ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
高校

甲子園ドラフト候補総括(サンケイスポーツ)

2018年08月13日

8/13、サンケイスポーツ2面「各球団スカウトの目」より
出場全56校が初戦を終えた。今年は野手に今秋のドラフト上位候補がそろう。プロ全12球団のスカウトが「1位候補」に挙げるのは、大阪桐蔭の根尾(動画)同・藤原(動画)報徳学園・小園(動画)だ。

中日・米村チーフスカウトは「内外野と投手もできるのが根尾。岐阜出身で、うちのスーパースター候補と見ている。藤原は打撃はいうまでもなく、足の故障が治ってスピードが戻った。小園は振りが鋭くなった」と高く評価する。

投手で注目されるのは最速148キロの直球で14三振を奪った金足農・吉田(動画)と、浦和学院・渡辺(動画)の両右腕。吉田は大学進学を打ち出しているが、甲子園での投球で評価はさらに上がった。

この日登場した渡辺についてヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「角度(をつけた投球)と球速150キロ以上が期待できる」。巨人・岡崎スカウト部長は「きょうの投球に関係なく、いい投手」、西武・渡辺SDも「楽しみ」と話した。

このほか、DeNA・吉田スカウト部長近江・北村(動画)広島・苑田スカウト統括部長花咲徳栄・野村(動画)を推した。

また、今大会は2年生に好投手が多く、星稜・奥川(動画)創志学園・西(動画)横浜・及川(動画)羽黒・篠田木更津総合・根本(動画)興南・宮城らが注目を集めている。



2018高校生のドラフト候補・一覧はこちら

2018大学生のドラフト候補・一覧はこちら

2018社会人のドラフト候補・一覧はこちら

2018ドラフト12球団のドラフト情報まとめはこちら

2018ドラフト12球団の1位指名予想はこちら



draftkaigi at 07:04|この記事のURL

河村唯人(日大三)、プロで大化けする可能性

2018年08月11日

8/11、日刊スポーツ2面より

河村 唯人 (日大三高・投手)
175cm・左投左打・動画

プロで大化けする可能性がある隠し玉候補だ。高校野球100回大会の日刊スポーツ「編成部長」を務める前ロッテのサブロー氏が、日大三の2番手で好投した背番号10の左腕、河村唯人投手(動画)の「招き猫投法」に着目した。

身長175センチの河村の直球は130キロ台中盤がほとんど。恐らく現時点で注目しているスカウトは少ないだろう。ただ、その直球に打者は振り遅れ、差し込まれる。ボールの出どころが見えにくいフォームは「招き猫投法」と言われたヤクルト成瀬にそっくりだ。

成瀬がロッテに入団したばかりの頃、シート打撃で対戦した時に不思議な投手だと思った。スピードは遅いのにタイミングが取りづらく、差し込まれる。河村の投球フォームもそう。

テークバック時に左手で握ったボールが<1>左太ももで隠れ、<2>左脇腹で隠れ、<3>最後は右手のグラブでも隠れている。打者にとっては、リリースの瞬間までボールが1度も見えない。通常は<1>の時点で、ボールが背中の後ろ側に見えるもの。タイミングを取りたくても取るポイントがないから、振り遅れる。

成瀬の直球も140キロ出なかったが、07年に16勝、09年からは4年連続で2ケタ勝利を挙げた。河村はコントロールも良く、切れのある直球がコーナーに決まっていた。木製バットになれば、さらに詰まったゴロや凡フライも増えるだろう。中継ぎより、打たせて取ってゲームをつくる先発タイプの魅力を感じる。

(8月10日 夏の甲子園1回戦 日大三 16-3 折尾愛真)



河村君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 12:03|この記事のURL

市川悠太(明徳義塾)、ドラフト2位以内で消える

週刊現代 8月18・25日号より

市川 悠太 (明徳義塾高・投手)
184cm・右投右打・動画

惜しくも、甲子園出場を逃した選手の中にも、スカウトたちがドラ1候補にリストアップしている投手がいる。明徳義塾のエース、市川悠太(動画)だ。サイドスローに近い投げ方から身体を捻り、150キロ近いキレのあるボールを投げる。明徳義塾史上ナンバー1投手とさえ言われていたが、高知大会決勝で突如乱調、高知商業に打ち込まれて涙をのんだ。

「甲子園こそ逃したとはいえ、素材として一級品であることは変わりない。落ちるボールを覚えられれば1年目から即戦力として投げられる逸材です。複数のチームが上位指名を狙っており、ドラフト2巡目までに消える可能性が高いです」(スポーツ紙プロ野球担当記者)



市川君のスカウト評はこちら

市川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

川原陸(創成館)、ドラフト上位か下位か評価割れる

2018年08月09日

8/9、夕刊フジ23面より

川原 陸 (創成館高・投手)
184cm・左投左打・動画

今大会の絶対的大本命、大阪桐蔭にとって最恐の刺客といわれるのが創成館(長崎)、9日の第3試合で、創志学園(岡山)との1回戦に登場する。7日に紅白戦を行い、エース左腕の川原陸投手(動画)は2回5失点だったが、「久々の実戦にしてはいい球もあった。プラスにとらえたい。決して悪くなかったです」と前を向いた。

185センチ、84キロの体格から繰り出される最速141キロの直球とスライダーにネット裏からの視線は熱い。この日も熱心なスカウトが甲子園そっちのけでスタンドから目を光らせていた

「プロ注とか、ドラフト候補とか、そんな・・・」。練習後の川原は首を横に振ったが、試合に向けた話となると目の色を変えた。創志学園のエースは最速150キロを誇る2年生の西純矢投手。「相手がいい投手だというのも分かっています。そして、2年生ですよね。絶対に負けられない。勝ちたいです。それ以外にない」。強烈な対抗心を隠そうともしない。

プロ志望といわれるが、あるスカウトは「上位か下位か。ここが一番評価の分かれるところ。本音を言えば、大学か社会人でもまれた後を見たいが、杉内(巨人)を青田買いできると思えば、どこも獲りに行かざるを得ないよな」

昨秋の神宮大会準決勝で現在高校球界最強と誰もが認める大阪桐蔭に、公式戦で土をつけた最後の投手でもある。左腕の希少性からいっても、プロ側は秋まで決して目を離せない。



川原君のスカウト評はこちら

川原君のピッチング動画は
こちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

日米スカウトが惚れ込む甲子園の逸材たち

2018年08月08日

 FLASH 8月21・28日号より
日米スカウトの今大会注目度ナンバー1は、報徳学園・小園海斗遊撃手(動画)だ。プロ球界最年長スカウト、広島の苑田氏は、丸佳浩のようなタイプと絶賛する。「広角に打てるし、バットに乗せて運べるので飛距離も出る。守備も一歩目のスタートがいい。球際にも強いし、肩、走力も申し分ない」

フィラデルフィア・フィリーズの大慈弥・環太平洋担当部長は身体能力の高さに注目。「外野の芝生エリア付近の深い守備位置は、強靭な脚力と強肩の証し。最近のメジャーは、肩と脚力のある選手を重視する傾向がある。今大会1番メジャーに近い選手」

続いては、中学時代に小園とは枚方ボーイズのチームメートだった大阪桐蔭・藤原恭大外野手(動画)「野球センスが抜群。打撃もしなやかで、率を残せるタイプ。なによりプロ向きの気迫が素晴らしい」(広島・苑田氏)。「打撃力が高く、選球眼もいい。50メートル5.7秒の俊足と鉄砲肩も魅力」(大慈弥氏)

二刀流、大阪桐蔭・根尾昂(動画)も高評価。「打撃面に弱点は見当たらない。スイングもプロ並みに速い。ただ、将来は投手としてよりショートを守らせたい。2、3年後の成長が楽しみ」(パ・リーグスカウト)

「広角へ打ち分ける積極的な打撃が魅力だが、それ以上に将来メジャーで、全162試合を戦い抜くだけの体力とパワーがある」(大慈弥氏)


以上が、日米スカウトが注目する今大会のビッグ3。

大器を予感させる球児は他にもいる。父親がコンゴ人のハーフ、横浜・万波中正外野手(動画)は桁外れのパワーが魅力。「投げては140キロ台後半、打ってはバックスクリーン直撃弾。甲子園で好成績を収めたら、ドラフト3位以内に入る」(前出、パ・スカウト)

智弁和歌山・林晃汰三塁手(動画)は、左右に一発を狙える長距離砲。花咲徳栄・野村佑希投手(動画)は内野手も兼任。だが、スカウト陣は打撃力に高い将来性を見出す。

U-18日本代表候補の金足農・吉田輝星投手(動画)は、今大会ナンバー1の呼び声。打者との駆け引きに加え、フィールディングもいい。楽天の則本昂大タイプ。190センチの長身からMAX145キロを投げ下ろす大型右腕、浦和学院・渡辺勇太朗投手(動画)も大化けしそうな予感だ。



2018高校生のドラフト候補・一覧はこちら

2018大学生のドラフト候補・一覧はこちら

2018社会人のドラフト候補・一覧はこちら

2018ドラフト12球団のドラフト情報まとめはこちら

2018ドラフト12球団の1位指名予想はこちら

draftkaigi at 08:58|この記事のURL

ドラフトニュース検索