ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
社会人

鎌仲純平(国学院大)、プロ志望届出さず社会人野球へ

2019年09月20日

9/20、サンケイスポーツ5面より

鎌仲 純平 (国学院大・外野手)
177cm・右投左打・動画

開幕時の4番から5番に回った国学院大・鎌仲(動画)が二回に右越えへ先制ソロ、六回に右前打で2安打1打点。復調気配に笑顔だ。「大学の公式戦では6本目。チームが勝つのはもちろん、4番を外れて悔しかったので、戻って打てるようにしたい」。

プロ志望届は出さずに社会人野球のステージを目指す左のスラッガーは、2010年秋以来のリーグ戦Vに気合十分だ。

(9月19日 東都大学野球 国学院大 6-2 立正大)



鎌仲君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:02|この記事のURL

近江プロ注目バッテリー・有馬は大学、林は社会人へ

2019年08月12日

8/12、スポーツ報知5面より

有馬 諒 (近江高・捕手)
180cm・右投右打・動画

悲劇のバッテリーの夢は絶たれた。近江・林は涙が止まらなかった。強打の東海大相模を6安打に抑え、長打は二塁打1本だけ。だが、滋賀大会5試合無失策の堅守が6失策とほころび、自責点1で6点を失った。「1つのエラーで崩れていった。もっと周りを見られていたら試合展開を変えられた」と、スリムな左腕は責任を背負い込んだ。

昨夏は有馬との2年生バッテリーで金足農との準々決勝に臨み、サヨナラ2ランスクイズで涙をのんだ。悪夢の敗戦から、2人は絆をより強くした。帽子のつばには“日本一のバッテリー”と互いに記し、頂点だけを目指してきた。

林は滋賀大会で26回無失点。自信たっぷりに戻ってきた舞台だったが、試合前からチームは浮足立った。「遠藤投手が投げるとは予想していなかったので動揺があった。相手投手が1枚も2枚も上手だった」主将で4番の有馬(動画)。奇襲ともいえる相手先発・遠藤の父・成人さんは、くしくも金足農野球部OBだった。

背番号6の右腕に7回をわずか2安打に封じ込まれた。4回に無安打で1点を献上すると、主将の有馬も2失策するなど、自分たちのリズムを最後まで取り戻せなかった。まさかの初戦敗退。「有馬がいなかったら今の自分はいない。誰にも負けない日本一のバッテリーだと思う」と林は涙ながらに感謝した。

対照的に有馬は涙を見せることなく「今年最高の投球をしてくれた。軟投派の投手だからこそ、リードの長所が出された。林と出会えたことに感謝したい」と共に歩んできた過程を振り返った。

今後は、有馬は進学、林は社会人に進む予定「いつかプロの世界に入れるよう、勝てる投手になりたい」とU-18日本代表候補サウスポー。この悔しさを糧に、新たな舞台で飛躍する。

(8月11日 甲子園大会2回戦 東海大相模 6-1 近江)



有馬君(近江)のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

香川卓摩(高松商)、志望届は出さず社会人野球へ

2019年08月10日

8/10、サンケイスポーツ4面より

香川 卓摩 (高松商高・投手)
166cm・左投左打・動画

高松商は1年秋からエースを担う香川卓摩投手(動画)が9回99安打6失点と踏ん張れず、1回戦敗退となった。「自分のレベルの低さを痛感しました。甲子園は、簡単に勝ちきれる場所ではないと思いました」。序盤から制球に苦しみ、快投を披露することはできなかった。

「自分の歩幅を作れず、体が開く感じを修正できませんでした」。身長165センチと小柄ながら、多彩な変化球と最速142キロの直球が武器の左腕。1900年創部の伝統あるチームを23年ぶりの聖地に導いたが、大正、昭和、平成に続く4元号勝利はお預け。「次の代で帰ってきて、1勝2勝としてほしいです」と後輩たちへ夢を託した。

今後はプロ志望届は出さず、社会人野球に進む予定「レベルアップしていかないと通用しない。将来的には、プロ野球選手になって支えてくれた人たちに恩返しがしたいです」と前を向いた。

(8月9日 甲子園大会1回戦 鶴岡東 6-4 高松商)



香川君のスカウト評はこちら

香川君のピッチング動画は
こちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

150キロ右腕・河野佳(広陵)、社会人野球へ

2019年07月28日

7/28、デイリースポーツ7面より 

河野 佳 (広陵高・投手)
174cm・右投右打・動画

広陵の3連覇の夢は断たれた。投手陣が前半で崩れ、守備でも4失策。中井監督は「負けるときはこういうもの。広商さんの執念を感じた」と脱帽した。

150キロ右腕・河野佳投手(動画)は三回途中から登板も5失点。「相手の流れを止めたかったが、何もできなかった」。卒業後は社会人野球に進む予定「この負けがあって良かったと思える投手になりたい」と成長を誓った。

(7月27日 広島大会準決勝 広島商 13-5 広陵)



河野君のスカウト評はこちら

河野君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:10|この記事のURL

ドラフト解禁の浜屋将太(三菱日立PS)、プロへ意欲

2019年07月17日

スポニチwebsiteより (source)

浜屋将太(三菱日立パワーシステムズ・投手)
173cm・左投左打・動画

三菱日立パワーシステムズ(MHPS)のドラフト候補・浜屋将太(動画)が登板したのは8回1死、6点を失ってからからだった。左腕から145キロのストレートを軸に打者5人に対し4奪三振。1メートル73と小柄ながら、イキの良さをみせた。

「今年は(ドラフト)解禁だし、きょうの立野、JRの太田ら同じ学年に候補がいるから刺激になっています。きょうは先発して立野と投げ合いたい気持ちもありました」。鹿児島・樟南から入社して3年目。MAXは入社時から5キロアップして148キロまで伸びた。筋トレも取り入れて体幹強化が実を結んでいる。

「(プロに)いくつもりでやっています。少しでもアピールになったらいいんですが」。まだ可愛いベビーフェースの浜屋。秋のドラフトに向けて更なる成長を誓っていた。

(7月16日 都市対抗野球大会2回戦 トヨタ自動車6―4三菱日立パワーシステムズ)



浜屋君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 08:50|この記事のURL


ドラフトニュース検索