ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
高校

今年は高校生遊撃手の当たり年、ドラフト注目7人

2018年08月18日

8/18、夕刊フジ41面より
プロのスカウトたちが「今年は高校生遊撃手の当たり年」と声を弾ませている。投手、内野、外野に加え主軸打者までこなす多刀流,、大阪桐蔭・根尾昂(動画)の本職もショート。16日の高岡商戦には5番・遊撃で先発し、6回に二塁打を放ち3打数1安打。守備でも安定した動きでピンチを摘み取り、準々決勝(18日)進出に貢献した。

試合後のインタビュールームで自分に殺到する報道陣を「こっちの広い場所で」と誘導する様子には、余裕と貫禄さえ漂う。身体能力と聡明さを備えた18歳は今大会ナンバーワンの注目株。スカウト陣から「この選手を獲る球団が今年のドラフトの勝者だ」との声まで上がるほどだ。

報徳学園の小園海斗(動画)は、昨秋のU-18ワールドカップで大阪桐蔭・藤原とともに2年生で2人だけ日本代表入り。広島の苑田スカウト統括部長は「守備はすでにプロレベル。即戦力として考えている」とほれ込んでいる。この日は愛工大名電に7-2で快勝。自分の打撃は内野安打1本の5打数1安打と振るわなかったが「屈辱的ですけどチームが勝つことが一番」と胸をなで下ろした。

龍谷大平安の松田憲之朗(動画)は抜群のパワーで注目を集める。西武・炭谷をいとこに持つ高校通算58発のスラッガーは、2回戦の八戸学院光星戦で3安打1打点とともに好守も連発。セ・リーグ球団のスカウトは「飛距離の出せる遊撃手は貴重」と打力を高く評価している。

その龍谷大平安と17日の3回戦で対戦の日大三は、主将で3番・遊撃の日置航(動画)がチームの要。強打、強肩と守備の堅実さでプロ各球団がリストアップしているが、現状は大学進学が濃厚だ。

常葉大菊川の奈良間大己は172センチ、66キロと小柄だが、県大会で打率8割超と打ちまくり、甲子園初戦の益田東戦でもバックスクリーン弾を放つなど乗りに乗っている。パ・リーグ球団スカウトは「センスの塊。今すぐ欲しいが、進学と聞いている」と残念そうに話した。

逸材は県大会敗退組にもいる。天理・太田椋(動画)延岡学園・小幡竜平(動画)の評価が高く、「2人とも180センチくらいの長身だが、動きは軽い。特に小幡はそれほど名前が売れていない割に能力が高い」と前出のパ球団スカウト。

某球団の編成トップは「現時点で進学の気持ちを固めている選手も、甲子園で活躍して自信を付ければプロに傾くことがある。高卒のショートがレギュラーを取ってくれれば、10年間はチームの大黒柱になってくれる」とスカウト陣にゲキを飛ばす。聖地で躍動する逸材たちに注がれる視線は熱くなる一方だ。



2018高校生のドラフト候補・一覧はこちら

2018大学生のドラフト候補・一覧はこちら

2018社会人のドラフト候補・一覧はこちら

2018ドラフト12球団のドラフト情報まとめはこちら

2018ドラフト12球団の1位指名予想はこちら

draftkaigi at 07:02|この記事のURL

ドラ1間違いなし、高校ビッグ3のスカウト評価

東京スポーツwebsiteより (source)
大多数のスカウトは、やっぱり大阪桐蔭・根尾(動画)同・藤原(動画)報徳学園・小園(動画)の3人は別格。ドラフト1位か外れ1位で消えるのは間違いないと口を揃える。

阪神・畑山俊二チーフアマスカウト「スカウトは潜在能力と発揮能力を見る。潜在能力があってもそれを発揮できるかどうかの見極めが大事。それはプロで鍛えてできるものでもない。根尾、藤原、小園は下級生のときからそれができている。それを持ってる子は早くから活躍できる」と太鼓判を押す。

その3選手の中でも根尾は群を抜いている。

中学時代はスキーの全国大会で優勝するなど、卓越した身体能力を持っており、本格的に野球に打ち込んだのは高校からとあって、楽天・仁村徹スカウト副部長「スキーをやったり、他の選手と比べてちゃんと野球をやってこなくて、これだからね。去年の夏、今年の春、夏と見てきて守備やピッチングとかの成長はものすごい。投手にしろ、野手にしろ、このままどっちかをやり込めば、どこまでいくのか分からない。けがもしづらいし、悪いところが見当たらない」とベタ褒めだ。

「二刀流」の根尾だが、スカウト陣からは野手として評価する声の方が多いのも事実で、日本ハム・山田正雄スカウト顧問「今宮(ソフトバンク)タイプ。坂本勇(巨人)が2年目に出てきたように、高卒ながら早く一軍に定着する可能性がある。遊撃手というポジションだけに各球団の評価は非常に高い」とほれぼれしている。

中日・中田宗男編成部アマスカウトディレクター「ほとんどが野手評価だけど、根尾の場合はどっちかに固定しない方がいいかもしれない」と、当面は投手、野手どちらの可能性も残しながら、見守りたいとしたが「ボールに対する飛びつきの判断力とか遊撃手として格段によくなっていて、確かに伸びしろは遊撃手の方があるのかなと思うけど、当然外野もできる。あまり固定観念にとらわれず、いろいろなポジションで見てみたい」と分析している。

中でも楽天・仁村スカウト副部長は根尾が野手一本化した場合の秘策を披露。「今は左打ちだけど、右で打てるようになれば面白いと思う。右投げ右打ちの打者が左打者にスイッチすることはあるけど、根尾君のように右投げ左打ちからスイッチになることはなかなかない。それができる可能性も秘めている。今までにこういうタイプは見たことがない。僕らにはその可能性が分からないほど、ものすごく可能性を感じる。どこまでうまくなるのか、どこまでいくのか面白い存在だね」と熱く語った。

根尾によると「左で打ち始めたのは小2から。右で打ったことはあんまりないです」とのことだが、異例の両打ちプランを本紙がぶつけると「右でも振るだけだったら自信があります」とニヤリ。その超人じみたボディーバランスから、野手に専念すれば左だけでなく、右の大砲にもなれる。“NEO”の底知れぬポテンシャルに仁村スカウトは胸を躍らせている。

一方、藤原の評価もやはり高い。日本ハム・山田スカウト顧問「西武の秋山や元広島の前田智を思い出させる。走攻守どれもレベルが高い。『高卒外野手』ながら、その能力は疑いようがない」と舌を巻けば、中日・中田スカウトディレクター「すべてが高いレベルで備わっている選手。バッターは7割は打てないが、守備、走力でカバーできる。調子に左右されず使えるのは魅力。3割30本30盗塁を目指せるタイプの選手」と絶賛する。

小園の成長に目を丸くするのは楽天・仁村スカウト副部長「体も大きくなっているし、何といっても肩と足が抜群で走攻守、精神面などいろいろ考えても本当にいい選手。高校生ではない。今すぐにプロでも我慢して使ってもできるぐらい能力はある。打てて走れて守れてと、そういうショートはなかなかいない。トリプルスリーができる能力を持っている。山田哲(ヤクルト)や坂本勇を超えられる能力はある」と言えば、中日・中田スカウトディレクター「プロ入りならレギュラーはほとんど確約されている」とうなっている。




2018高校生のドラフト候補・一覧はこちら

2018大学生のドラフト候補・一覧はこちら

2018社会人のドラフト候補・一覧はこちら

2018ドラフト12球団のドラフト情報まとめはこちら

2018ドラフト12球団の1位指名予想はこちら

draftkaigi at 07:00|この記事のURL

夏の甲子園に徹夜組多数、警備員「今年は異常」

2018年08月17日

8/17、デイリースポーツ4面「甲子園番25時」より
連日の熱戦が続く甲子園。その夢舞台を一目見ようと球場外では、当日券を巡る熱い戦いが起きている。15日の23時に聖地を訪れると、そこには翌日の開門を待つ大勢のファンの姿が。平日にもかかわらず、家族連れや若い女性など約400人の徹夜組が列をなしていた。

行列を誘導する警備員の尾野村弦重さんは「きょうの試合が終わってから陣取っている人もいるぐらい。今年はちょっと異常ですね。夜勤で入っているけど、24時間働いているような感覚です」と話すほど、甲子園は夜も大盛況のようだ。

お客さんからどう並べばいいのかという質問が多いようで、「初めて来られる方も多く、対応に追われることもあるが、今のところトラブルはないです。スムーズに誘導できれば」と熱意は十分だ。今後も混雑が予想されるが、無事に開催できているのは関係者の支えがあってこそ。最後までルールを守って、気持ちよく記念の100回大会を見届けて欲しい。



2018高校生のドラフト候補・一覧はこちら

2018大学生のドラフト候補・一覧はこちら

2018社会人のドラフト候補・一覧はこちら

2018ドラフト12球団のドラフト情報まとめはこちら

2018ドラフト12球団の1位指名予想はこちら

draftkaigi at 07:53|この記事のURL

山田龍聖(高岡商)、プロ志望届明言せず

 8/17、デイリースポーツ5面より

山田 龍聖 (高岡商高・投手)
182cm・左投左打・動画

勝つことはできなかった。しかし、高岡商のエース・山田龍聖投手(動画)は最後まで逃げずにV候補の大阪桐蔭に立ち向かった。強力打線から11奪三振。138球の熱投で甲子園に詰め掛けた4万2000人の観衆を魅了した。「攻めの姿勢は見せられた」と語る山田の眼に涙はない。

最速148キロを誇る左腕は、内角をズバッと突く直球と切れのあるスライダー、フォークを武器に真っ向勝負。三回には藤原、根尾から連続三振を奪った。「ベストピッチはできた。でも、投げきったからには勝ちたかった・・・」。偽らざる本音が口を突いた。

進路について「落ち着いてから決めたい」と語る山田は後輩たちに「しっかりやってくれると思う」と全国制覇のバトンを託した。その言葉に、九回に右前打を放った2年生の堀裕貴外野手は「絶対に甲子園に戻ります」。逃げずに強敵に立ち向かったエースの姿は、新チームへの何よりの置き土産となった。

(8月16日 夏の甲子園3回戦 大阪桐蔭 3-1 高岡商)



山田君のスカウト評はこちら

山田君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:20|この記事のURL

北村恵吾(近江)プロ志望、「プロに行けると確信」

8/17、夕刊フジ26面より

北村 恵吾 (近江高・三塁手)
183cm・右投右打・動画

17日の3回戦で、近江は常葉大菊川と対戦する。今大会は1回戦で今春センバツ準優勝の智弁和歌山を7-3で下し、2回戦では甲子園優勝経験のある前橋育英にサヨナラ勝ち。大物食いで勢いに乗っている。

1回戦で2本塁打を放ったプロ注目の主砲、北村恵吾内野手(動画)「世の中では智弁和歌山の勝利を予想する声が多かったと思う。近江旋風を起こすためにも『革命』を合言葉にチームで奮起しました」と打ち明ける。

北村にとって夏の甲子園は2回目。4年の夏も4番を任されたが、「初めての甲子園で落ち着いたプレーができなかった」。この大会では、1回戦で常総学院に無得点で敗退。北村自身も4打席1安打と振るわなかった。

対照的に今大会は「落ち着いて自分のプレーを貫き通せている」。プロ入りの決意と冬場のストイックな練習が精神と技術を支えているからだ。昨冬から1日1500スイングと、体にキレを出すための30メートル走20本、50メートル走10本を自分に課してきた。「前のめりにならず、軸足で回転する」打撃フォームは練習のたまものだ。

滋賀大会を控えた今年6月後半、プロ志望の決意を多賀章仁監督に伝えた。センバツ後に「ネット裏の評判、練習や試合を訪れるスカウトの姿で自分がドラフトにかかる可能性があることを自覚した」そうで、「夏の結果次第でプロにいけると確信した」。悲願の滋賀県勢初優勝と自分の夢を同時にかなえる決意だ。



北村君のスカウト評はこちら

北村君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

ドラフトニュース検索