ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

社会人

かつてのドラフト候補、難病乗り越え4年ぶり公式戦

2017年03月24日

3/24、中日スポーツ11面より

真弓 竜一 (王子・外野手)
178cm・右投右打

難病を乗り越えて、第2の野球人生の幕が開けた。快勝発進の王子にあって、ひときわ声を出し、仲間を鼓舞するかつてのプロ注目選手がいた。25歳の真弓が実に4年ぶりとなる公式戦のベンチ入りを果たした。「やっと帰ってこれたなという感じです」

四日市工から高卒2年目で主軸を任され、右の長距離砲としてプロの注目を集めていた2013年5月に悲劇が襲った。急性リンパ性白血病で緊急入院。同年12月に退院予定も再発した。骨随移植で翌14年5月に退院したが、今度は肺炎で同年8月に再入院。

それだけじゃなかった。年末に退院をしたが、翌15年の春に大腿骨頭壊死が判明。肺炎の薬による副作用だった。それでも、1度も野球をあきらめなかった。

「絶望したのは一瞬だけ。これで復活したら格好ええんちゃうって思っていました。プロは頑張れば行ける人は行けるけど、この病状から復活するのはボクにしかできない。苦しんでいる人たちにこれだけ元気になれるよって先駆けになれば。今はもっと価値があることに挑戦しています」

左右の股関節にはチタン製の人工関節が埋め込まれている。15年11月に左、16年2月に右の人工関節の手術をした。医師からは「野球はできない」と通告されたが、最初から無視すると決めていた。「世界で初めての人間になりますって言っていました」

ただ、現実的に人工関節が傷つくため、スライディングや左右の激しい動きは禁止。つまり、代打オンリーの野球人生となる。

「いろんな形でチームに貢献したい」。この日の出番はなかったが、オープン戦では代打で2打数1安打と結果を残している。さらに一塁コーチとしても期待されている不屈の精神で帰ったきた野球人が新たな歴史を刻んでいく。

(3月23日 社会人野球東海地区大会 王子 5―0 永和商事ウイング)

draftkaigi at 07:48|この記事のURL

プロ注目・田中空良(東邦ガス)、145キロ止まり

2017年03月23日

3/23、中日スポーツ10面より

田中 空良 (東邦ガス・投手)
177cm・右投左打・動画

開幕試合は東邦ガスが三菱重工名古屋に快勝。継投が決まって2点差をしのいだが、プロ注目の高卒3年目・田中空良(動画)はしょんぼり。先発で4イニング0/3を6安打、3四球、3失点と5回途中で降板した。「コースを狙い過ぎて悪い方にいってしまった。もっと大胆にいけば良かった」

自己最速は148キロだが、この日は145キロ。伏見裕幸監督は「緩急とか走者がいるときの投球とか、勉強することはまだ多い」と右腕の成長に期待した。

(3月22日 社会人野球東海地区大会 東邦ガス 5―3 三菱重工名古屋)





田中君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 08:00|この記事のURL

甲子園優勝投手の吉永健太朗、打者デビュー

2017年03月14日

3/14、スポニチwebsiteより (source)

吉永 健太朗 (JR東日本・投手)
182cm・右投右打・動画

JR東日本は11勝2敗で予選敗退が決まった中、日大三時代の11年夏に甲子園優勝投手となった吉永(動画)が打者として公式戦デビュー。

「3番・DH」で3打数無安打に終わったが、社会人2年目の今季は投手と野手の“二刀流”で臨むことになり「まだ投球が戻ってないので並行しながら野手もやってます。大谷君のような感じになれたらと思います」。

オープン戦では6試合で3割を超える打率をマーク。「打者をすることで投手にもプラスになるからと本人と話しました。今は打者として貢献してくれています」と堀井監督。「本塁打も打って160キロなんて目指せたらいいですね」と本人もやる気満々だった。

(3月13日 社会人野球東京大会 日本新薬 1―0 JR東日本)




吉永君のピッチング動画は
こちら

draftkaigi at 07:05|この記事のURL

今秋ドラフト候補・江口&谷田(JX-ENEOS)が活躍

2017年03月08日

サンスポwebsiteより (source)
社会人野球のJX-ENEOS(神奈川)が7日、川崎市のグラウンドでJR東日本東北(宮城)とのオープン戦を行い、10―1で快勝した。

最速151キロのプロ注目右腕・江口昌太投手(動画)が先発で6回0/3を1安打、1四球、4三振、1失点に抑え、ドラフト候補の左のスラッガー、谷田成吾外野手(動画)が4打数3安打1打点と順調な仕上がりを見せた。

江口は、「いい調子で投げ切れるようになっている。まだ、甘い球があるので、そこをチェックしていきたい」と話し、谷田は「追い込まれてもボールを選べて、打てていると思う」と収穫を口にした。

(3月7日 オープン戦 JX-ENEOS 10―1 JR東日本東北)





江口君のピッチング動画はこちら

谷田君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:10|この記事のURL

甲子園春夏連覇の水本弦(亜大)、東邦ガスへ入社

2017年03月04日

3/3、中日スポーツ9面より

水本 弦 (東邦ガス・外野手)
176cm・両投左打・動画

日本一を知る即戦力が東邦ガスに加わった。水本(動画)は広角に快打を放つ打力と勝負強さが売りの外野手。2月1日に合流し、左手首の肉離れで全体練習から外れていたが、打撃練習はすでに再開した。シーズン開幕に向けて調整を進めている。

「技術や取り組む姿勢が学生とは全然違う。東海地区はレベルが高いので、こういう環境でやれるのはうれしい。打撃でアピールしたい。レギュラーをつかむのは最低限の目標だと思っている」

学生時代は輝かしい実績を残した。小学2年で野球を始めてから、全てのカテゴリーで全国大会に出場。特に大阪桐蔭高時代は同期の藤浪(2012阪神1位)後輩の森(2013西武1位)らタレントぞろいのチームで主将を務め、春夏甲子園を連覇した。

亜大でも入学直後に定位置をつかみ、1年春の東都リーグでベストナインを満票で受賞。大学日本代表に選ばれ、1、3年の明治神宮大会で日本一を経験した。

「いろいろな舞台を経験しているという自覚はある。チーム力を大事にしたい。全国で勝つ秘訣だと思う」と水本。伏見裕幸監督も「まず期待するのは打撃。キャプテンシーも1年目から発揮してほしい。他の選手の刺激にもなるはず」と話す。

石川県野々市市出身。中学時代にプレーした白山能美ボーイズでは、京田(2016中日2位)とチームメートだった。高校で離れ離れになったが、大学時代は同じ東都リーグで戦った。今も近況を報告し合う。

「京田は野球のことしか考えていないんじゃないかと思うくらい。立場は違うけど、同じ地域でやれるのはうれしい。お互いに情報が入りやすいので高め合いたい」

東邦ガスは2年連続で都市対抗出場を逃している。「力はどこも変わらないと思う。都市対抗を決める上で、自分に何ができるか。結果を出すしかない。数字以上の結果を残して勝利に貢献したい」。3年ぶりの東京ドーム行きを目指すチームには頼もしい存在になりそうだ。



水本君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 10:45|この記事のURL

ドラフトニュース検索