ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
ドラフト展望

2019ドラフト展望、奥川と佐々木で人気を二分か?

2019年08月09日

8/9、夕刊フジ28面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

この日の星稜・奥川(動画)は、味方の初回の攻撃が三者凡退で終わったのを見てその裏、「初回の入りが大事。相手を乗せないためにも、立ち上がりはギアを入れていった」。先頭打者をこの日最速の153キロで空振り三振に切るなど、圧巻の3者連続三振。

その後は140キロ台後半に球速を抑えつつスライダーとチェンジアップを駆使し、打たせて取る投球にペースチェンジ。94球の完封劇につなげた。

すでに大船渡・佐々木(動画)の1位入札を公言している日本ハムの球団幹部が快投を続ける奥川を見ながら冗談交じりにこう漏らした。「何とかどっちも獲れねえかな・・・」

佐々木も奥川も明言こそしていないものの、プロ志望届提出が確実。今秋のドラフト会議ではどちらも1位指名が確実視され、幹部の発言は無理を承知の無い物ねだりだが、佐々木と並ぶ最高の評価を下していることをうかがわせた。

オリックス・古屋編成副部長は「味方の攻撃が3人で終わって流れが悪くなりそうだったから、初回は三振を狙いにいったね。お客さんを引き寄せられる。プロのエースにはそういう力も必要になる」と球場の雰囲気を一変させるエースの風格を評価した。

中日は親会社の北陸方面における新聞販売戦略上、1位入札が濃厚。中田編成部アマスカウトディレクターが「春からさらに成長している。一番は全体的なパワー。球速は、それほど力を入れていなくても140キロ台後半をコンスタントに出せる。それをコースに投げ分けられるから、高校生レベルではなかなか連打は出ないよね。勝負どころでは力を入れて150キロオーバーをドン。球に力があるから前に飛ばせない」と絶賛。直球の球威、制球力の向上を見て改めてほれ込んだ様子だ。

中田ディレクターは最速163キロを誇る“令和の怪物”佐々木との比較について「どのスカウトでも難しいだろう」とうなる。「奥川の場合、魅力は完成度の高さ。プロに入って、来年の早い時期に1軍で投げる姿がイメージできる。マー君(現ヤンキース・田中将大投手)の1年目みたいな感じで成長していけるんじゃないかな」

田中は楽天1年目の2007年、3月29日に初登板初先発を経験。4月18日のソフトバンク戦で初勝利を完投で飾るなど、1年目から11勝(7敗)を挙げ即戦力としてローテーションに加わった。2ケタ勝利はともかく、奥川にも同様の完成度の高さが備わっているとみるスカウトは多い。

膝が立ち気味な投球フォームを懸念する声もあるが、日本ハム・山田正雄スカウト顧問は「前田(健太投手=現ドジャース)も立ち気味なフォームだったが、あれだけの投手になった。ひとつの個性と考えた方がいいんじゃないかな」と打ち消す。

一方の佐々木は「まだ身体の成長が止まっていないというからね。1年目から1軍で、となれば故障の危険が高い。1、2年は体作りの期間と考えて2軍で慎重に育成していく必要があるし、相当計画的な育成方針が求められる。即戦力ではなく素材型といえるだろうね。ただ、成長したときのてっぺんの高さはどうなるか。奥川もまだ伸びしろは大きいし、すごい投手になると思うが、佐々木は天井が見えない。時間がかかっても、本当にとんでもないピッチャーになるかもしれない。だから難しいんだ」(中田ディレクター)。

BIG4の中で甲子園に出場できたのは奥川だけ。荒木大輔、松坂大輔、斎藤佑樹らの名前を挙げるまでもなく、日本人は甲子園のヒーローを熱烈に、しかも長く愛する傾向が強い。奥川には今大会で星稜を悲願の石川県勢初優勝に導くなどして“伝説”となる可能性があり、佐々木はその資格を逃した。

「そうなったら、プロ野球は人気商売だから、(ドラフトでは)佐々木と奥川で人気を二分するか、奥川の方に指名が集中する可能性だってある」と指摘するのはセ・リーグ球団幹部。北陸の剛腕の快投で、ドラフト戦線が風雲急を告げている。



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:04|この記事のURL

ドラフト戦線異変あり、中日の奥川一本釣りに待った

8/9、日刊ゲンダイ31面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

星稜・奥川恭伸(動画)が今夏の甲子園で完封一番乗りを果たした。7日の1回戦で旭川大高(北北海道)を3安打に抑え、2回戦に駒を進めた。

初回、この日最速となる153キロをマークし、「(最初から)ギアを入れた。アドレナリンが出た」と3者連続三振でスタート。予定通り、二回以降は制球を重視しながら、打たせて取る投球を心がけた。94球で9奪三振。1-0という緊迫した展開が続く中、六回以降は走者を出さず、1点を守り切った。

前日、スポーツ紙が「今秋のドラフト会議で中日が奥川を1位指名することが有力になった」と報じた。中日はもともと、163キロ右腕の佐々木(大船渡)より奥川だった。最速158キロをマークする実力はもとより、親会社の中日新聞社の販売網である石川県出身。地元を重視する編成方針にも合致するためだ。

同校OBの音氏が担当スカウトとして密着マークを続ける。同じく同校OBに中日のかつてのエース・小松辰雄氏がいる。

「ドラフト1位候補の人気は、上から順に佐々木、森下(明大)ときて、奥川は社会人投手の河野(JFE西日本)らと3番手を争う位置付け。今年のドラフト1位は、潜在能力の佐々木VS即戦力の森下という構図です。でも、奥川が今回優勝でもすれば、昨年の甲子園での活躍が評価された根尾(中日)と小園(広島)に4球団ずつ競合したように、奥川を1位指名する球団が増えるかもしれません」(プロ球団スカウト)

佐々木の評価は変わらなくても、「高校ビッグ4」といわれる中でただ一人、甲子園に乗り込んだ奥川は、結果次第で中日以外の1位指名もゲットできるかもしれない。指名が重複すれば、それだけ高く評価されたことになる。張り切らないわけにはいかないのである。



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

12球団のドラフト1位予想(スポーツ報知)

2019年07月30日

スポーツ報知は「各球団の現時点のドラフト1位候補」と題して、12球団の1位指名を以下のように予想しています。(7月30日終面記事)


巨人ドラフト1位
佐々木朗希(大船渡高) 動画 スカウト評
奥川恭伸(星稜高) 動画 スカウト評
森下暢仁(明治大) 動画 スカウト評

DeNAドラフト1位
佐々木朗希(大船渡高) 動画 スカウト評
森下暢仁(明治大) 動画 スカウト評

広島ドラフト1位
森下暢仁(明治大) 動画 スカウト評

阪神ドラフト1位
佐々木朗希(大船渡高) 動画 スカウト評
奥川恭伸(星稜高) 動画 スカウト評
森下暢仁(明治大) 動画 スカウト評

中日ドラフト1位
奥川恭伸(星稜高) 動画 スカウト評
森下暢仁(明治大) 動画 スカウト評

ヤクルトドラフト1位
佐々木朗希(大船渡高) 動画 スカウト評
奥川恭伸(星稜高) 動画 スカウト評
森下暢仁(明治大) 動画 スカウト評

ソフトバンクドラフト1位
佐々木朗希(大船渡高) 動画 スカウト評
奥川恭伸(星稜高) 動画 スカウト評
森下暢仁(明治大) 動画 スカウト評

日本ハムドラフト1位
佐々木朗希(大船渡高) 動画 スカウト評 指名明言

西武ドラフト1位
佐々木朗希(大船渡高) 動画 スカウト評
奥川恭伸(星稜高) 動画 スカウト評
森下暢仁(明治大) 動画 スカウト評

楽天ドラフト1位
佐々木朗希(大船渡高) 動画 スカウト評
奥川恭伸(星稜高) 動画 スカウト評

ロッテドラフト1位
佐々木朗希(大船渡高) 動画 スカウト評
奥川恭伸(星稜高) 動画 スカウト評

オリックスドラフト1位
佐々木朗希(大船渡高) 動画 スカウト評
奥川恭伸(星稜高) 動画 スカウト評


draftkaigi at 07:05|この記事のURL

ドラフト戦線異変あり、佐々木からベタ降りする球団

2019年07月28日

7/28、日刊ゲンダイ終面より

佐々木 朗希 (大船渡高・投手)
189cm・右投右打・動画

今秋ドラフトの超目玉である大船渡・佐々木朗希(動画)中心の今秋のドラフト戦線に異変が起きそうだ。甲子園まであと1勝に迫りながら、25日に行われた岩手大会決勝の花巻東戦で、投手としても4番打者としても出場を回避。天下分け目の大一番に、最後まで出ることなく、大船渡は大敗を喫した。

衝撃の決勝から一夜明け、佐々木は同校で行われた準優勝報告会に出席した。U18高校日本代表1次候補に選出されているため、今夏の韓国遠征が次の舞台となることが濃厚だ。

最速163キロ右腕を巡っては一時、「史上初の12球団が1位指名競合も」との声も聞かれた。各球団のスカウトは潜在能力を絶賛。日本ハムは吉村GMが、どこよりも早い6月上旬に1位指名を明言すれば、ソフトバンク・永井編成育成本部長は「プロ野球史上一番の投手になるかもしれない」とまで言っていた。

「今までのスカウト人生の中でもこんな投手は初めて見た」とベタ惚れの巨人・長谷川スカウト部長は先月、本紙に「(高校ビッグ4の他の投手と比べて?)佐々木はそういう次元じゃない。松坂や田中マー君は高校時代からスタミナがあったけど、それを除けば、その2人より上。佐々木は体力的なこともあるから、体をつくる期間は必要。1年目からローテーションで、という投手ではないが、ここ何十年で一番の素材」と褒めちぎっていた。

甲子園に行こうが行くまいが、素材の良さは疑いようがない。が、長谷川部長が言うように「体力」「スタミナ」は、夏の大会前から指摘されていた弱点だった。それが、大事な決勝の登板を回避したことで、改めてクローズアップされた格好だ。少なからず、今秋のドラフト会議に影響が出そうである。

パ・リーグの某スカウトは「いくら能力が高くても、プロとして体力やスタミナがないのは、やっぱりマイナス。それとネックなのは、今大会で話題になった大船渡の国保監督の存在です」とこう続ける。

「投げる投げないは国保監督が決める。佐々木が悪いわけではないが、この監督は米国の独立リーグでのプレー経験があるだけに、選手のコンディションを優先することを徹底している。どんな逸材でも、むちゃな起用でぶっ壊されたら元も子もない。

プロとしてはありがたいと思う一方で、最後の夏の大会に向かう過程の練習や練習試合などを見ていても、過保護なまでに選手の体を優先する国保監督の下で3年間を過ごしたことは、プラスにもマイナスにもなる。とにかく故障しないように大事に見守ってもらったと言えるが、プロとしてバリバリ投げるには、練習量が足りな過ぎる。

スポーツ紙に『右肘に違和感』と出ていたが、仮に故障をしていないとして、準決勝、決勝の連投ができなかったわけで、しっかり鍛えられていないことがはっきりした。プロ入り後は想像以上に体づくりに時間がかかるかもしれない。仮に一軍に出てくるまでに4年も5年もかかるなら、指名できるのは戦力に余裕があるチーム、育成に自信があるチームに限られてきます」


1位指名を公言している日本ハム巨人はゾッコンだが、ベタ降りする球団が出てくるというのだ。さる球界関係者がこう言う。

「セでは阪神が流動的。佐々木がゼロ封発進した岩手大会の初戦を唯一3人で視察したり、一見、惚れ込んでいるようで、実は即戦力投手を狙うともっぱら。明大・森下、JFE西日本・河野、東海理化・立野、JR東日本・太田らで、星稜・奥川を含めた投手を1位候補に挙げ、そっちに乗り換える可能性が高いとみている。

中日は地元の奥川の評価が高い。広島DeNAも1位指名は森下ら即戦力投手の可能性がある。ヤクルトは佐々木と森下ら即戦力投手との間ですでに議論が紛糾しているそうだ。ヤクルトは現在最下位だけに、チーム事情から高校生投手を指名している場合ではなさそうですから。

パではオリックスが佐々木を軸にした戦略から、内野手のパナソニック・片山、SUBARU・原沢、東邦・石川らに方針転換しそうです」


登板回避の一件もあって、セは巨人以外の5球団が佐々木の1位指名を回避する可能性がありそうだ。




佐々木君のスカウト評はこちら

佐々木君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:03|この記事のURL

佐々木朗希(大船渡)、9球団が1位指名か?

2019年07月20日

7/20、夕刊フジ44面より

佐々木 朗希 (大船渡高・投手)
189cm・右投右打・動画

ドラフトでは全12球団が1位指名する事態も取り沙汰されるが、実際には9球団前後が濃厚とみるスカウトが多い。

投手に関して即戦力志向の強い広島西武明大・森下暢仁投手(動画)に熱い視線を注いでいる。親会社が北陸での販路を広げたい中日星稜・奥川恭伸投手(動画)の指名が有力。それでも過去最多1位指名競合の8球団(1989年の野茂と、90年の小池)を超える可能性は十分ある。

佐々木に関しては、即戦力とみるスカウトと「1、2年は2軍で体作りに専念させるべきだ」と指摘するスカウトに分かれる。現在190センチとされる身長がまだ伸びている佐々木は、4月に受けた骨密度検査の結果を根拠として国保陽平監督から160キロ超をマークするような全力投球を制限されている。

あるセ・リーグ球団のスカウトがこう指摘する。

「佐々木を引き当てた球団は大変ですよ。1軍の現場は使いたいし、お客さんを呼べるのは間違いないから営業サイドも使ってほしくなる。でも、プロに入った段階では体の成長は止まっていないでしょう。体ができていない1年目からローテーションに入って1軍で投げ続けたら、間違いなく壊れる。

 必要なのは体ができるまでは使わないという1軍首脳陣の覚悟。注目度の高い人気球団に入ると春のキャンプから1軍に入れざるを得ないし、めちゃくちゃ注目される中で練習することになる。それだけでも体への負担は相当なものになる」


問われるのは、数年先を見すえたグランドデザインを描ける育成力だ。すでに佐々木を1位指名することを表明済みの日本ハムは、大谷(現エンゼルス)、ダルビッシュ(現カブス)ら高卒ドラ1の大型右腕を大成させた実績があり、一日の長があるのは間違いない。

田中(現ヤンキース)を育て上げ、松井を守護神に抜擢してリーグを代表するリリーフに成長させた楽天にも蓄積されたノウハウがある。

メディア、ファンからの強烈な圧力にさらされる巨人阪神も佐々木にほれ込んでいるが、大器を開花させるには相当強固な育成計画が求められる。戦力不足に悩む球団はなおさらのこと、無理に1軍の舞台で起用せずに“寝かせる”度量が必要になる。最終的にはくじ次第だが、佐々木にとっては入る球団によって将来が大きく分かれそうだ。


佐々木君のスカウト評はこちら

佐々木君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:40|この記事のURL


ドラフトニュース検索