ドラフト会議
情報局
2014高校生の
ドラフト候補
2014大学生の
ドラフト候補
2014社会人の
ドラフト候補
スカウト
評価
2014ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

戦力外通告

12球団の戦力外通告選手まとめ<2014>

2014年10月19日

戦力外通告が解禁されました。第1次通告期間は、10月1日から全球団のレギュラーシーズン終了翌日まで。第2次通告期間は、CS終了翌日から日本シリーズ終了翌日までとなります。 (ただし、日本シリーズ出場チームは日本シリーズ終了の5日後まで)

戦力外通告選手を対象とした12球団合同トライアウトは11月9日に草薙球場(静岡)、11月20日にジャイアンツ球場で行われる予定です。契約は、12球団合同トライアウト終了後から可能となります。


読売ジャイアンツ
越智大祐→戦力外通告 現役続行希望(記事)
高木康成(育)→戦力外通告 現役引退(記事)
森和樹(育)→戦力外通告 今後は未定
柴田章吾(育)→戦力外通告 今後は未定
雨宮敬(育)→戦力外通告 トライアウト受験予定
荻野貴幸(育)→戦力外通告 今後は未定
和田凌太(育)→戦力外通告 今後は未定


阪神タイガース
吉見祐治→戦力外通告 今後は未定
高山久→戦力外通告 今後は未定
西村憲→戦力外通告 トライアウト受験へ(記事)
阪口哲也(育)→戦力外通告 今後は未定
久保田智之→引退表明 阪神の打撃投手か?(記事)
日高剛→引退表明 今後は未定


広島東洋カープ
上野弘文→戦力外通告 現役引退
大島崇行→戦力外通告 現役引退
斉藤悠葵→戦力外通告 現役引退を示唆(記事)
永川光浩(育)→戦力外通告 現役引退
横山竜士→引退表明 今後は未定(記事)


中日ドラゴンズ
辻孟彦→戦力外通告 現役続行希望
井上公志→戦力外通告 現役続行希望
矢地健人→戦力外通告 現役続行希望
小田幸平→戦力外通告 ロッテが獲得調査(記事)
田中大輔→戦力外通告 現役続行希望
中田亮二→戦力外通告 現役続行希望
森越祐人→戦力外通告 現役続行希望
井藤真吾→戦力外通告 現役続行希望
堂上剛裕→戦力外通告 現役続行希望(記事)
宋相勲(育)→戦力外通告 現役続行希望
三瀬幸司→引退表明 中日の球団スタッフ(記事)
小林正人→引退表明 中日の球団広報(記事)
鈴木義広→引退表明 中日の球団スタッフ(記事)


横浜DeNAベイスターズ
中村紀洋→戦力外通告 現役続行希望
藤井秀悟→戦力外通告 現役続行希望
小林太志→戦力外通告 現役続行希望
藤江均→戦力外通告 現役続行希望(記事)
北方悠誠→戦力外通告 現役続行希望(記事)
菊地和正→戦力外通告 現役続行希望
神内靖→戦力外通告 現役続行希望
真下貴之→戦力外通告 ロッテが獲得検討(記事)
伊藤拓郎→戦力外通告 現役続行希望
冨田康祐→戦力外通告 現役続行希望
古村徹(育)→戦力外通告 DeNAの打撃投手
佐村トラヴィス幹久(育)→戦力外通告 現役続行希望


東京ヤクルトスワローズ
阿部健太→戦力外通告 ヤクルトの打撃投手
山本斉→戦力外通告 現役引退
押本健彦→戦力外通告 トライアウト受験へ(記事)
真田裕貴→戦力外通告 現役続行希望
新田玄気→戦力外通告 ヤクルトの打撃投手
又野知弥→戦力外通告 現役続行希望
岩村明憲→戦力外通告 現役続行希望(記事)
野口祥順→戦力外通告 ヤクルト2軍育成担当
中根佑二(育)→戦力外通告 育成再契約の見通し
佐藤貴規(育)→戦力外通告 今後は未定


東北楽天ゴールデンイーグルス
仲沢広基 →戦力外通告 現役引退
井坂亮平(育)→戦力外通告 今後は未定
木村謙吾(育)→戦力外通告 今後は未定
有馬翔(育)→戦力外通告 今後は未定
神保貴宏(育)→戦力外通告 現役引退


埼玉西武ライオンズ
松永浩典→戦力外通告
小林宏之→戦力外通告 今後は未定
川崎雄介→戦力外通告 今後は未定
山崎浩司→戦力外通告 今後は未定
美沢将→戦力外通告 引退濃厚


千葉ロッテマリーンズ
荻野忠寛→戦力外通告 現役続行希望
藤谷周平→戦力外通告 現役続行希望
塀内久雄→戦力外通告 今後は未定
G.G.佐藤→戦力外通告 一般企業へ就職(記事)
神戸拓光→戦力外通告 現役続行希望
角晃多→戦力外通告 現役続行希望
岸敬祐(育)→戦力外通告 現役続行希望
里崎智也→引退表明 今後は未定(記事)


福岡ソフトバンクホークス
清水貴之(育)→戦力外通告 トライアウト受験
南貴樹(育)→戦力外通告 今後は未定(記事)
笹沼明広(育)→戦力外通告 今後は未定
松冨倫(育)→戦力外通告


オリックス・バファローズ
甲藤啓介→戦力外通告 
伊原正樹→戦力外通告
山崎正貴→戦力外通告 トライアウト受験(記事)
西川拓喜→戦力外通告
平井正史→引退表明 オリックスの2軍投手コーチ(記事)


北海道日本ハムファイターズ
根本朋久→戦力外通告 トライアウト受験
佐藤祥万→戦力外通告 今後は未定
運天ジョン・クレイトン→戦力外通告 現役続行希望
多田野数人→自由契約 現役続行希望(記事)
金子誠→引退表明 今後は未定(記事)
稲葉篤紀→引退表明 今後は未定(記事)



外国人選手は含みませんのでご注意を・・・。



draftkaigi at 06:17|この記事のURL

平井正史(オリックス引退)、2軍投手コーチに

2014年10月10日

10/10、スポーツニッポン5面より
オリックスの95、96年のリーグ連覇に貢献した平井正史投手(1993オリックス1位)が、京セラドームで引退会見に臨み「プロ生活を始めたオリックスでユニホームを脱げることは幸せ」と、涙は見せずに語った。

来季から2軍投手コーチに就任することも発表された。指導者としての理想として、愛媛・宇和島東高時代の上甲正典氏と、プロ入り時の監督は仰木彬氏を挙げて、「僕の野球人生で絶対に外せない2人。上甲さんには『夢叶うまで挑戦』という言葉があるが、2人の教えを守りながらやりたい」と、早くも若手育成に力を込めていた。




下は1993ドラフトでオリックスが指名した選手です。平井正史は1位指名され入団。プロでの成績はこちら

オリックスの1993ドラフト指名選手
1位平井 正史宇和島東高投手
2位三輪 隆神戸製鋼捕手
3位斎藤 秀光横浜商大付高内野手
4位福留 宏紀享栄高内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 10:27|この記事のURL

真下貴之(DeNA戦力外)、ロッテが獲得検討

10/10、スポーツ報知5面より
ロッテが、DeNAを戦力外となった真下貴之投手(2009横浜4位)の獲得を検討していることが9日、分かった。来季の補強ポイントの一つとなっていたリリーフ左腕として、年齢が若く将来性豊かな真下に目をつけたと見られる。

真下は高卒2年目の11年5月10日の巨人戦(上毛敷島)で5回5安打1失点と好投。プロ初勝利を挙げた。翌12年からの3年間は1軍登板がなかったが、188センチの長身から投げおろす投球スタイルは魅力的。

ロッテは09年ドラフト時にも、千葉・東海大望洋高出身の真下を上位指名候補として検討するなど高評価をしており、獲得候補として再び名前が挙がった。チームは今季、松永が46試合に登板も服部、中後らが不調。伊東監督も「中継ぎ左腕は来季の補強ポイント」と話していた。長身左腕が“地元球団”に入団する可能性が出てきた。



下は2009ドラフトで横浜(現DeNA)が指名した選手です。真下貴之は4位指名され入団。プロでの成績はこちら

横浜の2009ドラフト指名選手
1位筒香 嘉智横浜高内野手
2位加賀 繁住友金属鹿島投手
3位安斉 雄虎向上高投手
4位真下 貴之東海大望洋高投手
5位福田 岳洋四国九州IL香川投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 10:08|この記事のURL

小林正人(中日引退)、球団広報に内定

10/10、日刊スポーツ4面より
今季限りで現役引退した中日・小林正人氏(2002中日6巡目)球団広報に内定した。9日、ナゴヤ球場で行われた秋季練習に参加。スタッフとして大塚投手コーチの就任会見などに立ち会った。同氏は「今はスッキリしています。感謝の気持ちしかない。ドラゴンズをしっかり支えていきたい」と語った。




下は2002ドラフトで中日が指名した選手です。小林正人は6巡目指名され入団。プロでの成績はこちら

中日の2002ドラフト指名選手
自由枠(行使せず)
自由枠(行使せず)
1巡目森岡 良介明徳義塾高内野手
2巡目(指名権なし)
3巡目桜井 好実砺波工高外野手
4巡目植 大輔龍谷大投手
5巡目長峰 昌司水戸商高投手
6巡目小林 正人東海大投手
7巡目瀬間仲ノルベルト日章学園高内野手
8巡目湊川 誠隆慶応大内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 09:40|この記事のURL

G・G・佐藤(ロッテ戦力外)、一般企業へ就職

10/10、スポーツニッポン4面より
ロッテから戦力外通告を受けたG・G・佐藤外野手(2003西武7巡目)が、今季限りで現役を引退することが9日、分かった。今後は一般企業で会社員として、第二の人生をスタートさせる。

都内の高層オフィスビルの前。G・G・佐藤はスーツに身を固めた「サラリーマンスタイル」で現れた。「小学1年から始めた野球をやめることはやっぱり寂しい。でも、本当に幸せな野球人生だった。家族、ファン、伊東監督、全ての人に心から感謝したい」

法大から03年ドラフト7巡目で西武に入団。長距離砲として活躍し、明るいキャラクターと、お立ち台での「キモティ~!」の決めセリフで人気者に。

だが、日本代表として出場した08年の北京五輪では外野守備でミスを犯し、11年には西武を戦力外となった。一気にどん底を味わったが、イタリア・ボローニャなどを経て、12年オフに西武時代の恩師・伊東監督が率いるロッテにテスト入団。再び2年間のプロ野球生活を送った。

「野球選手は卒業するけど、これからも“キモティ~!”と絶叫できるように頑張っていきます」。既に一般企業への就職も決まり「目指すは日本一のサラリーマンだ!」と宣言。

最近は人気漫画「サラリーマン金太郎」や「島耕作」を読んでいるそうで「今まで、ファンのことを第一にやってきた。これからは“顧客第一”でサラリーマンの頂点を目指すよ」と誓った。球界のエンターテイナーを自称する和製大砲は、G・G・佐藤から「佐藤隆彦」に戻る。



下は2003ドラフトで西武が指名した選手です。G・G・佐藤(佐藤隆彦)は7巡目指名され入団。プロでの成績はこちら

西武の2003ドラフト指名選手
自由枠山崎 敏平成国際大投手
自由枠(行使せず)
1巡目(指名権なし)
2巡目黒瀬 春樹県岐阜商高内野手
3巡目(指名権なし)
4巡目松川 誉弘港高投手
5巡目松坂 健太東海大仰星高 外野手
6巡目岡本 篤志明治大投手
7巡目佐藤 隆彦法政大卒捕手
8巡目杉山 春樹専修大投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:20|この記事のURL

ドラフトニュース検索