ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
独立リーグ

田沢純一(BC埼玉)、ドラフト下位での駆け引きか

2020年09月10日

9/10、日刊ゲンダイ30面より 

田沢純一(埼玉武蔵ヒートベアーズ・投手)
180cm・右投右打・動画

ドラフト指名を拒否し、海外の球団入りした選手のNPB入団を制限する「田沢ルール」の廃止が決まり、BC・埼玉の田沢純一(動画)は、10月26日のドラフト会議で指名を受けることが可能となった。田沢は8日、「選択肢が増えて素直にうれしい。いろいろな方に動いてもらって感謝したい」と喜んだ。

2008年に田沢が米大リーグ・レッドソックス入りした際に導入されたこのルールは、12球団の申し合わせ事項。ドラフト指名を拒否して海外に渡った選手は、退団後も高卒は3年間、大卒・社会人は2年間、NPB球団とは契約できないというものだ。

昨年8月にマイナー契約を結んだレッズから今年3月に自由契約となり、7月にBC・埼玉入りした田沢がNPB球団でプレーするには、来年秋のドラフトを待つ必要があった。

メジャー通算388試合で21勝26敗4セーブ、防御率4.12の実績がある田沢のNPB入りが前倒しで可能になったことで「複数球団が争奪戦」と一部で報道されているが、某球団のスカウトがこう指摘する。

「コロナの影響を受ける今年は、リリーフ陣が崩壊しているチームが多く、どこも興味があるのは間違いない。ただし、自由競争で獲得できるなら、という条件付きです。若い高校生や大学生と同じドラフトで指名しないといけないのは、かなりハードルが高いですね」とこう続ける。

「ネックになるのは34歳という年齢。ドラフトは将来を見据えたチームづくりの根幹をなすもので来年のための補強の場ではありません。貴重なドラフト1枠を使うことには二の足を踏まざるを得ない。少なくとも、どこの球団も1位や2位といった上位指名はあり得ません。一昨年はメジャーで31試合(防御率7.07)、17年の55試合から登板数を減らしているし、レッドソックス時代の10年前には右肘のトミー・ジョン手術を受けている。この先、何年投げられるか分かりません」

興味を示す球団はあるか。かつてのセーブ王・澤村を電撃トレードでロッテに放出した巨人は、中川、高梨、大江の左腕3枚が救援陣を支えるが、右の剛腕は助っ人デラロサしかいない。

「原監督は中島や岩隈といった元メジャーリーガーを好みます。右の剛腕枠として指名する可能性はあるが、あくまで下位での駆け引きになりそうです」とは別の球界関係者だ。



田沢君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 06:59|この記事のURL

石田駿(BC栃木)、ドラフト候補に名乗り

2020年09月03日

9/3、日刊スポーツ4面より 

石田駿(栃木ゴールデンブレーブス・投手)
180cm・右投右打・動画

BCリーグ栃木の最速153キロサイド右腕、石田駿投手(動画)が2日、茨城戦の4回に登板し、最速150キロを計測した。27球中13球が145キロ以上で1回1安打1三振で無失点。九産大時代は公式戦出場がなく「試合経験がなかった。栃木でいろんなことを学べて大きく成長できた」

縦に体を回転させることを意識して腕の振りが改善し、入団前から最速を8キロ更新。今秋ドラフト候補は「林昌勇投手のように豪快に投げられたらいいなと思います」と意気込んだ。



石田君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 19:10|この記事のURL

昨年ドラフト指名漏れの落合秀市が好投

2020年07月03日

7/3、デイリースポーツ6面より

落合秀市(兵庫ブルーサンダーズ・投手)
185cm・右投右打・動画

プロ注目の149キロ右腕、関西独立リーグ・兵庫の落合秀市投手(動画)が2日、入団後初の先発を務め、5回を3安打2失点(自責1)、4奪三振と好投した。

初回、1死三塁から左前打を浴び、いきなり先制を許した。しかし、すぐに立て直し、二回から四回までは打者3人ずつで切り抜けると、五回は味方の失策で1点を失ったが、連続で空振り三振を奪うなど持ち味を発揮。「今日はスライダーのキレがよかった」と納得の表情を見せた。

昨年はドラフト会議で指名されずに悔しい思いをしたが、「マウンドでの振る舞いを見てほしい」と自身の成長をアピールした落合。このまま調子を上げ、今年こそプロ入りをつかみ取る。

(7月2日 関西独立リーグ 06ブルズ 3―1 兵庫ブルーサンダース)



落合君のピッチング動画は
こちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

前川哲(BCリーグ新潟)、複数球団スカウト視察

2020年06月30日

日刊スポーツwebsiteより (source)

前川哲(新潟アルビレックスBC・投手)
180cm・右投右打・動画

ドラフト候補が実力の一端を見せつけた。新潟アルビレックスBCのクローザー前川哲投手(動画)が8回表に登板。1安打1三振の無失点に抑え、今季最速の153キロを2度マークしNPB入りへアピールした。試合は群馬ダイヤモンドペガサスに2-3で敗れた。

右横手から繰り出す前川の直球が、捕手・斎藤優乃のミットに力強く収まる。「順調に仕上がっている」。手応えは数字に表れた。8回表2死、工藤陽平に投じた2球目の直球はスピードガン表示で153キロ。次の直球はボールだったが、連続で153キロをマーク。最後は工藤を空振り三振に仕留めてマウンドを降りた。

自己最速は昨季マークした154キロ。今季3試合目で最速に迫る数字を出した。2-3と追い上げムードでのマウンドには、清水章夫監督に「勢いをつける投球をしてこい」と言われ上がった。「自分もそのつもりだった」。ネット裏でNPB複数球団のスカウトが視察する中、力勝負でチームに活を入れた。

この日はスコアに関係なく最終の1回を投げる予定だった。今季2セーブ目を挙げた福島レッドホープス戦(24日)以来の登板。中4日の間に行われた2試合で出番はなかった。それでも「いつでも投げられる準備はしているので」と気にしていない。

昨季途中に先発から抑えに回り、上手から横手にフォームを改造。抑えとして本格的にコンディション作りをするのは6年目の今季が初めて。登板のない日でも試合後に10分の有酸素運動をするなど、体調維持は万全だ。

最速更新の自信はある。「でも、大切なのは試合に勝つこと。その結果として球速が上がればいい」。こだわりを勝利につなげることで真のアピールをする。

(6月29日 ルートインBCリーグ 群馬 3―2 新潟)



前川君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:00|この記事のURL

海老塚耕作(BC新潟)、ドラフト上位指名目標

2020年06月15日

日刊スポーツwebsiteより (source)

海老塚耕作(新潟アルビレックスBC・投手)
183cm・右投右打・動画

BCリーグ新潟は14日、オープン戦・信濃戦が雨天のため中止になり、同球場で練習を行った。先発予定だった2年目の海老塚耕作投手(動画)はシート打撃に登板して、打者7人に35球を投げた。清水章夫監督から開幕の信濃戦での先発、初の開幕投手に指名されている。

晴れ舞台を今秋のNPBドラフト会議で指名を受けるための1歩と位置付け、調整を進める。

堂々の35球だった。力感あふれるフォームから海老塚は丁寧に投げ込んだ。打者1人に5球を投げるルールの中、7人中3人を空振りで絞めた。安打性の当たりは足立尚也、稲葉大樹の両ベテランに左前、中前に運ばれた単打2本だけ。開幕投手が順調な仕上がりをアピールした。

「メリハリのある投球をしたかった」。この日は午前7時過ぎに、信濃とのオープン戦中止が決定。海老塚は先発で1回を投げる予定で、3月31日の練習試合、新潟医療福祉大戦以来の実戦マウンドになるはずだった。2カ月半、試合から遠ざかっている。

それでもチームメート相手に「真っすぐでカウントを整えて、決めるところで変化球」とイメージした投球を披露。試合感覚に不安はない。清水監督は言った。「海老塚にはチームが集合したころに、開幕投手を伝えてある」。海老塚も「開幕に合わせてきた」と自覚している。

最速148キロの直球とフォーク、スライダーをコーナーに投げ分ける制球力が武器。新型コロナウイルスの影響で、当初予定の4月11日から約2カ月、開幕が延びたが、尊敬するツインズ前田健太の動画を見てフォームを研究するなど時間を有効に使った。

新人だった昨季は抑えで11セーブをマーク。今季は清水監督に直訴して、先発に転向した。「プロのスカウトに先発もできるところを見てもらいたい」。目標は「NPBドラフト上位指名でプロ入り」。先発転向はそのためのステップだ。

清水監督は「投手としての素質は凌汰より上。NPB側にもっと見てもらいたい」と、昨季のエースで育成3位で日本ハム入りした長谷川凌汰投手以上の好素材と評価する。

海老塚は2月、日本ハムのキャンプに打撃投手として参加。「凌汰さん以上の成績を残さないと」と刺激を受けた。昨季の長谷川の11勝1敗を基準に「15勝以上。投げた試合はすべて勝つ。球速150キロは出したい」とノルマを設定。開幕戦を1歩目に、ドラフト戦線に名乗りを上げる。



海老塚君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL


ドラフトニュース検索