ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

ドラフト展望

2017ドラフト候補は個性派揃い、一芸に秀でた4選手

2017年02月08日

Full-Countより (source)
プロ野球はキャンプ真っ盛りとなっているが、アマチュア野球もプロ注目の各選手が球春到来へ向け、汗を流している。今年は怪物スラッガーの早実・清宮幸太郎内野手、初の「赤門1位指名」がかかる東大・宮台康平投手といった面々がドラフト戦線で注目を浴びる。

ただ、あるパ・リーグスカウトが「今年は個性的な選手が多い」と指摘するように、一芸に秀でた魅力ある選手が隠れているのも、特徴の一つだ。なかでも、特筆すべき選手たちを紹介する。

その筆頭となるのが、慶大の岩見雅紀外野手(動画)だろう。特徴は、この数字を見ればわかる。187センチ、107キロ。巨漢である。下級生時代には、さわやかな「慶応ボーイ」のイメージとは裏腹なイカつい丸刈り姿でリーグ戦に出場した。

メディアに「慶応のおかわり君」との愛称をつけられた右の大砲は昨年、春秋通算で7本のアーチを放ち、現役トップの9本塁打をマーク。大学生では「超」が付く飛ばし屋だ。練習のフリー打撃では、まさしくピンポン球のように白球が飛んでいく。その様子は、プロ野球の外国人スラッガーとそん色ないレベルと言っていいだろう。

規格外の破壊力ゆえに残した伝説は数知れない。過去にはアメフト部やラグビー部に勧誘され、東京六大学の歴代最多23本塁打を誇る慶大の先輩・高橋由伸(現巨人監督)が汗を流してきた練習場で場外弾を連発し、大久保秀昭監督が近隣住民に謝りに行くことも日常茶飯事だったという。

ドラフト候補としては経歴も個性的だ。滋賀・比叡山高時代は47発をマーク。関西の強豪大学からの誘いもあったが、東京六大学でのプレーを見て、1浪の末にAO入試で慶大に入学した。大砲というと、打撃が荒いイメージだが、昨年は春秋ともに打率3割超え、通算打率も.337の数字が示す通り、コンタクト力もしっかりと持っている。

右の長距離砲は西武・中村、日本ハム・中田らがいるが、プロ野球界では減少傾向にあるだけに、将来が楽しみな逸材だ。

大学球界でもう一人、個性的な存在となるのが、専大の高橋礼投手(動画)。最近では珍しくなりつつなる、下手投げ右腕だ。中学3年からアンダースロー一筋。長身187センチをキレイにたたんで、130キロ台の直球を浮き上がらせる。2年春には守護神として東都大学リーグで優勝。

1年時から候補入りしていた大学日本代表では2年夏のNPB選抜戦で4番の西武・山川らを封じ、1イニングを1Kパーフェクト。ユニバーシアード金メダルにも貢献した。専大松戸高では3年春の関東大会4強が最高成績。

下手投げ転向当初から西武・牧田を参考にしている通り、直球にカーブ、シンカーなどを交えた高低で揺さぶり、打者を翻弄する投球スタイルだ。エースとして期待された昨年のリーグ戦は調子を落とし、苦しんでいたが、大学ラストイヤーはスカウトも復活に注目している。

アンダースローといえば、最近では元ロッテ・渡辺俊介、高橋も理想とする西武・牧田、ヤクルト・山中らがいるが、いずれも170センチ台の投手。180センチ台後半の「ビッグサブマリン」となれば、なお希少な存在だ。次世代のアンダースローとしてプロ入りを果たすことができるか、一つの見ものになるだろう。

最後に、話題性という点でもおもしろいのが、トヨタ自動車の北村祥治内野手(動画)亜大の北村拓己内野手(動画)。苗字から察することもできるが、兄弟である。

兄・祥治は星稜高から亜大を経て、社会人野球の強豪・トヨタ自動車入り。東都大学の強豪・亜大では1年春から二塁手のレギュラーでリーグ戦5連覇。主将を務めた4年時には夏に大学日本代表でユニバーシアード世界一、8季中6度目のリーグ優勝を果たすと、秋明治神宮大会で早大を破って日本一で有終の美を飾った。堅実な打撃に二遊間だけでなく、大学で捕手を一時守ったようにユーティリティーさを持ち合わせている。

そして、経験豊富な兄の背中を追うように、道を歩んでいるのが弟の拓己だ。星稜高から亜大に進学。大学日本代表にも選ばれ、今季は兄と同じように高校に続いて主将に任命。顔はもちろん、経歴も“そっくり兄弟”だ。レギュラーを獲得したのは3年春だが、秋にはリーグ2位の打率.409で三塁手のベストナインを受賞。今季は遊撃手に挑戦する予定で、強肩強打の内野手として今秋のドラフト候補として注目を集めている。

現役では広島・新井貴浩、阪神・新井良太など兄弟は決して珍しいわけではないが、ドラフトで同時指名となれば珍しい。可能性としては兄弟で同一チーム同時入団、二遊間結成すら秘めている。

プロ野球界では日本ハム・大谷翔平が二刀流として強烈な個性を発揮しているが、アマチュア球界でも個性的な選手は隠れている。そうした選手の活躍を注目して見ていくのも、今年のドラフト戦線を楽しむ一つの手段となるだろう。



2017高校生のドラフト候補はこちら

2017大学生のドラフト候補はこちら

2017社会人のドラフト候補はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

週ベ厳選、高校生のドラフト候補(31人)

2017年01月24日

週刊ベースボールは1月30日号にて2017年ドラフト候補一覧を掲載。高校生は以下の31選手を挙げています。

投手 (17人)
長谷川拓帆(仙台育英) B
石川翔(青藍泰斗) B
大関秀太郎(作新学院) C
丸山和郁(前橋育英) C
金久保優斗(東海大市原望洋) A
桜井周斗(日大三) B
高橋晴(関東第一) C
宮原大樹(宇治山田商) B
神村月光(滋賀学園) B
竹田祐(履正社) B
徳山壮磨(大阪桐蔭) B
松本竜也(智弁学園) C
三浦銀二(福岡大大濠) B
山口翔(熊本工) B
田浦文丸(秀岳館) C
川端健斗(秀岳館) C
藤谷勇介(延岡学園) C
捕手 (4人)
福永奨(横浜) B
猪田和希(神戸国際大付) A
古賀悠斗(福岡大大濠) A
村上宗隆(九州学院) B
内野手 (4人)
清宮幸太郎(早稲田実) S
金成麗生(日大三) A
安田尚憲(履正社) S
西浦颯大(明徳義塾) B
外野手 (6人)
西川愛也(花咲徳栄) C
増田珠(横浜) A
正木智也(慶応) B
若林将平(履正社) A
岡田悠希(龍谷大平安) B
福元悠真(智弁学園) B


draftkaigi at 07:10|この記事のURL

週ベ厳選、大学生のドラフト候補(25人)

週刊ベースボールは1月30日号にて2017年ドラフト候補一覧を掲載。大学生は以下の25選手を挙げています。

投手 (15人)
馬場皐輔(仙台大) B
斉藤大将(明治大) A
水野匡貴(明治大) C
大竹耕太郎(早稲田大) B
熊谷拓也(法政大) C
宮台康平(東京大) A
高橋遥人(亜細亜大) A
嘉陽宗一郎(亜細亜大) B
高橋礼(専修大) B
鍬原拓也(中央大) B
葛川知哉(青山学院大) C
椎野新(国士舘大) C
大場遼太郎(筑波大) C
近藤弘樹(岡山商科大) C
草場亮太(九州産業大) A
捕手 (2人)
小林遼(富士大) B
小畑尋規(立正大) C
内野手 (7人)
笠松悠哉(立教大) B
熊谷敬宥(立教大) B
竹村春樹(明治大) B
北村拓己(亜細亜大) B
山崎剛(国学院大) B
下石涼太(東海大) B
宮本丈(奈良学園大) A
外野手 (1人)
岩見雅紀(慶応大) A


draftkaigi at 07:08|この記事のURL

週ベ厳選、社会人のドラフト候補(20人)

週刊ベースボールは1月30日号にて2017年ドラフト候補一覧を掲載。社会人は以下の20選手を挙げています。

投手 (13人)
鈴木康平(日立製作所) B
永野将司(ホンダ) A
田嶋大樹(JR東日本) S
石田光宏(東京ガス) A
西村天裕(NTT東日本) B
井上和紀(セガサミー) C
柏原史陽(JX-ENEOS) B
善武士(東芝) C
大野亨輔(三菱日立PS横浜) B
鈴木博志(ヤマハ) A
嶽野雄貴(西濃運輸) C
田中空良(東邦ガス) B
西川大地(日本新薬) B
捕手 (1人)
岸田行倫(大阪ガス) C
内野手 (3人)
田中俊太(日立製作所) A
丸子達也(JR東日本) B
渡辺和哉(JR東日本) C
外野手 (3人)
菅野剛士(日立製作所) B
北川利生(日本通運) C
谷田成吾(JX-ENEOS) B


draftkaigi at 07:07|この記事のURL

2017ドラフト展望 (週ベ)

2017年01月23日

週刊ベースボール1月30日号より
年明けからアマチュア球界におけるメディアの露出度は、早実・清宮幸太郎(動画)がほかを圧倒している。というより、2015年4月の高校入学以降、そのフィーバーはとどまるところを知らない。

1月27日には第89回選抜高校野球大会の選考委員会が控えている。早実は昨秋の東京大会で11年ぶりの優勝。4強に進出した1年夏以来、自身2度目となる甲子園出場は確実視されており、球春到来とともに、通算78本塁打のスラッガーは、さらに脚光を浴びることだろう。

入学3年目はその時が迫ってきたことを意味する。つまり、清宮の進路決断。早実は早大の系属校であり、大学進学が規定路線だが、清宮の場合は特例が適用されるかもしれない。もちろん、プロも黙っていない。詳細は特集ページに掲載しているが、その決断に野球ファンのみならず、メディア、球界関係者も注視している。

東日本を代表するスラッガーが清宮ならば、西の強打者は履正社高・安田尚憲(動画)である。高校通算45本塁打。昨秋の明治神宮大会決勝では早実・清宮との直接対決で、両雄がアーチを放ち、神宮の杜を熱狂させた。(試合は履正社高が初優勝)。履正社高は2年連続トリプルスリーを達成した山田哲人ら好選手を輩出しており、新たなスター誕生への期待が膨らむ。

安田を含めて、これも清宮効果かもしれない。17年の高校3年生には将来有望な大砲が多い傾向にある。モノクロのP20から特別枠でカタログを組んだが、横浜高・増田珠(動画)は1年夏から名門の定位置を獲得し、中学時代にも侍ジャパンの4番を務めた実績がある。

また、履正社高・安田のチームメートの4番・主将の若林将平(動画)神戸国際大付高・猪田和希(動画)智弁学園高・福元悠真(動画)ら右打者に逸材が顔をそろえる。

大学生に目を向けると、最大の話題は東大の150キロ左腕・宮台康平(動画)だ。過去に東大からは5人がプロ野球へ進んでいるが、指名だけでは満足できない。昨年7月には大越健介氏以来、2人目の大学日本代表に選出されるなど、大学球界トップレベルの実力を誇る。つまり、東大史上初のドラフト1位への期待が高まる。昨秋のリーグ戦終了時点では進路について態度を保留していたが、ついに方向性を明言し、勝負の2017年が始まった。

社会人では高卒3年目投手が元気だ。JR東日本・田嶋大樹(動画)は高校時代も上位候補に挙がった。昨年11月の日本選手権初制覇に貢献したヤマハ・鈴木博志(動画)は最速154キロで目玉候補と言われる。昨年のドラフトでは山岡泰輔(東京ガス)が入社3年のストレートでオリックス1位指名を受けたが、17年も高卒3年組がスカウト戦線で台頭しそうだ。




2017高校生のドラフト候補一覧はこちら

2017大学生のドラフト候補一覧はこちら

2017社会人のドラフト候補一覧はこちら



draftkaigi at 07:12|この記事のURL

ドラフトニュース検索