ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
独立リーグ

前川哲(BCリーグ新潟)、複数球団スカウト視察

2020年06月30日

日刊スポーツwebsiteより (source)

前川哲(新潟アルビレックスBC・投手)
180cm・右投右打・動画

ドラフト候補が実力の一端を見せつけた。新潟アルビレックスBCのクローザー前川哲投手(動画)が8回表に登板。1安打1三振の無失点に抑え、今季最速の153キロを2度マークしNPB入りへアピールした。試合は群馬ダイヤモンドペガサスに2-3で敗れた。

右横手から繰り出す前川の直球が、捕手・斎藤優乃のミットに力強く収まる。「順調に仕上がっている」。手応えは数字に表れた。8回表2死、工藤陽平に投じた2球目の直球はスピードガン表示で153キロ。次の直球はボールだったが、連続で153キロをマーク。最後は工藤を空振り三振に仕留めてマウンドを降りた。

自己最速は昨季マークした154キロ。今季3試合目で最速に迫る数字を出した。2-3と追い上げムードでのマウンドには、清水章夫監督に「勢いをつける投球をしてこい」と言われ上がった。「自分もそのつもりだった」。ネット裏でNPB複数球団のスカウトが視察する中、力勝負でチームに活を入れた。

この日はスコアに関係なく最終の1回を投げる予定だった。今季2セーブ目を挙げた福島レッドホープス戦(24日)以来の登板。中4日の間に行われた2試合で出番はなかった。それでも「いつでも投げられる準備はしているので」と気にしていない。

昨季途中に先発から抑えに回り、上手から横手にフォームを改造。抑えとして本格的にコンディション作りをするのは6年目の今季が初めて。登板のない日でも試合後に10分の有酸素運動をするなど、体調維持は万全だ。

最速更新の自信はある。「でも、大切なのは試合に勝つこと。その結果として球速が上がればいい」。こだわりを勝利につなげることで真のアピールをする。

(6月29日 ルートインBCリーグ 群馬 3―2 新潟)



前川君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:00|この記事のURL

海老塚耕作(BC新潟)、ドラフト上位指名目標

2020年06月15日

日刊スポーツwebsiteより (source)

海老塚耕作(新潟アルビレックスBC・投手)
183cm・右投右打・動画

BCリーグ新潟は14日、オープン戦・信濃戦が雨天のため中止になり、同球場で練習を行った。先発予定だった2年目の海老塚耕作投手(動画)はシート打撃に登板して、打者7人に35球を投げた。清水章夫監督から開幕の信濃戦での先発、初の開幕投手に指名されている。

晴れ舞台を今秋のNPBドラフト会議で指名を受けるための1歩と位置付け、調整を進める。

堂々の35球だった。力感あふれるフォームから海老塚は丁寧に投げ込んだ。打者1人に5球を投げるルールの中、7人中3人を空振りで絞めた。安打性の当たりは足立尚也、稲葉大樹の両ベテランに左前、中前に運ばれた単打2本だけ。開幕投手が順調な仕上がりをアピールした。

「メリハリのある投球をしたかった」。この日は午前7時過ぎに、信濃とのオープン戦中止が決定。海老塚は先発で1回を投げる予定で、3月31日の練習試合、新潟医療福祉大戦以来の実戦マウンドになるはずだった。2カ月半、試合から遠ざかっている。

それでもチームメート相手に「真っすぐでカウントを整えて、決めるところで変化球」とイメージした投球を披露。試合感覚に不安はない。清水監督は言った。「海老塚にはチームが集合したころに、開幕投手を伝えてある」。海老塚も「開幕に合わせてきた」と自覚している。

最速148キロの直球とフォーク、スライダーをコーナーに投げ分ける制球力が武器。新型コロナウイルスの影響で、当初予定の4月11日から約2カ月、開幕が延びたが、尊敬するツインズ前田健太の動画を見てフォームを研究するなど時間を有効に使った。

新人だった昨季は抑えで11セーブをマーク。今季は清水監督に直訴して、先発に転向した。「プロのスカウトに先発もできるところを見てもらいたい」。目標は「NPBドラフト上位指名でプロ入り」。先発転向はそのためのステップだ。

清水監督は「投手としての素質は凌汰より上。NPB側にもっと見てもらいたい」と、昨季のエースで育成3位で日本ハム入りした長谷川凌汰投手以上の好素材と評価する。

海老塚は2月、日本ハムのキャンプに打撃投手として参加。「凌汰さん以上の成績を残さないと」と刺激を受けた。昨季の長谷川の11勝1敗を基準に「15勝以上。投げた試合はすべて勝つ。球速150キロは出したい」とノルマを設定。開幕戦を1歩目に、ドラフト戦線に名乗りを上げる。



海老塚君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

昨年ドラフト指名漏れの山科颯太郎が好投

2020年06月14日

スポーツ報知websiteより (source)

山科颯太郎(兵庫ブルーサンダーズ・投手)
171cm・右投右打・動画

野球の関西独立リーグが13日、兵庫・三木総合防災公園野球場で開幕し、昨季のリーグ1位・兵庫は堺に1―2で敗れたが、今秋のNPBドラフト指名を目指すルーキーの山科颯太郎投手(動画)が9回の1イニングを無失点でデビュー登板を飾った。

17センチの小柄な体格から、山科が躍動感たっぷりのトルネード投法を披露した。1点ビハインドの9回から登板。先頭打者に安打を許したが、後続をピシャリ。それでも「コースを突けず、ヒットを打たれてしまった」と、受け答えにあどけなさが残る18歳は悔しさをにじませた。

長崎・九州文化学園高で最速148キロ右腕として注目を集め、NPB球団の入団テストを受けたが、昨秋のNPBドラフトで指名はかからなかった。

最短でのプロ入りをかなえるために独立リーグの道を選んだが、新天地でコロナ禍に直撃。活動自粛を余儀なくされたが「自粛中は体重の増加に取り組んだ」と現在は75キロまで増量し、逆境を跳ね返して、安定した投球につなげた。

ルーキーながら、NPB入りにかける思いは人一倍だ。まだまだ伸びしろ十分の右腕は、今秋こそ夢をつかみにいく。



山科君は九州文化学園高(長崎)出身の投手です。高校時代のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 06:50|この記事のURL

杉浦健二郎(BC神奈川)、スカウトの前で初投球

2020年06月07日

日刊スポーツwebsiteより (source)

杉浦健二郎(BCリーグ神奈川・投手)
182cm・右投両打・動画

ルートインBCリーグ・神奈川フューチャードリームスの杉浦健二郎投手(動画)が、NPBスカウトの前で初めて投球した。6日、神奈川・南足柄球場で行われた練習中、シート打撃に初登板。昨秋トライアウトで150キロをたたき出して以来の実戦形式となった。

1球団のスカウトが見守る中、打者4人に対し1安打2四死球。最速140キロの内容を「最悪でした。投げ方が分からなくなってきた」と反省した。

投じた18球のうち11球がボール球。ボールが指に引っかかり、一塁側へそれることが多かった。2日から全体練習が再開し、連日のトレーニングで疲労もたまっていた。「腕が棒みたいで全然上がらなかった。2、3日投げないで様子を見ます」と話した。

視察に訪れたスカウトは「上体投げだった。打者との初めての対戦で緊張もあったと思う。今日で評価がどう、という訳ではない」と語った。スライダーや直球がコースに決まる場面もあり、光も見せた。高校大学と野球部未入部で、経験はまだ少ない。プロの目は「腕の振りは強い。スピードはもっと上がってくる」と伸びしろを見ている。



杉浦君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 06:51|この記事のURL

昨年ドラフト指名漏れの落合秀市、独立兵庫で奮闘中

2020年06月05日

6/5、スポーツニッポン4面より

落合秀市(和歌山東高・投手)
185cm・右投右打・動画

昨秋のドラフト会議でロッテ・佐々木(大船渡)やヤクルト・奥川(星稜)らBIG4に匹敵する素質を評価されながら指名漏れした落合秀市投手(動画)は今春に関西独立リーグの兵庫に入団した。

野球からの引退を翻意し、プロ入りへの再挑戦を決断。新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期されていたリーグ戦の開幕が13日に決まり、逸材の現状に迫った。

落合は指名漏れした昨秋ドラフト当日に「野球を辞める」と宣言した後、すっきりしない毎日を送っていた。昨年11月には声をかけてくれた兵庫の入団会見を欠席。なにげなく見ていたテレビ番組に目を留めた。

「自分のできること、できないこと、やりたいこと、やりたくないことをグラフで分けていくというのをやっていた。自分に当てはめてみたら、野球という答えが出た。もう一度、プロを目指してみようと」

待っていたのは厳しい現実だ。関西独立リーグでは給与が出ず、アルバイトをしなければ生計が立たない。そんな中でコロナ禍に見舞われた。3月から働き始めた三田市内の焼き肉店では売り上げ減少に伴って出勤日数が激減。4月中旬に戻った地元の和歌山でも仕事は見つからず、5月はほぼ無収入だった。

かつてプロ志望の理由を「たくさんお金を稼ぎたいから」と公言。それが並大抵でないことを肌で感じた。緊急事態宣言が解除され、少しは出勤日も増えたが、十分な金額ではない。前向きな姿勢だけは忘れないように言い聞かせてきた。

「働いてお金を稼ぐということが、こんなに大変なことなんだと思い知りました。自分に足りないのは人間力。いい勉強ができたと思っています」

帰省中もインナーマッスルや体幹を鍛える自主トレを毎日欠かさなかった。先月27日からチームの全体練習も再開。開幕へ「不安はない」と言い切る。「勝負は、この一年と決めています。打者に立ち向かう姿を見てほしい」。一皮も二皮もむけた姿を、ドラフトまでの短い期間でプロにアピールする決意だ。



落合君のスカウト評はこちら

落合君のピッチング動画は
こちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL


ドラフトニュース検索