ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
高校

ドラフト指名漏れの栗田和斗(知徳)、駒沢大に合格

2019年12月14日

12/14、スポーツ報知websiteより (source)

栗田 和斗 (知徳高・投手)
187cm・右投右打・動画

MAX147キロを誇る知徳高野球部の栗田和斗投手(動画)が13日、東都1部リーグ・駒大のスポーツ推薦入試に合格した。身長187センチの大型右腕は「4年後のプロを目指してやっていく」と、意気込みを新たにした。

高校入学時に捕手から投手に転向したため、2年時の球速は130キロ台。それが、約1年で体重を72キロから90キロまで増やし、スピードも上げていった「未完の大器」だ。2年秋にはチームの県8強入りに貢献も、最後の夏は2回戦で静岡商に敗退。ドラフト指名もなく「両親に恩返ししたかった」と落ち込んだが、すぐに切り替えた。

11月には神宮球場に足を運んで駒大の試合を観戦。「初めて行きましたが、すごくきれいな球場でした。あそこで投げるイメージができました」。観戦して、大学生の技術の高さも実感した。「球質を上げて、1年目から試合で投げられるよう頑張りたい」と栗田。

母校に送り出す知徳の初鹿文彦監督も「技術はもちろん、人間的にもひと回り成長してほしい。そして高校でかなわなかったプロという夢を実現してほしい」とエールを送った。



栗田君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 09:30|この記事のURL

スカウトが選手のしぐさから注目するポイント

2019年12月11日

12/11、デイリースポーツ8面「デイリー特命スカウトネット裏雑記帳」より
強豪校には、言うまでもなく強打だけでなく堅実な守備力が備わっている。しかも、そこには注目する点がある。それは、あらゆる動作の流れの中に「トップの位置」が定まっているところだ。

キャッチボールをする際にも、強豪校の選手は捕球してからが素早く、利き腕の肩より高い位置まで肘を上げ、球を握る手の位置も高く構えてトップをつくる。そうすることによって、上から振り下ろすように投げられるので、球には縦に逆スピンがかかり、制球が安定する。

浮力がアップして球足が長くなり、いわゆる伸びる球が投げられるというわけだ。

打撃も同様にトップの位置がある。投球を待っている時の構えには、打つための初動としての構えが必要だ。その位置は人それぞれだが、待っている時に構えている位置と同じ高さか、それより高い位置にテークバックして初動のトップをつくる。それによって瞬時に投球に反応でき、最短距離でコンパクトにバットを振り始めることができる。

また、余分な動きがなくなるので、体の前でバットが振れ、効率よく力が球に伝えられる。力強い打球を打ち出すことが、可能になるわけだ。

強いチームの大半はそれらを心得ているので、試合直前にベンチ前で行われる先攻の素振りや、後攻のキャッチボールを見ていれば、そのチームの指導状況がわかる。強豪校の強さには、選手の資質や練習量だけでなく、その根元に核となる教えが存在するのは明らかだ。

自然な動きに逆らわず、ニュートンの法則も利用しながらプレーもする。そういうものも、我々スカウトは選手のしぐさから観察している。



2019ドラフト、12球団の指名選手はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

上位候補・中森俊介(明石商)、大学生相手に好投

2019年12月08日

デイリースポーツwebsiteより (source)

中森 俊介 (明石商高・投手)
182cm・右投左打・動画

高校野球の兵庫県選抜が台湾遠征(22日~27日)に向けて、関西国際大との強化試合を行った。八回に5番手として登板した明石商のエース・中森俊介投手(動画)が、大学生相手に完璧な投球を披露した。

チームが結成されて間もないため、捕手陣と十分なコミュニケーションがとれていない中、「速さよりコントロール重視で投げようと話し合ったので」とこの日は最速151キロを誇る速球を封印し、140キロ前半のコースを突く直球を軸に空振りを量産。6人の打者から5つの三振を奪う好投で、2回を無安打無失点で試合を締めた。

「前回(1日の練習会)投げた時よりもまとまっていてよかったと思う」と笑顔で振り返り、「台湾の選手のいいところをたくさん吸収して帰ってきたいです」と海外遠征を心待ちにした。

チームは3点ビハインドの八回裏に、代打・坂口翔颯投手の2点適時二塁打などで最大8点差を追いついたが、あと1点が取れず引き分けに終わった。



中森君のスカウト評はこちら

中森君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:02|この記事のURL

西川僚祐(東海大相模)、高校通算53本塁打マーク

2019年12月01日

12/1、サンケイスポーツ6面より

西川 僚祐 (東海大相模高・外野手)
186cm・右投右打・動画

秋季関東大会で4強入りし、来春の選抜大会出場が濃厚な東海大相模高が30日、富士市立高と年内最後の練習試合を行い、18-0、6-0で連勝。来秋のドラフト候補、西川僚祐外野手(動画)が2試合で計9打数4安打4打点と活躍した。

一発も飛び出した。第1試合の七回。右越えに2ランを運んだ。清原和博氏に憧れる186センチ、92キロの右の強打者は、これが高校通算53本塁打目となった。同校最多は大田(現日本ハム)の65発。まずは新記録を目指し「最終的に80本は打ちたい」と意気込んだ。

見据えるのは選抜大会の優勝。「日本一を目標にやっている。ひと冬越えて、春にどんな結果を残せるかが大事になる」と気を引き締めた。



西川君のスカウト評はこちら

西川君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:03|この記事のURL

来春センバツから球数制限、1週間500球に

2019年11月30日

11/30、デイリースポーツ4面より
日本高野連は29日、大阪市内で理事会を開催し、来春のセンバツから「1人の1週間の総投球数を500球以内」とする球数制限の導入を発表した。3連戦を回避する日程の設定と合わせて、来年度のシーズンインより日本高野連、各都道府県連盟主催の公式戦で適用する。

「投手の障害予防に関する有識者会議」からの答申を、全会一致で承認した形となった。来年度からの導入で試行期間は3年。500球に達した時点の打者との対戦完了まで投球が認められる。また、降雨などでノーゲームとなった場合も、そこで要した球数はカウントされる。仮に1週間500球を超えても、試行期間ということで罰則は設けられていない。

日本高野連の八田英二会長は「野球界全体として投手の障害予防を考えていく、予防していくというところで、高校野球が投球制限に踏み切った意義は大きいと思います」と話した。早期のルール化を図り、試行期間の3年間でさまざまなデータを収集することで、その後の見直しも行われていくもようだ。



2019ドラフト、12球団の指名選手はこちら



draftkaigi at 07:03|この記事のURL


ドラフトニュース検索