ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト全指名選手 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる
社会人

河野佳(大阪ガス)、ドラ1候補の長所と短所

2022年01月10日

1/10、日刊ゲンダイ34面より 

河野佳(大阪ガス・投手)
176cm・右投右打・動画

大阪ガスの最速151キロ右腕・河野佳(動画)は広陵高から入社2年目の昨年、優勝した日本選手権で5試合中4試合に登板。19イニング無失点で2大会連続優勝に大きく貢献し、MVPを受賞した。都市対抗では無四球完封勝利を挙げるなど、抜群の安定感を誇る。

パ・リーグのスカウトがこう言う。

「実績は申し分ない。コントロールが良くて球にキレがある。スライダーと右打者の外角へ逃げるカットボールがいい。完成度が高く、大崩れしない。計算できる投手。高卒なのでまだハタチと若いのがいい」

課題はあるか。

「フォークは試行錯誤中で、落ちるボールの精度を上げることですね。それほど大きくない(176センチ)ので、馬力がないとか、将来性がどうとか、各球団の判断が分かれるところ。といっても、則本(楽天=178センチ)、山岡(オリックス=172センチ)、山本由伸(オリックス=178センチ)だって大きくありませんから、ウチの球団は気にしませんが……」(前出のスカウト)

同学年にはヤクルト・奥川、ロッテ・佐々木朗、オリックス・宮城ら、すでにプロで活躍する選手も多い。ドラフト1位入団で、来年は同じ土俵に立ちたいところだ。



河野君のスカウト評はこちら

河野君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:02|この記事のURL

河野佳(大阪ガス)、「1位指名でプロ行きたい」

2022年01月05日

スポーツニッポン11面「逸材ズラリ!2022年ドラフト候補」より 

河野佳(大阪ガス・投手)
176cm・右投右打・動画

大阪ガス・河野(動画)にとって、社会人2年目の昨季は成長を実感できる一年だった。公式戦7試合に登板し6勝0敗、43回を投げ防御率は驚異の0・21。社会人の年間表彰では最多賞、最優秀防御率、ベストナインの3冠を獲得した。

広陵では2年夏、3年春に甲子園出場。プロへの思いはあったが、中井哲之監督から「下位で行くよりも、大阪ガスに入ってドラフト1位を目指せ」と助言を受け、プロ志望届を出さずに社会人野球に進んだ。

今年はドラフト解禁年。プロでは同学年のヤクルト・奥川、オリックス・宮城らが活躍し「テレビで見ると早く自分もあそこで活躍したいという部分もありますね。絶対にプロ野球選手になってあの場面でプレーしたい」と、同じステージに立つことがモチベーションとなっている。

「行くからには1位で。母親にも恩返ししたい気持ちもあります」。140キロ後半の直球と自在に操れるようになったフォークを武器に、さらなる飛躍を見せる。



河野君のスカウト評はこちら

河野君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:01|この記事のURL

来秋ドラフト先取り、河野佳(大阪ガス)

2021年12月31日

12/31、サンケイスポーツ4面「先取り22ドラフト候補 大学・社会人編」より 

河野佳(大阪ガス・投手)
176cm・右投右打・動画

社会人の投手では今年、投手3冠に輝いた大阪ガスの最速151キロ右腕、河野佳投手(動画)が最も注目される。広島・広陵高から入社2年目に日本選手権Vの立役者となり、表彰の選考となる公式戦7試合で6勝0敗、防御率0.21をマーク。最多勝、最優秀防御率、投手のベストナインに選出された。

「来年も自分のスタイルを変えることなく、全体的にレベルアップしていきたい」と意欲的に話した。



河野君のスカウト評はこちら

河野君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:00|この記事のURL

指名漏れの峯村貴希(日本大)、ホンダへ

2021年12月30日

12/30、スポーツ報知5面より 

峯村貴希(日本大・遊撃手)
186cm・右投左打・動画

日大・峯村(動画)の視線は、2年後のドラフトに向かっている。187センチ、83キロの大型遊撃手は、NPB5球団から調査書が届いたが、秋季リーグ戦で打率.158と苦しんで指名漏れ。巨人に3位指名されたエース・赤星優志とは対照的な結果となった。

それでも「この体格を生かしきれてないし、自分自身に伸びしろを感じてます。社会人で長打力や俊敏性に磨きをかけて、赤星が待つプロの世界に行きたいです」と、2年後の再会に胸を踊らせた。



峯村君のスカウト評はこちら

峯村君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 10:20|この記事のURL

指名漏れの寺嶋大希(愛工大名電)、NTT東日本へ

2021年12月25日

中日スポーツwebsiteより (source)

寺嶋大希(愛工大名電高・投手)
178cm・右投右打・動画

愛工大名電高の最速148キロ右腕、寺嶋大希投手(動画)が来年から社会人の強豪・NTT東日本(東京)に進む。今秋のドラフト会議ではプロ志望届を提出したが、指名漏れ。悔しさを胸に、3年後のドラフト上位指名でのプロ入りを目指す。

今夏の甲子園のマウンドに立った右腕が新たな一歩を踏み出す。来年から社会人野球の強豪・NTT東日本へ進む寺嶋。大学経由のプロ入りも視野に入れていたが、ドラフト解禁イヤーとなる3年後での「最短でのプロ入り」を目指す。

約2カ月半前のドラフト会議。プロ注目投手として同期の田村俊介外野手とともに話題を集めながらも、指名漏れの悔しさを味わった。田村が広島の4位で名前を呼ばれる中、自身の名前は読み上げられることなくドラフトは終了。「悔しかったし、落ち込みました」と当時を振り返る。

それでも今は「次のステップに向かってしっかり前を向けている」と晴れ晴れとした表情。

ドラフトが終わってからは同じ愛知県内から指名された中京大中京・畔柳(日本ハム5位)、享栄・竹山(ヤクルト5位)の両投手と比べ「自分に何が足りなかったのか」を見つめ直した。

「2人とも150キロ超の直球がある。自分も変則でもない上手投げなので150キロを出さないといけない」と打者を抑えるためにも、プロからの注目度を上げるためにも球速を大台に乗せる必要性を実感。

その後の練習のかいあって、夏の愛知県大会では1球だけ計測した148キロの自己最速を今ではブルペンに入れば何球も記録し、常時140キロ台後半を出せるようになってきた。

3年後のドラフトで狙うのは即戦力として田村や畔柳、竹山を越える順位での指名だ。「3位以内の上位指名でプロ入りしたい。今年指名された選手と2軍ではなく1軍で戦えるように頑張ります」と寺嶋。3年後に同じ舞台に立つために、来年から社会人の世界でもまれていく。



寺嶋君のスカウト評はこちら

寺嶋君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:04|この記事のURL


ドラフトニュース検索