ドラフト会議情報局 2023高校生ドラフト候補 2023大学生ドラフト候補 2023社会人ドラフト候補
2023ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる
大学

週刊ベースボール厳選、大学生のドラフト候補(30人)

2023年01月31日

週刊ベースボール(1月30日号)は2023年ドラフト候補を60選手紹介。大学生は以下の30選手を挙げています。

投手
滝田一希(星槎道都大) B 181cm 左左
後藤凌寿(東北福祉大) C 183cm 右右
冨士隼斗(平成国際大) C 180cm 右右
蒔田稔(明治大) B 178cm 右右
村田賢一(明治大) B 181cm 右右
池田陽佑(立教大) C 183cm 右右
尾崎完太(法政大) B 175cm 左左
武内夏暉(国学院大) A 185cm 左左
西舘勇陽(中央大) B 183cm 右右
常広羽也斗(青山学院大) B 180cm 右右
下村海翔(青山学院大) C 174cm 右右
細野晴希(東洋大) A 180cm 左左
松本凌人(名城大) B 183cm 右右
真野凛風(同志社大) B 187cm 右右
谷脇弘起(立命館大) C 181cm 右左
上田大河(大阪商業大) B 182cm 右右
高太一(大阪商業大) A 183cm 左左
坂元創(九州共立大) C 188cm 右右
捕手
進藤勇也(上武大) B 182cm 右右
友田佑卓(日本大) C 170cm 右左
有馬諒(関西大) C 181cm 右右
内野手
辻本倫太郎(仙台大) B 167cm 右右
上田希由翔(明治大) B 183cm 右左
熊田任洋(早稲田大) C 174cm 右左
広瀬隆太(慶応大) B 182cm 右右
今泉颯太(法政大) C 178cm 右右
石上泰輝(東洋大) C 172cm 右左
松浦佑星(日本体育大) C 172cm 右左
外野手
宮崎一樹(山梨学院大) C 184cm 右右
中島大輔(青山学院大) C 180cm 右左


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

細野(東洋大)、度会(ENEOS)もドラフト1位候補

2023年01月26日

スポニチwebsiteより (source)
23年ドラフトでは、大学球界では東都大学リーグ2部に所属する東洋大の最速155キロ左腕・細野(動画)が、1番人気。巨人が1位候補にリストアップしていることも判明した。最速155キロの直球に加え、落差の大きいカーブも武器で、巧みなけん制も評価が高い。

ロッテ・佐々木朗らと同学年で「世代自体がライバルなので置いていかれないようにしたい」。春季リーグ戦でチームを1部昇格に導き、その実力をアピールしていく。

社会人ではENEOSの外野手・度会(動画)が、ドラフト1位候補に挙がっている。横浜(神奈川)時代は指名漏れしたが、社会人2年目の昨季は都市対抗優勝に導き、橋戸賞(MVP)を受賞。公式戦23試合で7本塁打、21打点と圧倒的な成績で社会人野球ベストナイン、最多本塁打賞、最多打点賞の3冠に輝いた。

プロ入りに向けては「ドラフト1位で行く」と決意を口にする。父・博文氏はヤクルトで内野手として15年間活躍。「頑張ってプロのスカウトに認められる選手になってもらいたい」と期待した。



細野君(東洋大)のスカウト評はこちら

度会君(ENEOS)のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

今年のドラフトは大学生サウスポーの当たり年か

2023年01月17日

サンスポwebsiteより (source)
プロ球団のスカウトの高校、大学訪問がスタートし、「今年の左腕はどうか?」という話題が出てきている。昨今は、右投げ左打ちの野手が多いだけに、サウスポーの需要が高まっている。

ただ、ここ5年のドラフトで支配下で指名された投手の内、左腕は32%。その5年間で3位までに指名を受けたのは、14.5%。単純に指名された数や上位指名の確率では、はかれないが、そろそろ「当たり年!」の望みも出てくる。

「一番注目されるのは、東洋の細野晴希投手(動画)でしょう。体もあるし、スピード(最速155キロ)もあって、三振もとれる」は、日本ハム・坂本スカウト

高校日本代表候補合宿招集も東京都大会と重なり、参加できず、注視されるようになったのは大学入学後からだ。東都の1部、2部で投げるイニング以上の三振を奪ってきており、今春就任した元巨人左腕の乾コーチの指導が始まり、最上級生でのさらなる飛躍が期待されてくる。

東都では、185センチ、90キロで最速149キロの国学院大・武内夏暉投手(動画)の名も挙がる。昨秋のリーグ優勝、明治神宮大会準優勝の原動力となり、まず秋春連覇に向け、どういう投球を見せるかだ。

東京六大学では、法大・尾崎完太投手(動画)。175センチ、73キロで最速は149キロ。3年先輩に鈴木昭汰投手(現ロッテ)、2年先輩に山下輝投手(現ヤクルト)と2人の〝ドラ1サウスポー〟を見て学んできており「スピードを153キロ以上に伸ばし、先発で全勝したい。プロ(指名は)当たり前、最上位でいきたいと思っている」と明言しており、開幕へ意欲は十分すぎるほどだ。

「プロ1本で」と公言している点では、桐蔭横浜大・古謝樹投手(動画)もいる。181センチ、75キロで最速150キロ。高校時代の130キロから、体の成長と並行して球速がアップしてきており、まだまだ伸びしろは十分。

最速151キロの星槎道都大の滝田一希投手(動画)、同様に151キロのスピードを誇る大商大・高太一投手(動画)もいる。剛腕だけでなく、技巧派左腕の台頭も楽しみになる。


draftkaigi at 06:56|この記事のURL

真野凜風(同志社大)、軟式出身選手がプロ入りめざす

2023年01月16日

1/16、デイリースポーツ4面より 

真野凜風(同志社大・投手)
187cm・右投右打・動画

大学日本代表候補で今秋ドラフト候補の同大・真野凜風投手(動画)が15日、京田辺市内の同大グラウンドで本格始動した。高校では軟式野球部に所属した152キロ右腕は「チームでは日本一。個人ではプロにいきたい」と宣言。大学野球界の頂点に導き、同大初となる高校軟式出身のプロ入りも誓った。

天理では進学コースに在籍し、軟式野球部に所属した。当時は2番手投手で主に外野手として出場。全国4強、国体は3位に入った。恩師の勧めもあり、同大硬式野球部のトライアウトを受けて合格。2年秋には最速152キロをマークするなど、頭角を現した。

大学最終年を迎え、より一層に気持ちも高まる。主戦投手として期待される右腕は「体重を81キロから87キロに増やして、球速も最速で157キロ投げられるようにしたい」と明確な目標を口にする。計り知れない伸びしろを持つ右腕が、飛躍の一年とする。



真野君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 06:55|この記事のURL

武内夏暉(国学院大)、スカウト注目左腕が始動

スポーツ報知websiteより (source)

武内夏暉(国学院大・投手)
185cm・左投左打・動画

東都大学野球リーグの国学院大が15日、横浜市内のグラウンドで今年初練習を行い、最速149キロの今秋ドラフト候補左腕・武内夏暉(動画)が「チーム4冠」を目標に掲げた。昨秋リーグ戦では2完封を含む4勝無敗で優勝に貢献。MVPに輝いた。

185センチの長身を誇るエースは、練習初日に気合いのブルペン入り。捕手を立たせて30球を投じた。昨秋の明治神宮大会後、投球フォームの改良に着手。「ボールが低めに集まり、勢い的にも前よりは良くなっていると思います」と手応えを口にした。

福岡の県立高・八幡南時代には甲子園出場がなく、MAXも137キロ。国学院大に入学後、最速は12キロアップした。

その理由を「間違いなく体の変化だと思います。大学に入ってからウェートトレを本格的にやり始め、メディシンボールでのトレーニングで出力アップに努めたところ、球速もアップしたと思っています」と説明。さらなる将来性には各球団のスカウトが熱視線を送る。

年末年始は故郷の北九州に帰省。「北九州のソウルフード」と呼ばれる「資さんうどん」を食してやる気を注入した。「とろろこんぶも入れて。柔らかくて、食べやすいんです」。

いざ、勝負の年。「もう一度MVPを取ってチームに貢献したい」と春秋リーグVに加え、大学選手権、神宮大会制覇に照準を絞ったサウスポー。同校初の日本一は、この男がキーマンになりそうだ。



武内君のスカウト評はこちら

武内君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 06:54|この記事のURL


ドラフトニュース検索