ドラフト会議
情報局
2016ドラフト
高校生の候補
2016ドラフト
大学生の候補
2016ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2016ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

戦力外通告

12球団の戦力外通告選手まとめ<2015>

2016年02月06日

戦力外通告選手(自由契約選手)を対象とした12球団合同トライアウトは11月10日、草薙球場(静岡)で行われました。参加者はこちら


読売ジャイアンツ
隠善智也→戦力外通告 巨人の1軍広報(記事)
久保裕也→戦力外通告 DeNAと契約(記事)
野間口貴彦→戦力外通告 巨人の独立L担当スカウト(記事)
青木高広→戦力外通告 巨人のスカウト(記事)
横川史学→戦力外通告 ジャイアンツアカデミー講師
坂口真規→戦力外通告 巨人と育成で再契約(記事)
田中大輝→自由契約 巨人と育成で再契約
田原啓吾(育)→自由契約 巨人と育成で再契約
成瀬功亮(育)→自由契約 巨人と育成で再契約
田中太一(育)→自由契約 巨人と育成で再契約
芳川庸(育)→自由契約 巨人と育成で再契約
高橋洸(育)→自由契約 巨人と育成で再契約
金城龍彦→引退表明 巨人の3軍打撃コーチ(記事)
井端弘和→引退表明 巨人の1軍内野守備走塁コーチ(記事)
高橋由伸→引退表明 巨人の1軍監督
福田聡志→契約解除 飲食業で再起の夢も(記事)
笠原将生→契約解除 草野球チームに所属し求職中(記事)
松本竜也→契約解除 今後は未定(香川県の実家に戻る)


阪神タイガース
藤原正典→戦力外通告 大学職員になるため就活中(記事)
加藤康介→戦力外通告 BCリーグ・福島(記事)
玉置隆→戦力外通告 新日鉄住金鹿島
田上健一→戦力外通告 オリックスのスコアラー(記事)
黒瀬春樹→戦力外通告 西武のスコアラー(記事)
一二三慎太→自由契約 阪神と育成で再契約(記事)
田面巧二郎(育)→自由契約 阪神と育成で再契約(記事)
トラヴィス(育)→自由契約 阪神と育成で再契約
原口文仁(育)→自由契約 阪神と育成で再契約(記事)
渡辺亮→引退表明 阪神のスカウト(記事)
関本賢太郎→引退表明 野球評論家
藤井彰人→引退表明 阪神球団職員(BC・福井へ派遣)(記事)


広島東洋カープ
鈴木将光→戦力外通告 鍼灸師の専門学校(記事)
篠田純平→戦力外通告 広島の1軍マネジャー(記事)
武内久士→戦力外通告 今後は未定
河内貴哉→戦力外通告 広島の1軍広報(記事)
岩見優輝→戦力外通告 会社員
池ノ内亮介→戦力外通告 会社員
中村憲→戦力外通告 会社員(クラブチーム所属予定)
森下宗(育)→戦力外通告 会社員
久本祐一(育)→自由契約 広島と支配下選手契約(記事)
栗原健太→自由契約 楽天と契約(記事)
東出輝裕→引退表明 広島の1軍打撃コーチ(記事)


中日ドラゴンズ
藤沢拓斗→戦力外通告 JR西日本
山内壮馬→戦力外通告 楽天と契約(記事)
橋爪大佑(育)→戦力外通告 今後は未定
川崎貴弘(育)→自由契約 中日と育成で再契約(記事)
川上憲伸→自由契約 現役続行希望(記事)
小笠原道大→引退表明 中日の2軍監督(記事)
谷繁元信→引退表明 中日の1軍監督専任
朝倉健太→引退表明 中日球団職員・編成担当(記事)
山本昌広→引退表明 野球評論家
和田一浩→引退表明 野球評論家


横浜DeNAベイスターズ
加賀美希昇→戦力外通告 JR西日本(記事)
鶴岡賢二郎→戦力外通告 DeNAのブルペン捕手(記事)
東野峻→戦力外通告 DeNAの打撃投手(記事)
岡島秀樹→戦力外通告 メジャー再挑戦(記事)
土屋健二→戦力外通告 会社経営
大田阿斗里→戦力外通告 オリックスが入団テスト(記事)
加藤政義→
戦力外通告 DeNAの球団職員
多村仁志→戦力外通告 中日と育成契約(記事)
赤堀大智→戦力外通告 セガサミー(記事)
今井金太(育)→戦力外通告 今後は未定
高橋尚成→引退表明 ホリプロ(記事)


東京ヤクルトスワローズ
赤川克紀→戦力外通告 建築資材関連企業の営業職(記事)
七條祐樹→戦力外通告 ヤクルトの打撃投手(記事)
江村将也→戦力外通告 BCリーグ・福島
大場達也→戦力外通告 現役続行希望
金伏ウーゴ→戦力外通告 巨人と育成契約(記事)
川崎成晃→戦力外通告 会社員
由規→自由契約 ヤクルトと育成で再契約(記事)
平井諒→自由契約 ヤクルトと育成で再契約(記事)
阿部健太(育)→戦力外通告 ヤクルトのスカウト(記事)
中根佑二(育)→戦力外通告 今後は未定
松元ユウイチ→引退表明 ヤクルトの2軍打撃コーチ(記事)


福岡ソフトバンクホークス
細山田武史→戦力外通告 トヨタ自動車(記事)
川原弘之→戦力外通告 ソフトバンクと育成で再契約(記事)
日高亮→戦力外通告 九州三菱自動車
伊藤祐介→戦力外通告 ソフトバンクと育成で再契約
金無英→戦力外通告 楽天と契約(記事)
李杜軒→戦力外通告 ソフトバンクと育成で再契約
中村恵吾(育)→戦力外通告 社会人野球・シンセリティー
北方悠誠(育)→戦力外通告 BCリーグ・群馬(記事)
大滝勇佑(育)→戦力外通告 現役引退、今後は未定
勧野甲輝(育)→戦力外通告 九州三菱自動車(記事)
宮崎駿(育)→戦力外通告 大阪府警の採用試験受験予定(記事)
坂田将人(育)→自由契約 ソフトバンクと支配下選手契約(記事)
吉本祥二(育)→自由契約 ソフトバンクと育成で再契約
伊藤大智郎(育)→自由契約 ソフトバンクと育成で再契約
白根尚貴(育)→自由契約 DeNAと支配下選手契約(記事)
松中信彦→自由契約 現役続行希望(記事)
帆足和幸→引退表明 ソフトバンクの打撃投手(記事)


オリックス・バファローズ
前田祐二→戦力外通告 インテリア・コーディネーター(記事)
中山慎也→戦力外通告 JR東海(記事)
戸田亮戦力外通告 オリックスと育成で再契約(記事)
山本和作→戦力外通告 大阪経済大の監督(記事)
榊原諒→戦力外通告 愛知で仕事探す予定(記事)
鉄平→戦力外通告 引退表明、今後は未定(記事)
竹原直隆→戦力外通告 西武と契約(記事)
古川秀一→戦力外通告 オリックスの打撃投手(記事)
柴田健斗→戦力外通告 四国ILplus・愛媛
原大輝(育)→戦力外通告 今後は未定
井川慶→戦力外通告 現役続行希望
馬原孝浩→自由契約 引退表明、今後は未定
坂口智隆→自由契約 ヤクルトと契約(記事)
佐藤峻一(育)→自由契約 オリックスと支配下選手契約(記事)
園部聡(育)→自由契約 オリックスと育成で再契約
谷佳知→引退表明 野球評論家
平野恵一→引退表明 阪神の2軍守備走塁コーチ(記事)
丸毛謙一→引退表明 オリックスの球団職員


北海道日本ハムファイターズ
河野秀数→戦力外通告 地元・京都で就職(記事)
森内寿春→戦力外通告 西武の打撃投手(記事)
佐藤賢治→戦力外通告 会社員
佐藤正尭→戦力外通告 社会人野球・履正社学園
増渕竜義→戦力外通告 引退表明、今後は未定(記事)
斉藤勝→戦力外通告 会社員
鵜久森淳志→戦力外通告 ヤクルトと契約(記事)
木佐貫洋→引退表明 巨人のスカウト(記事)
中嶋聡→引退表明 日本ハムのGM特別補佐(記事)


千葉ロッテマリーンズ
中後悠平→戦力外通告 BCリーグ・武蔵(記事)
植松優友→戦力外通告 ロッテの打撃投手(記事)
上野大樹→戦力外通告 マリーンズ・アカデミーのコーチ(記事)
服部泰卓→戦力外通告 現役引退、会社勤めする予定(記事)
小林敦→戦力外通告 ロッテのスカウト(記事)
矢地健人→戦力外通告 新日鉄住金東海REX
川本良平→戦力外通告 楽天と契約(記事)
早坂圭介→戦力外通告 現役引退、今後は未定


埼玉西武ライオンズ
梅田尚通→戦力外通告 会社員(G・G・佐藤の父が経営)(記事)
平野将光→戦力外通告 若獅子寮の副寮長兼育成担当(記事)
中郷大樹→戦力外通告 ロッテの打撃投手(記事)
松下建太→戦力外通告 西武の2軍用具係(記事)
田中靖洋→戦力外通告 ロッテと契約(記事)
林崎遼→戦力外通告 会社員(G・G・佐藤の父が経営)
米野智人→戦力外通告 日ハムの捕手兼2軍バッテリーコーチ補佐(記事)
石川貢→戦力外通告 会社員
前川恭兵(育)→戦力外通告 会社員(G・G・佐藤の父が経営)
西口文也→引退表明 西武の球団本部編成部(記事)
森本稀哲→引退表明 一般企業へ入社(記事)


東北楽天ゴールデンイーグルス
上園啓史→戦力外通告 野球学校のアドバイザー(記事)
小山桂司→戦力外通告 中日のブルペン捕手兼打撃投手(記事)
西村弥→戦力外通告 楽天ジュニアのコーチ(記事)
梅津智弘→戦力外通告 楽天の1軍サブマネジャー(記事)
藤江均→戦力外通告 現役続行希望
高堀和也(育)→戦力外通告 楽天と育成で再契約
片山博視→自由契約 楽天と育成で再契約(記事)
今野龍太→自由契約 楽天と育成で再契約(記事)
榎本葵→自由契約 楽天と育成で再契約(記事)
宮川将(育)→自由契約 楽天と育成で再契約(記事)
島井寛仁(育)→自由契約 楽天と育成で再契約(記事)
柿沢貴裕(育)→自由契約 楽天と育成で再契約(記事)
斎藤隆→引退表明 吉本興業の契約社員(記事)
小山伸一郎→引退表明 楽天の2軍投手コーチ
小斉祐輔→引退表明 飲食店勤務
山崎浩司→引退表明 会社員
永井怜→引退表明 楽天ジュニアのコーチ
森山周→引退表明 楽天の2軍外野守備走塁コーチ(記事)

横山徹也(育)→引退表明 楽天のブルペン捕手(記事)



赤字は決定。

日本人限定です。外国人選手は含みませんのでご注意を・・・。



draftkaigi at 07:08|この記事のURL

上園啓史(楽天戦力外)、野球学校のアドバイザーに

2/6、デイリースポーツ4面より
阪神や楽天でプレーし、現役を引退した上園啓史氏(2006阪神3巡目)「関メディベースボール学院野球選手科、中等部統括投手アドバイザー」に就任することが5日、分かった。プロの世界で学んだことを、未来ある野球少年の育成に役立てていく。

「野球に携われることに喜びを感じています」と上園。昨年末から豪州のウインターリーグに参加。そこで正式に現役を引退することになった。会社員として働いていく中で、野球との関わりは変わらず持ち続ける。「恩返しができるように、時間の許す限り子供たちと接していきたいです」。

阪神では新人王にも輝くなど、9年間プロ野球に身を投じた経験は貴重なもの。今後は後進の育成に力を注いでいく。



下は2006大学・社会人ドラフトで阪神が指名した選手です。上園啓史は3巡目で指名され入団。プロでの成績はこちら

阪神の2006大・社ドラフト指名選手
希望枠小嶋 達也大阪ガス投手
1巡目指名権なし
2巡目指名権なし
3巡目上園 啓史武蔵大投手
4巡目清水 誉関西学院大捕手
5巡目大城 祐二TDK千曲川内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:06|この記事のURL

野間口貴彦(巨人戦力外)、独立リーグ担当スカウトに

2/6、サンケイスポーツ5面より
巨人が独立リーグの専門スカウトを設置したことが5日、分かった。昨季限りで現役引退した野間口貴彦氏(2004巨人自由枠)球団編成本部調査担当として派遣される。

現在、国内の独立リーグはルートインBCリーグ、四国アイランドリーグplus、ベースボール・ファーストリーグ(BFL)の3リーグ計15チーム。西武には以前から独立リーグ担当がいるものの、巨人ではこれまでアマスカウトや編成担当者が兼務していた。

球団関係者は「厳しい環境も含め、独立リーグが選手育成の場としては一番いい。面白い選手はたくさんいる」と、専任スカウトを置くことを決めた理由を明かした。

巨人は昨秋に3軍を発足させ、育成ドラフトでは8人を指名。その中心が独立リーグの選手だった。また、福島からペレス、高知からアブレイユを育成契約で獲得。野間口氏はすでに業務を始め、各チームへのあいさつ回りなどを行っている。



下は2004ドラフトで巨人が指名した選手です。野間口貴彦は自由獲得枠で指名入団。プロでの成績はこちら


巨人の2004ドラフト指名選手
自由枠野間口 貴彦シダックス投手
自由枠三木 均八戸大投手
1巡目(指名権なし)
2巡目(指名権なし)
3巡目(指名権なし)
4巡目亀井 義行中央大外野手
5巡目木村 正太一関一高投手
6巡目星 孝典東北学院大捕手
7巡目東野 峻鉾田一高投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:06|この記事のURL

山本和作(オリックス戦力外)、大経大の監督に

2016年01月29日

1/29、スポーツ報知4面より

2008巨人(育成)ドラフト3位 山本和作
大阪経済大・内野手・22歳

元巨人で、昨年までオリックスでプレーした山本和作氏(2008育成3位)が、出身の関西六大学リーグ・大経大の新監督に就任することが28日、分かった。関係者によると、新体制で練習をスタートする2月から指揮を執る予定という。元プロ野球選手が、コーチなどで指導経験を積むことなく大学野球の監督を務めることは異例のケースといえる。

山本氏は大経大時代は通算101安打を誇り、1年秋に首位打者を獲得。08年に育成ドラフト3位で巨人に内野手として入団したが、1軍昇格できないまま、12年に香月、阿南との交換トレードで東野とともにオリックスに移籍した。

13年は開幕1軍入りし、プロ初安打、初本塁打を記録するなど96試合に出場したが、昨季は3試合にとどまり、シーズン終了後に戦力外通告を受け、現役を引退した。大経大は昨年の春季リーグで3位、秋季リーグは5位の成績に終わっている。



下は2008育成ドラフトで巨人が指名した選手です。山本和作は3位指名され入団。プロでの成績はこちら

巨人の2008育成ドラフト指名選手
育1杉山 晃紀綾部高投手
育2尾藤 竜一早稲田大中退投手
育3山本 和作大阪経済大内野手
育4福元 淳史NOMO・BC内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:38|この記事のURL

鉄平(オリックス戦力外)が引退表明、今後は未定

2016年01月27日

1/27、スポーツニッポン4面より

2000中日ドラフト5位 土谷鉄平
津久見高・内野手・17歳

昨秋にオリックスから戦力外通告を受け、移籍先を探していた鉄平外野手(2000中日5位)が26日、現役引退を決断した。スポニチ本紙の取材に対して「引退する決意を固めました」と明かした。09年の首位打者が15年間の現役生活に別れを告げ、バットを置く。

鉄平は昨季終盤に左太腿裏を肉離れしたため、昨年11月の合同トライアウトは参加を見送った。その後はNPB球団からの入団テストのオファーを待ち、年明けからは千葉県内で西武の渡辺直らと合同自主トレを行っていた。22日に練習を打ち上げてからは進退について熟考していたが、「これ以上引きずっても仕方ない」と決断した。

00年秋にドラフト5位で中日に入団。03年に内野手から外野手へコンバートされ、05年オフにはトレードで楽天へ移籍した。その際に登録名を土谷鉄平から「鉄平」に変更してブレーク。楽天ではレギュラーを獲得して09年には打率.327で首位打者とベストナインを獲得した。

しかし、13年オフにトレードでオリックスに移籍してからは、故障も多く、思うような成績を残せなかった。昨季も2軍暮らしが長く、1軍では13試合出場で、22打数3安打に終わった。誰もが認める努力家の名バットマン。今後については未定ながら、鉄平は「野球界に携わりたい」との希望を持っている。惜しまれながらもユニホームを脱ぎ、第二の人生を歩む。



下は2000ドラフトで中日が指名した選手です。鉄平(土谷鉄平)は5位指名され入団。プロでの成績はこちら

中日の2000ドラフト指名選手
1位中里 篤史春日部共栄高投手
2位洗平 竜也東北福祉大投手
3位井本 直樹新日鉄名古屋投手
4位岡本 真也ヤマハ投手
5位土谷 鉄平津久見高内野手
6位山崎 賢太島根商科専門学校投手
7位仲沢 忠厚敦賀気比高内野手
8位辻田 摂PL学園高出内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:11|この記事のURL

ドラフトニュース検索