ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 スカウト評価
2018指名予想 12球団情報まとめ 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る
FA

中日、屈辱のFA人的補償なしに「恥ずかしいこと」

2018年01月16日

1/16、東京スポーツ4面より

2008日本ハムドラフト1位 大野奨太
東洋大・捕手・21歳

中日は14日、日本ハムからFA宣言して加入した大野奨太捕手(2008日ハム1位)について、日本ハムから「選手による補償を求めない」と通知されたことを発表した。野球協約並びにFA規約第10条に従い、日本ハムに金銭のみの補償を実施することが決定。人的補償による選手流出を回避することができた西山球団代表は「こちらとしてはありがたい選択をしていただいたと思う」と安堵の表情を浮かべた。

ところが、球団内ではこの結果に「喜ぶべきではない」との声も出ている。大野奨の旧年俸は推定5100万円でBランクとみられ、60%の3060万円を日本ハムに支払うことになるが、人的補償を求められた場合でも中日が設定した28人のプロテクトリスト外の選手1人と旧年俸の40%(2040万円)を補償する必要があった。

それだけにチーム関係者は「日本ハムにとっては圧倒的に人的補償のほうが条件がいいのに、結局、1000万円ちょっとしか上積みのない金銭を選んだ。極端に言えば、ウチのプロテクト外だった選手は日本ハムから1000万円分の戦力としてさえ、見られなかったということ。むしろ恥ずかしいと思うべきでしょ」と語気を強める。

今オフは巨人にFA移籍した野上の人的補償として高木勇が西武に移籍したこともあり、別の関係者は「高木の時は『まさかそんな選手が残っていた』なんて騒がれたけど、ウチは寂しいね・・・」とポツリ。プロテクト外の選手が誰だったのかは公になることはないが、今季の中日ナインは悔しさを持ち、こうした声を何としてもシャットアウトするようなプレーを見せたいところだ。



下は2008ドラフトで日ハムが指名した選手です。1位指名・大野奨太のプロ入り後の成績はこちら

日本ハムの2008ドラフト指名選手
1位 大野 奨太 東洋大 捕手
2位 榊原 諒 関西国際大 投手
3位 矢貫 俊之 三菱ふそう川崎 投手
4位 土屋 健二 横浜高 投手
5位 中島 卓也 福岡工高 内野手
6位 杉谷 拳士 帝京高 内野手
7位 谷元 圭介 バイタルネット 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

日ハム、大野奨太(中日)の補償は金銭補償を要求

2018年01月15日

1/15、中日スポーツ2面より

2008日本ハムドラフト1位 大野奨太
東洋大・捕手・21歳

中日は14日、FA権を行使した大野奨太捕手(2008日ハム1位)の獲得に伴う補償について、日本ハムから「選手による補償を求めない旨」の連絡を受けたことを発表した。昨季推定年俸が5100万円の大野奨は人的補償も選択可能なBランクとみられ、中日は28人のプロテクトリストを提出していた。

現有戦力を維持することになった西山球団代表は「ありがたい選択をしていただいた」と話した。中日は昨季年俸の60%に相当する3060万円(金額は推定)を日本ハムに支払う。

一方、昨年12月末に中日からプロテクトリストを提出された際には人的補償を示唆していた日本ハム・吉村GMは「熟慮の末です。本日、FA移籍に伴う人的補償を求めないと回答しました」と話した。



下は2008ドラフトで日ハムが指名した選手です。1位指名・大野奨太のプロ入り後の成績はこちら

日本ハムの2008ドラフト指名選手
1位 大野 奨太 東洋大 捕手
2位 榊原 諒 関西国際大 投手
3位 矢貫 俊之 三菱ふそう川崎 投手
4位 土屋 健二 横浜高 投手
5位 中島 卓也 福岡工高 内野手
6位 杉谷 拳士 帝京高 内野手
7位 谷元 圭介 バイタルネット 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:08|この記事のURL

FA宣言選手の動向まとめ<2017>

2017年12月23日

FA宣言選手
野上亮磨(西武)→ 巨人移籍決定
増井浩俊(日ハム)→ オリックス移籍決定
平野佳寿(オリックス)→ 米・ダイヤモンドバックスと契約
涌井秀章(ロッテ)→ メジャー挑戦を表明
大野奨太(日ハム)→ 中日移籍決定(記事)
鶴岡慎也(ソフトB)→ 日本ハム移籍決定(記事)
大和(阪神)→ DeNA移籍決定


人的補償選手
尾仲祐哉(DeNA)→ 阪神移籍決定(記事)
高木勇人(巨人)→西武移籍決定(記事)

draftkaigi at 07:10|この記事のURL

日ハム、中日から人的補償で獲得する選手のウワサ

12/23、日刊ゲンダイ39面より

2008日本ハムドラフト1位 大野奨太
東洋大・捕手・21歳


記者
「日本ハムが、中日へFA移籍した大野奨太の人的補償を検討している」

デスク
「中日からのプロテクトリストを見た栗山監督がインパクトがあるて言ってたな」

記者
「大野奨太はBランクですが、年俸は5500万円。金銭のみの補償額とは1100万円しか変わらない」

デスク
「なら、人的補償で選手を取るのもアリだな」

記者
「とはいえ、今の中日にインパクトを与えるようなのがいるかどうか」

デスク
「チームは5年連続Bクラス。これといった若手も少ないもんな」

記者
「実は、大野奨太は今季中に中日とトレード話が浮上していました」

デスク
「日ハムからオファーしたってやつか」

記者
「結局、谷元だけ中日に金銭トレードされることになりましたが」

デスク
「その際に日ハムが欲しがっていた選手がリストから外れたかもな」

記者
「トレードのウワサになった投手は大野雄大、野手では杉山、高橋といったあたり」

デスク
「大野雄大は実績はあるけど、首脳陣とソリが合わないっていうし、杉山も高橋もまだ若い」

記者
「ただ、高橋は来季、二塁起用の構想があるので、おそらくプロテクトされているはず。大野雄大もエース格、さすがに外さないでしょう」

デスク
「あとの候補は?」

記者
「関係者の間で本命視されているのは、元抑えの福谷。中継ぎで実績のある祖父江あたりももしかしたら」

デスク
「野手は?」

記者
「一塁ビシエド、三塁福田、遊撃京田とレギュラーが固まりつつあることもあり、出番が減った堂上あたりですかね」

デスク
「・・・。そんなメンツで栗山がインパクトを受けたとも思えねえがな」



下は2008ドラフトで日ハムが指名した選手です。中日にFA移籍した大野奨太は1位指名入団。プロ入り後の成績はこちら

日本ハムの2008ドラフト指名選手
1位 大野 奨太 東洋大 捕手
2位 榊原 諒 関西国際大 投手
3位 矢貫 俊之 三菱ふそう川崎 投手
4位 土屋 健二 横浜高 投手
5位 中島 卓也 福岡工高 内野手
6位 杉谷 拳士 帝京高 内野手
7位 谷元 圭介 バイタルネット 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:06|この記事のURL

平野佳寿(オリックス)、Dバックスと契約合意

12/23、サンケイスポーツ5面より

2005オリックス(大・社)希望枠 平野佳寿
京都産業大・投手・22歳

オリックスから海外FA権を行使して米大リーグ移籍を目指している平野佳寿投手(2005オリックス希望枠)ダイヤモンドバックスと2年600万ドル(約6億7800万円)で契約合意したと複数の米メディアが報じた。オープン戦などで結果を残せば、移籍1年目から守護神を任される可能性がある。

強豪ひしめくナ・リーグ西地区で、ワールドシリーズ制覇を狙うダイヤモンドバックスと平野が、2年総額600万ドル(約6億7800万円)で合意に達した。「平野は春季キャンプでクローザーのポジションを争うことになるだろう。担当スカウトは、決め球となるフォークボールで空振りを奪える点を評価している」。ダ軍の地元紙、アリゾナ・セントラル(電子版)が伝えた。

平野は19日に渡米後、獲得意思のある複数球団と交渉。意中の球団はなく、11月7日に海外FA権の行使を表明した際には「メジャー優先で考えています。評価していただける球団が一番。年齢(33歳)も年齢。これが最後(の好機)かな」と話していた。他にカブスなどが獲得に動いたとみられる。

今季、ダ軍は93勝69敗。6年ぶりにポストシーズンに進出したが、ドジャースに地区シリーズで敗れた。ダ軍のチーム救援防御率3.78は今季リーグ2位。メジャー通算231試合で44セーブのブラッド・ボックスバーガー投手、今季63試合に登板し防御率1.73のアーチー・ブラッドリー投手の両右腕と、守護神の座をかけて競争することになりそうだ。

来季、ダ軍が世界一になれば2001年以来、17年ぶり。低迷からの脱却をはかるチームで、平野がブルペン陣のキーマンになる。



下は2005大学・社会人ドラフトでオリックスが指名した選手です。希望枠で入団の平野佳寿のプロ入り後の成績はこちら

オリックスの2005大・社ドラフト指名選手
希望枠平野 佳寿京都産業大投手
1巡目指名権なし
2巡目指名権なし
3巡目岸田 護NTT西日本投手
4巡目森山 周ヤマハ内野手
5巡目中山 慎也JR東海投手
6巡目妹尾 軒作一光投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

ドラフトニュース検索