ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる
大学

馬場皐輔(仙台大)、10球団以上から調査書届く

2017年10月21日

10/21、日刊スポーツ4面より

馬場 皐輔 (仙台大・投手)
180cm・右投右打・動画

みちのくに剛腕あり。仙台大の馬場皐輔(動画)は、右上手から投げ込む最速155キロ速球に加え、7種類の変化球を巧みに操る。今秋のリーグ戦では3完封を含む無傷の5連勝。計37回を2失点、防御率0.49と圧倒的な数字をたたき出し、2季ぶり優勝の原動力となった。プロ10球団以上から調査書が届いており、ドラフト上位候補として運命の日を待つ。

「みちのくのドクターK」こと馬場には、貫禄が漂っていた。180センチ、90キロの体格から投げ込む剛速球に7種類の変化球を織り交ぜれば、相手のバットはかすりもしない。

▼馬場
「12球団どこでも行く。仙台育英で同期だったソフトバンク・上林と対戦してみたい。刺激になる」


今春は粗削りな投球で優勝を逃したが、今秋は別人の投球を見せた。先発5試合で37回を投げ、被安打はわずかに15で2失点、60三振を奪った。奪三振率は驚異の14.6をたたき出し、36回連続無失点をマークした。「この秋は縦のスライダーでカウントを取れるようになって、投球の幅が広がった」と胸を張る。

仙台大のコーチで元ロッテの坪井俊樹氏からの助言で飛躍した。今夏、「どの球も一級品なんだから、ベースの上で勝負しろ」と指摘された。最速155キロの剛速球が注目されがちだが、実は変化球が生命線だ。縦に落ちる球種だけでも120キロ台のフォーク、130キロ台の縦のスライダー、140キロ台のスプリットの3種類を駆使する。

制球力は決して良くなかったが、今夏はどの変化球でもカウントが取れるように再点検した。両肩の平行を維持して投球フォームを固め、1球1球確認してコースに投げ込み、自在に操れるまでに精度を高めた。「試合で100球投げるとしたら、変化球は70球ぐらい。自分は変化球投手だと思っている」と自己分析した。

明治神宮大会出場を決める東北地区大学野球代表決定戦が今日21日から2日間、岩手で行われる。「少しのミスが失点につながる。チームが勝つのであれば先発、抑え、どこでも投げる」。仙台大にとっては初となる明治神宮切符を手土産に、プロへ挑戦する。



馬場君のスカウト評はこちら

馬場君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 10:01|この記事のURL

デイリースポーツ厳選、即戦力投手のドラフト候補(16人)

デイリースポーツは、「今ドラフトの即戦力投手候補」と題して、以下の16人を挙げています。(本日終面記事)

大学生
馬場皐輔(仙台大) 動画 スカウト評
斉藤大将(明治大) 動画 スカウト評
鍬原拓也(中央大) 動画 スカウト評
高橋遥人(亜細亜大) 動画 スカウト評
高橋礼(専修大) 動画 スカウト評
東克樹(立命館大) 動画 スカウト評
近藤弘樹(岡山商科大) 動画 スカウト評
草場亮太(九州産業大) 動画 スカウト評

社会人
鈴木康平(日立製作所) 動画 スカウト評
永野将司(ホンダ) 動画 スカウト評
田嶋大樹(JR東日本) 動画 スカウト評
西村天裕(NTT東日本) 動画 スカウト評
斎藤俊介(JX-ENEOS) 動画 スカウト評
柏原史陽(JX-ENEOS) 動画 スカウト評
鈴木博志(ヤマハ) 動画 スカウト評
山本大貴(三菱自動車岡崎) 動画 スカウト評

draftkaigi at 09:18|この記事のURL

宮本丈(奈良学園大)、11球団から調査書届く

10/21、スポーツニッポン6面より

宮本 丈 (奈良学園大・遊撃手)
181cm・右投左打・動画

今秋ドラフト上位候補の奈良学園大・宮本(動画)が1安打を放ち、リーグ戦通算安打を104に伸ばした。阪神、オリックスなど6球団が視察。26日のドラフトを目前に控え、調査書は11球団から届いた

和歌山大に8回コールド負けを喫し、2季ぶりの王座奪回へ崖っぷち。「3番打者として勢いをつけることができなかった。これが実力。残り2試合しっかりやるだけ」と前を向いた。

(10月20日 近畿学生野球 和歌山大 10―3 奈良学園大)



宮本君のスカウト評はこちら

宮本君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 08:10|この記事のURL

東克樹(立命大)、無名の左腕がドラ1候補に成長

2017年10月20日

10/20、中日スポーツ10面「ドラフトを待つ」より

東 克樹 (立命館大・投手)
170cm・左投左打・動画

安楽智大(楽天)、高橋光成(西武)で沸いた2013年夏の甲子園。初戦で姿を消した愛工大名電の小柄な左腕が、4年後のドラフト1位候補に名が挙がることを誰が予想しただろう。「そりゃそうですよ。あの時は本当に無名だったんで」立命大のエース・東克樹(動画)は屈託なく笑う。

関西学生リーグ史上初となる2度のノーヒットノーランを達成。170センチの身長から最速152キロの直球を投げ込むが「自分は本格派とは思っていない」。抜群の制球力と、チェンジアップ、スライダーなど多彩な球種を駆使する投球が持ち味と考えている。

1年秋はリリーフながらリーグ1位の防御率0.39。鮮烈なデビューだったが、プロの道は選択肢になかった。この頃から声をかけてもらっていた社会人野球チームがあり、本人も安定を求めて希望していた。その決意は1年近く悩まされた左肘痛に苦しみながら、3年春に1度目のノーヒットノーランを遂げても変わらなかった。

肘痛が癒え、思い切り腕が振れるようになった今春、転機が訪れた。「人生最高の投球だった」と言う関大戦で2度目のノーヒットノーランを記録し、最速も更新。「成長したという実感が出てきて、自信につながった」と進路をプロに代えた。

今夏に大学日本代表に初選出され、日米大学野球(7月)、ユニバーシアード競技会(8月)は先発の軸として2大会で4試合27イニング投げ40奪三振、自責点0。一気にプロからの評価を上げた。

座右の銘である「不動心」と刺しゅうしたグラブを愛用するが、現在の心境は「正直、いい順位で選ばれるか不安で・・・。ドキドキです」。誰よりも早く名前を呼ばれたい・・・。その望みがかなう瞬間を待つ。



東君のスカウト評はこちら

東君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 08:01|この記事のURL

岩見雅紀(慶大)、ハズレ1位候補に浮上

2017年10月19日

10/19、夕刊フジ26面より

岩見 雅紀 (慶応大・外野手)
187cm・右投右打・動画

慶大の主砲でドラフト候補の岩見雅紀外野手(動画)が17日、東京六大学秋季リーグ戦・立大2回戦でシーズン最多に並ぶ今季7号2ランを含む2安打、2打点の活躍。春の5本を加えた年間12本塁打はリーグ新記録となった。「記録に名前を載せてもらえるのは光栄。でも、いまはチームが優勝するために打つことだけを考えています」と強調する岩見。

通算21本塁打。最終週の早慶戦を残しており、慶大の先輩である高橋由伸・現巨人監督が持つ通算最多記録23本塁打の更新もありうる。規格外のパワーを誇示し続けるスラッガーに、プロの評価は一変した。

レギュラーに定着したのは3年春から。わずか2本塁打だった右打者はこの2年間の47試合で19本塁打を積み上げた。日本ハム・山田スカウト顧問は「元々のパワーに加えてうまさも出てきている。3、4年で伸びた選手はプロでも成功する可能性が高い」と急成長ぶりに目を細める。

長距離砲不足に悩むロッテの永野チーフスカウトは「バットをボールの下に入れる角度がいい。典型的なロングヒッターの打ち方。注目したのは左翼の守備位置まで常に全力で走っていること。足腰が鍛えられている証拠でもあるし、バットスイングにもいい影響があるはず」と試合に臨む姿勢を絶賛した。

内外野の守備に不安を指摘する声もあるが、身長187センチ、107キロの巨体から繰り出す圧巻の長打が秘める魅力は文句なし。スカウトの間では「セよりDHのあるパ・リーグ向きなのは間違いない」。下位指名が有力だった春からハズレ1位候補まで評価を高めつつある



岩見君のスカウト評はこちら

岩見君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:04|この記事のURL

ドラフトニュース検索