ドラフト会議情報局 2023高校生ドラフト候補 2023大学生ドラフト候補 2023社会人ドラフト候補
2023ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる
ドラフト展望

今年のドラフトは「10年に一度の大豊作」

2023年01月06日

スポニチwebsiteより (source)
新年早々の話題としては少し気が早いかもしれないが、2023年はドラフトの「大豊作年」と言われている。高校、大学、社会人と各カテゴリーに逸材が多く、ある球団のスカウトは「10年に一度の豊作」と断言する。

「豊作」と「不作」の違いとは。まずはシンプルに1位候補となる選手が多いかどうか。ドラフト会議に向けて各球団では1位指名候補だけのリストが作成される。他球団と指名がかぶって抽選でクジを外すケースを繰り返すことも想定して、「外れ」、「外れの外れ」、「外れの外れの外れ」といった形で一般的には10人前後の選手の名前を挙げる。

在京球団で長くスカウトを務めた関係者は「一概には言えないけど1位候補のリストに挙げる選手はSランクやAランクと表現される選手たち。このクラスの選手を12人以上挙げられる年は“豊作”で、それに満たない年は“不作”という表現になる。仮に13人以上いれば、ウェーバーの順番にもよるけど、2順目でも1位クラスの選手を指名できるわけだから」と説明する。

この理論で言えば、今年は現時点で「豊作」と言えるほど能力の高い選手が各世代にひしめいている。

例えば高校生。昨年末に本紙が報じたように西武が1位候補としてマークしている花巻東・佐々木内野手(動画)や阪神が1位候補に挙げている大阪桐蔭・前田投手(動画)が筆頭格で、広陵・真鍋内野手(動画)九州国際大付・佐倉内野手(動画)の他にも、享栄・東松投手(動画)専大松戸・平野投手(動画)もポテンシャルの高さでは負けていない。

大学生では155キロ左腕として注目される東洋大・細野投手(動画)を筆頭に青学大・常広投手(動画)慶大・広瀬内野手(動画)上武大・進藤捕手(動画)など投打に逸材がずらり。社会人にも、圧倒的な打撃センスを誇るENEOS・度会外野手(動画)ら即戦力と評価される注目選手が多い。

名前を挙げた以外にも、冬を越えて各世代の大会でプロスカウトの評価を急上昇させるニュースターが誕生する可能性だってある。3月には春の訪れを告げる選抜も控える。「大豊作年」だからこそ、今年はドラフト候補たちが躍動するアマチュア野球もぜひチェックしていただきたい。

draftkaigi at 06:51|この記事のURL

週刊ベースボール厳選、2023ドラフト候補(50人)

2023年01月01日

週刊ベースボール(1月9&16日号)は「2023ドラフト候補50人」と題して以下の選手を挙げています。

投手
武田陸玖(山形中央高) 172cm 左左
高橋煌稀(仙台育英高) 183cm 右右
仁田陽翔(仙台育英高) 174cm 左左
湯田統真(仙台育英高) 180cm 右左
平野大地(専大松戸高) 181cm 右右
高橋蒼人(帝京高) 178cm 右右
杉山遙希(横浜高) 180cm 左左
宮國凌空(東邦高) 177cm 右右
東松快征(享栄高) 177cm 左左
前田悠伍(大阪桐蔭高) 180cm 左左
坂井陽翔(滝川第二高) 186cm 右右
松石信八(藤蔭高) 173cm 右右
滝田一希(星槎道都大) 183cm 左左
後藤凌寿(東北福祉大) 183cm 右右
冨士隼斗(平成国際大) 181cm 右右
蒔田稔(明治大) 178cm 右右
村田賢一(明治大) 181cm 右右
池田陽佑(立教大) 183cm 右右
尾崎完太(法政大) 175cm 左左
武内夏暉(国学院大) 185cm 左左
西舘勇陽(中央大) 183cm 右右
大栄陽斗(中央大) 178cm 右右
常広羽也斗(青山学院大) 180cm 右右
細野晴希(東洋大) 180cm 左左
松本凌人(名城大) 183cm 右右
真野凛風(同志社大) 187cm 右右
谷脇弘起(立命館大) 180cm 右左
上田大河(大阪商業大) 181cm 右右
高太一(大阪商業大) 180cm 左左
坂元創(九州共立大) 188cm 右右
権田琉成(TDK) 180cm 右右
井奥勘太(パナソニック) 173cm 左左
竹田祐(三菱重工West) 184cm 右右
捕手
堀柊那(報徳学園高) 178cm 右右
進藤勇也(上武大) 182cm 右右
友田佑卓(日本大) 174cm 右左
有馬諒(関西大) 183cm 右右
内野手
佐々木麟太郎(花巻東高) 184cm 右左
真鍋慧(広陵高) 189cm 右左
佐倉俠史朗(九州国際大付高) 182cm 右左
明瀬諒介(鹿児島城西高) 185cm 右右
辻本倫太郎(仙台大) 167cm 右右
上田希由翔(明治大) 183cm 右左
熊田任洋(早稲田大) 174cm 右左
広瀬隆太(慶応大) 182cm 右右
石上泰輝(東洋大) 172cm 右左
松浦佑星(日本体育大) 173cm 右左
外野手
宮崎一樹(山梨学院大) 184cm 右右
中島大輔(青山学院大) 180cm 右左
度会隆輝(ENEOS) 183cm 右左


draftkaigi at 06:52|この記事のURL

中日スポーツ厳選、2023ドラフト上位候補(14人)

2022年12月30日

中日スポーツは「2023年の主なドラフト上位候補」と題し、以下の14人を挙げています(本日1面記事)

投手
西舘勇陽(中央大) 動画
細野晴希(東洋大) 動画
松本凌人(名城大) 動画
上田大河(大阪商業大) 動画
東松快征(享栄高) 動画
宮匡凌空(東邦高) 動画
前田悠伍(大阪桐蔭高) 動画
坂井陽翔(滝川第二高) 動画

内野手
広瀬隆太(慶応大) 動画
上田希由翔(明治大) 動画
佐々木麟太郎(花巻東高) 動画
真鍋慧(広陵高) 動画
佐倉俠史朗(九州国際大付高) 動画

外野手
度会隆輝(ENEOS) 動画

draftkaigi at 08:50|この記事のURL

来秋ドラフト展望(中日スポーツの見解)

12/30、中日スポーツ1面より
ここ2年間のドラフトは目玉不在の「不作」と評されたが、来年は即戦力候補の大学生、社会人に粒ぞろいの高校生がそろい、現時点では豊作の声が上がっている。

大学生投手では中大・西舘勇陽(動画)東洋大・細野晴希(動画)の他にも、今年の大学日本代表に選ばれた大商大の上田大河投手(動画)も150キロ超えの直球を操る。名城大の松本凌人投手(動画)は横手から最速151キロを誇り、今秋の明治神宮大会でも好投して評価を上げた。

社会人では元ヤクルトの度会博文さんを父に持つENEOSの度会隆輝外野手(動画)が強打でスター性を放つ。

高校生では1年時から全国の舞台で活躍している大阪桐蔭・前田悠伍投手(動画)広陵・真鍋慧内野手(動画)花巻東・佐々木麟太郎内野手(動画)らに加え、享栄の最速152キロ左腕・東松快征投手(動画)、身長186センチの滝川二の坂井陽翔投手(動画)にも注目。

東邦の宮国凌空投手(動画)は最速149キロの直球に力があり、来春のセンバツでさらに評価を上げる可能性がある。

draftkaigi at 08:40|この記事のURL

スポニチ厳選、2023ドラフト1位候補(12人)

2022年12月27日

スポーツニッポンは「来秋の主なドラフト1位候補」と題し、以下の12人を挙げています(本日1面記事)

投手
前田悠伍(大阪桐蔭) 動画
平野大地(専大松戸) 動画
東松快征(享栄) 動画
坂井陽翔(滝川第二) 動画
細野晴希(東洋大) 動画
西舘勇陽(中央大) 動画
常広羽也斗(青山学院大) 動画
松本凌人(名城大) 動画

捕手 
進藤勇也(上武大) 動画

内野手
佐々木麟太郎(花巻東) 動画
広瀬隆太(慶応大) 動画

外野手
度会隆輝(ENEOS) 動画

draftkaigi at 09:10|この記事のURL


ドラフトニュース検索