ドラフト会議情報局 2023高校生ドラフト候補 2023大学生ドラフト候補 2023社会人ドラフト候補
2023ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる
ドラフト展望

ドラフト戦線に異状あり、独立リーグの選手に注目

2024年01月17日

1/17、スポーツニッポン5面より
ドラフト戦線に異状あり――。昨秋のドラフト会議で支配下、育成合わせて史上最多の23選手が指名されたのが独立リーグだ。四国・徳島の椎葉剛投手(動画)が阪神、日本海・富山の大谷輝龍投手(動画)がロッテからそれぞれ2位指名を受けるなど、旋風を起こした独立リーグの現状に迫った。今秋ドラフトでの指名候補生も目白押しだ。

立ち位置は以前の育成指名での「お試し枠」から、「即戦力」へと変化している。22年ドラフトの計10選手から、昨年は2位指名2選手を含む史上最多の23選手がプロ入りを果たした独立リーグ。今冬もまた、有力選手が相次いで独立リーグの門を叩いた。

社会人野球の名門・日立製作所での主力選手の座を捨ててBC神奈川入りしたのは、最速151キロ左腕の安里海投手(動画)「NPBに自信を持って行けるように全力で勝負します」と目的は明確だ。

高校生では1メートル92の長身から最速148キロを誇る修徳・篠崎国忠投手(動画)が、社会人チームからのオファーを受けながらも四国・徳島に入団花咲徳栄の大砲・小野勝利内野手(動画)は「1年でNPB入りをかなえたい」とBC栃木入りを決めた。

独立リーグ行きの最大の魅力は、ドラフト指名まで中・高卒では3年、それ以外では2年の在籍が必要な社会人と違い、1年目から指名を受ける資格が発生することだ。

11年連続でドラフト指名選手を輩出中なのが、四国・徳島。南啓介球団代表は、阪神2位の椎葉を例にNPB入りへの3つのポイントを明かした。

(1)スカウティング
徳島入団選手の約3割は、球団からのオファー。スカウティングでは選手の能力ではなく「やりきる力」を最重要視する。南氏は「NPBに行けていないということは、能力が足りないということ。徳島でやりきって成長することが鍵」と強調。159キロ右腕の椎葉も、入団当初は最速148キロだった。

(2)肉体改造
入団が決まった選手は1~3月に徳島県北島町にある「インディゴコンディショニングハウス」でトレーナーの指導の下、肉体改造に励む。シーズンが本格化する4月以降、フィジカルが最高の状態で元NPB選手のコーチらから技術指導を受けるため、爆発的成長が見込める。ただ、4月以降はトレーナーによる指導がなく、「やりきる力」次第で成長に差が出る。

(3)需要の把握
フロントはNPBが求める選手のタイプを分析。最も力が発揮できる適材適所を現場に提案する。椎葉も当初は先発投手だったが、球威をアピールするため救援に配置転換したことで才能が開花。目先の勝利を追わないスタイルに不満を持つファンもいるが「最終的な優勝とドラフトで納得してもらう」と南球団代表は腹を決めている。

また、NPB入りした選手からは初年度の契約金、年俸の20%を受け取る契約を結んでいるため、ドラフト指名が次の逸材を生み出す原動力となる。

05年に日本初の独立リーグ「四国アイランドリーグ」が発足してから19年。徳島をはじめ各球団がドラフト指名への「育成ノウハウ」を熟成させた。「これまでも力を持つ選手がいたが、やっと適正な評価を頂けるようになった」と南球団代表。ドラフトの主力へ、選手もリーグも変貌を遂げる独立リーグに今年も注目だ。


draftkaigi at 06:46|この記事のURL

2024ドラフト展望、今年は宗山ドラフトになる

1/17、日刊ゲンダイ終面より 

宗山塁(明治大・遊撃手)
175cm・右投左打・動画

2024年は「宗山ドラフト」になる──。スカウトが異口同音にそう言うのは、今秋のドラフト超目玉候補、明大・宗山塁主将(動画)のことだ。

今月6日の明大の始動日には、パ・リーグ全球団と巨人の計7球団10人のスカウトが集結し、今秋の目玉遊撃手に熱視線を送った。この中のスカウトのひとりは「鳥谷以来の逸材」「獲得できた球団は15年ショートは安泰」と絶賛する。

すでに巨人、日本ハム、ソフトバンク、ヤクルト、広島が1位候補の最上位にリストアップしている。「遊撃の守備は今プロに入ってもトップクラス」とパ・リーグ球団のスカウトがこう続ける。

「長所はやっぱり遊撃の守備。フットワーク、グラブさばき、確実性、そして肩の強さ……。すべてがトップクラス。身のこなしからして惚れ惚れしますよ。守備面で注文はありません。プロのショートはスピードがあり過ぎると打球と衝突しちゃう。だから、足の速い選手はセカンドにコンバートされるケースが多い。西武の源田はスピードがある方ですが、元ヤンキースのジーターとか元ヤクルトの宮本、元中日の井端、元阪神の鳥谷、現役では巨人の坂本……。名手といわれたショートはそれほどスピードがない人が多い。宗山の脚力は学生では少し速いレベル。プロでは普通で、そういう点もショート向きといえます」

打撃はどうか。1年春から東京六大学リーグで積み上げた安打は現役最多の94本。2年春に自己最多となる24安打を放ったことがあり、春秋の残り2シーズンで明大の先輩・高山(元阪神)が持つ131安打のリーグ記録も射程圏に捉える。別の在京球団のスカウトが続ける。

「スイングが柔らかくてバットコントロールがいい。プロでは3割、10本から20本塁打を狙う中距離打者だろう。ただ、175センチ、79キロという体格にしては長打力もあって、ツボにはまればスタンドに放り込む力もある。1年春から大きな故障をすることなく、試合に出続けられる体の強さも武器。元阪神の鳥谷タイプで、同じ大学生の段階では宗山の方が上。顔もいいから人気が出そうなのもプラスアルファ。課題? あまり足が速くないので、盗塁はそれほど期待できない、というくらい。そんな『走』を補ってあまりあるくらい『攻』『守』が突出している。評価はもちろん『特A』だよ」

元阪神の鳥谷は阪神16年間、ロッテ2年間で通算2099安打。歴代2位となる1939試合連続出場、遊撃手史上最長の667試合連続フルイニング出場を果たした。そんな「鉄人」より「上」というのだから、12球団が殺到しても不思議ではない。

スポニチによれば、そんな逸材は侍ジャパンの3月6、7日の欧州代表との強化試合のメンバー候補に、プロの選手に交じってリストアップされているという。現役時代に「遊撃の名手」として鳴らした侍ジャパンの井端監督は、かねて「同世代では抜けている。何も言うことがない」と宗山を評価しており、まさに「好み」の選手でもある。

広島出身ながら、父・伸吉さんの影響で巨人ファンだという。

「家がずっと巨人ファン。テレビで巨人の試合ばかり見ていたので、その影響です。ショートは花形ですし、カッコいいなって。父は広陵で二岡さんの2学年上なんですが、中学時代から試合をしていたそうで『当時からすごかった』と聞いて自分も育ちました」とスポーツ報知のインタビューで語っている。

中学時代は広陵の1991年センバツ優勝メンバーの二岡の兄が監督を務めた軟式の高陽スカイバンズに所属。そんな縁もあり、二岡が一軍のヘッドコーチを務める巨人も当然、熱視線を送る。

「宗山を獲得できれば、プロ2年目の今季、阿部監督から遊撃のレギュラーを確約されている門脇の三塁コンバートプランも浮上している。それほどの逸材ということです」(巨人OB)

宗山の一本かぶりになりそうな24年。在京球団スカウトは最後にこう言った。「史上最多の8球団が1位指名で競合した1989年の野茂(近鉄)、90年の小池(近鉄)を超える可能性もある」



宗山君のスカウト評はこちら

宗山君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 06:43|この記事のURL

2024ドラフト展望(スポーツ報知の見解)

2024年01月11日

1/11、スポーツ報知4面「ドラフト展望」より
昨秋のドラフトは1位候補が豊富で各球団の好みも分かれ、最大でも3球団の競合だった。だが、今年は様相が違う。「20年に1人のショート」とも呼ばれる明大・宗山(動画)を巡って、大抽選となることが予想される。

ある在京球団のスカウトは「真の意味での即戦力。このクラスの打てるショートはなかなか出ない。獲得できれば15年以上、レギュラーを任せられる」と語る。

明朗快活な性格や、野球への真摯な姿勢も高く評価されており、スター性も十分。看板選手として次世代の球界を担う存在になるだろう。今年の活躍次第では、過去最多となる1989年の野茂英雄(新日鉄堺)や1990年の小池秀郎(亜大)の8球団に迫り、超える可能性もゼロではない。

一方、「ヨソが宗山にいくなら、ウチは独自路線で」という戦略もまた、ドラフトの妙味だ。関大の左腕・金丸(動画)をはじめ、愛知工大の157キロ右腕・中村(動画)環太平洋大の152左腕・徳山(動画)ら全国に好投手がそろう。

高校生は春から秋、一気に伸びて上位候補に名を連ねることがよくある。大抽選に臨むか、否か。各球団の戦力に注目したい。



宗山君(明大)のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:03|この記事のURL

スポニチ(東京版)厳選、2024ドラフト1位候補(12人)

2023年12月28日

スポーツニッポン東京版は「来秋の主なドラフト1位候補選手」と題して以下の12選手を挙げています。(12月28日紙面より)

投手
金丸夢斗(関西大) 177cm 左左
徳山一翔(環太平洋大) 177cm 左左
浅利太門(明治大) 186cm 右右
寺西成騎(日本体育大) 186cm 右右
中村優斗(愛知工大) 176cm 右左
一條力真(東洋大) 189cm 右左
洗平比呂(八戸学院光星高) 177cm 左左
内野手
宗山塁(明治大) 175cm 右左
佐々木泰(青山学院大) 177cm 右右
石塚裕惺(花咲徳栄高) 181cm 右右
外野手
西川史礁(青山学院大) 182cm 右右
渡部聖弥(大阪商大) 177cm 右右


draftkaigi at 08:40|この記事のURL

スポニチ厳選、2024ドラフト上位候補(21人)

2023年12月26日

スポーツニッポンは「2024年の主なドラフト上位候補選手」と題して以下の21選手を挙げています。(12月26日紙面より)

投手
小船翼(知徳高) 197cm 右右
川勝空人(生光学園高) 180cm 右右
佐藤柳之介(富士大) 179cm 左左
篠木健太郎(法政大) 177cm 右左
吉鶴翔瑛(法政大) 175cm 左左
浅利太門(明治大) 186cm 右右
岩崎峻典(東洋大) 178cm 右右
寺西成騎(日本体育大) 186cm 右右
中村優斗(愛知工大) 176cm 右左
金丸夢斗(関西大) 177cm 左左
徳山一翔(環太平洋大) 177cm 左左
生井惇己(日立製作所) 176cm 左左
内野手
石塚裕惺(花咲徳栄高) 181cm 右右
森駿太(桐光学園高) 187cm 右左
宗山塁(明治大) 175cm 右左
佐々木泰(青山学院大) 177cm 右右
柳舘憲吾(国学院大) 180cm 右左
外野手
吉納翼(早稲田大) 180cm 右左
西川史礁(青山学院大) 182cm 右右
麦谷祐介(富士大) 180cm 右左
渡部聖弥(大阪商大) 177cm 右右


draftkaigi at 07:05|この記事のURL


ドラフトニュース検索