ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる
社会人

池谷(静岡)&水野(明大)、ヤマハへ入社

2017年12月15日

スポーツ報知websiteより (source)

池谷 蒼大 (静岡高・投手)
173cm・左投左打・動画

今春のセンバツに出場した静岡高野球部の左腕エース・池谷蒼大(動画)が、昨秋の社会人野球日本選手権王者、ヤマハに入社する。同社野球部が14日、発表した。静岡県浜松市で生まれ育った池谷にとって、ヤマハはまさに「地元」のチーム。「小学生の頃から知っています。練習参加させてもらったときの雰囲気がよくて、ここで野球がやりたいと思いました」と笑顔で話した。

池谷は最速144キロの速球を武器にする本格派左腕で、昨秋の東海大会優勝に貢献。センバツでは優勝した大阪桐蔭と2回戦で当たり、初回は変化球が高めに浮いて6失点したものの、2回以降は速球勝負に切り替えて強力打線を7回まで0点に抑え込んだ。終盤につかまり8―11で敗れたが、野球ファンの記憶に残るピッチングを見せた。

「1番下なので元気のいいプレーを見せたい」と新天地での活躍を誓った。また、静高でエースとして活躍し、明大で今秋3勝を挙げたMAX148キロ右腕・水野匡貴(動画)もヤマハ入り。「1年目から活躍できるよう頑張る」と話した。



池谷君(静岡)のスカウト評はこちら

水野君(明大)のスカウト評は
こちら

draftkaigi at 08:44|この記事のURL

臼井浩(東京ガス)、来秋ドラフト注目

12/15、スポーツニッポン4面より

臼井 浩 (東京ガス・投手)
168cm・右投左打・動画

来秋ドラフト候補の東京ガス・臼井(動画)が最多勝利投手のタイトルを手にした。168センチと小柄ながら馬力が武器。今年は新人ながら春先は主に抑え、日本選手権では完封勝利するなど計6勝を挙げた。「高いレベルの中で考えて野球ができるのが楽しかった」と振り返り、プロから熱視線を浴びる来季へ「チームが勝つことが最優先」と謙虚に意気込んだ。




臼井君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:04|この記事のURL

社会人野球、ベストナインを発表

2017年12月08日

12/8、西日本スポーツ6面より
日本野球連盟は7日、今年の社会人表彰選手を発表し、ベストナインにオリックスからドラフト1位指名されたJR東日本の田嶋大樹投手らを選んだ。首位打者賞は打率.419の高本泰裕(NTT西日本)。最多打点賞は2年連続で関本憲太郎(日本通運)が輝いた。

最多勝利投手賞は6勝0敗の臼井浩(東京ガス)、最優秀防御率賞は福島由登(ホンダ)。最多本塁打賞は該当者がいなかった。14日に表彰式が行われる。ベストナインは次の通り。


▼ベストナイン

投手=田嶋大樹(JR東日本)
捕手=山内佑規(東京ガス)
一塁手=喜納淳弥(NTT東日本)
二塁手=法兼駿(パナソニック)
三塁手=北川利生(日本通運)
遊撃手=福田周平(NTT東日本)
外野手=神里和毅(日本生命)
外野手=多木裕史(トヨタ自動車)
外野手=伊藤亮太(NTT東日本)
DH=関本憲太郎(日本通運)



draftkaigi at 07:37|この記事のURL

指名漏れの望月涼太(九州共立大)、東芝へ入社予定

2017年11月14日

11/14、中日スポーツ9面より

望月 涼太 (九州共立大・遊撃手)
175cm・右投左打・動画

延長戦での敗戦に、九州共立大の望月「神宮で最後を迎えたのは良かったのですが、負けたらやっぱり悔しい」とうつむいた。滋賀県彦根市出身。ドラフト当日に放映されたテレビの特番で、野球によって家族関係が崩壊したという内容で取り上げられ反響を呼んだ。

プロから指名されず、卒業後は社会人の東芝でプレーする予定。「2年後に自分を必要としてくれるプロの球団が現れるよう、レベルを上げていきたい」と力を込めた。

(11月13日 明治神宮大会2回戦 日本体育大 7―1 九州共立大)

draftkaigi at 11:50|この記事のURL

富山凌雅(トヨタ自動車)、恐るべき20歳の左腕

2017年11月12日

11/12、スポーツニッポン6面より

富山 凌雅 (トヨタ自動車・投手)
178cm・左投左打・動画

恐るべき20歳の左腕だ。トヨタ自動車の富山(動画)が、都市対抗王者のNTT東日本打線を力でねじ伏せた。「前回(登板)より気合が入りました。都市対抗で負けていましたからね」。都市対抗でチームはNTT東日本に2回戦で敗退。富山の登板機会はなかったが、ベンチで味わった悔しさを晴らす絶好の機会だった。

8回を3安打無失点。「ストライクが先行しないと直球を狙われるので、先に追い込んで自分のペースで投げようと思っていた」。最速143キロの切れのある直球を武器に11三振を奪い、内角を攻める強気の投球も光った。

九州国際大付では2、3年の夏に甲子園に出場。3年夏は3回戦の作新学院戦で完封するなど大舞台に強い。入社2年目で迎えた今大会。最速147キロを誇る左腕は社会人の「全国デビュー」を果たし、成長した姿を見せつけた。桑原大輔監督も「本当によく投げてくれた。(捕手の)細山田の指示通り、いいリズムで投げていた」と称えた。

(11月11日 日本選手権準決勝 トヨタ自動車 2―0 NTT東日本)
 


富山君のスカウト評はこちら

富山君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 09:47|この記事のURL

ドラフトニュース検索