ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
高校

藤原恭大(大阪桐蔭)、ドラ1候補を大解剖!

2018年10月21日

10/20、夕刊フジ41面より

藤原 恭大 (大阪桐蔭高・外野手)
180cm・左投左打・動画

打席に立てば同世代の女子から黄色い大声援が送られ、圧倒的なスピードとパワー、華のある端正なルックスで視線を独り占めする。今年のドラフトでナンバーワン外野手と目される、大阪桐蔭・藤原恭大(動画)だ。

野球との出会いは小学1年。大阪府豊中市内で焼き鳥店を経営する父の史成さんが監督を務める軟式野球チーム「園和北フレンズ」で、白球を追い始めた。最初は父の厳しい指導に音を上げていたが、やがて才能を発揮し、6年時にはオリックスのジュニアチームに選抜された。

同じタイミングで野球を始めた2歳上の兄、海成さんはPL学園硬式野球部で最後の部員の1人。PLが部員募集を停止する前は、兄と同じユニホームを着る夢を見たこともあった。

幼い頃から俊足だった藤原には数々の伝説がある。中学の運動会のリレーでアンカーだった藤原は最下位からごぼう抜きでトップに立ち、学校のスポーツテストでは50メートル走で陸上部員を上回った。好きな野球選手はソフトバンク・柳田悠岐外野手だが「野球選手じゃなかったら、短距離走の選手になりたかった」。

憧れのアスリートに100、200メートル走の世界記録保持者、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)を挙げる。「スピードにも、パワーにも自信があります。プロでの目標はトリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)」と豪語する通り、50メートル走5秒7の快足に加え、握力は右手が90キロ、左手が85キロ。力自慢ぞろいの大阪桐蔭野球部内でも腕相撲では負けなしだ。

昨年のU-18W杯の日本代表には、枚方ボーイズでチームメートだった報徳学園・小園海斗内野手と2年生で2人だけ選出された。

今年9月のU-18アジア選手権に出場した高校日本代表のチームメートで、自身もドラフト上位候補右腕の浦和学院高・渡辺勇太朗投手(動画)は、今夏の甲子園準々決勝で大阪桐蔭と対戦し、内角に狙い通りに投げた143キロ直球を右翼席に運ばれ「あのコースをスタンドまで持っていかれたことはなかった。これまで対戦した打者で1番。怪物です」と舌を巻いた。

外野レギュラーの高年齢化が懸念される巨人、阪神、ヤクルトに絶対的なレギュラー不在のロッテも1位指名を検討中。高校生の外野手が“外れ1位”でなく、1回目の入札で1位指名されれば、2005年に大阪桐蔭の先輩の平田良介外野手が中日に指名されて以来、13年ぶりの快挙だ。



藤原君のスカウト評はこちら

藤原君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 09:00|この記事のURL

田中法彦(菰野)に11球団調査書、指名確実の声

2018年10月20日

10/20、中日スポーツ9面「ドラフトを待つ」より

田中 法彦 (菰野高・投手)
173cm・右投右打・動画

甲子園出場経験はないが、その名は全国にとどろいている。菰野高の田中法彦投手(動画)は、最速152キロの直球が最大の武器。11球団から調査書が届き、ドラフト指名は確実の情勢だ。「球が速いと小さい頃から言われてきた。直球のスピードでは負けたくない気持ちがある。少しでも上の順位で指名されたらいいなと思う」

152キロのMAXも際立つが、さらに目を引くのが直球の平均球速。常時140キロ中盤から後半を計測し、春季県大会では先発で延長13回に148キロをマークしたこともあった。「アベレージで144、5キロは出る。直球で130キロ台はまずない」と戸田直光監督。看板倒れの投手もいる中、田中の球速は高校生離れしている。

9月以降もスカウト陣の練習視察が相次ぎ、地元の中日や日本ハムなどは部長、チーフ級が面談に訪れた。これまで多くのプロ選手を育てている戸田監督が「西(オリックス)や辻(巨人)でも、ここまで多くはなかった」と驚くほどだ。

「ワクワクするけど、不安もある。確信はないので、でも、自信がなかったら、志望届は出さない。その自信に磨きをかけるために、これからも練習していきたい」。

今夏の三重大会敗退後に5日間休んだ後は、週6日の練習を続けている。夏休み中は新チームに交じって練習試合で登板し、150キロを計測。今月のシート打撃でも150キロをマークした。さらに「木製バットなので、芯を外す球が有効」とカットボールを新たに習得。プロ入りに備えて、練習を重ねている。

高校生でも190センチ台の大型選手が増えた中、身長173センチはドラフト候補投手としては小柄。「球の質、コントロールを磨けば、打たれることはない」。憧れは178センチで楽天のエースを張る則本。菰野の「ノリ」も、同じような活躍を夢見ている。
 


田中君のスカウト評はこちら

田中君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 08:38|この記事のURL

根尾昂(大阪桐蔭)、ドラ1候補を大解剖!

10/19、夕刊フジ25面「1位候補大解剖」より

根尾 昂 (大阪桐蔭高・遊撃手兼投手)
177cm・右投左打・動画

今年のドラフトで主役中の主役といえば、甲子園で史上初の2度目の春夏連覇を達成した、大阪桐蔭の根尾昂内野手(動画)だろう。投げては最速150キロ、打っても高校通算32本塁打、遊撃で華麗なグラブさばきをみせたかと思えば、右翼から目の覚めるような“レーザービーム”で走者を刺す。

投・打・走・守をハイレベルにこなす“多刀流”は、岐阜県高山市出身。父・浩さんと母・実喜子さんは、ともに地元で別々の診療所に勤める医師で、過疎化の進む地域で地元の医療を支えている。姉は富山大医学部看護科出身の看護師。兄は岐阜大医学部で学んでいる。「尊敬する人は両親」と話す根尾にとって、医学の道はごく身近にある。

中学3年まで成績はオール5の超優等生。慶応高に進学し、同大学の医学部に進む道を真剣に考えていたが、地元まで勧誘に訪れた大阪桐蔭の西谷浩一監督が「野球で日本一の選手を目指すか、医者の道を目指すか選んでほしい」と訴え、根尾は「プロ野球選手になりたいです」と応じて、大阪桐蔭で野球に専念する道を選んだ。

中学まで冬場にスキーの回転競技にも取り組み、世界大会への出場経験を持つ。西谷監督は「スキーを中学まで真剣にやってきたことは彼の体幹の強さにつながっている。膝の使い方のうまさは内野を守る上で役立っている」と指摘する。

高い身体能力と聡明さを併せ持つ18歳だが、プロのスカウトが何よりも評価するのは、野球に対する真摯な姿勢だ。

パ・リーグ球団の幹部スカウトは「彼がプロ入りし、1月の新人合同自主トレに参加する姿を想像したとき、新人の先頭に立って練習を引っ張っているのが簡単に思い描ける。練習の意識の高さで他の新人に与えるプラスの影響は大きいだろう。その点だけでも1位で獲りに行く価値がある」とまで言い切る。

貪欲な姿勢は野球に限らない。9月のU-18アジア選手権で、インターネットテレビ局「AbemaTV」から「ウチのことを知っていますか?」と聞かれたが、普段から携帯の所持が禁止されるなどネット環境のない生活を送ってきたために答えられなかった。「物を知らないって思われるのが一番イヤなんですよ・・・」と落ち込んでいたものだ。

野球に打ち込むための寮生活でも、両親から2カ月に1度送られてくる20冊の本と、毎日の新聞精読で旺盛な知識欲を満たしてきた。過去にはいなかったタイプの、新たなプロ野球選手像を描きそうな逸材だ。



根尾君のスカウト評はこちら

根尾君のバッティング動画はこちら



draftkaigi at 07:00|この記事のURL

吉田輝星(金足農)、ドラ1候補を大解剖! 

2018年10月19日

10/18、夕刊フジ26面より

吉田 輝星 (金足農高・投手)
176cm・右投右打・動画

「甲子園に出る前と後では、周囲の注目が大きく変わりました。周りの環境が変わっても自分のやるべきことをぶれずにやっていきたい」。10日の進路表明会見で決意を述べた金足農・吉田輝星(動画)は、この夏を経て最も大きく人生が変わった高校生といえるかもしれない。

吉田が育った秋田県潟上市は、県庁所在地・秋田市の北東に位置する人口3万3000人のベッドタウン。金足農は秋田市の西端、潟上市との市境にある。18万平方メートル超の広大な敷地を持つ同校は牛、豚、鶏を飼育し、それぞれの畜舎には猫が住み着くなど、身近に生き物があふれている。

ところが、当の吉田は生き物が苦手。父の正樹さんは、小学校からの帰り道に野良犬と出くわし思い切り遠回りして帰ってきた息子の姿をしみじみと振り返る。マウンドで見せる気迫、負けん気とは裏腹に、今でもチームメートからカエルを近づけられると大声を上げて逃げ出すほどだ。

野球との出合いは小学1年。金足農で投手だった正樹さんが参加していた草野球チームに連れて行き、一緒にキャッチボールなどで遊んだのがきっかけで、一気にのめり込んだという。「最初はこっちが連れ出していましたが、すぐに私やおじいちゃん(祖父の理正さん)が無理やり連れ出される感じになっちゃって。投手をやり出したのは小学4年の後半くらいからです」

父や祖父を相手に繰り返すキャッチボールで基本的なフォームを身につけ、天王中3年時には最速128キロを計測し、潟上市選抜に入った。軟式野球の中学生としては、ずば抜けているわけではないが、平均以上の好投手ではあった。

才能が大輪の花を咲かせたのは、父の母校である金足農に進学してから。「1年の夏合宿の走り込みで徹底的に追い込んで、余計な脂肪はすべて落としました。ご飯も1食3杯食べなければならなくて、体重がしっかりついた上で体にキレも出てきました」と吉田。

徹底した走り込みが課される夏合宿を経て、1年夏には最速140キロをマーク。一躍将来のドラフト候補として注目されるようになった。さらに年を越すと、早朝5時半から8.5キロを走り込むなど「地獄」と表現される冬合宿で下半身強化に努めた。

「下半身の鍛え方には本当に自信があります」と本人が豪語するように、合宿前に購入した私服のズボンはしゃがんだ際に太もも部分が張り裂けた。2年の9月からは、投手育成に定評のある八戸学院大・正村公弘監督の指導を仰ぎ、スライダーを習得。今夏の秋田大会では150キロを記録しプロのスカウト陣から1位候補に推されるまでに成長した。

第100回大会の節目に突如現れたスター候補の素顔は「家では携帯を手放さずにゴロゴロしてばかり」と正樹さんにあきれられるほど、お笑いの動画をこよなく愛する普通の17歳だ。好物は「豚のタン」となかなか渋い。

地元東北のスター獲得を狙う楽天、若手投手の充実を目指す横浜DeNA、その年一番のスター選手を獲得してきた日本ハムなど複数球団が1位候補として検討を重ねている。1度は正村監督への恩義から八戸学院大への進学を決めたが、甲子園での大ブレークを経てプロ行きへと進路を変更。変転する運命をその右腕で切り開いていけるか。



吉田君のスカウト評はこちら

吉田君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

根尾昂(大阪桐蔭)、「セでは育てられない」の声

2018年10月16日

AbemaTIMESより (source)

根尾 昂 (大阪桐蔭高・遊撃手兼投手)
177cm・右投左打・動画

元・プロ野球の広澤克実氏が25日に行われるプロ野球ドラフト会議について言及。プロ注目の大阪桐蔭・根尾昴選手(動画)の進路について「ぜひ、セ・リーグの球団に行って欲しい」「二刀流も見てみたい」と胸の内を明かした。

広澤氏は10月14日、東京六大学野球の秋季リーグを中継していたAbemaTVに解説として登場。ドラフトの注目選手である根尾選手の行き先についてそのように話すと「松坂、マー君(田中将大)、ダルビッシュ、中田翔、昨年の清宮など、セ・リーグはドラフトでパ・リーグに負け続けている。その積み重ねが、少なからず交流戦の結果に影響している。セ・リーグが近年、競合して引き当てたのは阪神の藤浪くらい」と理由を述べた。

しかし、この意見に異を唱えたのは同じく解説を務めていた元メジャースカウトの小島圭市氏だ。小島氏は「過去に注目された高卒の良い打者に関しては、競合の末にセ・リーグへ行ったとしても、その後に出てきていない。育成方法ということもあるだろう」と話した。

さらに「二刀流も見てみたい」と期待を示した広澤氏とは異なり、投手ではなく、野手として最大級の評価を与えた。「私は投手としては評価していない。ただ仮に高校を卒業してすぐ、野手としてメジャーに渡ったら、5年以内にレギュラーを確保するでしょう」

25日に行われるドラフト会議を経て、根尾選手はどのチームに行き、どのポジションを争うことになるのか。いずれの形になっても、プロ野球ファンの興味は尽きない。



根尾君のスカウト評はこちら

根尾君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

ドラフトニュース検索