ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る
独立リーグ

村田修一、巨人スタッフから受けた非情仕打ち

2018年03月07日

3/7、夕刊フジ27面より

2002横浜ドラフト自由枠 村田修一
日本大・内野手・22歳

独立リーグのルートインBCリーグ・栃木ゴールデンブレーブスへの入団を決めた前巨人の村田修一内野手(2002横浜自由枠)。オファーを待つ自主トレ中は、古巣側からの非情な仕打ちにも耐えた。新たな門出が報じられてから一夜明けた5日、栃木は入団を正式発表。球団事務所はてんやわんやとなった。

メディアからの問い合わせはもちろん、地元民の「おめでとう」、「よく獲った」という祝福、村田ファンの「ありがとうございます」、「試合はいつですか。必ず行きます」との激励まで、電話が鳴り止まず。球団ホームページにも前夜からアクセスが集中し、つながりにくい状態が続いた。

入団会見は9日に栃木県小山市内で行われ、翌10日に春季キャンプに合流する。昨年10月13日に戦力外通告されてから、新天地での始動まで長い道のりだった。

巨人・鹿取GMは「功労者へのせめてもの誠意」として、FAより移籍の選択肢が広い自由契約にしたと説明した。だが、その誠意をふいにするかのように、獲得に興味を示した球団に対し巨人フロントの一部スタッフがネガティブキャンペーンを張ったこともあって進路決定は越年

NPB復帰を最優先に神奈川県内で自主トレを開始し、村田を慕う球界人らが練習の手伝いに集まったが、これまでの恩返しができず涙をのむ巨人関係者もいた。巨人の中枢に近い一部スタッフから、「村田はもう辞めた人間。関わると自分のためにならないぞ」と警告されたからだ。

頑健な体で試合に出続けチームに貢献。無頼漢な振る舞いが愛された村田だが、快く思わない勢力があったのも確か。退団後もなお追い打ちをかける執拗さには、球団内から「そこまでするか」と反発の声が上がった。

裏を返せば、外様初の選手会長を務めた男の人望はそれだけ厚かった。今回の吉報に、阿部は「陰ながらしか応援できないけど、頑張ってまた戻って来られるようになったらいい」。坂本も「1日でも早く一緒の舞台でプレーできるようになれば」とエールを送った。煮えたぎる雪辱の思いを心のガソリンに変え、村田は春の栃木から捲土重来を期す。



下は2002ドラフトで横浜が指名した選手です。村田修一は自由獲得枠で入団し、2012年巨人へ移籍。プロでの成績はこちら

横浜の2002ドラフト指名選手
自由枠村田 修一日本大内野手
自由枠土居 龍太郎法政大投手
1巡目(指名権なし)
2巡目(指名権なし)
3巡目(指名権なし)
4巡目加藤 武治三菱ふそう川崎投手
5巡目吉村 裕基東福岡高内野手
6巡目北川 利之川崎製鉄水島内野手
7巡目飯田 龍一郎兵庫育英高投手
8巡目河野 友軌法政大外野手
9巡目堤内 健日本大投手
10巡目武山 真吾享栄高捕手
11巡目木村 昇吾愛知学院大内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

指名漏れの海老原一佳(創価大)、BCリーグ富山へ

2018年03月04日

3/4、スポーツ報知websiteより (source)

海老原一佳 (創価大・外野手)
189cm・右投左打・動画

BCリーグ・富山GRNサンダーバーズの大卒ルーキー・海老原一佳外野手(動画)が、NPB入りを目指して奮闘を誓った。ソフトバンク・田中正義投手は創価高、創価大の1学年先輩。2016年のドラフト1位右腕と同じ舞台へ「行きたいですね」と熱望した。

プロ注目だった大学時代の田中とは「オープン戦や公式戦でしか投げないので、(紅白戦などで)対戦したことはない」が、NPBに行けば対戦の可能性もある。そのためにも身長189センチ、体重93キロの恵まれた体格から繰り出す力強い打撃で、1年目から結果にこだわる。

高校時代に場外弾も放ったという主砲候補は「本塁打も打ちたいですし、チームの勝利につながる一打を打ちたい」と意気込んだ。母方の祖父が米国人のイケメンクオーターは、合同自主トレのロングティーで快音を連発。まずは開幕戦となる4月7日のホーム・福島戦(午後1時、高岡西部)で活躍を目指す。



海老原君は昨年プロ志望届を提出しましたが、NPBドラフトでは指名がありませんでした。

海老原君のバッティング動画は
こちら

draftkaigi at 07:52|この記事のURL

指名漏れの知野直人(BC新潟)、来年にかける!

2017年12月26日

12/26、サンケイスポーツ終面より

知野 直人 (新潟アルビレックスBC・三塁手)
181cm・右投右打・動画

12月10日、ハードオフ新潟で地元・新潟県出身のプロ野球選手による小学生野球教室が開催された。NPBで今季初勝利を挙げたDeNA・飯塚悟史投手(日本文理高出)、元巨人捕手でBCL新潟の球団社長補佐を務める加藤健氏らの中に、18歳の知野の姿もあった。「子供に野球を教えるのは楽しい。来年こそ、自分もNPBのユニホームを着て参加したい」

県外の高校を卒業後、新潟の練習生として今季をスタート。7月13日に選手契約を結ぶと、思い切りのいい打撃と50メートル走6秒0の俊足、内野守備での強肩をアピール。9月10日の最終戦では4番に座り、逆転三塁打と本塁打の2安打3打点。28試合に出場し、打率.350、4本塁打、21打点、8盗塁と能力を示した。

「練習生の時にバックネット裏で相手投手の配球や球種を記録していたので、その後に生かせた。無駄ではなかった」。走攻守で可能性を見せ、ドラフト前にはNPBの複数球団がリストアップ。BCL選抜の一員としてNPBファームとの交流戦に出場したが、そこでアピールできず、ドラフトでの指名もなかった。

「いざネット裏に各球団のスカウトが並んでいるのを目にしたら、自分のプレーができなかった。自分の弱さだった」。それでも今年を振り返り「1年目から活躍できるとは思っていなかった」と、来季のさらなる飛躍を誓った

「ロッテのスタンリッジ投手らと対戦して、自分にはまだ力がないと感じた。でも追いつけないレベルではない。あのレベルの球を打ち返せるよう努力したい」。
このオフは自主トレのかたわら、平日は地元のホームセンターでアルバイトに励み、休日には野球教室などの地域貢献活動で汗を流す。

「来季は年齢も一つ上がる。さらに成長しなければスカウトにもアピールできない。今季以上の数字を残すことが目標」。今年のドラフトでは、知野と同学年の滋賀・山本祐大(DeNA9位)、富山・和田康士朗(ロッテ育成1位)がNPB入り。次は知野の番だ。



下は知野君のバッティング動画です。



draftkaigi at 10:23|この記事のURL

寺岡寛治(BCリーグ石川)、8球団から調査書届く

2017年10月21日

10/21、スポーツ報知websiteより (source)

寺岡 寛治 (石川ミリオンスターズ・投手)
180cm・右投右打・動画

プロ野球のドラフト会議が26日に行われる。BCリーグ・石川ミリオンスターズの最速155キロ右腕・寺岡寛治(動画)、星稜高出身で亜大の北村拓己内野手らの評価が高く、育成ではない本指名が期待される。

寺岡には、8球団から調査書が届いている。社会人野球の名門・九州三菱自動車を退社し、「よりNPBに近づくため」今季石川に入団。主にセットアッパーとして43試合に登板し、防御率1.52。59回1/3で82個の三振を奪い、奪三振率12.45と驚異的な数字を残した。

本指名でのNPB入りとなれば、チーム初。「力は100%出せたシーズン。アピールはできた」と手応えを語った寺岡は「あとはどう評価してもらえるか」と運命の日を心待ちにする。




寺岡君のスカウト評はこちら

寺岡君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 08:43|この記事のURL

元・走り幅跳びの選手に複数球団スカウト注目

2017年10月15日

10/15、西日本スポーツ24面より

和田 康士朗 (富山サンダーバーズ・外野手)
184cm・左投左打・動画

プロ野球のドラフト会議が近づいてきましたので、時節柄、独立リーグにいる、とっておきの隠し玉をご紹介しましょう。ルートインBCリーグ(BCL)富山の和田康士朗外野手(動画)は18歳。中学時代は野球部も、両脚の股関節を骨折して野球を断念した。埼玉・小川高では陸上部に入り、1年時に走り幅跳びで県ランク15位

ところが中学時代のチームメートが、夏の埼玉大会でベンチ入りした姿をテレビで見て「やっぱり野球がやりたい」。そこで高2から、クラブチームの「都幾川倶楽部硬式野球団」でプレー。昨秋、BCLのトライアウトに挑戦すると、50メートル5秒8の俊足とフルスイングを評価され、富山からドラフト1位指名を受けて入団。

高校野球未経験という異例の経歴ながら、潜在能力にNPBの複数球団が着目しているようだ。「プロは自分が目指している場所」と言い切る、元陸上部員の和田選手にスポットライトが当たるのか。早実・清宮幸太郎選手の指名球団と同じくらい気になっています。



和田君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:04|この記事のURL

ドラフトニュース検索