ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
高校

スカウトの逆襲、佐々木朗希(大船渡)

2019年04月22日

4/22、日刊ゲンダイ39面「スカウトの逆襲」より

佐々木 朗希 (大船渡高・投手)
189cm・右投右打・動画

わたしはこれまで、日本の高校生が直接、メジャー挑戦することに否定的だった。マイナーの生存競争はとにかく苛酷。自分の野球用具を盗まれることだって珍しくない。中南米からの選手も含め、他人を蹴落としてでもメジャーに上がろうと目をギラギラさせている連中が多い。

そんな生き馬の目を抜く世界で、精神的にも肉体的にも大人になり切っていない18歳が、はい上がっていける保証はどこにもないからだ。しかし、この高校生に限っては持論を覆さなければならない。大船渡高の右腕・佐々木朗希(動画)のことだ。

春先に一度、岩手まで足を運んで練習を見たが、先日、日本の情報提供者から送られてきた実戦のビデオを見て愕然とした。163キロのフォーシームはもちろん、スライダーのキレも申し分ない。

高校時代の大谷(現エンゼルス)や菊池(現マリナーズ)と比べても速い球を投げるうえ、彼らと決定的に異なるのは制球力だ。投球のほとんどが捕手の構えたミットに収まっていた。コントロールは、いまの大谷より優れているのではないか。

佐々木が高校からメジャー挑戦した場合、どんなに実力があっても、ルーキーリーグから徐々に段階を上がっていくことになる。マイナーの連中との競争は避けられないが、佐々木はおそらく、彼らの競争相手にはならない。マイナーの選手に足を引っ張られた程度でどうにかなるようなレベルではない。それくらい佐々木の力は飛び抜けているからだ。

米国は投手にプロ野球のような投げ込みはやらせない。投げ込みがないどころか、球数制限がある。トレーニングも日本以上に科学的だ。

佐々木はフツーの県立高校の生徒と聞いた。野球学校で鍛えられているわけではないから、体力面の不安はある。スタミナも不足しているに違いない。しかし、米国は高校出の選手に無理はさせない。実力のある選手でも、1年目は環境に慣れるところからスタートする。いってみればオリエンテーションのようなものだ。

日本のプロ野球は実力があれば、高卒選手であっても1年目から投げさせる。無理遣いがたたって、取り返しのつかない故障をする選手も中にはいる。

が、米国は違う。実力が足りなかったり生存競争に淘汰されたり、自分から潰れてしまう選手はいても、首脳陣に潰されることはない。自分から潰れてしまう心配のない佐々木は、高校からいきなりメジャーに挑戦するのがベストだと思うのだ。 (メジャーリーグ覆面スカウト)



佐々木君のスカウト評はこちら

佐々木君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:00|この記事のURL

ドラフト目玉・佐々木(大船渡)が見せた意外な一面

2019年04月20日

4/20、サンケイスポーツ20面「球界ここだけの話」より

佐々木 朗希 (大船渡高・投手)
189cm・右投右打・動画

18歳以下によるU18W杯の高校日本代表1次候補による研修合宿。2日目の6日、実戦形式練習に登板した岩手・大船渡の佐々木朗希投手(動画)が163キロをマークし、エンゼルスの大谷翔平が花巻東高(岩手)時代に記録した160キロを上回る“高校最速記録”を打ち立てた。

日米12球団、約50人のプロ野球スカウトが視察する中、2番・内海(横浜)への3球目。中日・清水昭信スカウトのスピードガンに「163」の数字が表示された。ちなみに他球団の複数のスピードガンでも、160キロ超を計時。晴れて“認定”となった。

この日は球速のみならず、スライダー、フォークボールもキレがあり制球も見事。打者6人全員から三振を奪い、投じた25球中、前に飛んだのは内海のファウル1球のみ。あるスカウトは「松坂大輔やマー君(田中将大)だって前に飛んだのに。どこもほしいんだから、彼だけ別のドラフトにしてほしい」と苦笑い。“衝撃”いや、笑うしかない“笑撃”の投球だった。

だが、そんな周囲の騒がしさをよそに佐々木本人は「(160キロ超えは)なんとなくいけるかなと思っていた」と涼しい顔。今合宿では奥川(星陵)ら、同学年の好投手に刺激を受けた。

報道陣を前に「(奥川らに球速が)すごいと言われたが、それはこっちのセリフ」と笑顔。「こんなボールはみたことなかった。頑張って近づきたい。球速(更新)より甲子園が目標」の言葉は、まぎれもない本心だろう。

一躍、時の人となった佐々木だが、素顔はごく普通の高校生。今回の合宿には、授業の課題を持参して参加していたという。大船渡は地区の進学校で「(佐々木は)野球も勉強も真面目に取り組む生徒」と学校関係者。

また奥川に「ロータンと呼んでといわれた」と暴露されるや、本人は赤面して完全否定。時折みせる無邪気な笑顔は、どこにでもいる17歳の青年だ。5月からは今年初の公式戦となる、春季岩手県大会出場をかけた沿岸南地区予選が始まる。自身初の甲子園出場、そして最速更新と夢は膨らむばかり。今年の高校球界の主役から目が離せない。



佐々木君のスカウト評はこちら

佐々木君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

武内未来(真颯館)、MAX150キロの快速右腕

2019年04月19日

4/19、西日本スポーツ18面より

武内 未来 (真颯館高・投手)
177cm・右投右打・動画

高校野球の春季九州大会が20日、鹿児島市の平和リース球場などで開幕する。真颯館(福岡)は福岡大会で準優勝し、76季ぶり7度目の九州大会出場を果たした。現校名となって初めての九州大会はエースで4番の右腕、武内未来(動画)を中心に上位進出を目指す。

初戦は地元の古豪、鹿児島商と対戦。大会は6日間(休養日を含む)の日程で行われ、決勝は25日に予定されている。

平成の九州大会にギリギリで出場を決めた。真颯館が九州工として前回出場したのは1981(昭和56)年。「自分がまだ現役でやっていた頃だからねえ。ずいぶん久しぶりですよね」。61歳になったばかりの末次秀樹監督にとっては就任7年目で初の九州大会だ。

現役時代に柳川商(現柳川)で活躍し、母校や自由ケ丘を甲子園に導いた末次監督の指揮でチームはメキメキ力をつけてきた。昨秋は福岡大会3位。九州大会まであと1勝という準決勝で筑陽学園に7回コールドで敗れた。「打線が投手を援護できなかった」と末次監督は昨秋の悔しさを思い返す。

チームの中心は4番でエースの武内だ。昨秋の筑陽学園戦で先発。「球が高めに浮いていたけど、力で抑えようとして打たれた」と冬の練習では下半身を強化した。昨秋から体重は10キロ増え、2月のブルペンでは最速150キロをマークした。

迎えた春の福岡大会では5回戦の嘉穂東戦で死球を左手首に受けて骨にひびが入ったが、次戦の福岡工大城東戦では7回を投げ1失点。準決勝の福岡大大濠戦は1失点で完投した。左手でバットを振れないため左打席で安打を放つなど、打撃でもチームを引っ張り九州大会出場を決めた。

「出場が76季ぶりと聞いてうれしかった。甲子園に出たチームとやってみたい。特に明豊(大分)は知っている選手がいるので対戦したい」。選抜大会4強の明豊とは、勝ち進めば準決勝で対戦が実現する。

昨秋の福岡3位から今春は2位とチームは確実にステップアップしている。「選手にとっては何か勲章になるものが欲しかった。九州大会出場を決められて良かった。九州大会で夏につながる経験ができれば」と末次監督はチームの飛躍に期待する。平成最後の大会を、令和最初の夏へとつなげていく。



武内君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 09:04|この記事のURL

菊池・大谷・佐々木、岩手に怪物投手が現れる理由

4/19、スポーツ報知4面より

佐々木 朗希 (大船渡高・投手)
189cm・右投右打・動画

マリナーズ・菊池雄星エンゼルス・大谷翔平に続き、大船渡・佐々木朗希(動画)まで・・・。読者の「なぜ?」に答える企画「謎解き球&A」では、剛腕投手を輩出し続ける「岩手の謎」に迫る。

盛岡大付の監督として7度の甲子園出場に導き、現在は同校教頭を務める澤田真一氏(53)にその理由を尋ねるとともに、プロ野球界の岩手出身者にも総力取材。「岩手の謎」を解き明かす。岩手を語る際に無視できないのは、広大な面積であると澤田氏は言う。

「47都道府県で北海道に次ぐ2位の大きさです。本州でトップで、四国4県分の面積がありますから。おのずと背の高い人とか、多種多様な人間がいるわけです。沿岸部と内陸部では文化も異なり、方言もいろいろですからね」

偉人が続々と出る土地柄でもある。総理大臣は1位の山口県、2位の東京都に続き、3位の4人を輩出している点も興味深い。

「斎藤実、原敬、米内光政、鈴木善幸の4人ですね。いずれも帝大卒などではなく、必死に実績を積み上げて上り詰めたという共通項があります。岩手は明治維新の際に、新政府軍に反発した賊軍と呼ばれ、苦難の道を歩みました。だからこそ勤勉に真面目に頑張るしかないという風土が確かにあります。それは今の若者の中にも生きているのかなと思いますね」

佐々木が住む大船渡は沿岸部に位置するだけに、食生活の面でも大きいという。

「サンマ、イワシの漁場ですし、大船渡はワカメが自慢です。魚介類が低廉な値段で手に入りますし、海のミネラルをたくさん吸収できる。丈夫な子供たちが多いというのはありますね」

高校野球の現場に流れる空気も、大器がのびのびと育つ要因かもしれない。

「大谷君というスターがいたときも、花巻東は彼だけを光らせるのではなく、佐々木洋監督は『みんなで勝つんだ』というチームづくりをしていた。雄星君の時もそうです。チームで勝つんだという育て方をする指導者が多いと思います」

盛岡大付は「打倒・雄星」を目指して打撃力に磨きをかけ続けた結果、12年夏の岩手県大会決勝で大谷を攻略。甲子園出場を阻止した。昨秋の岩手県大会準決勝では佐々木に10安打を浴びせ7得点を挙げて勝利。打撃マシンを最速172キロに設定して鍛錬する打線は今春のセンバツでも輝きを見せた。

「すごい投手の存在で各校の打者も頑張り、切磋琢磨して岩手のレベルアップにつながっています。ウチの選手も佐々木君を打たなければ甲子園はないと思って今、練習に励んでいますので、夏の大会に期待したいですね」



佐々木君のスカウト評はこちら

佐々木君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

大阪桐蔭・西谷監督のスカウト力に他校の監督脱帽

2019年04月18日

4/18、日刊ゲンダイ31面「最強監督が語る甲子園(智弁和歌山・高嶋仁)より
「あんた、悪いことしてるんちゃうか。だから、怨念がその腹に詰まっとるんやろ」、 「違いますよ、何言ってるんですか高嶋さん」。これ、私が大阪桐蔭の西谷浩一監督と顔を合わせたときの定番ジョークなんです。年々大きくなるあの腹は、他人事ながら心配になりますよ。

そんな西谷監督ですが、若手監督ではナンバーワンであることは疑いようがない。今の大阪桐蔭は、全盛期のPL学園に匹敵するチーム。2012年と去年、春夏連覇を史上初の2回達成ですよ。そんなん勝つと、バチ当たりますわ。

大阪桐蔭はとにかく入学する選手のレベルが高い。甲子園に出たくて大阪桐蔭に入学するのではなく、最初から日本一、その先のプロ入りが目的ですから。そうした子は得てしてプライドも高いんですけど、西谷監督は彼らのやる気を出させるのがうまい。

選手を育てるというのは、最終的には本人の意識なんですよ。なんぼ野球がうまくても、プロに行きたいとか、そうした気持ちがないとなかなか伸びない。そうした意識がない選手を、指導者がガーッと絞り上げながら鍛えるのとは、わけが違うんです。

西谷監督は選手をやる気にさせる手腕もそうですが、フットワークも軽い。あんだけ体重があるのにね。どこそこの中学校に姿を見せたかと思えば、次の日は別の県に視察に行っている。あのスカウト力は凄い。日本全国から選手を集めているでしょう。

西谷監督は「本人がウチに来たいと言っているので」と話していましたが、あれだけタレントを集められると、かなわんですわ。

甲子園に一緒に出場したときは、西谷監督と夜、食事をするのが恒例だったんです。そこには明徳義塾の馬淵監督や他の出場校の監督もいて、みんなで西谷監督に「選手を集めすぎじゃないか」なんて、集中砲火を浴びせるんですよ。

本人は「いや、そんなことは」なんて言うんですが、いざ試合になると今度は私らがやられちゃう。しっぺ返しを食うんですわ。私も大阪桐蔭とは甲子園で2戦2敗。それどころか、練習試合でも勝ったためしがない。できるなら、大阪桐蔭に勝ってから監督を引退したかったなあ・・・。ただ、去年のドラフト1位で中日に入団した根尾については、ちょっとばかり言いたいことがあるんです。 (つづく)


 
上の記事は智弁和歌山名誉監督の高嶋さんが書かれたものです。

下は大阪桐蔭からドラフト指名された選手です(大学、社会人経由も含む)

選手名 指名年度とプロ入り後の成績
今中 慎二 1988中日1位
萩原 誠 1991阪神1位
背尾 伊洋 1991近鉄5位
淵脇 芳行 1992近鉄6位
川井 貴志 1998ロッテ3位
水田 圭介 2000西武7位
福井 強 2000西武8位
中村 剛也 2001西武2巡目
谷口 悦司 2001近鉄4巡目
西岡 剛 2002ロッテ1巡目
森本 学 2002ダイエー6巡目
北川 利之 2002横浜6巡目
三島 輝史 2003ロッテ5巡目
桟原 将司 2003阪神4巡目
岩田 稔 2005(大・社)阪神希望枠
平田 良介 2005(高校)中日1巡目
辻内 崇伸 2005(高校)巨人1巡目
中田 翔 2007(高校)日本ハム1巡目
浅村 栄斗 2008西武3位
高島 毅 2008オリックス4位
江村 直也 2010ロッテ5位
丸毛 謙一 2010(育成)巨人8位
西田 直斗 2011阪神3位
藤浪 晋太郎 2012阪神1位
森 友哉 2013西武1位
岡田 雅利 2013西武6位
香月 一也 2014ロッテ5位
青柳 昴樹 2015DeNA6位
高山 優希 2016日本ハム5位
沢田 圭佑 2016オリックス8位
山足 達也 2017オリックス8位
中村 和希 2017楽天(育成3位)
根尾 昂 2018中日1位
藤原 恭大 2018ロッテ1位
横川 凱 2018巨人4位
柿木 蓮 2018日本ハム5位
正隨 優弥 2018広島6位


draftkaigi at 08:02|この記事のURL

ドラフトニュース検索