ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
大学

田中大貴(観音寺一)、ヤクルト高評価も大学進学へ

2020年08月03日

デイリースポーツwebsiteより (source)

田中大貴(観音寺一高・遊撃手)
176cm・右投右打・動画

高校通算44本塁打、プロも注目する観音寺一のスラッガー・田中大貴内野手(動画)大学進学を明言した。

NPB4球団のスカウトが視察する中、3番・遊撃で出場した田中は、5打数4安打1打点と打撃力をアピールした。六回には二盗も決めた。最大4点差をじわじわと追いかけたが、二、三回のエラーからの失点が響き、最後まで追いつくことができなかった。

視察したヤクルト・岡林スカウトは「守備も足もいい」と評価を語った。

試合後、田中は「努力できる場所があったこと、努力してきたことを出せたことに感謝したい」と、うつむくことなく話した。プロ志望届も提出しない意向で「今のままでは全然ダメだと思っている。一から体を作り直して、将来はプロを目指して頑張りたい」と、4年後のプロ入りを目指し努力を続ける。

(8月2日 香川大会3回戦 藤井 5―3 観音寺一)



田中君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 06:50|この記事のURL

森畑侑大(創価)、楽天が高評価も大学進学へ

2020年07月31日

日刊スポーツwebsiteより (source)

森畑侑大(創価高・投手)
183cm・右投右打・動画

プロ注目右腕の創価・森畑侑大投手(動画)が、打倒清宮を掲げた。6球団のスカウトが見守る中、5回に3番手として登板し、1回無安打無失点3奪三振。5回コールド勝ちに貢献した。「少し逆球が行ってしまったが、ボールのキレ自体は良かった」とすべて空振りでの三振。スピンの効いた直球で打者を手玉に取った。

調布シニア出身で、聖徳学園の松崎公亮投手とは元チームメート。「(松崎は)中学の時は外野をやっていて、投手をやるというのは去年の夏に知った。球速も140キロ出ると聞いたので、すごい成長したなと思いました」と球友をたたえた。

同じ強豪シニアの後輩には早実・清宮福太郎外野手も所属していた。「この前の試合でホームランを打っていて、対戦したいなと思います」と闘志を燃やした。

最速146キロ右腕も、現時点では大学進学を希望している。この日は141キロ止まりだったが、視察に訪れた楽天・部坂スカウトは「角度もあり、球速以上に感じる。空振りも取れていて、とても楽しみな投手です」と期待した。

(7月30日 西東京大会3回戦 創価 16-0 聖徳学園)



森畑君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 06:51|この記事のURL

杉崎成(東海大菅生)、DeNA高評価も大学進学へ

2020年07月30日

7/30、西日本スポーツ8面より 

杉崎成(東海大菅生高・三塁手)
178cm・右投右打・動画

高校野球の西東京大会が29日に行われ、2回戦に登場した東海大菅生はネッツ多摩昭島スタジアムで駒場学園に7―0と快勝。4番の杉崎成内野手(動画)が8回コールドを決めるサヨナラ左犠飛など2安打2打点と活躍し、初戦を突破した。

杉崎は大学進学を表明「4年後にプロ野球選手になりたい。この大会で1番になることで、甲子園があれば菅生が行っていたことになる」と東京王者を誓った。

7月初めに右手首に死球を受け、打撃練習を再開したのは3日前。手首の負担を減らすスイングだったが中堅から左方向への力強い打球は健在。

高校通算51本塁打。「ホームランを期待されていると思って気負ってしまい、秋は打てなかった。気持ちの面を修正した」と低い打球でヒットを重ねた。DeNA・欠端スカウトは「潜在能力はある。4年間での成長が楽しみ」と期待した。

(7月29日 西東京大会2回戦 東海大菅生 7―0 駒場学園)



杉崎君のバッティング動画はこちら



draftkaigi at 06:54|この記事のURL

向坂優太郎(仙台育英)、日本ハム高評価も大学進学へ

7/30、スポーツニッポン6面より 

向坂優太郎(仙台育英高・投手)
181cm・左投左打・動画

プロも注目する仙台育英のエース・向坂優太郎投手(動画)が8回を2安打1失点で7三振の力投を見せた。「テンポ良く投げることができ、打者を見ながら臨機応変に対応できた」。4回2死二塁では右越えに逆転2ランを放った。

1メートル85の大型遊撃手の入江大樹がおり、7球団のスカウトが視察向坂は大学に進学する予定だが、完成度に注目が集まった。日本ハム・白井スカウトは「コントロールが良く、ピッチングがうまい。将来が楽しみ」と絶賛した。

(7月29日 宮城大会準々決勝 仙台育英 4―3 柴田)



向坂君のスカウト評はこちら

向坂君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 06:52|この記事のURL

吉納翼(東邦)プロ拒否、早稲田大進学めざす

2020年07月25日

中日スポーツwebsiteより (source)

吉納翼(東邦高・外野手)
180cm・右投左打・動画

高校通算44本塁打を誇る東邦高のプロ注目スラッガー、吉納翼外野手(動画)が、24日までに進学の意思を固めた。同校の森田泰弘総監督が「きょう、本人と話をして確認しました」と明らかにした。

昨年は先輩の石川昂弥(現中日)と主軸を打ち、センバツ優勝に貢献。準決勝・明石商戦で、今秋ドラフト1位候補の中森から本塁打を放った長打力が最大の魅力だ。

23日の夏季愛知県高校野球大会3回戦・旭野戦でも本塁打を放つなど、プロのスカウト陣の熱視線を浴びていたが、4年後のドラフトを目指して、大学でさらに磨きを掛けることを決めた。今後は東京六大学リーグの早大進学を目指して、受験準備を進める。



吉納君のスカウト評はこちら

吉納君のバッティング動画はこちら




draftkaigi at 07:30|この記事のURL


ドラフトニュース検索