ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

高校

2017センバツ注目、144キロ左腕の池谷蒼大(静岡)

2017年02月22日

2/22、デイリースポーツ8面「週刊デイリー高校野球」より

池谷 蒼大 (静岡高・投手)
173cm・左投左打・動画

名門・静岡が通算40度目の甲子園となるセンバツ出場を決めた。チームの浮沈を握るのが、今秋ドラフト候補の最速144キロ左腕・池谷蒼大投手(動画)だ。昨秋は投球回数を上回る三振を奪い、センバツ出場選手中トップの114個。静岡のドクターKがフル回転すれば、初の紫紺の大旗が見えてくる。

片足を上げてミットを見つめる間も、体はビクとも揺るがない。キャッチボールの立ち姿にも、池谷は好投手の条件を備えている。安定感十分のフォームから繰り出される、キレのある直球。この最大の武器で、三振の山を築き上げた。

昨秋は14試合99回1/3で114K。東海大会では3試合連続完投勝利で、優勝の原動力となった。静岡大会2回戦から、先発した試合では5戦連続で2ケタ奪三振をマークした。

「三振はまったく意識していない。(奪三振数トップも)知らなかったです。へぇー、載ってるなあというぐらい」。そう言って屈託なく笑う池谷は、三振を量産するタイプではなかったという。覚醒のキッカケは、新チーム結成後。同じ左腕の花咲徳栄・高橋昂也(広島2位)を参考に、フォームを変更してからだ。

「ケガが多かったので力まないフォームに変えようと思って。夏から秋にかけて、直球の質が成長したんだと感じられた部分がありました」

上げる右足を、一度少し本塁方向に出してから引きつけることで、テークバックの際に左肩が体の後ろに入り過ぎないように修正。以前と最速は同じでも、キレが増した。県大会の中部地区大会の途中で、背番号10から背番号1に昇格した。

安定感抜群のフォームは、1年時の体作りのおかげでもある。入学時2ヵ月の6月に、疲労性の腰痛を発症。半年間はノースローで、体幹と筋力トレーニングに費やしたが「その時期が大きかった」と振り返る。強さを増した体にマッチしたフォームを身に付けたのが昨秋。成長のレベルが跳ね上がった。

ただ、最後の一戦では辛酸をなめた。明治神宮大会の初戦で早実に敗退。「抑えてやろうと思って、すごく力んでいた」と、序盤に3点を失い、同点後の七回に勝ち越しを許すなど8回5失点を喫し、清宮にも2安打された。中盤以降は直球主体で立ち直っただけに、悔いが残った。

反省を生かし、週2回だった体幹トレーニングを日課に。量は昨年の倍になった。「大舞台で力を最初から出せるように」と、さらに安定したフォームを追求する。林俊輔監督も「直球で空振りやファウルが取れる。普通の力を出せば、全国でも十分に勝負できる子。全国経験がなかったので、神宮大会は後悔プラス、手応えになったのでは」と期待を寄せる。

チーム一の大食漢という池谷。回転寿司では最高51皿、夕食は毎日1.3キロの白米を平らげる。「食べることは一番自信があります」と笑いながら、初の甲子園へ向けて「結果より自分のできることをやって、どれぐらい通用するか楽しみ」と、胸を躍らせた。

チームの目標は、戦後初の4強とさらにその先。静岡のドクターKは「そう言われるのはうれしいけど、三振より勝てる投球をしたい」と、勝利だけを見据えて聖地に乗り込む。



池谷君のピッチング動画はこちら

池谷君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 08:04|この記事のURL

西浦颯大(明徳義塾)、プロスカウトから熱視線

2017年02月20日

2/20、デイリースポーツwebsiteより (source)

西浦 颯大 (明徳義塾高・一塁手)
177cm・右投左打・動画

高校通算23本塁打のパワーに50メートル5秒9の俊足、そして右翼から矢のような送球を繰り出す強肩。明徳義塾のスラッガー・西浦颯大外野手(動画)「三拍子そろった」という表現がふさわしい逸材だ。その身体能力の高さはプロからも熱視線を浴びる。自身も「打撃だけではなく、走攻守で見てもらいたい」とアピールを忘れない。

熊本県出身で、「熊本北リトルシニア」に在籍していた中学3年時にはU15日本代表に選ばれW杯に出場。鳴り物入りで入学した明徳義塾では、1年春からレギュラーの座をつかみ、中心打者として経験を積んできた。

持てるパワーを証明したのが昨夏の甲子園2回戦・嘉手納(沖縄)戦。六回無死満塁で打席に立った西浦は、右中間スタンドに強烈なグランドスラムをたたき込んで大観衆のどよめきを誘った。

その4カ月前に起きた熊本地震では、同県八代市に住む家族も避難生活を余儀なくされた。「熊本の人たちを元気づけたかった」という甲子園での満塁弾。「あのホームランで自信がついた。打席で余裕が出てきて、周りが見えるようになった」。

たくましさを増したスラッガーは新チームでも大黒柱として打線を引っ張り、昨秋の四国大会制覇の原動力となった。このセンバツが自身3度目の甲子園となる。昨夏は4強入りしただけに「目標は優勝」ときっぱり。走攻守の活躍でチームを頂点に導くつもりだ。




西浦君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:08|この記事のURL

安田尚憲(履正社)、進路希望はプロ一本

2017年02月16日

2/15、デイリースポーツ7面「週刊デイリー高校野球」より

安田 尚憲 (履正社高・一塁手)
188cm・右投左打・動画

成長の跡を見せる。進路をプロ一本に絞っている安田(動画)は、冬に打撃に磨きを掛けてきた。これまでは引っ張る打球が多かったが、広角に打てるスイングを習得中だ。

「今までは(バットの)ヘッドが下がるところがあったので、外角にもヘッドが立って出るスイングができるようにしている」。シート打撃では広角に打ち分けており、練習試合の解禁までさらに磨きを掛けていく。

年末に面談した岡田監督が背中を押した。ヤクルト・山田らを指導してきた経験から、安田にも高いレベルでのプレーを求める。「山田らは2年の冬に努力して伸びて、大舞台で結果も出した。アピールする場(センバツ)があるから努力するように言ってきた」。安田も偉大な先輩に続くことを願った。




安田君のバッティング動画はこちら

安田君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:06|この記事のURL

151キロ右腕・岡林飛翔(菰野)に9球団スカウト挨拶

2017年02月14日

2/14、中日スポーツ11面「中部から飛び出せ2017ドラフト候補」より

岡林 飛翔 (菰野高・投手)
180cm・右投右打・動画

ベールに包まれていた右腕が全国区になった。昨秋県大会2回戦の宇治山田商戦。岡林の投じた1球が、伊勢市営倉田山球場のスピードガンに151キロを刻んだ。「注目度が変わった。インターネット上に名前が挙がったり、いろいろな人が見に来たり。MAXが149キロだった時とは全然違います」。

県大会以上の公式戦では先発経験のない背番号7。ただ西(オリックス)や関(元中日)らを育てるなど、投手育成に定評雄ある戸田直光監督は「150キロは出る」と確信していた。

180センチ、85キロの大型右腕。入学時からスピードはあったが、制球難に苦しんだ。初登板だった1年春の練習試合では四死球を連発し、1イニング7失点。「入ってきた時はどん底だった」。そう話す戸田監督のもとで、アーム式だったフォームを修正。ブルペンで置いた球を拾って投げ、肘が上がるように取り組むと徐々に制球が安定してきた。

2年春の練習試合で140キロを計測すると、5月に143キロ、夏休みに149キロをたたき出した。安定感のある好左腕・村上がエースに君臨しているため、これまで先発機会に恵まれていない。ただ、岡林も右肩上がりで成長している。

「完成度は西や関の方が上。でも、楽しみなのは岡林。高2の時点でのスピードは2人より格段に上です」と戸田監督。プロ側の注目度は高く、年明けから9球団があいさつに訪れた。岡林も「夢なので意識している」とプロ入りを見据える。

松阪リトルでプレーしていた中1のときに全国大会で準優勝した。決勝の相手は東京北砂リトル。主砲は高校通算78本塁打を誇る今秋ドラフトの目玉、早実・清宮だった。「清宮は当時から有名だった。1本打たれたのは覚えています」。その怪物と将来、プロで再戦する可能性もある。



岡林君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブにアップお願いします。

draftkaigi at 08:20|この記事のURL

清宮にも劣らないスーパー1年生5人衆

2017年02月04日

FLASH 2月14日号より
今大会の主役は、怪物スラッガー清宮幸太郎に尽きる、と思ったら大間違いだ。清宮に勝るとも劣らない、将来が有望視されるスーパー1年生が例年以上に目立つ。そんな彼らを、「第100回大会世代」と名づけたい。それは、現1年生が3年生で迎える、来年夏の甲子園大会が、第100回の節目となる記念大会にあたるからだ。

「強豪校にとって記念大会は、大きな価値がある」と担当記者は語る。

「例年以上にスカウト合戦が過熱し、全国のスター中学生が強豪校に集中して入部している。その代表例が大阪桐蔭。1年生だけで、中学生の日本代表が組めたといわれているほど。90回の記念大会の全国制覇は至上命題とされている。学校、野球部関係者、選手のモチベーションも高い。西谷浩一監督は、『1年生はまず育てること』がモットー。実力のある1年生でも、めったにメンバー入りさせないことで知られる。ところが、昨夏は根尾昂(動画)藤原恭大(動画)の1年生2選手が異例のベンチ入り。100回大会を睨んで経験を積ませるためだ」

その根尾は、近畿大会準々決勝の智弁学園戦で、センバツ出場を決定づけるバックスクリーン直撃の特大本塁打を放った。根尾が中学時代所属していた、飛騨高山ボーイズの井上太代表が、その素質の高さを語る。

「打ってよし、投げてよしの天才肌は中3時点で最速145キロ、打撃練習では柵越えを連発。そのうえ人格面も優秀で、選手間で全幅の信頼を得ていた」

同級生の藤原も、新チームでは1番に抜擢されて打線を牽引する。プロ選手を多数輩出する同校でも、歴代ナンバー1の呼び声高い。藤原を指導した、オール枚方ボーイズ・田中直樹監督は語る。

「シニア時代は多種多様なトレーニングで常にトップ。100段近い急勾配の階段ダッシュで平均8、9秒かかるところを、彼は7秒台で駆け上がる俊足。そんな彼と互角の走力で、抜きんでたミート力を兼ね備えていたのが(同じシニアにいた)報徳学園・小園海斗(動画)。彼らの1、2番コンビで、初回先制点を挙げる試合が多かった」

履正社には筒井太成(動画)がいる。早実を破り優勝した明治神宮大会では、5番打者として活躍した。

「15年間、指導してきた中でナンバー1の実力。小6のとき一人抜きんでていて、(中学生からの)シニアに飛び級させた。それでも中3に見劣りしなかった」(寝屋川シニア・伊月秀之氏)

清宮を迎え撃つ西の雄たちに対して、援護するのも、また1年生だ。早実の後輩で4番を任されている野村大樹(動画)は、1年生時の清宮のホームラン数22本を現時点で上回る。

「初めはシニアでも4番手ぐらいの選手。しかし、努力を怠らず、研究熱心に取り組んで大活躍するようになった」(大阪福島シニア・中尾学監督)

センバツではスーパー1年生たちが、清宮を食う!



draftkaigi at 07:09|この記事のURL

ドラフトニュース検索