・288、15本塁打、68打点と自身最高の数字を記録。勝負強い打撃、内野全ポジションをこなす守備力、ロッテでも主将を務めたリーダーシップが評価され、ロッテ、巨人と争奪戦を繰り広げた。

楽天は6日に都内で鈴木と交渉し、4年総額7億円程度の長期契約を提示。石井GMも交渉後に「若いこれからの選手には鈴木選手の背中を見せていただきたいとお伝えした」と、新たな道を進むチームに必要な存在だとアピールしてきた。

鈴木は前夜にロッテ、この日に巨人へ断りの連絡を入れ、楽天入りを決断。ロッテ球団を通して「野球選手として、一人の人間として大きく成長する、挑戦するという選択、決断をさせてもらった」とコメントした。

昨オフはFAで浅村を獲得し、打線の軸を得た楽天。類いまれなキャプテンシーを備える鈴木の獲得で、さらなる進化を遂げて常勝軍団の礎を築く。



下は2011ドラフトでロッテが指名した選手です。3位指名・鈴木君のプロ入り後の成績はこちら

ロッテの2011ドラフト指名選手
1位藤岡 貴裕東洋大投手
2位中後 悠平近畿大投手
3位鈴木 大地東洋大内野手
4位益田 直也関西国際大投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:03|この記事のURL

巨人争奪戦敗退! 美馬学(楽天)はロッテ移籍へ

2019年11月15日

11/15、サンケイスポーツ終面より

2010楽天ドラフト2位 美馬学
東京ガス・投手

楽天から国内FA権を行使した美馬学投手(2010楽天2位)が、ロッテに移籍する意志を固めたことが14日、サンケイスポーツの取材で分かった。複数の球界関係者の話を総合すると、美馬が親しい関係者に伝えているという。巨人ヤクルト、宣言残留を認めていた楽天が争ったが、実力派右腕は新天地を千葉に決めた。

野球人生の岐路に立っていた美馬が、悩んだ末に重い決断を下した。ロッテは3年契約で3億9000万円程度プラス出来高払いを用意。ヤクルトも同等、巨人はそれ以上とみられる条件を提示し、楽天も宣言残留を認めていたが、ロッテ移籍を決断したもようだ。

投手不足のロッテは、シーズン中から水面下で調査。今月3日に交渉が解禁されると積極的にコンタクトを取り、熱意を伝えてきた。11日の初交渉後、松本球団本部長は「うちは若い投手が多いので見本になってくれる人物。全力で説明できたかなと思う。誠意は見せられた」と語っていた。

前日13日、巨人は原監督が出馬し、4度目の交渉の席についた。予期せぬサプライズ。父親が巨人ファンの美馬は以前、「巨人に入団したら喜ぶだろうな」と話していた。気持ちが傾きかけたこともあったようだが、ロッテの熱い訴えが心に響いていた。

今季中に国内FA権を取得した右腕は10月27日の宣言前、サンケイスポーツの取材に対し「必要とされるチームでプレーしたい。野球人生の中で、今後は年齢的にもうFA宣言はできない。一生に一度の選択だから、後悔したくない」と激白していた。

10月に第1子が誕生したこともあり、関東に住む家族との生活を最優先し、「関東のチームでプレーしたい気持ちもあって、FA権を行使しました」と明かしていた。

美馬は中大を経て、東京ガスから2011年に楽天入り。身長169センチと小柄ながら、打者の内角を突く強気の投球で、17年には自己最多の11勝を挙げた。13年には球団初のリーグ優勝と日本一に貢献し、日本シリーズではMVPに輝いた。

9年目の今季も25試合に登板して8勝5敗、防御率4.01。QS(クオリティスタート=6回以上、自責点3以内)は13度を記録した。岸、則本昂が長期離脱する中、チームでただ一人先発ローテーションを守り、規定投球回(143回)にも到達した。

経験と実績のある右腕が入団となれば、波及効果は大きい。ロッテは今季、石川と種市がチーム最多の8勝をマークしたものの、シーズンを通して先発陣の薄さが浮き彫りとなった。さらに、頭角を現してきた同じ右腕の岩下ら若手にとって、格好の手本にもなる。

楽天一筋9年で、生え抜きでは球団第1号のFA移籍選手となる。「いま自分があるのは、楽天が育ててくれたおかげです。本当に感謝しています」という来季34歳のベテランが、新天地で新たな輝きを放つ。



下は2010ドラフトで楽天が指名した選手です。美馬学は2位指名され入団。プロでの成績はこちら

楽天の2010ドラフト指名選手
1位 塩見 貴洋 八戸大 投手
2位 美馬 学 東京ガス 投手
3位 阿部 俊人 東北福祉大 内野手
4位 榎本 葵 九州国際大付高 外野手
5位 勧野 甲輝 PL学園高 内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 10:40|この記事のURL

秋山翔吾、メジャー低評価で楽天&ソフトB大攻勢

2019年11月08日

11/8、日刊ゲンダイ27面より

2010西武ドラフト3位 秋山翔吾
八戸大・外野手

「やはり評価はそれほど高くはないようですね」。マスコミ関係者がこう言うのは、西武から海外FA権を行使した秋山翔吾(2010西武3位)のことだ。

6日、米インターネットサイト「MLBトレード・ルーモア」が今オフのFA選手ベスト50と移籍先の予測を発表。秋山は日本人では唯一、ランクインしたものの、全体45位で、ダイヤモンドバックスと2年600万ドル(約6.5億円)で契約すると予想した。

同サイトは「中堅手としては最高の選択肢」としつつも、「日本のFA選手はいつも、メジャーで能力が発揮できるか疑問があるが、移籍初年度に32歳を迎えるからなおさらだ。メジャーで好条件を得られなくても、日本で複数年契約を結べる」と手厳しかった。前出のマスコミ関係者が言う。

「メジャーのFA市場は大物選手から順番に契約がまとまっていく。秋山の契約総額が2年600万ドル程度なら、レギュラーというよりもむしろ、『外野の4番手』といったところでしょう。代理人は田中将大(ヤンキース)を担当する腕利きのケーシー・クロース氏が務めるとはいえ、このクラスの選手は交渉のテーブルにつく時期が遅くなる傾向があります」

秋山が侍ジャパン入りして今回の「プレミア12」に出場する決断をしたのは、日の丸を背負って国の代表として戦いたいという意思に加え、メジャーの全30球団が視察する国際大会を通じ、自分自身をアピールしたい気持ちもあったのだろう。

大谷翔平(エンゼルス)や前田健太(ドジャース)は15年の前回大会に出場。特に前田は大会直後にポスティング申請し、ドジャース入りした。プレミア12で活躍することで、秋山に興味を示す球団が増え、多少なりとも条件が良くなるのなら、言うことはない。

しかし、秋山はカナダとの強化試合で右足薬指を骨折。出場を辞退したことで、その“思惑”は外れてしまった。足指の骨折程度なら、メジャー挑戦に支障は来さない。だが、気になるのは秋山の獲得を狙う国内他球団の動きだ。

さるセ球団の編成担当は「秋山はメジャー移籍を最優先としつつも、西武残留や国内他球団と交渉することを否定していない。骨折したことでメジャー挑戦のモチベーションが低下する可能性もある」と、こう話す。

「西武が4年20億円といわれる好条件を提示しているように、メジャーよりも日本の球団の方が条件はいい。秋山はこれまでの西武の低評価に不満を感じていたと聞いている。シーズン216安打を放ち、年間最多安打記録を更新した15年から5年連続で全試合に出場し、日本球界屈指の成績を挙げながら、今季の年俸は2.3億円。金持ち球団でなくとも、3億、4億をもらっていてもおかしくない選手です。とくに、ここ2年間、西武にリーグ優勝をさらわれているソフトバンクと楽天は、西武と同等かそれ以上の条件を用意しているといいます」

メジャーとの交渉が良い方向に向かわなければ、ライバル2球団が一気に攻勢をかけそうだ。



下は2010ドラフトで西武が指名した選手です。秋山翔吾は3位指名入団。プロでの成績はこちら

西武の2010ドラフト指名選手
1位大石 達也早稲田大投手
2位牧田 和久日本通運投手
3位秋山 翔吾八戸大外野手
4位前川 恭兵阪南大高投手
5位林崎 遼東洋大内野手
6位熊代 聖人王子製紙外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

巨人、美馬(楽天)&鈴木(ロッテ)獲り明言

2019年11月05日

11/5、サンケイスポーツ3面より
巨人・原監督は4日、FA宣言選手の所属球団以外との交渉が3日に解禁されたことを受け、球団幹部が調査を行う意向を示していた楽天・美馬学投手(2010楽天2位)ロッテ・鈴木大地内野手(2011ロッテ3位)の獲得に乗り出すことを明言した。

「まず、美馬君に対しては、手を挙げたということですね」と明かし、「150(イニング)近く投げられる人というのは、なかなかいそうでいない」と、今季143回2/3を投げ、通算でも4度、シーズン140投球回以上をマークしている右腕の魅力を語った。

内野の全ポジションを守れる左打者の鈴木には「(阿部)慎之助の穴を埋め、選手層を厚くするというのにおいては、非常に今のジャイアンツには必要な選手じゃないかと思います」と、評価を口にした。



巨人の歴代ドラフト指名選手はこちら


draftkaigi at 07:08|この記事のURL

スカウトの逆襲、秋山翔吾に立ちはだかる年齢の壁

2019年11月04日

11/4、日刊ゲンダイ27面「スカウトの逆襲」より

2010西武ドラフト3位 秋山翔吾
八戸大・外野手

海外FAでメジャー挑戦する秋山翔吾(2010西武3位)に需要があるのは間違いない。すでに外野が埋まっているわたしの球団はともかく、中堅手が補強ポイントの球団が少なくないからだ。是が非でも欲しい球団でも「2年10億円」が精いっぱい、3年目は球団側のオプションだろうと以前コラムで書いた。

長打力や肩の強さに疑問があるうえ、打席で淡泊な点が気になる。三振数が多いのだ。似たタイプでメジャー挑戦した青木(現ヤクルト)の前年までの三振数が47、65、61、55だったのに対し、秋山は103、97、96、108とほぼ倍近い。

加えて致命的なマイナスは年齢だ。秋山がシーズンを迎えるのは32歳。ごく一部のスーパースターを除き、メジャーは30歳を過ぎた選手に対してシビアなのだ。

昨オフ、クオリファイング・オファー(約19億3000万円)を蹴ってアストロズからFAになったサイ・ヤング賞左腕カイクルは、今季開幕後も移籍先が決まらず、6月に約14億円でブレーブス入り。

同様の金額を拒否してレッドソックスからFAになった4年連続セーブ王のキンブレルも、6月になってようやくカブスへ移籍。金額は3年総額4300万ドル(年平均約15億5000万円)。カイクル同様、FAになったがゆえに結果としてクオリファイング・オファーを下回る金額しか手にすることができなかった。

30歳を過ぎたとたん、メジャーを代表する投手ですら買いたたかれるのが現状だ。

メジャーのほぼ全球団がデータを重要視するようになったここ3、4年は、特に30歳を過ぎた選手が冷遇される傾向が強い。各球団は選手の年齢とパフォーマンスをデータ化しており、30歳を境にガクンとパフォーマンスが落ちるという結果が出ている。

むろん、データは重要だが、個人差はある。同じ30歳でも性格や取り組み方次第で、おのずとパフォーマンスも変わってくる。データだけを根拠に十把ひとからげにしてしまえば、我々、スカウトの存在価値自体もなくなってしまうが、メジャーはデータ重視の傾向にいよいよ拍車がかかっている。

秋山は10月31日の強化試合で死球を食らい、右足薬指の骨折が判明。プレミア12の辞退が決まったが、それより何より大きな障害となるのは年齢の壁だ。

(メジャーリーグ覆面スカウト)



下は2010ドラフトで西武が指名した選手です。秋山翔吾は3位指名入団。プロでの成績はこちら

西武の2010ドラフト指名選手
1位大石 達也早稲田大投手
2位牧田 和久日本通運投手
3位秋山 翔吾八戸大外野手
4位前川 恭兵阪南大高投手
5位林崎 遼東洋大内野手
6位熊代 聖人王子製紙外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL


ドラフトニュース検索