ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる
高校

高校野球の名門・仙台育英のウワサ

2017年12月15日

12/15、日刊ゲンダイ25面より


記者
「甲子園常連の仙台育英の佐々木監督が辞任しましたね」

デスク
「野球部員が酒飲んで、急性アル中でぶっ倒れたんだろ」

記者
「酒の飲み方を知らないガキが粋がるとそうなる」

デスク
「それでも2011年の震災直後に、被災地で火事場ドロボーしたバカよりはましだがな」

記者
「そうした累積もあっての辞任でしょう」

デスク
「辞めるのが遅すぎたんじゃねえのか?」

記者
「そんな声もありますけど・・・」

デスク
「なんだよ」

記者
「佐々木監督自身の評判は、決して悪くなない」

デスク
「そうなのか?」

記者
「あるプロ野球のスカウトも、自分の息子が野球をやっていたらあの監督に預けたい、と話していた」

デスク
「どういう意味だ?」

記者
「人間としてきちんとしているらしい」

デスク
「あんだけ野球部で不祥事があるのに?」

記者
「部員次第なんでしょうね」

デスク
「てえと」

記者
「普段の練習については、割と放任主義なんです」

デスク
「練習を見ない?」

記者
「そうじゃなくて、練習メニューは部員主導で作らせる」

デスク
「ほう」

記者
「監督は叩き台は作るけど、『僕の考えたメニューの原形がなくなるまで壊されることもある』と話していた」

デスク
「自分たちの頭で考えさせるのか」

記者
「だから、伸びる選手は伸びるけど、放任主義な分、どうしようもないやつはひどくなる」

デスク
「ワルにはゲンコツが必要かもしれんな」



下は仙台育英からドラフト指名された選手です。(大学・社会人経由も含む)

選手名指名年度とプロ入り後の成績
加藤 俊夫1965大洋2位
1966(2次)サンケイ1位
石崎 一夫1965大洋10位
渡辺 勉1967阪急5位
関東 孝雄1975中日6位
大久保 美智男 1978広島2位
高橋 正巳1979日本ハム2位
長島 哲郎1982ロッテ3位
大越 基1992ダイエー1位
高橋 顕法1992広島8位
金村 秀雄1994日本ハム1位
天野 勇剛1995ロッテ7位
中浜 裕之1996近鉄4位
新沼 慎二1997横浜2位
鈴木 郁洋1997中日4位
真山 龍1999西武2位
志田 宗大2001ヤクルト8巡目
菊地 俊夫2002オリックス5巡目
星 孝典2004巨人6巡目
中谷 翼2005(育成)広島1巡目
佐藤 由規2007(高校)ヤクルト1巡目
矢貫 俊之2008日本ハム3位
橋本 到2008巨人4位
木村 謙吾2010(育成)楽天2位
佐藤 貴規2010(育成)ヤクルト3位
中根 佑二2011ヤクルト5位
上林 誠知2013ソフトバンク4位
平沢 大河2015ロッテ1位
佐藤 世那2015オリックス6位
松原 聖弥2016(育成)巨人5位
西巻 賢二2017楽天6位


draftkaigi at 11:10|この記事のURL

有江俊太郎(嘉穂)、プロ野球の審判員めざす

2017年12月11日

12/10、西日本スポーツ5面より

有江 俊太郎 (嘉穂高・捕手)
173cm・右投右打・動画

嘉穂(福岡)の有江俊太郎捕手が、日本野球機構(NPB)審判員を目指し、16日からさいたま市である6泊7日の「NPBアンパイア・スクール」に参加する。今夏は正捕手として白球を追った有江は「厳しい道というのは分かっている。それでも挑戦したい」と言い切った。

同スクールはNPBが審判員発掘のため2013年から毎年実施。定員は65人でも、このスクールを経て審判員の卵、研修審判員の契約に至るのは、例年4人前後という難関だ。

「野球に携わる仕事がしたい」と考えていた有江は、今夏の福岡大会前に動画投稿サイトのユーチューブで、NPB審判員として活躍する水口拓弥氏の密着動画を発見。「審判員の奥深さや熱意に打たれた。(進学を保険に)逃げ道をつくりたくない」と、高校卒業後に直接審判員になることを決意した。

嘉穂の生徒の進路は進学が主流。当初は両親や遠藤靖監督から大学進学を勧められたが、意思は揺らがなかった。両親も「ただ大学に進むよりも、やりたい道を全力で行きなさい」と応援してくれるという。

現在は目前の第一関門に向け、ブルペンでの投球判定練習や、母校の嘉穂中や高校の練習試合などで審判経験を積み、野球規則の勉強も欠かさない。「審判には的確な判断力が必要。彼なら間違いない、と信頼される審判員になりたい」。マスクをかぶり替え、未来を切り開く。

draftkaigi at 07:03|この記事のURL

仙台育英野球部監督、飲酒喫煙問題で辞任

12/11、サンケイスポーツ4面より
今夏の全国高校野球選手権大会で8強入りした宮城県の仙台育英高は10日、硬式野球部員らが飲酒や喫煙をした問題を受けて記者会見を開き、佐々木順一朗監督が「申し訳なかった。監督として重大な責任がある」辞任を表明した。郷古武部長とともに来年1月1日付で辞任する。硬式野球部は同1月9日まで活動を自粛する。

佐々木監督は「生徒に責任を負わせるつもりはないが、生徒を信用しすぎていた。管理体制が甘かった」と語った。同校の調査の結果、飲酒や喫煙は今年3~11月に計8件あり、生徒15人が関わっていたことが判明。うち野球部員は、引退した3年を含め9人いた。

硬式野球部はこれまで夏の全国大会に26回、春の選抜大会に12回出場している。佐々木監督は2001年9月にも、野球部員同士の暴力問題で監督を解任。03年春から再び監督を務めていた。後任には、仙台育英OBで仙台市内の中学校野球部で監督を務める須江航氏(34)が就く。



下は仙台育英からドラフト指名された選手です。(大学・社会人経由も含む)

選手名指名年度とプロ入り後の成績
加藤 俊夫1965大洋2位
1966(2次)サンケイ1位
石崎 一夫1965大洋10位
渡辺 勉1967阪急5位
関東 孝雄1975中日6位
大久保 美智男 1978広島2位
高橋 正巳1979日本ハム2位
長島 哲郎1982ロッテ3位
大越 基1992ダイエー1位
高橋 顕法1992広島8位
金村 秀雄1994日本ハム1位
天野 勇剛1995ロッテ7位
中浜 裕之1996近鉄4位
新沼 慎二1997横浜2位
鈴木 郁洋1997中日4位
真山 龍1999西武2位
志田 宗大2001ヤクルト8巡目
菊地 俊夫2002オリックス5巡目
星 孝典2004巨人6巡目
中谷 翼2005(育成)広島1巡目
佐藤 由規2007(高校)ヤクルト1巡目
矢貫 俊之2008日本ハム3位
橋本 到2008巨人4位
木村 謙吾2010(育成)楽天2位
佐藤 貴規2010(育成)ヤクルト3位
中根 佑二2011ヤクルト5位
上林 誠知2013ソフトバンク4位
平沢 大河2015ロッテ1位
佐藤 世那2015オリックス6位
松原 聖弥2016(育成)巨人5位
西巻 賢二2017楽天6位


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

竹内奎人(静岡)、国立・群馬大の医学部合格

2017年12月07日

12/7、スポーツ報知websiteより (source)

竹内 奎人 (静岡高・投手)
178cm・右投右打・動画

静岡高野球部の竹内奎人投手が5日、群馬大医学部の一般公募推薦入試に合格した。竹内は最速141キロの本格派右腕。左の池谷とともにマウンドを守り、昨秋の東海大会優勝に貢献。今春のセンバツの大阪桐蔭との2回戦で9回途中から登板し、得意のスライダーで打者2人を完璧に抑えた。

中学時代から「スポーツでケガした人を治す整形外科医になる」と将来の道を決めており、今年7月の県大会準決勝で敗退した後は受験勉強に専念。コツコツと努力を積み重ねて、夢への一歩を踏み出した。大石卓哉部長も「現役時代も、遠征に参考書を持って来て勉強していました。よく頑張りました」と合格を喜んだ。

竹内は「本当にうれしいです。でもまだスタートラインに立っただけ。気を引き締めて大学での勉強に頑張りたい」と話した。



下は竹内君のピッチング動画です。



draftkaigi at 08:35|この記事のURL

高校野球の名門・仙台育英、無期限活動停止へ

12/7、サンケイスポーツ19面より
甲子園の常連校で、今夏の全国高校野球選手権大会で8強入りした仙台育英高の硬式野球部員と引退した3年の計6人が11月、剣道部を引退した3年の2人とともに、仙台市内の飲食店で飲酒や喫煙をしていたことが6日、同校への取材で分かった。

計8人のうち1人が急性アルコール中毒の疑いで救急搬送。8人全員が事実関係を認めており、野球部と剣道部はこの日から期限をつけず活動を停止した。

同校によると、野球部の6人は2年と3年の各3人。11月27日午後7時ごろから約4時間、剣道部を引退した3年の2人とともに、仙台市青葉区の飲食店で飲酒、喫煙していた。野球部6人の中には、夏の全国大会でベンチ入りした生徒も含まれているという。8人のうち1人が、急性アルコール中毒の疑いで救急搬送された。

野球部員の一部は寮に住んでいるが、「家族と面談する」と申告し、外出許可を得ていた。同校の真山晴夫副校長は「多くの生徒が頑張っている中、非常に残念だ。生徒の指導と管理を徹底したい」と話した。同校は既に宮城県高校野球連盟に報告しており、今後、生徒への聞き取りなどで事実関係を調査し、生徒の処分や活動再開時期を決める。

宮城県高野連は詳細を確認次第、日本高野連に報告。処分などの判断を待つ。宮城県高野連の佐藤秀之理事長は「全国的にも名の知れた学校の、このような事件。3年生3人に2年生も3人と大人数で、社会のルールを犯したことに大きなショックを受けております」と話した。

仙台育英の硬式野球部は、これまで夏の全国大会に26回、春の選抜大会に12回出場している。1989年夏、2001年春、15年夏の甲子園で準優勝。今夏の甲子園は8強入りした。今秋の東北大会は初戦で敗退し、来春の甲子園出場が絶望視されている。

今回の不祥事に、同校の生徒や県民からは落胆の声が聞かれた。同校2年の男子生徒は「野球部は育英の看板なので残念。今後このようなことがないようにしてほしい」と落胆した様子。利府町の会社員男性は「強豪校とはいえ、遠くの他県でなく、県内や東北地方出身の選手が多いチーム。身近な大人だけでなく、町ぐるみで守ってやれなかったのか」とやりきれなさを語った。



下は仙台育英からドラフト指名された選手です。(大学・社会人経由も含む)

選手名指名年度とプロ入り後の成績
加藤 俊夫1965大洋2位
1966(2次)サンケイ1位
石崎 一夫1965大洋10位
渡辺 勉1967阪急5位
関東 孝雄1975中日6位
大久保 美智男 1978広島2位
高橋 正巳1979日本ハム2位
長島 哲郎1982ロッテ3位
大越 基1992ダイエー1位
高橋 顕法1992広島8位
金村 秀雄1994日本ハム1位
天野 勇剛1995ロッテ7位
中浜 裕之1996近鉄4位
新沼 慎二1997横浜2位
鈴木 郁洋1997中日4位
真山 龍1999西武2位
志田 宗大2001ヤクルト8巡目
菊地 俊夫2002オリックス5巡目
星 孝典2004巨人6巡目
中谷 翼2005(育成)広島1巡目
佐藤 由規2007(高校)ヤクルト1巡目
矢貫 俊之2008日本ハム3位
橋本 到2008巨人4位
木村 謙吾2010(育成)楽天2位
佐藤 貴規2010(育成)ヤクルト3位
中根 佑二2011ヤクルト5位
上林 誠知2013ソフトバンク4位
平沢 大河2015ロッテ1位
佐藤 世那2015オリックス6位
松原 聖弥2016(育成)巨人5位
西巻 賢二2017楽天6位


draftkaigi at 07:04|この記事のURL

ドラフトニュース検索