ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
高校

北海道ナンバー1左腕・松浦慶斗、大阪桐蔭に進学

2019年02月14日

2/14、スポーツ報知websiteより (source)

松浦 慶斗 (旭川大雪ボーイズ・投手)
184cm・左投左打

中学硬式野球で最速138キロの北海道ナンバー1左腕、旭川大雪ボーイズ・松浦慶斗が甲子園春夏7度の優勝を誇る大阪桐蔭高校に進学することが13日、分かった。このほど同校の推薦試験に合格した。松浦は甲子園制覇、将来のプロ挑戦に闘志を見せた。

極寒、雪深い旭川で鍛錬を続ける松浦に、春の吉報が届いた。高校野球の超名門、大阪桐蔭に合格。184センチ、88キロ。この冬のトレーニングでまた体を大きくした左腕は「全国トップレベルの高校で野球を続けられるのは幸せ。1日でも早く試合に出場、先輩と力を合わせ甲子園優勝を目指したい」と目を輝かせた。

最速138キロのストレートに加え、カーブ、スライダー、フォーク、スプリットと多彩な変化球を持つ。旭川大雪ボーイズでは打線の中軸も務めた。小学6年で日本ハムファイターズジュニア入り、中学1年で日本代表としてカル・リプケン12歳以下世界大会(米国)に出場、決勝の米国戦など3戦に登板し、優勝に貢献した。

野球センスが抜群なのは野球一族だからでもある。父の吉仁さんは北海高で2度甲子園に出場した。その後、社会人・山陽国策パルプ旭川(現・日本製紙)で活躍、同社石巻野球部監督も務めた。

母の美雅さんの妹の古谷理江さんの次男は福岡ソフトバンク・古谷優人投手。江陵高時代に最速154キロを計測し、16年ドラフトで2位指名された。小さい時から親戚で集まる時は一緒にキャッチボールした。

旭川大雪でも1年生から主力となり、昨年8月に大阪で行われた日本少年野球選手権で8強入りした。その時の力投が大阪桐蔭関係者の目に留まった。他の道内外強豪校からも誘われたが「日本一のチームで、自分を試したい」と進路を決めた。

「プロ目指す」。目標は大阪桐蔭出身で、阪神で活躍する藤浪晋太郎投手。「打撃も好きですが、今は投手に集中。もっと体力、スピードを磨き本格派投手として甲子園で活躍し、将来は藤浪さんのようにプロ入りを目指したい」。成長と共に夢も膨らむ。道産子左腕が大阪で飛躍する。



下は松浦君のピッチング動画です。



draftkaigi at 07:04|この記事のURL

2019選抜注目、超高校級打者の森敬斗(桐蔭学園)

2019年02月13日

2/13、デイリースポーツ9面「週刊デイリー高校野球」より

森 敬斗 (桐蔭学園高・遊撃手)
175cm・右投左打・動画

桐蔭学園のチームの中心は主将の森敬斗内野手(動画)だ。「ヘッドが抜けてくるような感じが自分の中であって。気持ちよく振れるようになっていました」と、ライナー性の鋭い打球でアーチを量産。昨夏からの5ヵ月で高校通算8本塁打のうち、7発をかっ飛ばした。

長打だけでなく強肩を生かした遊撃手守備や快足も魅力で、走攻守三拍子そろう。端正なマスクに加え、昨秋の関東大会初戦となった常総学院戦ではサヨナラ満塁弾を放つなどスター性も抜群。全国の舞台でも躍動すれば、一気に人気に火がつきそうだ。

オールアウトをモットーに「がむしゃらにやりたい。自分の持っている力というのを全部出せたら」と意気込みは十分だ。1000人を超えるOBの期待を背負って、名門をけん引する。



森君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:02|この記事のURL

智弁和歌山のドラフト候補コンビ、東妻&黒川

2019年02月12日

スポーツ報知websiteより (source)
四半世紀ぶり2度目の優勝を目指す智弁和歌山の注目は、東妻(動画)と黒川(動画)のドラフト候補コンビだ。

副将の東妻(動画)は、昨秋ドラフトでロッテ2位の勇輔投手を兄に持つ。「目標は優勝」と、4番打者は強い覚悟を示した。二塁までの平均送球タイムは1秒83、遠投は125メートルで、最速155キロ右腕の兄に負けない“キャノン砲”を兼ね備える。

中学時代は遊撃や外野を守っていたが、高嶋仁前監督と中谷監督に強肩を買われて高校から本格的に捕手を始めた。阪神、楽天、巨人で捕手として活躍した指揮官からの要求は高く「捕手は目配り、気配りが大事」など、人間性の重要さを口酸っぱく言われている。

主将の黒川(動画)は昨春センバツで勝負強さを発揮した。創成館との準々決勝で延長10回に逆転サヨナラ2点二塁打をマーク。東海大相模との準決勝でも8回に同点の2点タイムリーを放った。

上宮の主将として1993年センバツで初優勝した父・洋行さんに続く全国制覇が懸かるが、「昨夏の甲子園で1回勝つ難しさを教えてもらった」と、近江に初戦敗退した教訓を生かそうとしている。

昨年までは二塁で、現在は遊撃へのコンバートに挑戦中。「上(のレベル)でやっていく上では両方守れるようにしないといけない。(打撃では)3番打者として、簡単にアウトにならないことが一番大事」と、昨年のレギュラー4人が残るチームを引っ張っている。

中谷監督に「目標に向かって、とことん突き詰めてやっていける天才。ブレーキをかけてやらないと、怖いぐらい練習する」と言わしめるほどだ。

東妻の兄は2014年センバツ1回戦で延長15回にサヨナラ暴投し、明徳義塾(高知)に1回戦で敗れた。「センバツでは思うようにやったらいい」と勇輔から激励された弟は「ずっと目標なのはお兄ちゃん」と、4季連続の甲子園で兄の無念も晴らすつもりだ。



黒川君のバッティング動画はこちら

東妻君のバッティング動画は
こちら



draftkaigi at 07:50|この記事のURL

2019センバツ高校野球展望(小倉氏の見解)

2019年02月04日

2/4、日刊ゲンダイ39面「小倉清一郎の鬼の秘伝書」より
3月23日に開幕するセンバツに出場する32校が先週1月25日に決定した。「関東・東京」最後の6枠目が驚いた。横浜の5年ぶり16度目の出場が決まったのだ。昨秋の関東大会準々決勝で春日部共栄に2-9で七回コールド負けを喫していた。

関東4校が確約された1983年以降、準々決勝コールド敗退校の選出は初めてである。横浜は私の古巣だが、この選考には疑問を感じる。

昨秋の都大会決勝で、国士舘に1点差の惜敗を喫した東京2位の東海大菅生が順当に選ばれると思っていた。しかし、選考委員は「関東大会と比べて東京大会のレベルが低かった」とコメントしている。地域性で佐野日大の選択肢もあったはず。栃木、群馬、茨城の北関東3県の一般選考がなかったのは、85年以来34年ぶりだという。

横浜が逆転で選ばれた理由は、最速153キロ左腕でドラフト1位候補・及川(動画)が評価されたこと。関東大会を制した桐蔭学園に県大会決勝で11-2と圧勝し、激戦の神奈川を制したこともプラス材料だった。同委員は「全国優勝できる」と話しているように、選ばれたからには結果で示すしかない。主将の内海ら打線も破壊力がある。軸の一校になるのは間違いない。

横浜の他に、こちらもドラフト1位候補・奥川(動画)擁する星稜、近畿勢では龍谷大平安のエース左腕・豊田は凄みはないが勝てる投手だ。履正社は能力が高い選手が多い。明石商、広陵が続く。明治神宮大会を制した札幌大谷のエース西原(動画)は、まずまずの好投手とみている。

私は現在、関東4強で選出された山梨学院の臨時コーチを務めている。清峰を率いて2009年センバツで優勝した吉田監督の依頼である。昨夏の甲子園で左中間中段へ本塁打を放っている右の主砲・野村(動画)はスケールが大きい。今は弱点克服のため、引っ張らずに右中間へ運ぶ練習を取り入れている。DeNAの筒香も逆方向の左中間への打撃練習で開きを矯正している。

投手力が弱いが、軸になりそうな左腕・駒井の投球フォームを改造中。踏み出す右膝が突っ張ってしまい、体重移動が止まっていた。右膝を曲げるために、三塁側へゴロを転がしてフィールディングの練習をしている。右足が突っ張ると送球がそれてしまうため、矯正するのに適している。山梨学院は平成最後のセンバツで台風の目になりたいところだ。



上の記事は「松坂大輔の育ての親」として有名な小倉清一郎氏(元・横浜高野球部部長)が書いたものです。

神奈川県の高校からドラフト指名された選手一覧はこちら


draftkaigi at 07:04|この記事のURL

名門・早稲田でパワハラ疑惑浮上、前監督が悲憤告白

2019年02月02日

2/2、日刊ゲンダイ41面より
国内有数の歴史を持つ伝統校にパワハラ疑惑が持ち上がっている。早稲田高校野球部の前監督が同校の理事長と副校長を提訴していることが日刊ゲンダイの取材で分かったのだ。

同校OBである三原伸吾氏が野球部監督に就任したのは一昨年8月。都内有数の進学校でもある同校は練習時間や環境にも制限がある。そのハンディを補うべく、三原監督はコミュニケーションと自主性を重視した指導法を取り入れ、都大会8強入りを目標に掲げてスタートを切った。

早稲田高時代にエースとして活躍した三原監督の就任にOB会も全面バックアップ。昨年4月には三原監督の取り組みが「スポーツ報知」に大きく取り上げられるなど、チームの士気がいよいよ高まり始めたころ、学校側から突然、解任を告げられたというのだ。三原氏が言う。

「昨年の5月1日です。学校の校長室に野球部の松永部長と一緒に呼び出され、副校長からいきなり『なんだこの新聞は!三原さん、アナタはクビ! 解雇!』と言われたのです。余りに突然で一方的な通告に呆然としました」

解任の理由を聞くと、学校側は、野球部を取り上げた報知新聞の記事が問題だと言ったという。三原氏が続ける。

「副校長は『学校側は取材申請があったことも知らなければ、それを了承したこともない。だから、解任だ』と。記事に添えられた写真に部員数人の顔が出ていたのですが、これについては個人情報の漏洩だと責め立てられた。しかし、私は事前に野球部責任教師の松永部長に取材の依頼があったことを伝え、了承を得ていました。実際、取材当日には学校の守衛さんが『取材ですよね、聞いていますよ』と報知の記者さんを迎え入れているんです。生徒の写真の掲載については私は関わっていませんが、部員やその親御さんは報知新聞に取り上げてもらったことを喜んでおられた。解任は納得できず、パワハラだと感じています」

解任の撤回を求めて訴訟を起こした三原氏は、OBとして監督就任前から15年以上にわたって無償で野球部のコーチを務めてきた。監督就任にあたり、都内で経営していた和食店を閉店。監督としての手当はなく、受け取っていたのは1日1200円の弁当代と交通費だけというから、ほとんどボランティアである。

三原氏の訴えに対して早稲田高校は「対応は顧問弁護士の先生に一任しております」。学校側の代理人を務める法律事務所に問い合わせると、担当弁護士が不在とのことだったが、裁判で学校側は三原氏の主張を全面的に否定している。三原氏は最後に沈痛な面持ちでこう言った。

「私の希望は、とにかく今まで通り子供たちに野球を教えに行きたい。部員の成長を見守りたい、一緒に野球がやりたい。ただそれだけです」



draftkaigi at 10:15|この記事のURL

ドラフトニュース検索