ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる
社会人

デイリースポーツ厳選、即戦力投手のドラフト候補(16人)

2017年10月21日

デイリースポーツは、「今ドラフトの即戦力投手候補」と題して、以下の16人を挙げています。(本日終面記事)

大学生
馬場皐輔(仙台大) 動画 スカウト評
斉藤大将(明治大) 動画 スカウト評
鍬原拓也(中央大) 動画 スカウト評
高橋遥人(亜細亜大) 動画 スカウト評
高橋礼(専修大) 動画 スカウト評
東克樹(立命館大) 動画 スカウト評
近藤弘樹(岡山商科大) 動画 スカウト評
草場亮太(九州産業大) 動画 スカウト評

社会人
鈴木康平(日立製作所) 動画 スカウト評
永野将司(ホンダ) 動画 スカウト評
田嶋大樹(JR東日本) 動画 スカウト評
西村天裕(NTT東日本) 動画 スカウト評
斎藤俊介(JX-ENEOS) 動画 スカウト評
柏原史陽(JX-ENEOS) 動画 スカウト評
鈴木博志(ヤマハ) 動画 スカウト評
山本大貴(三菱自動車岡崎) 動画 スカウト評

draftkaigi at 09:18|この記事のURL

鈴木博志(ヤマハ)、12球団全てから調査書届く

10/21、中日スポーツ8面「ドラフトを待つ」より

鈴木 博志 (ヤマハ・投手)
180cm・右投右打・動画

ヤマハの鈴木博志投手(動画)は、160キロに最も近い男の1人だろう。高校時代に145キロだった直球の最速は、今や157キロまで伸びた。「数字にこだわりはないけど、20歳はまだ伸びる年齢。意識せずに質を求めていけば、球速は自然に伸びると思う」

高卒3年目。全12球団から調査書の提出を求められた堂々のドラフト1位候補だ。「全くイメージが湧かない。気持ちの準備ができていない」と苦笑いするが、プライドものぞかせる。「1位でプロに行きたい。一番評価されているということだから」。

高校時代は右肘を痛めた影響で、最後の夏は背番号17。後に肘の疲労骨折が判明し、手術を受けた。ヤマハに入社し、2年目から本格的に登板すると150キロ台を連発する剛腕に成長。特に今年は着地した左足で間を取るフォームに改良し、7、8割の力で150キロが出るようになった。

今秋は社会人日本代表も経験。「知らなかった世界を知ることができた。ワンランク上を勝手に目指せるようになった」。トップレベルを肌で感じ、メンタル面も強くなった。

スピードボールは直球だけではない。カットボールは140キロ台中盤。フォークで145キロを計測したこともある。プロでは抑え候補だろう。本人もそのつもりだ。「抑えにやりがいを感じる。抑えたら、みんなが駆け寄ってくれるから」。

憧れるのは大リーグを代表する守護神、レッドソックスのキンブレル。スマートフォンには画像が何枚も保存してある。「一目見てとりこになるボールを投げている。分かっていても打てない」。球界を代表するクローザーになる日を夢見ながら、26日のドラフト本番を待つ。



鈴木君のスカウト評はこちら

鈴木君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:44|この記事のURL

西村天裕(NTT東日本)に4球団のスカウト視察

2017年10月13日

10/13、日刊スポーツ5面より

西村 天裕 (NTT東日本・投手)
177cm・右投右打・動画

社会人野球の関東選手権1回戦が12日、東京・大田スタジアムで行われ、NTT東日本の最速154キロ右腕、西村天裕投手(動画)が、4球団のスカウトを前にドラフト上位候補の力を見せた。JFE東日本戦の7回途中から登板し、4回1/3を無安打、2四死球、無失点に抑えた。

それでも、177センチ、87キロの右腕は「強い打球を打たれたので」と満足しなかった。チームは延長12回タイブレークの末に6―7で敗れた。

(10月12日 関東選手権1回戦 JFE東日本 7―6 NTT東日本)



西村君のピッチング動画はこちら

西村君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 07:02|この記事のURL

田中俊太(日立製作所)に8球団のスカウト視察

2017年10月12日

10/12、日刊スポーツ2面より

田中 俊太 (日立製作所・二塁手)
177cm・右投左打・動画

社会人野球の関東選手権1回戦が11日、東京・大田スタジアムで行われ、ドラフト上位候補の日立製作所・田中俊太内野手(動画)が明治安田生命戦で2安打2得点と活躍し、4―0での勝利に貢献した。

1番・二塁で出場。初回に三塁打、2回に安打と、8球団のスカウトの前で打力を示した。兄の広島・広輔内野手同様に社会人からのプロ入りを目指す左打者は「自分を見失わず、チームのためにやりたい」と、目の前の勝利を求めていく。

(10月11日 関東選手権1回戦 日立製作所 4―0 明治安田生命)



田中君のスカウト評はこちら

田中君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:28|この記事のURL

田嶋大樹(JR東日本)、複数球団スカウトの前で台湾0封

2017年10月09日

10/9、スポニチwebsiteより (source)

田嶋 大樹 (JR東日本・投手)
180cm・左投左打・動画

侍ジャパン社会人代表は8日、第28回BFAアジア選手権決勝で台湾を6―1で下し、2大会ぶり19度目の優勝を果たした。ドラフト1位候補のJR東日本・田嶋大樹(動画)が今大会初先発し、5回を3安打無失点に抑えた。15年の前回大会で6連覇を逃した左腕は「2年前の借りを返せた」と喜んだ。

2日の香港との初戦に登板予定だったが、練習中に野手の送球が頭部に直撃し、回避。試合勘を戻すのに苦しんだが、2回1死一、三塁、3回1死満塁のピンチをいずれも併殺で切り抜け、5三振も奪った。

複数球団のスカウトが視察する中で好投した社会人ナンバー1左腕は「(26日の)ドラフトに向けて、いつも通りやっていきたい。(11月の)日本選手権でも貢献したい」と話した。

(10月8日 アジア選手権決勝   日本 6―1 台湾)



田嶋君のスカウト評はこちら

田嶋君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:03|この記事のURL

ドラフトニュース検索