ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る
FA

日ハム、人的補償で岩瀬(中日)を指名していた

2018年01月20日

1/20、サンケイスポーツ5面「球界インサイドリポート」より

1998中日ドラフト2位 岩瀬仁紀
NTT東海・投手・24歳

日本ハムは14日、大野奨太捕手(2008日ハム1位)の中日へのFA移籍に関して、人的補償ではなく金銭補償を求めることを発表したが、その裏で実はとんでもないことが起こっていた。

これは東京スポーツのスクープだったが、日本ハムがプロテクトから外れていた中日・岩瀬仁紀投手(1998中日2位)を人的補償で指名する動きをみせ、本人が移籍を拒否。最終的に金銭補償に落ち着くというドタバタが起こっていたのだ。

発端は中日フロントの甘さだった。43歳で兼任コーチとなった岩瀬が人的補償で指名されるはずがないと、たかをくくったのか。いずれにしてもプロテクトから外したことで問題は起こった。

野球協約ではプロテクトから外れて指名を受けた選手が、移籍を拒否すると資格停止選手となる。今回は日本ハムが金銭補償に切り替え、岩瀬は実質的に引退に追い込まれる事態にはならなかった。しかし、人的補償を伴う、現行のFA制度の根幹を揺るがす問題だったのは間違いない。

FA移籍による人的補償は、普通のトレードとは違って、なじめないものがある。移籍する選手にも、補償となる選手にも、わだかまりが残る。西武から巨人に移籍した片岡治大内野手(2004西武3巡目)が、補償となった脇谷亮太内野手(2005巨人5巡目)に直接、謝罪したのは有名な話だ。

移籍を機に他球団で花開く選手ももちろんいるが、人を補償の対象とすることには、やはり違和感がある。それならばメジャーのように、翌年のドラフトの指名権を補償にする方がスッキリする。

1巡目の指名権となると、どのチームもFA補強に尻込みして、市場が停滞するかもしれない。そこで、例えばAランク選手には2巡目プラス金銭か、または2、4巡目の指名権など、即戦力と将来性をてんびんにかけて補強の知恵を絞ってもらう形がいい。いずれにしても補償が人ではなくなることが大切なのである。

いくら球団の商品といっても、選手は生身の人間だ。人ではなく、ドラフトの権利を補償にする方が、移籍にわだかまりもないと思うが、いかがだろうか。



下は1998ドラフトで中日が指名した選手です。岩瀬仁紀は2位指名入団。プロ入り後の成績はこちら

中日の1998ドラフト指名選手
1位福留 孝介日本生命内野手
2位岩瀬 仁紀NTT東海投手
3位小笠原 孝明治大投手
4位蔵本 英智名城大外野手
5位川添 将大享栄高投手
6位矢口 哲朗大宮東高投手
7位新井 峰秀高麗大中退外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 08:24|この記事のURL

DeNA、FA移籍の大和は2番・二塁で起用へ

2018年01月17日

サンスポwebsiteより (source)

2005阪神(高校)ドラフト4巡目 前田大和
樟南高・内野手・18歳

DeNAのラミレス監督が16日、新潟市内でトークショーを行い、阪神からFA移籍で加入した大和(2005阪神4巡目)二塁で起用する構想を明らかにした。「彼の遊撃の守備はリーグでナンバーワンだと思うが、うちの倉本は得点圏打率が高い。どいてくれとはならない」と説明した。

ファンから開幕戦の先発オーダーを問われると「今の考えであって100パーセントではない」と前置きしながらも1番桑原、2番大和、3番筒香、4番ロペス、5番宮崎、6番戸柱か嶺井、7番梶谷か細川、8番投手、9番倉本と話して会場を沸かせた。



下は2005高校ドラフトで阪神が指名した選手です。前田大和は4巡目指名され入団。プロでの成績はこちら

阪神の2005高校ドラフト指名選手
1巡目 鶴 直人 近大付高 投手
2巡目 指名権なし
3巡目 若竹 竜士 育英高 投手
4巡目 前田 大和 樟南高 内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

中日、屈辱のFA人的補償なしに「恥ずかしいこと」

2018年01月16日

1/16、東京スポーツ4面より

2008日本ハムドラフト1位 大野奨太
東洋大・捕手・21歳

中日は14日、日本ハムからFA宣言して加入した大野奨太捕手(2008日ハム1位)について、日本ハムから「選手による補償を求めない」と通知されたことを発表した。野球協約並びにFA規約第10条に従い、日本ハムに金銭のみの補償を実施することが決定。人的補償による選手流出を回避することができた西山球団代表は「こちらとしてはありがたい選択をしていただいたと思う」と安堵の表情を浮かべた。

ところが、球団内ではこの結果に「喜ぶべきではない」との声も出ている。大野奨の旧年俸は推定5100万円でBランクとみられ、60%の3060万円を日本ハムに支払うことになるが、人的補償を求められた場合でも中日が設定した28人のプロテクトリスト外の選手1人と旧年俸の40%(2040万円)を補償する必要があった。

それだけにチーム関係者は「日本ハムにとっては圧倒的に人的補償のほうが条件がいいのに、結局、1000万円ちょっとしか上積みのない金銭を選んだ。極端に言えば、ウチのプロテクト外だった選手は日本ハムから1000万円分の戦力としてさえ、見られなかったということ。むしろ恥ずかしいと思うべきでしょ」と語気を強める。

今オフは巨人にFA移籍した野上の人的補償として高木勇が西武に移籍したこともあり、別の関係者は「高木の時は『まさかそんな選手が残っていた』なんて騒がれたけど、ウチは寂しいね・・・」とポツリ。プロテクト外の選手が誰だったのかは公になることはないが、今季の中日ナインは悔しさを持ち、こうした声を何としてもシャットアウトするようなプレーを見せたいところだ。



下は2008ドラフトで日ハムが指名した選手です。1位指名・大野奨太のプロ入り後の成績はこちら

日本ハムの2008ドラフト指名選手
1位 大野 奨太 東洋大 捕手
2位 榊原 諒 関西国際大 投手
3位 矢貫 俊之 三菱ふそう川崎 投手
4位 土屋 健二 横浜高 投手
5位 中島 卓也 福岡工高 内野手
6位 杉谷 拳士 帝京高 内野手
7位 谷元 圭介 バイタルネット 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

日ハム、大野奨太(中日)の補償は金銭補償を要求

2018年01月15日

1/15、中日スポーツ2面より

2008日本ハムドラフト1位 大野奨太
東洋大・捕手・21歳

中日は14日、FA権を行使した大野奨太捕手(2008日ハム1位)の獲得に伴う補償について、日本ハムから「選手による補償を求めない旨」の連絡を受けたことを発表した。昨季推定年俸が5100万円の大野奨は人的補償も選択可能なBランクとみられ、中日は28人のプロテクトリストを提出していた。

現有戦力を維持することになった西山球団代表は「ありがたい選択をしていただいた」と話した。中日は昨季年俸の60%に相当する3060万円(金額は推定)を日本ハムに支払う。

一方、昨年12月末に中日からプロテクトリストを提出された際には人的補償を示唆していた日本ハム・吉村GMは「熟慮の末です。本日、FA移籍に伴う人的補償を求めないと回答しました」と話した。



下は2008ドラフトで日ハムが指名した選手です。1位指名・大野奨太のプロ入り後の成績はこちら

日本ハムの2008ドラフト指名選手
1位 大野 奨太 東洋大 捕手
2位 榊原 諒 関西国際大 投手
3位 矢貫 俊之 三菱ふそう川崎 投手
4位 土屋 健二 横浜高 投手
5位 中島 卓也 福岡工高 内野手
6位 杉谷 拳士 帝京高 内野手
7位 谷元 圭介 バイタルネット 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:08|この記事のURL

FA宣言選手の動向まとめ<2017>

2017年12月23日

FA宣言選手
野上亮磨(西武)→ 巨人移籍決定
増井浩俊(日ハム)→ オリックス移籍決定
平野佳寿(オリックス)→ 米・ダイヤモンドバックスと契約
涌井秀章(ロッテ)→ メジャー挑戦を表明
大野奨太(日ハム)→ 中日移籍決定(記事)
鶴岡慎也(ソフトB)→ 日本ハム移籍決定(記事)
大和(阪神)→ DeNA移籍決定


人的補償選手
尾仲祐哉(DeNA)→ 阪神移籍決定(記事)
高木勇人(巨人)→西武移籍決定(記事)

draftkaigi at 07:10|この記事のURL

ドラフトニュース検索