ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
独立リーグ

150キロ右腕・前川哲(BC新潟)、ドラフト指名待つ

2018年10月16日

10/16、サンケイスポーツ終面より

前川 哲 (新潟アルビレックスBC・投手)
180cm・右投右打・動画

ドラフト会議が目前に迫ってきた。BCL4年目のシーズンを終えた前川哲(動画)は、落ち着いた表情で今季を振り返った。「今季は目標だった150キロを出すことができました。自信のある直球の平均スピードも上がった。それが大きな収穫でした」。

高校時代から最速140キロ超の直球を投げていた逸材。2014年、新潟産大付高3年春の新潟大会では、同校を21年ぶりの県4強へと導き、注目された。同い年のライバルにはDeNA・飯塚悟史投手(日本文理高)がいる。前川は柏崎三中時代に、直江津中の飯塚と投げ合ったこともある。「ずっと負けたくないと思ってきた。いつか投げ合い、勝ちたい」と願い続けてきた。

高校卒業後の15年、BCL新潟に入団し、将来のNPB入りを目指した。2年目に148キロを計測し、NPBの数球団がドラフト候補としてリストアップしたものの、指名漏れに終わった。3年目の昨季は右肩痛に悩まされ、わずか1勝、チャンスが遠のいた。

「何かを変えなければいけない」・・・。前川は昨オフ、豪州での武者修行を決意。12月から今年3月までの約100日間、メルボルンのクラブチーム「プレストン・パイレーツ」に所属。助っ人としてサマーリーグに参加。先発として6勝0敗、45回を投げてわずか3失点。チームをビクトリア州2部優勝に導き、防御率のタイトルも獲得した。

「豪州では、先発したら最低でも6回までは1人で投げ抜かなければならない。ピンチでも自分の力で何とかしなければいけなくて、お陰で走者を出しても緊張しなくなりました」

帰国後、新潟では先発、中継ぎでフル回転。直球の球速は常時140キロ台中盤から後半を記録するようになった。そして8月1日、武蔵戦で「ずっと目標だった」という自己最速の150キロを計測した。目標だった2ケタ勝利には届かなかったが、7勝(10敗2セーブ)を挙げた。球速の向上とシーズンを投げ抜いたことで、ドラフト候補として再び名前が挙がるようになった

「今季の成績はいま一つでしたが、しっかりアピールすることはできたと思います。あとは待つだけです」。浮き沈みのあった4年間で成長した右腕に焦りはない。穏やかな心境で、夢のNPB入りが決まる瞬間を待っている。



前川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 08:12|この記事のURL

知野直人(BCリーグ新潟)、ドラフト指名を待つ!

2018年10月10日

10/9、サンケイスポーツ終面より

知野 直人 (新潟アルビレックスBC・遊撃手)
181cm・右投右打・動画

野球の独立リーグ、ルートイン・ベースボール・チャレンジリーグ(BCL)、新潟アルビレックス・ベースボールクラブの知野直人内野手(動画)が10月3日、BCL選抜の一員として参加したオリックス2軍との交流戦で本塁打を放った。25日に迫った日本野球機構(NPB)のドラフト会議を前に猛アピール。昨年は指名漏れで唇をかんだ逸材は「今年こそ」と意気込んだ。

打った瞬間、柵越えの手応えがあった。3日、大阪・舞洲サブ球場で行われたBCL選抜とオリックス2軍との交流戦。知野は3-3で迎えた九回二死、左越えの勝ち越しソロを放った。「向かい風で、今日は本塁打が出ないだろうなと思っていましたが、打った瞬間行ったと思う当たりでした」

本塁打を打った相手は、U-23日本代表に選ばれ、19日からコロンビアで開催されるU-23W杯に出場する4年目の鈴木優。知野はこの日、本塁打を含む2安打1盗塁をマークし、ネット裏に集まったNPBスカウト陣にその力をアピールした。「打ったのは真っすぐで内角高めでした。去年よりは成長できたかなと思える一発でした」

昨年、知野のBCLデビューは鮮烈だった。7月に練習生契約から選手契約を勝ち取ると、思い切りのいい打撃と強肩、そして俊足を生かした走塁でレギュラーの座を勝ち取った。後期だけで28試合に出場し、打率.350、4本塁打、21打点、8盗塁を記録した。

高卒1年目の若さもプラスとなり、たちまちドラフト候補に。だが、この日と同じくBCL選抜として臨んだ昨秋のNPBファームとの交流戦で「ネット裏に並ぶスカウトの姿を見て、自分のプレーができなかった」と凡退を繰り返してしまった。ドラフト当日、知野の名前は最後まで呼ばれなかった・・・。

「同い年で、選抜メンバーで一緒だった山本祐大(DeNA)や和田康士朗(ロッテ育成)が指名され、来季こそ自分もNPBに行くという気持ちになりました」

オフはアルバイト、そしてチームメートの自主トレで汗を流した。課題だった守備では「西武の遊撃手、源田壮亮選手の動画を繰り返して見て、グラブの出し方、打球への入り方を研究した」という。今季は69試合に出場し「相手投手に研究された」と打率こそ.279にとどまったが、7本塁打、45打点。28盗塁はリーグ3位だ。

「今年のドラフトで指名されるためにやってきた。やることはやったので、後は待つだけです」。



知野君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 14:51|この記事のURL

BC富山は再生工場、湯浅京己らドラフト候補も

2018年10月03日

10/3、日刊ゲンダイ30面より

湯浅 京己(富山GRNサンダーバーズ・投手)
183cm・右投右打・動画

今年もこの季節がやってきた。1日から第1次戦力外通告期間が始まり、中日の若松駿太らが宣告を受けた。2015年に10勝をマークした若松は「悔しいが、これで終わりではない」と11月の12球団合同トライアウトを受ける意向を示したが、合格判定をもらえる選手はごく一部。

落第してもなお、現役への未練を断ち切れない選手の駆け込み寺になりそうなのが、BCリーグの富山サンダーバーズだ。富山は今季から元ヤクルトの伊藤智仁氏が監督に就任。伸び悩んでいた投手を再生し、投手王国を築いて3年ぶりの後期優勝を果たした。

今年5月、富山に所属していたヒースを西武が獲得。ここまで42試合に登板して、9ホールド13セーブを挙げている。伊藤監督も能力の高さを見抜いていた。

「スライダー、スプリット、シュートもいいですが、一番いいのはストレート。スピードがあり、回転がキレイ。伸びがあって、ホップするような球筋なので、空振りの取れるボールです。(NPBでは)フルイニングは無理でも、中継ぎや抑えなら十分に抑えられる力がありますよ」

球種の少ない選手には指揮官の「伝家の宝刀」スライダーを直伝。昨オフに巨人をクビになった乾真大(2010日ハム3位)には、日本ハム時代にも経験のなかった先発で起用し、投球の幅を広げた。その乾はDeNAの目に留まり、先日、非公開の入団テストを受験。

14年オフにDeNAから戦力外通告を受け、今年から富山に入団した左腕の古村徹(2011横浜8位)も同じテストに参加した。DeNAは再獲得を検討しているという。

ドラフト候補も着々と育成している。聖光学院から入団したルーキー湯浅京己(動画)は、高校時代に135キロ程度だった球速が富山加入後、最速150キロにまで上昇。NPBスカウトの評価も急上昇している。投手再生工場になりつつある富山。クビになった選手たちが富山に殺到するかもしれない。 。



湯浅君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

長谷川凌汰(BCリーグ新潟)、ドラフト指名を待つ

2018年10月02日

10/2、サンケイスポーツ25面より

長谷川 凌汰(新潟アルビレックスBC・投手)
188cm・右投左打・動画

150!。その数字がスコアボードに表示された瞬間、球場がわいた。9月9日。新潟の本拠地、ハードオフ・エコスタジアムでの最終戦。八回に登板した長谷川(動画)の直球は自己最速を更新。ついに150キロの大台に乗った。

「目標としていた150キロを出すことができて合格点。直球主体で変化球でもストライクを取ることができた」。長谷川は試合後、満足そうだった。今季は先発、中継ぎ、抑えと大車輪で32試合に登板。6勝5敗4セーブ、防御率3.09(リーグ6位)の成績を残した。1年前、野球を諦めかけていた男は、ドラフト候補として秋を迎えた。

福井県出身。福井商高3年時の2013年夏、甲子園に出場。3回戦に進出した。関西六大学リーグの龍谷大では抑え。188センチの長身から投げ下ろす直球とはいえ、当時は140キロ台前半で「全然たいしたことがない投手だった」。卒業後は野球をやめ、一般企業で働こうと就職活動をし、内定をもらっていた。

だが大学最後のリーグ戦となった4年秋、転機が訪れた。太ももを高く上げるフォームに変更したところ、最速146キロまでアップ。抑えとして登板を重ねるにつれ「野球を続けたい気持ちが大きくなった」。BCLで野球を経験した大学のコーチの勧めもあり、BCLでの挑戦を決意した。

入団1年目の今季、前期は抑えを任された。5月27日の栃木戦では村田修一(元巨人)を相手に自己最速の149キロをマーク。長身と将来性を感じさせる投球内容で、一躍NPBスカウトが注目する投手になった。

加藤博人監督(元ヤクルト)は「NPBを目指すならば変化球の精度を上げなければいけない」と後期から長谷川を先発で起用。これがさらに投球の幅を広げることにつながった。後期は5勝を挙げ、課題だった変化球の使い方に成長の跡を見せた。

BCL選抜の一員に選ばれ、10月2日には阪神2軍、3日にはオリックス2軍との交流戦に挑む。「自分より上のレベルの選手と戦う機会は貴重。直球がどこまで通用するのか。今の自分の課題を見つけるためにも頑張りたい」。ドラフト指名を自らの右腕で引き寄せるつもりだ。



長谷川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 11:59|この記事のURL

ドラフト指名を待つ四国ILpの3選手

2018年10月01日

デイリースポーツwebsiteより (source)
プロ野球ドラフト会議(10月25日)が近づいてきた。独立リーグの四国アイランドリーグplus(ILp)は2005年の創設以来、これまで13年間で61人をNPBに輩出。ロッテで首位打者を2度獲得した角中勝也外野手(元高知)や中日のセットアッパー・又吉克樹投手(元香川)ら1軍で活躍する選手も出ており、貴重な人材供給源として存在感を高めてきた。

その四国ILpから、今年も何人かの選手がドラフト指名候補に名前が挙がっている。投手では徳島インディゴソックスの鎌田光津希投手(動画)の評価が高い。最速155キロのスピードを誇る本格派右腕で、140キロを超えるフォークも武器。敬愛大から入団1年目の今季は4勝3敗、防御率2.49の成績を残した。

就任1年目の石井貴監督(元西武)から指導を受け、技術、精神の両面で大きく成長した。徳島から昨年ドラフト3位で西武に入団し、早くも1軍で2勝を挙げた伊藤翔投手は横芝敬愛高(千葉)の後輩だ。「彼と比較されることは覚悟で徳島に来た。意識するし、負けたくない」と鎌田。3学年下の後輩に負けじとNPB入りへ燃えている。

同じ徳島の竹内裕太投手(動画)もスカウト陣から注目を集めている。鶴見大出身で入団1年目の右腕。身長173センチと上背こそないものの、伸びのある直球にスライダー、チェンジアップ、フォークなど変化球の精度も高い。徳島入り後はウエートトレーニングなど体力アップに取り組み、大学時代は140キロ台前半だった球速が最速151キロまでアップした。

「体が大きくないので、全身を使ったフォームを意識している。投げっぷりの良さを見てほしい」とアピールする。

打者では香川オリーブガイナーズの妹尾克哉内野手(動画)が筆頭候補だ。神戸国際大付高から入団2年目の今季、160打数57安打の打率.356で首位打者のタイトルを獲得した。巧みなバットコントロールと50メートル走5秒9の俊足、そして遊撃手として見せる堅実な守備。走・攻・守3拍子そろった左打者は「1年でも早くNPBに行きたい。もっと上を目指したい」と目を輝かせる。

夢をあきらめず、四国の地でひたむきに努力を続ける若き選手たち。10月25日の運命の日に、何人のアイランドリーガーが指名を受けるか楽しみだ。



2018高校生のドラフト候補・一覧はこちら

2018大学生のドラフト候補・一覧はこちら

2018社会人のドラフト候補・一覧はこちら

2018ドラフト12球団のドラフト情報まとめはこちら

2018ドラフト12球団の1位指名予想はこちら


draftkaigi at 18:24|この記事のURL

ドラフトニュース検索