ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる
高校

清水達也(花咲徳栄)、3球団スカウトの前で好投

2017年06月23日

6/23、サンケイスポーツ6面より

清水 達也 (花咲徳栄高・投手)
178cm・右投右打・動画

花咲徳栄は21日、3連覇がかかる夏の高校野球埼玉大会を前に武南(埼玉)と練習試合を行い、5―2で勝った。プロ3球団が視察する中、八回から登板した最速149キロ右腕、清水(動画)は2回を無安打無失点。この日の最速は144キロだった。

5月の春季関東大会では初戦で、清宮に同点打を浴びるなどして早実(東京)にサヨナラで敗れた。「打たれて終わっている。次は抑えたい」と、甲子園でのリベンジを目指す。

(6月22日 練習試合 花咲徳栄5―2武南)



清水君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:23|この記事のURL

石川翔(青藍泰斗)、スカウト陣から「関東No.1」の声

2017年06月22日

6/22、デイリースポーツ6面より

石川 翔 (青藍泰斗高・投手)
179cm・右投左打・動画

絶対王者を止める・・・。各校が作新包囲網を敷く栃木で、青藍泰斗のエース・石川は、そのポテンシャルを最も秘めている。バネとしなやかさを感じさせる体から、伸びのある直球を投げ込む右腕。

3月下旬の練習試合では、自己最速を2キロ更新する148キロを計測した。センバツ出場校の東海大市原望洋と堂々と渡り合った一戦で、スカウト陣からは「関東ナンバー1投手」との評価を得た。

昨秋は準決勝で作新学院に0―2で敗戦。先発した石川は「何としても相手投手を崩すという気持ちが徹底している」と強さを肌で感じとった。冬場は秋の映像を見直し、力が伝わる体重移動を意識したフォームに改良。タイヤ押しやポール間走などで鍛え上げ「軽く投げてもボールがいくようになった。球質が変わった」と手応えは得ていた。

4月上旬に左股関節を痛めた影響から、右肩の違和感も発症。春季大会は代打での出場にとどまり、初戦で姿を消した。それでも「いい経験になったと思う」と他投手の登板を前向きにとらえた。

雌伏の春を経て、迎える夏。「ここぞで打ち取れる投手になりたい。全部自分が投げられるぐらいのスタミナをつけたい」と決戦の時を見据える。希望の進路については「一番はプロに行きたい」という石川。夢をかなえるためにも絶対王者を倒し、聖地への切符をもぎ取る。



石川君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。

draftkaigi at 07:10|この記事のURL

山上信吾(常磐)、12球団スカウト視察済み

2017年06月21日

6/21、スポニチwebsiteより (source)

山上 信吾 (常磐高・投手)
183cm・右投右打・動画

無名の存在から、北関東を代表する好投手に急成長した。常磐(群馬)の1メートル83右腕・山上信吾(3年)は、長身と「チームで一番強いと思う」と自負する地肩の強さを生かし、最速146キロの直球で打者をねじ伏せる。

日本ハム・斎藤と同じ群馬県太田市出身。中学時代は市選抜で全国大会3位を経験したが、当時は4番手投手兼外野手だった。高校入学時の最速は128キロどまり。遊撃手に挑戦したこともあったが、2年春に上級生のケガで投手の頭数が足りなくなり投手に専念。ここから才能が花開いた。

昨秋の群馬県大会3回戦・渋川戦では17三振を奪って1失点完投。準々決勝の高崎経大付戦は0―1で敗れたが、8回完投で9三振を奪った。「22秋から力の入れどころが分かって、9回まで良い球が放れるようになった」。今年初めに右上腕部を痛めて今春公式戦は登板がなかったが、5月上旬に実戦復帰。

練習試合にはスカウトが集結し、既に国内12球団が視察済みだ。初戦は7月10日の中央中教校戦。その先に、今春センバツ出場の高崎健康福祉大高崎、前橋育英の2強撃破を見据える。順当なら準々決勝で当たる前橋育英には昨夏、今春と県大会で敗れており「3回目は負けられない。両校を倒して甲子園に行きたい」と闘志。2強の牙城を崩し、同校初の聖地へ導く。



山上君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブにアップお願いします。

draftkaigi at 08:47|この記事のURL

布川雄大(武南)、ドラフト候補に浮上

6/21、スポニチwebsiteより (source)

布川 雄大 (武南高・投手)
187cm・右投右打・動画

武南(埼玉)のエース右腕・布川雄大(3年)
は1メートル87、87キロの恵まれた体格だ。今春の埼玉県大会では自己最速の146キロをマーク。地区予選から計4試合34イニングを投げて42三振を奪い、ドラフト候補に浮上した。

昨年12月の4泊5日の茨城合宿では、球場までの片道10キロを毎日走って移動。5日間で計90キロを走り込み、一日あたりどんぶり10杯のご飯をたいらげる「食トレ」をこなした。体重増加と下半身強化で直球の威力が増し「今は真っすぐに自信が持てるし、直球で三振が取れるようになった」と成長を実感している。

同校サッカー部は全国有数の古豪だが、野球部は専用グラウンドがなく、平日は学校近隣の球場を借りて練習している。昨夏もエースとして全3試合に完投したが、4回戦で西武学園文理に敗退。「去年は一番悔しい大会だったので、今年は勝てる投手でいたい。目標は甲子園出場と150キロを出すこと」。打っても4番に座る大黒柱が「武南の布川」の名を全国にとどろかせる。



布川君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。

布川君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 08:32|この記事のURL

三上ケビン(叡明)、複数のプロ球団が注目

6/21、日刊スポーツ6面より

三上 ケビン (叡明高・外野手)
184cm・右投右打・動画

埼玉に叡明旋風を巻き起こす。第99回全国高校野球選手権埼玉大会の組み合わせ抽選会が20日、さいたま市内で行われた。旧小松原から校名変更、さいたま市から越谷市に移転して3年目を迎えた叡明は、三上ケビン外野手を中心に今春8強入り。監督が借りた一軒家で共同生活を送りながら成長を遂げたナインが初の甲子園を目指す。

夕焼けがきれいな越谷市に移転して3年目。叡明1期生の三上にとって集大成の夏がやってきた。「甲子園は憧れの場所。自分もあの舞台でやってみたい」。今春センバツをチームメートと生観戦。大阪桐蔭、秀岳館など全国レベルのプレーを見て聖地への思いはますます強くなった。

ガーナ人の父と日本人の母を持つハーフ。今でこそ184センチ、76キロとたくましく成長したが入学時は体重が60キロしかなかった。それでも身体能力の高さが中村仁一監督の目に留まった。強化選手に選ばれると学校近くに同監督が借りた4LDKの一軒家での合宿生活がスタートした。

2階に2部屋、1階に2部屋とリビング兼食堂。2段ベッドを置いて9人の仲間と1つ屋根の下での共同生活。食事は監督夫人の博美さんがつくってくれた。1階に造られたトレーニングルームで必死にバーベルを持ち上げた。今春を迎えると体重は16キロ増。当初40キロだったベンチプレスは120キロまで上がるようになり複数のプロ球団から注目されるまでになった。

3日に行われた練習試合では左中間のネット上部に当てる高校通算12号。相手の橘学苑・石黒監督は「変化球待ちだったと思うが高め直球に思わず反応して打った。すごい本塁打だった」と脱帽した。



三上君のバッティング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。

draftkaigi at 07:07|この記事のURL

ドラフトニュース検索