ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

大学

高校日本代表の渡辺雄太、法政大に進学

2017年03月29日

3/28、中日スポーツ10面より

渡辺 雄太 (いなべ総合高・捕手)
174cm・右投右打・動画

日の丸を経験した捕手が活躍の場を神宮に移す。法大に進学する渡辺(動画)「厳しくも楽しい充実した3年間を過ごせた。学んだことを大学でも生かしたい。春からベンチ入りして、レギュラーを目指したい」と新しい舞台に目を輝かせた。

一躍名前を売ったのが昨夏の甲子園。3回戦・秀岳館戦の1回に自慢の強肩で二盗を刺すと、2回には座ったまま二塁に送球した。判定はセーフだったが、ギリギリのクロスプレー。米カージナルスの名捕手、ヤディエル・モリーナを参考にしているという座り投げで甲子園をどよめかせた。

「ずっと練習でやっていたので、甲子園でもやってやろうと。アウトだと思ったんですけどね」

中学時代は二塁までノーバウンドで投げられなかった。高校入学後、肩を強くするために練習で取り入れたのが座り投げだった。足を使わずに投げるため、上半身の力を使う必要がある。ボールを放す感覚も養えた。「肩は強くなったし、打撃も良くなった。本当に変わりました」

入学時は甲子園に出ることが目標だったが、高校日本代表に選ばれるまで成長。履正社・寺島(ヤクルト)、広島新庄・堀(日本ハム)、横浜・藤平(楽天)ら後にドラフト1位でプロ入りした選手とプレーし、U―18アジア選手権で優勝した。「入学前には想像できなかったような体験ができた。人としても、いろいろなことを学べた」と振り返った。

法大には2月に入寮し、千葉・鴨川キャンプに参加。「選手個々のレベルが高い。これが東京六大学なんだと実感した」。キャンプで右肩を痛めたが、本番はこれから。「座り投げの反響は大きかったけど、座り投げの人というだけで名前を覚えられていない。神宮でもやってみたい」。次は大学球界で高みを目指す。




渡辺君が甲子園で披露した「座り投げ」動画はこちら

法政大野球部のスポーツ推薦合格者はこちら

draftkaigi at 06:42|この記事のURL

宮台康平(東大)、社会人チームを4安打完封

2017年03月26日

3/26、デイリースポーツ4面より

宮台 康平 (東京大・投手)
178cm・左投左打・動画

東大のエースでプロ入りを目指す意向を持つ宮台康平投手(動画)が25日、社会人・東京六大学対抗戦で明治安田生命を4安打完封。左肩故障からの復活をアピールした。

一昨年の都市対抗大会に出場した相手に対し、三塁を踏ませたのは1度だけ。9奪三振、4四球の危なげない投球に「きょうは神宮のマウンドで自分らしい真っすぐを投げられるか、を課題にした」と話した。3連続三振を奪った二回にこの試合最速の144キロ。終盤にも143キロを記録するなど、球速は落ちなかった。

浜田一志監督は「きょう何ともなければ27日に組んでいる日大戦に、宮台が課題としている中1日で登板させる」と語っており、リーグ戦で念願の勝ち点を挙げるための起用法を試す。

(3月25日 社会人・東京六大学対抗戦、東大 2―0 明治安田生命)




宮台君のピッチング動画はこちら

宮台君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:39|この記事のURL

プロ注目・浅野亨太(大府)、中京大へ進学

2017年03月17日

3/17、中日スポーツ8面より

浅野 亨太 (大府高・投手)
179cm・右投右打・動画

愛知県立高の強豪・大府で、2年春からエースナンバーを背負っていた浅野(動画)。179センチ、80キロでスリークオーターから、右打者の内角に食い込む独特の球筋を描く投球が持ち味。準々決勝敗退を喫した高3夏の県大会では、最速144キロをマークし、プロのスカウトにも逸材として評価されていた。

本人は当初、東京の大学を志望していた。だが第一志望の大学のセレクションで不合格に。プロ志望届の提出を考え、昨年9月ごろまで悩んでいた。

だが、「行きたかった大学に行けなかったのは、実力が足りないから。今のままプロ志望届を出しても確実じゃない。大学で4年間、ちゃんと実力をつけ、体もつくってからプロを目指そう」と決意。以前から誘いの声がかかっていた中京大へ進むことを決めた。

高校入学直後は120キロ中盤だった球速が3年間で20キロ近く伸びたのは、右肩周りの柔軟性を高めたから。入学してすぐ、自宅近くの接骨院で、けが防止のために肩を柔らかくした方がいい、とアドバイスを受けた。以降は毎日20分を肩のストレッチに費やし、可動域を広げてスムーズな投球動作を実現。結果的に球速アップにもつながった。

中京大の新入部員には最速147キロを誇る右腕・初祖晋太郎(中京大中京)など有望選手も多い。「誰にも負けたくない。早く監督の信頼を勝ち取って試合で活躍したい」。数多くのライバルより先に先発マウンドの座を狙う。




浅野君のピッチング動画はこちら

浅野君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 12:41|この記事のURL

ケムナブラッド誠(日本文理大)、上位候補に浮上か

2017年03月13日

3/13、スポーツ報知4面より

ケムナ・ブラッド・誠 (日本文理大・投手)
192cm・右投右打・動画

右肘痛からの復活を目指すケムナ・ブラッド・誠(動画)が3番手で登板。約1年ぶりの実戦で、1回1/3を無安打、3奪三振と好投。「去年迷惑をかけたので、神宮で優勝できるようにチームに貢献していきたい」と笑顔。

米国人の父を持つハーフで、192センチ、91キロの大型右腕。故障前は最速151キロをマークするなど、今後の活躍次第では、今秋ドラフト上位候補になる可能性もある。

(3月12日 オープン戦 日本文理大 8―2 東大)




ケムナブラッド誠君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 09:00|この記事のURL

元高校日本代表の飯田晴海(東洋大)、プロ目指す

2017年03月05日

3/5、スポニチwebsiteより (source)

飯田 晴海 (東洋大・投手)
175cm・右投右打・動画

東都大学野球連盟は4日、春季1部リーグ戦の日程を発表した。4月4日の開幕戦は、昨秋リーグ戦を制した日大と中大が対戦する。

11年春以来、12季ぶりの優勝を狙う東洋大は、第2週の中大戦で開幕。最速145キロ右腕・飯田晴海投手(動画)は、常総学院時代にU―18日本代表でチームメートだった楽天・松井裕樹投手の侍ジャパン入りを刺激に、リーグ優勝に導く活躍を誓った。

エースで主将。15年にヤクルトからドラフト1位指名されたOBの原樹理と同じ道を歩む今秋ドラフト候補の飯田は「チームとしても個人としても結果が全て。主将なのでチーム第一でやって結果を出せば(プロ入りにも)つながると思う」と最終学年に臨む意気込みを示した。

高校時代にU―18でチームメートだった松井裕は、WBCを戦う侍ジャパンに選出。プロの世界でも日の丸を背負う左腕を見て「刺激になる。自分も負けたくないし、やってやろうという気持ち」と闘志を燃やす。

昨春のリーグ戦で右肩痛から復帰し、リーグ戦初勝利を挙げた際には松井裕から「おめでとう」と祝福された。親友でもあり、互いに刺激し合う良きライバル。プロ入りへ「この1年に懸ける思いは強い」と春のリーグ戦に照準を定めている。

このオフは「勝てる投手」になるために投球以外にもクイック投球やフィールディングなど総合力を高める練習を行ってきた。原樹から教わったシュートやフォークの新球にも取り組む。小、中学生時代は主将、高校では副主将を務めた右腕が、持ち前の統率力でチームを頂点に導く。




飯田君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 09:14|この記事のURL

ドラフトニュース検索