ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる
独立リーグ

牧田龍輝(BC神奈川)、ドラフト指名へ最後の挑戦

2021年02月07日

日刊スポーツwebsiteより  (source)

牧田龍輝(BC神奈川・一塁手兼外野手)
175cm・右投右打・動画

BC・神奈川の牧田龍輝内野手(動画)が、100%のプレーを今シーズンにぶつける。今秋のドラフトでの指名を目指し、「打率3割8分、15本塁打、最多安打獲得、20盗塁」の高い目標を掲げた。

すべては、今年のドラフトのためだ。昨年11月、痛みのあった右ひじの骨棘を除去する手術に踏み切った。1月からボールを投げる練習を再開し、すでに守備も打撃も問題なくこなしている。

「手術してくれた先生、チームドクター、トレーナーなど周りの方々のサポートのおかげで、早期復帰ができました」と感謝する。

昨季は、守備も打撃も痛みを抱えながらのプレーで万全の状態ではなかった。それでも打率3割5分1厘、8本塁打、48打点とチーム3冠を達成し、参入初年度での地区優勝に大きく貢献。NPB入りへアピールしたが、結果は指名漏れだった。

「去年がラストシーズンだと思って、勝負をかけていた」だけに、ショックは大きかった。

しかしドラフト終了後、鈴木尚典監督から「絶対、来年はいける」と声を掛けられた。なかなか気持ちは切り替わらなかったが「中途半端にやるのは嫌だった」ともう1年、NPB入りを目指して挑戦することを決断した。

BC・神奈川の「マシンガン打線」を担う主軸について、鈴木監督は「絶対に指名されるんだという意識を持って、オフも相当しっかり練習に取り組んでいる。夢を実現できるように、サポートしていきたい」と後押しを誓う。

手応えもあった。昨年9月30日、BCリーグ選抜の一員でヤクルト2軍との試合に出場した。復帰戦として先発した奥川と対戦し、スライダーをとらえて二塁打を放った。この試合では大下、大西とも対戦し3打数3安打。

NPBの1軍でも登板している投手を相手に結果を残し「いけるな、という実感があった。(NPBで)通用しないレベルではないと思った。(右ひじを)治せば、チャンスはあるんじゃないかと思った」と振り返る。

今オフは、初動負荷のトレーニングやランニングを多く取り入れるなど、進化中。運命の日まで、立ち止まらない。



牧田君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

ドラフト指名漏れの藤田青空、独立リーグ堺へ

2021年02月04日

日刊スポーツwebsiteより (source)

藤田青空(弘前東高・捕手)
180cm・右投右打・動画

本州最北端県から心機一転、関西の地で再出発する。プロ志望届を提出した弘前東の藤田青空捕手が今季、独立リーグの堺シュライクス(大阪)に入団する。昨年のドラフトでは育成指名も視野に入れながら、悔しい指名漏れ。さらなるレベルアップを図り、今年のドラフトでNPB入りに再挑戦する。

自信と課題が明確になった。昨年9月のプロ志望高校生合同練習会では、二塁への送球タイムで1秒87をマーク。「肩だけなら、他の選手にも負けていない」と手応えを感じる一方で、実戦形式のシート打撃では「全く打てなかった」。

140キロ後半の直球に反応できず、東京ドームに快音を響かせることができなかった。「当てにいく打撃をしてしまった。今後は自分のスイングで、どこまで捉えられるのか」。打撃力向上なしに、指名はないと自覚する。

悔し涙を、うれし涙に変える。ドラフト会議当日は、苦楽をともに過ごした3年生の仲間が駆けつけた。1位指名から待ち続けたが吉報は届かなかった。「悔しくて、悔しくて」と人目をはばからずに涙した。

1月末に故郷を離れ、人生初の寮生活をスタートさせた。「1年目からが勝負。即レギュラーを取るつもり」と闘志を燃やす。

どでかい夢がある。「世界大会でMVPを取れる選手になりたい」。最終目標はWBC、プレミア12など、世界最高峰の舞台で活躍することだ。壮大なスケールで、大逆転ドラマを描いていく。



藤田君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

ドラフト指名漏れの長尾光、BCリーグ埼玉へ入団

2021年02月02日

日刊スポーツwebsiteより (source)

長尾光(ノースアジア大明桜高・投手)
179cm・右投右打・動画

BC・埼玉に新加入したノースアジア大明桜(秋田)・長尾光投手(動画)が1日、熊谷市内で行われた合同自主トレに参加した。高卒から1年でのドラフト指名を目指すシーズンで「気合を入れて、体を作っていきたいです」と意気込んだ。

入念にキャッチボールを行って調整した。最速145キロ右腕は昨年、プロ志望届を提出したが指名漏れだった。次のステージとしてBC・埼玉に進んだ理由は「レベルが高いし、BCリーグからだと1年でプロに進める道がある。(大学進学して)4年間は待っていられないと思った」と強い気持ちを明かした。

指名漏れを経験したことで「自分の力不足を感じた。この1年で、力をつけていきたい」と悔しさをバネにするつもりだ。高校では寮生活だったが、埼玉では初めての1人暮らし。自炊にもチャレンジ中で「得意料理は肉じゃが」と笑顔だった。

目標はドラフト上位指名。カーブ、スライダー、スプリット、カットボール、パームボールと多彩な変化球が武器で「結果だけでなく質も求めて、注目されるような結果と、チームの勝利に貢献したい」と話した。

10代の選手も多いチームで、角晃多監督は「ポテンシャルが高くて、能力はある。まだ体ができていないので、いい意味で楽しみな選手です」と期待していた。



長尾君のスカウト評はこちら

長尾君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 06:51|この記事のURL

ドラフト指名漏れの藤田青空、関西独立リーグ堺へ入団

2020年12月08日

高校野球ドットコムより (source)

藤田青空(弘前東高・捕手)
180cm・右投右打・動画

弘前東・藤田青空関西独立リーグの強豪・堺シュライクスの入団が決まった。180センチ85キロと恵まれた体格を活かし、スローイングタイム1.9秒台の強肩と木製バットでも長打が打てる技術の高さが光る好捕手。

東京ドームで行われた練習会でも攻守で良いアピールができたが、惜しくも指名漏れとなった。今回指名漏れした捕手の中でもトップクラスの実力を持った選手。そんな藤田が関西独立リーグに入団することは大きい。この舞台でさらに成長し、NPBを狙える存在になることを期待したい。



藤田君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

ドラフト指名漏れの太田大和、BCリーグ埼玉入団

2020年12月06日

日刊スポーツwebsiteより (source)

太田大和(山形中央高・投手)
179cm・左投左打・動画

ルートインBCリーグの埼玉への入団が1日に内定した山形中央のエース左腕・太田大和が、1年後のプロ入りを目指し、気持ちを新たに歩み出す。太田は多彩な変化球と精度の高いコントロールを武器に、今夏の県独自大会では公立校唯一の4強入りに貢献。

プロ志望届提出後は9月に東京ドームで行われた高校生合同練習会にも参加した。カウント1-1から始まるシート打撃では、「打者に向かっていく気持ち、冷静に投げきるところを見せられた」と自己最速となる139キロをマーク。打者6人を無安打2奪三振に抑えてアピールした。

ドラフト会議では18年楽天5位佐藤智輝投手、19年ソフトバンク育成7位村上舜投手に続く同校から3年連続のプロ誕生を期待されたが指名漏れとなる。太田は「1年でも早くこの悔しさを晴らしたい」と大学進学ではなく、入団1年目からプロ入りが可能な独立リーグを志望した。

現在は、チーム合流直後から存在感を出せるよう、後輩の練習に参加し、実戦を積んでいる。入学直後から太田の将来性を感じていた庄司秀幸監督は「来年19歳の年で、体もできてくる。自分の投球を見失わずに、球速を含めた球の質を上げてほしい」と期待する。

来秋のドラフト会議に向け、太田は「やり残したことがないように1日1日を大事にして、その日(ドラフト)を迎えたい」。夢に向かって、挑戦が始まる。


draftkaigi at 07:00|この記事のURL


ドラフトニュース検索