ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
高校

2020選抜、中山礼都(中京大中京)進路はプロ一本

2020年01月28日

1/28、中日スポーツ6面「春の主役に立候補」より

中山 礼都 (中京大中京高・遊撃手)
180cm・右投左打・動画

持ち味は勝負強さにある。昨秋、中京大中京・中山(動画)が公式戦19試合で挙げた33打点はチームトップ。特に東海大会では、準決勝・藤枝明誠戦で自身の1試合最多6打点を挙げるなど、3試合で計10打点を稼ぎ出した。

打ちたい気持ちが空回りした場面もあり、左打ちの強打者は「納得のいく成績を乗せなかった」と振り返るが、その反省を本番につなげる。

甲子園では進化した打撃を披露する。秋はノーステップ打法で臨んだが、右足を上げるフォームに改良中。「上半身だけで打ってしまい、下半身を使えていなかった。引っ張りの打球が少なかった」。

そのため、オフの期間は下半身を徹底強化。距離を問わず、走ることをメインに取り組み、帰宅後も近所の階段でダッシュを繰り返す。高校通算15本塁打からの上積みも期待できそうだ。

名前の「礼都(らいと)」は、右翼手の「ライト」が由来。同校OBである父・慎也さんの同世代に、イチロー(元マリナーズほか)や松井(元巨人、ヤンキースほか)、高橋(元巨人)ら、右翼手に好選手が多かったことから命名された。

「ライトを守ったことは一度もない」と本人は笑うが、父が込めた野球への思いを感じながら、強肩好守のプロ注目遊撃手に成長した。進路は、現時点ではプロ一本に絞っている。「まずは、チームの勝利に貢献したい。それが、いいアピールになればいい」。将来の夢が懸かるセンバツ本番で、秋よりレベルアップした姿を見せつける。



中山君のバッティング動画はこちら



draftkaigi at 11:00|この記事のURL

高橋宏斗(中京大中京)、「155キロ出すつもり」

2020年01月25日

1/25、スポーツ報知2面より

高橋 宏斗 (中京大中京高・投手)
184cm・右投右打・動画

ナンバー1しか見えていない。令和最初のミッションは、平成最後に譲った「センバツ最多優勝&通算最多勝」の奪還。春4度の優勝、通算55勝を誇る中京大中京の最速150キロ右腕・高橋宏斗(動画)「やっとスタートラインに立った。日本一が目標」と言い切った。

昨春は愛知県内のライバル・東邦に単独最多5度目の優勝で、通算56勝に更新された。春夏通算最多の11度V、133勝のプライドに火が付き、秋の公式戦で無傷の19連勝。高橋は投球回数75回、72奪三振、防御率1.68で明治神宮大会初制覇まで突っ走った。

「ワンランク、2ランクとレベルアップして、センバツで155キロを出すつもり」。昨年の星稜・奥川恭伸(ヤクルト)らがマークした春最速153キロの更新も誓った。

秋から3キロ増の体重82キロで、1週間前にブルペンで150キロをマーク。下半身を鍛え、本番は85キロに増量して臨む。「現時点の世代ナンバー1。まだ自分は劣っている」と明石商・中森との対決を熱望した。

明治神宮大会、春夏の甲子園、国体と、松坂大輔(西武)を擁した97~98年の横浜以来史上2校目の4冠を見据える。「三振を取れなくても、打たれても、オールOK。勝ちにこだわる」と高橋。中京商時代の66年の春夏連覇以来、54年ぶりの紫紺の大旗をつかみにいく。



高橋君のスカウト評はこちら

高橋君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 08:00|この記事のURL

西川僚祐(東海大相模)、65本塁打越えめざす

1/25、サンケイスポーツ2面より

西川 僚祐 (東海大相模高・外野手)
186cm・右投右打・動画

報道陣が構えるカメラの前で、東海大相模ナインは「優勝するぞ!」と勇ましい声を響かせた。中心でジャンプしたのは、高校通算53本塁打の西川僚祐外野手(動画)だ。「自信を持って臨めるように練習、準備をしたい。日本一になるために打率と打点にこだわっていきたい」

西川が4番を務めた昨秋の関東大会では高崎健康福祉大高崎との準決勝に2-8で敗れたが、その強力打線は全国屈指の実力を持つ。先発が予想される9人の合計本塁打数はちょうど200。強力打線で右の主軸に座るプロ注目のスラッガー、西川は「結果として先輩の大田さん(現日本ハム)の通算65本という記録を抜きたい」と高い目標を掲げた。

小学生時代は薬円台リトルスターで通算30本塁打、中学では硬式の佐倉シニアで東京ドームの右翼席を含む30本塁打を放った生粋の“ホームランアーチスト”だ。昨夏の甲子園では8打数無安打に終わり「力不足だった。欲とかでなく心の耐力をつけて打席に立てるようにしたい」と、自らに厳しい練習を課す。

門馬敬治監督は「大会には頂点があり、そこを目指し、ベストになるよう準備したい」と目標を掲げる。優勝なら春3度目。横浜高と並んで歴代3位に浮上する。その打線の核にいるのが西川。強打で頂点を引き寄せる。



西川君のスカウト評はこちら

西川君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:20|この記事のURL

川瀬堅斗(大分商)、150キロ宣言

1/25、西日本スポーツ21面より

川瀬 堅斗 (大分商高・投手)
182cm・右投右打・動画

大舞台で150キロを出す。大分商の屋台骨を背負うエースでクリーンアップ、さらに主将も務める川瀬堅斗(動画)が大目標を掲げた。「150キロを出すために練習を頑張っています」。現在の最速は147キロ。大台到達の可能性は十分だ。

冬は右肩のインナーマッスルを鍛え、走り込みで下半身を強化。「追い込むことだけを考えて気合を入れてやっています」と語気を強めた。食トレにも余念がなく、体重は昨秋から2キロ増の84キロ。確かな手応えを感じ取っている。

今後は段階を踏んだ投げ込みなどで調整を進めていくが、紅白戦などでは既に140キロ台をマーク。川瀬は「暖かくなる選抜では150キロ」というプランを描く。選抜の開幕は3月19日。約2カ月後の甲子園デビューで全国を驚かせる。

球速だけでなく、タフさも大きな武器。昨秋の九州大会では初戦から準決勝までの3試合で完投勝利。自らの右腕で選抜をたぐり寄せた。さらに主将としても「自分が練習で必死でやる姿を見せれば、チームは強くなる」と自覚を口にする。

同校OBで兄の晃は福岡ソフトバンクの内野手。朗報が届いたこの日は、福岡ソフトバンクのウインドブレーカー姿の父・保生さんも学校を訪れ、「甲子園出場は夢にも思っていなかった。感慨もひとしおです」と喜んだ。

23年ぶり6度目の選抜出場。大分では津久見と並ぶ伝統校だが、甲子園は春夏を通じて8強が最高成績だ。「ベスト8以上、もっと勝って決勝で明豊と対戦したい」。川瀬は昨秋の大分大会、そして九州大会と決勝で2連敗中のライバルへのリベンジも見据えた。



川瀬君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

センバツ出場32校、本日発表

2020年01月24日

1/24、サンケイスポーツ4面より
第92回選抜高校野球大会(3月19日から13日間)の出場32校を決める選考委員会は24日、大阪市の毎日新聞大阪本社で開催される。昨年は春夏ともに出場を逃した大阪桐蔭などに注目が集まる。

一般選考では各地区別に北海道1、東北2、関東4、東京1。北信越2、東海3(神宮大会枠1を含む)、近畿6。中国2、四国2、九州4の計29校が選出される。関東・東京の総枠は6、中国・四国の総枠は5で、最後の1校はそれぞれ両地区を比較して選ぶ。

戦力以外の特色を加味する21世紀枠は3校が選ばれる。午前9時から21世紀枠候補校の推薦理由説明会を行い、11時からの21世紀枠特別選考委員会と地区別小委員会で32校が決定。午後3時に21世紀枠、続いて一般選考の出場校が発表される。



draftkaigi at 07:00|この記事のURL


ドラフトニュース検索