ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
ドラフト展望

2019ドラフト展望(夕刊フジの見解)

2018年11月01日

11/1、夕刊フジ23面より
来年のことを言えば鬼が笑うというが、ドラフト会議(25日)の終わりは、同時に新たな1年の始まりでもある。来年のドラフト目玉は大船渡高・佐々木朗希(動画)星稜高・奥川恭伸(動画)創志学園高・西純矢(動画)横浜高・及川雅貴(動画)ら最速150キロ超の超高校級投手。

一方で、各球団がノドから手が出るほど欲しがる「打てる捕手」への期待が高まっている。セ・リーグの球団幹部が「来年は上位で捕手がぜひとも必要」と部下にゲキを飛ばすように、逸材がそろっている。

今夏の甲子園で2年にしてマスクを被り近江高を同校17年ぶりのベスト8に導き、今秋から主将と4番も任される有馬諒捕手は同世代最高の捕手と目される。181センチ、75キロの体格もさることながら、二塁送球1.8秒台も記録した。プロの平均的捕手の目安は2.0秒。有馬の肩はすでにプロレベルにあるといっていい。リードや捕球技術も高く評価されている。

今ドラフトでロッテに2位指名された日体大・東妻勇輔投手の5つ下の弟で智弁和歌山高の正捕手、東妻純平捕手もやはり新チームの4番を任される強打と強肩でプロの注目を集めている。


大学では東洋大の佐藤都志也捕手(動画)は今ドラフトで上位指名された3人の好投手を各人にの性格に合わせた巧みなリードで引っ張った。俊足と巧打にも定評がある。すでに慶大の4番を任される郡司裕也立大で2年春からレギュラーを獲得した藤野隼大の両捕手にも熱い視線が注がれている。
 


2018ドラフト、12球団の指名選手はこちら



draftkaigi at 07:06|この記事のURL

2019ドラフト展望(スポーツ報知の見解)

2018年10月28日

スポーツ報知2面「19年ドラフト展望」より
来秋ドラフトは、将来性豊かな高校生投手がズラリと並ぶ。大船渡の189センチ右腕・佐々木(動画)は、今秋の岩手県大会で2年生史上最速とされる157キロをマーク。エンゼルス・大谷以上とも言われる逸材だ。

今夏のU18アジア選手権で2年生唯一の高校日本代表入りした星稜・奥川(動画)に、創志学園・西(動画)日大三・井上(動画)もマーク。左腕では、横浜の及川(動画)が最速152キロを誇る。

大学生は捕手に好素材がそろう。大学ジャパン入りした立大・藤野慶大の4番を打つ郡司のほか、強肩俊足で外野手もこなす東洋大・佐藤も楽しみな逸材だ。投手では、大分商時代にも日の丸を背負った明大・森下(動画)が順調に成長している。

社会人では、16年に日本ハム6位指名を拒否してJR東日本入りした山口のほか、JR東日本の190センチ右腕・太田も順調に成長。昨年指名漏れの日本生命・草場(動画)西濃運輸・小久保(動画)らが再び注目を浴びることになりそうだ。



2018ドラフト、12球団の指名選手はこちら



draftkaigi at 08:35|この記事のURL

2019ドラフト展望(スポーツニッポンの見解)

2018年10月27日

10/26、スポーツニッポン6面「19年ドラフト展望」より
高校生投手に逸材がズラリとそろう。大船渡の佐々木(動画)は同じ岩手県出身のエンゼルス・大谷のようなスケール感の大きさを感じさせる右腕。今夏、最速157キロを叩き出した。189センチの長身だが、81キロとまだ細身。体ができてくればさらに成長が期待できる。

星稜の奥川(動画)は今年の春、夏の甲子園で下級生ながら活躍。150キロもマークした。U-18代表にも2年生で唯一選出されるなど豊富な経験が武器だ。創志学園の150キロ右腕・西(動画)は今夏甲子園の創成館戦で16奪三振完封。一躍全国区に名乗りを上げた。制球力に課題はあるが潜在能力は十分だ。

左腕で今年6月に最速152キロをマークした横浜の及川(動画)はキレのあるスライダーが武器。秋の関東大会は制球に苦しんだが、一冬越しての成長に期待したい。日大三の広沢同・井上(動画)木更津総合の根本(動画)らにも注目が集まる。野手では東邦の石川(動画)の評価が高い。

大学生では明大の154キロ右腕・森下(動画)が目玉だ。今秋は調子を落としたが昨年から2年連続で大学代表入りし、センス抜群。また、慶応大・郡司立大・藤野東洋大・佐藤都と捕手にも実力派がそろう。

社会人ではJR東日本の太田同・山口、U-23代表に追加招集されたヤマハの水野ら好投手が注目される。



2018ドラフト12球団の指名選手はこちら



draftkaigi at 08:49|この記事のURL

2019ドラフト展望(中スポの見解)

2018年10月26日

10/26、中日スポーツ6面より
今年同様、2019年も高校生に逸材がそろいそうだ。特に、投手に楽しみな素材が多い。

筆頭株は大船渡高・佐々木(動画)創志学園高・西(動画)星稜高・奥川(動画)横浜の左腕・及川(動画)の4投手。佐々木は今秋の岩手県大会で最速157キロをマークした長身右腕。佐々木を除く3人は甲子園で実力を実証済みで、いずれも最速150キロを超える将来のスター候補だ。

野手では高校通算35本塁打をマークしている東邦高の三塁手、石川(動画)に注目。地元・中日の中田スカウトディレクターは「来年の目玉」と早くも惚れ込んでいる。

大学生では、大分商高時代も注目された明大・森下(動画)と、1年時から大学日本代表を経験している東北福祉大・津森(動画)の両投手が人気を集めそう。森下は150キロを超える直球と変化球を制球よく投げ、完成度が高い。

社会人では190センチの長身が魅力のJR東日本・太田、1年目から主力として登板している東海理化・立野ら高卒3年目の投手に注目が集まる。



draftkaigi at 15:53|この記事のURL

12球団のドラフト補強ポイント(デイリーの見解)

2018年10月24日

10/24、デイリースポーツ4面「12球団補強ポイント」より

広島
田中、菊地、丸の後継者育成を目指し高校生野手の獲得を狙う。また即戦力投手も補強ポイント。

ヤクルト
時代を担う野手が最優先。今季はレギュラー4人が34歳以上だった。次に即戦力投手、特に左腕が欲しい。

巨人
ポスト坂本勇の若手内野手の育成が急務。外野手も高齢化が進んでいる。中継ぎが手薄で即戦力投手も必要。

DeNA
過去5年間は上位で即戦力投手の指名が続き野手の指名も急務だが、即戦力右腕の補強もポイントとなる。

中日
根尾の1位指名を公言している。ただ、投手、野手ともに層が薄いため、即戦力の獲得が急務。

阪神
次世代で主軸となれる高校生野手の獲得が必須。左右の即戦力投手、捕手も補強が必要なポイント。

西武
優勝しながら、防御率はリーグ最下位。先発、救援を含めた即戦力投手の獲得が最優先される。

ソフトバンク
今宮の後継者として根尾、小園らの獲得を狙う。即戦力投手指名もポイント。

日本ハム
最重要ポイントは即戦力の先発投手で、左腕不足も補いたい。次世代の遊撃手獲得も懸案事項。

オリックス
ポスト安達の補強が最優先。高校生野手を中心に素材を獲りたい。即戦力の先発投手も課題となっている

ロッテ
投打ともに戦力層が薄くまんべんなく補強したい。将来性のある若手投手と長打力を備えた外野手が理想だ。

楽天
センターラインの強化が急務で、中でも最優先課題は正遊撃手の獲得だ。嶋の後継者となる捕手獲りもテーマの一つだ。



2018高校生のドラフト候補・一覧はこちら

2018大学生のドラフト候補・一覧はこちら

2018社会人のドラフト候補・一覧はこちら

2018ドラフト12球団のドラフト情報まとめはこちら

2018ドラフト12球団の1位指名予想はこちら




draftkaigi at 09:39|この記事のURL

ドラフトニュース検索