ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
独立リーグ

ドラフト3度指名漏れの谷田成吾が引退

2018年12月10日

12/10、スポニチwebsiteより (source)

谷田 成吾(徳島インディゴソックス・内野手)
183cm・右投左打・動画

「高橋由伸2世」と呼ばれた男は、スーツ姿で就職活動の毎日だ。「企業の方にお話をうかがったり、OBに相談したり、1日2、3人と会っています」。

アマ球界のエリート街道を歩んできた谷田。しかし、ドラフト会議では、慶大4年の15年、社会人のJX-ENEOS2年目の17年、そして四国アイランドリーグplusの徳島に在籍した今年と、3度とも声が掛からなかった。

「今年が最後と決めていたし、可能性が低いことは分かっていた」。
上位指名確実と言われながら指名漏れした3年前とは「気持ちも全然違う」という。ユニホームを脱ぐ覚悟はできていた。

だから、現役最後の試合も楽しむことができた。10月16日。宮崎でのフェニックス・リーグに四国IL選抜の一員として西武戦に出場した谷田は、第1打席で右中間三塁打を放つと、第3打席では1軍でも実績ある高木勇からバックスクリーンに本塁打を叩き込んだ。

「チームメートも引退試合のように盛り上げてくれて、一生、心に残る試合。早慶戦で優勝を決めた本塁打と同じくらい幸せな瞬間でした」。観衆30人の前で放った1本は、特別なものになった。

谷田は今年3月、JX-ENEOSを退社。単身渡米し、MLB球団とのマイナー契約を目指した。しかし、契約には至らず、2カ月で帰国。無謀な挑戦に否定的な声もあったが、後悔はない。

「余計なプライドは捨て、自分が正しいと思った方向に進む。迷いや引っかかることもあるけど、そういうのはいらないことが今回の挑戦で分かった。これからも目標を見つけたら、そういうふうに生きたい」。プロ入りの夢はかなわなかったが、第二の人生を歩む上での道しるべができた。

慶大の偉大な先輩と比較され、常に付きまとった「高橋由伸2世」という形容詞。「自分ではそう思ったこともないし、ダメな時はその名前のことで、つらい思いもした。でも、由伸2世で自分を知ってもらえたのも事実だし、それで声を掛けてくれた企業もあります。もう少し使わせてもらいます」と笑う。

現在、スポーツに関わるビジネスの仕事から野球とは無縁の一般企業まで、幅広く話を聞いており「年内には決めたい」と言う。「高橋由伸2世」の看板を下ろすのは、もう少し先になりそうだ。


下は谷田君の動画です。



draftkaigi at 13:05|この記事のURL

指名漏れの今村春輝(金沢星稜大)、BC石川へ

2018年12月04日

スポーツ報知websiteより (source)

今村春輝 (金沢星稜大・内野手)
184cm・右投右打

金沢星稜大の今村春輝内野手が3日、金沢市内の同校で、特別合格となったプロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの石川ミリオンスターズからあいさつ訪問を受けた。

184センチ、90キロの右の長距離砲は、元日本ハム投手のBC石川・武田勝監督と握手し「地元で野球を続けられるのは大きい。石川の皆さんに愛される選手になりたい。長打力をアピールして、1年でNPBに行けるように頑張っていきたい」と、抱負を語った。

金沢市出身で、星稜中、星稜高、金沢星稜大と星稜ひと筋。高校3年時の2014年夏の県大会決勝では、小松大谷を相手に0-8の9回、一挙9点で逆転サヨナラ勝ちし、甲子園出場を決めた。

今村は、9回に先頭打者が四球で出塁したところで代打で登場。適時三塁打を放ち、奇跡の大逆転につながる1点目をたたき出した。「どんなに点差が離れていても、目の前の1球に集中し、試合を楽しむことが大事なんだということが分かった」と振り返る。

武田監督から「チームは長打力不足なので、期待しています。責任を持って育て、NPBに送り出したい」と声をかけられた今村は「1年目から本塁打を10本以上は打ちたい。力強いフルスイングを見てほしい」と気合十分だ。

星稜高時代の同級生、岩下大輝投手(2014ドラフト3位)はロッテで活躍し、金沢星稜大の同級生、泉圭輔投手も今年のドラフトでソフトバンクから6位指名された。両投手と同じNPBの舞台に立つため、BC石川で打ちまくる。


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

ドラフト指名漏れの大学生4選手、BCリーグに合格

2018年11月24日

日刊スポーツwebsiteより (source)
独立リーグのルートインBCリーグは、四国ILplusと合同で開催したトライアウトにおけるドラフト指名選手及び特別合格選手を22日、発表した。NPBのドラフト会議で指名を受けなかった静岡大・山崎智也投手、明大・佐野悠太外野手らが合格した。

静岡大・山崎はBC新潟の特別合格選手となった。国立大の静岡大で主戦として活躍。最速145キロの速球が武器の右腕だ。プロ志望届を提出したが指名漏れした。明大・佐野(動画)はBC信濃の特別合格選手となった。兄はDeNAの恵太内野手。


他に拓大・蔡鉦宇内野手はBC福島立正大・池田瞳夢捕手はBC茨城に特別合格した。



大学生のプロ志望届提出者はこちら




draftkaigi at 07:01|この記事のURL

ドラフト指名が有力視されるBCリーグの2選手

2018年10月22日

10/22、西日本スポーツ21面「外野席」より
25日のプロ野球ドラフト会議を前に、独立リーグで奮闘する福岡出身の逸材を紹介しましょう。2日に兵庫・鳴尾浜で阪神2軍、翌3日に大阪・舞洲でオリックス2軍と対戦したBCリーグ選抜の2選手です。

武蔵・安河内駿介(動画)は24歳の右腕。秀岳館高(熊本)から東京国際大へ。しかし右肩を痛め、大学3年からの2年間は「幽霊部員みたいなもの」だった。整骨院での治療が功を奏し、投げられるようになると就職を辞退。トレーニング再開後、昨年のドラフト会議で武蔵から指名を受け、今季151キロをマーク。プロからの調査書も届いている

福井の遊撃手・松本友(動画)は東福岡高から明治学院大を経て入団2年目の23歳。「大学卒業から2年でNPBに行けなければ最後」という今季の打率.326。守備と足も評価され、下位か育成での指名が有力視されている。

ドラフト前の選抜チーム結成は「SHOWCASE(見本市)」と村山哲二リーグ代表。最後のアピールを終えた2人に朗報が届くことを祈りたい。



安河内君(BCリーグ武蔵)のピッチング動画はこちら

松本君(BCリーグ福井)のバッティング動画はこちら



draftkaigi at 09:46|この記事のURL

150キロ右腕・前川哲(BC新潟)、ドラフト指名待つ

2018年10月16日

10/16、サンケイスポーツ終面より

前川 哲 (新潟アルビレックスBC・投手)
180cm・右投右打・動画

ドラフト会議が目前に迫ってきた。BCL4年目のシーズンを終えた前川哲(動画)は、落ち着いた表情で今季を振り返った。「今季は目標だった150キロを出すことができました。自信のある直球の平均スピードも上がった。それが大きな収穫でした」。

高校時代から最速140キロ超の直球を投げていた逸材。2014年、新潟産大付高3年春の新潟大会では、同校を21年ぶりの県4強へと導き、注目された。同い年のライバルにはDeNA・飯塚悟史投手(日本文理高)がいる。前川は柏崎三中時代に、直江津中の飯塚と投げ合ったこともある。「ずっと負けたくないと思ってきた。いつか投げ合い、勝ちたい」と願い続けてきた。

高校卒業後の15年、BCL新潟に入団し、将来のNPB入りを目指した。2年目に148キロを計測し、NPBの数球団がドラフト候補としてリストアップしたものの、指名漏れに終わった。3年目の昨季は右肩痛に悩まされ、わずか1勝、チャンスが遠のいた。

「何かを変えなければいけない」・・・。前川は昨オフ、豪州での武者修行を決意。12月から今年3月までの約100日間、メルボルンのクラブチーム「プレストン・パイレーツ」に所属。助っ人としてサマーリーグに参加。先発として6勝0敗、45回を投げてわずか3失点。チームをビクトリア州2部優勝に導き、防御率のタイトルも獲得した。

「豪州では、先発したら最低でも6回までは1人で投げ抜かなければならない。ピンチでも自分の力で何とかしなければいけなくて、お陰で走者を出しても緊張しなくなりました」

帰国後、新潟では先発、中継ぎでフル回転。直球の球速は常時140キロ台中盤から後半を記録するようになった。そして8月1日、武蔵戦で「ずっと目標だった」という自己最速の150キロを計測した。目標だった2ケタ勝利には届かなかったが、7勝(10敗2セーブ)を挙げた。球速の向上とシーズンを投げ抜いたことで、ドラフト候補として再び名前が挙がるようになった

「今季の成績はいま一つでしたが、しっかりアピールすることはできたと思います。あとは待つだけです」。浮き沈みのあった4年間で成長した右腕に焦りはない。穏やかな心境で、夢のNPB入りが決まる瞬間を待っている。



前川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 08:12|この記事のURL

ドラフトニュース検索