ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
大学

森下暢仁(明治大)、佐々木ドラフトに風穴開けた

2019年06月19日

6/19、夕刊フジ終面より

森下 暢仁 (明治大・投手)
180cm・右投右打・動画

決勝進出自体38年ぶりの大一番で、明大・森下(動画)は最速152キロの速球にカーブ、チェンジアップなどを織り交ぜ、10三振を奪い105球で1失点完投勝利。大会最高殊勲選手賞と最優秀投手賞を両取りした。

優勝会見で森下が「まだまだレベルアップして、秋も優勝して、神宮大会で日本一を目標に置きたいと思います」ときまじめに答えていると、善波達也監督が「ドラフトのこととか言っちゃえよ。“高校生には負けねぇ~ぞ”とかさ」とまさかの横やり。森下は「高校生には負けられない」と“言わされた感”満載で答えた。

会見後、気になる高校生を聞かれた森下は「注目されている163キロの佐々木」と即答。いまや今秋ドラフトで人気を二分するとみられる高校生を、監督ともどもライバル視しているようだ。

森下は「高校生とは4つ年の差がありますし、いろいろ経験できている。大学4年間も悪くない。たくさん成長したと思っている。大学に入って野球を学んだので」と意地をのぞかせる。大分商高3年時には、甲子園出場を逃しながら高校日本代表に選出され、プロの評価も高かったが、明大進学を選択した。それだけに負けられないという思いは強い。

佐々木は163キロをマークしたことで騒がれ、日本ハムは早くも、10月17日のドラフト会議で1位指名することを明言。しかし甲子園に出場したことはなく、大舞台でどれほど活躍できるかは未知数といえる。発達途上の体に驚異的なポテンシャルを秘めているが、高校生だけに故障のリスクと背中合わせ。育成下手な球団に入れば、才能を開花できずに終わる可能性もある。

一方の森下は最速155キロに加え、多彩な変化球を駆使。巨人はこの日、都内でスカウト会議を開き、森下を「Aランク」としてリストアップした。

長谷川国利スカウト部長は「いいのは分かっている。高校のときからずっと追いかけてきた。(高校時代も)プロ志望届を出せば、2番目ぐらいで上がっていた選手だった。内野手としても、投手ではないような動きができるし、野球センスがすごくいい」と絶賛する。

そんな森下に、スタンドで観戦した明大伝説のOB陣も大きな期待を寄せる。明大野球部OB会長で元大洋(現DeNA)監督の土井淳氏は「見た限りでは超一流。技術面だけではなく、精神面も兼ね備えている。練習を見ていると、自分自身の感覚で、考えて反省しながら次に向かっている」と評価する。

かつての中日のエースでプロ通算215勝を誇り“フォークの神様”の異名を取った杉下茂氏も明大OBで、「投手がしっかりしているから、いいゲームができる。非常にまとまっていて、いいですね」とご満悦。8回まで87球で完封目前も、9回に1点を失った森下に「欲をいえば、へばらずに、7回ぐらいからペースがガ~ンと上がるような投手になってほしい。それが完投のコツ」と課題を突きつけた。

明大は近年も、川上憲伸(1997中日1位)野村祐輔(2011中日1位)柳裕也(2016中日1位)らドラフト1位の投手を輩出している。土井氏は「森下君はその3人の大学時代と同レベル。フォームがきれいで、球にキレがある」と評する。

杉下氏は「憲伸は中日に入ってから伸びましたよ。森下君もまだまだこれからでしょう。見たところひ弱い感じ(180センチ、75キロ)がする。どちらかというと上半身で投げている。下半身を強くして、下半身で踏ん張ってから腕を振れば、もっと体を使える」と注文をつけた。



森下君のスカウト評はこちら

森下君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

スカウトの逆襲、即戦力の呼び声高い森下(明大)

2019年06月16日

6/17、日刊ゲンダイ27面「スカウトの逆襲」より

森下 暢仁 (明治大・投手)
180cm・右投右打・動画

日本ではいま、大学選手権が行われている。明治大が初戦を迎えた去る12日、神宮球場のネット裏には日本のプロ球団に加えて、ダイヤモンドバックス、インディアンス、フィリーズ、ブルージェイズ、アスレチックス、ヤンキースと計6球団のスカウトが姿を見せた。

目当ては大学、社会人でナンバーワンと言われる明大の右腕・森下暢仁(動画)らしい。明大はこの日、コールド勝ちして森下は投げずじまい。スカウトの視察は“空振り”に終わったという。日本の情報提供者から聞いた話だ。

素質は大船渡の佐々木朗希が抜けているが、日本のプロ球団は明大の森下を「即戦力」として評価しているそうだ。「1年目から10勝できる」と言うプロ野球のスカウトも中にはいると聞いたけれども、メジャーの新人に「即戦力」はまずいない。いるのかもしれないが、どんなに実力があっても「即戦力」とは判断されない。

たとえ大学出のドラフト1巡目指名選手だろうと、スタートは6月下旬に始まるルーキーリーグになる。ルーキーリーグの2段階、1Aの3段階、2A、3Aと階段を上がっていくシステム。マイナーで2、3年、体力をつけ、経験を積んでからでなければ、メジャーに昇格させてもらえない。

後日、森下を見たというメジャースカウトのひとりに電話で印象を聞くと、こんな答えが返ってきた。

「球威はあるし、素材としては申し分ないが、ストレートの細かいコントロールがない。テークバックで上体がかなり後ろに反り返っているためだろう。それに年間通して長いイニングを投げる体力やスタミナも疑問だ。仮に1年目からいきなり使ったとしても途中でバテるだろうし、疲れてくればコントロールもますます悪化する。体力がないのに無理をさせればケガも心配だ」

日本では高校生ルーキーが早くも一軍で勝利投手になって話題を集めているが、プロ入りして半年程度の新人をいきなりフル回転させれば「即戦力」と言われる大学生だろうと反動が生じる。

例えばDeNAの浜口遥大は1年目に10勝しながら、2年目は左肩の違和感で出遅れて4勝止まり。広島の大瀬良大地も1年目に10勝して新人王を獲得したが、2、3年目はともに3勝だった。メジャーのスカウトが森下の投球に注目するのは、将来、米国でプレーする可能性があるからだが、楽しみな素材が日本のプロ野球を経ることで劣化しないか心配ではある。

(メジャーリーグ覆面スカウト)



森下君のスカウト評はこちら

森下君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:02|この記事のURL

154キロ右腕・福森耀真(九産大)、4回途中降板

2019年06月13日

6/13、デイリースポーツ5面より

福森 耀真 (九州産業大・投手)
176cm・右投右打・動画

九産大にとっては不完全燃焼の初戦敗退となった。今春のリーグ戦で防御率1位(0・69)に輝いた先発の福森耀真が初回、先頭打者への四球から先制点を献上。制球に苦しむなどリズムに乗れず、4回途中で降板した。

「抑えてやろうという気持ちが強すぎて・・・」。春に自己最速の154キロを計測し、プロ入りも視野に入れて大会に臨んだ右腕は「結果を出して(スカウトに)アピールしたかった」と目に涙をためた。

6年連続出場の九産大は昨年までの5年で初戦敗退が一度もなく、8強以上が4度もある。「(相手左腕を)打てなかった。何とか一つは勝ちたかったが・・・」。打線が散発3安打に封じられ、大久保哲也監督は唇をかみしめた。春にリーグ最多の29打点を挙げ、MVPに選ばれた武上貴則は3打数無安打。「真っすぐに詰まらされた」と悔しがった。

(6月12日 全日本大学野球選手権2回戦 大商大 2-1 九産大)



福森君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。


draftkaigi at 09:50|この記事のURL

侍ジャパン大学日本代表候補44人発表

2019年06月07日

全日本大学野球連盟は6日、侍ジャパン大学日本代表メンバーの選考合宿(6月21~23日、平塚)に参加する44選手を発表しました。10日からの全日本大学野球選手権に出場する選手からも追加招集されます。

表の見方=左から選手名(大学名・学年)、出身校

投手(右投)
津森宥紀(東北福祉大・4年)和歌山東
森下暢仁(明治大・4年)大分商
吉田大喜(日本体育大・4年)大冠
北山比呂(日本体育大・4年)横浜
伊藤大海(苫小牧駒大・3年)駒大苫小牧
宇田川優希(仙台大・3年)八潮南
中川颯(立教大・3年)桐光学園
村上頌樹(東洋大・3年)智弁学園
内間拓馬(亜細亜大・3年)宜野座
小郷賢人(東海大・3年)関西
投手(左投)
新井悠太朗(法政大・4年)折尾愛真
田中誠也(立教大・4年)大阪桐蔭
佐藤宏樹(慶応大・3年)大館鳳鳴
早川隆久(早稲田大・3年)木更津総合
森浦大輔(天理大・3年)天理
佐藤隼輔(筑波大・2年)仙台
捕手
郡司裕也(慶応大・4年)仙台育英
小藤翼(早稲田大・4年)日大三
佐藤都志也(東洋大・4年)聖光学院
海野隆司(東海大・4年)関西
古川裕大(上武大・3年)久留米商
内野手
相馬優人(法政大・4年)健大高崎
勝俣翔貴(国際武道大・4年)東海大菅生
柳町達(慶応大・4年)慶応
安本竜二(法政大・4年)静岡
福岡高輝(早稲田大・4年)川越東
篠原涼(筑波大・4年)敦賀気比
牧秀悟(中央大・3年)松本第一
渡部健人(桐蔭横浜大・3年)日本ウェルネス
佐藤輝明(近畿大・3年)仁川学院
元山飛優(東北福祉大・3年)佐久長聖
小川龍成(国学院大・3年)前橋育英
児玉亮涼(九州産業大・3年)文徳
野口智哉(関西大・2年)鳴門渦潮
田中幹也(亜細亜大・1年)東海大菅生
外野手
豊田寛(国際武道大・4年)東海大相模
宇草孔基(法政大・4年)常総学院
竹村陸(近畿大・4年)神戸国際大付
赤尾光祐(東海大札幌・3年)東海大相模
小川晃太朗(同志社大・3年)龍谷大平安
正木智也(慶応大・2年)慶応
丸山和郁(明治大・2年)前橋育英
梶原昂希(神奈川大・2年)大分雄城台
森下翔太(中央大・1年)東海大相模


draftkaigi at 14:15|この記事のURL

佐藤輝明(近畿大)、来年ドラフト1位で欲しい逸材

2019年05月28日

5/28、日刊スポーツ4面より

佐藤 輝明 (近畿大・三塁手)
186cm・右投左打・動画

日刊スポーツ編成部長のサブロー氏が未来の大砲候補をSの評価に位置付けた。25日に関西学生野球春季リーグを視察し、近大の4番・三塁、佐藤輝明内野手(動画)の打撃をチェック。高校時代は無名で全国的にまだ名前は広まっておらず来年のドラフト候補だが、長距離打者の素養を備えていると評した。

左打者でステイバック、つまり体重移動が少なく、軸足に体重を残して打てる打者は少ない。どうしても走り打ちするタイプが多くなる。だが186センチ、92キロの体形だけでなく、左足に体重が乗って、その場で回転する佐藤の打撃を見て、松井秀喜さんのようだと思った。

柔軟な左足首の使い方がパワーを生んでいる。普通は足首を回すときにつま先が立って、かかとが浮きがちになる。だが母趾球と内かかと部分を地面に食い込ませて、ミート時にかかとが上がりきらない。足首をねじるように蹴って地面からの反発を利用し、スイングに伝えている。大根を土から引っこ抜く時に「ズボッ」と力が生まれる感覚に近い。

昔で言う「うねり打法」。落合博満さん、松井さんも同じ足首の使い方をしていた。私も現役時代に取り組んだが、どうしてもできなかった。佐藤は足首の関節が柔らかいのだろう。プロで結果を出す選手は体の使い方がうまく、教えてなかなかできるものではない。

軸足の内側から回転する、ということは腕も連動して、内側からインサイドアウトの軌道で最短距離でバットも出てくる。このスイングならプロの内角攻めも対応できるだろうし、バットに当てる感覚もある。

昨年からアマチュア選手を重点的に見る機会が増えた。個人的にランク付けもしているが、昨年なら大阪桐蔭の根尾、藤原、今年は大船渡の佐々木にSランクをつけた。タイプ、年齢も違うが佐藤もS評価。長距離バッターがいない球団事情があるなら、ドラフト1位で欲しい逸材だ。



佐藤君は現在3年生で来年のドラフト候補です。

佐藤君のスカウト評は
こちら

佐藤君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 10:40|この記事のURL


ドラフトニュース検索