ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
大学

プロ注目・石井巧(作新学院)、大学進学予定

2019年08月19日

8/19、西日本スポーツ6面より 

石井 巧 (作新学院高・遊撃手)
178cm・右投右打・動画

タオルで顔をおおって号泣した。涙をぬぐった作新学院のプロ注目選手で主将の石井巧内野手は報道陣の質問にポツリポツリと答えた。「春も秋も栃木で勝てなくて、終わりだと思った時期もあったチームが甲子園で2つも勝ったけど、てっぺんを取りたかった・・・」。進路については「大学で野球をやります」と明言した。

1回1死一、二塁でバックスクリーン左に先制3ランを放り込んだ。セカンド松尾との二遊間で2併殺も奪い攻守でチームをけん引したが、7回の好機に左飛で追加点を奪えなかったのを悔しがった。

2年夏にベスト4に進んだ兄・一成(2016日本ハム2位)には並べなかったが、スタンドで応援してくれた父・勲さんにホームランをプレゼントできた。卒業後は、早大でプレーしてからプロ入りした兄と同じく大学野球に舞台を移し兄の背中を追う。

春の栃木大会後に、覇気が感じられなかった3年生全員を3週間、グラウンドから締め出した小針監督は、はい上がってきた3年生を称えつつ「プレーで引っ張ってくれたと思う。自信をつけて上でもやってほしい」と、甲子園でも成長を続けた石井主将をねぎらった。

(8月18日 甲子園大会準々決勝 中京学院大中京 6-3 作新学院)


draftkaigi at 07:40|この記事のURL

プロ注目・飯塚脩人(習志野)、大学進学を希望

2019年08月15日

8/15、スポーツニッポン5面より

飯塚 脩人 (習志野高・投手)
181cm・右投左打・動画

センバツ準優勝校の習志野が散った。2回に左腕・山内がつかまり、150キロ右腕・飯塚(動画)に継投も終盤にとらえられた。小林徹監督は「鶴岡東さんの打者がミスショットなく完璧にやられた。攻守ともに上回られた。完敗」と肩を落とした。

1回戦の沖縄尚学戦では5回無失点と好救援した飯塚は「状態は悪くなく、いつも通りに行こうと思った」と2回途中からマウンドへ。1点を失いながら7回までは無失点と粘った。しかし8、9回に丸山に2打席連続でソロを被弾。「1試合に2本ホームランを打たれたことはない」とぼう然。

「相手はしっかりとコンタクトしてきて投げるボールがなくなった」と悔やみ、涙を流した。今後については大学進学を希望「後輩たちに謝りたい。今度こそ夏の優勝を成し遂げてほしい」と託した。

(8月14日 甲子園大会2回戦 鶴岡東 9-5 習志野)



飯塚君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:03|この記事のURL

プロ注目・西舘昂汰(筑陽学園)、大学進学予定

2019年08月12日

8/12、西日本スポーツ24面より

西舘 昂汰 (筑陽学園高・投手)
186cm・右投右打・動画

試合が終わりグラウンドを出るときに、涙が込み上げた。「もうここで野球ができないと思うと・・・。相手の校歌を聞いて、終わったんだなと思った」。春夏3度の優勝経験がある甲子園常連校を相手に1人で投げきった。筑陽学園のエース西舘(動画)は高校野球最後の瞬間をかみしめた。

緊張からか、立ち上がりにつまずく。初回、先頭打者から2連打を許し1点を先制された。「ここで気持ちが落ち込んだら意味がない」と気合を入れ直した。選抜大会の後に「このままでは夏は通用しない。投球の幅を広げるために」と、覚えた小さく変化するスライダーを使いながら、最少失点に切り抜けた。

その後も粘り強く投げ続け、9回まで3失点。反撃を待った。7、8、9回を三者凡退で締めながら、「取り返してくれる」と信じていた。そのエースの願いは2点差を追う9回裏に届く。2死からの3連打で同点。延長に入ってもマウンドに立った。

強豪校の底力を思い知ったのは直後の10回だ。先頭打者に安打を許すと、二盗、三盗と続けて決められ、適時打で決勝点を奪われた。捕手の進藤勇也の送球はわずかに間に合わなかったが「進藤でアウトにできないならどんな捕手もアウトにできない」とここまで支えてくれた相棒への信頼は最後まで揺るがなかった。

昨夏のベンチ外から1年後、夢だったエースナンバーを背負って夏の甲子園のマウンドに立った。西舘とエースを交代し甲子園で背番号10となった西雄大は試合中ベンチで「最後まで投げろ」と励ましてくれた。

「西や菅井(一輝)を甲子園で投げさせたかった。勝てなくて申し訳ない」。昨秋から明治神宮大会、選抜大会、福岡大会と一緒に乗り越えてきた仲間への思いを口にした。

敗れはしたが、全力の151球だった。「最後にこういう試合ができるとは思わなかった。楽しかった。悔いはないです」。卒業後は進学を希望。次のステージは大学野球になる。西舘は涙が乾いた目で前を見た。

(8月11日 甲子園大会2回戦 作新学院 5-3 筑陽学園)



西舘君のスカウト評はこちら

西舘君のピッチング動画は
こちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

近江プロ注目バッテリー・有馬は大学、林は社会人へ

8/12、スポーツ報知5面より

有馬 諒 (近江高・捕手)
180cm・右投右打・動画

悲劇のバッテリーの夢は絶たれた。近江・林は涙が止まらなかった。強打の東海大相模を6安打に抑え、長打は二塁打1本だけ。だが、滋賀大会5試合無失策の堅守が6失策とほころび、自責点1で6点を失った。「1つのエラーで崩れていった。もっと周りを見られていたら試合展開を変えられた」と、スリムな左腕は責任を背負い込んだ。

昨夏は有馬との2年生バッテリーで金足農との準々決勝に臨み、サヨナラ2ランスクイズで涙をのんだ。悪夢の敗戦から、2人は絆をより強くした。帽子のつばには“日本一のバッテリー”と互いに記し、頂点だけを目指してきた。

林は滋賀大会で26回無失点。自信たっぷりに戻ってきた舞台だったが、試合前からチームは浮足立った。「遠藤投手が投げるとは予想していなかったので動揺があった。相手投手が1枚も2枚も上手だった」主将で4番の有馬(動画)。奇襲ともいえる相手先発・遠藤の父・成人さんは、くしくも金足農野球部OBだった。

背番号6の右腕に7回をわずか2安打に封じ込まれた。4回に無安打で1点を献上すると、主将の有馬も2失策するなど、自分たちのリズムを最後まで取り戻せなかった。まさかの初戦敗退。「有馬がいなかったら今の自分はいない。誰にも負けない日本一のバッテリーだと思う」と林は涙ながらに感謝した。

対照的に有馬は涙を見せることなく「今年最高の投球をしてくれた。軟投派の投手だからこそ、リードの長所が出された。林と出会えたことに感謝したい」と共に歩んできた過程を振り返った。

今後は、有馬は進学、林は社会人に進む予定「いつかプロの世界に入れるよう、勝てる投手になりたい」とU-18日本代表候補サウスポー。この悔しさを糧に、新たな舞台で飛躍する。

(8月11日 甲子園大会2回戦 東海大相模 6-1 近江)



有馬君(近江)のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

プロ注目・野村健太(山梨学院)、大学進学予定

2019年08月11日

8/11、スポーツニッポン6面より

野村 健太 (山梨学院高・外野手)
180cm・右投右打・動画

「山梨のデスパイネ」こと山梨学院の5番・野村(動画)は3安打を放ったが、「1球で終わってしまう怖さを知った」と涙を流した。延長12回2死二塁の勝ち越し機では三ゴロに倒れ「何とか打とうと力んでしまった」。  

通算53本塁打で高校野球を終え「やってきたことは全力を尽くして出せた」とまた涙した。今後は大学進学に向け、練習を続ける見通しだ。

(8月10日 甲子園大会1回戦 熊本工 3-2 山梨学院)



野村君のスカウト評はこちら

野村君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL


ドラフトニュース検索