ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
高校

スカウトの逆襲、上位指名した高校生の野球ノート

2018年12月02日

12/2、日刊ゲンダイ39面「スカウトの逆襲」より
1年前のこと。その年のドラフト上位で指名した高校生投手の「野球ノート」をたまたま見る機会があった。その高校の野球部監督は、部員に毎日、ノートを書くことを義務付けていた。

その日の練習の課題や反省、授業で最も印象に残ったこと、通学の途中で見聞きしたもの・・・「野球ノート」とは名ばかりで内容は自由。要するに日記みたいなものさ。くだんの高校生投手、潜在能力はケタ違いだった。フォームもコントロールもいい。球速はトレーニング次第でまだまだアップするだろう。甲子園でも活躍したし、能力を示す数値も抜けていた。

ただ、性格や人間性が疑問視されてた。チャランポランで、女の子と遊びに行ったきり寮に帰ってこないなんてウワサもあった。「問題児」のレッテルがはられていることもあって他球団は敬遠したものの、部長の強い推薦で指名することになった。

「彼とは練習を見に行ったときに、こっそり話をしたが、問題児どころか、かなり期待できる。受け答えもしっかりしているし、なにより自分はプロでメシを食っていくんだという気概がある」。部長は会議でこう言って、その投手の獲得を猛烈にプッシュした。会議が終わって、部長にどこがどう「気概がある」のか聞いたんだ。

すると「こんなことを書くヤツのどこが問題児なんだ。たまたま高校の野球部のチームカラーと合わなかったからそう見えただけだろ」と言って見せてくれたのがスマホで撮影した彼の「野球ノート」だった。

見てたまげたね。そこには、自分は親の反対を押し切ってプロに行こうと決めたこと、ドラフトで指名されてもまだスタートラインに立ったに過ぎないこと、1月の自主トレを目指していま以上に体を鍛えること、そのために毎日やっているトレーニングの中身などが具体的に、しかも、しっかりした字で記されていた。

「プロに入ることを目標にしてる選手は意外と多い。例えば何年か前の入団発表で選手に付いてきた母親は、着物を3着も持ってきて、イベントのたびに着替えてた。息子をプロに入れるのが何よりの目標で、終着点なんだ。そういう親の子供はまず期待できないね。そこへいくとヤツは、両親まで入団発表が入り口だってことを自覚してたからな」

入団発表でひな壇に立つルーキーたちの姿を見ながら、部長のこんな話を思い出した。



2018ドラフト、12球団の指名選手はこちら



draftkaigi at 07:02|この記事のURL

プロ注目・森敬斗(桐蔭学園)、通算8号本塁打

2018年11月26日

11/26、スポニチwebsiteより (source)

森 敬斗 (桐蔭学園高・遊撃手)
175cm・右投左打・動画

来春センバツ出場が確実視される今秋関東大会覇者の桐蔭学園(神奈川)が25日、同校で相洋と年内最後の練習試合を行った。試合は敗れたが、プロ注目の3番・森敬斗内野手(動画)が通算8号となる右越え2ランを放つなど2安打2打点をマークした。

高い身体能力を誇る左打ちの遊撃手。3回に甘く入った直球を引っ張り、ライナーを突き刺した。新チーム発足後に7発と量産中。左腕からは初アーチで「どのコースでもしっかり壁をつくって打つことを意識してきた。打球は良かった」と話し片桐健一監督も「一皮むけた感じがある」とうなずいた。

森は冬場に増量を宣言。「体重を7キロ増の75キロにしてパワー不足を解消したい」と意気込んだ。また、今秋東京都大会優勝の国士舘も同校グラウンドで甲府工と練習試合を行い、連勝で締めくくった。

(11月25日 練習試合 相洋 5-2 桐蔭学園)



森君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 09:52|この記事のURL

及川雅貴(横浜)、米フィリーズのスカウト視察

2018年11月25日

11/25、サンケイスポーツ4面より

及川 雅貴 (横浜高・投手)
182cm・左投左打・動画

横浜が24日、今年最後の練習試合となった国学院栃木戦は12-3、7-2と連勝で終えた。最速153キロのドラフト候補左腕、及川(動画)は第1試合の七回から3回4安打2失点で「オフの課題は直球のギアチェンジ、新しい変化球」と進化を誓った。

視察したフィリーズの大慈彌スカウト部長は「きょうの最速は146キロだが来年、最も注目する左腕」と語った。 



及川君のスカウト評はこちら

及川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

奥川恭伸(星稜)、来年ドラフト戦線の軸

2018年11月19日

11/19、スポーツニッポン4面「こちら編集局」より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

秋の高校日本一を決める明治神宮大会は札幌大谷が優勝し、18年シーズンを締めくくりました。決勝で惜敗した星稜ですが、出場が確実視される来春のセンバツでは優勝候補に挙がるでしょう。

中心になるのは来秋ドラフト候補の奥川恭伸投手(動画)です。最速150キロ。スライダー、フォークも絶品でネット裏のスカウトも絶賛の嵐でした。「ドラ1間違いなし」、「春夏連覇するのでは?」という意見や「担当スカウトは星稜の前に引っ越した方がいい」と話すスカウトまで。19年のドラフト戦線は彼を軸に回るでしょう。

阪神の筒井スカウトも奥川にほれ込む一人。ある日の試合前。ブルペン投球を終えた奥川はベンチから身を乗り出し、自軍の試合前ノックを見ていたといいます。試合前の投手は一人で集中力を高める選手が多い中「野球を楽しむ姿が印象的」と話します。一体どんな投手になるのか?。今から楽しみでなりません。



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:03|この記事のURL

奥川恭伸(星稜)、セ・スカウト「緩急うまく使える」

2018年11月15日

11/15、夕刊フジ25面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

明治神宮大会高校の部決勝で、来秋ドラフト候補右腕の奥川恭伸投手(動画)擁する星稜(石川)は札幌大谷(北海道)に1-2で逆転負けを喫した。この日は2連投の疲れを考慮し「5番・右翼」で先発。逆転された7回2死から登板し、1回1/3で3三振を奪うなど完璧なリリーフをみせたが、再逆転とはならず。

来秋には大船渡の157キロ右腕・佐々木朗希、横浜の最速152キロ左腕・及川雅貴、創志学園・西純矢の各投手とともにドラフトの目玉に挙げられる。現時点での実力を測ろうとネット裏ではヤクルト、オリックス、横浜DeNA、ロッテなど6球団のスカウトが目をこらした。

あるセ・リーグ球団スカウトは「今夏までは10割の力で投げているだけだったが、緩急がうまく使えるようになってきた。大きな成長です」と目を見張った。奥川自身も「自分の直球は3つある。相手を見ながら130キロ台中盤、140キロ台前半、140キロ台後半とギアを使い分けられるようになってきた」とうなずく。

2年生でただ1人選出された9月のU-18アジア選手権(宮崎)で、日本ハムからドラフト1位指名された金足農・吉田輝星投手と交流を持ったことで「直球の中で緩急を使うことを学びました」。183センチ、82キロの体格に秘めた17歳の伸びしろは、天井知らずだ。



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:05|この記事のURL

ドラフトニュース検索